藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+SELECTED ENTRIES
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
松山まで飲みに


今治で散髪してから山越えして道後温泉に入り、松山の「いずみや」まで飲みに来ている。

ここは「水曜どうでしょう愛媛藩」コミュの台所になっていて、西条時代に参加して以来、用事がなくても時々飲みに来ている。平日の夜に仕事が終わってから飲みに来たこともある。善通寺から松山まで片道130km。片道1時間あまり。弐号機なら十分に飲みに行ける距離だ。なんて言えるのは四国だからだけど。練馬から渋川まで帰るよりも距離は長いけど、所要時間は短い。

「いずみや」にも、3年半で何回来たんだろう。もう数え切れないくらい来ているけれど、仲間と一緒だったり一人で飲みに来たり。できれば、転職しても定期的に飲みに来たいお店。転職先が松山の会社だったら定期的に飲みに来れるんだけど、それはどうなるか、まだ分からない。

今治から峠越えしたわけだけど、増設したヘッドライトの効果は抜群!遠距離まで光が届くわけではないけど、ほぼ180度近く光が届くので、今までみたいに右カーブでほとんど視界ゼロになることはない。これなら夜間の動物の接近も早めに分かってブレーキをかけられそうだ。

夜11時過ぎまで松山にいても、明日は日曜日なので大丈夫。でも眠いので(夜11時って、普段なら寝ている時間)、そろそろ帰ろう。
| SHO | 雑談 | 23:29 | comments(2) | - |
ウォークマン買い替え
5年間使ったウォークマンが、とうとう壊れかけて真っ二つになりかけたので、買い換えた。買い換えてもiPadとかiPodにしないのは、3000曲あまりの音楽データがすべてウォークマンの形式で保存されているから。

新しいウォークマンは、今まで使っていた4GBの赤×黒のスティックタイプのものから、iPodみたいな形の32GBのSシリーズになった。色はライトピンク。私は携帯もパールピンクを使っていて、つまり淡い目のピンク色が好きってこと。白い半透明のシリコンカバーをつけたので、余計に可愛くなった。

5年の進歩はすごい。記憶容量が8倍になったのにとどまらず、以前はアルファベット順でアルバム検索するしかできなかったものが、アーティスト順、アルバムの50音順、よく聞く曲のブックマークなどなど機能が盛りだくさんで、しかも説明書がなくても直感的に分かるほど簡単な操作で使いこなせる。よく考えられていると感心した。しかも、これで最大稼働時間は50時間!短いツーリングなら、まず十分な使用時間だ。

私の携帯のストラップは映画「Mamma Mia!」のストラップで、ミラーボールなどが下がっている。以前はしょっちゅう「それ、男の人の携帯ですか?」とか「彼女とお揃いにさせられたんですか?」と聞かれたもの。新しいウォークマンにはミュージカル「Mamma Mia!」のストラップを下げて、しかも車のキーのストラップもミュージカル「Mamma Mia!」の別バージョンのストラップ。どれも可愛いデザインなので、携帯、ウォークマン、車のキーと3つ並べると、我ながら男の人の持ち物には見えない。

本当は、映画(あるいはミュージカル)の「Mamma Mia!」が好きでABBAの大ファンという意味なのだけど、それに気づく人はほとんどいない。

32GBを選択したのはいいけれど、8000曲入るらしい。まだ3000曲あまりしか入っていないけど、これから5年使うとして5000曲も埋まるのだろうか?
| SHO | 雑談 | 23:58 | comments(0) | - |
この病をも賜として
明けましておめでとうございます。今年は仕事していたら花火の音が聞こえて年越しでした。

去年今年貫く棒のごときもの

という高浜虚子の句を毎年思い出します。

昨年は8年ぶりの社会人復帰に始まり、バイク復活、二輪免許取得、交通事故などバイクにまつわる話で明け暮れ、それに続いてIターン先が長野県上田市から北海道苫小牧市へ、そして現在は札幌市周辺へと動き続けた1年でもありました。5月にはレイキ伝授、11月には1年ぶりの吉野・天河訪問とさらなる移住時期の前倒しがあり、私自身の内面を取り巻く環境も大きく変化した1年でした。

持病のアトピー性皮膚炎については、8月から9月にかけて一度仕上げて転出OKとなったものの、12月にはアトピーが大きくリバウンド。なかなか思うように回復しない体を受け入れるしかない1年でもありました。元旦早朝現在、アトピーの具合は非常に悪く、2年前の正月のように膿が噴き出しはしないものの、かなり耐えがたい状態にはあります。正直、今は北海道Iターンを決行するか否かの判断が微妙なところにいます。

九星占いの星回りでは今年2月から来年1月まで衰極の座に位置するため、どのような判断を下しても我慢の1年になるようです。群馬を出るも我慢、残るも我慢というところですが、平穏無事に、無事故で1年が過ぎることを心より祈っています。

三浦綾子の言葉に「この病をも賜として」という言葉がありますが、人間が最終的に救われるには「この病をも賜として」生きるしかないのではないか、と最近つくづく思います。どんな宗教も音楽もアートもセラピーも薬も、最終的に人を救うことはできません。唯一、最終的に人を救うのは「この病をも賜として」生きることしかないのではないでしょうか。治ったはずが治っていなかった、アトピーの耐えがたい苦痛の中ではありますが、新年を心から祝福します。

ご訪問のみなさまにおかれましても、そして世界が宇宙が平和でありますように。本年もどうぞよろしくお願いします。
| SHO | 雑談 | 06:07 | comments(3) | - |
さびしい、という感情について
諏訪湖の朝である。昨日は諏訪湖の夜景や夕日がきれいな立石公園という
デートスポットで諏訪湖の夜景を見てからユースホステルに戻り、温泉に
入ってから11時半ごろまで談話室にいていろんな人の話を聞いていた。
自分から話し掛けて行こうという気には、ならなかった。

昨日はさびしかったんだな。そして「さびしい」って気持ちを味わい尽くしたかった
んだな。一人旅を続けていて。「さびしい」って気持ちを否定することはないんだ
って思った。さびしいのに「さびしくない」とか「いや、大丈夫」とか思おうとするから
話がおかしくなる。じゃあパートナーがいれば寂しくなくなるかといえば、やっぱり
私は「さびしい」って感じる場所へ行きたがると思うのだけれど。つまり私は
さびしさを受け入れようと、さびしさも間違いなく自分の中にある感情の豊かさ
なのだと人生を味わおうとしているってことかな。話が分からなくなってきた。

昼間、行動している時はひとりで十分に楽しいんだけど、夜になって静的な
モードになるとひとりはやっぱりさびしい。楽しいね、嬉しいね、と人生の中の
イベントとしてある旅を、というより人生そのものを一緒に共感する人が
いればなぁ、とすごく思う。人生のイベントって言っても実は人生に起こって
いることは全てイベントで、仕事だからプライベートな遊びだから、という
境界線なんてない。

「さびしい」って感情そのものはネガティブなものでもなんでもなくて、ひとりで
いて「さびしい」って思うこと、そして「さびしい」って感情を味わい尽くすこと、
「さびしい」って感情に耐えることは、きっと正常な感覚というか、人生を
ちゃんと豊かに味わっているということなのだろう。でも、寂しさに耐えられない
こともあるからやっぱりパートナーは必要なんだ。パートナーがいたら、逆に
孤独に飢えることもきっとしょっちゅうあるのだろうけど。四六時中べったり
する必要はないし、そうしたくもないけれど、いつもお互いを無意識のうちに
意識もしているし必要ともしている、そういう関係がいい。

北海道に移住するのも私の中では一大イベントだけど、同じ目標として
共有できる人がいたらなぁ、ってすごく思う。そういうことなしに、完全に
たったひとりの目標として人生が動いていくことにさびしさを感じるのだ。
今の人生が楽しくないわけでは決してないのだけど、何かが足りない。

今日はビーナスラインに行ってみようかな。雨は降っていない。今日は
ビーナスラインにもライダーがたくさん来ているのかな。そういえば今回は
ユースホステルに2泊も泊まってひとりのライダーとも会っていない。
| SHO | 雑談 | 07:17 | comments(0) | - |
メール復旧
5ヶ月ぶりに、パソコンのメール送受信が可能になった。来週から、これで
職務経歴書に取り掛かることができそうだ。1ヶ月ぶりに事態が動きそうで
嬉しい。この1ヶ月、かなりイライラしていたのだ。

そろそろ草津は槇原敬之の「冬がはじまるよ」が似合う秋の季節になった。
来年のシーズンイン前に草津を離れるので、10月までにバイクで行きたい
道がたくさんある。神岡鉄道に乗るために飛騨へ行きたいのが筆頭だけど、
ビーナスラインや近場の鬼押ハイウェイや上信スカイラインなど、走りたい
道が山ほどある。北海道移住と同じくらい、今の人生を楽しむことも私には
大事だ。せっかく草津に住んでいるんだもの。楽しまなきゃもったいない。
| SHO | 雑談 | 10:37 | comments(0) | - |
携帯買い換え決定
今週末、携帯をW-ZERO3に買い換えることにした。フルキーボード付きで
大画面、大容量の機種に。ボーナスは貯金するつもりだったのに…。

昨日書いたように、パソコンがもはや完全には復旧しないためだけど、
最新鋭のモバイルコンピュータ(Windows Mobile搭載)を買うのは久しぶりで
ワクワクもする。京ぽんは「インターネットの見られる携帯電話」だけど
W-ZERO3は「通話のできるモバイルコンピュータ」。PHSなのにワードや
エクセルの編集もできるし、無線LANも使えるしフルキーボード搭載だし。
親指でメールを書くのも近々最後になる。かなり速くなったけどね。

問題は冬用バイクジャケットと改めてタンクバックを買わないといけない
ことで、理想を言えばライディングパンツも欲しいところ。またお金が飛ぶ。

パソコンを買い換えるか携帯を買い換えるかしばらく考えていたのだけど、
結論が出ないので父に電話した。話しながら情報を頭の中で整理して、
(ウチの父は今や僕よりもパソコンの最新情報に詳しい)、携帯を買い換える
ことにした。父の回りで使っている人の評判を総合しても、私のように
圧倒的にデータ通信主体で「通話もできるモバイルコンピュータが欲しい」
人に向いているマシンだそうだ。「合ってるんじゃない?」と言われた。

W-ZERO3は現在使っている京ぽん以来の革命的な携帯端末。京ぽんは
日本初の本格的なインターネットブラウザ搭載の携帯電話だけど、今度は
日本初のWindows Mobile搭載、フルキーボード搭載の携帯電話。性能的に
メインマシンとして十分使えるので、久しぶりにメインマシンとしてモバイル
コンピュータを持つことになる。もう5〜6年ぶりになるだろうか。

それにしてもすごい。僕が初めて買ったパソコンの3倍の処理速度と半分の
メモリ容量のマシンが、携帯電話として5分の1の価格で買えるんだから。
私はそもそも、遠隔地の寄港先から当時大好きだった人とどうしても連絡を
取りたくて、当時10万円もしたモバイルワープロを買ってメールを使い始めた
のだった。10年前のパソコン通信時代から、当時まだモバイルコンピュータの
一般的なOSだったMS-DOSを操って海外モバイルしてきた、モバイラーの
はしり世代のひとりである。最新鋭のモバイルコンピュータの性能が楽しみだ。
| SHO | 雑談 | 19:24 | comments(0) | - |
パソコン復活!のはずが。
昨日というか、もう一昨日のことだけれど、長野電鉄湯田中駅の
スイッチバックが廃止になるので乗りに行って、そのまま野沢温泉の
ライダーハウス「粒麗荘」に泊まってきた。相変わらず気持ちのいい
空間で、のんびりしてきたのだけれど、問題はバイク。2日間で
2度も転倒して、右のナックルガードは傷だらけに‥。ヒビまで
入ってしまったし。

転倒したのは全部右側。今まで3回転倒して、うち2回は立ちゴケ。
残り1回は昨日転倒したのだけれど、山道で間違ったところに
入り込んでしまって、急傾斜の場所でUターンしようとして失敗した。
いずれも車体のバランスが右に崩れた時に車体を体が支えきれない
のが原因で、乾燥重量146kgでこれだったら、大型バイクは無理
だなぁ‥と思った次第。もっとも、おとなしく車体につぶされて
いるのでバイクも体も最小限のダメージで済んでいるのは不幸中の
幸い。右手首を痛めっぱなしなのだけれど、素直に倒れないで
手をついたり抵抗していたら、おそらく骨折しているだろう。
バイクウェアの肘と肩と脊髄にはプロテクターが入っているため、
速度ゼロで転倒した程度では怪我しないようになっている。

5ヶ月近く起動不能の状態になっていたパソコンは、工場出荷状態に
戻した。やりたくないのはやまやまだけど、完全に基本ソフトが
破壊されてしまったのでやむを得ない。復活はしたけれど
めちゃくちゃ遅くて(なんで?)、デフラグしてもまだまだ遅い。
おまけにメールソフトの調子がおかしくて、受信したファイルが
どこに保存されているのかさっぱり分からないし、メールを書いても
変なところに保存されているのか、書いたばかりのメールが
送信箱に入っていない。どうなっているんだろう。

アップデートすべきものも全然アップデートできなくて、かなり
調子が悪い。どうなっているのやら。

う〜ん、これでは復活しても使えないではないか。
パソコンを買い換えるかなぁ、でもそんなお金ないなぁ‥。
| SHO | 雑談 | 03:25 | comments(0) | - |
レイキを始めて変わったこと
私はレイキ・ヒーラーでもある。
レイキのアチューンメント(伝授)を受けてから、3ヶ月半になった。
レイキは今のところ自己ヒーリングにしか使っていないので、他人の
ヒーリングはやり方を忘れてしまったくらいなのだけれど、そういえば
この3ヶ月でかなり人生変わったなぁ、と思うので記してみたいと思う。

レイキとは外気功の一種で、感じたまま言えば呼吸と一緒に頭から気を
取り入れて、体から頭を通ってまた気を体外に返す気功法のこと。
気を通すパイプが太ければ太いほど感じる力が強くなるのが特徴だ。
この気のパイプを最初に通す作業のことを、アチューンメントと
言うのだ。

この3ヶ月で、事態は思わぬ方向へ動き始めている。
7月に北海道移住というキーワードがふと浮かんで、8月には
それが具体化してしまった。また、独り言をいうときに、
自分自身に対して否定的な言葉を使わなくなった。それと
同時に、自分の活動に対して他人の承認を得るというか他人の
評価に左右されて動くことは少なくなったように思う。

たとえばこういうことだ。
私が勤めているのは旅館なので、お客様からチップを頂くことが
ある。その一部は直接チップを頂かない職種、たとえばフロント系の
人間にも分け前が回ってくるのだけれど、今日は一部の人には
チップがあって一部の人にはチップが配られなかった。理由は
よく分からないけれど、とにかく事実はそう。ちなみに私は
配られていない。

そういう時に「いじめだ〜」とか「オレの仕事はちゃんと
評価されていないのか」とか思わなくなった、ということだ。
チップがもらえるならばそりゃ欲しいけれど、もしかすると
事務方の手続き上の問題でチップの遅配が発生しているだけかも
しれないし、あるいは本当に私の仕事が評価されていないだけ
かもしれないけれど、それはどうでもいい、ということだ。
他人に評価されなくても、私は自分の仕事を自分で評価して
自分で承認しているから。だから「オレもチップ欲しいなぁ〜」
くらいは思うけれど、チップがもらえないから自分の仕事が
ダメだとか評価されているとか、そういうことは全く思わない。

でも、昔だったら私も「私の仕事は評価されていないのかも
しれないな〜」とか思っただろうな、と思うのだ。そういう
部分で自分自身を癒すことがちゃんと今はできていると思うし、
必要以上にがっかりすることもなくなった。以前よりははるかに
高いレベルで自己承認ができている、ということだ。

自分の現実は自分が作り出している、ということの意味が、
ようやく少し分かりかけてきたと思う。たとえば私は友達も
少ないしパートナーもいないけれど、それは自分の本心が
そう望んだ結果が現状なのだな、と承認することができる。
私は、ごく一部の友人を除けばそんな頻繁に他人と連絡を
取る方じゃないし、その必要も感じない。だからそういう
現実を招いているわけだし、パートナーがいないのも、欲しい
欲しいといいながら、やっぱり本心ではパートナーがいざ
できたら‥と思うとしり込みしたい気持ちを持っていること
にも気づいた。そのことそのものは良いことでも悪いこと
でもない。

起こっている現実の事態に対して「あぁ、だから自分は‥」
と否定的な言葉を吐くことがなくなった、ということだ。
現実に起こった客観的な事態と、それについての自分なりの
考察を切り離して考えられるようになった、と言っても良い。
良いか悪いかを判断するのは自分の頭の中の考察なのであって、
それに支配されて世の中の現実を見る必要はない。

現実に起きたことは、あぁ自分が本心では望んでいること
なのだな、と思うし、現実に起こっていることは無意識の
自分の思考の表れなのだと思うようになった。自分の無意識が
何を望んでいるかは、その人に起こっている現実を見れば
正確に分かるのだ。その人に起こっている現実が、その人が
本心から望んでいることなのだ。

だから、人に不必要に同情することもなくなった。大変そう
だなぁ、というのと、だからその人が可哀想なのとは別問題。

たとえばワーカホリックに働き続けていつも「休みが欲しい」
と言っている人を見ても、その人が休みを取らない(取れない、
のではありません。「取らない」のです)ことで得ているものは
何なのだろう、ということに目を向けてみると、そんなに同情
する必要はなかったりする。それは他人の目を気にしている
ことだったり、あるいは自分の無価値感を埋めて「どうだ、
オレはこんなに働いているんだぞ」と他人に認めてもらいたい
欲求だったり、とにかく休みを取らない代償として得ている
ものが必ずあるのだ。だから同情する必要はない。

むしろ、同情したい気持ちの裏側には自分の中に何か癒されたい
ものがあって、その人を見ていると癒されていない何かが刺激
されるから同情するのかな、と思う。

だから、例えば私にパートナーがいない、という現実があると
したら、「じゃあ、私はパートナーがいないことで何を得ている
んだろう」と今では考える。自分に対して同情していないから
そういう発想になる。すると、私はパートナーを持つことに
非常に恐怖心を持っていることに気づく。パートナーだけじゃ
なくて、多くの他人と深く関わることそのものに非常に恐怖を
覚えていて、その望んだ結果が友達の少なさやパートナーが
いない現実だったりするわけだ。それは私が望んだことなのだ。

私が何に対して恐怖心を持っているかというと、私は初恋の
時点でこっぴどく振られたことがあるので、傷ついたというか
心の中にしこりになって残っているものがあって、傷つきたく
ない現実(つまりパートナーを持たないってこと。パートナーを
持たなければ傷つかないから)を作り出していたってことなのだ。
傷つくかもしれないリスクを受け入れることが私には必要だし、
自己承認ができれば、仮にうまく行かない現実に対しても「でも、
よく頑張ったよ」と自分をヨシヨシしてあげることができる
気がする。自己承認とは、現実を受け入れた上でさらに前に
進むために必要なことなのだ。

ただ、そろそろその現実を変えてもいいかな、と思い始めて
いるので、そう遠くない将来にパートナーなり親しい友人なりが
出来るのではないだろうか。パートナーに関しては北海道移住まで
封印するつもりなのだけれど、自分の現実を変えることを自分が
受け入れたなら、現実は勝手に変わっていくものなのだろう。

自分の現実を変えることを、自分で受け入れることが大事なのだ。
その前提として、自分の現実は自分が望んだことなのだと知る
ことが大事なのだ。そのためには自己承認を受け入れる必要が
あって、つまりレイキを活用し始めて変わったのは、私は自分の
現実を自分が望んだものだと受け入れた、ということなのだ。

自分の中に、自分の無価値感を埋めるために何かをしている現実が
ある、と認めたことも大きい。たとえば余計な仕事をしていたり、
本心に反することを他人に評価されたいがために行っていたり。
大型バイクや日本一周も、あるいは転職活動も、なぜそのことを
するのかに目を向けてみると、自分の中の動機よりも他人に
評価されたいことを優先して選んできた現実が私にはある。

じゃあ、どうしたらいいんだろう。
私の中の現実を認めた上で「よく頑張っているよ」とヨシヨシして
あげることかなぁ。たとえ他人が承認しなくても、自分が承認して
いるならそれでいい。心の中に、つらい思いをして頑張っている
自分がいるんだ、と認めてあげることじゃないだろうか。自分が
頑張っていると認めてあげられるなら、他人に評価される必要は
ないし、必要以上に他人の評価に左右されることもない。それが
自己承認ができている、ということなのだ。

ヒーリングをして目指すものは、ニュートラルな状態に自分を
(あるいはヒーリングの対象を)戻す、ということじゃないだろうか。
ニュートラルな状態であれば、他人の評価云々は関係ないし他人に
寄りかかる(他人の評価を欲しがる、とはそういうことだ)必要もない。
スタンドアローンの状態でいられるのである。そのためには自分の
中の執着を手放すことだと思うし、執着を手放すためには執着する
原因になっている自分の中の癒されない何かを癒す必要がある。

癒すとは、気の滞った部分を太い気のパイプでもって、洗い流して
やる、というイメージでとらえてもらえれば良いと思う。だから
レイキでは気の流れの太さに非常に神経を使うわけだし、体全体を
太くて大きな気のパイプと化していくことがレイキ流の修行なのだ。
気の流れが圧倒的に太くなればなるほど、癒そうと思わなくても
勝手に癒されていくものだと私は感じる。
| SHO | 雑談 | 03:08 | comments(2) | - |
怒れる17歳
図書館でプリンセス・プリンセスのシングルベストを借りて聞いている。

教習所で私の運転を見た、ある指導員が「こんな30歳がいるのかと思った」
と言った。失礼極まりない言葉で、後で猛クレームをつけたのだけど、
無茶苦茶腹が立ったのはズバリ当たっていることが自分で分かっているから。
30歳の私も、一皮剥けば本質は「怒れる17歳」のままだと言うことだ。
きっと私のバイクの運転は怒れる17歳の高校生の運転そのままなんだろう。

日本一周が終わったら世界に出てやる、と思っている。だから私は今を
頑張るのだ。それまで私の寿命が持つのかって?持つか持たないかは
分からないけれど、たとえ明日死ぬとしても日本一周を、そして世界を
目指してやろうじゃないか。それが生きるということだ。シラケてなんて
いられない。日々を完全燃焼して生きること。それが大事なことなんだ。

私の中の内なる「怒れる17歳」がこれからどうなるのかは分からない。
でも、毎日勉強しながら働きながら、私の中の内なる怒りは燃え盛っている。

生きることは行動することだ。私は自己表現の一手段として日本一周を
目指し、自己表現の一手段として、日本一周が終わったら次は世界を
目指すんだ。常に最大限に自己を燃焼させて生きることが大事なんだ。
今の私の挑戦は、熱い目的意識によって支えられている。常に挑戦し続ける
ことが大事なんだ。常に自分の可能性を広げ、自分が何者であるのか知る
ことが。私には時間がない。年齢と、そして残り何年あるいは何十年あるのか
分からないけれど、人生は常に残り寿命との闘いなんだ。見敵必殺じゃ
ないけど、それくらいの意気込みで生きて行きたい。日々全力で生きるんだ。
| SHO | 雑談 | 17:12 | comments(4) | - |
学習開始
今日、教材が届いた。
今日は日本旅行業協会と全国旅行業協会に願書を請求し、先日無くした
愛用の水晶の念珠の同型品を島根県の日御碕神社に注文した。睡眠時間が
2時間ずつ3回に分断されてしんどい。だから機嫌が悪い。

ものすごくストレスなのは、独立部署なのに最近はフロントのいいように
使われていること。残業問題も「原則として定時に上がるけれど、土日は
残業して手伝うことがある」はずが「お客の少ない日は定時に上がっても
良い」と書き換えられている節があり、私はフロントの部下じゃないのに
自分の仕事が終わっても自分の意思では帰れなくなっているのがストレスだ。

今はシーズンなので予約が多く、夜も予約台帳に書き込むだけで精一杯の
ことがある。フロントの仕事を肩代わりして予約者に確認書を発送すると、
本来は契約上の仮眠休息時間までずれこむことがある。仮眠時間は拘束時間
だけど労働時間ではないため、タイムカードではカウントされない。つまり
この時間は働いてもタダ働きになるわけだ。

今は単独で仕事をしているので仮眠は取れないのだけど、せめて待機時間
として勉強に充てようと思っている。

自分の労働条件は、自分で守らないと会社に際限なく食われるだけだ。
会社は決してセーフティネットではなく、私が倒れても助けてくれるわけ
ではない。だから仕事量や労働時間や体調まで自分で管理して守らないと
いけない。より良い労働条件で働くためには努力も必要だ。

いずれにしても、フロントには近々話をしなければならない。自分を守る
ために、私は闘わなければならない。闘わなければ自分の権利を際限なく
侵害されるだけだ。
| SHO | 雑談 | 02:23 | comments(0) | - |
旅行管理者
7月4日に普通自動二輪の免許を取得したので、次は9&10月に行われる
国内&総合旅行管理者の国家試験に挑戦することにした。国内旅行業務
取扱主任者の国家試験は2年前に一度落ちており、今回が2度目。今度は
予備校の通信教育課程に申し込んだ。教材が届くまでの1週間がもったいない。

予定よりも1ヶ月早く二輪の免許が取れたのは、単に仕事上の都合じゃない
もっと大きな理由があるはずだと感じていた。仕事にも体が慣れてきた
ことだし、草津を出る2〜3年後への準備を始めるべきだと思ったのだ。
経済的な問題、体力的な問題からぐずぐず迷っていたのだけど、もっと早く
決断するんだった。今週初めに資料を請求して、来週末には教材が届きそうだ。

社会人を続けながら資格に挑戦することを決めて改めて思い知ったのは、
高専時代から船乗り時代を通して長く好きだった人に対して、私は彼女の
生きる姿勢からものすごく大きな影響を受けているし、今なお彼女は私に
とって大きな憧れで、目標なんだということ。彼女と精神的に同じステージに
立ちたいというか、彼女にできて自分にできないわけがないという気持ちを
強く持っている。

その人は、今は博士課程を修了しているはずなのだけど、私と知り合った
頃はまだただの高専卒の女の人で、仕事を続けながら努力して今の地位まで
上り詰めて行った人なのだ。あんまり話すと高専時代の私をよく知る人に
私が誰を好きだったか特定されてしまうのだけど、その人のことは本当に
好きで、最終的にお付き合いすることはできなかったものの、一時代を
一緒に励まし合った仲なのだ。あることから数年前に喧嘩別れして、今は
もう高専の同窓会の用事以外で会うことはないだろうけど、今なお彼女を
許す気にならないのは、それだけ心底その人のことが好きだったから。
将来に向けて、働きながら通信教育で資格を取っていくことを決めた時、
改めて思い知ったのは、自分の中における彼女の存在の大きさだった。

生きることは行動することだ。私は彼女の背中からそのことを学んだ。
私は長生きする気はないし、長生きしたくもないし、長生きしないかも
しれないけれど、与えられた生を完全燃焼して生きて行きたい。生きることは
行動することだ。だから私は行動して生きるのだ。

短歌関係者には、なぜ私が安藤美保の歌のみならず彼女の人そのものに
深く惹き付けられて共鳴し共感しているのか分からない人もいるかも
しれない。でも、安藤美保のことを深く知れば知るほど、24年の生涯だった
かもしれないけれど彼女もまた自分の生を完全燃焼させた人なのだと分かる。
没頭していた自らの研究の過程で事故死したという結果は皮肉だけれど、
私は彼女の死を無念という言葉で片付けたくない。私には、彼女の死はとても
うらやましく映るし、彼女の生きる姿勢に深く共感するものがあるのだ。

「臨終只今にあり」という言葉が好きだ。資料を読む限り、安藤美保の死には
安全上の問題があり、私は彼女の死を美化するつもりはない。しかし、
与えられた生を完全燃焼させた結果として死ぬのなら、それは誠に死に甲斐の
あることなのである。

先日、高専の同窓会から実家に届いた消息確認に返事する気にはなれなかった。
一生懸命に生きた結果だけど、今の自分が情けなくて悔しくて、とても
同窓会に消息を報告することはできなかった。でも、いつか必ず胸を張って
同窓会に消息を報告できる自分になりたい。

自分自身への、自分自身の期待に必ず応えてみせる。生きている限り、
私は自分の生を完全燃焼させて生きてみせる。それはかつて好きだった人を
かつて選んだ自分に対する誇りでもあり、次に恋をする時も彼女と同じか
それ以上に波動の高い人を選びたいからでもある。生きることは行動することだ。
| SHO | 雑談 | 16:02 | comments(0) | - |
ワールドカップに思う
ワールドカップについて今まで一言も書かなかったのは、興味がないので
仕事中だったクロアチア戦以外見ていない、ってこともあるけれど、日本
国内の盛り上がり方が嫌いだったからでもある。

キリンの淡麗生のコマーシャルで、「日本代表、勝てますかねぇ」という
問いかけに「勝つに決まってんでしょう!」とサポーターの格好をした
サッカー評論家が答えるものがあったけれど、彼は日本代表を応援したい
んじゃなくて、サッカーをネタにただ騒ぎたいだけじゃないのか。私には
終戦直前でも「大日本帝国は勝つに決まってんでしょう!」と叫んでいた
人と同じ愚かしさを感じる。勝負事はやるまで分からないのに、と思うと
マスコミと同じノリで応援する気にはなれなかった。

来週、まとめて休みを取ることにした。第二段階は1日3時間の教習を受け
られるので、3連休で一気に教習を終了させる。できれば一気に卒検まで。
まさか6月中に免許を取るとは思わなかったけれど、最近、時間が加速して
いるというか、予想よりもはるかに早く夢が実現しつつあることに驚きを
禁じ得ない。免許を取ったら、7月からまた別の資格に挑戦しようかな。
| SHO | 雑談 | 03:26 | comments(0) | - |
ハードディスク・クラッシュ
パソコンを使っていたらクラッシュした。1時間以上かかっていた記事が全部パー。
やりきれない…。

| SHO | 雑談 | 15:17 | comments(0) | - |
黒が象徴するもの
バイクウェアとスキーウェアの話だけど、先に書いた記事のように私の場合はどちらも上から
下まで真っ黒である。必ずしもバイク用の服ではないものを着ていたり、スキーウェアではない
ものを着ていたりするのだけれど、いずれにしても黒。私の職場のバーテンには不良兄ちゃんが
そのまま40歳になったような人がいるのだけれど、彼のバイクも普段の服装もバイクウェアも黒。
でも私の黒と彼の黒とは何かが違うように思う。

その同僚のバイクはアメリカンバイクで、ハーレーではないけれどハーレー風に改造している。
普段の服装もかなりのおしゃれさんで、みんなアメリカ風の不良兄ちゃん風のもの。聴いている
音楽もヘビメタ。草津に同化することを頑なに拒んでいるかのようにも見える。黒瀬珂瀾を
もっとヘビメタ風にアレンジした感じ、と言えば短歌関係者には想像つくだろうか。

で、彼と私と共通しているなと感じるのは、基本的には10代の少年が憧れから逃れられないまま
そのまま大人になっているのだ。大人になれない大人だと言うのも感じる。私は30歳になっても
乗っているバイクは50ccオフロード車だし、彼はハーレー風のアメリカン。方向性は違うけれど、
彼のバイクからは彼がおそらく歩みたかっただろう空気が濃厚に伝わってくるし、私のバイクも
日本一周などの長旅を経験した人が見ればそれと分かる持ち主のオーラが漂っていることだろう。
今はまだ漂っていなくても、これからおそらく漂うようになるだろう。

彼は大人になりきれていない大人だと先に書いた。そして、それは私も同じだと。だから私は
彼の生き様に共感と違和感を抱きながらも、彼の生き様を責める気にはとてもなれない。お互いの
共通項を象徴しているのが黒であり、抱く憧れの違いを象徴しているのが原付オフロードと
アメリカンと言うバイクの車種の違いだと言えなくもない。

私には、彼の生き様に限らず、草津に働く多くの人に自分に共通したものを感じるし、本当はそれが
いいことだとは思っていない。私は彼らに共感はするけれど、同類の人間だと認めることを拒否して
いるようにも感じる。けれど、おそらく間違いなく彼らの多くには私と共通するある匂いがあるのだ。
それは「大人になれない大人」と言うことだろうか。もっとはっきり言えば「家庭を持てない大人」
だと言うことである。私は自分の中にそういう匂いがあることを認めざるを得ないし、そういう人が
自分の現在の周囲の環境に非常に多いことも認めざるを得ない。

この土地に住む大人には、宙ぶらりんの人がすごく多いのだ。そしてある年齢に達しても結婚しないで
そのまま独身で通してしまう(本意か不本意かはともかく)人もすごく多い。それは草津と言う
湯治場が醸しだす独特の雰囲気に吸い寄せられたものかもしれない。自分の中にもその空気があるのが
分かっているから余計にイライラしてしまう。この町に働く多くの人が抱える問題と同じ問題を私も
抱えているのだ。草津という町と、そこに働く人の多くが抱える構造的問題は、私自身が抱える
内面の問題でもあるのだ。

この町で働いていて、私が誰にも訊ねない、そして誰にも訊ねられたくない質問がひとつある。それは

「どうして草津に来たのか」

と言う質問だ。私の場合は湯治でこの町に住むことになったのだし、草津以外の土地に住むことは
現状の体調では社会人として生活できないからなのだけれど、それだけではない、説明しがたい
気持ちが私の中にはあるのだ。そして、それは草津に働く多くの人が内面に抱えているものでも
たぶんあるだろう。それが「宙ぶらりん」と言う言葉で象徴されるものであるように思う。

「辿りつくべき地平がないから、社会の中に自分の居場所がないから草津に住んだ」

そういう人を引き寄せるところがこの町にはある。私はそのことを激しく嫌悪しつつも、自分も
またそうであることを認めずにはいられない。大人になれていない大人はどの町にもいるだろう。
しかし、この町に住んでいると、大人になれない大人があまりにも多いように見えて仕方がない。
「大人になれない」と言う言い方は適切ではないかもしれない。もっと積極的に「大人になる
ことを拒否した大人」が非常に多いのだ。そしてもちろん、私もまたそのひとりなのだ。

結婚していないことは罪だろうか。あるいは子供を作っていないことは罪なのだろうか。ミクロな
生物としての本能で言えば、おそらく罪であることは違いないのだ。しかし、もっとマクロな視点で
地球全体から見れば、癌細胞のごとく増える人間であるよりは、そうでない人間でない人間であることは
むしろ正常な生物としての反応であるようにも見える。少子化が現実の問題として語られるように
なっているけれど、少子化が絶対に悪いことだとは私は思わない。おそらく良いも悪いもないのだ。
ある意味で極めて正常な、マクロな生物としての地球が生存維持のためにアプリケーションソフトを
自動起動させた状態なのである。

大人になれない大人とは、自分の運命に対する自分の責任を回避し続けている大人のことだ。
なぜ私の目には、草津の町とそこに働く大人の多くが大人としての責任を回避し続けているかのように
見えるのだろう。それは私自身がその大人たちそのものであることを感知しているからだ。そして
同時に私自身が本当の意味で大人になるチャンスに今立っているということでもあるのだろう。

私は今、自分自身の傷ついた魂のことについて語っている。私自身のセルフイメージがとても低い
ことも私は認めざるを得ない。そして、そこから脱出するチャンスに今立っていることも。私の中には
自分自身と他者に対する激しい怒りが隠されている。それは、時として非常に強い攻撃性を伴って
私の外側に出てくる。ほとんど外に出てくることはないけれど、見る人が見れば私の中にある強い
攻撃性に気づくことはあるだろう。でも、それを他人が解決してくれることを望んでいるうちは
きっと解決できないのだ。
| SHO | 雑談 | 16:29 | comments(0) | - |
雨…。
今日は昼に起きて、長野原まで免許の書き換えに行って、六合村にある温泉施設にでも
入ってこようかと思っていた。バイクも金曜日に給油して以来乗っていないし、来週の
草津志賀高原ルート開通までにバイクに慣れておかないといけないのだが…。

私のスキーウェアとバイクウェアは一部共通で、どちらも着ると全身真っ黒になるのだけれど、
やれやれと着こんで寮の玄関に下りたら…なんと雨だった。ちょうど板前の親方とも一緒になって、

「このバイクかい?」
「はい。そうです」
「今日はこれからずっと雨だよ。」
「えーっ、そうなんですか?」

って会話をしていたのだけれど、雨では仕方がない。まだ慣れていないのに雨の日なんて
バイクに乗りたくない。だいたい長野原なんていつでも行けるし(でも、なるべく早く行った方が
いいのだけれど…)、あえなく今日は撃沈となった。仕方ないからいつもの共同浴場にでも行こうか。

ところで、なぜ私が天気を確認しないでバイクに乗ろうとしたかと言うと、いつも昼間に寝ている
関係で、私の部屋は昼なお暗い部屋なのだ。カーテンを開けて出かけようと思っていなかったし、
窓から雨音も特にしなかったし、朝、帰宅してから寝る前にインターネットを開くときに天気を
確認していなかったのだ。そういえば、今日は珍しく職場で朝のニュースも見ていない。昨日の
阪神の試合結果と金本選手の904試合フルイニング出場達成はスポーツニュースを見て知ってるけど。

遅れましたが、金本選手、本当におめでとうございます。節目の試合を勝利で飾れて本当に良かった。

ところで、今月の給料の残金が本当に少ないことに気づいた。バイクを買ったからなのだけど、
たぶんそれだけじゃない。先月末から今月にかけて、無計画に本を買いすぎたのだ。バイクと
一緒にツーリングに使うサドルバックも買ったのだけれど、思わず買ったのを後悔したくらい。

来週の休みは連休を取っていて、開通初日の草津志賀高原ルートを走るつもりでいたのだけれど、
野沢温泉でライダーハウスに泊まる計画だったのを、飯山線のどこかの駅で駅ネすることに
変更しなきゃいけないかも。それくらい今月はお金がない。でもバイクの燃料代は出さなきゃ
いけないし、バイクの慣熟走行をすればそれだけ燃料代はかかるし…。仕方がない。

そして、困ったことに今週は木曜日以外は雨の予報。木曜日が今週は休みなので友達と出かける
予定になっているのだけれど、この日しかバイクの慣熟走行ができないのならキャンセルして
出かけなければいけないかも。いずれにしても、今月は超緊縮財政とバイクの慣熟走行で
板ばさみの一ヶ月になりそうだ。

あぁ〜、それにしても頼むから4月20日と21日は草津で雨が降りませんように…!!!
草津で雨、ってことは、今の気温だと渋峠は雪になる可能性が非常に高いのだ。いくらなんでも、
道路凍結ではバイクの通行を諦めざるを得ない。その前に、道路自体が通行止めになってしまう。
毎年そんな日が開通後に何日かあって、昨年はたしか4月23日がそうだった。4月20日も午後から
通行止めになったんじゃなかったろうか。いずれにしても、ここはGWまで雪の降る土地なのだ。
最後の最後は覚悟を決めて運を天に任すしかない。ここは北海道なみの気候なのだ。シーズン最後の
雪が降るのが遅い、と言う点では、北海道以上に寒い土地かもしれない。
| SHO | 雑談 | 14:14 | comments(0) | - |
コメントスパム
トラックバックスパムや異常なアクセス数に続いて出てきたコメントスパム騒ぎだけれど、
他のプロバイダに引っ越す人が出てき始めた。これだけ無策だと当たり前の話で、Tigers-net.comの
無策ぶりは呆れるのを通り越して「ここ、セキュリティ関係者を置いているのか?」って考えて
しまう。内部事情は全く知らないのだけれど、現在のセキュリティ責任者はクビにした方が
いいんじゃないだろうか。サポートセンターに電話をかけても、IPで拒否ができるとか回答に
ならない回答しかしないし、ここまで来ると個人の責任を超えてTigers-net.comと言う
プロバイダの組織そのものに危機感がなさ過ぎると感じてしまう。会員数が減ってからあわてて
対策を取っても遅いというのに。

先日、ブログのhtmlを書き換えたと言う話をしたけれど、効果がない。どうも、ブログの
サーバーに直接コメントを送られているようだ。ユーザーに徒労感ばかり残すようなプロバイダの
無策ぶりを見ていると、昨年のトラックバック騒ぎの頃の責任者は辞めちゃったのかな〜とか
考えてしまう。システムに問題があると言うよりも、システムとセキュリティの担当者に問題が
あると言った方がたぶん正しい。こういう問題があるからTigers-net.comが問題なのじゃなくて、
利用者の苦情に全く応えようとする姿勢が見えず、謝っては逃げてばかりいるから問題なのだ。
対策を鋭意検討中です、では何にもしていないのと同じだ。利用者は結果を求めているのだ。

先日、帰省した時に西脇唯のアルバムを何枚か持って帰ってきた。
西脇唯は90年代の半ばから後半にかけて活躍したシンガーソングライターで、私は明けても
暮れても西脇唯ばっかり聞いていた時期がある。私のペンネームの由来が彼女から来ていると
言えば、どれほど私が彼女の歌を好きだったか分かるだろう。どちらも提供曲だけれど、彼女の
代表作は森口博子が歌った「ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜(ガンダムF91の主題歌)」と
LINDBERGのヒット曲「JUMP」だ。
もう何年も聞いていなかったのだけれど、久しぶりに聴くといいなぁ〜と思って持って帰ってきた。

今、聴いているのはZARDのベスト盤。私の音楽趣味は1990年代半ばで止まっていて、それ以降に
出た曲はほとんど知らない。最新のヒットチャートは全く知らないと言っていい。テレビの
深夜番組はしょっちゅう見ているんだけどね〜。「いい!」ってCD屋に買いに走りたいような
曲があんまりない。最近買った最新のCDって槇原敬之の「Life In Downtown」くらいだ。
| SHO | 雑談 | 18:07 | comments(0) | - |
また帰省
明日は休み、なのであるが、また帰省しなければいけない。今月もう3回目の東京だ。
もういい加減にうんざり。休みごとに東京に行ったり仙台に行ったり、まぁ仙台は
仕方がないのだけれど、今回は親に呼び戻されたので実家に一泊しなくてはいけなくて、
さらにうんざりである。最近、草津で丸々休みを消化するときはだいたい東京へ行く
用事をキャンセルして草津にいるような状態だ。

休みが1日しかないので、夜は極力草津に帰りたいのだけれど、今回はそれができない。
うちの親は、人の身体を気遣うわりには本人が一番迷惑なことをしているのに気づかない。
「田舎暮らししているんだから、休みのたびに東京に戻ってくる面倒臭さはつきもの」
なんだとか。こちらは大阪から東京に行くよりも遠い場所に住んでいるのだから、
全く迷惑な話だ。東京まで帰るのに、door to doorで4時間から5時間もかかると言うのに。

本人が無自覚なのだから言いようがないのだが、うちの親って子供の幸せを願っていない
わけではないけれど、子供が親よりも幸せになるとすごく嫉妬して機嫌が悪くなる。あるいは
今回みたいに子供にとって迷惑なこと(東京に呼び戻すこと)をして子供のせっかくの休日を
台無しにしてしまう。私は草津には基本的に気に入って住んでいるわけだから、東京へ月に
何度も帰るのは経済的にもその他の面でも迷惑だし、休日のたびに往復8時間も潰されるのは
我慢がならない。

先日、姉とメールで「幸せ恐怖症」についての話をしていて、親の嫉妬について私も姉も
ずっと感じながら、どこか遠慮をしながら生きてきたんだよね、と言う話になった。
親に言わせれば私たち姉弟は「好き勝手して生きてきた」ってことになるのだけれど、
実際には姉も私も相当親に気を使って遠慮しながら生きてきたのだ。結婚した今、姉は
ようやく解放された感じがするという。姉を解放してくれた義兄には感謝するばかりだ。
私自身について言えば、草津で就職する時に生じた騒動の数々でようやく「私は幸せに
なってもいいんだ」って思えるようになったのかな。

