藍青

〜晴れ時々日記〜 SHOがつづる短歌、旅行などなどの日記です。
香川県に住んでいるバイク好きです。愛車ヤマハYZF-R6の話も、書いていきます。
CALENDER
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+RECOMMEND
+SELECTED ENTRIES
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
北海道に移り住んで

5LuK5pel44Gv5Ye655m65YmN44GrQUlSIERP44Gu44Kr44Km44Oz44K/44O844Gn44CM6YGT5rCR
5Lya5ZOh55m76Yyy44CN44KS44GX44G+44GX44Gf44CC5LuK5bm044Gg44GR44GnN+WbnuebruOA
geaYqOW5tDPmnIjjgYvjgokyMeWbnuebruOBrkFJUiBET+aQreS5l+OBp+OBmeOBjOOAgeOBneOB
huiAg+OBiOOCi+OBqOOCiOOBj+S5l+OBo+OBpuOBhOOCi+OBquOBgeKApuOAgg0KDQox44O25pyI
5Y2K44GnNOWbnuW4sOOBo+OBpuOAgeOBhOOBpOOCguOBruaWsOWNg+ats+epuua4r+OBq+OBhOOB
puOCguOAjOOCj+OBgeOAgeOCq+ODi+OBoO+8geOCpuODi+OBoO+8geW4sOOCiuOBruapn+WGheOB
p+OBiuW8geW9k+mjn+OBueOCiOOBhu+8geOAjeOBqOOBquOCieOBquOBhOOBk+OBqOOCguWHuuOB
puOBjeOBvuOBl+OBn+OAgg0KDQrku4rml6Xjga/lh7rnmbrliY3jgavljYPmrbPjgafjgYrlr7/l
j7jjgpLpo5/jgbnjgabjgYTjgabjgYrohbnjgYzmuJvjgaPjgabjgYTjgarjgYTjgajjgYTjgYbk
uovmg4XjgoLjgYLjgorjgb7jgZnjgYzjgIHjgaDjgpPjgaDjgpPjgajljJfmtbfpgZPjgavjgYTj
govjgZPjgajjgYznibnliKXjgarkvZPpqJPjgafjga/jgarjgY/jgarjgaPjgabjgYTjgovmsJfj
gYzjgZfjgb7jgZnjgILljJfmtbfpgZPpmZDlrprjga7llYblk4Hjgavjgqzjg4Tjgqzjg4TjgZfj
garjgY/jgarjgorjgb7jgZfjgZ/jgIINCg0K5LuK5pel44Gv5qmf5YaF44Gn44CM44G544GT6aSF
44CN44KS6aOf44G544G+44GX44Gf44CC44CM44G544GT6aSF44CN44Gj44Gm44Gq44KT44Gg44GL
5YiG44GL44KK44G+44GZ44GL77yf5pys5bee44Gn44Gv6KaL44Gf44GT44Go44GM44GC44KK44G+
44Gb44KT44GM44CB6buS57OW44Gj44G944GE5ZGz44Gu5qih5qeY44GM5YWl44Gj44Gf5a2j56+A
6ZmQ5a6a44Gu6aOf44G544KC44Gu44KJ44GX44GE44Gn44GZ44CC5ZGz44Gv576O5ZGz44GX44GL
44Gj44Gf44KT44Gn44GZ44GM44CB5p+P6aSF44Gr5Ly844Gf44KI44GG44Gq5oSf6Kem44Gn44GX
44Gf44CCDQoNCuiJr+OBhOS8keaXpeOBp+OBl+OBn+OAguaYjuaXpeOBi+OCieOBvuOBn+mgkeW8
teOCjeOBhu+8gQ==
| SHO | 携帯から | 19:31 | comments(1) | - |
快勝

