藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
北海道が怖い・その2
最近、「北海道が怖い」「移住が怖い」ってことをよく書いている。本心を
言えば「やったら絶対楽しいだろうけど、やったら絶対楽しいだろうから
怖い。もし実現しなかったら…と考えると怖い。絶対実現する!という
自信がない」ってことになる。実現したら楽しいだろうなぁ、って思う
ことが、もし実現しなかったら…と思うとたまらなく怖いのだ。そう、私は
北海道移住と望む仕事に就くことが、実現することも実現しないことも
怖いのだ。でも、どっちも怖いのなら実現した方が良いに決まっている。

実現しないのが怖いのは、転職と北海道移住は本心から実現したいからだ。
本心から実現したいことが実現しないことで、挫折感を味わうのが怖いのだ。
だったら言い訳して最初からチャレンジしない(=実現しない)ことを
選んだ方が良いのかな、とか思ってしまう自分がいる。でも、転職と移住に
最初からチャレンジしないことで、私はもっと挫折感を味わうはずなのだ。

何よりマズイのは、チャレンジして実現しないのなら自分の人間としての
誇りは傷付かないけれど。チャレンジしないでチャンスを見過ごすことは
自分にとって最大の屈辱なのだ。セルフイメージも大幅に下がるし自分に
誇りや自信を持つこともできなくなる。だから結果を心配しないで今は全力で
チャレンジしなければ。そうすることが自分に自信と誇りを持つことになる。

「どんな大人になりたいか」と考えたら、私は自分に自信と誇りを持って
いる人、と答えたい。どんな人が好きか、と考えたらやっぱり自分に誇りを
持っている人。女性なら、内省的で繊細な人。ともすればネクラと取られがち
だけれど、私はネクラな人が好き。もちろんネアカな人も悪くないけどね。

逆にダメなのは内省的で繊細な人を装ったガサツな性格の人。本来がガサツな
人はガサツなままでいてくれた方が気を使わないでいいから良いのだけれど、
繊細な人に憧れるのか変に繊細ぶった文章を書いたりすると気持ち悪い。
そんなこともしても、本来が内省的で繊細な性格の人(つまり私)には分かる。

私だって、北海道移住も転職も顕在意識レベルでは、実現しなかったら自分への
信頼が崩れる気がして怖い。いくら潜在意識では自信を持っていると言っても。
私は傷つきたくない。失敗することで心が傷つくのが、たまらなく怖いのだ。
| SHO | Iターン | 01:19 | comments(0) | - |

コメント
コメントする