うちの親は早くに結婚したので、たぶん若い頃に「本当ならこう生きたかった」と言う
生き方をできなかったのだと思う。だから子供が自由に生きているのを見ると無意識の
うちに嫉妬して妨害したくなるのだろう。本人には子供の人生を妨害している意識は
全くないので始末に終えないのだけれど、自分が子供を呼び戻せば呼び戻すほど子供は
親を避けるようになる、と言うカラクリに自分で気づかない限り、親は子供から疎まれる
ことになるのだろう。子供には子供の人生があるし、子離れできていないのは親なのだ。

昨日、とても嬉しいメールをもらった。本当に嬉しくて、メールをもらってから一日経った今も
メールを読み返してはほくそ笑んでいるのだけれど、自分の本心ではこう思っているけれど
なかなか表には出していない、表面的にはなかなか認めたがっていない、という自分の部分を
ちゃんと見ていてくれる人がいる、と言うことは本当に幸せなことで、なんだか安心した。
自分のことをちゃんと見ていてくれる人がいるんだ、この人は自分のことを分かってくれている、
分かろうとしてくれている、と思うとすごく嬉しかった。何が幸せって、自分のことを
分かってくれる他人がいることが一番幸せなことだと思う。

今の仕事に就いてから痛感していることだけれど、私は基本的に人に喜んでもらうことが
好きで、自分自身だけのために生きるのは本当は好きじゃない。って言うか、自分のため
だけに生きるって、なんだかつまんない。孤独を敵とし友とし…と言うのはずっと感じて
生きてきたことで、人との関わり合いがすごく苦手で疲れる反面、人と関わらない人生って
のもどうかと思う。
| SHO | 雑談 | 19:46 | comments(1) | - |
コメントスパム対策
仙台へ行っている間に大量のコメントスパム攻撃があり、しかも今までになく手の込んだ攻撃を
かけられたので、手のうちようがなかった。数分間のうちに40通のコメントスパムをやられたの
だけれど、IPアドレスも全て変更の上に送信元のメールアドレスやコメント先のURLも違う。
とりあえず削除しないといけないのだけれど、抜本的な対策を取ることにした。

まず、コメントのURLとメールアドレスは表示不可に変更した。他にも何点かの対策を取ったの
だけれど、コメントスパムの送信者が読むかもしれないので書かない。ブログのhtmlファイルの
タグを変更して、現状では考えられる手を打った。テンプレートで提供されているブログのタグを
書き換えるなんて初めての経験だけど、ホームページを以前は運営していたので、ある程度は
HPをhtmlタグで作成する知識があるので、あるサイトで公表されている防御策を使用して
タグを書き換えた。

Tigers-net.comのコメントスパム対策なんて待っていられないし(これだけ大量の被害が出ている
のに、まだ全く何の対策も講じられていない。遅い!遅すぎる!!)、いたちごっこになるのも
分かっているし、メールや自分のページのURLを善意で教えて下さる方の情報を受け取ることができなく
なるのは、ブログ本来の素晴らしい機能を殺すことになるので本当につまらないし、悲しい。でも、
今回のコメントスパム攻撃に対処するためには他に方法がなかった。残念ながら、敵はものすごく
巧妙な攻撃を仕掛けてくる。これがおそらく自動送信なのだから、何という技術の進歩かと思う
反面で、それを悪用する輩の存在に憤るばかりだ。
| SHO | 雑談 | 15:23 | comments(0) | - |
コメントスパム
この4日ほど、立て続けにコメントスパムの被害に遭っている。

どんなものかと言うと、frankenを名乗るところからスパム先のURLだけ十数行も羅列したコメントが
つけられている。従来のトラックバックスパムの内容を、そのままコメントしたような感じだ。

同じ記事にばかりコメントが付くので、該当記事のコメントを「受け付けない」設定に変えたのだが、
やっぱりコメントされている。トラックバックを「受け付けない」設定にした時と同じで、単に
コメント非表示にされているだけでコメント禁止と言う意味ではないらしい。毎回IPアドレスを
変えているので、IP拒否にしても全然効果がない。管理者側にとって「受け付けない」設定とは
コメントそのものを拒否している状態のことを言うのだが、相変わらずブログ画面上にコメントが
表示されないだけで管理者にはコメントスパムが届いている。これではコメントを受け付けない
設定の意味が全然ない。またサポートセンターに苦情を言わないといけないな。

同じ記事にばかりコメントされているので、考えた末にとうとう該当記事をブログから削除する
ことにした。いたちごっこなことは分かっているけれど、当面のコメントを完全に拒否したければ
該当記事を削除するしかなさそうだ。Tigers-net.comの馬鹿野郎!オマエが中途半端で意味のない
コメントやトラックバックの拒否設定をするから、こちらの記事を削除しなきゃいけなくなった
じゃないか!コメントスパムの送り主にも腹が立つけれど、前回のトラックバックスパム騒ぎの
教訓が全然活かされていないTigers-net.comのサポートセンターにはもっと腹が立つ。
| SHO | 雑談 | 08:46 | comments(9) | - |
インターネット予約デビュー
もう何年も愛用している旅行計画ノートが、残り少なくなってきた。

この仕事、3泊までは休みが普通に取れることが分かったので、九州だの四国だのに出かけても
十分に楽しめることが分かって楽しい。今まで乗ったことのないローカル線に乗るのは楽しい。
今まではお金がなくて私鉄ローカル線に積極的に乗ることはできなかったものの、これからは
私鉄のローカル線にも乗ろう、と時刻表を相手に計画を立てているところだ。

社会人になって、積極的にビジネスホテルや特急、新幹線を使うようになった。学生時代とは
時間とお金の価値が逆転したなぁ、と自分で思う。昨日は生まれて初めてインターネットで
ホテルの予約を取ったのだけれど、職場で毎日受け取っているインターネット予約のFAXの
原本を自分が書いていると「みんな、こうやってウチの旅館に申し込んで下さっているんだなあ」
と感じて感慨深かった。なんでも経験してみるものだ。

もう1年も前からインターネットの予約サイトには登録していたのだが、泊まると言ったら
『全国安い宿情報』で探して電話をかけるか、あるいは寝袋を持っていって駅で寝る、と言う
パターンが多かったので実際に使ったことはなかったのだ。世の中の人は、みんなこんな風に
予約を取っているんだ、と感心したのだけれど、実際にやってみるとすごく時間がかかった。
次回からは、今回よりも時間短縮するのかもしれない。

宮脇俊三さんの『時刻表二万キロ』を最近また読んでいる。石川啄木の『一握の砂』なども。
旅行記や旅の短歌を読むのは楽しい。『時刻表二万キロ』を読むなら姉妹編の『汽車旅十二ヶ月』も
併せて読むと、同時期の違う旅行の記事が書いてあって楽しい。JRは全部乗ってしまったけれど、
次は第三セクター鉄道と私鉄のローカル線を中心に乗りたいな、と考えている。幸いにして
廃止になった国鉄転換路線には全て乗っているのだが、11月廃止予定の神岡鉄道は未乗なので
近いうちに乗りに行かねばならない。

神岡鉄道と一緒に愛知環状鉄道、明知鉄道、長良川鉄道に乗って2泊3日のコースを考えて
いるのだが、1泊は高崎で泊まるので、これなら休みが2泊でも乗れそうだ。中部、北陸方面から
夜行で帰ってくるのなら、前夜のうちに高崎まで戻ってきて泊まった方がはるかに楽だし、
朝もゆっくりできる。値段は夜行を使うのに比べて高くなるけれど、それは仕方がない。
あるいは、富山から前橋か桐生まで夜行高速バスを使うか、かな。急行『能登』を使っても
いいけれど、値段はともかく、早朝着なのでゆっくり眠れるかどうかが問題だ。朝の4時に
高崎で叩き起こされるのは、正直つらいものがある。それなら富山からいったん金沢に出て
『北陸』に乗った方がいいかなぁ、とか思ってしまう。

さて、もう昼の3時だ。風呂に入ってから、もう一眠りすることにしよう。あと5連勤で
次の休みが来る。
| SHO | 雑談 | 15:17 | comments(0) | - |
旅行計画
来週、大学へ退学の挨拶に行って来るので、その前後に旅行を計画している。今回は
往路でくりはら田園鉄道に、復路にわたらせ渓谷鉄道と上毛電気鉄道、そして余裕があれば
上信電鉄に乗る計画を立てている。

日光と足尾を結ぶ足尾町営バスが1日4往復しかなく、これを軸にして前後の計画を立てた結果、
復路は前日の晩に仙台を発って新幹線で郡山泊。朝は郡山から磐越西線〜会津鉄道〜野岩鉄道
〜東武鉄道と乗り継いで昼前に日光へ到達し、バスで通洞へ抜けてからわ鉄で桐生へ、西桐生から
上毛電気鉄道に乗り継ぐプランになった。朝の7時前に郡山を出発すれば、芸術的に接続が良く、
途中の桐生で昼ごはんを食べる時間も確保して、上信電鉄を省略すれば夕方に、乗っても
夜の9時には草津へ帰着するプランが出来上がった。

私だって好きで草津を離れているわけではないし、勤務の前日は草津でゆっくり休みたい。
それらの事情も考慮して、さらに短歌合宿に参加する兼ね合いも考えてこのプランに落ち着いた
のだが、結果的にはこれしかないだろう、と言えるほどの傑作が出来上がった。ひとりで
悦に入っているところだ。短歌合宿には、結局は初日の夕食後まで一緒にお付き合いして、
彼らが宿に向かうところで「では」と私は上り最終の郡山行き新幹線に飛び乗ることにした。

どちらにしても2日目の朝までしかお付き合いできなかったわけだし、今回は貴重な磐越西線と
会津鉄道に乗るチャンスの方を大事にしたい。後輩には申し訳なかったが、今回は全面的に
未乗の鉄道路線に乗ることを優先したプランにした。

おそらく仙台に行くことは当分ないだろう。往路は時間の関係で大宮で新幹線を乗り継いで
仙台に向かうのだが、復路まで同じコースではつまらない。北関東を走る両毛線は退屈だし、
常識的過ぎて小山から両毛線で帰る気にはならない。郡山から会津若松と日光を経由して
草津に帰るなんて、考えるだけでも素敵なプランではないか!常識的なルートとは全く
違った顔を見せてくれそうだ。それに景色の良さも折り紙つきである。

JRを全線完乗してから、私鉄に乗りに行こうという気にはならなかったものの、最近になって
私鉄に乗りに行くのもいいな、と思うようになってきた。社会人になって、今までよりも
少しお金の余裕ができたことが大きいのだけれど、乗ったことのない鉄道に乗るのはいつも
ワクワクする。

今回、短歌合宿の参加日程を短縮しても鉄道に乗りに行くことにしたのは、「しなくては
ならない」気持ちで合宿に参加してもつまらないな、と思ったから。勇気を持って、
今やりたい旅をやることにしたのだ。せっかく誘ってくれた後輩には本当に申し訳ない
のだけれど、仙台から草津に戻る旅というのは、かねてからの懸案だったわ鉄と上毛電鉄に
乗るには絶好の機会なのだ。
| SHO | 雑談 | 20:15 | comments(0) | - |
成長することと成功すること
最近、いろんな瞬間に「気づく」ことが多い。気づいたことをそのままにしておくのは
もったいないので、なるべくその瞬間に近いうちにメールなりブログなりで記録しておく
ようにしている。

最近、気づいたことはこんなこと。
1、「こういう仕事に就きたい」と思っていた仕事と
 「こういう生活は絶対にイヤ」と言うライフスタイルが
 一致していたこと。つまり「こう働くべきだ」と言う
 刷り込みと言うか思い込みが自分の中にあったってこと。
2、「一生ここで働きなさい」と言われると私はかえって
 ダメなこと(つまり、いろんな意味で人生を拘束される
 ことが私はダメなんだと思います)。
3、人に喜んでもらうことが、私は好きだということ。
4、私は、草津に住むことを「許されている」なぁってこと。

また、「自分の望むライフスタイルと一致しているかどうか」で物事を判断する習慣も
徐々についてきたようだ。その繰り返しの中で浮かんできた、自分の望むライフスタイル
とはこんなものだ。

1、日の出とともに働いて、日暮れとともに休みたい。
2、常に豊かな自然に囲まれて生活したい。
3、海外とつながりのある仕事がしたい。海外にも住んでみたい。
4、ほどほどに働いて、人生の自分の時間を大切にしたい。仕事は
 成長するための手段であって、成長の結果として成功することは
 大いに結構だけれど、仕事で成功することが人生の目的じゃない。
5、お客さんの顔が見える仕事がしたい。お客さんが喜ぶ顔を
  実際にこの目で見たい。人を喜ばせたい。

今の仕事については、そこそこ満足している。ただし、一点だけ満足していない点がある。
それは「長期的に見て、継続的な自分の成長につながるだろうか?」ってこと。短期的には
十分に成長につながると思うのでいいのだけれど、一生夜警でいいのだろうか?答えは否だ。

人生の中で、拘束されることがダメなんだな、と気づいたときに、果たして結婚することが
本当に私の望むライフスタイルに合致しているのだろうか?ってことも思った。「結婚しなくては
ならない」と言う思い込みに動かされていただけじゃないの?ってことも思う。そして、
結婚だけじゃなく、仕事についても以前就いていた国際物流業などは私の望むスタイルには
全く合致しないな、と言うことも感じる。私の通っていた大学についても全く合致しない。

私は中学受験のあの雰囲気が嫌いだ。あの雰囲気は、私がかつて勤めていた会社、そして
かつて通っていた大学と共通の雰囲気を持っている。人を追い詰め、追い詰めて効率だけを
追求する組織。それが組織のアイデンティティなのだから、嫌な人は去ればいいのだけれど、
自分が喜怒哀楽を持つひとりの人間としてではなく、紙やボールペンと同じ消耗品のように
扱われることが、自分の人間性を否定されるような気がして私はたまらなく嫌なのだ。
そんな中で働いてステータスと高額の収入を得たとして、私は幸せだろうか?今までの
経験からはっきりしている。そういう環境で過ごしている間、私はとても不幸だった。

ここまで書いて、自分の人間性を否定しているのは結局は自分自身だと気づく。それは
自分自身の価値観と違っているよ、と言うことを強烈に感じるのだ。自分の望む価値観に
反しているから、長く居ると自分を否定して生きることに鈍感にならざるを得なくなるのだ。

毎日、日経新聞を読んでいて気づいたことだけれど、国際競争にさらされる企業に私が
就職して朝から晩まで365日「世界と繋がっている」ことを実感して働くとして、それが
本当に幸せだろうか?それよりも、朝日に輝く山脈の神々しさや、流れる雲を通して
世界と繋がっていることを実感して働く方が、私にとっては幸せなんじゃないのか?そんな
ことを思うのだ。「世界を相手に戦うこと」が格好いい生き方だなんて、誰が決めたの
だろう。自分が勝手にそう刷り込まれて思い込んでいただけではないか。

結局、社会的なステータスで物事を判断すると誤るってことなのだ。自分の中に思い込みが
あったことを認めることも必要だし、認めたうえで「じゃあ、どういう生き方をすれば
自分はもっと毎日ワクワクとして生きられるのだろう」と日常を再点検する必要がある。

今、友人から借りた森林インストラクターの教本を仕事中の暇な時間に読んでいる。
森林インストラクターになると決めたわけではまだないのだけれど、人に何かを教える
インストラクターの仕事が自分に合っているかなぁ、ということは感じる。高専時代に
「西村君は、いずれは高専に戻って教官になるんでしょ」とたくさんの人に言われたけれど、
何らかの技術を身につけて先生になるのもいいなぁ、なんてことも思う。それが全てでは
ないと思うのだけれど、私はもっと成長したいし、成長した結果として成功するのなら
それはとても嬉しいことだ。
| SHO | 雑談 | 18:58 | comments(0) | - |
短歌合宿
一昨日は、結局仕事が終わってそのままバスに飛び乗り、高崎から新幹線を使ってお昼には
実家に帰ってきた。母の作っておいてくれたキャロットスープとコロッケで昼ごはんを食べて、
父のパソコンのデータ移行作業に取りかかった。

作業は夕方までに終わり、夕方の6時前に実家を出て帰りは最終の特急「草津」で帰った。
夜の10時には草津に帰れるので本当にありがたい。これがバスだと所要時間が1時間増えて
しまい、夜の1時間が出発を1時間早めるか到着が2時間遅れるかの違いになるので、草津で
早く寝たいことを考えるとその差は非常に大きい。帰宅したら着の身着のまま寝てしまった。

翌日は8時半に起床。だいぶ身体はすっきりした。とりあえず、また一週間頑張ろう。

再来週に迫った大学短歌会の合同合宿の全容が分かった。とりあえず仙台で初日は
一泊することになりそう。2日目の朝に離脱するか、それとも2日目の晩に離脱して
前橋・高崎行きの夜行バスで草津に帰るか。本当は初日の夜に離脱しようかとも
思ったんだけど、それでは参加の意味がないことは重々承知しているし、後輩も
引き止めてくれているので、とりあえず合宿初日の夜は仙台に泊まることにした。

社会人でなければ2日目の晩に離脱、と言うことも考えられるのだが、出雲に行った
帰りに夜行明けで草津に戻って仕事に入ったら、仕事中が眠くて仕方がなかったのだ。
社会人として、これではいけないことは確かで、疲れが残るようなことになるのなら
当直に入る前日の晩には草津に帰り着いた方がいい。

とりあえず、2日目の朝に離仙するか夜に離仙するかは当日任せにすることにした。
今考えても結論が出そうにない。
| SHO | 雑談 | 12:24 | comments(0) | - |
11連勤
出雲に旅行して帰ってきてから、もう10日が過ぎてしまった。今晩まで11連勤で、ようやく
1日の休暇になる。まだ有給を取れる身分ではないので、月6日の休みをフルに消化しても
3連休を取って先々週に出雲へ行った結果のダメージが身体に残っている。先週は先輩が5連休を
取った関係で(そのために、先輩は今月の初めから20日まで3週間連続で働いていた!)私は
前後の週末もろとも休むことができず、休日消化のために先々週は3連休を取ったのだった。
そのおかげで山陰旅行には行けたし、ブルートレイン『出雲』にも乗れたので文句はない。

まだ、旅行中に伺った三徳山三仏寺のご住職にもお礼状を出していないし、親への就職祝い
(私が就職したのだけれど、今まで長い大学時代&湯治時代を支えてもらったお礼をしたくて、
初任給で親にプレゼントをすることにしたのだ)を選ぶ作業もしていないし、早く大学に提出する
退学届も書かなければならないし、でも、今日も夜は勤務なので早く寝なくてはいけない。

仕事中が本当に疲れていて、特に明け方は寝ぼけた頭で仕事をしているのを感じる。早く休養を
取らないといけないのだけれど、11連勤の後の休日(って明日だけれど)は父の新しいパソコンへの
データ移行作業をしなければならず、東京へ帰ることになっているので全く休みにならない。来週の
休みは歯医者に行くので東京へ帰るし、その次の週は大学へ挨拶に行くので仙台へ行くことが
決定済みで、つまり2月上旬から3月の下旬まで、寮の部屋でゆっくり夜を過ごすことは1日たりとも
ないのである。どこかで休養を取らないと、本当に寝ぼけた頭でミスをしでかしそうで怖い。

それにしても、就職以来ほぼ月1〜2回のペースで東京に帰っている。なんだかんだで東京での用事が
多いからなのだけれど、東京まで往復8時間半は社会人にとってしんどい。それでも、高崎や前橋で
買い物をするくらいなら友達と佐久や上田へ行くか、それとも一気に東京に出てしまう。値段的に
高崎や前橋に行くのと東京へ行くのとでは片道1000円しか変わらず、品揃えは圧倒的に東京の方が
多い(はず)だから。私が買うようなマニアな本は、地方都市では手に入らない可能性が高いのだ。

よっぽど今晩も休みを取ろうと思ったのだけれど、今晩休むと仙台へ行く時に時間の余裕が
なくなってしまい、3月中旬に予定されている大学短歌会の合同合宿に顔を出せなくなる。2年半ぶりで、
きっと今回が私にとって最後の合同合宿参加になるのだけれど、2泊3日の日程の全てに参加することは
どうしてもできない。初日よりも2日目に参加することが大事なことは分かっているけれど、2連休では
休みの都合で1日目の夜には仙台を離れなくてはいけない。だから3連休を取る予定になっていて、
先輩の許可ももらっているのだけれど、合宿終了後の3月下旬の前半にもう1日休みを取らないと、
中旬から下旬にかけて再び11連勤になるので、それだけは絶対に避けたい。そんな事情を考えると、
どうしても今晩は出勤せざるを得ないのである。

あぁ、寮の部屋で1日出勤しないで寝ていられる日はいつ来るのだろうか。そう言いながら、仕事中に
暇な時間は「神岡鉄道が…」とか「今度の仙台行きで、くりはら田園鉄道に乗っておかなきゃ」とか
時刻表片手につぶやいている。バイクを買うのは最短で4月上旬の予定だけれど、きっと出かけずには
おれないのだろうな。本当に、どこかで身体を休めないと、疲れて身体をおかしくするか寝ぼけ眼で
仕事してとんでもないミスをしそうで怖い。
| SHO | 雑談 | 08:55 | comments(0) | - |
「出雲」A個室寝台「シングルDX」
紆余曲折、悩んでいたのだけれど、とりあえず「出雲」に乗って出雲に行こう、そう心が
決まってきた。スキーはとりあえず横に置いておこう。

スキー遠征と言うのは私にとって初めての体験で、だからこそ私は今シーズンやりたかった
わけだけれど(なぜなら、その行為自体が私にとっては「冒険」だから)、どう計算しても
あと1万円は出さないと山陰でスキーには行けないし、重たいスキー用具を担いで雪質の悪い
山陰まで行くのもしんどい。

「あと1万円出すのなら…」と考えると、一番やりたいのはA個室寝台「シングルデラックス」
オロネ25形に乗ることかなぁ。「はやぶさ」「富士」に使われている同系車両は14系化改造を
受けているので、改造車ではない純正の24系25形のA寝台は「出雲」と共に消滅する。そんな
御託はどうでも良くて、とにかくオロネ25形は私が幼稚園に上がる前からの憧れの車両なのだ。

私の当時の憧れは日本最長距離特急の「はやぶさ」だったのだけれど、今や1980年前後の
ヘッドマーク付き花形列車の編成をほぼそのまま維持している列車は「出雲」だけなのである。
フリースペースとしての連結だけれど、オシ24形食堂車を連結している列車も「出雲」だけだ。
そういう意味では、「出雲」の廃止はただ単なる一夜行列車の廃止にとどまらない、重大な
意味を持つのである。私が子供の頃に憧れていた寝台特急「ブルートレイン」の形態を保つ、
最後の列車がこの春で廃止になるのだ。

同じあと1万円出すのなら、幼稚園に上がる前からの夢を実現させる方が、もっと根源的な
夢の実現なんじゃないかなぁ。その方が、より自分を好きになれると言うか自分に自信を
持つことができると言うか、そんな感じがする。実際にきっぷを変更するかどうかは
まだ悩んでいるけれど、だいぶ心が整理されてスッキリしてきた。出発はいよいよ明日だ。

なぜそんな風に心が傾きだしたかというと、今の私は自分の中でどんな風にこれから生きて
いきたいのか分からなくなっていて、「どう生きてもいいんだよ」と自分に言い聞かせても
どう生きたいのかが自分でも分からなくなっている。だったら、子供の頃からの大きな憧れ
と言うか夢を、ひとつ実現することが自分を解放するのに大事なんじゃないかと思ったのだ。
しばらく、本当に幼少の頃からの夢を実現する体験、と言うものをしてこなかったから。

たとえば「出雲」のA個室寝台に乗ったからと言って人生が変わるかどうかは分からない。
でも、「自分の生きたいように生きていいんだよ」と言うサインを自分自身に送ることが
今の自分には必要なんじゃないか、とも思う。ひとつ言えるのは、昨日とは何か行動を
変えることが今の私には必要だ、と言うことだ。
| SHO | 雑談 | 10:37 | comments(0) | - |
清水の舞台から飛び降りる
「出雲」と「サンライズ出雲」の寝台券と指定席券はもう買ってしまったのだけれど、
いざ買ってこれから行くぞ、となるととても躊躇する自分がいる。なぜかと言うと、
ものすごく経済的な負担が大きいから。2泊3日のスキー遠征に予定していた予算の
倍近くかかってしまうのだ。当然、バイクを買うための予算にも大きく影響してしまう。
湯沢へ遠征するのと山陰へ旅行するのとでは距離が違いすぎるから、仕方ないんだけれど。
この機会を逃せば「出雲」に乗るチャンスは一生ないだろうしね。

それにしても、たかだか山陰へ旅行に行くのに、まるで清水の舞台から飛び降りるような
心境だ。誇張なしに目をつぶって飛び降りるような心境なのである。それだけ金銭的な
負担が大きいわけなんだけど、必要な周遊きっぷの値段を計算してため息ばかりついている。
現地でウロウロすることを考えると、たった2日の滞在でも周遊きっぷのゾーン券の元は
取れるので問題ない。たぶん、旅は楽しいものになるだろう。しかし、そのためにかかる
費用と、それが今後のお金のやりくりに及ぼす影響を考えるとためらわざるを得ないのだ。

今、自分の中ですごく大きなテーマになっているのは「これから、どうする?」ってこと。
自分の中にどんな野望があって、これからどのように生きて行きたいのか、自分に幸せに
なることを許可することが、きっと私は怖いのだ。身体的な制約はきっと何年もあるもの
ではないと思うので、草津を出てもいい、と言う日はきっと来るだろう。それからさぁどうする?
と考えると「分からない」。「これからどうしたいの?やりたいように生きていいんだよ」と
自分自身に問いかけても、自分で何をして生きて行きたいのかが本当に分からないのだ。

だから、今の私には明確なお金を使う基準と言うものがない。ダラダラとお金を使っていては
お金がいくらあっても足りないので、何かに集中投資したいのだけれど、自分の生きるルールと
言うかガイドラインになるものがないのだ。

無軌道に生きることはとても不安だ。不安なだけじゃなくて、実際に無駄も多い。人生に
無駄はない、と言う人もいるけれど、無駄なものはやっぱり無駄だと私は思う。間接的に
人生に役に立つことは多いけれど、無軌道に生きていたら、結局人生で何にもできない。
続きを読む >>
| SHO | 雑談 | 08:25 | comments(0) | - |
スキー遠征中止
このところ、ずっとこの日記で計画していたスキー遠征は、今シーズンは中止することにした。
なぜかと言うと、予想外の事態で来週は3連休になったから。以前「絶対乗りたい!」と
書いていた、東京と出雲市を結ぶ寝台特急「出雲」が3月のダイヤ改正で廃止になるのに
合わせて、最初で最後だけれど「出雲」に乗りに行くことにしたからだ。山陰へ行くと
予算を大幅にオーバーするので、今シーズンのスキー遠征は諦めざるをえない。

楽しみにしていたスキー遠征と寝台特急「出雲」のどちらを取るのか。2連休までなら
スキー遠征だったのだが、3連休となると話が変わってくる。今月から来月にかけての
家計が厳しくなるのは承知しているのだが、ここで「出雲」に乗らなければ絶対に
後悔すると思った。下り「出雲」はずっと私が乗りたいと思っていた寝台特急で、朝の
目覚めとともに餘部鉄橋を渡るシーンは3月のダイヤ改正で見納めになってしまうのだ。

そういうわけで、今回は行きは14日火曜日の下り「出雲」のB寝台で、帰りは16日木曜日の
上り「サンライズ出雲」のノビノビ座席にした。本当なら「出雲」は残り先短いA個室寝台
「シングルデラックス」にしたいところだけれど、それは予算の関係。もし予算が余るよう
なら変更するかもしれない。これでも山陰で2日間の滞在を確保できるので、観光しようと
思えばできる。社会人の週末旅行としては、こんなものだろう。

一昨日は仕事が終わってから2時間ほど滑り、昼前から友人と佐久まで買い物に行ってきた。
買い物をして夜の7時に帰ってきてから、8時に寝て朝の6時まで爆睡。さらに昨日は一日中
起きて1時間半から2時間すると眠くなってきてまた寝る…と言う繰り返しで今朝まで1日半の間、
ずっと風呂にも入らずに寝ていた。本当に身体が疲れていたらしい。たしかに、昼間は眠く
ならなかったし仕事中は眠いしで、身体のリズムがおかしかった。人間はちゃんと夜に
寝ないといけないらしい。

今聴いているのは鈴木祥子のアルバム『Long Long Way Home』。彼女のアルバムの中では
一番好きなアルバムで、さらにこの中の『水の中の月』と言う曲はもうずっと聴いている。
この曲を聞くと、どこか旅に出たくなる。今回、久しぶりに山陰へ行くことにしたけれど、
用事でも修行でもなく純粋な旅に出るのは何年ぶりだろう?ってくらい久しぶりだ。つくづく
社会人になったことのありがたみを感じる。
| SHO | 雑談 | 08:51 | comments(0) | - |
トラックバック拒否の記事にトラックバック張られた
本日、トラックバックを「受け付けない」と言う設定にしている記事にトラックバックを張られた。
サポートセンターにメールで状況報告をした後で、納得いかないのでサポートセンターに電話した。

記事に対するトラックバックを「受け付けない」設定と言うのは、正確には「トラックバック非表示」
と言う設定になっていて、トラックバックそのものを拒否する設定ではないんだそうだ。だから、
ブログ上に表示されないだけで、トラックバックを拒否したIPやURL以外からトラックバックされた
場合はトラックバックされてしまう、と言うのがサポートセンターの回答だった。

技術的な問題と言うかT-blogの設定仕様上の問題で、私はなるほどと納得したのだけれど、ある程度
コンピュータに明るくないユーザーには納得しがたい問題だろう。私も「トラックバックを受け付け
ない設定になっているのにトラックバックされるとは、これはどういうことやねん!」とサポート
センターのお姉さんに詰め寄りはしなかったものの、「納得がいかないんですけど」と何回も
食い下がった。お姉さんはかなり困った感じで話をしていたけれど、今回は納得いかないだろう。

それにしても、T-blogのサポートセンターのお姉さんって、やっぱり大阪の人なんだ。モロに
関西なまりの人で、つられて私も久々に関西なまりで話をしてしまった。

トラックバックそのものを防ぐためには、てぃぶろぐの設定画面からURLとIPを打ち込んで
拒否設定に加えるしか現状では手立てがないらしい。いかに酷いアクセス状況か、現在の
アクセス状況をメールに貼って送ったので、ブラウザとホストのアクセス拒否をして欲しい、
と言うことも要望した。

サポートセンターのお姉さんの個人的責任ではないし、電話での対応がとても良かったし、
なぜトラックバックされたのか、と言う技術的な点に対して明確な説明があったので引き下がった。
技術的な問題で現状では手を打てないのも分かるので、引き下がらざるを得なかった。

とりあえずトラックバックされたらURLとIPを地道に拒否していくしかないのだけれど、
コンピュータやWebの知識がある程度以下の人にとって、あの説明で納得してもられるかと
言われたら、たぶん納得してはもらえないだろう。何のためのトラックバックを
「受け付けない」設定なのか、と言う肝心な点が、そういうブログの仕様なんです、では
納得してもらえないんじゃない?サポートセンターには、該当するホストとブラウザからの
アクセスを拒否するよう要望したのだけれど、トラックバックを「受け付けない」のでは
なく「表示しない」だけだったとはガックリきた。今もその点は納得がいかない。
| SHO | 雑談 | 18:30 | comments(2) | - |
トラックバックスパム多すぎ…
このところ、トラックバックスパムの実被害はゼロである。
トラックバックスパムの攻撃は依然として受けているものの、多数のアクセスのある記事を
全てトラックバック禁止に変更して、さらに最近の記事は全てトラックバック禁止の措置を
取ったからだ。最近10日間のアクセスの具合はこんなもの。いくらなんでも、酷すぎるだろう。
今日は8時間強ですでに500件近いアクセスがある。

日付 アクセス数 %
2006-01-21 486 (3.95%)
2006-01-20 1173 (9.54%)
2006-01-19 925 (7.53%)
2006-01-18 773 (6.29%)
2006-01-17 982 (7.99%)
2006-01-16 1187 (9.66%)
2006-01-15 1643 (13.37%)
2006-01-14 1555 (12.65%)
2006-01-13 1709 (13.9%)
2006-01-12 1324 (10.77%)
2006-01-11 535 (4.35%)

ホスト別
OFSfa-07p4-209.ppp11.odn.ad.jp 2045 16.64%
OFSfa-07p8-243.ppp11.odn.ad.jp 1856 15.1%
105.164.150.220.ap.yournet.ne.jp 1099 8.94%
tky2-p43.flets.hi-ho.ne.jp 865 7.04%
pl479.nas921.o-tokyo.nttpc.ne.jp 649 5.28%
m063254.ppp.asahi-net.or.jp 437 3.56%
pl104.nas925.o-tokyo.nttpc.ne.jp 426 3.47%
j119062.ppp.asahi-net.or.jp 383 3.12%
148.168.244.43.fbb.ReSET.JP 348 2.83%
64.124.85.213.become.com 312 2.54%
19.185.192.61.tokyo.flets.alpha-net.ne.jp 281 2.29%
203.141.130.162.user.max.interlink.or.jp 254 2.07%
PPPa2113.tokyo-ip.dti.ne.jp 247 2.01%
crawl-66-249-72-103.googlebot.com 213 1.73%
msnbot.msn.com 194 1.58%
p6058-ipad515marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp 156 1.27%
DSLa3672.tokyo-ip.dti.ne.jp 123 1%
www314.sakura.ne.jp 96 0.78%
129.250.134.165 45 0.37%
ip68-101-16-172.nc.hr.cox.net 38 0.31%

ブラウザ別
libwww-perl/5.801 6726 54.72%
libwww-perl/5.76 2503 20.36%

これを見ると、圧倒的にNTT系列のホストからのアクセスが多く、NTTはトラックバック
スパムの温床となっていることが分かる。って、そんなこと分からないようなNTTなら
契約する必要もつもりもないわなぁ。私の携帯電話はウィルコムだし、地上電話は現在は
使っていないのでNTTにはお金を落としていないし落としたくもない。わずか10日間で
800件も900件もひとつの記事にアクセスがあるなんて、正気の沙汰ではない。
| SHO | 雑談 | 09:44 | comments(0) | - |
僕の人間不信
世界に一つだけの花
世界に一つだけの花
SMAP

僕の生きる道 DVD-BOX (デジパック仕様セット)
僕の生きる道 DVD-BOX (デジパック仕様セット)

昔の彼女のご家族が倒れたので、お見舞いの花を贈った。私はそのご家族の方もよく知って
いるので、知らせを元彼女から聞いた瞬間、心臓が止まるかと思うほど驚いた。考えるだけで
胸が苦しく、息ができないほどだ。

花を贈ったのと同時に元彼女にも励ましの手紙を書いて速達で送ったのだけれど、手紙を読んで
どんな感じがするのだろう。「手紙読みました。ありがとう」と言う短いメールは携帯にもらった
けれど、励ましの手紙を書きながら全く何の邪心もなかっただろうか、と考えると、間違いなく
何らかの邪心は私の中にある。そのことを考えた時に、自分で気づいたことがあった。

リアクションを想像したときに、私はとても不安になった。たしかに私もいろいろ悪いところや
邪心を併せ持っているけれど、本当に心を痛めて花や手紙を送ったのに、こちらの誠意と言うか
気持ちは信用してもらえないかもしれないなぁ、と思ったからだ。つまり、私は元彼女に
信用されるに値しない人間なのかなぁ、と自分で自分に対して思ったのだ。

私は長らく強度の人間不信だった。そして、元彼女もまた強度の人間不信だったなぁ、と最近思う。
同じ視線の人同士しか出会わない、と言うのは本当のことだ。どういうわけか、私は代々人間不信の
女性ばっかり選んでいたし、それは私自身が人間不信だったからだと言うことに深く合点がいったのだ。

お互いに深く傷ついた経験のある者同士だったけれど、お互いに、お互いにかけられた呪いめいた
ものを解除する方法を知らなかった。そして、残念ながら解除するキーは自分自身の中にある。
自分がカラクリに気づいてキーを自ら解除しない限り、最終的には人間不信は解除できないのだ。
なぜなら、人間不信の人間は人間不信に陥った痛手の記憶があるのと同時に、その記憶を
自ら積極的に補強して「人間不信であろう」としてしまうからだ。

心の中にかけているメガネを替えないと人間不信は解除できないのである。現状の私でできる
最大限の解除キーは送った。元彼女も、いつか自ら気づいてキーを解除する力があるし、その日が
必ず来ると私は信じている。私自身が解除しつつあるのだから。
続きを読む >>
| SHO | 雑談 | 04:35 | comments(0) | - |
スノーブーツ
昨日の最終バスで草津に帰ってきた。草津帰着は午前零時。長野原の気温はマイナス3度で、
草津に帰ってきたらマイナス9度だった。一週間ほど前に一度暖かくなってから再び冬が
戻ってきたので、こういう時の路面はとても危ない。柔らかい雪の下にアイスバーンが埋まって
いるので、歩いているとツルッと足元が持っていかれてしまう。それでもとっさに体勢を
ほとんどの場合は立て直せるのは、この雪国に住んで、もう2シーズン目を迎えたからだ。

新宿に午後8時までいられるのは本当にありがたい。結局、槇原敬之のCDは今回は財布との折り合いが
悪くて買えなかった。『Completely Recorded』が2500円で売っていたので買いたかったけれど、
今は給料日前でお金がない。もし買うとお金の余裕が相当なくなるので断念せざるを得なかった。

スキーブーツを買うための相談にも行ってきた。もっとも私の知り合いの店員はスノーボードの
コーナーにいるので、スノーボーダーに混じって話をしてきた。たくさんの人がいたけれど、
スノーブーツで新宿の街を歩いていたのは私だけ。いかにも雪国直行な格好である。カチカチに
凍ったアイスバーンで転んで強打した手首が、転んでから10日以上経った今も痛むけど
(左手小指の付け根の骨を強打したまま痛いので、もしかして骨にヒビでも入ったかな?)、
もう筋金入りの雪国在住人間です(ちょっと自慢)。
続きを読む >>
| SHO | 雑談 | 01:34 | comments(0) | - |
帰省
連休が取れたので、1泊だけ実家に帰省することにした。そんなわけで、久々の書き込みは実家から。
昨日の朝に仕事が終わってから、荷物をまとめていたら眠くなってきてダウン。起きたら午後で、
それから荷物をまとめて実家に帰ってきた。実家まで電車とバスを乗り継いで5時間で帰れるのは
比較的近くていいことだ。

実家近くのTSUTAYAで槇原敬之のアルバムを何枚か借りてパソコンに落としている。明日は
ブックオフにも行ってこよう。槇原敬之くらい有名なら、どこのブックオフにも在庫が
きっとあるだろう。今、リピートで何度も聴いているのは『COWBOY』。しばらく聞いて
いなくて、ぜひ今回聞きたいと思っていた曲のひとつ。『君は僕の宝物』も図書館で借りた
CDは音質が極めて悪かったので、借り直してパソコンに落とした。楽しみにしていた
『completely recorded』は、かなり傷がついていて、3曲ほど落とせなかったのは残念。

私のパソコンの中に入っている4GBを超える曲の中で、通年平均を取れば間違いなく最も
よく聞いている曲が槇原敬之の『9 X Forever』と言う曲。『music baton』にも入れたけれど、
もともとは槇原敬之が自作の英語の曲ばかりを収めたアルバムに入っていて、彼の曲と
しては極めてマイナーな曲だろう。私が実際に聞いているのはシングル『君の名前を呼んだ後に』
のC/Wとして収録されている2003年バージョンのもの。オリジナルとは多少違うらしいのだけど
私にはよく分からない。

今晩には草津に帰る。あわただしいけれど、社会人になるってこういうことなんだな。
| SHO | 雑談 | 02:14 | comments(0) | - |
怒涛のトラックバックスパム
このところ、libwww-perlと言うブラウザから攻撃としか言いようのない量のアクセスを受けている。
最近3日間のアクセスは1000を軽く上回り、昨日は1700を超えたのだけれど、特に有名人でもなければ
更新頻度が無茶苦茶高いわけでもない私のブログがそんなに読まれるはずがない。libwww-perlと言う
ブラウザは過去のトラックバックスパムでも必ず顔を出しているブラウザであり、過去に例を見ないほど
大量のトラックバックスパム攻撃を受けていると判断するのが妥当だろう。

ちなみに、日付別のアクセス数は以下の通り。今日のアクセスは16時58分現在のものだ。

2006-01-14 1153
2006-01-13 1709
2006-01-12 1324
2006-01-11 604
2006-01-10 430
2006-01-09 500
2006-01-08 256

過去10日間のブラウザ別のアクセスはこんなもの。

libwww-perl/5.801 2595
libwww-perl/5.76 1175

過去10日間のホスト別のアクセスはこんなものだ。

OFSfa-07p4-209.ppp11.odn.ad.jp 1147
OFSfa-07p8-243.ppp11.odn.ad.jp 641
tky2-p43.flets.hi-ho.ne.jp 528
j119062.ppp.asahi-net.or.jp 383
148.168.244.43.fbb.ReSET.JP 348
64.124.85.213.become.com 226
203.141.130.162.user.max.interlink.or.jp 172
p6058-ipad515marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp 156
19.185.192.61.tokyo.flets.alpha-net.ne.jp 145
m063254.ppp.asahi-net.or.jp 132
tky7-p7.flets.hi-ho.ne.jp 108

odnやocnはトラックバックスパムの他にスパムメールの有力発信元でもあり、私はこの両者は
プロバイダとして信用に値しないと考えている。一昨日から今日にかけてトラックバックされた
実際の件数が1件に過ぎないのは、おそらく9月のトラックバックスパム事件以来のtigers-netが
取ってくれた施策が功を奏しているから。トラックバックスパムを見つけ次第、IPとトラックバックの
ドメインの両方で拒否設定をかけているので、該当するドメインとIPで何千件のトラックバックを
かけても反映されないようになっている。もしこの措置が取られていなかったら…と考えると
ゾッとする。毎日1000件を超えるトラックバックスパムを削除するなど、事実上不可能だ。

それにしても、これだけのトラックバックスパム攻撃を受けると、トラックバックの設定そのものを
解除しようかと真剣に考えざるを得ない。400件以上ある各記事を全てトラックバック非対応に
変えるのは大変だけれど、真剣に考えざるを得ないほどの脅威になりつつある。有名なブログでは
どうやってトラックバックスパムに対応しているのだろうか。
| SHO | 雑談 | 17:01 | comments(2) | - |
初めての休日
君は誰と幸せなあくびをしますか。
君は誰と幸せなあくびをしますか。
槇原敬之

年末に就職してから2週間半ぶっ続けに働いて、今日が初めての休日だ。
元旦に引っ越した寮の部屋はまだ手を全然つけていない。収納用品が全くないからで、マンスリー
マンションから会社の寮に引っ越した私の場合、前の部屋では収納用品を買う必要が全く
なかったのだ。だから、今日は湯治仲間と群馬原町まで車で買出しに行ってきた。

今、買ってきたカラーボックスを組み立てているところ。安物のドライバーセットを買って
きたら、カラーボックスを組み立てるのには意外に力が必要で、もっといいものを買えば
良かったと後悔しているところ。2つ買ったのに、まだ1つ目の組み立てが終わっていない。

