藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
「これでいい」のか「これがいい」のか
昨日の話の続きである。
上田なら上田で、どこに住むか、という問題がある。
改めて自分の知っている上田の範囲を考えてみると、
私の知っている、というか行ったことのある上田とは
鳥居峠から旧真田町にかけてと上田の中心街、そして
塩田平にかけての一帯に過ぎない。草津との便を考えると
住むにしてもその辺りにならざるを得ないかもしれない
のだが、それにしても上田のことを知らなさ過ぎる。

どんな景色のところに住みたいんだろう。どんなところを
私は求めているんだろう。そう考えると、まだまだ私の中で
自分のありたい生き方というか自分のありたい住み場所と
いうか、そういうものが出来上がっていないことに気づく。

「これでいい」のか「これがいい」のか。
まだ、今の私は「これでいい」段階の上田しか知らない。
上田以外にも苫小牧とか志向がブレているのは、そこまで
自分の中で何を求めているのか追求が出来ていないから
でもある。どうでもいいけどどうでも良くないことを
言うと私は非電化単線のローカル線の近くに住みたいと
思っていたりもして(上田にも単線のローカル線は
あるけれど、残念ながら電化路線である)、そういうことを
考えると上田は満たしてはいない。

「これでいい」段階だから上田なのだろうか。それとも
「これがいい」場所が上田周辺に見つかるのだろうか。
自分がどのようにありたいのか、自分の中でどうしても
譲れないこだわりがひとつやふたつはあるはずで、
完全に条件を満たしていても最後は相性ってものもある。
そこにあるものを好きになるのか、好きだからそこに
あるようになるのか、どちらも同じ結論に最後はなる
ような気がするのだが‥。

バイクにしてもそうだ。
私の新しい愛車になったカワサキ・アネーロはもともと
欲しかったバイクではなくて、日本一周に使うバイクを
探していた当時はブログには名前を伏せていたが、実は
山村雅康さんの紹介で知ったバイクである。私は当初は
ホンダ・ゼルビスが欲しかったのだ。だから今の愛車との
出会いは「お見合い」である。「恋愛」ならゼルビスを
買っている。

バイク選びをしていた当時、どうしても山村さんと私の間で
意見が合わなくて、山村さんが4車種ほど挙げたバイクの中で
唯一ピンと来たのがアネーロだったのだ。振動の問題で
単気筒のバイクは避けたい、と思っていたものの、4車種の
中で唯一2気筒だったというのは後で知った。とにかく
挙げられたバイクの中で唯一ピンと来たのがアネーロだったのだ。

ただ、今思うのは、ゼルビスじゃなくてアネーロで
やっぱり正解だったのかも。ってこと。どういうことかと
いうと、奥志賀林道から雑魚川林道を通って秋山郷へ
抜けているときに、舗装林道ながら路肩が崩れていたり
山側から落石が流れ出していたりして走りにくい場所が
何ヶ所かあって、そういう場所を走るのなら、やっぱり
オフロードにある程度は対応したバイクじゃないとダメ
なのだ。ゼルビスも、もうひとつの候補だったZZ-R250も
完全なオンロードバイクなので、こういう場所は苦手
だろうな、と思ったのだ。

アネーロは、私の知る限りでは国産唯一の「オフロードに
入ることを考慮した4ストの250ccツアラーバイク」である。
風防はないものの、ハーフカウルがついているので中速域
までは風防効果がある。本格的なオフロードバイクでは
ないものの、剣山スーパー林道をこれで走破したという記録も
あるし、私も日本一周で北海道の函岳へ登るためにアネーロを
選んだという経緯がある。ゼルビスやZZ-Rでは、何十キロもの
ダートが続く道北スーパー林道に入るのは物理的に無理で、
どうしても250ccのツアラーでここに入りたければ、アネーロ
以外に選択肢はなかったのだ。

私は、買うならツアラーというこだわりがあったので、
やっぱりアネーロで良かったのかな、と思う。深い青の
車体色も気に入っている。ゼルビスだったら絶対に赤!と
決めていたのだけれど、私が好んで身に付ける色の代表的な
色が深い群青色なのだから(つまり「藍青」だ)、やっぱり
これで良かったのかもしれない。恋愛ではなくお見合いだった
けれど、結果的にはこれで良かったのかなぁ、と思っている。

私がバイクを買うときに挙げた条件は、以下の4つだった。

1、オンロードが主体であるものの、オフロードに入ることを
 考慮したバイクであること。
2、長距離ツーリングに適したバイクであること。
3、振動、騒音の少ないバイクであること。
4、250ccバイクであること。

4つを全て満たすバイクは、結果的にはアネーロしかなかった。
日本で販売されている全ての車種のバイクの中で、ただ1車種しか
全てを満たすバイクはなかったのである。「にしむらさんに
アネーロを推した人は、本当にすごいですね」とレッドバロンで
言われた。まさしく「これでいい」のではなく「これがいい」
レベルまで追求して選ばれた1車種なのである。

そこまでの自分のありたい姿が、移住に関しては描けている
だろうか。まだ私には描けていない自覚がある。上田に関しても
上田のどこに住むのか、あるいは上田周辺のどこに住むのか、
どういう場所を求めているのかによっても住むところの条件は
全く変わってくる。そこまでの追求が自分の中にはまだできて
いないという自覚が、私の中にはある。
| SHO | Iターン | 01:17 | comments(0) | - |

コメント
コメントする