5YyX5rW36YGT44GL44KJ5qiq5rWc44Gr5oi744KL5qmf5YaF44Gn44GZ44CCDQoNCuaJk+OBpOOB
ueOBjeS6uuOBjOaJk+OBn+OBquOBj+OBpuODouODpOODouODpOOBl+OBpuOBhOOBn+aYqOaXpeOB
ruippuWQiOOBqOmBleOBo+OBpuOAgeS7iuaXpeOBr+WIneWbnuOBi+OCieeMm+aJk+eIhueZuuOA
geaJk+iAheS4gOW3oeOBrueMm+aUu+OBp+OBl+OBn+OAgg0KDQrpmb3lsrHpi7zjgajjg6zjgqLj
g7zjg4njga4y44Op44OzMueZuuOBp+WIneWbnuOBqzTngrnjgpLlhYjliLbjgZnjgovjgagy5Zue
44Gr5Lit55Sw44Gu44Ob44O844Og44Op44Oz44CC44Gd44Gu5b6M44KC5Lit5bO244CB55Sw5Lit
6LOi44CB6L+R6Jek44CB6Zm95bKx6Yu844CB44OP44O844Of44OD44OA44Go5qyh44CF44Gr44K/
44Kk44Og44Oq44O844GM5Ye644GmNeWbnuOBvuOBp+avjuWbnuW+l+eCueOBrjE35a6J5omT44CB
MTHvvI0x44Gu44Ov44Oz44K144Kk44OJ44Ky44O844Og44Gn44GX44Gf44CCDQoNCuaoqua1nOOB
ruaaruOCieOBl+OBr+aDs+WDj+OCiOOCiuOCguOBr+OCi+OBi+OBq+alveOBl+OBj+OBpuOAgeWu
n+OBr+OBn+OBvuOBq+OAjOOBk+OBruOBvuOBvuaoqua1nOOBq+S9j+OCk+OBp+OCguOBhOOBhOOB
i+OBquOAjeOBqOaAneOBhuOBj+OCieOBhOOBquOBruOBp+OBmeOBjOOAgeWNg+ats+OBq+W4sOOB
o+OBpuOBj+OCi+OBqOOAjOOBhOOChOOAgeaoqua1nOOCguWlveOBjeOBoOOBl+e0oOaVteOBoOOB
keOBqeOAgeOChOOBo+OBseOCiuWNg+ats+OBjOOBhOOBhOOAjeOBqOaAneOBhOebtOOBl+OBvuOB
meOAgg0KDQrjgarjgpPjgaDjgo3jgYbjgILljYPmrbPjgavluLDjgaPjgabjgY/jgovjgajjg5vj
g4PjgajjgZnjgovjgZfjgIHlhYPmsJfjgavjgarjgorjgb7jgZnjgIINCg0K5qiq5rWc44GM44Gd
44GG44GY44KD44Gq44GE44CB44Gj44Gm44KP44GR44Gn44Gv44Gq44GE44Gu44Gn44GZ44GM77yI
44CM5p2x5Lqs44GY44KD44Gq44GP44Gm5qiq5rWc44Gn6Imv44GL44Gj44Gf44CN44Go5q+O5pel
5oCd44Gj44Gm44GE44KL44GP44KJ44GE44Gn44GZ44GL44KJ77yJIOOAgeOChOOBo+OBseOCiuWN
g+ats+OBq+W4sOOBo+OBpuOBj+OCi+OBqOmBleOBhuOBruOBp+OBmeOAguW/g+OBruW6leOBi+OC
ieOBr++9nuOBo+OBqOaBr+OCkuOBpOOBkeOCi+OBqOOBhOOBhuOBi+OAgeOAjOWMl+a1t+mBk+OB
q+S9j+OCk+OBp+iJr+OBi+OBo+OBn++8geOAjeOBqOaAneOBhOOBvuOBmeOAgg0KDQrjgarjgpPj
gaDjgo3jgYbjgILljJfmtbfpgZPjga7mma/oibLjgpLopovjgovjgajlronlv4PjgZfjgb7jgZnj
gILjganjgZPjgYzjganjgYblronlv4PjgZnjgovjga7jgYvjgIHjgaHjgoPjgpPjgajoqqzmmI7j
gZnjgovjgZPjgajjgYzjgafjgY3jgb7jgZvjgpPjgYzjgIHni6znibnjga7lhrfjgZ/jgYTnqbrm
sJfjga7ljILjgYTjgpLll4XjgYTjgaDjgorjgIHnqbrmsJfjga7mhJ/op6bjgpLmpb3jgZfjgpPj
gaDjgorjgIHnqbrjga7pq5jjgZXjgoTluoPjgYTlpKflnLDjga7luoPjgYzjgorjgpLmhJ/jgZjj
govmmYLjgavjg5vjg4PjgajjgZfjgb7jgZnjgII=
| SHO | 携帯から | 19:40 | comments(0) | - |
2地域居住、本格運用開始