今、部屋を片付けながら聴いているのは槇原敬之の『君は誰と幸せなあくびをしますか。』。
1991年リリースと言うから、私が高専1年の時か。当時はマッキーの女々しさと言うか弱弱しさが
嫌いで全然聞かなかったのだけれど、就職して会社を辞めた頃から徐々に聴くようになって、
草津に来てから最近、初期のアルバムを何枚かまとめて借りてハマッた。
続きを読む >>
| SHO | 雑談 | 22:07 | comments(2) | - |
トラックバックスパムと携帯端末
一昨日の夜から昨日の朝にかけて、大量のトラックバックスパムがあった。1晩で同一URLから
60件ものトラックバックスパムを受けたのは久しぶり。もちろん即日削除したものの、
ブログをトラックバック非対応に変えようかと考えたりもしてしまう。会社に行っている間に
攻撃を受けたので、対処のしようがなかった。

トラックバックスパムに対抗するためにはどうしてもパソコン上から操作することが必要で、
いくらブラウザを搭載していても携帯からでは対抗措置を取ることができない。かつての
NECのモバイルギアのような携帯型の簡易パソコンを買おうかどうしようかと考えてしまう。

モバイルギアはNIFTY-Serveから使用している限りはとても有用な携帯端末で、かつての
自転車日本一周はリアルタイムでパソコン通信の会議室に書き込んでいた。さらに最強だったのは
富士通のOASYS Pocket3で、通信速度は遅かったものの、私はこの機種で1990年代後半に
海外からメールの授受を行っている。受話器にかぶせる通信カプラーも使えたし、大変な
苦労はあったのだけれど、当時のモバイルは時代の先端を行っているようで楽しかった。

私の端末遍歴は、購入順に以下の通り。

富士通 OASYS Pocket 3
NEC Mobile Gear MC-K1
IBM Think Pad 535
NEC Mobile Gear MC-MK32
IBM Think Pad 240
京セラ AH-K3001V (PHS)
IBM Think Pad R50

いくら携帯電話のブラウザ機能が発達したと言っても、物理的に大画面を必要とする複雑な
操作を行うには実用上の限度がある。旅先からのブログ更新やメールチェックには使えても、
所詮携帯は携帯に過ぎないのだ。パソコンと携帯の中間の機能を持つ携帯端末が欲しい。
| SHO | 雑談 | 08:48 | comments(0) | - |
買い物その他
夜警の仕事も、気づいたらもう何日やっているんだろう。
仕事から朝帰ってきて寝て、昼過ぎに起きて用事を済ませて、起きた時間によっては仕事の前に
仮眠を取ってから仕事に行く、と言うサイクルの繰り返し。それに近所の甘味処やスーパーや
コンビニ、パン屋、「煮川の湯」などがからんでくる。

部屋があまりに汚かったので、トイレの掃除用具やじゅうたんの掃除用具を買いに行ってきた。
前の人は、よくこんな汚い部屋に住んでいたと(決してきれい好きではない)私が驚くほどの
汚さで閉口する。トイレも掃除してきれいになったけれど、自分的にはまだまだきれいにしたい。
とにかく、人の住める部屋の状態じゃない。

昨日、会社に二級ボイラー技士の免許が届いた。私が久しぶりに取った免許。素直に嬉しい。
二級ボイラー技士の免許を取るために動いていた頃、もう2ヶ月前の話だけど、ずっと昔の
ような気がする。年内就職を無事に決められて本当に良かった。今、ぜいたくな悩みを言って
いられるのも、定職で就職していればこその話なのだ。

春になったらバイクが欲しいな。これだけ言っていて、経済的な裏づけもできそうだから
きっと今春にはバイクを買うだろう。そんなに長期休暇の取れそうな仕事でもないので、
今年はまずは佐渡島にツーリングができたら上出来だろうか。休みが1日取れれば野沢温泉
くらいなら原付でも午後発で1泊ツーリングに行ける。草津温泉とは、地理的にもいい位置に
ある温泉だと思う。最近、またバイク雑誌を読む時間が増えた。

まだまだ書きたいことがあるけれど、これから仮眠を取って仕事に行かなければ。日常が
仕事中心に回っているのは感じるけれど、感覚が鈍磨していかないか、それが私はとても怖い。
| SHO | 雑談 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
寒い
結局、今日は警察署には行かなかった。あまりに風が強くて大変だ。窓には雪の結晶がいくつも貼り
ついている。なんでも、今日は草津国際スキー場は全面クローズだったらしい。道路が通行止めの
場所も出たらしく、今日は急遽、今月で辞める派遣の仕事に夜これから入ることになった。車で
通勤できないのでは仕方がないわな。

夜になってホワイトアウトの状態はようやく脱したものの、すごい天候だ。

| SHO | 雑談 | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
ホワイトアウト
一昨日住民票を抜いて、昨日の午後に草津へ帰ってきた。
今日はいよいよ転入手続き。それにしても、今日の草津は猛吹雪でホワイトアウトになっている。
家から数十メートルしか離れていない建物が、全く見えないことがある。

これじゃあ、ゴンドラは動かないなぁ。私の通っている「煮川の湯」は天井の内側で雪が渦を巻いて
いて、半分露天風呂状態になっている。私の部屋も、あまりに強い風で二重窓の外窓の内側まで
細かい雪の粒子が侵入していて、内窓でようやく雪の侵入を食い止めている状態。

こういう日は出かけないに限るのだが、あいにく長野原の警察署まで運転免許証の住所変更のために
行って来なければいけない。スキー場の町民シーズン券を買うときに身分証明書が必要なためで、
だいたい勤務開始前の平日は今日が最後なのである。明日から三連休だから。

役場に転入届を出してから家に帰ろうとしたら、若い女性二人組に声をかけられて、湯畑まで案内を
することに。よりによってこんな寒い日に草津に来るなんてご苦労さま。楽しんで行って欲しい。

スノーブーツでも雪が入ってくるケースが増えてきたので、今回は長靴を持って帰ってきた。
これはひざ下まであるので、くるぶしの上までしかないスノーブーツよりもよほど雪に強くて
大丈夫なはずである。ただし、中にボアが入っていないので、スノーブーツの方が温かい。
| SHO | 雑談 | 13:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
墓参と「発芽*カフェ」ラストイベント
今日は、午前中は私の大好きな歌人、安藤美保さんのお墓参り。年3回のペースでここ5年通い続けている
けれど、これからは今のペースで通えるのだろうか?とにかく、今回は何が何でも行くつもりだった。
出発時間の関係で横浜駅では花屋が開いていなかったので、新逗子駅前の花屋で花束を買って墓前に
お供えした。私はいつもガーベラの花束を持っていくのだけれど、ここの花束はガーベラ以外にも
小さな草木を混ぜてくれるので花束が映える。なぜガーベラかと言うと、安藤美保さんの『水の粒子』
と言う歌集で花の名前が唯一出てくる歌が

ガーベラを束ねしリボンの肌色のつやを思うとき壁は昏れゆく

だからで、ガーベラの季節でなくて置いていない場合を除いて、お参りに行く時は5年間ずっと同じだ。

お墓参りを終えて、午後からはエッセイストの矢尾こと葉さんの「発芽*カフェ」の現在地での
ラストイベントに行ってきた。今日はもう寝るので詳細は後述するけれど、夫のホトケさんとも
お会いした。参加者は私と矢尾さんご夫妻のほかに2人。2006年の野望を語り合う会になった。
続きを読む >>
| SHO | 雑談 | 02:34 | comments(2) | trackbacks(0) |
大雪
朝、くるぶしの上まであるスノーブーツの、さらに上まで雪が積もった。車道を歩くしかなくて、
仕方なく車の轍の跡を歩いてバスターミナルへ。出発時間を過ぎても始発バスが来なくて15分の
延発。草津ではまともに歩けないほどの雪だったのが、長野原まで下りるとパタッと止んで晴れ間も
見えてきた。

昨日の夜は完徹だったのでバスの車内で熟睡。渋川駅前でチェーンを外した時点で50分の延発。結局、
50分遅れのまま新宿のバスターミナルに着いた。渋川を過ぎたら雪がなくなった。高速道路の通行止めに
備えて昼ごはんまで買ってきていたのだが、実際にはその必要はなかった。草津出発時点の気温は
マイナス10度。長野原の気温がマイナス6度だった。もちろん、長野原でも雪は積もっていた。

初心者コースでフカフカのパウダースノーが楽しめるくらいの状態だけど、今日は滑っていて嫌かも。
スキーの板が雪に埋もれるから緩斜面では全然進まないだろうし、横殴りの雪で視界は悪いだろうし。
いずれにしても、住民票を移したらすぐ滑れる状態になっているのは間違いない。初すべりが今から
とても楽しみだ。

今日は姉夫婦宅で泊まり。姉夫婦の飼い犬が私に尋常でなくなついてくれるのは嬉しいのだけれど、
夕食を食べていたらスウェットにかじりついてきて、なんと瞬く間に穴を開けられてしまった(泣)。
あ〜あ、東京にいる間にユニクロで新しいスウェットを買いなおさなきゃ。
| SHO | 雑談 | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
引っ越し準備
今日は土曜日。少し遅く起きて、引っ越し準備をしながら渡辺美里を聞いている。こうして渡辺美里を
聞きながらする引っ越し準備も、もう何回目だろう。引っ越し準備の腰が重くて下手なのも相変わらず。
たしか、生まれてから今回で17回目の引っ越しのはず。平均して2年と同じ場所に住んでいないことになる。
今までの最長は高専時代の寮に住んだ4年半。もう当分は更新されない記録かもしれない。

もうすぐ姉夫婦の親族が集まるはず。結局行かないことしたのは、まだ引っ越し準備が全然できて
いないことや、明日の始発バスの指定席をもう確保したこともある。今日から行く予定で考えて
いたら昨日もっと引っ越し準備をしているけれど、火曜日まで帰ってこないので引っ越し準備の
時間がない。本当はこの数日があったのだけれど、こたつにくるまったまま過ごしてしまった。

今晩から大雪の予報で、明日の朝の予想気温はマイナス11度。今日の予想最高気温はマイナス1度で
超暖かいので、一気に冷え込むな。風邪引かないように気をつけなきゃ。バスの指定を取ってしまった
けれど、明日のバスは遅れるかな。関越道が雪で通行止めになった場合に備えて、食料とか買い込んで
バスに乗らなければ。家の近所に24時間営業のコンビニができたので(草津には2軒しかない)、
早朝の買い物の心配をしなくて済むのは本当に助かる。
続きを読む >>
| SHO | 雑談 | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
パーティ不参加
親とのことで腹の立つことは昨日もあったのだけれど、今日もまたあった。

実家が今の場所に移転してから6年経つけれど、私はほとんど今の実家に住んでいない。大学の入学前と
休学後を合計しても1年あまりかな。その中で、忘れられない象徴的な出来事がある。

近所のおじいさんが亡くなったのだけど、その時に父は出張でいなかった。こういう場合は代理で母か
私がお通夜に行くのが筋だと思うけれど、母は私を行かせなかった。その理由は「今のあなたの状況
(←大学休学中で、次の進路も決まっていない)では、お通夜の席に行かない方がいい。しっかり
次の進路が固まってから行きなさい」(うろ覚えだけど、こんな感じ)と言ったのだ。

たぶん、母は「ご近所に出しても恥ずかしくないほど立派になってから『跡取り息子です』と言った方が
ご近所の中で白い目で見られないで済むだろう」と言う親心で言ったのだと思う。でも、それは母が私を
「今のあなたは、ご近所に顔向けできる人ではない」と言っているのと同じだと言うことに母は気づかない。
私が勉強ができなくて大学休学中だと聞いて、陰口を叩く人もいるかもしれない。でも、そういう人が
気になるからご近所のお葬式に行かない方がいい、と言うのは筋が違うだろう。他人がそう思っている
のではなく、母自身が息子をご近所に出せる人間ではないと思っているからその発言が出ているのだ。
続きを読む >>
| SHO | 雑談 | 18:58 | comments(4) | trackbacks(0) |
トラックバックスパム襲来
さっき、久しぶりに大量のトラックバックスパムがあった。件数は11件だから阪神優勝直後ほどでは
ないけれど、トラックバックスパムに使われるブラウザの訪問件数が最近増えていたから、いよいよ
攻撃に遭った、と言うところか。1件単位のトラックバックスパムはこのところ何回かあって、そのたびに
削除していたのだけれど、今回は久々の大量トラックバック。もちろん、IPとトラックバック先URLの
両方で即座にブロックした。

優勝直後のトラックバック騒ぎの後、迅速にトラックバックスパム対策がブログに組み込まれたのは
本当にありがたい。今回は、その恩恵を使わせてもらった。このフットワークの軽さがTigers-net.comの
いいところ。阪神ファンだからではなく、プロバイダ本来の部分でTigers-net.comの対応に私は満足
している。初めてこのプロバイダのアドレスを持って以来2年半が、ブログの開設以来1年あまりが過ぎた
けれど、Tigers-net.comは、本来のプロバイダとしての部分で顧客満足度の高いプロバイダだと思う。

私のブログの平均アクセス件数は一日あたり約550件。うち7割から8割近くがロボットソフトやトラック
バックスパムに使われるブラウザのアクセスである。ロボットソフトはPRになっているからいいとしても、
これだけトラックバックスパムのアクセス件数が多いと、愉快ではない。
| SHO | 雑談 | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
ニューイヤーパーティと共依存
今日は晴れ。マイナス2度まで上がったので暖かい一日。

今年の正月は草津高原ユースホステルで迎えた。生まれて初めて元旦をユースホステルで過ごしたので、
もちろんニューイヤーパーティにも参加。全身からアトピーの膿が噴き出すと言う最悪な状態で、
食事制限も当時は厳しくて、せっかくの機会なのにあんまり楽しめなかったなぁ。草津高原YHは
スキーがさかんなYHでもあるので、当時まだスキーのスの字の興味もなかった私は、一等の景品
だったスキーのシーズン券の価値も全然分かっていなかった。今だったら絶対に欲しいけど
(←町民シーズン券を買うんと違うんかい!)。

そんなことを思い出したのは、久しぶりにユースホステルのHPを見たら各YHのニューイヤーパーティの
ことが書いてあったから。今年はホステラーとして(かなり悲惨な状態だったけど)参加したけど、
来年からは旅館の仕事で元旦を迎えるはずなので、この業界にいる限りYHのニューイヤーパーティに
参加することはできないだろう。世間が休みの時に稼ぐ商売だから仕方ないけどね。

今週末、いよいよ住民票を実家から草津に移すために帰省することになった。戸籍上も経済的にも
完全に親元から独立するので、任意の保険も全部自分で入り直さないといけない。最初の就職の時は、
実家に住んでお金の管理を親に任せていたこともあって、お金の管理に関する私の知識はゼロに近い。
原付を買えば自動車の任意保険も入らないといけないし、お金に関して面倒くさいことがいろいろと
ありそうだ。面倒くさいけど、これが独立すると言うことなんだな。
続きを読む >>
| SHO | 雑談 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
数字の意味
「恋のギフトを掴む人 恋の罠に落ちる人」と言うメールマガジンがある。

今日の最新号の編集後記に、数字の意味、と言うものが書いてあった。私に深い関連のある数字は「3」。
私の本名でもペンネームでも深い関連のある数字で、実生活でも「3」は非常に関連のある数字だ。
もう1ヶ月前になるけれど、矢尾こと葉さんのリーディングでも「3」は私のキーワードとなる数字と
して登場した。私は3年ごとに、3の倍数の年齢でターニングポイントが訪れる。3の意味はこうらしい。

「3」自己表現、他者に対するコミュニケーションを表す。

奇しくも、母が私の適職として考えているキーワードは「人と関わる仕事」だったりする。

さっきの記事で「どうして就職活動をしているのだろう?」と言うことを考えていたら、ひさしぶりに
のぞいたあるサイトで、ひとつのメッセージが目に飛び込んできた。

気になる人、批判したくなる人、なんとなく嫌な人はいますか?
それは自分自身の影の投影です。
その人の中に見えるネガティブな物はあなたも持っている。
あなたが相手から感じたことは、あなたの体で感じていることで、
相手の物ではなく、あなたの物です。


あぁ、そうか。
私は、就職活動をすることで「この人は働こうと言う意思があるんだな」と他人に認められたいんだな。
だから、私は「誰か私のことを認めて〜!!」と(おそらく著者は無意識に)訴えている雑誌の記事を
読んで心が引っかかったのだ。非難したい心境になったのだ。

自分の着地点を考え直す必要がある。何のために働くのか。
| SHO | 雑談 | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
暇な一日
先の記事に書いたように、今日は暇になってしまった。暇っていい響きだなぁ。なんだか眠たい一日。

今、『地球交響曲(ガイアシンフォニー)』の監督、龍村仁さんのエッセイ『地球(ガイア)のささやき』
を読んでいる。暇なとき、状況が必ずしも進んでいるわけではない時に読むには最適の一冊だ。

彼の文章には、共時性(シンクロシニティ)の話がよく出てくる。彼は『地球交響曲』の出演者に
アイルランドの歌手、エンヤを選んだときに、シンクロシニティについてこんなことを書いている。

組織や権威を持たない人間にできることは、今、自分に可能なあらゆることを創造的に試みること。
その時出会うすべての人たちに裸で誠心誠意ぶつかること、そして、あらゆる”失敗”が無駄では
ない、という信念を持つことだろうか。短い時間の、限られた価値観だけからみると”失敗”であり
”無駄”だったように見えることが、後に、想像もしなかった恩恵をもたらしてくれることが数多く
あるのだ。


私の就職活動も、今回がっかりしなかったと言えばもちろん嘘だ。でも、それほどがっかりしなかった
のも本当である。自分の方向が、ある方向に導かれつつあるという確信があるからで、その方向は私の
魂の方向を決定づけていくひとつの道しるべになるだろう、と言う確信もある。
続きを読む >>
| SHO | 雑談 | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
『機動戦士Zガンダム−星を継ぐ者−』
機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-
機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-

昨日、中古CD屋をのぞいていたら『機動戦士Zガンダム−星を継ぐ者−』のDVDが中古で出ていたので
即決で買った。先々月の末に出たばかりで、初回版発売からまだ1ヵ月半しか経っていないのに。
まさか、こんな早々に群馬で中古をゲットするとは思わなかった。値段はその分やや高かったけれど、
発売直後であることを考えると妥当な値段。「こんなものか(シャア・アズナブル風に)」と心の中で
つぶやいて買った。

さっそく見たのだけれど、新しく書き加えられた絵は『GUNDAM SEED DISTINY』あたりの
影響か、すごく絵が萌え系で違和感があった。『機動戦士Zガンダム』がテレビ放映されていた頃の、
あのカッコいい絵の方が良かったな。

監督は物語を新訳したのだそうだけれど、絵まで新訳することはない。統一が取れずにバラバラだし、
『機動戦士ガンダム』の劇場版DVD特別編といい、オールドファンの神経を逆なでばかりしている
ように見える。何か手を加えたくて仕方がないにしても、手を加えていい部分と悪い部分がある。
ティターンズのバスク・オム大佐に対するエゥーゴのブレックス准将の言葉を借りれば、絵の顔まで
萌え系の幼い顔に変えてしまうのは、リファインのやり方として「どこまでも見境がない」のだ。
続きを読む >>
| SHO | 雑談 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
冬晴れと職務経歴書
12月になった。
昨日の夜は雪だった。今日は晴れだけど、日陰にはまだ昨日の雪が残っている。気持ちよく空気が澄んで、
遠くの山の中腹を登っていく道路が見える。あの道路は野反湖へつながる道じゃないだろうか?この周辺で
草津よりも標高の高い道路はそうそうないのだ。ちょうど中央分水嶺が低くなった辺りで、山の向こう側に
湖を造るだけのスペースはありそうに見える。

来年になってバイクを買ったら、野反湖に向かう道も走ってみたいな。そうしたら、今日の仮説が正しいか
どうか、はっきりするだろう。あの道は野反湖に向かう道なのだろうか。バイクがあれば、今までは
なかなか行けなかった場所にも行けるようになる。そうすれば、もっとよりよく群馬北西部と草津を
知ることができるだろう。もともとここは旅先みたいなものだから、少し道を外れるだけでもっと旅の
深度も深まるというものだ。来年の春先にバイクを買いたければ、今は職務経歴書に集中しなければ。

先日のパソコントラブルでほとんどのデータが飛んだので、数ギガバイトあった音楽データも全て
消えてしまった。幸い、そのほとんどは手持ちのCDと草津の図書館から借りたCDが元データなので、
今日はまず、先日紹介したeverything but the girlの『worldwide』、竹内まりやの『Quiet Life』、
そして山下達郎の『Season's Greetings』を借りてきた。
続きを読む >>
| SHO | 雑談 | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
草津帰着
草津に帰ってきた。今日は夜行バスで長野に早朝着いて、出勤前の友人と短い時間だけど会ってから
上田のハローワークへ行って、ハローワークの用事が終わったら、もうさっさと草津に帰りたくて
夕方の4時には草津に帰ってきた。別に草津に帰ったからと言って何かがあるわけではないけれど、
草津は「帰るべきところ」だ。

長野で、久しぶりに会う友人と30分あまりだけど一緒に話していて「話していて幸せだなぁ〜」って
思った。ずっとバックパッカーとか旅ばっかりの人生だったけど、こうしていろいろ話す人生って
幸せだなぁ、って、話しながらとても幸せを感じていた。

ところで、その話の中で、今の仕事について「会社に辞めろと言われたらいつでも辞めるけど、自分から
辞表叩きつけて辞めようとは思わない」って話が出てきて、それが一番いい仕事との関係じゃないかなぁ、
と思った。仕事に依存もしていないし、でも決して仕事が嫌いなわけでもない、って状態。仕事に依存
している人って、僕もそうだったけれど仕事を失った瞬間にものすごいアイデンティティクライシスに
陥るわけだけど、そういう仕事との関係ではなさそうで、見ていていいなぁ、と思った。

明日は二級ボイラー技士の結果発表日。合格が分かったら、明日の午後は仕事なので動けないけれど
明後日には就職活動開始だ。ハローワーク中之条に行って来よう。それで当面の仕事が決着すれば、
今度はその次の段階に進める。
| SHO | 雑談 | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
機動戦士ガンダム 特別版
機動戦士ガンダム I 特別版 【劇場版】
機動戦士ガンダム I 特別版 【劇場版】

機動戦士ガンダム II 哀・戦士編 / 特別版 【劇場版】
機動戦士ガンダム II 哀・戦士編 / 特別版 【劇場版】

機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編 / 特別版 【劇場版】
機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編 / 特別版 【劇場版】

『機動戦士ガンダム 特別版』三部作は、最初に発表されたいわゆるファーストガンダムの、画像は
そのまま音声を録り直したDVDである。オリジナル版とは効果音や一部のセリフ、そして挿入歌の入る
場面が違うため、音声を聞くだけで場面が分かるほどオリジナル版を知っている世代には非常に評判が
悪い。私もオリジナル版とどちらの方がいいと言われたら圧倒的にオリジナル版がいいと思うけれど、
今のところDVDで手に入るファーストガンダムは特別版しかないため、仕方なくこちらを持っている。

私が何よりも腹が立つのは、手直ししなくてもこれほどの名作を、音声を録り直したとか言って
(古くからのファンは、誰も音声を録り直せなんて言ってないのに!)定価で8000円も取ること!私は、
このDVDの価値は3000円だと思う。本当はオリジナルのままで3000円で発売して欲しいところだけど、
『機戮5700円で、『供戮函忰掘戮3100円で、いずれも中古で買った。定価で新品を買う価値はない。
なかなか中古が出回っていないのが玉に瑕だけど、発売本数そのものは全てのアニメの中でも群を
抜いて多いはずだからだ。

なかなか中古が出回っていない、というのは、それだけ愛蔵するファンが多いからだろう。今からでも
遅くないから、オリジナル版をDVDで発売して欲しいものだ。もちろん、さんざんガンダムで売り上げを
出したのだろうから、洋画DVDなみの値段で出して欲しい。オリジナル版が出れば、特別版を持っている
けれど買う、と言うオールドファンは多いはずだ。
続きを読む >>
| SHO | 雑談 | 06:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
復旧完了!!
昨日の夜、ブログを更新したら、更新ボタンを押した瞬間にブラウザが表示しなくなってしまった。
前からシステムに異常があることは分かっていたのだけれど、いよいよレストアする時期か…と
パソコン標準搭載のレストアソフトでシステムを復旧したら、今度はシステムダウンしてしまった…。
どうやってもダメで、とうとう最後の手段の一歩手前で昨年の11月の状態に復旧することに。これで
ダメなら工場出荷状態に戻すしかない。

と言う賭けに成功して、なんとかシステムは復旧。ただし、かなり大量のデータが飛んだので、
後でいろいろ手を加えなければならない。それにこちらの送信ファイルはほとんど完全に消えて
しまったので残念。tigers-net.comの場合は無期限に受信メールを残してくれるので、受信メールは
完全に全てのメールが残っているのが救いである。

これで、明日はパソコンなしで旅に出られる〜。心底ホッとした。これも権現さまのおぼしめし
であろう。いろんな雑念を捨てて天河と吉野に来なさい、ということかもしれない。
| SHO | 雑談 | 02:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
初積雪
草津の街に雪が積もった。今シーズン初めてだ。しかも粉雪。
いよいよ冬が来るんだな〜。
| SHO | 雑談 | 04:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
初雪!?
Yahoo!のピンポイント天気予報によると、今日の午後6時に「湿雪」となって雪マークがついている。
その時間帯に私も外にいたけれど、雪なんて降っていたかなぁ?よく分からない。草津の町中は
まだ初雪が降っていないので、このマークが事実なら初雪ということになる。明日の最高気温は
3度。いよいよ朝から晩まで氷点下の日が近づいてきた。今晩は零下3度まで下がるそうだ。

それにしても「初雪」とか「はつゆき」とか、旧大日本帝国海軍の駆逐艦とか海上自衛隊の護衛艦の名前
みたいだなぁ。「初雪」は吹雪型駆逐艦、「はつゆき」ははつゆき型DD(汎用護衛艦)だ。「初雪」が
何型だったか忘れて(すっかり軍事マニアから遠ざかった…)、今あわててネットで調べた次第。

同じ姿勢で勉強しているせいか、左脇腹の後ろ側が痛い。先日来ずっと痛かったのだが、ますます
痛くなってきた。筋肉が突っ張った感じがする。柔軟はやっているんだけど、なかなか治らない。

今日は朝っぱらから地震だった。皇族の女性の婚礼の前後に災害が起こるというジンクスは本当らしい。
それにしても、結婚式当日の朝に地震かぁ…。あんまり幸先良くないなぁ。2ちゃんねるの地震板は
大騒ぎだった。地震が起きたのでテレビをつけてインターネットの日本気象協会のページを見たら、
津波の到達時刻を過ぎても津波情報のコーナーも地震のコーナーも更新されていなかった。これでは
インターネットの意味がないじゃないか。地震情報はそれなりの時間がかかるとしても、津波情報は
早期に出たんだから、出た時点でインターネットにも掲示しないとマズイのではないか?

海上自衛隊のインド洋派遣艦隊が今日出航したらしい。今回は補給艦と汎用護衛艦が1隻ずつ。今までは
対空ミサイル護衛艦がついていたけれど、実戦の機会がないからか省略したらしい。お金もかかるしな。
当初は5隻派遣していたのが、今は2隻。だんだん給油の需要が減ってきたこともあるだろうし、特に
補給艦のローテーションに過大の負担をかけていたことも事実なので、これでいいのだろう。

軍隊が長期で派遣任務に回せる軍備の量は全兵力の10分の1だという話が江畑謙介さんの本に書いてあった
けれど、現在の護衛艦隊のDDH(ヘリコプター護衛艦)4隻、DDG(対空ミサイル護衛艦)9隻、DD20隻、
AOE(補給艦)5隻という戦力では、長期では2隻ないし3隻の派遣が妥当なのだろう。実任務に就くという
ことは、海上自衛隊にとっていいことだ。国際社会に日本政府としてイラクでの復興支援に取り組んでいる
ことをアピールすることにもなる。
| SHO | 雑談 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
いよいよ零下
今日の最高気温は8度だったらしい。明日の予想最高気温は4度。明日の夜にはとうとう草津もマイナス
2度の予報だ。いよいよ冬がやってくる。そろそろ、深夜は手袋がないと指先が冷たくなってきた。

そんなわけで、今日は家でこたつに入って勉強中。って勉強進んでないやん!それでも今日中には
法規問題を除く過去3年分の試験問題が全部終わりそうだ。後半になるについれて正答率は上がり、
8割から9割が最近の問題ではキープできている。過去3年分が終わったら最新1年分の試験問題だ。

昨日は星があまり見えなくて、空に水蒸気が多いのかな?と思った。月が出ていたこともあるんだろうけど。
草津は、晴れた新月の晩にはものすごい数の星が見える。それこそ降ってくるようなと形容されるほどの
星なのだ。周囲に大都市がなく、都市との間には全て高い山脈があるので星を見る条件としては抜群。
小学生の頃に使っていた、クルクル回して今の時期と時間の星を表示してくれる円盤が欲しいくらいだ。

最近、寝ても覚めてもバイクのことばっかりだ。いや、試験問題もちゃんと解いているけれど、息抜きに
読む本と言えばバイクのツーリング雑誌かgoo bikeか地図か『50ccバイク日本一周2万キロ』か、とにかく
そんな本ばっかり。草津はもうすぐ冬なのでバイクを買うのは早くても来年の3月だけど、それまでに何とか
お金を貯めなければ。スキーも滑りたいのに大丈夫かな。頑張って資格を取って、頑張ってお金を貯めよう。
冬はスキーで春夏秋はバイク…と言うと、なんだか自分がすごくアクティブな人間みたいに見えるなぁ。
実際にはすごく出不精で、カウチポテト族なんだけど。

群馬県内はバイク屋が県南に集中しているので、草津からだと行きづらい。もっと近かったら気晴らしに
バイク屋に行くんだけど…と思うけど、近くにバイク屋があったら入り浸って勉強しないかもしれない。
吾妻郡にはスポーツバイク屋が一軒もない!という事実が、吾妻郡周辺は冬は雪に閉ざされてバイクに
乗れない地域であることを如実に物語っている。草津町ナンバーのカブとかメイトはよく見かけるん
だけどな。他によく見かける草津のバイクは、ヤマハ・セローが1台と風呂でよく一緒になる兄ちゃんの
バイク(形式は知らない)だけだ。
| SHO | 雑談 | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
音楽のような景色
今の季節の草津は、午後4時前には山の向こうに日が沈んでしまう。この時間の景色にはいつも感動して
しまう。は〜っと息をつきたくなるような美しい景色なのだ。一昨日の晩から昨日にかけての雪が
白根山にはまだ残り、スキーコースも白く雪が積もっている。稜線の雪はその少し下まで積もり、
中腹から下はまだ零度以下には下がっていないことを示している。昨日の晩は草津の街も零度だった。

山の稜線にかかってグラデーションを描く雲を見ていたら、まるで音楽のようだ。滑らかに変化した
かと思うと急に色合いがおだやかなそれに移り、だんだんと闇の色を濃くしていく。もうすぐ夜だな、
と感じるうちに、気分も夜モードに移っていく。もう冬が近い。最近、二重窓の内窓も閉じるように
なった。内地なのに二重窓なのだ、ここは。

こういう土地に住んでいることに、素直な感謝の念が湧き起こってくる。旅行客としてではなく、
定住者として草津に住んでいることは、最高の贅沢だと思う。いくら給料が安くても、職業の
選択肢が少なくても、毎日感謝することばかりだ。

毎日「煮川の湯」に浸かっていると、観光客に「毎日この温泉に浸かれるなんて、いいですね〜」と
よく言われる。最近は「いいでしょ〜♪」と自慢モードで答えている。「どこから来ました?」と
訊かれても最近はもう「地元です」って答えている。実際問題として、もう地元みたいなもんだし
もともと群馬の出身ではないってだけで、群馬は大好きだし。当分は群馬に住むつもりなので、
初対面の人に説明するにも「地元です」って言った方が話が速い。初めはたしかに湯治で来たのだ
けれど、今や半分以上は趣味で住んでいるようなものだ。

テレビをつけると朝っぱらから競艇や競輪などのレース情報をやっている群馬テレビ。「田舎だなぁ〜」
と思うけれど、そういう田舎っぽいところがいいのだ。地域情報と言うにしては、飛ぶ鳥の形をした
群馬県のちょうど頭の部分、群馬の外れの外れに住む私には、全然役に立たない情報が多いのだけれど、
(長野県側のテレビが見れるなら、その方が役に立ちそう)まぁいいではないですか。予定よりも少し
早く、昨日から草津志賀高原ルートが冬季通行止めに入った。そんな情報のひとつひとつを楽しんで
いるうちに、私にとって群馬で2度目の冬が来る。
| SHO | 雑談 | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
ボイラー技士講習と宇井かおり
DOOR〜ドア〜
DOOR〜ドア〜
宇井かおり

実家に帰ってきた。
就職の話、ボイラー技士でどうやら(家族的には)決まりそうだ。また反対されるかと思ったけれど、
高温高圧の蒸気を扱うことに対する危険を心配されただけで済んだ。また喧嘩かと思ったのでホッとした。
給料の安さについても言われたけれど、これは草津で働くのなら仕方ない。これでも草津で働く条件と
しては高給取りの部類に入るのだから。少なくとも、食べるのに困る額じゃないのだから十分だ。

ある程度の危険があることは、技術職なら当たり前。だから資格手当が出るのだから。比較してはいけない
けれど、船乗りよりもある意味ではよほど安全だし、でも、海上であろうと陸上だろうと、何かが起これば
非常に危険な仕事でもある。陸上のボイラーがどんなものなのか、もともと船乗りな私にはまだ分からない
のだけれど、安全第一で仕事をして行きたい。技術職に戻れるのなら、私は本望だ。明日からの講習頑張るぞ。

実家に帰ってきて、宇井かおりのアルバムを引っぱり出して聞きながら、彼女の著書『あなたが空に帰る日』
(名古屋流行発信・刊)を読んでいる。ヘリコプターの墜落事故で宇井かおりの妹さんが殉職してから、
ガタガタになった彼女の人生がもう一度音楽へ収斂していくまでの記録だ。妹を亡くした姉と、姉を
亡くした弟で立場は違うけれど、私も姉を突然死で亡くしているので、気持ちが分かるところがある。
続きを読む >>
| SHO | 雑談 | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
明日から帰省
Everybody Jam
Everybody Jam
Scatman John

日付が変わって今日、実家に帰省する。明後日から二級ボイラー技士の講習会である。

昨日の夜に、電話で明日帰ることを言った時に「ボイラー技士の資格を取ったら、改めて就職活動を
しようと思う」と言ったら、なんだか親は嫌そうな声。就職活動するに当たっての最大の障壁のひとつが
親なのだ。また面倒くさい話を親にするのかと思うと、頭が痛い。そのことを考えるたびに、お金が
あれば、東京で実習って言っても実家には帰らないんだけどな、と思う。

パブロフの犬じゃないけれど、実家に帰る=気の重い喧嘩をする、という図式が私の中にはあって、
しかも現段階じゃ親の方が圧倒的に立場が強いもんだから本当に困る。両親は、自分たちの立場の強さが
息子をダメにするのだと分かっているとは…思えない。良く尽くしてくれるいい親だと思うけど、いい親
すぎて子供にとってはたまらない。その引力圏を脱出するのが大変なのだ。どうして、自分の就職活動の
話をするたびに頭の痛い思いをしなければならないんだろう。

息子の前で見せることはないけれど、うちの親だって相当な心の傷を負っているんだろう、ということは
私にも分かる。おそらく、私が負っている心の傷と同じタイプが、あるいは正反対のタイプだろう。親が、
私が何か就職活動をすると叩きつぶしにかかるのは、私が仕事を見つけようとするたびに何らかの心の傷に
引っかかってくるからだろう、と私は推測している。うちの両親は結婚が早かったので、特に母親は十分に
やりたい仕事をやりつくさないで家庭生活に入ったことに対して今なお悔いがあるのだろう、と私は感じる。
続きを読む >>
| SHO | 雑談 | 01:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
『ライトマップル・群馬県版』
群馬県版のライトマップルを買った。
これで、私の行動地域のほとんどはカバーできるはず。九州・沖縄を除く日本全国地域の20万分の1の
地図を持っているし、長野・新潟・群馬の3県は県別のライトマップルがあるし。関東版のライトマップルは
20万分の1なのに対して、群馬版のライトマップルは10万分の1なので、より細かいところまで分かって
使いやすそうだ。もう嬉しくって仕方がない。

例えば原付や車で出かけるとして、この3県のエリアから外に出ることはほとんどない。草津に来てから
実際に動いた方面はほとんどが長野県で(これは草津という場所柄。前橋より上田や佐久の方が近いのだ)
多少は群馬県側も動くかな、という程度。車で新潟県まで足を伸ばしたことは、まだ一度もない。
関東版のライトマップルの佐渡の縮尺が30万分の1と使い物にならないものでなかったら、新潟県版は
まだ買っていなかったかもしれない。

いずれにしても、先日、中之条のハローワークに行ったときに関東版を忘れて行ってのだが、後で見ても
役に立たなかったことが、今回は群馬県版を買った直接の動機である。中之条で役に立たないような地図
じゃあ、草津に住むなら困るよなぁ、と思ったのだ。群馬県版には四万と花敷を結ぶ万沢林道の位置が
書かれてあったりして、バイクや車を買っても楽しめそうだ。20万分の1と10万分の1では、同じページの
面積でも情報量は4倍に増える。gooを見ても県内のバイク店の場所が分からないってことが多かったし、
そろそろ本気で群馬に住む準備を始めよう、と思ったのだ。

もしもう一冊買うとしたら奈良県版のライトマップルだけど、それは定期的に吉野へ行く用事があるから。
吉野や天河へ行くご縁を切るつもりは今後もないので、持っていて損はないだろう。地図ってのは、旅行の
計画を立てるのに使ったり、あるいは直接行く楽しみもあるけれど、読んでいるだけでもかなり面白い。
地図とバイク雑誌と時刻表があれば、秋の夜長(もうほとんど冬だけど)をもっと楽しめるというものだ。
| SHO | 雑談 | 01:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
北海道ツーリングその他
晩ご飯を食べてブログを更新…している間からすごく眠くて、23時には布団に潜り込んだら今度は眠れず、
こうして起きている次第。風呂でも入って来ようと思ったのだが、この時間帯は寒いんだよなぁ…。
真冬の零下十数度というのに比べればマシだけど、先日とうとう零下にまで下がったし。うちを出て
歩き出したら、近所の駐車場の車のフロントガラスが凍っていた!当時はまだ10月だったのに!

というわけで、相変わらずROXETTEを聞きながらバイク雑誌とロードマップを読んでいる次第。インター
ネットで開いているのはフェリー会社のホームページだ。それも北海道へ行くフェリーのページ。

原付で北海道に行くなら、現行ダイヤなら直江津から室蘭へ行く東日本フェリーを往復利用するのが一番
現実的だろう。値段もそこそこ安いし、原付にとって、草津から直江津に行くのと新潟に行くのとでは、
その所要時間が半日違うのだ。草津から新潟へ向かうのなら、一晩中走ることを覚悟しなくてはいけない。
フェリーの中で寝るから大丈夫って話もあるけれど、30代になったら20代のような無茶はしない方がいい。
これからは、たとえフェリーで一晩寝たって、疲れが抜けにくくなるのは間違いのだから。

北海道は初渡道から今まで通算12回行っていて、合計すれば4ヶ月近くは滞在しているはず。自転車日本一周
では道内一周に2ヵ月半かかったし、大学時代の企業実習では札幌に2週間住んだ。早い者勝ちだったので、
数あるインターン先の中からJR北海道を第一希望で押して、同級生にもお願いして実習させてもらった。
鉄道ファンなら一度は鉄道会社で働いてみたかったし、高専時代を通じて『THE JR HOKKAIDO』を購読して
いたほどの北海道好きだったのだ。
続きを読む >>
| SHO | 雑談 | 04:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
goo bikeを読みながら
晩ご飯を食べた後で、今は北関東版のgoo bikeを読んでいる。
「来年には軽自動車!」計画だったので北関東版のgooを買うはずだったのだけれど、気がついたら脳内で
「来年にはバイク!」計画にすり替わっている。あれっ?

