藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
バイクのBGM
バイクに乗っている時はヘッドホンをかけないので音楽をかけないのだけど、ツーリングの
計画を立てながらよく聞く曲がいくつかある。挙げてみるとこんなもの。

PSY.S「薔薇とノンフィクション」
PSY.S「Parashute Limit」

この2曲はどちらも1990年のベストアルバム「TWO HEARTS」から。「TWO HEARTS」は
私が最も良く聞くアルバムのひとつで、旅のお供には欠かせない。1980年代の曲を
集めたベスト盤で、元はどちらもアルバム「non-fiction」なのだけど、アルバムの構成上と
アレンジの問題から私はこちらの方が好き。どちらもアップテンポのナンバーで、聞いて
いると旅先の明るい晴れた景色が目に浮かんでくる。

相馬裕子「永遠を探しに」
相馬裕子「空と海の出逢う場所」

この2曲は1995年のベストアルバム「recollections」から。北海道のことを考える時に
特によく聞く。雄大な景色が目の前に浮かんでくるので、あんまり自然のないところへ
ツーリングするのには向かない曲。もっとも、自然のない場所へツーリングなんか
しないけど。

姫神「光の海南」

ベストアルバム「神の祭 風のうた」から。この曲は信州・野沢温泉とその周辺に
ツーリングする時にほぼ限られる。古き良き日本の田園風景に似合う曲で、
明るい農村風景が目の前に浮かんでくる。

鈴木祥子「モノクロームの夏」
鈴木祥子「Sweet Thing」
鈴木祥子「Swallow」
鈴木祥子「この愛を」
鈴木祥子「南にドライブして」

旅行と音楽の話になると絶対に外せないのが鈴木祥子。鉄道旅行の時代から
私のNo.1だったけど、バイクツーリングに旅行手段が変わってもその地位は
変わらない。孤独と旅がテーマになった楽曲群は、いつも私にとって懐かしく
今の自分の抱えるテーマとして胸に響いてくる。ひとりで夕暮れの田舎町に
入っていく不安めいた旅情がフラッシュバックしてくる。旅行にいつも持っていく
12枚のCDのうち、最低でも3〜4枚、多ければ6枚くらいは鈴木祥子が占める。
聞く曲は1990年前後の曲が圧倒的に多いけれど、最近のナンバーも時々は
聞く数少ないミュージシャン。

岡村孝子「夏の日の午後」
岡村孝子「風は海から」

1988年のベストアルバム「After Tone」から。岡村孝子は中学生の頃から今も
聞いている。聞くのはほぼ1980年代の楽曲に限られていて、現在の楽曲には全く
興味がないのだけど、その中でも好きな曲がこれ。20年前の楽曲だけど今も全く
聞き飽きない。旅先で、そして旅行の計画を立てる時に聞くと旅の風景がまぶたに
浮かんでくる。

Yae 「Carol」

2003年のアルバム「Blue Line」から。天河や吉野のことを考える時に聞くのがこれ。
修験道に関するツーリングを考える時にこのアルバムは外せない。

米米CLUB「浪漫飛行」

言わずとしれた1990年のヒット曲。中学校の修学旅行で中央自動車道で聞いて
以来の大好きな曲。現在の携帯のメモリにも真っ先に入れた。バイク好きでも
この曲が好きな人は多いんじゃない?旅への期待をかきたててくれる。いつか
中央自動車道の名古屋から信州方面の神坂PAでこの曲を聞くのが私の
ささやかな夢。

槙原敬之「9 x forever」
槙原敬之「3月の雪」

前者は私とメールをやりとりした人なら誰でも知っている、私のスタンダードナンバー。
もともとは「Love Letter From Digital Cowboy」の収録曲だけど、私が好きなのは
2003年のシングル「君の名前を呼んだ後に」のカップリングに収録されたバージョン。
聞いていてとても楽しい曲で、旅情を誘うから、旅への期待が高まるから聞くと
言うよりも、いつも聞いているからツーリングの計画を立てる時も聞いている。
後者はアルバム「君は誰と幸せなあくびをしますか」から。大学時代をいつも懐かしく
思い出すのだけど、大学時代は私のバイクライフの黎明期。当時の愛車、ヤマハ
Jog 2 アプリオで会津若松や秋田県湯沢などへ仙台からよく行ったものだ。あの頃の
私があって、カワサキKLE250アネーロに乗る今の私がいる。

そろそろ、こんなものかな。1980年代後半から1990年前半、そして2003年の曲
ばかりだ。私の愛車遍歴も1995年型と1992年型ばかり3台乗り継いでいるし、
この年代が私に決定的な影響を与えた青春時代ということなのだろう。

ともあれ明日は休み。「ツーリングGo!Go!」誌の最新号に載っていた魚沼スカイラインに
走りに行こうと思っていたのだけど、さてどうしようかな。晴れてくれるといいのだけど。

| SHO | 携帯から | 17:06 | comments(0) | - |

コメント
コメントする