5YyX5rW36YGT44Gr5L2P44G/44CB5qiq5rWc44Gn5YON44GP44Go44GE44GG44Op44Kk44OV44K5
44K/44Kk44Or44KS5aeL44KB44GmMeODtuaciOOAgg0KDQoz5pyI44GvM+WbnuebruOBruWMl+a1
t+mBk+OBr+OAgeWIneOCgeOBpuOAjOmHkeabnOaXpeOBruWknOOBq+acgOe1guOBrumjm+ihjOap
n+OBp+WNg+ats+OBq+W4sOWuheOBl+OBpuOAgeaXpeabnOaXpeOBruWknOOBq+aoqua1nOOBuOaI
u+OCi+OAjeOBqOOBhOOBhjLlnLDln5/lsYXkvY/jga7mnKzmnaXjga7jg5Hjgr/jg7zjg7Pjgafj
gZnjgIINCg0KM+aciOOBqzPlm57jgoLluLDjgovku6Pjgo/jgorjgas05pyI44GvMeWbnuOBl+OB
i+W4sOOCiuOBvuOBm+OCk+OAguasoeWbnuOBr+mHkeabnOaXpeOBruWknOOBrumjm+ihjOapn+OB
jOODkOOCq+mrmOOBi+OBo+OBn+OBruOBp+Wcn+abnOaXpeOBruWni+eZuuOBrumjm+ihjOapn+OB
p+W4sOOCi+OBruOBp+OBmeOBjO+8iOOBu+OBvOWNiumhjeOBruWApOauteOBp+OBme+8ieOAgemj
m+ihjOapn+OBruWApOauteOBjOmrmOOBhOe5geW/meacn+OBr+OAgeOBk+OBoeOCieOBruODkeOC
v+ODvOODs+OCguWil+OBiOOCi+OBi+OCguOBl+OCjOOBvuOBm+OCk+OAguacrOW9k+OBr+mHkeab
nOaXpeOBruWknOOBq+W4sOOCiuOBn+OBhOOBruOBp+OBmeOBjOKApuOAgg0KDQrku4rml6XjgYvj
gokz6YCj5oim44CB5ZCN5Y+k5bGL44Gu55+l5Lq644GM5pyt5bmM44OJ44O844Og44Gn44OV44Kh
44Kk44K/44O844K65oim44KS6Kaz5oim44GX44Gm44GE44G+44GZ44CCM+aXpemWk+OBruWMl+a1
t+mBk+OCkuWFqOOBpuODleOCoeOCpOOCv+ODvOOCuuOBq+iyu+OChOOBl+OBpuOBhOOCi+OCiOOB
huOBp+OBmeOAgg0KDQrjgZ3jgozjgoLntKDmmbTjgonjgZfjgYTjgZPjgajjgafjgZnjgYzjgIHn
p4Hjga/mmI7ml6XjgajmmI7lvozml6Xjga4y6Kmm5ZCI44KS6Kaz5oim44Gn44GN44G+44GZ44GM
44CB6Kaz5oim44Gv5piO5pel44Gg44GR44Gr44GZ44KL44Gk44KC44KK44Gn44GZ44CCDQoNCuWM
l+a1t+mBk+OBq+W8leOBo+i2iuOBmeebtOWJjeOBq+OAgei7iuOBjOOCqOODs+OCuOODs+OBruOC
rOOCueOCseODg+ODiOOBi+OCieW+rumHj+OBruayuea8j+OCjOOCkui1t+OBk+OBl+OBvuOBl+OB
n+OAguW+rumHj+OBp+i1sOihjOOBq+OBr+W9semfv+OBquOBi+OBo+OBn+OBruOBp+WMl+a1t+mB
k+OBvuOBp+WbnumAgeOBl+OBpuOAgeWNg+ats+OBrui7iuWxi+OBleOCk+OBq+OBk+OBrjLpgLHp
lpPjga7plpPjgavkv67nkIbjgZfjgabjgoLjgonjgaPjgZ/jga7jgafjgIHmmI7ml6Xjga7mnJ3k
uIDnlarjgaflj5fjgZHlj5bjgorjgb7jgZnjgIINCg0K6KGM5pS/6Zai5L+C6ICF44KS6Zmk44GE
44Gm44CB56eB44Gu5Y2D5q2z5biC5YaF44Gu5pyA5Yid44Gu55+l44KK5ZCI44GE44Gn44GC44KL
6KGM44GN44Gk44GR44Gu5bGF6YWS5bGL44Gu44GU5Li75Lq644Gr57S55LuL44GX44Gm6aCC44GE
44Gf44Gu44Gn44GZ44GM44CB5LuK5b6M44KC44CB44GT44Gu6LuK5bGL44GV44KT44Gn44GK5LiW
6Kmx44Gr44Gq44KN44GG44GL44Gq44Go5oCd44Gj44Gm44GE44G+44GZ44CC6KGM44GN44Gk44GR
44Gu44GK5bqX44KC5Y2D5q2z5biC5YaF44Gn5L2V6LuS44GL5o6i44GV44Gq44GE44Go44GE44GR
44G+44Gb44KT44CC56eB44Gv5Y2D5q2z5biC44Gr5L2P44KT44Gn44GE44KL44Gu44Gn44GZ44GL
44KJ44CCDQoNCui7iuOCkue2reaMgeOBmeOCi+OBn+OCgeOBq+OCgui1sOOCieOBquOBhOOBqOOB
hOOBkeOBquOBhOOBl+OAgembqumBk+mBi+i7ouOBrue3tOe/kuOCguOBl+OBquOBhOOBqOOBhOOB
keOBvuOBm+OCk+OAguOBneOCjOaKnOOBjeOBp+OCguWMl+a1t+mBk+OBq+OBr+i1sOOCiuOBq+ih
jOOBjeOBn+OBhOWgtOaJgOOBjOOBn+OBj+OBleOCk+OBguOCiuOBvuOBmeOAgg0KDQrljJfmtbfp
gZPml6XmnKzjg4/jg6Djg5XjgqHjgqTjgr/jg7zjgrrjga7lrZjlnKjjga/lpKfjgY3jgYTjgafj
gZnjgYzjgIHljJfmtbfpgZPjgafku4rjgoTjgaPjgabjgYrjgY3jgZ/jgYTjgZPjgajjgoLjgZ/j
gY/jgZXjgpPjgYLjgovjga7jgafjgZnjgIINCg0K44Gq44KT44Gm44GT44Go44KS55+l5Lq644Gr
6Kmx44GX44Gf44KJ5auM5ZGz5Lul5aSW44Gu5L2V54mp44Gn44KC44Gq44GE44Gu44Gn6KiA44GE
44G+44Gb44KT44GM44CB5YyX5rW36YGT44Gr5L2P44KA44Gu44Go6YCa44GG44Gu44Go44Gv6YGV
44GE44G+44GZ44CC5a6M5YWo56e75L2P44GX44Gf5Lq644Gr5q+U44G544KM44Gw5bqm5ZCI44GE
44GM6YGV44GG44Go44Gv6KiA44GI44CB56eB44Gr44KC5YyX5rW36YGT44Gn44GT44KM44GL44KJ
56+J44GE44Gm44GE44GP55Sf5rS744GM44GC44KL44Gu44Gn44GZ44CCDQoNCuS7iuS5l+OBo+OB
puOBhOOCi+apn+S9k+OBr0I3MzctNTAw44CC5Zub5Zu944Gr5L2P44KT44Gn44GE44Gf6aCD44Gr
5bKh5bGx56m65riv44GL44KJ6YCa44Gj44Gm44GE44Gf6aCD44Gr44KI44GP5LmX44Gj44Gm44GE
44Gf5qmf5L2T44Gn44GZ44CCQUlSIERP44Gu5Lit44Gn44KC5Y+k44GE5qmf5L2T44Gq44Gu44Gn
44CB5paw5Z6L44GuQjczNy03MDDjgavnva7jgY3mj5vjgYjjgonjgozjgaTjgaTjgYLjgorjgb7j
gZnjgYzjgIHkuYXjgZfjgbbjgorjgavkuZfjgovjgajlsqHlsbHnqbrmuK/jgYvjgonpgJrjgaPj
gabjgYTjgZ/mmYLku6PjgpLmgJ3jgYTlh7rjgZfjgb7jgZnjgIINCg0K44KC44GG5YyX5rW36YGT
44Gu5LiK56m644Gn44GZ44CC44GT44KM44GL44KJ5Y2D5q2z44Gr552A6Zm444GX44G+44GZ44CC
6aOb6KGM5qmf44KS6ZmN44KK44Gf44KJMzDliIbjgafmiJHjgYzlrrbjgafjgZnjgILjgZPjga7n
qbrmuK/jgYvjgonjga7ov5HjgZXjgYzjgIHljYPmrbPluILjgavmsbrjgoHjgZ/nkIbnlLHjga7j
gbLjgajjgaTjgafjgZnjgII=
| SHO | 携帯から | 22:35 | comments(0) | - |
「真夏のサンタクロース」とか「秋の大運動会」とか