群馬県内の自動車教習所でも二輪の免許が取れる教習所は少なくて、うちの近所だと群馬総社まで行かないと
ないらしい。さすがは吾妻郡。さすがは草津。やっぱり群馬の外れも外れに位置する辺境の地である。
もしかすると、信州側の自動車教習所に行った方が近いかもしれない。上田だったら二輪の取れる教習所が
絶対にあるだろうし。

なぜそんな発想になるかと言うと、群馬総社まで大型トラックの行き来する国道を走るのが嫌なんだよなぁ。
どうせ通うのは原付になるだろうから、はっきり言って危ない。信州側に抜けるなら鳥居峠を越えないと
いけないけれど、鳥居峠の方が交通量はよっぽど少ないし、普段からよく行くので裏道を知っていると
いうこともある。鳥居峠の群馬側は、ほとんどの区間で裏道を使えるのだ。

せめて中之条か原町あたりの自動車教習所が使えると便利なのに…。群馬県内の二輪が取れる自動車
教習所は平野部に集中していて、草津に住んでいると本当に不便だ。

それと、草津はやっぱり周辺地域なのだなぁ、と思うのはバイク屋がみんな平野部で、吾妻郡のエリアには
全然ないこと。群馬県でもここは一番田舎で、人口が少ないエリアなのだから仕方ないけどね。バイクを
買ったり二輪の免許を取りに行くには不便ってことはよく分かった。派遣社員なんだから、どこかで
休みをまとめて取って、合宿で免許を取っちゃった方が速いかもしれない。学割が今ならまだ使えるし。

今の免許のままなら原付一種になってしまうのだけど、その枠内で一番欲しいのはYAMAHAのYB-1 Fourかな。
あるいは、現在は生産中止になってしまったけど、やはりYAMAHAのDT50。いずれにしてもツーリングを
考えた車種にすることは間違いない。
| SHO | 雑談 | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日の意味
最近、不満が減った気がする。自分の人生に対する納得の割合は、確実に増した。おそらく、いいこと
なんだろう。「なんでファーストガンダムのDVDは8000円もするんだ!」とか、そういうことは思う
けれど(私は中古で手に入れたので、もっと安く買いましたが)、人生全体に対する納得の度合いは
確実に増した。

『あなたが、ホントは自分についてどう評価しているか。
それは、あなたが今現在手にしている物を見れば判るのです。』
(中略)
『人間は誰もが、心の内側の状態と外の世界の状態を
一致させたい欲求をもっている』


という話が、こんな記事に書いてあった。
私自身の人生を振り返っても、とても納得のいく話だ。

もっとも、マヤ暦によると、昨日は

過去のアイデンティティを忘れる。自分は何者でもない。ただ生きて、
動く人間。自分への意味づけを放棄し、なりゆきに従う。


という日だったそうだ。そう、過去のアイデンティティは、昔のものだ。今は草津にいるのだから。

今日は、マヤ暦では

喜べること、楽しいこと。目的をもたずに、プロセスを遊ぶ。自分らしく
生きるために、自分の感性だけを、ただ信じるようにする。
今日は、思いつきをひとつひとつ形にしていく日。ふと浮かんだイメージも、
あなたが記録しないと、すぐに失われる。描くことで、あなたの理想の
イメージはより明確になる。


のだそうだ。
| SHO | 雑談 | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
『ガンダム』、『Zガンダム』を見ていて
久しぶりに『機動戦士ガンダム』と『機動戦士Zガンダム』を見ていた。
ガンダムと『宇宙戦艦ヤマト』は私が好きなアニメで、今見てもやっぱり面白い。それにしても『ガンダム』も
『Zガンダム』も、とても予言的な作品だ。何かが作者や監督に作らせたとしか思えない。『ガンダム』のDVDは
オリジナル版が手に入らず、不必要にも音声を入れ換えた特別版しか見られない状態だったり、制作陣が
番組を勝手に作り替えて不当に高い値段でしかDVDを販売しないのは、とても良くないことだ。

番組は著作権者のものであると同時にファンのものでもある。『ガンダム』のオリジナル版は25年以上も
前の作品だ。普通の洋画なら、そんな年代の映画に8000円もの値段をつけたりはしない。ファーストの
ガンダムであれば、その投資はとっくに回収されているだろう。オリジナルの音声で、価格を3000円に
抑えて販売することだってできるだろうに。バンダイはファンに利益を還元しようと言う意識がなさそうだ。

オリジナルに勝るリメイク版など存在しない。私は『ガンダム』は何十回も見ているので画像と音声が
リンクして覚えてしまっているのだけれど、DVDを見ていると、明らかにおかしい。音声を勝手に変えたり
オリジナル版をDVDで手に入らないような売り方にしたり、作品を著作権者が独占するのは良くないことだ。
| SHO | 雑談 | 06:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
姓名の暗号
エッセイスト、矢尾こと葉さんのブログ「ホトケとわたし」を読んでいた時に、突然ギョッとしたことが
あった。『姓名の暗号』という本についての記事で、こんな事が書かれてあったのだ。

この著者がいうには、名前は魂の目的をあらわしている指標なのだとか。

この一文を読んだ時に、私の脳裏に浮かんだのは「私の本名とペンネームは、同じ意味だ」ということ
だった。背筋がゾクッとした。こんな偶然があるなんて。

短歌同人誌『かばん』入会直後にペンネームを決めてから、もう7年近く私は西村一人で通している。本名の
名字も西村で変わらないので、変えたのは名前だけ。しかし、偶然にも本名の意味を象徴する一語を私は
自分のペンネームに選んでいたのだった。今まで、全く気づかなかった。

私のペンネームは、「唯一人」という言葉に由来している。この言葉から、その当時、私が大ファンだった
シンガーソングライター、西脇唯の名前を除いた「一人」を自分のペンネームにしたのだ。姓名判断で、
この名前は凶数をどこにも含まない名前だったということもある。私の本名には凶数が含まれているのだ。

結果的に、いろんな意味でこの名前は私自身を象徴していると思う。ちなみに私の本名は「人の上に立つ
人になるように」という親の願いを込めて名付けられたという。今の私が人の上に立っているかどうかは
分からないけれど(あんまり興味がない)、名は体を表す、というのは、やっぱり本当のことなのだろうか。
| SHO | 雑談 | 05:33 | comments(6) | trackbacks(0) |
「本当の自分」っているのか?
草津は紅葉真っ盛り。観光客が今日もたくさん来ている。
夕方、ぶらぶら買い物しに街を歩いていると感激する。毎日感激しても、まだまだ足りないくらい。今日は
夕方から雲が上がって、それまではずっと雨だったので紅葉の赤と他の木の色が混じり合ってとてもきれい。

こういう景色を見ると、う〜ん、やっぱり草津でないと、と思う。東京では絶対に見られない景色。私が
草津あるいは上田に住みたいと言って「そんな山の中に住んでいいの?」と言われたことがあるけれど、
私は草津の自然環境には十分満足している。私がもともと海育ちで海が好きなことを知っているから
質問されたんだけど、草津の自然環境は本当に素晴らしい。毎日街を歩いていて感動する。

晴れた日の朝には本白根山と逢の峰の間のコルにあるゴンドラの山頂駅がよく見える。もはや地元民である
私の目には、草津の街を見下ろすスキー場の各ポイントが頭に入っている。清水沢コースの傾斜33度の
場所からも草津の街がよく見えるのだけれど(草津の街が見えるコースとしては、ここが最も標高が高い)、
あと1ヶ月あまりでスキーが解禁だなぁ〜と思うと、毎日とてもワクワクする。

テクテク家まで歩いて帰りながら、「『本当の自分を探す』って言うけど、『本当の自分』っているのか?」
ってことを考えていた。今つくづく思うのは「『本当の自分』は『居る』というより『在る』」ってこと。
私は「自分は本当はどういう人間なのか、正しいセルフイメージを持つ」ってことが「本当の自分を探す」
意味だと思う。「自分はどういう人間なのか、自分の本性はどういう人間なのか知りたい」って言った方が
正確だと思う。

なぜ「自分の本性を知りたい」と思うかと言うと、ふだんの生活の中で「我慢する」ってことが多すぎるから。
鈴木祥子の『月とスナップショッツ』という曲の中に

「本当の自分を探したい」だなんて、流行だね

という歌詞が出てくるのだけれど、「自分の本性を知る。自分はどんな人間なのか直視する」ことはとても
大事で、こんな歌詞が出てくるのは、誤ったセルフイメージを持っている人がいかに多いかってことだろう。
続きを読む >>
| SHO | 雑談 | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
「学びの場」になる職場とは?
今日は朝から会社に行って来て、ちょっといろいろ相談事をしていた。
先日提案された職場だと、まだ完全な防御機能ではない私の皮膚では不安が残る…ということで、午後また
お電話します、と言うことになっていったん帰宅。とりあえず、昨日はほとんど寝ていなかったので寝る。

会社からの電話で目が覚めて、別の職場を紹介される。時間が短い代わりに時給はいい。早ければ今週末から
入ることになりそう。でも、その仕事は夜の仕事(って言い方が悪いですが、カタギの仕事です)なので
昼間はヒマで、昼間は別の仕事を入れてもいいですよ〜って話なので、前から気になっていた別の職場にも
電話してみる。夜になって話を聞くことになった。

まだ、自分の中では判断がついていない。リハビリを兼ねていることもあるけれど、できれば一刻も早く
自活状態に戻したい。でも、それで焦って皮膚の状態が戻ってしまったのでは元も子もない。だから
セーブしたい気持ちもあるし、その一方では早く自活したいことも事実なのだ。冬になるとスキーを
したいけど、自活していなければスキーはできないのだ。

身体が大丈夫でさえあれば、本当は一刻も早くフルタイムで働きたい。「焦ってはいけない」と言う声と
「でも、自活できるだけの給料をもらわないとスキーできないよ」と言う声が自分の中で交錯している。

せっかく草津に住んでいるのに、お金がなくて冬にスキーができないとなれば、何のために草津に住んで
いるのかと言う理由が半分近くなくなってしまう。スキー場が開くまであと1ヶ月。身体を考えると焦って
はいけない。でも、今シーズンの初めから滑りたければ、お金を稼ぐための時間が限られているのだ。

自分にとっての縁の向いている方向は、いったいどっちなんだろう。縁の向いた方向であれば間違いは
ないと思うけれど、まだシンクロニシティを体感するところまでは言っていない。まだ、私のセンサーは
完全復調と言うわけではないようだ。もっと研ぎ澄ませなければ。

まだまだ、私の心は「名誉心」や「競争心」そして「不安」や「怖れ」で満たされている。シーズンの
初日から滑りたいという「欲」、人なみ以上に働きたいと言う「競争心」、そして、仕事しても身体は
大丈夫なのだろうかと言う「不安」や「怖れ」が私の判断を大いに狂わせている。私の心はまだ
安息にはほど遠いところにいる。

私にとって、学びの場となる職場はどこなんだろう。実利的な観点もないわけじゃないけれど、もっと
スピリチュアルな立場で学びになる職場は、どういう仕事になるんだろう。そういう観点で仕事を探そう。

何でもやってみれば学びになるよ、という考え方もあり、それはそれで一理ある。しかし、スピリチュアル
な立場で学びになる場所とそうでない場所というものは存在すると思う。スピリチュアルな立場で考えて
みた時に、そこで学ぶべきことが終わっているのであれば、その地にこだわる必要はない。肝心なのは
スピリチュアルな立場で自分を成長させてくれる場なのかどうか、ということだ。
続きを読む >>
| SHO | 雑談 | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
思い切りネガティブな話
日付が変わって昨日の夜、友人から電話がかかってきた。いろいろ話をしているうちに、だんだん話が
ヤバイ方向に行ってしまった。「これ以上話し出すとどんどんヤバくなるからやめようか」と言うことで
その話は終わったのだが、「もう30年も生きたのに、まだ半分にもならない」と言う考え方は、とても
危険だと自分でも思う。電話口で、どんどん自分の口が勝手に危ない方向へ進みかけてしまった。

「長生きなどしたくない」とはっきり口に出している以上、言霊が存在するのなら、自分が繰り返し口に
している言葉からの影響は不可避だろう。私の病気が、アトピー性皮膚炎という、徹底的に神経も生活も
破壊し尽くすにも関わらず、どうやっても死に至らない病気であることは私にとって非常に象徴的だ。
アトピー性皮膚炎は、どんなに長生きしたくなくても、どれほど辛い期間が長く続こうと、直接病気が
もとで死ぬことはない。死ぬことがあるとすれば、精神を破壊し尽くされた挙げ句に自殺することだけだ。

湯治に来る人は、ほとんど誰もが一度ならず繰り返し自殺の誘惑に襲われる。私だって例外じゃない。
でも、身体がほぼ治りかけている今、もう自分の絶望の原因をアトピーのせいにはできない。どれほど
精神が破壊し尽くされようとも、身体だけが生きよう生きようと動き続けていることが恨めしく思える。
まだ、私自身の身体の保水能力は枯れきっていないどころか、まだまだ元気に動き回ろうとしているのだ。
まだ私の精神は重力から、そして自分の身体から解放されないのかと思うけれど、身体の寿命は尽きる
どころかますます元気になる一方だ。精神はこれほど身体から解放されて出て行きがっていると言うのに。

精神が身体から強く出ていこうとするたびに心臓が痛い。心臓には、精神を身体に結びつけておく鍵の
ような役割があるのだろうか。異界に連れて行かれるように死ぬ人の死因に心臓発作が見られるのは、
心臓が壊れるとはすなわち精神を身体に結びつけておくための鍵が壊れてしまうことを意味するのでは
ないかと思う。鍵が壊れてしまえば、精神は身体から解放されてするりと抜けてしまうのかもしれない。

そんな中、あるブログで、明らかに私の発言に向けたエールの言葉があった。こんなにネガティブな
記事の多い私でも、そうやって、もがいてあがいている部分を応援してもらえることは素直に嬉しい。
本当に、ありがとうございます。読んでめちゃくちゃ嬉しかったです。
| SHO | 雑談 | 00:40 | comments(1) | trackbacks(0) |
生あることは本当に幸せか
今日は派遣会社の面接。採用そのものは、あっさり決まってしまったのだが、仕事の内容について後で
両親に電話したら大反対された。電話で大喧嘩。自分が怒っている状態に疲れた。身体が鉛のように重い。

自分自身のなかで、繰り返しあぶり出されている問題が「自己価値」の問題。私は、自分が自己価値の
高い人間だという風には育てられなかったけれど、この歳になって誰かにそう育てられなかったと言うのも
どうかと思う。自己価値を健全に高く持つか低くしか持てないのか、この歳になれば誰のせいにもできない
自分自身の問題なのだ。私の自己価値は高くない。人生に絶望しているし、荒んでいるなと自分で思う。

親との関係の問題は、そのまま今の私の生き方の問題でもある。

身体が治りつつある今、たとえ身体が完全に治っても私の中にある絶望と空洞はなくならないことが
はっきり分かっている。身体がいつ治るか分からないから絶望しているのではなく、身体がたとえ完全に
治ったとしても絶望し続けようという自分の心の動きすら感じる。自己イメージの問題だと分かっている
けれど、自分のこれからの人生をイメージした時に、明るくバラ色の人生をイメージできない。これが
「学び」だとすれば、私はこのことから何を「学んで」いるのだろう。

私にとって、死とは依然として休息を意味している。それも、自分からそこに近づくことの許されない
休息。休息に近づくためには、まだ無限とも思える長い時間が横たわっている。平均寿命まで私が生きる
としたら、あと50年近い途方もない時間。私の人生は、30年生きてもまだ半分にもならないのだ。こんなに
生きたのに、私の人生はまだ半分にもならないのだ。これに絶望しなくて、何に絶望すると言うのだろう。
私の人生は「さまよえるオランダ人」そのものだ。
続きを読む >>
| SHO | 雑談 | 01:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
末っ子体質
私は三人姉弟の末っ子である。
姉二人で男は私だけ。こういう構成だと「姉貴にこき使われる弟」と「姉貴に可愛がられる弟」の2種類が
あるのだが、幸い私は後者で、二人の姉とは仲がいい。だからかどうか、私は基本的に末っ子体質の
甘え上手である。ただし、相手が年上の場合に限って。

三人姉弟以上の場合、末っ子は甘えん坊の傾向がある、と私自身を見ていて思う。我ながら人に甘えるのが
上手い。甘やかされて育ったんだナ、と言われるとその通りなのだが、気がつくとちゃんと自分のして欲しい
ように相手を動かしてしまっている。自分で言うと「甘え慣れ」しているのだ。堂々と甘えていると言うか、
甘えても良い場面でさえあれば甘えても良いのだと思っている。

そんなわけで、私は基本的に甘えたい方である。自分が甘えるのも好きだが、相手から甘えられるのも好き。
甘えることにも甘えられることにも罪悪感は特に感じない。ただし、甘えていい場面と甘えてはいけない場面
というものがあって、それを間違えるとただ迷惑なだけなのだけれど。

なりたい自分を自分に許そう」というコラムを読んでいたら「自分がこう扱われたいという気持ちを
そのままストレートに外見にアウトプットすること」と書いてあった。自分が丁寧に扱われたかったら
少しフォーマルな格好をしなさい、ということだ。あるいは、もっと気楽に扱われたかったらカジュアルな
格好をするのも同じことだろう。自分が心の中でして欲しいと願っていることと、その人の外見や服装が
異なっていると、自分が求めている扱いを周囲からしてもらうことは難しくなってしまうそうだ。

「なりたい自分を自分に許す」ことは、そういう意味では大事なのだが、一方ではただの勘違いになって
いることもある。いい歳したオバサンがひらひらのミニスカートを履いていたりすると、見た目にも
痛々しい。「私の足を見てーっ!」とアピールしていることは分かるのだが、年齢や立場に応じた格好を
わきまえなさいよ、と言うことも思う。私はひらひらのミニスカートを履いた壮年の女性を年齢を重ねた
大人の女性として扱う気にはならない。
続きを読む >>
| SHO | 雑談 | 02:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
類は友を呼ぶ
こんな記事によると、世の女性の、パートナーの男性への要望の第一位は「頼りがい」で、
不満の第一位は「頼りがいがない」ことなんだそうだ。なるほどねぇ〜と目からウロコが落ちた。
『smart晩婚講座』でも『負け犬の遠吠え』でも、「自分より上」な男性を求める女性心理について書かれて
いたけれど、「自分より上な男性の方がいい」人は、つまり「頼りがいのある男性」を求めているわけだ。

じゃあ、私が頼りがいのある男性になろうと思ったか?全く思わなかった。事実として女性の要望には
そういうものが多いのだということは分かったけれど、自分がそうじゃないのに、無理やり「頼りがいの
ある男性」を演じるのもしんどい。無理やり演じたところで疲れるだけだし、どこかで破綻が来てもっと
悲惨なことになるのも嫌だ。別に強くない自分なのに、無理やり強いふりをしなきゃいけないのは辛いのだ。
仕事上、自分がリーダーシップを取る場面では「強いふり」をしなきゃいけない場面もあるけれど、それは
リーダーという立場上要求されているわけであって、仕事を離れれば強いふりをする必要はない。

先日の日記にも書いたけど(参照元の著者は先日の「オーラ」の話と同じです)、お付き合いする人とは
「自分と波長の合う人」なんだそうだ。「自分と同じ波長の人」つまり「自分と同じ色のオーラを発散して
いる人」とも言い換えられる。「好きなんだけど、なんか波長が合わない」人とは、つまり「好きだけれど、
波長が合ってない」ということらしい。

そう考えてみると、「類は友を呼ぶ」と言うのは本当のことのようだ。同じ趣味でつながっていたり、
根本的に似たような価値観を持っている人同士でくっつく、というわけである。参照元のコラムでは
「素敵な彼が出来たら、その人に頼りたい・・・♪」と思っている人には「素敵な彼女が出来たら、
俺のこと支えて欲しいなぁ♪寄りかからせて欲しいなぁ♪」と思っている人がくっついてきて、だから
「んもう!頼りない人ね!」となる、というカラクリが語られているのだが、私が「自分より上」を
求める女性とお付き合いしたことがないのは(年齢でも、年収でもいろんな意味で)、私にも
「自分より下」な人を求める発想がないからかもしれない。

今までお付き合いした人で、一番楽だった人とは、お互いに頼り合うところがあった。どちらも「一人では
生きていけない」タイプだったので、問題もあったけれど、それはそれは精神的に楽だった。

最近、睡眠時間がやたらと長い。
今日も2時には布団に入っていたのに、携帯電話のアラームが鳴った7時半にはきっちりとアラームを止めて
(ちなみに目覚ましのアラーム音は「六甲おろし」)、次に起きたら11時半。冗談交じりに「こんなんで
社会復帰できるんかなぁ〜」と思ってしまう。まぁいいか。今日は休日だし。
| SHO | 雑談 | 14:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
人との出会いと親友のこと
先ほど、オーラの話について書いた。
同じサイトの別のコラムによると、その人と初めて出会った「時と場所」のシチュエーションは、その後の
お互いの未来を暗示しているそうだ。このコラムでは恋人同士について書いてあるが、きっと他の人間
関係の場合も同じに違いない。「いつ、どんなシチュエーションで出会った人か」はものすごく重要だと
いうことである。

精神的に上り調子の時に出会った人とは、やはりいい出会いで、互いに発展していく関係だそうだ。
一方で、自分が下降気味の時や精神的にどん底にいる時に手を差し伸べてくれるように現れた人は
その時だけの出会いで、自分自身のステージがワンランク上がった時に自然と縁遠くなってしまう
ことが案外多いそうだ。

私にも親友と呼べる友人が何人かいるが、どんなシチュエーションで出会ったか、覚えているケースは
多くない。もともとどんな間柄から始まった友達か、くらいは覚えているけれど。そもそも私の人生で
上り調子だった時期の方が少ない。数少ない上り調子の時期に出会った人について言えるのは、少なくとも
お互いにとってお互いが幸運を運んでくる存在であった、ということである。

例外もひとりいる。
彼は現在に至るまで私の最大の親友で、もう15年以上のつき合いになるのだが、共通の趣味を持って
いるのに、出会った場所は全然趣味の場所とは関係なかった。同じスイミングスクールに通っていて、
プールの待合室で鉄道関係の雑誌を読んでいた私に彼が声をかけてきたのである。彼もまた鉄道ファン
だったからだ。スイミングスクールのクラスは、たしか初めは同じだったと記憶している。

その時、私は中学校時代でも最悪の頃で、しょっちゅう喧嘩して相手を怪我させたと言っては親が学校に
呼ばれていた(柔道部で、部活の後に水泳を習っていたから、力は強かった)頃で、人付き合いが
今よりもずっと下手だった私はいじめられっ子だった。生活としては最悪の状況だった。一生のうちで
最悪かと言われるとさらに酷い時代を経験しているけれど、とにかく良い時期ではなかった。事実、
中学校時代の私の同じ学校の友人で、今もつき合いのある人は誰もいない。一生の友人と出会う
タイミングとしては最悪だったろう。「同じ学校の友人で」と書いたのは、彼は、隣町にあるうちの
中学とは仲の悪い中学の生徒だったのだ。
続きを読む >>
| SHO | 雑談 | 00:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
オーラって?
今日は日付が変わってから帰宅してすぐに寝たのに起きたらもう昼で、特に予定もないので超ヒマだった。
ヒマでヒマで仕方ないので、日記も必然的に超長文になっている次第である。だったら部屋をもう
ちょっと片づけたら…と自分で思うのだが、なかなかそうはならない。とにかく、パワーが有り余って
仕方ないので、そろそろ働こうと思う。この有り余ったパワーを社会に還元しないとバチが当たりそうだ。

さて、今日の先ほどまでの日記の中で「オーラ」って言葉が何回も出てきた。最近、よく読んでいる
30's style」というサイトの中で、「オーラ」についてスピリチュアルな観点から書いてある記事が
あって、へーっと思いながら読んだ。自分と同世代のコラムニストがこういうサイトに書き込んでいる
のを見ると、たしかに自分も30代に突入したのだなぁ、と思う。

その中のひとつのコラムで、こんなことが書いてあった。

オーラと言うと、綺麗なオーラと濁ったオーラがあり、綺麗な(クリアな)オーラにみんなが引き寄せられ、
快適に感じる・・・という思い込み(誤解)をしているかたもおられます。
でも、それは違います。

正解は、『自分と近いオーラの状態ならば、より快適に感じる』のです。

つまり、赤いオーラの人は、同じく赤、もしくは赤に近い色だと快適に感じます。


つまり、書泉グランデの鉄道コーナーで熱心に本を読む鉄道マニアのオーラを「気持ち悪〜っ」と
遠くから敬遠していた私は、彼らとは違う色のオーラを放っていたらしい。それが自分のオーラの色に
対する自覚不足でないことを心から祈っている。
続きを読む >>
| SHO | 雑談 | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
書泉グランデの鉄道マニアに思う
昨日、神保町にある書泉グランデに行ったときのこと。
書泉グランデというのは知る人ぞ知る鉄道マニアの聖地で、鉄道に関する本の品揃えでは、大阪梅田の
旭屋と並んで全国トップじゃないだろうか?ってくらいの書店。ここは21日発売の鉄道雑誌が20日には
店頭に並ぶため、昨日そのまま草津に帰る予定だった私は鉄道雑誌を買うためにここに来たのだった。

予定通りに鉄道雑誌を買った後、同じフロアにある海運関係や軍事関係のコーナーをのぞいてから
バイク雑誌のコーナーへ行った。ちょうど鉄道コーナーとは隣り合わせの場所にあって、バイク雑誌の
コーナーから見ると鉄道コーナーがよく見える。平日の昼間だというのに、鉄道コーナーにはいい歳した
大人がたくさんいた(私もそのひとりなのだけど)。

どうして、鉄道ファンって「いかにもオタク」なオーラを出しているんだろう?服装もオーラも、なんだか
ダサダサというか気持ち悪いというか、とにかく「半径1km以内に近づかないで」って言いたくなる感じなのだ。

私が入学した時の大学の鉄道研究会もそうで、ひとつ上の先輩と協力して頑張っているうちに、4年後には
見た目もかなりまともな人が(中身はやっぱりマニアだけど、本質的に健全になった)入ってきてくれる
ようになった。それでも、鉄研会員はなかなか増えてくれない。学内生協のどの書店にも鉄道雑誌は平積みで
置かれていた(つまり学内に相当数の鉄道ファンがいる)というのに。

いわゆる「オタク」の集まっている場所というのは気持ち悪くて、私も寄りつかないようにしているし、
他の健全な鉄道ファンだって寄りつきたくないのだろう。「書泉グランデ」の鉄道コーナーはマニアの巣窟
なので私もあまり好きじゃない。鉄道関係のマニアな出版物や旅行記も増えてきたけれど、私は全然興味が
ない。興味がないから書店で読んでも全然面白くない。それはバイク関係の出版物においても同じだけれど。

旅行とか趣味というものは、人間が生きるのには本質的に「どうでもいい」ことのひとつだ。それは人生の
潤滑剤になるけれど、決して燃料にはならない。ほとんどの人にとって、旅行や趣味は時間やお金を「積み
減らす」ものであって、旅行をすることで生活に必要な時間やお金が増えるわけではないだろう。余暇とは
そういうものだからこそ、実施に高い価値があるのだと私は考えている。潤滑剤はエンジンをスムーズに
回すために不可欠なものだけど、それ自体が燃料となるわけではない。
続きを読む >>
| SHO | 雑談 | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
抜歯
昨日は、CDからハードディスクにコピーしていたら遅い時間になってしまい、結局4時間しか寝ないで
起床。10時頃に家を出て都心にある歯医者へ。たまたま父と全く同じ時間に予約したため、2人で出かけて
築地にあるおいしいパン屋でパンを買って昼食とした。

顎全体と患部のレントゲンを取ったのち、しばらく待たされてから私の番に。すでに草津で治療した事情は
述べてあったのだが、先生は一目見るなり「残念ですが、この歯は残せません」。一層でも歯の固い部分が
残っていればなんとかできるそうだが、レントゲンで見てもスカスカになってしまっているのだ。その場で
抜歯決定。それも一気には抜けないため、上下前後に4分割しての抜歯となった。痛くなかったのは幸い。
私の場合、親知らずもいずれ抜かなければならないため、この歯を抜いた跡へ親知らずを移植するという。
その方が価格も安いそうだ。ブリッジか入れ歯かインプラントか、と言っていたのでホッとした。

歯医者を出てから地下鉄で新御茶ノ水へ移動し、L-Breathでシュラフカバー購入の相談(購入せず)、
minamiでスキー購入の相談(購入せず)、書泉グランデで鉄道コーナーと二輪コーナー、地図コーナーと
スキー雑誌コーナーへ(雑誌一冊購入)、三省堂でスキーのゲレンデガイド、教本DVD、地図コーナー、
短歌コーナーと回り(ライトマップル「中国・四国版」購入)、それから散髪に行って、再度小川町に
戻ってから地下鉄で岩本町へ。ヨドバシカメラでCDウォークマンを修理に出してから、昨日も行った
阪神タイガースファン御用達の立ち飲み屋へ寄って、1時間ほどだべってから新宿へ。この店に来たのは
まだ昨日の話なのに、もうずっと前のような気がする。
続きを読む >>
| SHO | 雑談 | 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
秋葉原にびっくり
実家に帰省した。

ある資格についてのテキストを、すでにその資格についている友人から貸してもらえることになり、
集合場所として指定されたのは、秋葉原にある阪神ファン御用達の立ち飲み屋だった。私はまだ
飲めないのでお茶だったのだが、阪神の優勝決定シーンと今季全試合ハイライトを肴にとても楽しい
時間を過ごした。阪神ファンの集まる店、というものがどんなものか知らなかったので、とても嬉しい。
それにしても、今日集まった4人はみんなもともと自転車関係の友人なのに、なぜ阪神ファンばっかり
だったんだろう…。とても謎だ。

ただし、集合場所をその店に指定したのは、私なら必ず気に入る店だったからだと後で聞いた。
今まで、その友人達の前で阪神の話なんてしたことがないんだけどなぁ…。私のブログのおすすめ欄に
『六甲おろし』のシングル盤があることから、私が阪神ファンと分かったそうだ。

派遣社員だけど、近々社会復帰する予定であること、そして、それに伴って転居する予定である
ことを大家さんに通告した。移転先も大家さんに世話してもらう形になるので、今後も現在の
大家さんとの関係は切れない。たまたま、移転先として考えているアパートの大家さんも来ていて
紹介して頂いた。ほぼ間違いなく、近いうちに草津で私は働き出すだろう。

さぁ、いよいよ人生の大海原に再び踏み出す時が来た。まだヨチヨチ歩きではあるけれど、この一年は
体調不良でほとんど何もできない状態であったことを考えれば、ものすごく大きな一歩には違いない。

今日は久しぶりにバスに乗って帰ってきた。今年の春に新車に交代していて、どこのメーカーかと
見てみると、日産ディーゼルのシャーシに西日本車体工業の車体を乗せた車だった。シートの厚みが
ずいぶん増して、豪華になった。これでレッグレストがあれば、4列ながら夜行便に充当できそうだ。
ただ、まだ新車の匂いが車内に籠もっていて、少し車酔いした。完全固定窓なので匂いの逃げ場が
ないのだ。これは本当に困った。

練馬から先、新宿まではラッシュ時間帯で所要時間が読めないので、バスを練馬で降りて都営地下鉄で
岩本町へ。岩本町と秋葉原は目と鼻の先なのだ。久しぶりに来た秋葉原駅周辺は様変わりしていて、
さっぱり分からない。とりあえずヨドバシカメラで電気接点の接点復活剤と予備のヘッドフォンを
買っておく。現在のCDウォークマンがリモコン、ヘッドフォンともに接点不良の状態なのだ。
もう一年近く酷使しているのだから無理もない。

帰宅してから、ROXETTEのCDをiTunesに取り込んでいる。ROXETTEはスウェーデンの男女デュオで、
1980年代後半から現在に至るまで第一線を走り続けているミュージシャン。ABBAの音楽は耳から
全部覚えているのでいちいち持ち歩く必要がないくらいなのだけど、ROXETTEの音楽は草津にいて
頭の中で流れることが多く、喉が乾いた時に水を飲むように、今日は帰って即聞いていた。改めて
聞くと、メロディラインが本当に素敵でポップで、そしてカッコいい。聞いていてワクワクする。
| SHO | 雑談 | 02:50 | comments(2) | trackbacks(0) |
自分のことについて
と言っても、自己紹介を読みたい方はどうぞ私のプロフィールを見て下さい。最低限のことしか書いて
いませんが、「何にこだわっている人か」はよく分かる内容だと思います。

昨日のブログで、「私は、本当は寂しがり屋なのだ」という話をした。いや「自己イメージと本来の自分の
違いというのは人生の納得度に大きく影響する」って話を書いたつもりが大きく脱線したのだ。

さらに自分自身のことを書くと、私は超面倒くさがり。部屋の掃除ほど、どうやったらいいのか困るもの
はない。公共空間はきれいにするけれど、プライベートな空間はすっごく汚い。超面倒くさがりなのは
料理も同じで、味覚には自信があるからマズイ料理を作っていない自信はあるけれど、料理のやり方と
なると超適当。それどころか、料理そのものが面倒くさいので、総菜を外で買ってきても全く気になら
ない。もともと寮生活が長かったので、どんな下手な料理でも作ってくれたものはおいしく食べる自信は
ある。たまにはおいしいものを食べたくなるけれど、普段は日本食もどきの日本食でも(社会人時代は
外国人のコックだったのでそうだった)全然気にならない方である。だから、料理を作ってくれる人が
いたら大歓迎。自分が料理を毎食作るよりは、作ってもらったものをおいしく食べる方が絶対いい!と
思っている。

よく言われるのが「マイペース」ってこと。過干渉は大嫌い。今いる短歌結社だって、在籍している
最大の理由は「あれやれ、これやれ、と干渉してこないこと」なのだから推して知るべしであろう。
とにかくピント外れで一方的な干渉が嫌い。短歌のことを考えていないわけじゃない(むしろ、そんじょ
そこらの皆勤賞会員より考えているぞ!)から放っといてくれ、と思うのだ。在籍7年目ともなれば、
安藤美保の歌が好きだからだとか佐佐木幸綱シンパと言われるとちょっと違うとか、そんなことは
どうでもいい。「自分のスタンスでいさせてくれる結社だから」在籍しているのである。

…あぁ、こういう話をしていると、短歌結社の選び方については、今の結社に入る前に所属していた
同人誌時代から今の結社の初期にかけて深くお世話になっていた、N女史の影響も大きいかもしれない。
選歌や短歌に関するモロモロのことについて、今思うとN女史と私は全く違う歌を詠むにも関わらず
似たような感性をもって当たっていたのだ。まだ短歌の右も左も分からなかった時代に基礎を作って
くれたことを、私は今も深く感謝し尊敬している。

うー、眠くなってきたので、続きはまた後で。
| SHO | 雑談 | 00:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
あなたは孤独好きですか?
あるコラムを読んでいた時に「自己イメージと本来の自分が異なっているかどうかは、その人の人生に自分で
納得が行っているかどうかと深く関連がある」ということを書いてあって、深く納得するところがあった。

たとえば私自身の場合。
私は単独行動を取ることが現実として多いし、今日の、ひとつ前の記事で書いているように、みんなでつるんで
何かに熱中するのを嫌がる傾向にある。ひとり醒めている。あえて言えば、あえて自分は醒めようとしている。
「僕はひとりの方がいい」とよく口にもしている。このブログでも度々口にしているように。

でも、自分で気づいていることがある。おそらく、私自身の本質は(って自分で自分のことを正視して語る
のは非常に怖いのだが)決してひとりでは生きられないタイプなのだ。そのことは、今までも、そして今も
自分の行動にいくつかの矛盾があることから分かる。例えば信仰の話で言えば、天河にはひとりで行くけど
祭りの日に行けるならその方が楽しいし、ホッとする。吉野に行く時は必ず金峯山寺へ修行に行っている。
それも回峰行のような単独で行うものではなく、登拝や断食といった団体行動を選んでいる。そして、それが
けっこう楽しい。本当に単独行が心から好きであれば、洞川から大峰山へ単独で登拝すれば済む話であろう。

また、大学時代には短歌会と鉄道研究会という2つのサークルのどちらにも深く関わっていたし、短歌会では
全国学生短歌大会を一緒に企画したり何度も合同合宿したりして、当時の思い出はおそらく一生の宝物だ。
大学入学前は『海星』という練習帆船でボランティアをしていたし、さらにその前から大学時代にかけて、
鉄道関係の、その筋では有名なイベントの幹事を経験したりもしている。いずれも、単独行だけが好きな
人なら必要のない経験だろう。いずれもいい思い出になっているのは、他人と仕事することも私は好きなのだ。
続きを読む >>
| SHO | 雑談 | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
とてもいい一日
ロッテが優勝した。31年ぶりだそうだ。
だから、もちろん私が生まれてから初めてのロッテ優勝。
実家は千葉県にあるので、ロッテの優勝はとても嬉しい。

今日は朝から歯医者。問題の歯は、上部は巨大な穴が開いていて組織もスカスカでもうボロボロらしい
のだが、根っこの骨はまだ治療可能かもしれないという。抜くにしても、歯を抜く道具がつかむ場所が
ないので、歯茎を切り開かないと抜くことができないかもしれないとか。いずれにしても、東京で医者に
行って相談することにしよう。

歯医者から出てくると、近くに甘味処の看板が見える。両親が先日来た時にたまたま見つけた店に
違いないので、入ってぜんざい(東京ではおしるこって言うのかな?でも、つぶあんだからぜんざい)
を注文する。隣で定食を食べているお嬢さん(って言うか姉ちゃん)は近所のホテルで働いていて、
目の前にあるホテルの寮に住んでいるそうだ。客層はいかにも地元の客ばっかり。こんな店がある
とは知らなかった。いい店見つけた。というわけで、夕方もう一度訪れることになる。

ぜんざいを食べてからいい気分で店を出て、光泉寺からテクテク湯畑に向けて石段を下りる。湯畑の
一角にある本屋に入ると今シーズンの全国版スキー場ガイドが出ている。内容を見ると、なかなか
詳しくて分かりやすいので買った。山と渓谷社の『スキー&スノーボード全国ゲレンデガイド2006』
というもの。日本全国のゲレンデ559ヶ所を完全網羅しているのがすごい。ロコ・スキー場ガイドも
充実していて、福島県只見町の只見スキー場や奈良県天川村の洞川スキー場まで乗っている。詳しい〜。

それから風呂に入り、いったん部屋に帰ってから草津ローカルの人材派遣会社に電話。まだ履歴書は
用意していないので、とりあえず話を聞きに行く。派遣ってどんな仕事なのかから始まって、分からない
ことをいろいろ教えてもらった。いい感触。たぶん近々履歴書を持って面接に行くことになるだろう。
現在の派遣社員の中にアトピーで草津へ湯治に来ている女性がいるらしく、話が速くて助かった。
病み上がりなので、初めは残業のない5〜6時間程度の仕事から始めて、無理がなかったら少しずつ
業務時間を延ばしていく方が身体の負担や心配が少ないんじゃないか、という。全くその通りだ。
働くことそのものがずいぶん久しぶりなので、その点は多いに不安なのだ。

いい気分で人材派遣会社を後にして、ぜんざいを食べた店に舞い戻る。ちょうどお客は私だけで、
本日用意していた最後の定食を食べられた。ご飯とみそ汁を除くおかずが10皿もあって超豪華。
これで700円は絶対に安い。もっと遅くまでやっている近所の店を教えてもらったりしながら、
結局1時間以上おかみさんと話をしていた。

気分良く部屋に帰ってテレビでパ・リーグのプレーオフ第5戦を観戦。ロッテは12安打を放ちながら
拙攻の連続で点が入らず、イライラする展開。第4戦と第5戦だけで6併殺しているんじゃないだろうか。
でも、8回の表に里崎のフェンス直撃の2ベースヒットでようやく逆転。その1点差を小林雅英が
守りきってロッテが優勝した。12安打で3点しか取れなかったのだから、普通なら負けてもおかしく
ない展開だけれど、それ以上にソフトバンクが打てなさすぎた。プレーオフは5戦ともロースコアの
緊迫した試合が続いていた。日本シリーズではどうなることだろうか。

夜中を過ぎてから、千葉ロッテファンの友人と1時間くらい長電話。野球の話をしていたはずが、気が
ついたら短歌の話になっていた。最近、久しく短歌の話をする機会がなかったので嬉しい。それは
向こうも同じだったようだ。学生時代の短歌会つながりの友達って、本当にいいなぁ。それにしても、
ふたりで意見が一致したのだけれど、2001年前後に学生短歌会で活動していたメンバーは、今思っても
そうそうたるメンバーがそろっていた。近年の学生短歌会では間違いなく最強メンバーだろう。自分が
その中心メンバーの一員であったことを、今も本当に誇りに思う。

夜中に電話で盛り上がっていたら目が醒めてしまい、寝られなくて日記を書いている次第。もっと早く
布団の中には入っていたんだけどな〜。ともあれ、昨日はとてもいい一日でした。
| SHO | 雑談 | 03:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
歯医者なのに歯が痛くない
今週に入ってから、左奥歯の未処置歯の歯肉が腫れ上がった。腫れた部分を押さえなければ痛くはない
のだが、腫れ上がって歯に干渉するなので噛みにくいこと甚だしく、今日になって歯医者に行った。

もともと、長年の未処置歯で歯の奥まで大きな穴が開いており、そこを塞いでいた詰め物が外れたのが
遠因なのだけど、なんと歯の奥が腐っていて、それが化膿して歯肉が腫れ上がったらしい。もうこの歯は
ボロボロで、レントゲンを取ってもらったら、両側の歯ははっきり白く見えるのにその歯はほとんど
透き通っていた。おそらく抜かないといけなくなると言う。土台を残すことも、たぶんできないそうだ。

抜くにしても、抜こうとした瞬間にボロッと割れてしまうらしく、おそらく三本の根っこごとに割って
抜かないといけなくなるそうだ。差し歯にするための土台もたぶん残せないとのことで、1本だけ
入れ歯にするか、ブリッジと言って両隣の歯に固着させる人工の歯を作ることになるという。
どっちにしても、すぐにはできないそうだ。

もっと驚きなのは、歯を削ろうと何しようとちっとも痛くなかったこと。神経を以前抜いてしまったから
なのだけど、神経がなくて全く痛くなかったから処置が遅れたという一面はある。なくなって初めて
分かることだけど、痛くてもやっぱり神経って必要なものなのだ。唯一痛かったのは大穴を塞いでから
歯肉を強く押して中の膿が出てくる道を作ったとき。うがいをしたら、血に混じって真っ黄色の膿が
出てきた。少しずつ膿が出てくるだろうという。さっきから腫れた部分を舌でずっと圧迫しているの
だけれど、今のところ膿は出ていない。

化膿止めの抗生物質と胃薬と口の中の洗浄剤と痛み止めをもらって帰ってきた。痛み止め以外は
1日3回飲まないといけないらしい。うちの父も若い頃から入れ歯が1本あったので、入れ歯にする
のは別に違和感ないのだけど、親子そろって若い頃から入れ歯とは、なんだか情けない話である。

そういえば、プレーオフ第2ステージの第3戦が今日だとばかり思っていたら、なんと明日らしい。
ロッテ対ソフトバンクなんて今季最高のカードだと思うけれど、これを地上波で中継しないなんて
もったいない。昨年のプレーオフの視聴率が悪かったかららしいのだが、今年のつまんない巨人戦
よりもよほど中身の濃いゲームが期待されると言うのに。巨人戦の視聴率が悪かったらプロ野球
そのものをテレビ中継しなくなるというのは、左から右へ両極端に行きすぎると思う。今どき、
巨人戦よりも中身の濃いゲームなんていくらでもあるのだ。
| SHO | 雑談 | 17:45 | comments(4) | trackbacks(0) |
早寝早起き
最近、おそろしく早寝早起きである。
昨日も寝たのが10時過ぎで今朝起きたのが朝の5時半。実は、すでにちょっと眠い…。少し前までは
寝るのが朝の8時や9時で起きるのが昼の3時とか4時だったので、完全に生活リズムが昼夜逆転した。
いや、これはいいことなんですけどね…。今までの生活リズムがおかしいので。

昨日はずっと本を読んでいた。今読んでいるのは『日本史 有名人の父たち』、神渡良平『マザー・
テレサの旅路』、手島悠介『ナターシャ チェルノブイリの歌姫』など。これらは大家さんから借りた
もの。他には図書館から借りている豊田穣『四本の火柱 高速戦艦勇戦記』とか宮本雅史『「特攻」と
遺族の戦後』ってところ。『四本の火柱』は持っていて、実家に置いてあるのだけれど面白いので借りて
きた。『「特攻」と遺族の戦後』は、帯文に櫻井よし子が「この人たちへの感謝なしには、日本人は
戦後の繁栄と幸福を享受する資格はないとさえ思う」と書いてある。私も全く同感である。

今日はこれから朝風呂に入って、湯治仲間と小布施に行って来る予定。ぶどう狩りに行くのだけれど、
私はぶどうが苦手で食べられないので(ジュースとかジャムなら好きだけど、生のぶどうはダメ)
たぶん現地では別行動になる。小布施にはいろいろ見る場所もあるし、来年引退予定の長野電鉄
2000系にも乗りたいので楽しみ。

今日もBGMは鈴木祥子。今まで興味なかったアルバム『私小説』時代の曲がなんだか気になっている。
聞くとなんだかけだるくて、でもやっぱり鈴木祥子の曲でいい感じ。鈴木祥子の曲は1995年のアルバム
『snapshots』からガラッと変わってしまって、私はそれ以前の繊細な曲の方が好きなのだけれど、
『snapshots』以後の曲も本質的には以前と変わっているわけじゃない。ただ、けだるさとか嫌らしさ
が前面に出るようになったというだけ。敬遠してきたけれど、これはこれで悪くないかも。

そう思うまで10年かかったというのは、私がもう『snapshots』を出した頃の鈴木祥子の年齢になって
しまったということもあるのだろう。年齢を重ねたから共感できるものがあるというか。若い頃って、
嫌らしさを前面に出しても平気になってしまう感覚を毛嫌いしていたからな〜。それが以前ほどは
気にならなくなって、むしろ楽しむようになったのは、自分も年を取った証拠なのかもしれない。

若さゆえの潔癖な部分っていうのがあって、年を取るとその潔癖な部分では自分を維持できなくなって
来るのかもしれない。やりきれなくなってくる、と言うか。だから、どこかで露悪的に自分を出さざるを
得なくなってくるのだろう。30歳を過ぎてからもあまりに清廉潔癖な人だと「この人、本当にそうなの?」
と疑ってみる心もあるし、そんな人は敬遠したくなってしまう。「シッシッ、あっちに行って」と。

鈴木祥子のホームページを読んでいると、京都に引っ越した鈴木祥子の近況がコラムに書いてある。
草津に住んでいる私とは全然違う環境なんだけど、有名観光地に地元民として住む楽しさは共通して
いて「そうそう」と共感してしまう。京都について「生活するのが楽しい街」とあって、私は京都って
景色が閉鎖的で息苦しくて嫌いな街なのだけど、コラムを読んでいると京都に住むのも楽しそうだ。

私が好きで住もうと思って時々訪れている上田の街も、好きじゃない人は好きじゃないのかもしれない。
そんなに刺激の強い街ってわけじゃないし。気候も穏やかで文化的だと私は思うけれど、同じ盆地の街
なのに、どうして京都と上田という街に対する評価が私の中でこんなに違うのだろう。

うぅ、それにしても眠いなぁ…。早起きって気持ちいいけれど、どうしてこんなに眠いのだろう。
| SHO | 雑談 | 08:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
草津は秋
今日の昼前に、両親は帰った。無事に楽しんで帰ったようで何よりだ。

この数日間で、草津は一気に秋になった。
いや、正確にはずっと前から秋だったのだけれど、数日間降り続いた雨が上がった朝、白根山が一気に
紅葉したのである。朝晩は冷え込むので、電気ストーブが欠かせない。最高気温が15度を切るように
なり、最低気温が10度を切る日が出てきたこの頃、そろそろこたつも出さなければなるまい。

聞く音楽をCarly Simonからevery thing but the girlに移しながら、さっきまで「ヒマだなぁ〜」と
思いながらネットサーフィンしていた。一年前はヒマなことがまるで罪悪ででもあるかのように感じて
いたっけ。今年の2月に草津に帰ってきてからも、ずっと長い間身体の不調に悩まされてきたので、ヒマ
ではあっても何かしようという気にはならなかった。今は、体調不良の時期でも以前の体調の良かった
時期のようで、人生のエアポケットの中にいるようである。無風の真空地帯のように、自分の回りに
だけ風が吹いていない。働かなきゃ働かなきゃ、と言いつつまだ働いていないのは、惰眠をもう少し
だけ味わっていたい休日の朝のようなものであろう。

ヒマで体調も悪くはなくて、かつ何もすることがない、というのは自分自身に対する問いかけの時間に
なる。「さて、これからどうする?どこで、何をして生きる?」という問いかけの時間に。

「どこで、何をして」の部分は、短期的にはほとんど選択肢がない。「どこで」については、身体を
完全に治すという必然の理由があるから、草津から動くことは当分考えられないだろう。「何をして」
については、草津には観光しか特筆すべき産業がないので、観光業のどこかに組み込まれて仕事をする
ことになるだろう。長期的には草津から出て信州側に移ることを考えているのだけれど、そのために
どんな職を身につけたらいいのか、とりあえず働いてみないと何とも言えない。大家さんとそんな話を
よくするのだけれど「とりあえず働いてみないと、ここから先は分からないよね」って話になる。

ずっとしばらく心が荒んでいる。心が荒んでいるのはなぜだろう。別に今に始まった話ではないのだ
けれど、心が荒んでも自分ではどうケアしたらいいのかが分からない。
| SHO | 雑談 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
「つまらない」気持ち
田口ランディのコラムマガジンの中に、こんな記事があった。彼女自身が陥った鬱状態についてのコラムである。

コラムマガジンの中に「上繋がりの人々」というコラムがあって、それをもう一度読みたくなって
探していたのだが、このコラムを読んで私も深く納得するところがった。

 25日、クリスマスの朝刊を読んで、ジャック・マイヨールさんが亡くなったことを知った。(中略)
新聞では、ここ数ヶ月「孤独だ」と漏らし、ふさぎ込んでいたという(中略)世界中に彼を好きな人が
いても、彼に好きな人がいなければ、そして彼が好きになった人が、彼を好きにならなければ、人は孤独
なんだ。(中略)海に潜る彼は、なにか不思議な自然の力と繋がっているかのように感じられた。地球と
いう惑星と一つに繋がっているかのごとく感じられた。それでも、人は、自ら死を選んだりするのだな。
このことは、私には少なからずショックだった。彼は孤独と言えばずっと孤独だったような気がする。でも、
あるとき、孤独であることが「つまらなく」なってしまったのかな……。


先日、地図と時刻表を広げながら北海道ツーリングの計画を立てていた。もちろん今すぐに実行する
わけではないのだが、私の頭の中には常にいくつかツーリングやスキーツアーの計画があって、それらが
実行のタイミングになった瞬間、「時が満ちた時」に実行している。今年の夏も突然北海道に行って来た
のだが、計画そのものは何ヶ月も前から立てていて、突然実行するタイミングが来たからそれを実行に
移したのである。

草津から北海道行きのフェリーが発着する新潟港や直江津港までの地図を見ながら、あぁでもない、
こうでもない、とやっているうちは良かったのだが、道内のツーリングマップルを広げて計画を練って
いるうちに、少しずつ気持ちが引いてきた。そして、突然ストンとつまらなくなってしまった。道内には、
まだ行ったことのない観光スポットがたくさんあるでしょう。陸路で渡道するなら、途中の東北地方にも
絶景ポイントがたくさんあるでしょう。で、それで?So what?

