藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
怖さと言い訳
常に彷徨していたい、そんな無意識の欲求が私を船乗りにさせ、旅をする
ようにさせたのではないか、と思う。だから、仕事を探す時も「あちこち
飛び回れる仕事」である必要があるのだろう。会社が私を世界各国へ飛ばして
くれるなら喜んで飛んでいく。また、そんな仕事でないと長続きしないの
だろう。私は定住を好まず、世界を常に彷徨していたいのだから。私の現在の
メンターが山村雅康さんであるのは、彼が私のありたい生き方を一面で実に
良く表現しているからであって、とても示唆的だ。

「仕事をしたい、というのとバイクで日本一周したいのは、両方実現しても
良いんじゃない?片方の実現のためにもう片方を我慢することなんて、
しなくて良いんじゃない?両方同時に実現したら?」と思う。じゃあどうやって?

会社人をやりながら、分割で日本一周やっても良いんじゃない?それなら
来月から日本一周に挑戦できるでしょう?再来年まで待たないといけない、
日本一周は一気にやらなければならないって、自分を枠に縛っているのは
自分なんだよ?状況が半年前とは変わっているのだから、スピードに応じて
日本一周のやり方も変わるんじゃないの?

2年後に草津を出る計画が、1年以内に移住する方向へ変わっているのなら、
日本一周も1年以内に実現できる方向に変えて良いんじゃないの?私が怖れて
いるのは、無職になること、条件を下げて転職すること、そして転職が
日本一周への挑戦を断念することにつながることなのだから。そして転職が
土地に私を縛りつけることになるのも怖い。

私は仕事とバイク日本一周の両方を手に入れたいのだ。それを自分に許可
するのもしないのも自分次第なのだ。それを両方手に入れてしまうと自分に
言い訳できなくなるから、だから私は怖いのだ。

恋をするのも私は怖いのだ。癒えていない過去の傷に直面してしまうから、
考えて想像するだけで怖くて、そこから目をそらしたくなるのだ。
| SHO | バイク日本一周 | 16:55 | comments(0) | - |

コメント
コメントする