5byV44Gj6LaK44GX44Gu5pmC44Gr44CB5aSn5a2m5pmC5Luj44GrWU9TQUtPSeOCkui4iuOBo+OB
puOBhOOBn+mgg+OBrua8lOiInuabsuOBrkNE44GM5Ye644Gm44GN44G+44GX44Gf44CCDQoNCuOA
jOecn+Wkj+OBruOCteODs+OCv+OCr+ODreODvOOCueOAjeOBqOOBi+OAjOeni+OBruWkp+mBi+WL
leS8muOAjeOAgeOAjOOCiuODvOOBvuOCk+OBmuOAjeOBqOOBhOOBhuabsuWQjeOCkuWHuuOBl+OB
puWIhuOBi+OCi+OBruOBr+OAgeOBn+OBtuOCkzIwMDDlubTliY3lvozjgavouIrjgaPjgabjgYTj
gZ/mnbHljJfjgoTljJfmtbfpgZPjga7lpKflrabjg4Hjg7zjg6Djga7jg6Hjg7Pjg5Djg7zjgaDj
gZHjga7jga/jgZrjgILjganjgaHjgonjgoLljJfmtbfpgZPjga7lpKflrabjg4Hjg7zjg6DjgYzo
uIrjgaPjgabjgYTjgZ/mm7LjgafjgZnjgIINCg0K44GV44Gj44Gd44GP44Km44Kp44O844Kv44Oe
44Oz44Gr44OA44OT44Oz44Kw44GX44Gm6IGe44GE44Gm44GE44KL44Go44CBMTXlubTliY3jga7l
pKflrabmmYLku6PjgpLmgJ3jgYTlh7rjgZfjgb7jgZnjgILlvZPmmYLjgYvjgonnp4Hjga/ljJfm
tbfpgZPjgavkvY/jgb/jgZ/jgY/jgabjgIHlpKflrabmmYLku6Pjga7jgqTjg7Pjgr/jg7zjg7Pj
goLluIzmnJvjgZfjgaZKUuWMl+a1t+mBk+OBq+OBl+OBn+OBruOBp+OBl+OBn+OAgg0KDQrjgYLj
gozjgYvjgokxNeW5tOOAgemVt+OBi+OBo+OBn+KApuOAguOBv+OCk+OBquOBqeOBhuOBl+OBpuOB
hOOCi+OBi+OBquOAguadseWMl+ODgeODvOODoOOBruOBv+OCk+OBquOBq+OCguOAgeWMl+a1t+mB
k+ODgeODvOODoOOBruOBv+OCk+OBquOBq+OCguOBvuOBn+S8muOBhOOBn+OBhO+8gQ0KDQrku4rm
l6Xjga/jgZPjgozjgYvjgonlrp/lrrbjgavooYzjgaPjgabjgIHpoJDjgZHjgabjgYTjgovou4rj
gpLlj5fjgZHlj5bjgorjgIHlpKfmtJfjgpLlpJzkuK3jga4x5pmCNDXliIbnmbrjga7jg5Xjgqfj
g6rjg7zmt7HlpJzkvr/jgafljJfmtbfpgZPjgavou4rjgpLmjIHjgaPjgabooYzjgY3jgb7jgZnj
gILljJfmtbfpgZPjga7oh6rliIbjga7lrrbjgavms4rjgb7jgovjga7jga/ku4rlm57jgYzliJ3j
goHjgabjgafjgZnjgIINCg0K44Gd44KT44Gq5peF44Gr44CB5aSn5a2m5pmC5Luj44Gr5oan44KM
44Gm44GE44Gf5pyt5bmM44Gu5aSn5a2m6YCj5ZCI44OB44O844Og44Gu5ryU6Iie5puy44Gv55u4
5b+c44GX44GEQkdN44Gn44GZ44CC44GT44KM44GL44KJMTXlubTliIbjga7lrInjgZfjgZXjgpLl
mZvjgb/nt6DjgoHjgabjgY3jgb7jgZnjgIINCg0K
| SHO | 携帯から | 21:11 | comments(0) | - |
二地域居住のどちらに住民票を置くか