それは自転車で日本一周をしていた時に、時々襲われた感情ともよく似ている。延々と果てしなく続く旅が
つまらなくなった、という意味では決してない。楽しみなポイントも、その先にたくさんある。でも、だから
何なの?旅に出ればたくさんの観光地があり、たくさんの景色があり、たくさんの人とも出会うだろう。
でも、だから何なの?つまんない。ただ全てが空しいだけだ。

常識的に考えると「つまらない」と感じているのは私であって、つまり私は私の意志で自分を「つまらなく」
している、と思いがちだし、世の中の人はおおむね、そう思っているのだろうなあ。

でも、私は違うと思った。私が経験した「つまらない」は、私の意志ではなく、なにか否応もなく私に取り
憑いてしまった灰色のもやもやによって引き起こされていて、私の意志なんかでは断じてなかった。

だから私は「人間は気のもちようだよ、楽しいことを考えれば楽しくなるさ」といような慰めを言う相手を、
本当に疎ましく思った。冗談じゃないよ、違うよって。私の意志じゃない、私がつまらなくしてるわけじゃ
ない、否応もなく、なにかの力によって私は「つまらなく」なってる……って。


この人の言っていることは、私の感じている「つまんない」とよく似ている。私の言葉で言えば、何かに
よって生きる力を吸い取られているような感じがするのだ。部屋が掃除できないのも、料理する気になら
ないのも、こうして呆然とパソコンの前に座っているだけで何時間も時間が過ぎてしまうのも、仕方ない
じゃないか。生物としての生命維持機能がただ機械的に私を生かしているだけで、外を出歩いても人と
話しても、無意識のうちに壊滅的な自分の内側に蓋をしているからとても疲れる。部屋のパソコンの前に
ペタンと座り込むと、もうそこから一歩も動きたくない。立ち上がってトイレに行くこと、ゴミの日の朝に
ゴミ置き場にゴミ袋を持っていくこと、洗濯してから、乾燥した衣類を取りに1階のコインランドリーまで
下りて行くこと、そしてお腹が空いても立ち上がって何か料理しに台所へ行くことすら億劫に思えるほどだ。

私は今、生きることへの興味をもう長い間失っている。私の精神に壊滅的な打撃を与えたものが何なのか
思い出せないほどに。虚脱状態のまま、何か新しいことを始めようとする精神行動がとても辛いのだ。

田口ランディは、自分の夢を内的な現実として認識し、友人に助けを求めることによって解決したという。
そして、鬱状態から回復した後にこんなことを書いている。

世界は一日として同じ環境というものがなく、連動して面々と変化している。私の感受性はその変化を
とらえられない。そして気がつくと、変わっているんだ。私がその変わった世界の枠の中に捕らえられて
しまったのは、自分が変わりそこねたからだ。何らかの事情があって、私は私にこだわりすぎて、世界の
枠組みに捕らえられてしまった。いままでだったら、そんなものに影響されずに、するりと枠の外に逃げ
られたのに、急に有名人になってこの環境に適応しているうちに逃げそびれたのだ。


私自身、自分自身が変わりそこねた人間であることは自覚している。自分の強力なアイデンティティを
自ら捨てた後で、それに代わる自分の新しいアイデンティティをイメージすることができなかったのだ。
時間が止まったまま何年もの時間が過ぎた。以前のアイデンティティの記憶はようやく風化しつつあるが、
記憶が風化することは新しいアイデンティティが定着することと必ずしもイコールではない。新しい
アイデンティティが不在のまま古いアイデンティティが風化しているわけで、つまり私の身体には
何らのアイデンティティも不在のまま時間だけが過ぎている。

別のコラムでは、9.11の事件の後でこんなことを書いている。

ダライ・ラマ十四世がブッシュ大統領に宛てた手紙を読んだ。「あなたが考えてください」とあった。
自分で考えて道を選べと。もしかしたらダライ・ラマ十四世は「あなた個人の霊性に従って道を選びなさい」
と言いたかったのかもしれない。

| SHO | 雑談 | 05:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
迷惑トラックバックについて、現時点での対策
昨日のトラックバックスパムについて、Tigers-net.comのサポートセンターに苦情のメールを送ったところ、
さっそく夕方になって回答が来た。

こういうところは甲子園の阪神戦をブロードバンド中継してくれるとか言う問題以前に大事なことであり、
だからこそ住所変更でいったん解約した後で改めて入り直したのだ。お客からの苦情に対する迅速な
レスポンスにはいつも感心する。Tigers-net.comの、プロバイダとしての本質に関わるいいところだと思う。

9月27日以来のトラックバックスパムは、その発信元のホストが既に特定されている。特定IPを拒否しても
IPを変えて再度トラックバック攻撃をしかけてくるため、特定のドメインそのものからのアクセス(トラック
バックを含む)を拒否する設定に変えたらしい。これで、少なくとも今までの発信元からT-blogにアクセス
することそのものができなくなった。

ユーザー側からトラックバック拒否ができるよう、遅滞なく変更しろと要望を出したものの、そんな一朝
一夕に設定変更ができないだろうということも分かるので、しばらくはこれで様子を見るしかないらしい。
段階を踏んでいるとは言え、要望を出したその日のうちにそれなりの対策を取っていることも事実だ。
本質的な対策になっていない事に不満は残るものの、今回の事件の個別対応としてはよくやっていると思う。

とは言うものの、昨日から新しい記事を投稿するたびに新着記事に対するトラックバック攻撃を1件受けている。
現時点でのトラックバック攻撃の総数は158件。この記事を投稿したらまたトラックバック攻撃を受ける可能性が
あるので、今度やられたら159件だ。大規模攻撃は防ぐことができても、今度はゲリラ戦か…と思うと頭が痛い。
| SHO | 雑談 | 18:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
無関心ゆえの無知
昨日は姉の死からちょうど10年だった。命日なので、2年前に亡くなった祖父と併せて供養したらしい。
もう10年なのかまだ10年なのか分からないが、とにかく姉が突然死してから10年が過ぎた。

NNNドキュメントで、交通事故で息子を亡くした交通事故検察官が起こした裁判を取り上げていた。交通事故の
現場は、私もよく知っている、私の通っていた大学構内だ。いつも花束が手向けられていたから、誰かの
交通事故死亡現場だとは分かっていたけれど、まさかその全容をこんなところで知るとは思わなかった。

警察の捜査のずさんさについて今回は取り上げられていた。明らかにずさんであることが判明してもなお
警察の初動捜査のずさんさの責任が問われない、二審判決に怒りがこみ上げるが、この判決がおかしいと
思う一方で、でも、これと同じことがそこら中にあるなぁ、とも感じた。

自分と直接の係わりを持たない他人の死についての無関心さと言う意味では、警察の捜査レベルでも
国家の実務者レベルでも、もちろん個人のレベルでも変わりあるまい。先日取り上げた9.11の日本人
犠牲者の遺族に対しても、日本の国家として何の保障も考えていないと言う事実、そして北朝鮮に
拉致された日本人被害者とその家族に対する政府の無関心さを見るにつけ、でも、これは日本では
普通の対応なのだと感じる。彼らを怒るというよりも、彼らはごく普通の日本人的な対応をしている
のだと感じるのだ。だから彼らだけを非難することは間違っている。彼らと同様、自分もまた普通の
日本人であり、同じ文化を共有している以上は同じ状況なら同じ対応を取ると考えるべきだからだ。

以前、大学を不登校だった時期がある。
その時の事を歌にして、メジャーな歌壇の賞に応募したところ、入選はしなかったものの、選者の
ひとりからコメントがあった。今、その号が手元にないのでうろ覚えで書くと「苦しみを詠うことに
よって救われている。その事に短歌の力を感じる」と言うものだった。

しかし、応募から10日あまり経ったある日のこと、私はあと一歩で自殺するところだったのだ。大学の
しかるべき相談室にSOSを求めることで自殺を思いとどまったのだが、その時すでに私の精神状態は
壊滅的なまでに破壊されていた。その応募作が私の遺作にならなかったのは、ただの偶然に過ぎない。

私はその頃、大学短歌会では中心メンバーのひとりだったので、私が自殺した場合、そのつながりから
その選者へと私が自殺したことを告げられた可能性はある。その選者は、もし私が自殺していたとしたら
何とコメントしていたのだろう。生きるか死ぬかと言う辛い体験を詠った歌に対して「救われている」と
短歌の素晴らしさをコメントしたこの選者は、結局のところ他人事として私の歌を語ったに過ぎない。
短歌の素晴らしさを、そんな局面の歌についてのコメントで語れること自体が、その選者の偽善者ぶりと
無関心さを示しているように私には感じられたのだった。

でも、おそらくその選者は普通の善良な一般人だろう。特に悪意もなくそのコメントを発したのに違い
ない。メジャーな新人賞の選者をするような著名歌人が、こんなに人の気持ちに無関心なのか!?と
見損なった気持ちは今でも持っているが、だからと言って殺してやりたいような気持ちになるかと
言えば、そういう気持ちにはなるけれど、この人の反応は日本人として普通の反応だろうとも思う。
この選者だけじゃなく、無関心ゆえの無知は日本人の大きな病だろう。もちろん私も例外じゃない。

国家レベルのマクロな話から個人レベルのミクロな話に至るまで、日本人は他人の不幸には全く無関心な
傾向がある。自分に同じ不幸が降りかかってから初めて悔やむのだが、そんな段階で悔いてももう遅い。

国家の防衛に対して無関心なのも、有事の在外日本人の保護に対して無関心なのも、有事にノコノコと
旅行客が紛争地域に入っていくのも、拉致被害者の家族の気持ちを尊重しつつも実効ある断固とした措置を
日本政府が取らないのも、交通事故のずさんな初動捜査を認定しながら裁判所が捜査のやり直しを
命じないのも、生きるか死ぬかの状況を詠った歌に対して「この人は詠うことによって救われている」
とコメントできてしまうのも、みんな根っこは同じなのだ。

表面に出ているひとつの出来事だけを責めるのはたやすい。しかし、根っこにある他人への無関心さに
自分で気づかない限り、これらのどれひとつとして解決はしない。
| SHO | 雑談 | 01:31 | comments(3) | trackbacks(0) |
迷惑トラックバック・4回目
迷惑トラックバックについての記事も、残念ながらもう4回目になってしまった。

今日の18時から19時半にかけて、迷惑トラックバックが32件あった。これで9月27日以来の攻撃件数は155件。
出元のIPをアクセス拒否したくても、T-blogの現在の設定ではコメントの拒否しかできない。仕方ないので、
苦情のメールをTigers-net.comのサポートセンターに送った。

ユーザー側の我慢ももう限界に近づいているだろう。IPのアクセス拒否をしたところで、IPを変えて再び
同じ攻撃をかけられることは十分に予想できた。プロバイダ側にしても、まさかひとつのIPをアクセス拒否
すれば大丈夫とは思っていまい。もしそう思っていたのなら、考え方が甘すぎる。

「大丈夫かなぁ」と9月27日時点でのTigers-net.comの対応を聞いて思っていたのだが、やっぱり同じ攻撃に
遭っている。これでもなおトラックバック拒否がユーザー側でできるよう設定変更しないのであれば、
もう今度はプロバイダ側の怠慢と言われても仕方ないのではないか。最も悪いのはもちろんトラックバック
攻撃をしかけて来る側なのだが、ユーザー側から見れば適切な対応を取れないプロバイダ側も同罪だ。
「早急どころか、遅滞なくトラックバック拒否が可能なように設定変更して欲しい。もはやユーザーの
我慢は限度に近づいている」とサポートセンターへのメールには書いたのだが、聞き入れられるだろうか。

今回のトラックバックのホストとIPを曝しておく。前回とほぼ同じだ。たぶん同一犯人ではないだろうか。

pl1052.nas921.o-tokyo.nttpc.ne.jp
219.102.20.28
| SHO | 雑談 | 21:39 | comments(3) | trackbacks(0) |
9.11の日本人遺族を描いた番組に思う
NHKの教育テレビで、9.11の日本人遺族たちの特集をやっていました。

私は日本で正社員として働いていたことはありません。正確に言うと、日本の企業では働いていましたが
外国で仕事をする職種でしたので、仕事を辞めて日本に帰ってきたときにすごくとまどったのを今も
よく覚えています。

例えば、仕事を辞めてから大学に入学したら「改憲反対」のビラを大学生が配っていたりする。でも、海外で
働いていた人間として言うと、今の憲法九条の方がよほどどうかしています。もし海外で紛争が起きて、
日本人の安全が保たれない状態になったとしたら、誰が在外日本人を守るのでしょうか?アメリカが守るん
でしょうか?あるは他の国ですか?とんでもない。日本人を守ってくれるのは自衛隊しかいないんです。

具体的に言いましょう。もう25年前の話ですが、イラン・イラク戦争で死んだ日本人は全員が船員でした。
私が学生時代の指導教官には当時の体験者が大勢いましたが、荷役の最中に戦争が勃発して、係船索を
引きちぎって港から脱出した話や、上空から分かるように船体に大きな日章旗をペイントしてペルシャ湾に
向かった話、そして命からがら日本に帰ってきたら「ご苦労さまでした」と言う横断幕を掲げられて終わり
だったという話を聞いたことがあります。アメリカのタンカーの場合は護衛の軍艦がつきますが、日本船舶の
場合は護衛艦の一隻もつきません。

今ならば日本に原油を運んできてくれるタンカーの乗組員のほとんどは日本人じゃありませんが、再び
湾岸地域で大きな紛争が起こったとして、じゃあ乗組員が日本人じゃなかったら日本の国として何も
しないんですか?企業の一員として働いているとはいえ、日本のために働いて貢献している外国人だって
大勢いるんですよ?その人たちにだって家族はいるんですよ?その人たちを守るのは、日本の義務なん
じゃないですか?なぜなら日本は受益者であり、多くの外国人に支えられて日本と言う国は存在して
いるからです。日本は軍隊を持つな、海外に行くな、と言うのは、当事者意識に欠けた考え方です。

この番組の中に、息子を亡くした父親の短歌が載っていました。そして、犠牲者に対する日本政府の
対応についての不満の声も。犠牲者に対して、国として何か対応を考えているのか、と言う質疑に
対して、考えていない、と言う回答の話も。おそらくそうだろうな、と思います。国家レベルでも
そうだし、個人レベルにおいても、日本人は驚くほどテロや戦争に無関心だと思います。

犠牲者の遺族から「前向きに」と言う言葉がありました。もちろん、その方はそれまでもこれからも
そうやって生きていくのだし、それでいいと思うのですが、「前向きに」生きられない人はどうなの
でしょう?前向きに前向きに生きてきて、突然その人生を断ち切られたら?何をしていても虚しい
気持ちになった人に、なんと言葉をかけたらいいんだろう。あるいは、どんな言葉をもってしても
癒せないものを心の中に抱えている人は、そういうものを心の中に抱えていることが罪なのか?そんな
ことを思ったりもします。

何かあった時に、日本人は「前向きに」ってことを言い過ぎる。そんなことを思います。本当に悲しい
ときには静かにそっとしておいてくれた方がいい場合だってある。悲しんでいる人に「前向きに」とか
「頑張れ」って言ってしまえるのは、共感する心がないというか、当事者意識に欠けるというか、
そういう事ではないでしょうか。

9.11の後に詠まれた著名な歌人の短歌について、前述の遺族の方が「客観的すぎる」とおっしゃって
いましたが、私も似たようなことは常々感じます。技術的な問題で云々言うべきじゃないテーマの歌に
対して、全般的に日本の著名歌人は冷たすぎるというか、ステレオタイプの反応しかできていないように
私には感じられるのです。おそらく彼らの反応は普通の日本人的な対応でしょう。一見温かそうな言葉
とは裏腹に、私は事件に対する彼らの驚くほどの無関心さを感じるのです。

日本で戦争が起こって欲しくない。そう思います。でも、それは日本以外で戦争が起こってもいい、と言う
ことではありません。戦争なんて起こらないなら起こらない方がいいに決まっている。でも、世の中には
力という言語しか理解できない人も、残念ながらいます。そういう人種がもし力でねじ伏せようとして
きたら?やはり力で対抗するより他はないんじゃないでしょうか。

9.11の狙いが何だったのか、本当のところ私は分からないのですが、テロをしかけた上部組織に対して
アメリカが報復攻撃をしかけたのは、私は当然だと思います。国益と国民を守るため、と言うのは
大義名分に過ぎないと言われるかもしれません。でも、個人レベルではどうしようもない範囲で、
それまでの生活を突然断ち切られたらどうしますか?何千人という人が無差別に殺されて、国として
何の対抗措置も取らないとしたら、それこそ政府の対応に問題があるんじゃないでしょうか。私が
アメリカ国民だったとしたら、アメリカ政府が対抗措置としてアフガニスタンに攻撃しなかったら
政府に対して怒ると思います。おそらく、自分が当事者だったら当然怒るだろうと思うのです。

繰り返しますが、日本で戦争が起こって欲しくはありません。でも、私が戦争が起こって欲しくないのは、
もし日本で戦争が起これば私は戦争に行くつもりだから。もし起これば自分が戦争に行くつもりだから、
私は戦争が起こって欲しくはないと願っています。そして、そういう意味での当事者意識は日本には欠けて
いるよなぁ、と私は常々思っています。
| SHO | 雑談 | 00:19 | comments(0) | trackbacks(1) |
トラックバックスパム再び
今日、タイガースの試合中にトラックバックスパムが再び吹き荒れている。もう慣れたけれど、
また19件かぁ…。今晩もトラックバックスパムが吹き荒れるかもしれない。阪神の優勝決定試合の
最中に、と言うのはノーマークのところだろうな。

Tigers-net.comには早急な対応を求めたいものだ。おそらくIPを変えて再々攻撃してくると
思うので、早急にユーザー側でトラックバックのIP拒否ができるようにする必要があるだろう。
今日はタイガースの優勝決定試合だから、別にトラックバックスパムされても痛くもなんとも
ないけれど、ブログやインターネットを使い始めの人にとっては、こういう事が繰り返されるのは
本当にショックだろうし嫌だろうなぁ…。もちろん、私だって嫌なのだけれど。

今夜は長い夜になりそうだ。歌壇賞の〆切も明日だから、たぶん今晩は徹夜するだろう。
| SHO | 雑談 | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
迷惑トラックバック・その後
昨日の夜から続いていた悪質なトラックバックは朝になっても続いていたのだが、結局104件で収まった。

Tigers-net.comのサポートセンターに苦情のメールを送ったところ、夕方になって回答が来て、問題の
IPのアクセスそのものを拒否する設定にしたとか。現在の、会員側でのIP拒否設定はコメントの拒否しか
できないのだけれど、トラックバックを含めた拒否にすることも今後検討するとのことだった。

対応をきっちりしてくれたことは嬉しいけれど、今回の事件はT-blog内で大量の被害者がいたわけだし、
T-blogのトップページに、今回の混乱についてのお知らせと現時点での対応を載せるか、あるいは会員
向けのお知らせメールを流して、今回のトラックバックスパムの件について報告するとか、そういうことを
するべきではないだろうか。被害が拡大した原因の一端がTigers-net.comのIP拒否設定の不備にあった
ことも事実だ。私はたまたま苦情メールを送っていたから対応を知らされたけれど、サポートセンターに
苦情メールを送っていないT-blogのユーザーで、被害に遭った人もたくさんいたはずなのだから。
| SHO | 雑談 | 21:33 | comments(8) | - |
おいしいパスタを食べると幸せ♪
昨日は誕生日と言いながら、いつも行く無線LANが使えるカフェのパスタで夕食だった。残念ながらびっくり
するほどおいしいわけではない(チェーン店だから仕方ない)ので、今日の昼食は、ちょっと張り込んで
前から気になっていた近所の「success(シュクセ)」と言うパスタ&ケーキ屋に行くことにした。パスタで
別に文句ないもん、と言いつつも、昨日の夕飯は本音では誕生日の食事としては口が寂しかったらしい。

ちょうどランチタイムだったので、サラダ+本日のパスタ+食後の紅茶+本日のデザートで1330円。本日の
パスタはペペロンチーノで本日のデザートはティラミス。覚悟していたほど高くはなかったし、パスタもパンも
紅茶もティラミスもみんなおいしくて大満足。これで1300円なら、十分納得してお金を払う価値がある。

昨日の夜から、悪質なトラックバックの嫌がらせで機嫌が悪かっただけれど、いっぺんに機嫌が直って
しまった。私は今回頼まなかったけれど、常連さんらしき人によると、ここのコーヒーもおいしいらしい。
食べ終わった後も満足な余韻が口の中に残って、とても幸せな気分。本当においしいものって、人を本当に
幸せにするんだな〜と実感した。ケーキは小さなティラミスだけだったので、今度行くときはちゃんと
したケーキを買うとしよう。草津の、それも近所にこんないい店があるなんて嬉しかった。身体が良く
なってきたら、少しずつ草津のグルメ探訪もしなければ。お金がなくて普段は行けないけれど「ここで
食事したいな〜」と目をつけている店は、草津の中にも何軒かある。

ここはコーヒーもおすすめ、と勧めてくれた常連さんらしき人に、一目見ただけで「何かスポーツを
やっているんですか」と訊ねられた。足を見ればスポーツをやっている人かどうか分かるらしい。草津
にはサッカーJ2のチーム、ザスパ草津の二軍が籍を置いているし、サッカー人口は多い。私は「春から
秋は自転車で冬はスキー」と答えたのだけど、最近はちょっと運動不足気味。坂ばっかりの草津の
街を毎日歩いていたら、それだけでかなりの運動量にはなると思うのだけれど、もっと運動した方が
いいかもしれない。

私は普段は粗食でも全然平気で、寮生活が長かったからか、粗食でも不満を言うことはあまりない。
でも、味覚には自信があるし、値段相応の価値があるかどうかは粗食でも何でも気になる。美食家では
ないので普段は食べないけれど、本当においしいものは「おいしい」と分かるつもり。たまにそんな
贅沢をすると、本当に幸せな気分になる。かなり気分が落ち込んでいたのだけれど、本当に気分が
落ち込んだときには、自分自身のために、たまにはおいしいものを食べに行こう。おいしいものを
食べるのが、すごくセラピーになると言うか癒されると言うか。そういうことを実感した。

今朝になって、しばらく音信不通だった友人や先輩から久しぶりのメールをもらったり、このブログに
コメントを頂いたりした。昨日は親友と姉からしか誕生日祝いのメールもなくて、嬉しかったけど
ちょっとわびしかったと言うか寂しかったので、別に誕生日祝いを言われたわけではないけれど嬉しい。
| SHO | 雑談 | 21:29 | comments(0) | - |
迷惑トラックバック
今晩、わずか2時間半の間に49件のトラックバックが貼られている。たまたま私は管理画面を触っていたので、
見つけしだい全て削除しているが、T-blog内の他のブログにも大量に同じトラックバックが貼られている。

このトラックバックを調べてみると、全く同じIPから、同じ内容でアダルトサイトへ誘導するトラックバックが
貼られている。最初に気づいた時に該当するIPをIP拒否の設定にしたのだが、

T-blogのIP拒否と言うのは、該当IPアドレスからの

コメントは拒否できても、拒否しているIPからの

トラックバックは拒否できないらしく、悪質な

トラックバックを拒否するのには全く効果がない。


もちろん、この件はTigers-net.comへも問い合わせ事項として報告した。これでは何のための
IP拒否なのか分からないではないか(怒)。基本設定でトラックバック拒否にしても、新規投稿の
トラックバックが拒否されるだけで、既存の投稿についてはトラックバック拒否ができないらしい。
1年近く使い続けた全ての記事を設定画面でトラックバック拒否に変更するなど、事実上無理だ。
一括でトラックバック拒否にできるよう、そして拒否IPアドレスについてはコメントのみならず
トラックバックも拒否できるよう、Tiges-net.comには強く要望したい。

ランダムにT-blogのブログの多くの記事が対象になっていることから推測して、おそらく自動的に
トラックバックを貼るソフトを使っているだろう。トラックバックを貼られた先からリアルタイムで私は
全て削除していったのだが、とても人間業でトラックバックを貼れるようなスピードではなかった。
1分の間に数件のトラックバックを貼っていて、私が10件まとめてトラックバックを削除している間に
もう新しいトラックバックが貼られている、と言う始末である。

この超悪質なトラックバックを貼った犯人の

IPアドレスとホスト名、ブラウザを公開しよう。

210.153.227.105

pl361.nas928.o-tokyo.nttpc.ne.jp

libwww-perl/5.801


もしかして、阪神優勝に嫉妬するアンチ阪神ファンの嫌がらせだろうか?

追伸:
今回の悪質なトラックバックは、トラックバックスパムと言うそうだ。午前9時40分現在、今回貼られた
トラックバックの数は104個。これを削除するのが、いかに大変なことか。トラックバックの削除よりも
もっと大変なのは、京ぽん(PHS)で受信している「トラックバック通知」のメール削除である。
104通もあるのか…。
| SHO | 雑談 | 03:57 | comments(5) | - |
30歳の誕生日
今日は誕生日。30歳になってしまった。でも、29歳と30歳は陸続きに存在していて、全然実感がない。

友人へのメールに書いたのだが、29歳と30歳の間に引かれているラインは、まるで赤道のようだ。海の上に
赤道があると言っても、赤いラインが見えるわけではない。天測したり、刻々と減っていくGPSの数値を
見ながら無理やり「ここは赤道なんだ。大海原だけど赤いラインが引かれているんだ」って納得しているに
過ぎず、「ここが赤道ですよ」って言われても全然実感がない。それと同じような感じで全然実感がないの
だが、運転免許の生年月日と今日のカレンダーを見ると、確かに30代に突入してしまったらしい。

ささやかな誕生日祝いとして今日の夕食は外食。と言っても、友人に写真を大量に送る用事があるので
いつも来るカフェでパスタの夕食。食事制限が厳しかった1年前と比べたら、今の食事状況はまるで天国だ。
もう写真も送ったし、せっかくなので隣にある素敵な喫茶店で荻原兄弟のスキー板でも眺めながら何か
飲もうかな。目の前には湯畑の湯の滝が見える。今日は3連休明けの月曜日とあって、人も少ないようだ。

でも、気がつくと歌壇賞の〆切まで5日を切っている。行き詰ったまま、全然手がつけられていない。
逃げてはいけないのだけれど、とても苦しい。
| SHO | 雑談 | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
目が痛い
最近、パソコンの前に座っている時間が長いせいか、さっきから目が痛くて画面が見られない。
網膜の内側が痛い感じで、まともに画面を見られないとはどういうことだろう。草津の湯は
目にいいらしいのだが、これはさすがに対象外だろうなぁ…。パソコンの使用時間を
短くするしかないのだろうか。が、しかし…。あと1週間あまりで歌壇賞の締め切りなのだ(泣)。

とりあえず、今日はもうさっさと電源を落とすことにする。って、夜中の2時半まで
パソコンをつけていて「さっさと」も何もないだろう、って気がする。
| SHO | 雑談 | 02:39 | comments(2) | trackbacks(0) |
仲秋の名月
昨日は仲秋の名月だった。草津でも薄雲を通して満月がよく見えていた。買い物の後、アメリカンドックを
食べながら部屋に戻る途中で見ていたのだが、私の住んでいる場所は川の南岸にあり、道の南側は
切り立った急斜面なので「大空に浮かぶ仲秋の名月」とは行かなかった。

夜、久しぶりの友人から電話。すっかり長話してしまう。お互いに忌憚ない意見を言える友達とは
いいものだ、と改めて思う。いわゆる「負け犬」の話にもかなり花が咲いてしまう。酒井順子の
『負け犬の遠吠え』は近々紹介したい、とずっと思いながら、読んでゲタゲタ笑ってばかりでちっとも
紹介できていない。早く紹介しなければ。

3連休も今日で終わり。草津の街も、少し静かになるかな!?(今週末はもう一度3連休ですが)
10月になったら、冬の足音がだんだん大きくなってくる。最近、湯治仲間との会話も友人に宛てる
メールの中身も、私の話題はスキーばっかりだ。

歌壇賞の準備、詠めなくなってから今度はちっとも進まない。机の前で歌集を広げてウンウン悩んで
いると時間ばっかり過ぎてしまう。時間の使い方が我ながら下手。もう少し時間をうまく使えると
1日がもっと長いのに…といつも思うのだけれど。与謝野晶子は歌人で集まってまとめて歌を詠む会
などでは食事の準備や家事もこなしながら真っ先にたくさんの歌を詠み終えていたと言うけれど、
何か別のことをしながらの方がいいのだろうか。
| SHO | 雑談 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
手につかない
いろいろ、何も手につかないでいる。やらないといけないことは山ほどあるのに。

鈴木祥子を聞いている。この人の歌に出てくる作中主体のほとんどは、とても孤独で、でもこの人の歌う
景色は私にとってとても懐かしい。それでいて、とても痛い。夕方、田舎町の駅にひとりで放り出された
ような寂しさと解放感と辛い現実。それらの感覚は私が日本全国の町を渡り歩いて感じてきたものだ。
聞いていると、胸を締め付けられるような孤独感に襲われて、でもホッとする。

子供の頃から家出少年だった私の、これが原風景なのだろうか。家出を繰り返していた20年前から、私は
本質的に何も変わっていない気がする。鈴木祥子の歌を聞いていると、あてもなく彷徨うように歩いた
たくさんの田舎町を思い出す。実在の田舎町も、そして私の心の中にだけある田舎町も。

自分の吐息の音さえ聞こえるような静寂の、無人駅の待合室のベンチに寝袋を敷いてもぐり込む時、私は
やっと自分自身に返れるような気持ちになる。ものすごく孤独なのだけれど、でもホッとする。明日への
希望を抱くような類のものでないことは確かだけれど、そもそも明日に希望などあるのだろうか。人は
希望があるから頑張れる、と言う人もいるけれど、私は希望があっても頑張るだろうか。そもそも希望って
何だろう。私にはよく分からない。

湯治しながら、近い将来こういう風にできたらいいな、と言う将来設計はある。主に居住地についての話
なので、先日の茶話会でその話をしたら「将来の希望があっていいなぁ」と言われた。たしかに今度の冬は
スキーをしたいし、そのためにお金を貯めようと思っているわけだし、身体が完治したら長野県上田の辺りに
住みたいな、と言う希望はある。たぶん、何もなければためらいなく私は実現していくだろう。現実問題と
して自分が幸せになっていくための、それが一番現実的な方法だと私は信じているから。

別に今すぐ死にたいわけではないけれど、かと言って長生きをしたいと思ったことはない。長生きしないで
済むのであれば、長生きなどしない方がいいに決まっている。人生は、長生きするには退屈すぎるし辛すぎる。
長生きが、なぜ世の中では良い事とされているのだろう。長生きが幸せだと思う人が多いから、きっと
良い事となっているのだろうけれど、それを私にまで押し付けないで欲しいな、と言うことは思う。長生きが、
必ずしも絶対の価値ではない、と言うことを私は思うのだ。幸か不幸かアトピーは死に至る病ではない。
そのストレスで人を自殺させることはあるし、その力で日常も社会生活も完全に破壊する存在ではあるけれど。
実に中途半端な、患者の人生を生殺しにする病だと思う。これは私の業なのだろうか。

鈴木祥子の歌を聞きながら、いくつの田舎町の夕暮れを見送っただろう。飯山線、羽越本線、八戸線、
東北本線…、数えだしたらきりがない。強く印象に残っている夕暮れは、そのほとんどがたったひとりだ。
| SHO | 雑談 | 03:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
カウントダウン
気がつくと、誕生日まであと10日を切ってしまった。
カウントダウンと言っても、阪神の優勝マジックでも吉村実紀恵の歌集の名前でもない。

今日は9月17日だから、私の20代も残り10日足らずと言うことになる。私は9月26日生まれ。草津で迎える
誕生日はこれで2度目。10年前を考えてみると、果てしもなく遠い世界に来てしまった。海のそばで育った
私が、まさかこんな山の中で30代を迎えそうだとは。今の生活にはまずまず満足しているし、身体も
治りつつあるので心配いらないと言っても、もう30歳まで残り10日足らずかぁ…。

カウントダウンと言えば、歌壇賞の〆切まで2週間を切った。こちらもカウントダウン開始である。
そろそろ就職も考えたいので、今いる部屋もたぶん近いうちに出ることになる。だからこちらも
カウントダウンの開始だ。30年で、たぶん16回目(もしかして17回目?)の引越しだから、すごい引越し魔だ。
こう考えてみると、20代から30代に移り変わるこの時期は何かと忙しい。

私は「出身は?」と訊ねられると「兵庫県西宮市」と答えることにしている。実際、西宮に住んでいた
時間が一番長いのだけれど、実はそれでも合計9年しか住んでいないし、その間に2回引越ししている。
単一の場所から動かずに住み続けたのは、学生時代に山口県に住んでいた4年半が一番長い。今の実家も
事実上1年半しか住んでいないし、草津の今の部屋も8ヶ月でたぶん引っ越す。その次の部屋には
どのくらい長く住むことになるのだろう。それでも、最長記録の4年半はたぶん上回らないと思う。
草津に根付くのか、あるいは当初の予定通りに上田へ引っ越すのか、あるいは他の地に住むのか、
今の時点では全く分からない。

いろんな意味で始まった30代へのカウントダウン。私はどこで何をして生きればいいのだろうか。
| SHO | 雑談 | 14:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
寒い〜。
なんでも、午前1時時点の外気温は12度か13度らしい。風呂に行くのに、今シーズン初めて長袖シャツを
着て、さらにその上から作務衣を着て行った。3枚も服を着るなんて、いよいよ冬が近づいて来たんだなぁ。

今、録画の巨人−横浜戦を見ている。結果はもう知っているのだけれど、巨人が負けた試合だし、せっかく
だから見ることにしている。消化試合とは言え(消化試合というのは巨人にとってだけで、横浜にとっては
Aクラス入りがかかっているのでちっとも消化試合じゃないのだけれど)ゴールデンタイムにはもはや
放送してもらえないとは。そういえば、巨人は今シーズンとうとう12球団でただ一球団、貯金生活を
一度も体験せずにシーズンを終えることが確定したらしい。明日負ければシーズン負け越し決定である。

さて、歌壇賞の詠草を推敲しなければ。この3連休は、部屋の掃除と歌壇賞の推敲で終わりそうだ。
| SHO | 雑談 | 02:44 | comments(3) | trackbacks(0) |
マジック点灯
今日は阪神の試合はなし。でも、中日が負けたのでマジック13が点灯した。これで優勝はほぼ決まりだろう。
直接対決で、2度に渡って0.5ゲーム差まで迫られながら首位を明け渡さなかったしぶとさが実った格好だ。
オールスター終了時に5ゲーム差がついていなければ、中日に逆転優勝された可能性も十分にあっただけに
ようやくホッとしたところ。でも、あと16試合残っている。このまま勝っていって欲しい。
| SHO | 雑談 | 23:25 | comments(2) | trackbacks(0) |
上田から草津
昼前に実家を出て、久しぶりに乗る新幹線で上田へ。鈍行であれば実家から上田駅まで5時間以上
かかるところが、今回はたった3時間足らずで着く。学割が一枚余っていたのを使ったので、
これでも鈍行乗り継ぎより2000円ほど高いだけ。かなりおトクだ。

上田のハローワークに行って話をしたものの、今回はお互いに進展はなし。身体が良くなってきたので、
草津で働き始める話で終始する。1時間ピタリで終わったが、用件だけなら時間が余ったくらいだ。

それから本屋へ。実家最寄りの駅構内のCD屋で、草津でずっと聞きたかった(けどテープしか持って
いなかったので聞けなかった)姫神のコンプリートベストを買ったので、特に買う本はなし、と思って
いたところ、本屋を出てから石川啄木の『一握の砂・悲しき玩具』を買おうと思っていたことを思い出す。

上田でとてもおいしいパスタ屋と聞いていた「パパ・オルソ」と言う店でパスタでも食べようかな、と
思っていたのだけれど、ランチタイム以外はけっこう高いので今回は場所を確認しただけで断念。
ほぼ火曜日が休み(でも今日はやっていた)と言うことは確認したので、今度はランチタイムに来てみよう。
「パパ・オルソ」の近くに別の本屋があったので、石川啄木の歌集はそこでゲット。駅前の99円ショップで
買い物をしてからしなの鉄道の列車で御代田へ。

佐久までテニスをしに来ていた湯治仲間に、帰途の御代田でピックアップしてもらう約束になって
いるのだ。まともに軽井沢経由で切符を買うととんでもなく高いので、友人の車に便乗させて
もらえるのはありがたい。拾ってもらってから買出しに出かけて、そのまま佐久に一度戻って
ハンバーグ屋で夕食。私はハンバーグを食べる気にならなかったので、パスタにした。サラダバーで
たくさんサラダを食べられたのは嬉しい。さすがに疲れて帰りの車の中で少しウトウトしてしまう。
草津に帰ってきたのは夜の9時半。
| SHO | 雑談 | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
免許更新
今日は朝から運転免許の更新に行く。まず市役所に行って住民票を取ってから、幕張本郷まで電車で行く。
運転免許センターの周りにはロクな食事ができる場所がないことを知っているので、幕張本郷の駅構内の
プロントでパスタの昼食。

どれくらいの頻度で幕張本郷から運転免許センターへのバスが出ているのか分からなかったから
バス停まで行って確認したのだが、なんと改札口脇の目立たないところに掲示がしてあった。帰り道に
気づいたのだけれど、行きの動線の案内表示の周りに時刻表示をつけないとせっかく時刻表を駅構内に
掲示していても意味がない。マリーンズの宣伝ポスターを貼ってあるあたりに運転免許センター&
マリンスタジアム行きのバス時刻表を大きく表示すればいいのに。5分に1本走っているので、
実際には時刻表いらずの状態だったのは何よりだった。

受付開始の昼1時の少し前に運転免許センターに着いたところ、運転免許の更新待ちの人ですごい行列。
昼ごはんを食べていなかったら、間違いなく機嫌が悪くなるところだった。30分ほど待って適性検査を
受ける頃に後ろを振り返ると人が少なくなっていて、さらに更新手続きを終えて初回更新講習室に
入ったところ、なんと1時間近くも待たされることが判明。結果的にはもっとのんびりしても良かった。
暇だし、普段は寝ている時間から動いているので、講習開始まで遠慮なく寝かせてもらった。

講習会は、最新の道路交通法の改正点などを説明された後で実際の交通事故現場が連続して出てくる
ビデオを見せられた。血溜りに頭を突っ込んだまま動かない死体の写真ビデオ映像や、死体を運び出した
跡に飛び散っている脳漿などが次々に出てきて「事故を起こすとこんなことになるんだぞ〜」とすさまじい
までのアピールだ。ご飯を食べた直後じゃなくて良かった。講習会の後ですぐ食事をしようとは間違っても
思わなかった。講習会ではむち打ちの辛さの話も出てきたのだけれど、すでに交通事故で一生完全には
治らないむち打ち症状を持っている私にはよく分かる話。梅雨時や雨の降る前は首がうずいて辛いのだ。

