藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
アネーロについて
昨日の記事で(日付は今日になっているけれど)アネーロについて
書いているが、現車確認の上、正式契約となった今もなおアネーロの
ことをよく知っているわけではないので調べてみた。

「アネーロ」とはスペイン語で「あこがれ」の意味だとか。「おぉ、
大阪にいる練習帆船じゃん!」とか思った私は帆船マニア。エンジンが
ZZ-R250と同じであることは知っていたが、フレームその他もほとんど
同じようで、ZZ-R250を若干オフロード寄りにリファインした亜種と
考えるのが適当のようだ。一応オフ車に分類されているくせに
ハーフカウルがついているのも異色。ただしウインドスクリーンが
ついていないので高速道路での風当たりは強いらしく、実車で試した
上でカスタムしたい点があるとしたら、ここだろう。

エンジン特性の関係で、低回転では全然トルクがない、というのも
よく聞く話で、だから2スト車のような走り方を要求される場面も
あるらしい。4スト車しか乗ったことのない人に2スト車のような
走りを要求してもできない話で、私の場合はCRMでさんざん2スト車の
乗り方を知っているので、おそらく問題ないのだろう。燃費と
航続距離は、諸説あるが200km走ったら給油の心配をしないといけない、
というのは共通しているところ。つまり長距離走行を本質的に考慮した
ツアラーとしては極めて航続距離が短い。それでもオフ車として
考えればセローと同じレベルか。

どうもオフ車とオン車の合いの子っぽいバイクで、見た目も実際の
性能上も両者の部分が混在している。「ある程度はオフロードも
走れるようにリファインした、ZZ-R250の派生車種」という見方が
おおむね正しいようだ。ロングセラーをリファインして別用途に
使うあたり、まるでジオンのザクのようだ。そういえば、まるで
蛇のようにツルリとした鎌首をもたげたアネーロの一つ目スタイルは、
ザクに似ていないこともない。

エンジンは「常に6000回転以上回さないと、その本領を発揮しない」
といわれているようで、高回転型のエンジンであることは間違いない。
エンジンとは高回転で回すもの、という固定観念がある2スト車乗りと
しては、違和感があまりないのではないかと期待しているところだ。
ただし、高回転ではものすごく燃費が悪いらしい。

ともあれ、予定では納車まであと10日を切った。とても楽しみだ。
| SHO | バイク日本一周 | 03:22 | comments(0) | - |

コメント
コメントする