5pio5pel44CB5q+N44Go6Kmx44GX44Gm44GE44Gm44CM5L2P5rCR56Wo44Gv5qiq5rWc44Gr572u
44GE44Gf5pa544GM44GE44GE44KT44GY44KD44Gq44GE44Gu77yf44OR44K544Od44O844OI44KS
5Y+W44KK44Gr6KGM44GP44Go44GL5L2P5rCR56Wo44KS5Y+W44KK44Gr6KGM44GP5pmC44Gr5LiN
5L6/44KI44CN44Go6KiA44KP44KM44G+44GX44Gf44CCDQoNCuiogOOBhOOBn+OBhOOBk+OBqOOB
r+OCiOOBj+WIhuOBi+OCiuOBvuOBmeOAguihjOaUv+OCteODvOODk+OCueOCkuWPl+OBkeOCi+ma
m+OBq+S4jeS+v+OBquOBruOBp+OBmeOAguaoqua1nOOBqOWNg+ats+OBrzkwMOOCreODrembouOC
jOOBpuOBhOOBvuOBmeOBi+OCieOAgg0KDQrjgZ3jga7kuIrjgafnp4Hjga/jgYLjgYjjgabljJfm
tbfpgZPjgavkvY/msJHnpajjgpLnva7jgY/jgZPjgajjgpLpgbjmip7jgZfjgabjgYTjgb7jgZnj
gILlsYXkvY/lrp/mhYvjga7llY/poYzjga/jgYLjgorjgb7jgZnjgYzjgIHnp4Hoh6rouqvjgYzj
gIzljJfmtbfpgZPjgavkvY/jgb/jgarjgYzjgonljZjouqvotbTku7vjgafmqKrmtZzjgavmnaXj
gabjgYTjgovmlrnjgYzjgIHntbblr77jgavjgqvjg4PjgrPjgYTjgYTjgI3jgajmgJ3jgYbjgYvj
gonjgafjgZnjgIINCg0K44CM5YyX5rW36YGT44Go5qiq5rWc44Gr5a6244KS5YCf44KK44Gm44GE
44Gm44CB5qiq5rWc44Gn5YON44GE44Gm44GE44KL44CN44Go44GE44GG44Gu44GM5a6i6Kaz55qE
44Gq5LqL5a6f44Gn44GZ44CC44Gn44KC44CM5qiq5rWc44Gr5L2P5rCR56Wo44KS572u44GE44Gm
5pyI44GrMuWbnuOBr+WMl+a1t+mBk+OBq+ihjOOBj+OAjeOBruOBqOOAjOWMl+a1t+mBk+OBq+S9
j+awkeelqOOCkue9ruOBhOOBpuaciOOBqzLlm57jga/ljJfmtbfpgZPjgavluLDjgovjgI3jga7j
gajjgafjga/jgIHkuovlrp/jgYzlkIzjgZjjgafjgoLnp4Hjga7kuK3jga7jg6Ljg4Hjg5njg7zj
grfjg6fjg7PjgYzlhajjgY/pgZXjgYTjgb7jgZnjgIINCg0K56eB44Gv44CM5qiq5rWc5biC5rCR
44GM5YyX5rW36YGT44Gr6YGK44Gz44Gr6KGM44GP44CN44CB44CM6YGT5qW944Gu44Gk44GE44Gn
44Gr5YyX5rW36YGT44Gr6KGM44Gj44Gm44GE44KL44CN44Go44GE44GG5aOw44GM6Ieq5YiG6Ieq
6Lqr44Gu5Lit44Gn44GX44Gq44GE44GL44CB44Go44GE44GG44GT44Go44KS5auM44GM44Gj44Gm
44GE44G+44GZ44CC5YyX5rW36YGT44Gr44Gv5LiA55Sf44Ga44Gj44Go5L2P44KA44Gk44KC44KK
44Gg44GL44KJ44CB5L2P44KB44KL44OB44Oj44Oz44K544Gu5pmC44Gr5L2P5rCR56Wo44GU44Go
5YyX5rW36YGT44Gu5Lq66ZaT44Gr44Gq44KK44Gf44GE44Gu44Gn44GZ44CCMeaXpeOBp+OCgjHl
ubTjgafjgoLml6njgY/jgIINCg0K5YyX5rW36YGT44Gn56eB44Gv5LuV5LqL44KS6KaL44Gk44GR
44KJ44KM44G+44Gb44KT44Gn44GX44Gf44CC5YyX5rW36YGT44Gr44Gv56eB44GM44Kt44Oj44Oq
44Ki44KS56mN44KT44Gn44GN44Gf5qWt55WM44Gu5LuV5LqL44GM5Ye96aSo44Gr44GX44GL44Gq
44GP44Gm44CB5Ye96aSo44Gr5L2P44KA44Gu44Gv5auM44Gn44GX44Gf44CC44OV44Kh44Kk44K/
44O844K644Gu6Kmm5ZCI44KS6KaL44Gr6KGM44GP44Gu44GM5LiN5L6/44Gg44GX44CB5Ye96aSo
44Gr5L2P44KA44Go6YGT5Y2X5Lul5aSW44Gu44Gp44GT44Gr6KGM44GP44Gu44KC5LiN5L6/44Gg
44GL44KJ44CCDQoNCuOBoOOBi+OCieWNg+ats+W4guOBq+S9j+OCgOOBk+OBqOOCkumBuOaKnuOB
l+OBn+OBruOBoOOBl+OAgTIwMTXlubQz5pyI44Gr5YyX5rW36YGT44G456e75L2P44GZ44KL44Go
44GE44GG5YWs57SE44KS5p6c44Gf44GZ44GT44Go44Gu44Gn44GN44KL5ZSv5LiA44Gu6YG45oqe
6IKi44GM44CB5qiq5rWc44GL44KJ44Gu5LuV5LqL44Gu44Kq44OV44Kh44O844Gr5b+c44GY44KL
44GT44Go44Gn44GX44Gf44CCDQoNCuOBoOOBi+OCieWNg+ats+W4guOBq+S9j+OCgOOBqOOBhOOB
humBuOaKnuOBquOBruOBp+OBmeOAguaoqua1nOW4guOBp+OBr+ODgOODoeOBquOBruOBp+OBmeOA
gg==
| SHO | 携帯から | 09:58 | comments(0) | - |
転居
5LuK5pel44Gv6Lui5bGF5omL57aa44GN44Gu44Gf44KB44Gr5YyX5rW36YGT44Gr5ZCR44GL44Gj
44Gm44GE44G+44GZ44CCDQoNCuS7iuaciOOBi+OCieaoqua1nOW4guOBqOWMl+a1t+mBk+WNg+at
s+W4guOBruS6jOWcsOWfn+WxheS9j+OCkuWni+OCgeOBvuOBmeOAguW9k+WIhuOBp+OBr+OBquOB
j+OAgTEw5bm05Lul5LiK44Gv5pyA5L2O44Gn44KC57aa44GR44KL44Gk44KC44KK44Gn44GZ44CC
DQoNCuaWsOOBl+OBhOiBt+WgtOOBjOaoqua1nOOBoOOBi+OCieOBp+OBmeOBjOOAgeacneOBrumm
lumDveWcj+OBruODqeODg+OCt+ODpeOCouODr+ODvOOCkuS9k+mok+OBmeOCi+OBruOBr+aWsOWN
kuOBrueglOS/ruS7peadpTE45bm044G244KK44CC5YeE44GE44Gn44GZ44Gt772e44CC