新しい運転免許を受け取って4時半くらいに解散。私は前回の更新時にうっかり失効しているので今回が
初回更新と言うことになる。だから免許の色はブルー。免許の写真が、初めての免許、前回の免許の時の
写真と比べてぐっと年取っていてショックだった。免許を取った時が24歳で、今回はあと2週間で30歳の
29歳だから、歳相応の顔になっているってことかぁ〜。嬉しいのか悲しいのか、よく分からない。

それからバスで幕張本郷に戻り、床屋で散髪してから鍼治療院へ。鍼を打ってから吸角してもらったら、
背中の中心線周辺はほとんど色が変わらず、今なお調子の悪い両肩や背骨の両側の背筋の周りはドス黒い
血が浮かんでいた。白っぽい半透明の液体が最初に浮き出てきたとのことで、たぶんそれは膿だろう。
だいぶ調子が良くなってきた、とは言っても、やっぱり背中には膿がまだまだ溜まっているらしい。

なんのかんのしているうちに時間が経って、帰宅したら夜の9時半だった。
| SHO | 雑談 | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
墓参と選挙
姉の家で朝はのんびり過ごし、11時ごろに出発しよう…としたら、汗がどんどん吹き出てきて止まらなく
なった。仕方ないのでシャワーを借りたのだけれど、泊まった部屋にも洗面所にも汗がどんどん床に
落ちる始末。たしかに暑いのだけれど、汗のかき方が異常だ。

ようやく身体を冷ましたところでお昼に出発。カンカン照りの暑いところだけれど、安藤美保さんの
墓参に行く。前回行ったのはたしか3月だった。年3回は墓参に伺いたいものだと思っているが、
昨年は冬場に調子を崩したので春と秋しか伺えなかった。今年の冬はどうだろうか。

逗子にほど近いお墓はやっぱりカンカン照り。墓参している間にも汗がどんどん噴き出してくる。
仕方ないので、墓参が終わったところで事務所の日陰をお借りして予備のシャツに着替えた。いつも、
お墓の前でいろいろお願いしているのだけれど、きっとお墓の中で苦笑して聞いておられることだろう。

それから電車で実家へ。お墓を出る時にはカンカン照りだったのだが、電車に乗るとドス黒い雲が
かかってきて、横浜の手前で大粒の雨が降り出した。川崎の辺りで小降りになって、京急蒲田で
(わざわざ羽田空港行きの列車に試し乗りしたのだけれど)羽田空港行きの快特が下り線を横断して
空港線ホームに入るのを体験してから、羽田空港始発の急行で品川へ。品川で乗り換える頃には
再び叩きつけるような雨。でも、実家最寄りの駅に着く頃には少々小降りになっていた。ヨカッタ。

実家に帰って、荷物を置いたその足で投票へ。今回は小選挙区は某政党へ、比例は別の某政党に入れた。
翌日の新聞を読むと、私の票の入れ方は古典的な票の使い分けらしい。まぁ、票を生かすことを
考えたら自然とこういう選択になることでしょう。

ところで草津は群馬5区であり、自民党の候補者は小渕優子さんである。なんでも小渕さんのお宅は
中之条にあるらしいのだが、彼女の地元での集票力は大したものだ。もちろん今回も圧勝。テレビで
見ている分には、どうして二世議員や抵抗勢力や犯罪を犯して控訴中の議員が地元ではそれなりの票を
集めるのか不思議で仕方がなかったのだけれど、今回、そういう人の選挙区に住んでみて、なるほどと
納得するところがあった。「ここでは、この議員に入れるのが当然」と言う空気みたいなものがあるのだ。

鈴木宗男さんや辻元清美さんが今回国政に返り咲いたけれど、彼らがどうして犯罪を犯したことで
あれだけ有名になりながら地元では大きな得票を集めるのか、今回、草津に住んでみて分かるような
気がした。もっとも、私は控訴中や執行猶予中の人に一票を投じようとは思わないけど。なぜ、そんな人に
投票するのか、やっぱり投票する人の見識を疑うけれどなぁ。

選挙結果は自民党の圧勝。大物の族議員を何人か与党や国会から追放できたのはいいけれど、こんなにも
自民党が強くなってしまっていいのかなぁ、と思う。今回は対抗勢力としての民主党の力不足も大きかった
のではないか。民主党には、いちいち選挙のたびに「自民党と反対のこと」をやることばっかり考えて
いないで、もっとしっかりしてもらいたいものである。
| SHO | 雑談 | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
帰省と湯河原温泉
夜中に風呂に行って、そのまま朝まで起きていた。ソフトのダウンロードをしていたら結局出発が
遅くなって、8時過ぎのバスで草津を出発。青春18きっぷを友人から1枚買っているので、それを使って
どこに行こうか考える。始発でスタートなら小海線に乗ることも考えていたのだが、そんな時間も
なくなったので、今回はローカル線に乗りに行くのをあきらめて、湘南新宿ラインを乗りとおして
湯河原温泉に行くことにした。熱海温泉は入ったことがある(泉質が合わないことも知っている)
ので、今回はまだ下車したことのない湯河原に行くことにしたのだ。

高崎で乗り継いで、湘南新宿ラインのグリーン車で首都圏縦断。3時間も列車に乗るのならグリーン車の
方が楽に決まっている。土曜日なら高崎から湯河原までグリーン車を使っても750円の追加で済むし。
平塚から211系の熱海行きに乗り継ぐ。211系のグリーン車は初体験。本当は113系の旧型グリーン車に
乗りたかったのだが、湯河原滞在時間が限られている関係で、今回それは叶わなかった。

湯河原駅から歩いて5分ほどの公衆浴場に入ると、身体がどんどん温まる。草津とは温まる質が違い、身体の
内部からどんどん汗が噴き出てくるのは同じなのだが熱さが体内に篭もり、私のアトピーにはあまり
良くないようだ。食塩泉だから、熱海と同じ泉質なのだろうか。草津みたいに風呂上がりにスッキリするとは
行かなかった。いろいろ温泉に入ってみているが、今のところ草津がやはり一番いい温泉のように思われる。

夕方の快速「アクティー」で折り返して横浜にある姉の家に行く。今年結婚して、一度遊びに来いと誘われて
いたのだ。行ってみるとスッキリとよく片付いていて、平和に幸せに暮らしているらしいことが分かって
嬉しい。犬を飼っているのだが、この犬に私は大変なつかれたようで、姉夫婦が本当なら犬を入れさせない
スペースまで勝手に私についてきた。ちゃんとしつけているので、こんなことは珍しいらしい。よほど犬に
気にいられたらしいのだが、私も犬が大好き。初めっから相思相愛だったと言えなくもない。

なんだかんだで、寝たのも夜の1時。丸24時間起きていたことになる。普段寝ている時間に起きていたりも
したので、身体が眠くならなかったり眠くなったりおかしかった。肌の調子は別に悪くなかった。
| SHO | 雑談 | 00:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
頭痛
体調そのものは悪くないのだが、なんだか頭が痛い。
今日は夕立がものすごかった。草津の夕立はいつもすごいのだが、叩きつける雨でたちまちのうちに
道路の水かさが増していくのを見ると、ここは本当に山の中である。

楽天・一場がようやくプロ初勝利。一軍に戻ってきてからは好投を続けてきただけに、ようやく
報われたのを見るととても嬉しい。一場は群馬県出身と言うこともあり、応援している。

今日は阪神も勝ち。しびれるような戦いがまだまだ続くのだろう。残り20試合あまり、目が離せない。
| SHO | 雑談 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
無線LAN喫茶店
今日で8月も終わり。写真ファイルを送る用事で久しぶりに草津唯一の無線LANが使える喫茶店へ
行ってきた。喫茶店で飲むココアは、自分で作るよりも泡がおいしい、といつも思う。私も家には
ホイップクリーマーを持っているので、喫茶店と同じ泡を作って飲めるんだけど、面倒くさい。

草津に住んで不便なことのひとつは、いつ住居が変わるとも分からない不安定な身分のために
ブロードバンド環境を導入できないこと。今もAir-H"を使っているので、ワイヤレスでつなぎ放題の
環境なのはとても嬉しいのだけれど、Tiges-net.comの最大の利点であるホームゲームのブロードバンド
中継も転送速度の関係で見られないし、大容量ファイルの送受信は非常に手間がかかる。この環境は
この数年は変わる見込みがないため、何かと不便を強いられることになる。ともあれ、久しぶりに使う
無線LAN環境は非常に快適で、300kbクラスの写真を35枚も送ったのに数分で作業は終わった。

今日もせっせと準備をしてテレビの野球中継を見たのだけれど、せっかく先制した直後の3回表に
今岡のエラーからノーアウト満塁のピンチを招いてT.ウッズに満塁弾を打たれてしまう。打たれた
井川が一番悪いと言っても、私としては先制してリズムに乗ろうかと言うタイミングで平凡なゴロを
エラーした今岡を最大の戦犯に挙げたい。絶対にやってはいけないプレーで、自らの先制弾を
帳消しにしてしまった。解説者が「ここからの首位決戦は、一戦一戦がトーナメント戦のつもりで
戦わないと」と言っていたけれど、全くその通りだ。やっぱりミスが出たチームが負けるのだ。

明日から9月。草津はだんだん朝夕が肌寒くなってきた。
| SHO | 雑談 | 23:26 | comments(2) | trackbacks(0) |
秋間近
今日も阪神は勝ち。中日も勝ったので、前回同様に1.5ゲーム差で直接対決を迎えることになった。
昨日の金本選手の「明日も勝ちます!」宣言が、その通りになって良かった。ホッ。

草津は秋である。夜に窓を開けていると、早くも底冷えがしてくる。気温は20度を切っているらしい。
気がついたら誕生日まで一ヶ月を切った。いよいよ30代突入までのカウントダウンである。

最近、80年代とか90年代のヒット曲総集編のCDをよく聞いている。図書館にあるこの年代の
ポップスものは、もう全部借りてしまったのでこれ以上は拡張しようがないのだけれど、
まだいろいろ聞きたい気分ではある。適当に借りてきて聞いてみると、歌手と曲名は
知らなくてもサビの部分は知っていたりして、なるほどと納得することが多い。特に大沢誉志幸の
『そして僕は途方に暮れる』は昔から好きな曲で、アニメ「CITY HUNTER」のオープニングだった
『ゴーゴーヘブン』しか大沢誉志幸の曲を持っていなかった私はとても嬉しい。

今、図書館で予約していた酒井順子『負け犬の遠吠え』を読んでいる。近いうちに取り上げる
つもりだけれど、本当に面白い。私も来月には「オスの負け犬」の仲間入りが確実視されて
いるので、他人事じゃない。
| SHO | 雑談 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
台風接近
台風が近づいてきた。
群馬の山奥もだんだん風雨が強くなってきた。そうは言ってもニュースで出ている映像を見ると
こっちはまだまだだなぁ、と言う感じ。台風が再接近するのは明日の未明になるらしい。

草津独自の草津テレビでは、Mt.6と言うスキー場連合の「山岳リゾート再生」についての講演を
録画中継していた。ものすごく面白くて、気がついたら1時間以上も見ていた。これからの
山岳リゾートが生き残るためには、どういうことを考えていったらいいのか、と言うことが
具体的なデータと共に語られていて面白かった。
| SHO | 雑談 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
最高気温が20度を切った
今日の草津は、最高気温が20度を切ったらしい。いよいよ秋である。

昨日まで、湯船から上がると体中が痛かったのだけれど、今日はようやくスッキリと風呂から
上がることができた。ようやく、一週間溜まりに溜まっていた毒素が抜けてきたのだろうか。

今、久しぶりにカズンの『風の街』を聴いている。NHKで昨年放送された「最長片道切符の旅」の
テーマ曲。私も、気がついたら今年でもう鉄道旅行18年目。初めての夏に大阪から東京まで
鈍行で旅行したこと、2回目の夏には親友と2人で初めて子供だけで夜行列車泊を含む旅を
したことなど、5回目の夏には初めて北海道へ渡道したことなど、思い出したらキリがない。
その間に廃止になった列車や路線も数限りなくある。列車そのものは残っていても車両が
変わってしまったものもある。東海道本線を走る165系の通称「大垣夜行」は特急型373系の
快速「ムーンライトながら」に、上越線を走る165系グレードアップ車の快速「ムーンライト」は
特急型485系「ムーンライトえちご」に世代交代し、「ムーンライトえちご」は車両のグレードが
下がってしまった。高専時代によく使っていた北海道の夜行快速「ミッドナイト」や紀勢本線の
通称「紀州夜行」は、今はもうない。中央東線の通称「山岳夜行」が急行「アルプス」廃止に
伴って週末運転の臨時快速「ムーンライト信州81号」として運転されているのが幸いである。

9月末〆切の歌壇賞への応募準備を始めている。今回、初めて鉄道旅行をネタにした歌を出そうと思っている。
短歌を本格的に再開して今年で8年目。今まで全く詠んで来なかったのが不思議なくらい私の日常に
定着したテーマ。おそらく、歌人の中でも私の特殊テーマであろう。歌人でも『塔』所属の真中朋久さん
などは鉄道について相当お詳しいのを存じているが、大学の鉄道研究会出身でJR全線完乗を達成した
鉄道マニアの歌人は、おそらく私以外にいないに違いない。

すでに100首を超える歌が準備できつつあるのだけれど、歌の良し悪しと旅のキャリアとはまた別の話だ。
いい歌を詠みたいけれど、読んでいて車窓風景の目に浮かぶ歌、そして人生をいかに生きるかに迫れる歌を
詠めたらとても嬉しい。
| SHO | 雑談 | 23:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
寝袋再び
先週、帰省した時に新しい夏用の寝袋を買ってきた。

寝袋は駅寝をする時に必要なもので、今までは外気温プラス7度対応の封筒型の寝袋を使っていた。自転車の
日本一周にも使っていたし、性能的にも文句ないものだったのだけれど、安物なので重いしかさばるし
何よりも夏場に本州以南で駅寝する時には性能過剰で暑すぎる。それで、新しい寝袋が欲しかったのだ。

JRの最高所駅は小海線の野辺山駅だが、これでも標高はたったの1345.67mである。草津の標高よりも
200m近く高いだけに過ぎない。草津でも夏場の夜間に外気温が15度を下回ることはまずないので、
鉄道の駅で寝ることが前提なら外気温プラス10〜15度対応のもので十分なのだ。

そんなわけで今回買ってきたのはクロスターのCRW-8104と言う化繊のマミー型寝袋。なぜ化繊かと言うと
化繊の方が値段が安いから。それと、万が一濡れた時に乾かしやすいと言う理由もある。総重量550gで
収納サイズも長さ26cmで直径12cmなので、従来の1/4くらいのスペース。普段から使っている容量24Lの
リュックサックに余裕で入るので、従来ならリュックの他にもうひとつボストンバックを用意するか、
あるいは大型のザックを使わなければ駅寝ができなかったものが、リュックひとつで駅寝可能になった。

これは非常に画期的な話で、現在草津に持ってきている自転車の装備でも野宿ツーリングが可能に
なったことを意味している。今の自転車にはキャリアを装備していないため、背中に背負うリュックに
入る容量の荷物しか持ち歩けないのだ。また、駅寝と言う点では最低外気温がプラス10度対応になった
ことで夏場に本州以南で野宿することが簡単になった。駅寝の場所を選ばないと言う意味で、より完璧を
期するためにエアマットを携帯する時には今度の寝袋でも大型のザックが必要だけれど、そんなケースは
そんなに多くない。もし必要ならアタックザックを使えばいい話だし、エアマットを使うと言う時点で
夏場に北海道以北に行くか、本州以南なら山岳地帯に入るか春季あるいは秋季の使用に限られる。
北海道でも、夏季にライダーハウスの利用が前提ならばエアマットは必要ない。この寝袋だけで十分だ。

そんなわけで、嬉しくて仕方がない。まだまだ寝袋をフルに使える身体的状況にはないのだけれど、
身体が治ったらどんどん野宿に使えるぞ〜と思っている。宿の心配をしなくてもいい、と言うのは
旅程を組む上で本当に自由度が増すし、宿泊代も削れるので助かる。早く身体を治して旅に出たい。
| SHO | 雑談 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
体調不良
肌の調子も悪いのだが、頭がフラフラするので風呂に入りに行きたくない。夜になってやたら風が寒いのが
気になるので、やっぱり体調が落ちているのかも。かと言って風呂に入らないと肌の調子もいっこうに
治らないことは分かっているので、仕方なく入りに行くつもり。

たぶん、今までも何度かあったことだけれど、皮膚から一気に悪いものが出ようとしているのだと思う。
出ようとしている時というのは、本当にしんどいのだ。悪いものが出てしまえば体調はまた良くなると
思うのだけれど。身体がしんどくて、今日は一日ずっと布団の中。頭がフラフラするのでテレビで
広島−巨人戦をちょっと見ていたのだけれど消してしまった。風邪を引いたみたいに頭がフラフラする
ので音楽も聞けず、本を読む気にもならなくて非常につまらない。

後で目が覚めたときにテレビをつけたら、ちょうど試合が終わるところで、広島が2-1で勝ち。阪神も今日は
勝ってめでたい。それにしても中日は4ゲーム差のままでピッタリ追走してくる。相変わらず強いチームだ。

草津はめっきり秋の気配。今夜の気温はもう20度どころか10度台前半じゃないだろうか。
| SHO | 雑談 | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
地震が多い
身体が疲れていて、昨日も風呂から上がって即就寝。朝ごはんだけ食べて、また寝て起きたのは
昼の2時半。でも、まだ身体が疲れていて眠い…。よっぽど疲れているらしい。

寝ている間に揺れたので起きてからインターネットをチェックすると、中越地区でまた地震だとか。
先週は宮城県沖地震が起こって揺れたし、よく地震が発生している。それでも、一昨年に仙台で震度5を
2回体験して以来、震度4程度では驚かなくなっている自分が恐ろしい。「あっ、揺れているな」って感じだ。

疲れていて風呂に入るのはしんどいのだけれど、入らなければ別の意味で身体がしんどい。
なかなか思うようにはならないものだ。
| SHO | 雑談 | 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
寝袋
草津にも寝袋を持ってきている。
自転車日本一周にも使ったもので、もう8年ほど使っている。今は身体の調子が悪くて駅寝もなかなか
できないのだけれど、動けるようになったら、今度は新しい夏用の薄手の寝袋が欲しいなんて思っている。
今使っている寝袋は3シーズン用のもので、北海道なら今の季節でもいいのだけれど、本州で使うには
ちょっと暑いのだ。

車を買ったら、寝袋を積み込んで旅にも出たい。今までは鉄道あるいは自転車と言うフィールドで
旅をしてきたけれど、車やバイクで旅をすると、もっと旅のフィールドが広がる。だから、軽自動車を
買うにしても後部座席で車中泊ができる車が希望。前部座席で寝るのは、いくらリクライニングしても
水平位置で寝られるわけではないので、翌日に疲れが残るのだ。

長野県にも、周辺の県にも行ったことがない場所がたくさんある。鉄道では行けない場所。鉄道でしか
旅行しない時には見えなかった景色が日本にはたくさんある。他に使ってみたい旅行手段は、カヌー。
実家の近所にある江戸川の景色を見ながら、父と「カヌーで江戸川を旅してみたいね」と言う話を
していたことがある。その父もあと何年生きられるか分からないし、就職してお金ができたら
ぜひ買いたいのが2人乗りのカヌーだ。

自転車で旅をするなら、ぜひ旅してみたいのが飯山線に沿って千曲川〜信濃川を下るコース。
車でなら飯山の先までは旅したことがあるのだけれど、その先、越後川口までも旅したい。

寝袋なんて旅のひとつのアイテムだけれど、寝袋をかついだ旅はとても自由だ。なにより寝る場所に
左右されないのがいい。寝たければどこでも寝られる、それが寝袋をかついだ旅の一番の魅力だ。

早く身体が治って欲しい。治ったら、また旅に出よう。
| SHO | 雑談 | 02:17 | comments(2) | trackbacks(0) |
阪神やっと勝つ
やっと阪神が勝った。連敗中は中日も付き合って負けてくれたので3ゲーム差は変わらず。
これで明日から乗っていってくれると嬉しい。

今日の草津は最高気温27度。東京と比べればはるかに涼しい気候なのだけど、草津としては
驚異的に暑い気温でうだっていた。こういう昼間は寝るに限る。それでも夕方になると豪雨が
降って涼しくなってくれた。それにしても、草津の雨はどうしてこんなに土砂降りなんだろう。

季節が4ヶ月早いけれど、図書館で山下達郎『Season's Greetings』を借りてきている。
クリスマス前には100%間違いなく聞きたくなる音楽。年がら年中、広瀬香美を聞いているから
季節が4ヶ月早いかどうかは関係ないかも。それにしても『Season's Greetings』はいいアルバム。
聞いていると心が豊かになってくる。今は夏なのに、もう冬を待つ気持ちでいっぱいだ。

来月になれば草津はもう秋がやってくる。本当に暑いのは7月から8月にかけての一時期だけだと言う。
今年のクリスマスは草津で迎えるのだろう。今からとても楽しみだ。昨年は大晦日から湯治に来たら
昨シーズン初めての大雪で、元旦はラッセルしながら初詣に行ったんだっけ。今年のクリスマスは
待望のホワイトクリスマスとなるんだろうか。草津の雪はサラサラの粉雪で気持ちがいい。

早くスキーがしたい。草津の冬は長くて、何か楽しみがないとやってられない気候だけれど、
スキーできるのが楽しみで、今から待ち遠しい。
| SHO | 雑談 | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
散髪
昨日、久しぶりに友人とドライブで佐久まで行って来た。友人の子供さんが夏休みで
草津に来ているので、まずは雪窓公園と言う公園へ。芝生の上でバトミントンを
しているとじわっと汗が出てくる。

昨日も(今日も)草津は26度まで上がったのだけれど、下界は28度。それでも
樹間の道を走っていると、北軽井沢や信濃追分の辺りの別荘地は静かだけれど、車があったり
野菜を売っていたりオープンカフェに家族連れがいたりして、どことなく活気があって、
ハイシーズンなのが分かる。この辺りの別荘はみんな高床で(冬に雪が積もるのかな?)、
いかにも女性が好きそうなオシャレ形の木陰の別荘の前にベンツが止まっていたりする。
そういうものを見ているだけで「夏の賑わいだなぁ〜」と思う。それにしても、26度で
暑いとか言っていたら東京には帰れなさそうだ。

佐久のジャスコのすぐそばに友人がよく行く散髪屋さんがあって、そこで2ヶ月ぶりの散髪。
今までは定期的に東京へ帰っていたのでその折りに散髪していたのだけれど、当分は
東京に帰る用事もないし、髪が伸びて、そこから汗をかくのが不快で仕方なかったので
とてもすっきりした。やっぱり夏は短い髪に限るよねぇ〜。

一昨日から今日にかけて草津は温泉感謝祭だった。結局一度も見に行かなかったのだけれど、
最終日の今日の夜は花火が上がって、部屋の窓から見ていた。でも、すぐ終わってしまったのは
さすが草津。隅田川や近所の江戸川の花火大会を想像してはいけないね。

このところ、夜になると豪雨が降ることが多い。数日前にも夕方にものすごいのが降って、
昨日の夜も佐久から帰って晩ご飯を食べてから少し寝ていたら雷の音で目が覚めた。
悲鳴が下の方から上がっていたから、たぶん至近距離に落ちたんじゃないだろうか。
あわてて電源コードをパソコンから抜いて、バッテリー駆動に切り替えて事なきを得た。

今日も夕方に降っていたし、降るときはバケツをひっくり返したような雨が降る。
草津のメインストリートはもともと川筋だったものを暗渠にして作られているので、
豪雨が降ると一気に周囲の台地から水が流れ込んで川のようになる。スニーカーでは
とても歩けないほどの水かさで道路の上を水が流れるのだ。

久しぶりに徳永秀明『Realize』を聞いている。『君の青』『myself〜風になりたい』など、
いい曲が多くて、私は3曲目の『ラバーズ』が特に好き。聞いていると、高専時代に旅した
中国・近畿地方のローカル線の車窓が目の前を流れていく。私が好きな音楽って、
聞いているとローカル線や旅の景色が脳裏に甦るものが多い。『Realize』は1989年のアルバム。
| SHO | 雑談 | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
逆まつげ
ここ何日か右目が痛くて充血していたら、一昨日になって逆まつげが眼球に刺さっている
ことを発見。しかも、よりにもよって涙腺のすぐ上に。けっこうな長さのまつげで、
どうしてこんなものがこんな場所に生えるのだろう…とガックリ。

普通なら眼科に行って取ってもらうところだけど、草津のお湯は眼病に良く効くらしくて
草津には眼科が一軒もないのだ。たしかに逆まつげで病院に行く人がそんなにたくさん
田舎の町にいるとは思えない。逆まつげがまだ白目を刺激しているだけで目のレンズに
当たっていないだけマシなのだけれど、日常生活がやりづらくて仕方ない。

今朝になって、意を決して毛抜きで逆まつげを引き抜くことにした。一歩間違えると眼球を
毛抜きでつついてしまうので非常に危険だけれど、以前に同じ方法でまぶたの裏の目ばちこを
潰した経験がある。照明で目元が完全に見えるように照らして、目一杯涙腺の上のまぶたを
引っ張って逆まつげの根元を眼球から浮かせてそーっと毛抜きを目の中に入れて、逆まつげを
挟んだところで一気に引き抜いた。何度も目の中に毛抜きを入れるのは怖いので、一発で
抜けてくれて良かった〜。

毛が抜けて異物はなくなったはずなのだけれど、まだ目の中に違和感がある。もう一本
生えていたって言うオチは頼むから勘弁して欲しい。
| SHO | 雑談 | 08:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
夏本番
明日は亡くなった姉の誕生日。
特に何かしようとは思っていないけれど、亡くなってから今年で10年になる。
速いもんだ。突然死で私は死に目に立ち会っていないので、今も10年間会って
いないだけのような気がする。年子でほとんど双子みたいに育った姉だったけど、
今はあの世で何をしているだろうか。

朝、起きてから近所のコンビニに歩いていく途中で、鳥と蝉の声が響いてきたので
ウォークマンを外した。自然が身近にあるのが草津の大きな魅力。夏本番でも
気温25度と言うのが草津らしい。暑さが苦手なアトピー持ちとしてはありがたい。
肌の調子は最悪に近い。時々今も膿が出るし、肩や肘の内側の皮膚がボロボロと
鱗のように落ちる。本当に、あと半年以内に治るんだろうか。
| SHO | 雑談 | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
必要以上に飛ぶ打球の卑しさ
今日から7月。

華原朋美の『LOVE BRACE』を図書館で借りてきた。懐かしい。
『keep yourself alive』、『I BELIEVE』、『I'm proud』と小室哲也が絶頂期のサウンド。
10年経って今聞き直してもやっぱりいい。華原朋美の歌がうまいとは思わないけど、
これが小室哲也好みの声なのか。特に高音域が下手で、globeのKEIKOとも共通する声。
globeも1stアルバムの『globe』は大好きなアルバムで持っている。globeも華原朋美も
2nd以降は持っていない。売れると懲りすぎるサウンドになるのが小室哲也の特徴なのか。
TM NETWORKがTMNになってから素直に聞けなくなったのと同じ轍を踏んでいる。

長嶋茂雄さんが7月3日の広島戦を観戦するとか。体調回復はいいことだけど、
マスコミが騒ぎすぎ。現役時代を知る人にとってはすごい選手だったらしいけれど、
私は第二次長嶋政権以降しか知らないのでいい印象は持っていない。FA選手を
根こそぎ巨人に持ってきて著しい戦力不均衡を生み出した野球界の極悪人。五輪監督を
2008年まで続けるとか正気の沙汰じゃない。彼以上に五輪監督にふさわしくて健康な
監督候補は他にいるだろうに。

『週刊ベースボール』の今週号のコラム『豊田泰光の「オレが許さん!」』で、
「東京ドームだけ、明らかに飛び方が違います」と言う西日本のある球団のスコアラーの
話が書いている。東京ドームのボールの飛び方はどう見ても異常。他球場なら入らない
外野フライが、広島市民球場なみの広さの右中間、左中間スタンドに入ってしまう。
巨人にホームランを打たれても、打たれた瞬間にそれと分かる当たりなら納得も行くが
東京ドームのホームランの多くは違う。アンフェアなホームランを見せられると
本当にガッカリ。あんなプレーを見せるなんてお客をなめている。

それと、気になっているのが『週刊ベースボール』に掲載されているミズノの
軟式バット「BEYOND MAX」の広告のキャッチコピー。「つまらない野球をしよう。」
とか「カンでは定位置だったのに。」と言うキャッチコピーは、これも野球選手に
対する敬意が感じられない。打球の伸びが売りの金属バットと言うことは分かるけれど、
プロを目指そうと言う少年野球の選手に向けたキャッチコピーとして恥ずかしいとは
思わないのか。巨人の使う「飛ぶボール」の製造元もミズノだし、その設計開発思想の
卑しさには目を覆うものがある。

必要以上に打球の伸びるホームランなど、たとえ阪神の主催試合でも見たくない。
ホームランはそれに値する打球が生み出してこそ価値のあるもの。巨人戦の視聴率の
低下を嘆く前に、野球界は本当に視聴に値するプレーを観客に見せているのか
考える必要があるだろう。
| SHO | 雑談 | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
Music Batonその後
一昨日付けで書いたMusic Batonの内容を一部訂正。
鈴木祥子『Swallow』とPSY.S『薔薇とノンフィクション』は、Windows Media Player
ではTop5に入っているものの、iTunesを入れるとTop5から漏れるのでiTunesも
合わせた総合ランキングに変更。本当はこれでもまだ完全に正確ではなく、
iTunesのトップは矢井田瞳『My Sweet Darlin'』なのだけれど、これは一時期
ものすごく一曲リピートで聞いていた時期がある、と言うだけで思い入れが
特に深いわけではないのでランキングから外した。Top5に入るような曲は、
どの曲も一曲リピートで聞く時期がある。新たに入れた2曲は共に1980年代の
洋画の主題歌。Limahlの『The Never Ending Story』とIrene Caraの
『Flashdance...What A Feeling』。どちらも思い入れがすごくある楽曲。

少しずつ解説を。
 9 × forever』(槇原敬之)
1996年に「MAKIHARA」名義で発表した『THE DIGITAL COWBOY』から。
全ての楽曲を英語で歌ったアルバムなので、この曲も英語の楽曲。

◆The Never Ending Story』(Limahl)
1984年に発表された同名の洋画の主題歌。映画も大好き。
映画の原作はミヒャエル・エンデの『はてしない物語』。

『Flashdance...What A Feeling』(Irene Cara)
1983年に発表された洋画『Flashdance』の主題歌。
実は映画は見ていなかったりする。

ぁ慇弔い靴困』(石嶺聡子)
2001年のアルバム『クロゼット』から。

ァTake a chance on me』(ABBA)
1977年のアルバム『The Album』から。ベスト盤『ABBA GOLD』に収録。
全米3位獲得。ABBAの全米売上枚数No.1の曲。ABBAの代表曲のひとつ。
ミュージカル『MAMMA MIA!』でもラストの前に登場。

番外
『Swallow』(鈴木祥子)
1989年のアルバム『水の冠』から。ベスト盤『Harvest』に収録。

『薔薇とノンフィクション』(PSY.S)
1988年のアルバム『Non-Fiction』から。ベスト盤『TWO-HEARTS』に収録。

Music Batonの結果に手を入れながら、改めてすごく「正確さ」にこだわる
自分を発見。そこまで正確にやらなくてもいいんじゃない?とも思うけれど、
これが性格なのだろう。思い入れの多い楽曲を挙げるとキリがないので今回は
ジュークボックスソフトウェアの再生カウント数Top5と言う基準で選んだ。
手を加えてこだわり出したら本当にキリがなさそうだ。
| SHO | 雑談 | 02:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日も猛暑
今日も猛暑。本当に暑い。
湯治、特にアトピーの人にとっては猛暑が本当にこたえる。
それでも30度に達しないあたりがさすが草津。標高1200mは
ダテじゃないってことか。日暮れになって、涼しくなって
くると一気に気温が下がるのもさすが草津。本当に、東京
よりもはるかに過ごしやすい気候。冬の寒さに慣れられる
人なら、草津の方が東京よりも住みやすいと思う。私は
草津の気候が大好き。
なんとなく、何にもしない一日。そんな暇ないはずなんだけど。
| SHO | 雑談 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
猛暑
草津に帰ってきたら猛暑。たまらん〜。
東京はなおさら暑いらしい。草津でも気温は28度。
昨日は22度だったからえらい違い。帰省したら
「東京は明日から暑くなる」と親が言っていたけれど、
草津にとっとと帰ってきて本当に正解。長野の気温が
33度もあったのが驚き。もしかすると来年から上田で
なく長野周辺に住むかもしれないので怖れおののく。
いずれにしても、該当進路のホームページを見ながら
結論の出ない一日。上田まで相談しに行きたくても
遠いのが本当に困る。
| SHO | 雑談 | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
目ばちこ
さっき風呂に行ってきて、帰ってきて鏡を見たら右目に巨大な目ばちこが出来て
いました。「目ばちこ」とは関西弁らしく、関東では「ものもらい」って言いますね。
瞼の裏側に膿が溜まって大きく膨らむヤツのことです。

草津温泉は目にいいことでも有名で、町内に眼科は一軒もないそうです。風呂に
入りに行く前に鏡を見た時には何ともなかったのに…。即つぶしても大丈夫な
くらい膿の部分が飛び出していたので、即つぶしました。温泉のすぐそばに住んで
いなかったら眼科に行くところですが。目ばちこが出来たのは1年半ぶりのことです。

瞼や眉毛、胸など、どう見ても中身が薄そうな場所から膿が吹くことが多いんです。
今回も、どうして突然巨大な目ばちこができたんだろう。あんな大量の膿がどこに
隠れていたんだろうかと不思議で仕方ありません。今も右目の視界の隅に残骸が
飛び出していて、なんだか気持ちが悪いです。

また、スパムメールキラーが誤って必要なメールを消してしまうことが初めて発生。
幸いログが残っていたので削除したメールの内容は確認できましたが、許可リストに
加えていなかったメールアドレスからのメールだったので仕方ないですね。
| SHO | 雑談 | 03:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
willcomの大学生CM
先日、テレビを見ていたらwillcomのCMを見てグッと来てしまいました。
大学生になって上京(でしょ?たぶん)したのはいいけれど、友達ができなくて
コンパでも孤立してしまって、でもお父さんからは「元気か?」って電話が
しょっちゅうかかってくる、と言うやつです。URLはここ。

http://www.willcominc.com/corporate/gallery/cm/movie/chichimusume60.wmv

あのCM見て、なんで自分の生活がCMになってるんだ?と思った大学生が相当
いたんじゃないでしょうか。私もいろいろ憧れて大学生になったものの、
現実はうまく行かなくて大学時代は辛かったのを思い出しました。しかも、
私の携帯は本当にwillcomですし。私の大学生活もあんな感じでした。大学を
休学しちゃった今は、振り返ると大学時代の後半はサークルの後輩や先輩に
恵まれたなぁって感謝していますけどね。でも、同級生の友達は最後まで
あまりできなかったな。

willcomの前身だったDDIポケット時代からもう5台目になりますが、今は俗に
京ぽんと言われる、京セラのインターネットし放題の端末を使っています。
だから草津にいてもインターネットの接続は定額でつなぎ放題なんですけどね。
私みたいに長期で実家を離れていて、でも自宅回線引くような状態でもない…
と言う人には本当に便利。

大学生当時は仙台に住んでいたのですが、私が大学に入った当時はH"使いが
相当いたんですよ。私は大学1年の時にdocomoからH"に変えたんですが、大学時代も
後半になるとみんな機種変更でdocomoとかauにしてしまって、最後までH"で
残った人はあまりいませんでしたね。田舎に行くとH"は今もまだ通話エリアが
全然足りないので仕方ないですけど。

あのCM見てwillcomに入ろうかなぁ、って思った大学生が相当いたんじゃないかな?
少なくとも、大学生世代にはすごく身につまされるCMで大学生の共感は得たん
じゃないかと思います。大学生間での知名度も相当上がったと思うし。

安易に安きに流れることなく、でもあのCMの主人公がうまく幸せになってくれると
現実にはうまく行かなかった私としては嬉しいなぁ。ちょっと希望が持てる
気がします。
| SHO | 雑談 | 00:59 | comments(0) | trackbacks(1) |
ご当地チェック
ご当地チェックと言うサイトがあります。

http://www.linkclub.or.jp/%7ekeiko-n/go.html/gototi.html

いろんな「ご当地の思い当たること」を挙げているサイトなのですが、めちゃめちゃ
面白くて笑えます。私自身は兵庫県の出身ですが、あちこち移り住んでいるので、
自分がどの都道府県のご当地チェックをするかの順番で自分の中の意識が分かって
面白かったです。ちなみに、私が覗いてみた順番は

兵庫→宮城→山口→茨城→群馬で、実家のある千葉県は覗いていません。千葉県には
住民票があるだけで、実際に住んだ期間は短いし千葉のことは今も全然知りませんので。
実際に住んだ順番は大阪→神奈川→兵庫→大阪→兵庫→山口→東京→千葉→宮城→千葉
→(現在は群馬?住民票は移していませんが…)です。

私が見たご当地チェックの中に、私の住んでいない県がひとつあります。それは「茨城」。
深く納得してしまったのですが、宮城県のご当地チェックにはこんなものがあります。

● 東京(首都圏)には反骨心はないが、茨城には強いライバル心がある。

たしかに、私も含めて宮城の人って「茨城は南東北」と信じて疑いませんものね。
同様に、千葉県の人は「埼玉は千葉より田舎」と信じて疑いません。だって、
ディズニーランドも成田空港も千葉ですからね。「東京」では断じてありません。

以下、深く納得したものを兵庫県から並べてみます。

●  道路の北を「山側」、南を「浜側(海側)」という。
●  電車は必ず東西方向に走っていると思っている。

西宮出身の人は、普通にそう思っていますね。阪急今津線と甲陽線は例外。

● 大阪空港を伊丹空港と呼ぶ。

大阪では大阪空港と言うのかもしれませんが、兵庫県民は普通に「伊丹空港」です。

● 国道43号の防音壁は意味があるのかと思う。

阪神沿線の西宮・芦屋市民にはよく分かる話。

● 尼崎市は大阪府でもいいと思う。

そう思ってます。だって市外局番が06だもの。

● 六甲おろしの正式タイトルは「阪神タイガースの歌」だということは百も承知だ。

某アーティストのライブで「六甲おろし」を歌ったら会場内の全員が歌えたそうです。

● 阪急線を使ってる自分が好きだ

阪神間の住民は山側ほど偉くて、阪神沿線の人はヒエラルキーの最下層です。
かく言う私は阪神沿線の出身。阪急は一番山側を走っていて、ステータスが高いのです。

次は宮城県です。
● 牛タンには、必ず麦飯とテールスープをセットにしなければはじまらない。

仙台では、麦飯とテールスープなしで食べたことはありません。

● 大衆食堂「半田屋」と「はんだや」に一人で行けない。

これはどうでしょう?私はひとりで行ってましたが。

● 地下鉄南北線は成功したが、東西線はこのままではマズイと感じている。

マズイと思ってますね。この日記でも書いたことがあります。

● 水時計がなくなった今でも「待ち合わせは水時計」である。

今は「水時計跡」って言ってます。

● 「OH!バンデス」のペデストリアンデッキロケにでくわしても、平然と横を通れる。

毎晩のことです。

次に山口県。
● 会話の中で「ぶち」を頻発する。

「ぶち」とは「すごく」の意味。頻発しますねぇ。「ほい」もよく出ます。
「じゃあ」と言うところを「ほいじゃあ」って感じで。

● 語尾に「〜っちゃ」をつけまくり、「ラムちゃんみたい」と言われたことがある。

「ラムちゃんみたい」とは言われたことがありませんが「〜っちゃ」は今も時々出ます。

● 「やまぐち」の「や」にアクセントをおくと山口市、「ま」におくと山口県のことをいう。
● 「岩国」のアクセントは「イ」が高くなる。

どちらもそうです。ちなみに私は周防大島在住でした。

● 大島は、金魚の形に見える。

って言われてます。大島を正式名称の「屋代島」とは誰も言いません。

そして、どうしても付け加えたいのが大阪。これも深く納得…。
● 「スジャータ、スジャータ、白い広がりスジャータ。スジャータが9時をお知らせします」。
時報CMといえばスジャータである。

これ、私は今も歌えます。時報じゃないけど「放出中古車センター」もそう。
今もあのCMやってるのかな?

● 「バーン」と銃で撃つマネをされると「ううっ」っとやられたリアクションで返すのは礼儀だ。
● ボケた後、頭をしばかれても腹が立たない、というよりしばかれるのを望んでいる。

関東にいると、ボケても誰も突っ込んでくれなくてシラーッとした目で見られるので困ります。

● 「ABCDE〜す」正しい読み方を知っている。

「ABCで〜す」じゃないの?

● 家の自転車に「さしたまま傘を立てる棒」がついている。

関西以外では、これ付いてないんでしょうか?

● ♪腹減った〜めぇしくわせ〜♪と、お茶碗をお箸で叩きながら歌ったことがある。

あるある。

● 551という数字を見ると、豚まんかアイスキャンデーを連想する。
● 食べ放題は味わうよりモトを取ることが大切。

551懐かしいなぁ〜。また食べたい。大阪で豚まんと言えばこれ。
食べ放題、飲み放題でモトが取れないと悲しくなりますね。貧乏性?

● 「モータープール」という言葉が他地域では通じないことに軽いカルチャーショックを受けた。

これ「駐車場」のことです。

● 電車の接近表示は二駅手前から表示してあるのが当たり前だ。

関西の電車はみんなそう。東京はなぜ「前の駅を出てから」表示なの?意味ないやん。

● おつり300円を受け取るとき「はい、お釣り300万円〜」と言われたことがある。

これ、東京でも言うよ〜。浅草の浅草寺で言われたもん。

● なんばウォークのことを今でもたまに「虹のまち」といってしまう。
● 同様に、ホワイティ梅田を、今でもつい「ウメチカ」 と呼んでしまう。

今は「虹のまち」とか「ウメチカ」って言わないんですね。知らなかった。

私は一番長く住んだ関西ももう15年近く前に離れているので、本物の地元民には
「こいつ、知ったかぶりしてる」って思われるかもしれませんが、それはどうぞご容赦を…。
それにしても、誰がこんなの考えたんでしょう?うん?と首をかしげるものもありますが、
ほとんどは深く納得してしまいました。面白かった。
| SHO | 雑談 | 02:04 | comments(2) | trackbacks(0) |
蕎麦つゆ入れ忘れ事件
今日の晩ご飯は天ぷら蕎麦。おいしそうなかき揚げがスーパーで安く売っていたので、
家に帰ってからいそいそと作って食べました。

ところが、どうも味が足りない…。蕎麦はちゃんと入っているし、辛味も効いているし、
なぜだろう…。よくよく考えてみて思い出しました!「そばつゆを入れるの忘れた!!」

道理で味が足りないわけです。ドボドボとそばつゆを入れると、なんとか食べられる味に
なりました。食べ終わる前に気づいて良かった〜。

今日はマリーンズが2-1で勝ち。数字以上に少ないチャンスを活かして勝った試合展開でした。
エラーがらみのランニングホームラン(エラーがからんでいるのでホームラン認定は
されないみたいですが)と1アウト2,3塁からスクイズでの2点。せこい点の入れ方と言う
人もいるかもしれませんが、スキあらば点を取っていく姿勢は高く評価されるべきでしょう。

群馬ではタイガースの試合を中継してくれなかったので見られませんでしたが、タイガースも
4-2でオリックスに勝ったようで何より。アニキの31球場目の本塁打は明日におあずけのようですね。

短歌結社の結社内短歌コンクール「心の花賞」の〆切が今月末。リニューアルしてから
もう5年目なんですね。かつて安藤美保さんが第一席を取った結社内賞のリニューアル版です。
今回、初めて応募予定で準備を進めています。短歌研究新人賞の応募詠草に納得が
いかなかったし、まだまだ余力もあるので次の賞に応募することにしました。
短歌研究新人賞は30首詠でしたが今回は20首詠。2/3の量だから詠いやすいかと言うと
そんなことはありませんが、着々と準備を進めていきたいです。

それにしても、良かったと思うのは6月1日〆切の短歌研究新人賞に応募していたこと。
30首をまとめるのに100首以上詠みましたが、その積み重ねがなかったら結社賞に
応募しようとは思わなかったでしょう。先月と今月だけでも歌が少しずつ変わってきて
いるので、今度こそ納得いく作をまとめたいです。

なんて言って、納得いかな〜い!と一生言っているかもしれませんが、それはそれで
いいでしょう。自分の今に落ち着いてしまったら転落するだけだと思います。
| SHO | 雑談 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
四柱推命と空亡その他
今日は日曜日。雨が降ったりして出かける天気じゃないので、ゆっくり朝寝坊してから
久しぶりに四柱推命の占いコーナーを覗いていました。

四柱推命とは生年月日からその人の総合的な運勢を占うと言う占いのひとつで、その人の
現在や未来、あるいは人との相性まで占えると言う占いです。けっこう良く当たるので
私はよく参考にしています。

四柱推命を簡単に紹介すると、生年月日と生まれた場所、時間から運命式と言うものを
構成して、(運命式は一生を通じて不変です)バイオリズムを見るなら見たい時間の
運命式と、相性を見るなら相手の運命式と対照して、その関係から吉凶を占う占いです。
素人では正確に参照することが難しい(すっごくややこしい)ので、私は占いサイトとか
占いの本で出たものを見ています。

四柱推命によると私は昨年と今年が空亡だとか。空亡と言うのは俗に「天中殺」とも
呼ばれている人生のエアポケットで、新規事業とか結婚とか(どちらも幸か不幸か予定が
ありませんが)には凶と言われる時期です。ちょうど私は昨年から今年にかけて体調を
崩して、全ての人生の予定をストップして湯治に入っているので、それで空亡の割には
いい一年を過ごせているのかも。そう考えると、再始動は来年の2月以降なのかなぁと
(四柱推命の「年」は旧暦なので、2月初旬の立春で切り替わります)思っています。

話が変わりますが、スキー行きたいなぁ〜。スキーシーズンが終わって1ヶ月あまり
経ちますが、久しぶりにスキー関係のページを覗いていたら猛烈に「スキー行きたい…」と
気持ちが高ぶってきました。でも、この近辺のスキー場が開くまではあと半年あります。
あと半年、半年後に私は何をしているんだろうか…。

次のスキーシーズンが始まる前には就職していたいと思っていますが、これって、もしかして
四柱推命ではマズイのか!?だって「来シーズンが始まる前」ってまだ空亡ですものね。
あぁ、どうなるんだろう。私の1年後は。

未来を考えても仕方ないので、早く身体が治ることを(&早く社会人に復帰できることを)
祈りつつ、今日もこれから風呂入りに行ってきます。白旗の湯はちょっと食傷気味なので、
今日も煮川の湯。ここは風呂に入った瞬間からものすごく汗が出てくるので、汗をかくことが
治すのに大事なアトピーにはとてもいい源泉です。首の痛みはあまり消えないのですが、
ここはむち打ち症の首にもいいのかなぁ。一応、適応症の中には入っているみたいです。
| SHO | 雑談 | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
T-Blog投稿時のブラウザエラー
昨日から2日連続で、日記を書いて「記事を投稿する」ボタンを押した瞬間にブラウザが
エラー画面になってしまいます。おかげで何十分かかけて書いた日記が2日連続でパー。
投稿できているならまだいいんですけど、投稿できてないんじゃねぇ…。たぶんブラウザの
エラーだと思うのですが、なぜだろう?T-Blogを使い始めて7ヶ月経ちますが、こんな
エラーは初めて。ちなみに使っているブラウザはI.E.ver.6.0の最新バージョン。困った話です。
| SHO | 雑談 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
Windows Media PlayerとiTunes
草津に来てから、パソコンをラジカセ代わりに使っているので必然的に音楽ソフト
(って誤解を招く書き方ですね。音楽再生ソフトです)を使う機会が増えています。
今、私が使っているのはWindows XP標準搭載のWindows Media Playerと、
アップル社のiTunesの2種類。両者はそれぞれ標準の音楽再生フォーマットが
異なっていて(WMPはWMA、iTunesはAAC)両者はそれぞれ互いのプレーヤーで聞く
ことができません。仕方ないので、一部の音楽は両方のフォーマットで持つと言う
不効率なことになっています。iTunesの最新バージョンはWMAファイルをAACファイルに
変換する機能を持っていますので、CDに焼きたい(あるいはその可能性のある)ファイルは
AACに変換しています。これがまたけっこうな数なんだな。

両方で再生できるフォーマットで、なおかつ一般的なフォーマットはmp3です。
しかし、どちらもCDからmp3に一発変換はしてくれないんだな。これが。一度WAVファイルに
変換するのが面倒で(それと、WAVファイルはものすごく容量を食う)、両方を
混用していると「仕方ないか〜」と両方のファイルで持つことになってしまうのです。

もともとは私はWMP使いでした。でも、なぜiTunesを使うようになったかと言うと、
現在のパソコンにiTunesがプリインストールされていたのと、iPodの導入を将来的に
考えているから。そしてもうひとつ、これがとても重要なのですが、ファイルをCDに
焼く時にiTunesはmp3フォーマットのCDを焼くことが出来るのです。WMAには
CDを焼く機能はありませんので、iTunesのこれは大きな特長です。それと、iTunesは
1曲リピートの機能があるので。好きな曲を1曲単位で持つ時に、1曲リピートができない
WMPはすごく不便を感じていました。たしか昔のバージョンでは1曲リピートができた
はずなんですが。

私のCDウォークマンはmp3形式のファイルの再生が可能(最近の機種の多くはそうですよね)で、
mp3ファイルだとただのオーディオCDのフォーマット(WAVファイル)よりも長い時間の連続再生が
可能なのです。私は数日間充電ができないような環境にウォークマンを持ち歩くことが
多いので、これは大きな特長です。なんですが…、まだiTunes導入から日が浅いこともあり、
mp3で焼いたCDは一枚も持っていません。でも、そろそろ焼こうかと考えています。
パソコンを持ち歩かないと聞けない手持ちの音楽があまりに増えてきましたので。

今、パソコンの中に入っている曲は約1500曲。これをCDで持ち歩いていたら本当に大変です。
それがパソコンの中に収まってしまっているんだから、本当に大した時代になったものだと
思います。ハードディスクそのものの耐久性の問題でHDDを使った音楽の保存には消極的だった
はずなのですが、気がついたらHDDなしの生活は考えられなくなってしまいました。
| SHO | 雑談 | 11:52 | comments(2) | trackbacks(0) |
スパムメール対策
スパムメール対策がなかなか大変です。たった今も1時間余りの間に4通も来て、
ホストにログインして削除の作業を行っていました。

私が使っているメールアドレスの中に、スパムメールが非常に多いアドレスが
2つあって、その2つに対しては「スパムメールキラー」と言うソフトで防御を
しています。これはかなり強力でおすすめ。やってきたスパムメールのドメインを
片っ端から登録していけば、次から同じドメインのメールは全て自動削除して
くれます。私の場合、設定時点で2ちゃんねるから落としてきた「スパムメールの
ドメインリスト」も加えているのでさらに強力で、ほとんどのスパムメールは
これでブロックしてくれています。

フリーメールは完全に「スパムメールキラー」にスパムメール対策を依存して
いるのですが、もうひとつのアドレスは私がインターネットデビューの頃に使って
いたアドレスで、さすが有料アドレスだけあって自前のブロックシステムでほとんどの
スパムメールはブロックしてくれます。ただし、そちらには1日平均10件を超える
スパムメールが届くので、9割5分くらいはブロックしてもどうしても何通かは
届いてしまう次第。

大学の方にはそちらのアドレスで登録しているのと、昔から使っているアドレスなので
昔の友達が連絡してくる時に最初の一報はこのアドレスへ送られる可能性が高いので
残してあります。でも、一時期あまりにスパムメールブロックをすり抜けるメールが
多かったので現在のアドレスにメインのアドレスを変更しています。

スパムメールって、こちらは防御しているから読まれる可能性はほぼゼロなのに、
それでもやたらに送られてくるんですよね。なんとか止める手だてはないものかと
思いますが、現状では駆除ソフトを使って受信前に削除してしまう以外に手だてが
ないようです。
| SHO | 雑談 | 01:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
初めてのビリヤード
3日ほど前の話ですが、強風と吹雪でスキー場が一日閉鎖だったので、本当はスキーに
一緒に行くはずだった友人と卓球&ビリヤードに行って来ました。

行ったのは佐久市にある漫画喫茶。卓球するのはすごく久しぶり。学生以来だから
どうかなぁと思っていましたが(私は球技オンチ)、思ったよりはちゃんとラケットを
使えました。ところで、ラケットにも2種類あるんですね。私は両面使えるタイプを
選んだのですが、私の持ち方は片面タイプの持ち方で、ラケットの裏側でスマッシュ
することはできないんだとか。お互いに卓球はそんなに上手じゃないので助かりました。

そしてビリヤード。私はビリヤードは初めてなので、ルールとやり方を教えてもらいました。
やってみると面白くて、また遊びに行きそうです。これも、思ったよりは上手く
棒(なんて言うんでしたっけ?あのボールを突く棒のこと)を操れました。それでも
ボールの下の方を打ってしまって、とんでもないところに飛んでいったりもしましたが。
卓球といい、私の球技オンチは少し改善されたのでしょうか。

最後はダーツ。これは言うまでもないルールですが、1時間もやっていると汗をかきますね。
全部1時間ずつで合計3時間運動したら、身体が火照ってしまいました。

それにしても、漫画喫茶でかかっている曲がほとんどスキー場と同じで、みんな聞いた
ことがある曲ばっかり。どちらも同じ有線チャンネルを流していたんでしょうか。
でもヒットチャートは知らないので、誰の何という曲なのかは全然知りません。
分かったのは平原綾香の『明日』くらいかな。特に興味ある曲がないので、聞いても
調べないでそのままなんですけど。

友人と話していたのですが、我々の世代だとLINDBERGとかPrincess Princessとか
ドリカム、TMN、渡辺美里などなどが共通して知っている曲。広瀬香美や槇原敬之も
だいたい知っていますね。スキー場だと松任谷由美とか広瀬香美が定番でしょうけど、
この冬はとうとうスキー場で一度も聞きませんでした。

なんて書いているうちに聞きたくなって、今は広瀬香美を聞きながら日記を書いています。
今かかっているのは『ストロボ』のシングルバージョン。もう6年前の曲です。
| SHO | 雑談 | 23:20 | comments(2) | trackbacks(0) |
ジョイポリスの事故について
やっぱり今日は雨です。

先日起きた、東京ジョイポリスの遊具転落事故について、感じるところがありました。
それは、「自分の安全は、最後は自分で守りましょうよ」ってこと。

今回の事故は、法律上はやっぱり運営側が過失責任を問われてしまうケースだろうなと
思うのですが、その一方で「安全ベルトが着用できないほど太った人が、そんなアトラクションに
乗るの?」と言うところにそもそもの原因があるように思います。安全ベルトが締まらない
ような人を乗せた運営側も論外だけど、安全ベルトが着用できなかった時点で、そんな
アトラクションに乗る方も論外だと思うのです。

本当なら、どうしても乗りたいのなら、安全ベルトが締められる程度までダイエットしてから
乗るべきですよね。客の安全を守るための安全ベルトが着用できないほど太っている
んだから。運営側の立場にしてみたら、乗客の安全に対して責任を取れないお客に
該当すると思います。死人にむち打つようなことを言いますが、この事故は、被害者に
100%責任がないとはとうてい言えないケースではないでしょうか。

亡くなった方が障害者だったことは今回の問題の焦点ではないと思います。安全ベルトが
装着できないほど太った人は、やっぱり乗せちゃいけないし、本人も乗るべきではないです。
本人にその自覚が欠けていたことが、やっぱり一番マズイんじゃないでしょうか。最低限の
自分の安全は自分で守らなければならないと思います。

私は、もしこういう事故のために、今後同様のアトラクションが中止されるようなことに
なったら、すごく腹が立ちますね。機械が悪いんじゃなくて、全面的に被害者本人と運行者の
人的ミスで起きた事故なのですから。セガには「危ない客を乗せない」と言うことを
徹底した上でぜひジョイポリスの営業を再開して欲しいと願っています。
| SHO | 雑談 | 13:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
ツール・ド・草津
今日の草津は、自転車集団でとても華やいでいます。

明日はツール・ド・草津と言うヒルクライムのイベントがあって、全国各地から
自転車の人が来ているのです。ロードレーサーが多いですが、MTBで来ている人も
見かけます。イベントが開催されるのは明日で、草津市街から白根火山までの上り急勾配を
自転車で上がる、と言うイベントなのです。明日は寒くなりそうですが、天気の方は
良さそう。その代わりでもないのでしょうが、今日は午後になんと雹が降りました。

湯畑周辺に憩う自転車を見ていると、いいなぁ、と思います。私も自転車に乗りたい。
実家に置いてきた自転車には、もう半年乗っていません。来週末は実家に帰るので、
帰ったら整備してあげて、草津に持ってきたいですね。ロードレーサーはフレームが
破損したので現在乗れるのは日本一周に使ったMTBが1台だけですが、舗装道路を
高速でツーリングするためにチューニングしたバイクなので、舗装道路での運転は
すごく楽です。タイヤも少し太いロードレーサーと同じくらいの細さです。

いよいよ自転車の季節かぁ。スキーシーズンが終わったら今度は自転車シーズンですね。
草津にいると、年中スポーツのネタには事欠かないようです。
| SHO | 雑談 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
Webナビゲーションキー無効化
今日の日記、スキーについてかなり長文の日記を書いていたのですが、もうすぐで
終わりと言うところで、またも「Webナビゲーションキー(I.E.の「進む」「戻る」の
ボタンがキーボードのカーソルキーに挟まれた位置にあるんです。Think Pad R50は)」
に触れてしまい、書いたものが全部消えてしまいました。

もうブチッと切れて、先日IBMに問い合わせた「Webナビゲーションキー無効化」の手続きを
取りました。具体的には、最新のドライバをダウンロードして、レジストリを書き換える
作業を取るのですが、自分でレジストリを書き換えるのは初めて。かなりビビリながら
作業したのですが、分からなくて多少やり直したものの無事に無効化に成功。これで
もう「書きかけの日記が消える」ことは二度とないはずです。

それにしても、最新のドライバでWebナビゲーションキーの無効化の技術情報が追加された
と言うことは、私と同じような目に遭って苦情を出したユーザーが他にもいる、と言う
ことなのでしょうね。ブラインドタッチで絶対に押してはいけないキーを、よりによって
カーソルキーのすぐ傍に置いたIBMの設計がまずは責められるべきですが、苦情に対して
該当するキーを無効化する方法を提示して、それが多少の素人でも実行可能であることは
高く評価されるべきでしょう。そもそも、そんなところに不必要なキーをつけるな、
と言う根本的な不満は消えないんですが、無効化することで事実上そのキーを撤去する
ことができるのですから、大したものです。

あぁ、とりあえず今日のスキーの話は重要な話なので、また今日の日記を書き直さなきゃ…。
| SHO | 雑談 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
コートを脱いだ
今日はうららかな春日でした。昨日も今日もスキーに行かなかったのですが、
出かける時に、今日はコートなしで出かけたところ全然平気でした。そんな気温に
なったんですね。

今日は午前中に風呂に入ってから、買い物して帰宅して、何かしようかなぁ〜と
思っているうちに眠くなってきて、寝たら夕方まで寝てしまって、また風呂に行って
野球見ながら晩ご飯食べて…と言う生活でした。平日なのに何にもしてないなぁ。
まぁ、今は風呂に入るのが仕事だから、していると言えばしているんですけど…。

汗をどんどんかいて、早く身体を治して就職できるようにしたいものです。
| SHO | 雑談 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
あんぱんの日
今日は「あんぱんの日」です。セブンイレブンのおばちゃんに「今日は『あんぱんの日』
ですよ〜」と勧められて、思わず買ってしまいました。普段からあんぱんは良く
買うんですけど、このおばちゃんは商魂なかなかたくましくて、セブンイレブンでは
野菜ジュースとヨーグルトしか買わない私に、何かといろいろ勧めてくるのです。
すっかり常連さんと言うわけですが、顔見知りの店員も何人かいて、ほとんど
コンビニってよりも個人商店と言う感じです。

話を本題に戻します。なんでも、4月4日は明治時代の初めの1869年に木村安兵衛と
言う人がパンの中にあんこを入れた「あんぱん」を初めて売り出した日なんだとか。
あんこが日本独自のもの(なのかな?外国で見たことがないんですが)なので、
あんぱんは日本独自に進化を遂げたパンと言うことになりますね。

私はパンが大好きです。もう10年近く前になりますが、外国に行っていた時は寄港先で
パン屋を探し回るのが好きでした。船の中で出るパンもおかわりして食べていましたが、
何しろ長期保存のできるパンでしたので、とにかくおいしくなくて。寄港先で食べる
新鮮なパンがそれはそれは楽しみだったものです。

今は陸上にいるのであんぱんだって普通に食べられますが、考えてみると、いつでも
新鮮なあんぱんを食べられるとは、いい環境に住んでいるものです。
| SHO | 雑談 | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
IBM Think Padへの苦情
今日もスキーに行って来ました…ので、そのことを日記に書いていたら、カーソルを
キーボード上で動かそうとして、矢印キーの隣にあるブラウザの「戻る」「進む」キー
(こんな不必要なものが、IBMのThink Pad R50にはあるのです)に触れてしまい、
ほとんど書き込みが終わっていたものが全部消されてしまいました。画面が変わって
しまったので、元の書いていた画面に戻っても内容は全部消えてしまっているのです。

昨年10月に買い換えたThink Padですが、キーボードに関する限り旧型機種の方が
ずっと使いやすかったぞ!!と言うわけで、とうとう頭に来てIBMに苦情のメールを
書きました。

私は自他共に認めるThink Pad党で、535、240、そして現在使っているR50と
初代のパソコンからThink Padを使い続けているのですが、IBMの売りだった
はずのキーボードの使いやすさ、と言う点については、B5版だったにも関わらず、
以前使っていた535や240の方が現行のR50よりもはるかに使いやすいです。
これはいったいどういうことでしょうか。

良い意味での「IBMらしさ」が消えつつあるのかな、と思います。IBMの売りは、
とにかく質実剛健と言うことに尽きるはず。スッキリしたシンプルなデザイン。
構体だけでなく、キーボードもシンプルで使いやすくて、かつ落としても壊れない
ほどの頑丈さ。それが、何年か前の大衆化路線からおかしくなってきたなぁ…と
思います。キーボードに余分な機能がついて、私のようにほとんどのカーソル操作を
キーボードで行う人にとってはかえって使いづらいと言うか、指が誤って触れる
ことによる誤動作が頻発するのです。特に、カーソル操作で絶対に必要な矢印キーの
すぐ隣にブラウザキーが置かれているのは致命的。矢印キーの↑キーをさわっても
←キーを触っても、指が一歩ずれるとブラウザの「戻る」ボタンに当たってしまう
のです。それでオン書きの長文(例えば、この日記のような)が全部消えてしまう、
と言う事故が今まで何回も起こっています。

中国の聞いたことがないようなメーカーに買収されたし、今後は質がもっと落ちるの
かなぁ、次は別のメーカーのパソコンにしようかなぁ、と思いつつあります。今の
パソコンはまだ買ってから半年しか経っていないので、当分は使い続けるでしょうが。
8年来のIBM Think Padファンとしては、こんな記事を書かなくてはならないとは
悲しくて情けない限りです。
| SHO | 雑談 | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
大学生活について
今日、研究室から電話がかかってきて「休学届、出した〜?」と言われてしまい
ました。速達で発送したので、今日か明日には届くはず。この一年間は半年ずつに
していたのですが、あと半年で大学復帰なんてあり得ないので、今度は一年間の
休学予定で出しました。

私の大学の同級生が今年M2になるのですが、なんだか別世界の人みたい。会えば
別にそんなことはないんですけど。個人個人として会うのと、その人をくるむ環境で
その人を見た場合には、だいぶ感じが違います。

来年に向けて、就職したければどうしたらいい?と言う問題ともうひとつ、大学生活を
どうする?と言う問題もあります。今いる大学は夢を持って選んだつもりだけど、
次に大学を選ぶ時は「最短時間で卒業する」のが最大の目的。夢も希望もないけれど、
大学に5年も在籍していたら「大学を卒業すること」が大学生活の最大の目的になります。
それ以外の理由はいらない。他の人がどう言おうと「大学に入学したからには卒業したい」
のです。理由なんてありません。「入ったからには卒業したい。」ただ、それだけです。

勉強以外の大学生活はサークル活動も趣味も恋愛ももう十分に堪能しましたが、今の
大学の大学生活で唯一できなかったことは「大学を卒業すること」。それだけは
自分の中で悔いが残っているのです。

今の大学を卒業する気はないのか?と言うことも言われますが、全日制しか置いていない
大学なので、今の大学で卒業することはもう考えていません。もう一年休学したのは、
身体を治して就職するまでの時間稼ぎのため。あと一年の間にどう準備する?と言う
ことが自分の中に重くのしかかっています。
| SHO | 雑談 | 18:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
地下鉄新規路線に思う
2月に開業した、福岡市営地下鉄七隈線の利用客が、予想の半分以下だそうです。
2月からって、ちょうど大学生の春休みシーズン(福岡大の近くを七隈線は走って
いる)で定期切り替え前の時期のお客が少ないだけなので、果たして本当にお客が
少ないのかどうかは、もう少し動向を見極めないと分かりません。せめて4月から
5月にかけての利用客を見てみないと。

私は大学時代の4年間は仙台で過ごしましたが(今も休学中なので、身分は一応
大学生ですが…)、朝の一限前に大学に行こうとすると、途中の八木山橋と言う
橋で大渋滞。私の住んでいたところから大学まで行ける道は二車線の道が一本だけで
他に選択肢がないので、バスなんて論外。原付か自転車(山道なので健脚向け)で
通うしかありませんでした。

ところが、仙台市も地下鉄東西線計画と言うものがありまして、私の通っていた
大学の、キャンパスの真下を通過するとか。開業すれば朝から晩まで大学に通うのに
不便がなくなる…と言いたいところですが、私自身は計画に反対です。たとえ朝の
渋滞が解消されたとしても。

理由は3つあります。

まず、「地下鉄なんて出来ると、自家用車や原付を持つための親に対する理由が
なくなるから」。大学生にとっては非常に大きな理由ですが、自家用車にしても
(私の通っていた大学では院生以上じゃないと原則自家用車は不可なんですが)
原付にしても、あると非常に便利なんです。特に深夜の買い物には。仙台は東北でも
雪がほとんど降らないので、原付に乗れない日なんて一年に2週間もあるかないか
と言う程度。仙台は原付向けの駐輪場が完備されているので、市街地に出るにも
原付は非常に便利。大学の授業の10分の休み時間の間に、標高差100mあるふたつの
キャンパスを往復することも多いので、地下鉄が出来たために原付だの自家用車だのの
保有を親から禁止されるような事があっては、それこそ大迷惑です。田舎じゃそんな
ことはないかもしれませんが、うちの親も含めて都会出身者の場合は原付や自家用車の
保有に対して親が消極的と言うか反対している場合があるのです。

ふたつめの理由は「最近の地下鉄は(南北線を見ている限り)初乗り運賃が高すぎる」
から。現在走っている地下鉄南北線の初乗り運賃は200円。市バスだと150円で、
市街地だと初乗り100円になっています。距離から言うと、私の家があった場所から
大学までは市バスで190円。まだ地下鉄の初乗り運賃よりも安い、と言うことに
なります。市街地までだと市バスで250円ですが、同じくらいの値段にはなるのかなぁ?
酔っぱらっても地下鉄で帰れるのはありがたいのですが(私の大学生時代は、
深夜のご帰還はタクシーで家まで帰るか、タクシー相乗りで研究室まで帰って、
研究室で夜明かしして帰ってました)、そもそも仙台の大学生は普通に夜中の
2時や3時や4時まで飲む(ここが東京との大きな違い)ので、いくら終電が遅くても
あんまり恩恵はないかもしれません。

最後の理由は「駅まで歩くのが大変」だから。現状では、うちのキャンパスには
停留所が5ヶ所もあります。雪の日でも、ほとんど歩かないでバスに乗って帰れます。
(ただし、雪の日は原付通学者が全員バスに乗るので超混みます。雪の日くらい
バスを増発してくれてもいいのに…)でも、地下鉄開業後は5ヶ所のバス停が
たった1ヶ所の駅に集約されてしまいます。うちは尾根沿いのキャンパスなので、
高低差がかなりあって、晴れていてもかなりいい運動になります。たとえ徒歩10分でも
雪の日に歩くのは大変。現状と比べて「圧倒的に不便になる」のです。それだったら、
バカ高いトンネルを青葉山に掘るのをやめて、そのお金で市バスの赤字を補填して
増発して値段を下げてくれた方がよっぽどありがたいのに、と言うことになります。

自宅から通う大学生にとっては公共交通機関、特に地下鉄の整備はありがたいかも
しれないのですが、余所から来た大学生で、車やバイク、原付が欲しい大学生に
とっては、地下鉄なんてありがた迷惑、と言う場合も多々あるのです。福岡市営
地下鉄の七隈線も、かなり通学の大学生を見込んでいるみたいですが、福岡も
あの辺は平坦そうだし、私だったら地下鉄なんて不便なだけだなぁ、と思います。

| SHO | 雑談 | 14:04 | comments(4) | trackbacks(1) |
PHS定額プラン
私の携帯電話は、070から番号が始まっています。
つまり「簡易型携帯電話(要するにPHS)」です。今もAir EDGE Phoneを使って、
パソコンとはUSBでつないでいます。ちなみに使っている機種は「京ぽん」こと
京セラのAH-K3001Vです。PHSの本体だけでもパソコンと同じ画面のブラウジングが
出来るし、一ヶ月に何時間インターネットにつなごうと定額なので重宝しています。
湯治なんてしていると、かなりの長期間に渡ってPHS以外のインターネット環境が
ない、と言うことになりますので、定額でインターネットが使えるPHSは本当に
便利です。

と、ウィルコムの回し者みたいなことを書いてきましたが、5月からウィルコム同士の
通話に関しては完全無料になるサービスを始めるとか。携帯電話とか固定電話に
通話する分には使った分だけのお金を払わないといけないようなので、決して
お得なプランとは言えないと思うんですが、例えばカップルで両方がウィルコムの
ユーザーだったりすると、ものすごくお得なプランです。もっとも、そんな例は
ほとんどないと思いますが…。私の周囲にもPHSユーザーはほとんどいませんし。

私自身はデータ通信が使い放題になるプランに入っているので、新しい定額プランに
ついては恩恵をほとんど受けなかったりします。データ通信の使い放題プランは、
音声通話に関しては従量制で使っただけ払わなければならないのですが、そもそも
音声通話の値段を安く設定しているので、音声通話の使い放題プランに入って
携帯電話や固定電話に電話するよりも、特に短い時間の通話なら安いのです。

長電話する人でも相手が携帯なら使い放題プランも定額プランも値段が変わらないし、
私は音声通話を(データ通信に比べれば)ほとんど使わなくて、個人的な連絡手段と
して携帯電話を持っているだけなのです。地震とか起こった時には、PHSの方が
携帯電話よりも繋がりやすいように思いますし。

せっかくの定額プランですが、通話先がPHSと言うのは最も可能性が低いです。だから
カップルや家族間で携帯電話の会社を揃えるようなケースを除けば意味ないんじゃ
ないでしょうか。それよりもデータ通信の使い放題プランを値下げして欲しいです。

私自身にはあんまり恩恵がないのですが、それでも音声通話が完全定額と言うのは
価値がありますね。カップル同士で特に遠距離恋愛の場合は効果絶大だと思います。
そういう客層にターゲットを絞って宣伝すれば、PHS復活ののろしを上げることに
なるかなぁ…と期待しています。

閑話休題。

やっぱりPHSのネタなんですが、先日、PHSの本体を動かすソフトウェアをアップデート
しました。PHSのソフトウェアを自分でインターネットから落としてきてアップデート
するなんて初めてで驚きました。私は昨年9月に買い換えたので「京ぽん」のver.1.5を
使っていて、それを最新のウィルコム仕様のver.1.7にアップデートしました。

で、感想は?ってところですが、データ通信をしている時の表示が少し変わったり、
メールを打っている時の誤変換が減ったような気がする程度です。それでもver.1.5は
相当に重い糞ソフトだったので、アップデートして軽くなったのはいいことですね。

携帯電話の進歩の速度も相当なものですが、バグを取り去ったりした新しいソフトが
公開されていて、自分でアップデートできるようになっているのは親切だと思います。
京ぽんだけでも、発売から10ヶ月くらいの間にver.1.1から1.7までアップデート
されているとは。どう変わったのか、その変遷を公式サイトに書いてくれれば
なお面白いのですが、そんなことはしていないようです。
| SHO | 雑談 | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
春のぼたん雪
今日の草津はぼたん雪が降ってきました。いよいよ春ですね。
うっかりスニーカーで外出したら足がビチャビチャ。こういう時は
ちゃんとスノーブーツで出かけないといけないですね。

昨日から石嶺聡子の『クロゼット』ばっかり聴いています。正確に言うと一曲目の
『青いしずく』と言う曲が好きで、そればっかり。1日で60回以上は聴いていますから、
同じ曲を1日の間に通算5時間以上は聴いていることになります。私は、ひとたび
気に入るとこういう聴き方をよくやります。本当に気に入ったものに対しては
熱しやすく冷めにくい性格なのです。

3月24日に鈴木祥子のベスト盤が発売になると言う情報を今頃になってキャッチ
しました。なにー!知らなかったよ。って公式ウェブサイトをちゃんと見なさい
と言う話なんですが、近々CD屋に行く用事があるので、その時に買います。

今回はエピックソニー在籍時のベスト盤らしいので、デビューの1988年から
1997年までの音源でしょう。一曲目は『Swallow』。これはもう名曲で、ギターの
イントロから始まって、目の前に旅の光景が浮かんでくるのです。鈴木祥子の歌を
聴くと旅愁を感じます。懐かしさ、どこにも帰るところがない感じ、いつも自分が
帰るべき場所を探しているような感じがして、とても共感するところがあるのです。

それにしても、お金をちゃんと節約しなければ…買いたいものがたくさんある
今日この頃です。
| SHO | 雑談 | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
体調不良
草津に帰ってきてから、ちょっと疲れ気味だったのですが、今日は体調が
思わしくありません。鼻がずるずる言って頭も痛くて、風邪を引いたみたいです。
頭がぼ〜っとしています。体中の関節が痛いし。

寒気がするのは身体が冷えているからですね。刺激物として断食後の摂取を
止められていた生姜やニンニクが、明日には解禁になるので、生姜紅茶でも
飲むとしましょう。やっぱりただの紅茶じゃダメみたいです。

そう言いながら風呂には入ってきました。今日は汗をかくために「白旗の湯」に
行って来たのですが、熱い風呂に入っていても、なおかつ身体の中が冷えていて
寒気がするって言うのは困りものですね。もっと汗をかかないといけないんですが。

今日は朝から起きていたんですが、昼ご飯を食べてから夕方まで寝て…と言う
感じでよく寝ていました。疲れているなぁって自分でも思います。断食後は
油ものがダメになったみたいで、あまり油ものを食べたいと思いません。
ますます精進料理ばっかりになってしまうかもしれませんね。

草津へ行く前と比べると、今は数kg痩せています。体重計が正確かどうか自信が
ないのではっきりした数値は言えないのですが、おそらく5kg近くは。昨年の
今頃と比べたら10kg近く減量に成功したようです。もともと、そんなに太って
いたわけではないので、10kgと言っても痩せるのは大変なはず。お腹の肉と顔の
回りの肉が落ちたのはいいことだと喜んでいます。

結果的に生姜紅茶でダイエットしたのは間違いなさそうです。このまま油ものを
抜いて蕎麦ばっかり食べていたら、余計に痩せるのかなぁ?拒食症にならない
程度に、体重を落として行きたいとは思っています。
| SHO | 雑談 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
読書三昧
今週は、ずっと読書三昧な生活をしています。

今読んでいるのは山村雅康さんの『人口減少時代の豊かな暮らしと仕事の場』と
先日ご紹介した『信州で暮らしませんか? 30人が綴るIターン物語』、
そして『ライトマップル 関東道路地図』と『小型全国時刻表2005年3月号』
の4冊。前者2冊はともかく、後者2冊は「それって『読む』って言うのか?」と
言われそうですね。でも、「読む」としか言いようがないくらい目を通すので、
やっぱり「読む」と言うのがふさわしいと思います。

私は地図と時刻表だけで頭の中に旅のイメージが浮かぶので、地図も時刻表も
愛読書として欠かせません。塩田平の写真がインターネットにいろいろ転がって
いるので、それらを見ながら実際に自分が行きたいと思っている場所とイメージを
重ねていくのは、とても楽しい作業です。

繰り返し繰り返し、じっくりと移住、あるいはIターンに関する本を読む時間が
あるのはありがたいです。もちろんイメージと実際との差異はあるでしょうが、
じっくりイメージの上でできるだけ正確に旅をする、あるいは生活することも大事。
そのための正確な情報をなるべく多く手に入れることは、私にとって旅の基本戦術です。

信州にも行きたいのですが、その前に来月上旬には吉野に行くつもりで予定を
立てています。行きのルートは確定しているのですが、どうも青春18きっぷが
3月1日から使えるらしいので、どうしようかな、とプランの練り直しを迫られて
います。

ところで、プランを立てる時に困ったのは、買わざるを得なかったのが
『全国小型時刻表』であること。草津の書店では、私が普段買っている中型版の
『コンパス時刻表』は売っていないのです。本当は、今はもう売られていない
交通案内社の『日本時刻表』の方がいいんだけど、と言うのは余談ですが。

いわゆる大型時刻表は持ち歩くのにかさばるし、JRと高速バス以外の情報を
そんなに使うわけでもないので必要ない。もし必要なら、私はインターネットで
時刻を調べて行きますので。でも、旅行中に小さな駅で下車したりもするし、
それ以前にJR全駅の時刻が乗っているかどうかは読み物としての時刻表の価値に
大きく影響するので、JR全駅が乗った時刻表の方が持ち歩くにしても望ましい。

そんなわけで私は中型版を愛用しているのですが、上に述べたように草津では
中型版を売っている書店がないのです。こういうところは、鉄道の通っていない
街に住むと不便を感じるところです。コンビニで時刻表を売っていない、と言うのも
草津ならではの不便なところですが、買う必要がないからなんでしょうね。

宿泊場所の問題もあり、『ツーリングGO! GO!』誌付録の『全国ユースホステルガイド』を
読みつつ、『全国安い宿情報』を草津に持って来なかったことを悔やんでいたりします。
ユースホステルは公共交通機関が不便な場所にあることも多く、必ずしも使えるとは
言い難いのです。それよりは、駅前の例えばカプセルホテルやビジネスホテルの方が
トータルすれば安かったりもするのです。

最近、食生活を変えて節制しているせいか、身体を冷やす食べ物や飲み物を口にすると
ものすごく身体が冷えると感じるようになりました。例えばコーラ。今日、久々に
飲みたくなって買ってみたのですが、飲んだ瞬間から身体がものすごく冷えて大失敗。
アトピーにはコーラは良くないって聞いていますが、なるほど良くないわけです。
私の場合は汗をかくことが特に有効なタイプのアトピーなので、身体が冷える飲み物は
改めて厳禁のようです。

改めて自動販売機を見ると、ホットの飲み物でも本当に身体を温めてくれる飲み物って
本当にないですね。せいぜい紅茶とか、”おしるこ”とかくらいかなぁ。今までの
自分の感じ方の方が、自然の中では異常だったのかもしれませんが、家に帰ると
生姜紅茶から離れられなかったりします。これは本当に温まるからいいんですけど、
いざ外出して何か飲みたいとなった時には困るんですよね。これからどうしようか、
なかなか悩むところです。
| SHO | 雑談 | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
春の訪れ
すっかり、草津は春めいてきました。
陽射しがとても明るくて、昼間は気持ちいいくらいです。
冬のあの冷たさはどこへ行ったやら。春一番が全国的に
吹いたらしいですが、草津も吹いたのかな?風が強くて
網戸がひとりでに行ったり来たりしていました。

と言っても、昼間ようやく零度を上回るようになったのが
こちらの気温。夜間はまだマイナス7度とか記録されますから
東京の非ではありません。さすが標高1200mです。
でも、体感温度としては東京にいるよりもこちらの方が暖かいかな。
何と言っても、冬の寒さに耐えた後の気温零度ちょっとと言うのは
暖かく感じられるものです。

信州に引っ越したら、こんな気候が当たり前になるのでしょうか。
冬寒いのは堪えますが、草津で一冬過ごしましたので、
だいぶ冬の寒さには慣れたつもりです。最高気温マイナス5度で
最低気温はマイナス10度以下、と言う条件でも、けっこう暖かく
感じたり季節の変化を敏感に感じ取ることができて、寒冷地に
住める自信がつきました。車を運転したら、また別だと思いますが。

もっとも、草津よりも寒いところには行かないでしょう。
草津の前には仙台に4年住んでいましたが、仙台は東北地方では
最も暖かいところと言われていますので、参考になりませんね。

Jリーグの開幕もあと少し。ザスパ草津はJリーグ元年にどんな
成績を残してくれるのでしょうか。GKの小島選手くらいしか
知りませんが、私がよく行くスーパー「もくべえ」にもザスパの
選手が勤めている(ザスパの選手の多くは、試合のない時は
草津町内の観光施設や旅館、スーパーなどで働いています)ので、
とても親近感があります。私のマグカップもザスパのマグカップ。
草津高原ユースホステルでの新春ビンゴ大会で頂いたものですが、
大事に使っています。

草津町民にとって、ザスパ草津はまさに「おらがチーム」なのです。
| SHO | 雑談 | 23:53 | comments(2) | trackbacks(0) |
なんとか勝利
今日はサッカーの日本対北朝鮮戦でしたね。私もハーフタイムから見ていました。
なんとか勝って良かったです。

それにしても気になったのは、出されたパスを受けるべき位置に選手がいなかったり、
思った通りの場所にボールが行っていなかったりするミスが多々見られたこと。
私はサッカーに関しては全く知らないのですが、明らかに途中出場の高原選手や
中村選手の方が国内組の他の選手よりも上手く見えました。出されたパスを受ける
べき位置に受けるべき選手がいたり、ボールを打ちたい場所に打つことができる、
と言うのはサッカーの基本動作のように思うのですが、そうでもないのでしょうか。
もちろん、それを完璧にこなすことは基本でありながらとても難しいんだと思いますが。

今日は、さっきからトロイの木馬の攻撃を受け続けています。私はウイルス対策ソフト
だけでなくファイアウォールも入れているので防いでいますが、これってファイア
ウォールを入れていなかったら侵入されていたってことなのか?と思うとゾッとします。

今日はサッカーを見ていたら玄関のベルが鳴って、大家さんから苺のおすそ分けを
頂きました。とても甘くておいしいです。もう苺の季節が始まっているんですね。

昨日から、昨年交通事故で痛めた首が痛いです。寝転がっているとグキッ。
手を上げた瞬間にズキッ。じっとしていてもズキズキと痛みます。温泉で身体が
活性化されているからだと思うのですが、こんなところも痛むのか、と思うと
ちょっと億劫でもあります。肌の方は、前回の帰り際に膿が吹き出しかけていた
場所が今日になって湿疹みたいになってきました。膿みたいなものは出てきて
いませんが、身体の中で出たがっていた毒素の排出が、ようやく前回の湯治を
終える時点での状態にまで戻ってきたみたいで嬉しいです。嬉しいですって言っても
これからしばらくお湯につかるたびに痛い思いをするんですが。

湯治は効果があるからやっているのですが、身体のすみずみまで毒素を出し切らないと
アトピーは完治しないようです。なかなか辛いところですね。
| SHO | 雑談 | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
ここのサイト名は『藍青』です。
昨日、久しぶりにサイトの整理をしました。
リンクを貼り直したり、ちょこちょこっとサイトの中身をいじっています。
そして、(大きく主張したいのですが)サイトの名前も整理した表示に
変えました。

ここのサイト名は『藍青』です。「晴れ時々日記」というのはコンテンツの
名前であってサイトの名前ではありません。今まですごく紛らわしい表記に
なっていましたが、今後は統一します。

従来、このブログの名前には「藍青 〜晴れ時々日記〜」と書かれてありました。
私は4年半ほど前からブログに変える直前まで「藍青」と言うHPを運営していまして、
その中の日記コンテンツの名前が「晴れ時々日記」であった、そして、更新の頻度が
最も高かった日記のみを残す形でHPを移設した、と言うのが、こんな二重表記の
サイト名になった成り行きです。

「晴れ時々日記」と言う日記コンテンツの名前には愛着がありますので今後も
小さく残しますが、実はこのブログにリンクして下さっているどの方のサイト名も
「藍青 〜晴れ時々日記〜」となっていますので、気がつけば直して頂けると
嬉しいです。よろしくお願いします。ペコリ。 m(_ _)m
| SHO | 雑談 | 18:06 | comments(2) | trackbacks(0) |
急行「かすが」と吉野山の悩み
まだ断食道場への参加許可はもらってないんですが、断食道場に参加できる
ものと仮定して、吉野山に行くプランを時刻表を見ながら立てています。

吉野山に行くのは、集合時間と解散時間の関係で往復とも一泊が必要です。
いや、正確には必要じゃない方法もあるんですが、新幹線を使うとお金が
どんどんかかる(おまけに旅行している時間が短くなる・・・)ので、
今回は往路は鈍行列車で、復路は名古屋から草津直行の高速バスを使う
つもりでいます。こうすると、行きは「ムーンライトながら」で一泊、
帰りは名古屋で一泊が必要、と言うスケジュールが出来上がります。
名古屋には中心部からのアクセスが容易な位置にユースホステルがあるため、
貧乏旅行の宿泊先として好適なのです。

そして、往路の朝か復路の夜に名古屋にいる!と言うことは、急行「かすが」が
利用可能であることを意味します。急行「かすが」とは奈良と名古屋の間を
一日一往復しているJRの急行列車で、今となっては非常に貴重な昼間の急行列車です。
使われている車両がキハ75形と言う快速「みえ」と同じ車両なのは気に入らない
のですが、(車両そのものは好きなんですが、やっぱりキハ58形+キハ65形の
国鉄急行形編成に乗りたかったなぁ・・・)とにかく貴重も貴重。JR中を探しても
他には急行「つやま」「みよし」くらいしか昼行急行は走っていないのです。

名古屋を朝出て夜に名古屋に帰ってくる一日一往復なので、まるで私のために
あるようなこの列車、ダイヤとしては下りが名古屋8:55→奈良11:03で上りが
奈良17:16→名古屋19:26となっています。もちろん全区間で景色が見えるのは
下り列車。しかし!名古屋発が8:55と言うのは、「ムーンライトながら」で
名古屋に到着する私の場合は3時間近く名古屋に滞在することを意味します。
その日は断食が既に始まっていまして、朝ご飯を食べることもできないのです。
ご飯も食べられない往路は、できればさっさと吉野に着いて観光でもして気を
まぎらわしたい・・・と言うのが人情でしょう。だって、吉野には食べ物屋さんが
ほとんどありませんが、名古屋には名物モーニングなるものがあるじゃないですか。
あれ、昔から一度食べたいと思っているんですよね。