| SHO | 携帯から | 06:58 | comments(0) | - |
東京と香川

5pyA6L+R44CB44KI44GP6ICD44GI44Gm44GE44KL44GT44Go44GM44GC44KK44G+44GZ44CCDQoN
CuOAjOmmmeW3neOBqOadseS6rOOAgeOBqeOBo+OBoeOBjOOBhOOBhO+8n+OAjQ0KDQrkvZXlm57o
gIPjgYjjgabjgoLnp4Hjga7nrZTjgYjjga/jgIzpppnlt53jgI3jgafjgYLjgaPjgabjgIHjgaTj
gb7jgornp4Hjga/mnbHkuqzjgavmiLvjgovmsJfjga/lhajjgY/jgarjgYTjgIHjgajjgYTjgYbj
gZPjgajjgafjgZnjgILjgZ3jgozjga/jgarjgZzvvJ8NCg0K6aaZ5bed44Gv44CB44Go44GE44GG
44GL5Li45LqA44Gv44CB6YCj57aa44GX44Gm56eB44GM5L2P44KT44Gn44GE44KL5Zyf5Zyw44Go
44GX44Gm44Gv5LiA55Sf44Gn5LiA55Wq6ZW344GP44CBOOaciOOBp+S4uDXlubTjgavjgarjgorj
gb7jgZnjgILjgZfjgYvjgZfjgIHjgZTlrZjjgZjjga7mlrnjga/jgZTlrZjjgZjjga7jgojjgYbj
gavjgIHnp4Hjga/pppnlt53jgajjgYTjgYblnJ/lnLDjgpLmsbrjgZfjgablpb3jgY3jgafjga/j
gYLjgorjgb7jgZvjgpPjgILjgIzpppnlt53jga7mma/oibLjgpLopovjgabjgYTjgablv4PjgYzo
kL3jgaHnnYDjgYTjgZ/jgZPjgajjgYzjgarjgYTjgIHlv4PjgYzjg5vjg4PjgajjgZfjgarjgYTj
gI3jgajjgYTjgYbjga7jgYznkIbnlLHjgarjga7jgafjgIHjgYrjgZ3jgonjgY/mhI/opovjgYzl
pInjgo/jgovjgZPjgajjga/jgarjgYTjgafjgZfjgofjgYbjgILnkIblsYjjgZjjgoPjgarjgYTj
ga7jgafjgIINCg0K44Gn44KC44CB5pmu6YCa44Gr6Zqj55S644Gr6KGM44GP44Gu44Gr57eR6LGK
44GL44Gq5bGx44KS5bOg6LaK44GI44GX44Gf44KK44CB5aSV5pa544GuNeaZgumBjuOBjuOBqOOB
hOOBhuOBruOBq+adseS6rOOBruaEn+immuOBp+OBr+ODqeODg+OCt+ODpeOBqOWRvOOBueOBquOB
hOeoi+W6puOBq+OBl+OBi+a4i+a7nuOBl+OBquOBhOmBk+i3r+OCkui1sOOBo+OBpuOBhOOBn+OC
iuOAgeS8muekvuW4sOOCiuOBq+i/keaJgOOBrueXhemZouOBq+ihjOOBj+OBruOBq+W3neOBruWg
pOmYsuOBruS4iuOCkuOBruOCk+OBs+OCiuODiOOCs+ODiOOCs+OBqOODkOOCpOOCr+OBp+i1sOOB
o+OBpuOBhOOCi+OBqOOAgeOBk+OBruaZr+iJsuOCkuimi+OBpuOBhOOCi+OBqOW/g+OBjOiQveOB
oeedgOOBhOOBpuOAgeS4gOeUn+OBk+OBruWcn+WcsOOCkumbouOCjOOBn+OBj+OBquOBhOS6uuOC
guOBn+OBj+OBleOCk+OBhOOCi+OBruOBoOOCjeOBhuOBquOAgeOBqOaAneOBhOOBvuOBmeOAgg0K
DQrnp4HjgYzpppnlt53jgajjgYTjgYblnJ/lnLDjgpLlpb3jgY3jgavjgarjgozjgarjgYTjga7j
ga/jgIHpppnlt53jgajjgYTjgYblnJ/lnLDjga7llY/poYzjgajjgYTjgYbjgojjgorjgoLjgIHl
jZjjgavnp4HjgajjgYTjgYbkurrplpPjga7lv4PjgYzpppnlt53jgpLlpb3jgY3jgavjgarjgozj
garjgYTjgIHjgZ/jgaDjgZ3jgozjgaDjgZHjga7llY/poYzjgarjga7jgaDjgajmhJ/jgZjjgovj
ga7jgafjgZnjgIINCg0K44Gd44KM44Gn44KC5p2x5Lqs44Gr5oi744KK44Gf44GE44GL44Go6ICD
44GI44KL44Go44CB44Gd44GG44Gn44Gv44Gq44GE44Gq44CB44Go5oCd44GE44G+44GZ44CCDQoN
CuS7iuaXpeOBr+S8muekvuOBruW+jOOBp+a6gOa/g+OBruWxseWlpeOBq+OBguOCi+aVtOS9k+mZ
ouOBq+ihjOOBo+OBpuOBhOOBn+OBruOBp+OBmeOBjOOAgeS9leWbnuiAg+OBiOOBpuOCguWQjOOB
mOetlOOBiOOBruizquWVj+OCkuS7iuaXpeOCguOBl+OBpuOBhOOBvuOBl+OBn+OAguOAjOadseS6
rOOBq+S9j+OCgOOBruOBqOmmmeW3neOBq+S9j+OCgOOBruOBqOOAgeOBqeOBo+OBoeOBjOOBhOOB
hO+8n+OAjeOBo+OBpuOAgg==
| SHO | 携帯から | 20:47 | comments(0) | - |
晩ごはん

44Gf44Gg44GE44G+5bGx6Zm96Ieq5YuV6LuK6YGT44Gu5LiJ5pyo44K144O844OT44K544Ko44Oq
44Ki44Gn5pmp44GU44Gv44KT5Lit44CCDQoNCuOBguOBqDE3MOOCreODreOBp+W4sOOCjOOBvuOB
meOAguaYqOWknOOBi+OCiemWk+OCguOBquOBjzEwMDDjgq3jg63jgafjgZnjgIINCg0K56eB44Gr
44Gk44GE44Gm44CM44K/44OV44CN44Gg44Go5LuK5pel44GE44KN44KT44Gq5Lq644GL44KJ6KiA
44KP44KM44G+44GX44Gf44CC44Gd44GG6KiA44KP44KM44KL44GT44Go44Gv5ayJ44GX44GP44Gm
44CM44KC44Gj44Go6KiA44Gj44Gm772e4pmq44CN44Gq44Gu44Gn44GZ44GM44CB5pys5b2T44Gu
44Go44GT44KN44Gv56eB44GM5YeE44GE44KT44GY44KD44Gq44GP44Gm44Ok44Oe44OPWVpGLVI2
44Go44GE44GG5YSq56eA44Gq44OE44O844Oq44Oz44Kw44OQ44Kk44Kv44Gr44KI44KL44Go44GT
44KN44GM5aSn44GN44GE44Gu44Gg44GX44CB6Ieq5YiG44Gn6YGO5L+h44GX44Gq44GE44KI44GG
44Gr44CB44Go5oCd44Gj44Gm44GE44G+44GZ44CCDQoNCuS4uDHml6XjgZrjgaPjgajjg5DjgqTj
gq/jgavot6jjgYzjgaPjgabjgYTjgonjgozjgovjga7jgoLjgIHjg5DjgqTjgq/jga7mgKfog73j
ga/jgoLjgaHjgo3jgpPjgafjgZnjgYzjgIHnp4Hjga8yNeW5tOWJjeOBi+OCieS7iuOBqOacrOiz
queahOOBq+OBr+WFqOOBj+WQjOOBmOaXheOCkumIjeihjOWIl+i7iuOBp+OChOOBo+OBpuOBhOOB
vuOBmeOAguOBpOOBvuOCiuS4reWtpueUn+OBrumgg+OBi+OCiemmtOOCjOimquOBl+OCk+OBoOaX
heOBruOCueOCv+OCpOODq+OBquOBruOBp+OAgeOBp+OBjeOCi+OBruOBr+W9k+OBn+OCiuWJjeOB
quOBruOBp+OBmeOAgg0KDQox5pel54mH6YGTNTAw44Kt44Ot44Gg5b6A5b6pMTAwMOOCreODreOB
oOOBqOOBhOOBhui3nembouOBq+WvvuOBmeOCi+aEn+immuOBr+OAgeOBn+OBtuOCk+S7luOBruS6
uuOBqOengeOBr+WFqOOBj+mBleOBhuOBruOBoOOBqOaAneOBhOOBvuOBmeOAgg==
| SHO | 携帯から | 20:54 | comments(0) | - |
日勝峠展望台

日勝峠5合目の展望台にいます。ガスっていますが十勝平野を一望できます。

大泉さんと安田さんが拉致られて連行されたのはここですね。
| SHO | 携帯から | 09:23 | comments(0) | - |
八戸は半分北海道?

これから北海道に渡ります。

八戸の町に来ると前回も思いましたが「北海道みたいな街だな〜」と思います。もちろん街並みは本州のものなんですが、景色のひとつひとつのスケールが大きいというか…。

四国ではまずありえないなだらかな大地の起伏が、北海道に近いことを感じさせるのです。
| SHO | 携帯から | 12:27 | comments(0) | - |
日帰りで北海道
年末に北海道に行ってから2ヶ月あまり経った。

今年の目標のひとつは「2ヶ月に一度は北海道に行こう」なのだが、1月末に鹿児島に行って以来、2連休が取れない状態が続いている。

2連休が取れたら北海道に行こうと思っていたのだが、年度末までの工事予定と中旬のOHSAS2次審査のダブルパンチで、とても休める状態にない。再来週に本審査が終わったらそのまま年度末の支払い攻勢が始まり、新年度に入る前後は当然忙しいので、つまり4月初めまで2連休は絶対に取れない状態にある。金曜日の夜になったらホッとできる人が羨ましいと、金曜の夜にはいつも思う。今の会社もカレンダー上だけは週休2日なのに…。

R6のオーバーホールは完了したのだが、今日取りに行くつもりが仕事の関係で行くことができなかったのがトリガーになった。

「あ〜!もうストレスが限界!日帰りで北海道に行ってくる!」

岡山空港から新千歳空港へエア・ドゥの直行便が飛んでいて、岡山空港8時発の新千歳空港10時着、帰りが新千歳空港18時発の岡山空港20時というバッチリ日帰り可能なダイヤなのは知っていた。

ただし北海道日帰りなんてお金がもったいな過ぎるので今まで実行したことはなかったのだが、今日はそうも言っていられない。もはやゴールデンウィークまで2連休は取れない可能性が高いと見るべきで、2ヶ月に一度は北海道に行こうと考えるのなら、もはや猶予はない。何よりも、自分自身が今の状況に我慢ならなかった。