じゃあ、帰りに乗れば?と言う話になるのですが、これも問題があって、吉野から
名古屋までJR経由と近鉄経由では運賃だけで1000円ほど違います。「かすが」の
急行料金を入れると2000円も違ってしまいます。吉野から名古屋まで特急を
使った方がまだ安い計算になってしまうのです。今回は貧乏旅行なので、どうしても
これは受け入れがたい・・・。

全く時刻表の読み過ぎいじり過ぎなんですが、私は今、非常に悩んでいます。
「かすが」に乗れる機会なんて滅多にないから乗りたいし、でも空腹でイライラ
している時に「かすが」に乗るのもなぁ・・・。
| SHO | 雑談 | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
よく晴れた日曜日
今日はよく晴れて気持ちのいい日曜日でした。

今日、今回草津に来て初めて「白旗の湯」へ行きました。
「白旗の湯」は私がいつも通っているお湯で、一番混むお湯でも
あるので先週一週間はなんとなく気乗りがしなくて行かなかったのです。
スペアとして「煮川の湯」と言うお湯に通っていましたが、やっぱり
煮川では湯温が低いので白旗に変えました。

風呂から上がって、まだお参りしていなかった草津山光泉寺にお参り。
ここは今もお寺の一隅に弁財天をお参りしていると言う神仏習合の寺で、
関東としては数少ない真言宗のお寺です。「神仏習合」「真言宗」と言う
キーワードから、ここも修験の影響をかつて受けていた寺だと言うことが
分かります。今でも時間湯が行われている「地蔵の湯」の目の前には、
今でも修験者が開いた地蔵堂があります。

光泉寺にお参りすべく、急な石段を登っていくのですが、これが面白くて
冬場の階段は石段の横にある非常階段みたいに穴の開いた鉄の階段を使います。
9月から11月にかけて滞在した時は何なのか分からなかったのですが、
これは雪が積もっても通行できるように、と言うことだったんですね。
雪のシーズン、普段使っている石段は雪が積もってとても歩けなくなるの
ですが、この鉄の階段は下が開いているので歩いて上がれるのです。

階段を上がっていくと、何やら体育会系の叫び声が聞こえます。イヤホンを
外してみると「ザスッパ草津!!」と連呼しています。ちょうど上がり切った
ところで連呼が終わってしまったのですが、本堂の前でザスパのサポーターが
連呼するのをテレビカメラが撮っていたみたいです。オフィシャルサポーターズ
クラブの人たちのようです。地元の人だと思いますが、群馬の女性はけっこう美人が
多くて驚きました。そういえば、うちの大家さんの奥さんも、年は60歳に近いと
思うんですが、今もって相当な美人です。

また草津に来ました、とお参りしてからスーパーに買い物に行こうと思ったの
ですが、今日はすごく天気が良くて、高原状になっている草津の町の、その向こうに
山々がくっきりと見えます。光泉寺から見る草津の山々の景色が私は大好き
なんですが、じっとしているのももったいないので、久しぶりにバスに乗る
ことにしました。私が選んだのは草津町内循環バスのB巡回と言うコース。
前回、1月に初めて乗ったのですが、道が狭くて景色が良くて、どうして今まで
乗らなかったんだろうと思うほどです。しかも運賃は均一で100円なんです。
これは乗るしかないでしょう、と言うわけで乗ることにしました。

15時ちょうど発のB巡回のお客は3人だけ。まともでないお客は私だけのようです。
途中までは長野原草津口に下りるルートをたどるのですが、広い尾根を成して
いる草津高原の雪原と森の向こうにバーンと榛名山が!榛名山まで見えるのは
すごく珍しいのです。さらに渓谷沿いの下りルートに入ると目の前に浅間山が!
浅間山まで見えるのも私は初めて。あぁ、あのコースをたどると鬼押し出しから
軽井沢に抜けるんだなぁ、と羨望の思いで見ました。いつか行ってみたいですね。


バスは井堀と言う集落からメインルートを外れます。すぐに道が狭くなって、
小型のボンネットバスでも十分に楽しめる道幅に。雪原と森の向こうに浅間山が、
と言う景色が延々続くのですが、その間に田畑を抜け、集落を横切り、川を渡って
走るのです。ギアはずっと2速。雪で路面が凍り付いているので、あまり高いギアだと
駆動力を十分に伝えられないのでしょうか。

谷所から分岐する県道と合流するところで、Highland Expressのバスとすれ違い
ました。Highland Expressとは松本電気鉄道のこと。冬は軽井沢からのルートしか
信州から草津に抜けるルートはないので、こちらを使っているのでしょう。
谷所から元のメインルートに合流して、草津温泉のバスターミナルまで33分の
ミニトリップでした。

それから買い物をして帰ったら夕方の4時。すぐにこたつの中で寝てしまって、
起きたらもう夜の9時前でした。
| SHO | 雑談 | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
雪の節分
今日は節分です。でも、特に豆まきをすることもなく一日が過ぎました。
今日は一日中寝てばっかりでした。草津に来てから2日になりますが、
ずっと寝てばかりいます。まだ荷物の片づけも済ませていなかったので、
夜になってから全部片づけました。

片づけや部屋の掃除をする時、愛用して聞いている音楽ってありますか?
私の場合はPSY・Sがそうで、掃除とか片づけの時はいつも聞いています。
他の音楽では(特にenyaなんかは)全く何をする気にもなりませんが、
PSY・Sだけは聞いていると片づけをする気になるのです。

草津に来てからはずっとうどんばかり食べていましたが、明日の朝は
久しぶりにご飯です。玄米を食べているので、夜のうちから仕掛けて
います。

草津に来てから、とにかく何をする気にもならなくて寝てばかりいたの
ですが、そういう自分を許すことにしています。とことん寝て飽きたら
動き出しますから。何かを「しなければいけない」とか常に自分に
プレッシャーをかけてばかりでは疲れてしまいます。「しなければ
いけない」時には、何かプレッシャーになっているイメージがあるように
思います。そのイメージから自由にならないと、結局は肩が楽にならない、
そんなことを思います。
| SHO | 雑談 | 23:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
出発延期
風呂から上がって、スタンバイ状態にしておいた自分のパソコンを
立ち上げてみると、何かおかしいのです。DVDドライブを認識しない・・・。
システムを調べてみるとレジストリが壊れている様子。2時間ほど
頑張ってみましたが、朝の5時にギブアップして寝ることにしました。

起きたのは結局10時。身体からボロボロと皮膚がこぼれ落ちていきます。
今日も用事がまだたくさんあるし、出発準備もまだ全然できていないので
草津への出発を一日延期することにしました。2月1日に草津入りする
ことになりました。

ブランチを食べたらまたウトウトして(無理もありません。2日間あまり
寝ていないので・・・)、午後1時くらいに出発。郵便局、ハローワーク、
鍼灸院、DDIポケットのサービスセンター、本屋、ヨドバシカメラと
回って来ました。

ハローワークで退校手続きが完了。職業訓練校を一度終えると一年間は
再び訓練を受けることはできないのですが、アトピーの完治に一年かかると
言う話ですので仕方ないですね。悲しいですが、退校手続きが終わって
ホッとしたのも正直な気持ちでした。

鍼灸院に行くと、『きっと、よくなる!(本田 健著、サンマーク出版)』と
言う本が置いてありました。読み始めるとどんどん引き込まれていって、
結局一冊読んでしまいました。この本と、アトピー等の治療の本を一冊
買うのが書店に行った目的です。私は秋葉原の書泉ブックタワーに行ったの
ですが、どこに目的の本があるのかさっぱり分かりませんでした。案内が
すごく漠然としていて分かりにくく、エスカレーターを結局最上階の8Fまで
上がってから下りて、書店の店員に聞いてやっと何階か分かった始末。
せめて書籍の検索コーナーでも置いてくれれば分かりやすいのに・・・。
紀伊国屋の方が良くできているな、と感じました。結局、『きっと、よくなる!』は
買えましたが、もう一冊探していた本は買うことができませんでした。

さて、最大の難関はヨドバシカメラ。ここのPC DOCKでパソコンを診てもらったの
ですが、レジストリが壊れているため、いろいろいじってもらったのですが
うまく行かず、工場出荷状態にリカバリしないとダメかも・・・と言う話に
なりました。ダメ元で一週間前の状態にバックアップを復元したところ、
なぜか回復したのでセーフ。2日前の状態に復元した時にはまだDVDドライブが
認識してくれなかったのですが・・・。とりあえず認識してくれて良かった。

そんなこんなで帰宅すると夜の8時半。ご飯を食べてから発送する荷物に取りかかり、
夜中の12時過ぎにコンビニで発送したものの、夕方4時の1日1回しか発送しない
んだとか。ガックリ・・・。どっちみち2回に分けて発送する必要があるので、
まぁいいか、と思いました。

結局、部屋の後片づけまでは手が回らず、また夜中の3時に寝る羽目になりました。
| SHO | 雑談 | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
パソコン新替
昨日、お寿司を食べた帰りにヨドバシカメラで母がパソコンの物色を
していました。買ってからちょうど5年になる現在のパソコンは、
重たいし変な動きをたくさんするのでストレスになっていたのです。

今朝になって母と父でいろいろ打ち合わせて、どうやら昨日目星を
つけていたパソコンの最安値が見つかった様子。NECのLavieなのですが、
テレビ付き(我が家で唯一!)で無線LANを内蔵したものが欲しい様子。
私が明日からいなくなると、以降は3ヶ月間は古いパソコンを使わないと
いけなくなるので、思い切って買い換えることになりました。

午後に父が買ってきて、夕方から私がセットアップ開始。NECのパソコン、
それも初心者ユーザ向けのものはプリインストールのソフトが多くて
メモリをやたらと食うので私は敬遠している(だから、我が家では
母以外は全員がビジネスモデルを使っています)のですが、メモリ256MBでは
足りないようで、ウイルス対策ソフトを入れるとものすごく重くなって
しまいました。父はメモリ256MBで問題なく使っているから増設を考えなかった
ようなのですが、父のパソコンと母のパソコンではユーザの対象が違うので
そりゃそうなんだって。結局、もう一度メモりだけ買いに行くことに
なりました。

その後も母の旧パソコンから新パソコンへのデータ移行などを行って、
全部のセットアップが終わったのは午前2時になってしまいました。
ブツブツ文句めいたものを言っていますが、こうやって家族全員の
パソコンの管理をしていることが結局は私自身のパソコンをいじくる
能力を上げているわけですからありがたいことです。
| SHO | 雑談 | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
私は『アダルト・チルドレン』です。
今日は、家族でお寿司を食べに行って来ました。お寿司を食べてから
錦糸町のヨドバシカメラで姉と母のパソコン関係の買い物につきあってから
帰ってきました。

職業訓練校を辞めたことについて、親との関係がおかしくなっています。
今週から再び身体の毒素の排出期に入って、今は全身が真っ赤に腫れ上がって
います。本当は動くのも辛いほどで、職業訓練校を辞めたことを親を含めて
他人にどうこう言われる状態ではないんですが・・・。中途半端で放り投げた、
と言う結果が気に食わないようです。実際にはTOEICも終わっているし、目標と
していた数字には遠く届かなかったにしても2ヶ月半で一定の成果は得ているので
何ら恥じることはない、と自分では思うんですが・・・。職業訓練校を
泣きながら辞めて、一言のねぎらいの言葉もなかったのは親だけです。

最近、友人からアダルト・チルドレン(以下ACと略)についての本を何冊か
借りて読んでいます。あぁ、自分にも当てはまるなぁ、とすごく感じます。

ACの子供は
1,何でも背負い込む子
2,調整役になる子
3,順応する子
のどれかにだいたいなるそうです。3人兄弟がいれば上の子から1,2,3,の
順になる子が多いのだとか。私は3人姉弟の末っ子ですが、当てはまっていて
3番目のタイプです。

「順応する子」とは、たとえ両親や姉が大喧嘩していても、平気で部屋に閉じこもって
マンガを読んだり音楽を聴いたり、周囲にどんな状況があろうとも自分の世界を
守っている子のこと。私はまさにそうです。

このタイプの問題点は「友達ができない」ことだとか。どんな状況に出会っても
必ず自分を周囲から隔絶された状況に置いてしまうので、人と一緒にワーッと
盛り上がる楽しい場面でも、なぜか冷静になってしまいます。クールなんじゃ
なくて、血が冷たいのです。

私は家族で食事すると少し身を引いて警戒しながら食事をします。特に家族に
アルコールが入ったりすると、絶対に警戒をゆるめません。家族自体があまり
アルコールの量を飲まないのですが、家族とアルコールを飲むのは危険極まりないのです。

なぜ家族で食事するのに警戒するのかと言うと、警戒しないで突然何かが始まったら
食事そのものがつまらないからです。別に警戒して食べる食事がおいしいわけでは
全くないんですが、途中で悲劇に叩き込まれるよりは最初から予期して心の準備を
していた方が自分の心が安全、と言うだけです。

うちの家族は舌がみんな肥えているので、家での食事も外の食事もおいしいです。
でも、僕はもっとマズイ食事でも全然構わないから安心して安全な環境で食事を
食べたいな。僕は寮生活を長くしていたし、大学時代も学食生活をしていたので
マズイ食事をするのには慣れているんですが、「食事そのものがおいしいかどうか
よりも、警戒しないで食事を食べたい!」と言うのが絶対の望みです。食事を
しながら常に警戒しなきゃいけないのは、食事もおいしくないし本当に疲れるのです。

自分がもし親になったら、親が自分にしたようにするんだろうか・・・?と思うと、
怖くてとても子供を作ろうと言う気になりません。だって、子供が可哀想ですよね。
世代間連鎖が続いているのなら、何らかの形で自分の代で断ち切ってしまわなければ
ならない、と思っています。
| SHO | 雑談 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
とうとう皮膚科
今朝は耐え難いほどの感じで、とうとう皮膚科の医者に行って来ました。
あと2週間しのげば草津温泉で湯治に入ることができますので、今回は
2週間だけ症状を抑えてもらうことに。アレルギー症状を抑える薬と
解毒剤と、それに加えて注射をしてもらいました。注射の効果はしばらく
「本当に注射したの?」と言う感じだったのですが、夕方からぐっと楽に
なってきました。でも、副作用なのか身体がとてもだるいです。

あと2週間、長いなぁ・・・。職業訓練が早く終わって欲しいです。

P.S. 今、石嶺聡子の1996年に発売されたアルバム『GENERATION』の
 一曲目『Liberty Girl』を聴いています。この頃の石嶺聡子の曲は、まだ独自色が
 出ていなくて「歌わされている」感じなのでそんなに好きじゃないんですが、
 この一曲目だけは大好き。PHSの着メロにも入っています。
 それにしても、よくこんなマイナーな曲がPHSの着メロに入っているもんだ・・・。
| SHO | 雑談 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
爆発寸前
昨日、あまりに背中の調子が悪いので滞っている血を抜いてもらったら、
それが引き金になったのか、身体の皮膚がガサガサになってしまいました。
かゆみと赤みに加えて悪寒まで始まったので、これはもう限界かな、と
覚悟を決めています。2〜3日中には、再び皮膚の爆発が始まりそうです。
今日だけでも、つぶれた小さな膿は数え切れないほど。こうやって身体が
治っていくのだと知っていても、予想以上のつらさです。
| SHO | 雑談 | 23:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
駅弁大会
今、新宿の京王百貨店で第40回駅弁大会が開かれています。
ずっと興味があったので、行ってみました。

7階の催し物会場が全部駅弁だらけ!いい匂いが充満しています。
実演販売のものの他に、産地直送で今日送ってきた駅弁も販売して
いました。新幹線に積み込んで運んだりしているんでしょうか。
新幹線か飛行機でないと、北陸や北東北の駅弁が昼に間に合うような
ことはきっと出来ないですよね。大館の「鶏めし」、宮古の「いちご弁当」
広島の「しゃもじかきめし」そして何より厚岸の「かきめし」など、
私も食べたことのある駅弁が目白押し。もちろん食べたことのない
駅弁も。みんな、とてもおいしそうです。

あいにく私は昼ごはんを持ってきていましたので、考えた末に
北海道・函館本線森駅の「いかめし(470円)」を買いました。
これならあんまりお腹の足しにならないし、おいしいし安いし。
実演販売でしたので、作りたてホカホカのものを味わえます。

さっそく職業訓練校の教室に持って帰って食べると、うまい〜♪
自転車日本一周で立ち寄って以来、6年ぶりに食べる「いかめし」は
本当においしかったです。みんなの注目を浴びながら幸せを
噛み締めていました。「いかめし」はイカの中にもち米を詰めて
煮込んだ駅弁ですので、思ったよりももち米がずっしりと来て、
持ってきた昼ごはんにプラスして食べたらお腹いっぱいになりました。

でも、後でよく考えると教室に「いかめし」の匂いが充満して
良くなかったかも・・・。一応、教室で飲食を許可する条件として
「匂いのしないものを食べること」とあるんですよね。

| SHO | 雑談 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
腹の立つこと
電車に乗っていると、日野原重明93歳の『テンダー・ラブ』と言う新刊の広告が
目に入りました。

私は、彼の顔が嫌いです。その笑顔をそれ以上オレの口に突っ込まないでくれ、
って感じでお腹いっぱいになります。だって、あの人はいつも同じ笑顔で
本の章立ても愛だ恋だのオンパレードで気持ちが悪いじゃないですか。
広告を見ると背中がゾッとします。

私も幸せになりたいとは思いますが、幸せはなるものじゃなくて気づくものの
ように思います。あのうっとおしい笑顔を見ると「うるさい!」と手を振り
払いたくなるのです。

幸せになりたいけれど、いかにも幸せ100%なものを見せられるとうんざりします。
嘘っぽいと言うか、喧嘩売ってんのかお前、って感じがするのです。見ていて
たまらないのです。

私自身にもある意味で呪いみたいなものがかかっているのかもしれません。
でも、幸せかそうでないかで人生の勝ち組と負け組を他人に判断されている
ような感じがして、「うるさい!」って言いたくなるのです。
| SHO | 雑談 | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
餓鬼阿弥を思う
結局、風呂に3時間も入ってきてしまいました。すっかり夜中です。

私の身体の中で、今もっとも劇症化しているのは頭の上半分と
両方の肩です。頭は髪の毛が生えている部分も膿が吹き出して
いるので、うっかり髪も切れません。両肩は、大晦日から来た時は
左肩が酷かったんですが、今は右肩の方が酷いありさまです。
まともな皮膚の面積よりも膿の吹き出ている傷口の面積の方が、絶対に
大きいと思います。自慢になりませんが、こんなに身体の中で我慢していた
ものが今ようやく出てきたんだなぁ、と思うと感嘆のため息が漏れます。
劇症化している部分だけをお湯につけていると、まるで子宮の中に戻った
ような気持ちよさ。それでも、できるだけ熱いお湯でないと後からかゆく
なるので、お湯に傷口をつけてから馴染むまではかなりの痛みです。

シャーリー・マクレーンの『ダンシング・イン・ザ・ライト』に書いてあった
と思うのですが(はっきりしませんが・・・。彼女の本であることは確かです)
人間の各細胞には、それぞれ古い時代からの記憶が詰まっているそうですね。
湯治をすると言うことは、身体を癒すことでもあるけれど心と言うか精神と
言うか、もっと大きく言えばその人の抱えてきたカルマみたいなものを癒す
ことでもあるんじゃないか、と草津のお湯につかっていると思います。

自分の身体に「今まで辛かっただろう。もう我慢しなくていいよ。」と語り
かけると、身体がそれに応えてくるのを感じます。ものすごい量の膿が私の
肩と頭から出続けていますが、肩や頭の部分の記憶と言うか、カルマを浄化
しているような気さえします。今までずいぶん無理をして負担をかけていた
んだなぁ、と思うと驚くほどです。皮膚をそのままつけるとかなり痛いの
ですが、肩の緊張をゆるめるために、肩をゆるめるツボにお湯を注いでやると
必要のない膿は自然と引っ込んでいきます。

以前は膿が吹き出していた左目の横や左肘からは膿の噴出が止まりました。
まだ完全に止まったわけじゃありませんが、膿の噴出が止まると跡形のような
ものが残ります。そして、膿が出尽くすと自動的に傷口がふさがります。
最終的には、これがかさぶたになって、その下に新しい皮膚が再生される
そうです。

ところで、餓鬼阿弥ってご存じでしょうか。古典『小栗判官』に出てくる、
主人公の小栗判官が毒殺されて行ったあの世から戻ってきた骸姿のことです。
目も耳も口もつぶれて、ただ車に乗っただけの姿で相模国から熊野の壺湯へ
向かうのです。

雪の中をトボトボと湯に向かう自分自身を考えると、まさに餓鬼阿弥そのもの。
顔は瞼の上下とも膿で潰れていて、額もどこにまともな皮膚があるのか探さないと
いけないほど。かさぶたなら可愛いもので、一面に膿が浮き出ています。
行動も、とても20代の俊敏な動きとはほど遠いもので、まるで70歳か80歳に
なったような気分。ひとつひとつの行動をするだけで身体に負担がかかります。
顔を歪め、息を切らさないと着替えもできません。悪寒が酷いのでヨロヨロと
お湯に行く姿もお湯から帰る姿も、とても人目にさらせる姿ではありません。
まさに現代の餓鬼阿弥です。

この劇症期を乗り越えれば快方に向かうと聞いています。いつ私の頭と肩から
膿の噴出が止まるのか分かりませんが、まずは自分の身体に「いつでも、
いくらでも膿が出てきていいよ」と言うことかな、と思っています。
| SHO | 雑談 | 03:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
一日爆睡
昨日は夜に3時間ほど入浴してから即寝てしまい、朝ご飯を食べてから夕方5時まで
寝てしまいました。途中で何度か起きたんですが、疲れて外に行く前に布団へ
逆戻り…で昼ご飯も食べませんでした。今も体がしんどいです。

昨日、風呂に入った瞬間に「体が今まで、こんなに我慢していたんだなぁ」と
感じました。2日分の膿が出ていくのは快感でしたが、風呂から上がって宿まで
戻る道は足腰が立たなくて大変でした。今日もこれから行ってきます。三連休
なのに宿はガラガラで、ゆっくり休めそうです。
| SHO | 雑談 | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
再び草津へ
ただいま高崎駅にいます。

4日に草津を引き上げて家に戻ったのですが、膿の噴出がなおも続くことと、
今が劇症期なのは分かっているので、一刻も早くその状態から抜けるために
たった1日いただけで草津へ戻ることにしました。熱も多少あるし、顔と肩は
無惨に膿が出てきているし、とても人前に出られる顔ではないのですが、
なりふりかまっていられません。悪寒はするし、荷物は重いし、湘南新宿ラインの
特別快速と吾妻線の高崎駅での接続は神業に近いくらい接続が悪いし、とても
しんどいのですが、とにかくあと2時間頑張れば草津です。

普通の人の肌ならなんでもない草津温泉・白旗の湯なんですが、今の私に
とっては全身にオキシドールを塗り込まれるような痛さです。でも、東京に
いてボーッとする頭を抱えながら職業訓練校の授業を受けていても健康になる
わけじゃないし、とにかく頑張って、草津に行って来ます。

| SHO | 雑談 | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
謹賀新年
明けましておめでとうございます。ただいま草津温泉で静養中です。
朝の6時に初詣&初風呂に行ったところ、宿の前の道は一晩で膝下まで
雪が積もっており、立ち往生しかけの車がいる始末・・・。膝下まで
積もった雪をラッセルして白根神社まで初詣に行って来ました。

白根神社でお参りしてから階段を下りて初風呂へ。私は白旗の湯へ
通っているのですが、湯気で全面的に濡れていてびっくり。
昨日からの左腕に加えて、右腕も化膿が始まっているのでさっそく
お湯につけると気持ちいいです。でも、気持ちいいのはつかの間。
だんだんオキシドールを擦り込んだように痛くなってきました。
風呂に入るたびに顔を歪めながら入らないといけない始末です。

それでも風呂から上がり、宿に戻る途中の道がまた辛かった。
本当ならそんなに大変ではないはずの道ですが、体調が悪いので
一歩一歩足を踏み出すたびに背中で疲労物質が揺れているような
感じ。宿に帰ってから朝ご飯を食べて、スキーに行く同部屋の
人を見ながら寝てしまいました。

それでも、2時間半ほど寝てから目覚めると両腕の化膿した部分は
かさぶたに変わっていました。さすがは草津のお湯。白旗源泉だから
これで済んでいますが、他の源泉なら激痛がもっと長く続くんでしょうね。

しばらく実業団駅伝を見てから、草津に一軒だけある無線LANが使える
カフェに来て昼食を取っています。これから風呂にもう一度入って、
宿に帰ってもう一眠りします。しばらくちゃんと眠らないと、すぐに
体調を崩して化膿しかねないような、体調不良の元旦です。

今年も頑張って更新していきますので、「晴れ時々日記」をよろしく
お願いします。
| SHO | 雑談 | 14:49 | comments(2) | trackbacks(0) |
大晦日の豪雪と体調不良
午後に家を出て、冬休みは湯治のために草津にやってきました。
青春18きっぷで来たのですが、新宿からの特別快速は熊谷を出たところで
ストップ。籠原駅手前の熊谷貨物ターミナルでポイント不転換が起きた
とかで車内に閉じこめられてしまいました。

新宿で座れたのはいいのですが、車内は超満員で熊谷を出ても15両の
車内は立客がたくさんいる始末。同じ姿勢で狭いシートに座っている
うちに体調がどんどん悪くなってしまいました。ポイントが開通するまで
20分くらいしか待たされなかったはずなのに、ずいぶん長く感じて
しまいました。

45分遅れでようやく高崎にたどりついたものの、吾妻線の表示が
ありません。吾妻線の列車は高崎始発なので、時間通りに出ていって
しまったようです。本当なら40分も待ち時間があるはずだったのに!!
こんなことなら接続を取ってくれてもいいですよね。

体調がいよいよ悪化してきたので服を脱いでみると、なんと左腕全体が
化膿していました。ちょっと疲れるとすぐに身体の免疫力が落ちるらしく、
本当に困ったものです。化膿した腕はもちろん強張っていてしんどい・・・。

とりあえず30分後の列車で渋川まで先行することに。そうしたら、
渋川行きの列車は私が乗った一時間後の特別快速の接続を取って
遅れて発車。なんのために早い列車に乗ったんだか分かりません。
渋川に着いたものの行く場所もなく、カロリーメイトとエスカップと
言う最悪な大晦日の夕食となったのでした。待合室にいたら寒くて
困りました。暖房は入っているのですが、それ以上に体調が悪くて
辛い・・・。

ようやく来た万座・鹿沢口行き普通列車で夜の8時過ぎに長野原草津口へ。
バスに乗り換えて、草津温泉バスターミナルに着いたのは夜の9時。
荷物を持って夜道を歩く元気はなく、1台だけ残っていたタクシーで
宿に向かいました。バスターミナルから宿までは歩いて20分ほどかかる
ので、夜の雪道はかなり大変です。

宿に着いたものの、既に市街地の温泉に行く元気はなく、沸かし湯の
シャワーを浴びて寝ました。夜12時は寝る前のトイレの中でした。
皮膚の化膿はまだ収まりません。
| SHO | 雑談 | 00:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
クリスマスの大掃除
今日はクリスマスイブ。

今年は生まれてから29年で一番クリスマスと言う意識の薄いクリスマスイブかも
しれません。今年は毎年楽しみにしている新宿駅新南口のイルミネーションも
見に行かなかったし、そんな気にもなりませんでした。子供の頃から20歳過ぎ
まではクリスマスが一年で一番楽しみでしたが、年々興味が薄くなっています。

昨日の夜は職務経歴書とカバーレターを書いていてほとんど徹夜でした。
普通は一ヶ月かかると言われているものを一晩で書き上げるのは本当に
大変で、自分の無力さも経験も含めて向き合わないといけない時間でした。
今日、キャリアカウンセラーの先生に添削して頂いたので、これを週明け
までに仕上げなければ。

勉強とか就職のこともあるし、家族とクリスマスと言ってもリラックスして
帰宅することもできない立場なので、やっぱりクリスマスを祝う気にはならない
のです。常に警戒しながら食べる豪華な食事ほどつまんないものもありません。
早く、質素な食事で全然かまわないからリラックスして食事ができる環境を
手に入れたいものです。それが、私がクリスマスの夜に一番望むことです。

今日は帰宅してから部屋の大掃除にかかっています。しばらく、とてもそこで
勉強する机と部屋ではありませんでしたので(と言いつつやってましたが)。

今日はCARLY SIMONの2000年のアルバム『the bedroom tapes』をかけています。
ありふれたクリスマスソングなんて聴く気になりません。今、このアルバムを
聴いているのは、聴いていると祈るような気持ちになるから。クリスマスの
縁起も歌もはしゃぐのも興味はありませんが、ただ祈りたい気持ちです。
どんな宗教であろうと、祈る気持ちに変わりはないと信じています。
メリークリスマス。
| SHO | 雑談 | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
感染症の恐怖
金曜日以降、身体が寒く感じる状態がずっと続いてきたのですが、
とうとう月曜日に体調を壊してしまいました。

日曜日の昼から鍼に行った時点でおかしく、顔の左半分が
傷になっていて、多少膿みたいなものが出てきていました。
そのまま夜に先輩の結婚披露パーティーに行ったのですが、
それが月曜日の朝になると化膿して、顔の左半分がティッシュを
当てていないと膿が垂れ落ちる始末になってしまいました。
顔の右半分も膿が垂れていて、人目には見せられないような顔に
なってしまいました。

そんなわけで昨日と今日はドクターストップがかかり、職業訓練校
には行けませんでした。血液検査の結果が今日出たところによると、
身体の免疫が落ちたところで雑菌に感染したらしいです。

抗生物質を飲んで2日間よく寝たので傷はかさぶたになってきましたが、
まだまだ眠いです。本当に、疲れて限度を超えたみたいです・・・。
そんなわけなので、また良く寝ます。本当は書きたいネタが
あるのですが、また後ほどと言うことで。
| SHO | 雑談 | 20:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
システム手帳の憂鬱
システム手帳を買い換える季節になってきました。

毎年、この季節になると憂鬱になることがあります。それは私の使っている
システム手帳は滅多に見あたらない、と言うことです。

特にメーカーや銘柄の指定はないのですが、私が毎年使っているシステム手帳は
一ヶ月単位で見開きになっているもの。そして一ヶ月分が曜日別に並んで
いるのではなく、一ヶ月通して並んでいるものです。だいたい値段は
250円から300円くらい。一番安いシステム手帳ですが、私にとっては
これが一番使いやすいのです。

どこが使いやすいかと言うと、一ヶ月単位が一直線の見開きになっているので
一ヶ月のスケジュールのどこにどんな予定が入っているのか一目瞭然で
分かるのです。少し字を書くスペースが小さいですが、私の視力はまだ
1.2を維持しているので問題ありません。ペラペラで薄いからかさばらないし、
値段も安いし、こんないい手帳はありません。

それなのに、本屋に置いてあるシステム手帳は分厚くて一週間とか二週間
単位で予定を管理するものばっかり。値段も高いし、どうしてこんなのしか
置いていないのだろう・・・と毎年憂鬱になるのです。そして、目当ての
手帳を見つけると「おぉ、お前はこんなところにいたのか!」と嬉しく
なってしまいます。

手帳ひとつでも、私は無駄な機能を減らしたシンプルなものが好きです。
250円から300円で、一ヶ月単位の見開き手帳はどこに置いてあるんでしょうね。
| SHO | 雑談 | 00:52 | comments(2) | trackbacks(0) |
IBMパソコン部門売却のショック
火曜日の話ですが、IBMがパソコン部門を売却すると言う新聞記事がありました。

私はパソコンに関しては自他共に認めるIBM党で、歴代のマイパソコンは全部
IBMのThink Padです。現在使っているものは今秋買い換えたばかりなのですが、
これもThink Padを使っています。

Think Padの何が魅力かと言うと、こんなところです。

1,トラックポイントが使いやすい。
2,キーボードが打ちやすい。長時間キーボードに向かっても指が疲れない。
3,丈夫で長持ち。故障しなくて対衝撃性能を常に考えている。
4,シンプルなデザインが好き。真っ黒なボディに赤いトラックポイントが
 チャームポイントで、長年使っても飽きない。

この中で1,だけは他社のパソコンにもスティック型のポインティングデバイスを
使っているものがあるので分かりませんが、2,から4,はIBMならではのもので、
他社に乗り換えるなんてことは全然考えていませんでした。

それが、パソコン部門売却なんて・・・。たいへんショックです。

売却先は中国の新興メーカー。今のパソコンもmade in Chinaではあるのですが、
いざメーカーブランドまで中国に持って行かれるとなると、大変複雑です。

私が一番心配しているのは、「トラックポイント」「キーボード」「対衝撃性能」
「デザイン」と言う4点が今後も維持されるのか、と言うことです。今後も
5年間はIBMの名前とThink Padの名称を使用する予定とのことですが、
ブランド名の維持よりももっと大事なのは、IBMならではの設計思想が今後も
維持されるのか、と言うことです。

私は、IBMのThink Padと言うブランドが保証する「設計思想」が好きで
Think Padを使い続けています。それが名前だけそのままで中身は中国製の
安物パソコンに取って変わられる日がくれば、私は他社のパソコンに
乗り換えるでしょう。そんな日が来ないことを祈っています。
| SHO | 雑談 | 05:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
はじめてのフィットネスクラブ
最近、鍼灸院の院長先生に「サウナへ行きなさい。サウナへ。」と言われて
います。サウナで汗を流すことで、身体に溜まったステロイドを皮膚から
外へ排出するそうです。

月曜日の話になりますが、いつものようにマイクロ波の光線を浴びた後で
フィットネスクラブに行って来ました。親が株主優待券を持っていて、
年内に使わなければならないそうなので、僕が代わりに行かせてもらった
のです。

フィットネスクラブの前にあるオリンピックで運動靴を買って、いざ
フィットネスクラブへ。今回は初めてなので、インストラクターの方に
初めはついてもらってウォーミングアップをしました。それから
「とにかく医者に汗をかけって言われているんですけど」と言うと
自転車こぎを勧められたので、結局1時間ほど自転車を漕いできました。
そうしたら、汗が出るわ出るわ。たちまちTシャツは絞れるくらいに
汗まみれになり、エアロバイクの下には汗で水たまりが・・・。
いかに汗をかいたかと言う話ですね。

それからサウナに行って、水風呂に入ってこれもさんざん汗をかいて、
結局3時間くらいフィットネスクラブにいてしまいました。家に帰って
ご飯を食べるとバタンキューでした。

火曜日になって鍼灸院に行ってその話をすると、「運動しすぎ」とのこと。
鍼を打った日は安静を保たなければならないのですが、それ以外の日だった
ので、まぁいいでしょう。券がまだ余っているので、今週末にも行きたいと
思っています。
| SHO | 雑談 | 00:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
『地球交響曲 第五番』
先週の日曜日に、映画『地球交響曲 第五番』を見に行きました。
この映画は1989年に第一番が公開されてから龍村仁監督が撮り続けて
いるドキュメンタリー映画の最新作です。

「ガイア仮説」と言う理論をご存じでしょうか。イギリスのジェームス・
ラブロックという博士が唱えた仮説で、著書『地球生命圏(工作舎)』から
引用すると

「地球、大気、そして海洋の物理化学条件が、かつてもそしていまも、
生命自体の現存によって積極的に、生命にふさわしい快適なものに
保たれているとする仮説」

のことです。簡単に言えば「地球は、それそのものがひとつの生命体として
積極的にその環境を保っている」と言う仮説です。

今回のテーマは「全ての存在は繋がっている」と言うことです。さらに
「誕生と死」そして「再会」と言うチャプターに分けて、現在の時代と
未来に向けた展望を描いています。

この映画のシリーズは、常人では為し得ないような業績を残した数人への
インタビューで成り立っています。そして、未来に向けた何らかのメッセージを
毎回のインタビューの中で語っています。今回の出演者は染織作家の
石垣昭子さんと哲学者、未来学者、音楽家のアーヴィン・ラズローさん。
詳細は映画を見てのお楽しみとさせて頂きますが、なかなか感じるところの
あるメッセージを発しています。

今、地球は、そして人類はまさに陣痛の真っ直中にいる、陣痛の苦しみを
経て、今まさに新しく生まれ変わろうとしていると言うのが、この映画を
通じて私が受け取ったメッセージでした。私自身、20代を通じて長く苦しい
トンネルの真っ直中を今もまだ走り続けています。でも、このトンネルは
いつかは終わる、そのことを信じたい、信じようと思い生きているのです。

この映画の中で、奈良県天川村にある天河大弁財天社の夏季大祭の様子が
出ています。私も2年前に観月祭に参加させて頂いたことがありますが、
天河神社はこの映画との関わりが深く、毎回の『地球交響曲』のポスターが
境内に展示されています。霊的な力を回復させたい時に行きたい、そんな
場所です。
| SHO | 雑談 | 00:19 | comments(2) | trackbacks(2) |
鍼灸はストレスに効くのか?
今日も夕方から鍼灸に行って来ました。今日は鍼を打たずに光線だけ
当てて帰ってきました。ただしただの光線ではないらしく、好転反応が
ものすごくて、今は書きながらすごく眠いです。

なんでも皮膚の上から光を当てて皮膚の中の患部を焼いているんだとか。
今日はかゆいところを5ヶ所も焼いたので、それで疲れているんでしょうね。
晩ご飯を食べるのに今日は2時間半もかかってしまいました。身体が鈍くて
とても勉強するどころじゃありません。まだほとんど終わってないのに。

今、鍼を打ったり光線を当てたりするたびに汗がものすごく出てきて
終わった後の30分くらいは服を着られません。ものすごく暑いんです。
皮膚がゴワゴワとして、いかにも古い皮膚って感じになります。
自分の身体が内部から生まれ変わりつつある感じがするので、効果は
出てきているのでしょう。

私はアトピー性皮膚炎に悩まされているのですが、私のアトピーは
ストレスから来るものだと先生には言われています。体質を変えない
限り完全には治らないそうです。今は野菜生活をしていて、魚は
いいのですが肉は食べられない、と言う生活です。だから食事には
すごく制限があって不便なのですが、健康には代えられません。

結論を言えば、鍼灸はストレスに効くだろう、と私は思います。
草津の湯に1ヶ月半浸かっても治らなかった右手首の炎症が
たったの3日間で引き始めているのを見ると、治るのでしょう。
身体の内部から焼くと言うのも、きっといいことなのだと思います。

できれば、身体の中に蓄積しているだろう宿便も落としたいところ
ですね。断食で宿便を落とす方法が、11月15日に取り上げた
『はじめての修験道』と言う本に書いてあります。修行の一環と
しての断食らしいので、ぜひ来年は参加したいものです。
身体の奥からスッキリと、新しい時代を迎えたいものです。
| SHO | 雑談 | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
Blog Rankingの不思議
Blog日記にもランキングがあるそうです。
今年になって雨後の筍のように出てきたブログ日記。私のサイトも
移転と同時にブログ日記に変えましたが、ホームページにもあるような
アクセスランキングと言うものがブログ日記にもあります。
私が先ほど見てきたのはBlog Rankingと言うサイトです。

私の日記はアクセスランキングには登録していません。アクセス
ランキングに左右されて自分を見失うのが怖いからです。
もともと文章を書くのが好きなので、今でもパソコンの前で日記を
書いている時間は長いです。1日に1〜2時間座っていることもあります。
アクセスランキングなんて気にしだしたら、それがもっと長くなる
だろうな・・・と思うので。

私はブログ日記のアクセスログを毎日読んでいます。テーマが毎回
変わることもあって、読者層はかなりバラバラ。書いたテーマについての
評価が数字と言う形でかなり正直に表れてくるので、「この文章は
どうしてアクセスが少なかったのだろう」と考えることは自分の文章を
磨く上でとてもいい勉強材料になります。

ちなみに現在の私の日記ページのアクセスランキングの上位3位のうち、
トップはブログ日記初日の『はじめまして(2004/11/12)』ですが、
2位と3位はどちらも書評を書いた時で

『列島縦断 12000km 最長片道切符の旅(2004/11/16)』

『はじめての修験道(2004/11/15)』

です。前者は人気の高かったテレビ番組と連動しているのである程度の
アクセスを予想していましたが、後者は全く意外でした。修験道に興味を
お持ちの方が、潜在的には多くいらっしゃると言うことでしょうか。

このブログ日記は、現在Blog Rankingの各部門の50位(50位ともなると、
だいたい各部門が同じくらいのアクセス数になるようです)より少し
低いくらいのアクセス数があります。もう少し増えてくれると嬉しい
ですが、自分としてはまずまず満足圏内の数字です。

これからも、思わず読みたくなるようないい文章を書いていきたいと
思っています。これからも、どうぞご愛読よろしくお願いいたします。
| SHO | 雑談 | 14:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
『結婚したい症候群』の理由(わけ)
今日はバイトでした。バイト先の上司の結婚式なので、バイト先は
今日はガラガラでした(こんな日だから結婚式なんですが)。
それにしても、東京はよく晴れて良かった。

社内結婚なので新郎新婦ともに私はよく知っていて、朝、出勤の
電車の中からお二人あてに携帯メールでHappy wedding!!と送ったら
すごく感激されて、後でバイト先に電話がかかってきました。
来月に身内でパーティーをやるので、その時が今から楽しみです。

先日、書店で雑誌『ダ・ヴィンチ』を売っていて、思わず買って
しまいました。その名も「なんでわたし今、結婚したいんだろう」。
読んでみるとけっこう女性誌っぽくて(事実、女性誌なんですか?)
結婚していない女性向けの記事がたくさん書いてありました。

とりあえず、タイトルを並べてみます。
「わたし今、結婚したいかも」
「わたしが結婚しようと思ったとき」
「どうして『今』なのか、考えてみました」
「どんな結婚がしたいのか・・・自分に合った結婚はどれ?」
「結婚ブックガイド」

中身はマンガとか結婚した作家数人の話とか、読者アンケートとか
世代別、思考別の現代結婚指南など。基本的に女性向けですが、
男性も考えていることは大して変わらないので読んで楽しめました。

私は今29歳です。この年齢になるとさすがに焦りませんが、少し前
までは私もすごく焦っていました。当時、私は大学にいて、20代後半で
独身だし周りは第一次結婚ラッシュだし、卒業できる当てもないけど
元の仕事にも戻れない・・・と言う無間地獄の真っただ中にいました。
その頃に、よく「結婚したいなぁ」って思っていました。

「結婚したいなぁ」ってよりも「家に帰って安心したいなぁ」って
言った方がたぶん正確だったろうと思います。独身で一人暮らしだと
どうしても家に帰ってから大学に行くまで誰とも話をしませんから。
ホッとできる環境と言うか、同年代ならではの悩みを共有できる人が
いなかったから、なおさら結婚したかったんだなぁ、と思います。

この雑誌を読んで安心したのは、たくさんの人が「結婚したい」とは
思っていると言うことです。男女ともに初婚の平均年齢は上がりつつ
ありますが、別に結婚したくないわけじゃないけれど、気がついたら
この年齢になっていた・・・って人がけっこう多いんじゃないでしょうか。

今日、友達からメールが来て、別の友達も先日結婚したそうです。
教えてくれた友達も今年結婚したばかりですし、あぁ、こんな話を
聞くと自分も早く結婚したいなぁって思ってしまいますね(笑)。
自分は頑張って就職してからかな、と今は思っています。
| SHO | 雑談 | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) |