というわけで、明日は朝4時起きで日帰り北海道弾丸ツアーに行ってきます。自分が2ヶ月も北海道を離れている状況が、こんなに我慢ならないなんてね…。

| SHO | 携帯から | 21:51 | comments(0) | - |
ただいま帰宅
ただいま帰宅した。

予定をオーバーして夜中の10時半(イオンの閉店後!)まで映像とトークを楽しんだのだが、強烈に「北海道に住みたい!」と思った。私が住みたいのは北海道なのだと。

何回も何百回も何千回も考えているはずだけど、日本国内で住むのなら、北海道以外にはない、という思いは変わらない。二度と暖かい地方には住まないし住みたくもない。

それよりも、やっぱり私は北海道が好きなのだ、というのが一番大きい。北海道以外の場所ではなく、北海道に住みたいのだ。

| SHO | 携帯から | 23:49 | comments(0) | - |
予定変更
私は、天草とはとことん縁がないらしい。

念願の天草五橋を渡って天草上島に乗り入れたものの、牛深から蔵之元に渡るフェリーが船舶検査のために1月22日から28日まで全便欠航。つまり今日は運休していた。じゃあ松島〜八代のフェリーに乗ろうと思ったら、昨年4月から運休していた

つまり、今日は天草に渡ったら鹿児島に行くためには三角まで引き返す他に方法がない、ということ。蔵之元からえびのに抜けて霧島を走ろう、という計画は崩壊してしまった。

でも天草の入口で気づいて良かった。100キロ近く入って牛深まで走っていたら、鹿児島まで時間内に着けないところだった。ラッキーという他はない。

どうするかって?もちろん来た道を松橋インターまで引き返します。50キロくらいありますが…。

| SHO | 携帯から | 10:17 | comments(0) | - |
相性の話
かざし温泉でのんびりしてから、これから帰るところ。

今日もR6に乗りながら、113000キロも乗っていて、これからエンジンをオーバーホールして更に乗ろうとしていて、そういうことができるなんて、本当に幸せだなぁ〜と感じていた。

それだけの距離を無事故で走らないとできないし、それだけの距離を走った後でオーバーホールして更に乗りたいと思うバイクに巡り会うこと自体が奇跡だし、さらにオーバーホールできるだけのお金を今持っていることも幸せなこと。群馬に住んでいた時の経済状態では、オーバーホールしたくてもできなかった。

どれも大半のバイク乗りには大変なことで、あっさりとできる私は本当に幸せだ。

私は気に入ったものは長く大事に酷使したい方で、でも今まで乗ってきたどんなバイクでもどこか不満があったもの。R6にも全く不満がないとは言わないけど、買ってから5年近く経っても乗るたびに「いいバイクだなぁ〜」と思えるバイクなんて、そうそうない。

私とR6の相性が抜群に良かったのは、間違いないんじゃないだろうか。

私自身も経験あるけれど、買ってすぐに数百キロも乗らずに手放してしまう人とか、買って乗っているけれど不満を常に抱えている人とか、そういうのを見ていると、私とR6のように長く長距離を付き合っても全然飽きない、というのはものすごく幸運なんだと思う。

私にはR6ってバイクは本当に合っているなぁ〜と思うのだ。車格もパワーも用途としても。

| SHO | 携帯から | 20:11 | comments(0) | - |
年間の走行記録
昨年の最終的なオドメーターは88728キロたった。今年は昨日現在で112829キロ。年間走行距離は24101キロ。

そんなに走った記憶はないのだが、過去最高を記録したはず。月間走行距離が平均で2000キロを超えたので、R6としては走っている部類には入る…。のかな?

最近は燃費の悪化が著しく、当初はリッター20〜21キロだったのがリッター16キロまで下がっている。来年はエンジン本体のオーバーホールだな…。

| SHO | 携帯から | 12:30 | comments(0) | - |
香川で手打ち蕎麦
うどん屋さんに行ったら手打ち蕎麦があったので頼んだ。美味しい!

蕎麦が時々食べたくなる。

| SHO | 携帯から | 11:09 | comments(0) | - |
タイヤとこだわり
今日はバイクの点検のために新居浜へ。

月末から八戸まで往復3000キロ近く走るのに、リヤタイヤとリヤブレーキが心許ないので点検に行ったら、案の定あと3000キロはもたないとのこと。ゴールデンウィークに札幌でリヤタイヤをダンロップのスポーツマックス・クオリファイヤーに交換してから、5ヶ月でほぼ1万キロ走っているので妥当な数字。

交換のタイヤとして、ピレーリのエンジェルSTを勧められた、というよりお願いされた。私はお店で最も長距離を走るお客さんなので、実際に使ってテストして欲しかったらしい。

性能やらいろいろ調べて、安かったけれど断った。理由は2つある。

1つは、これから冬場に入るので未体験のピレーリを履いて冬を越えるのは怖かったから。

積雪路面でも高速道路を走れる傑作タイヤだったブリヂストンBT-016が生産中止になった昨夏以降、後継のS-20はレイングリップが悪くて冬を越えたいレベルではなく、次に履いたメッツラーM5は問題外なグリップの悪さで、怖い思いをしながら冬を越えたのだ。昨冬と同じ思いはしたくなかった。

M5の次に履いたダンロップ・ロードスポーツ(フロントタイヤ)とダンロップ・クオリファイヤー(リヤタイヤ)は満足できるタイヤだったので、冬を越えるなら実績のあるロードスポーツにしたかった。

そしてもう1つ、エンジェルSTはブリヂストンならT-30やBT-023に相当するスポーツツーリングタイヤというカテゴリーのタイヤだから嫌だった。私が今まで履いてきたタイヤは全てスポーツタイヤで、スポーツツーリングタイヤより1つ上のランクのタイヤだったのだ。

私の乗るヤマハYZF-R6はスーパースポーツであって、どんなにツアラーとしても優秀としてもツアラーではない。R6にスポーツツーリングタイヤを履かせるのは、私のこだわりが許さない。

私はSS乗りであって、ツアラー乗りではない。SSをツアラー以上に乗りこなして長距離を走るストイックさがSS乗りとしての矜持なら、R6にスポーツツーリングタイヤを履いて楽できます♪というのは邪道ではないだろうか?

くだらないこだわりかもしれないけど、それを譲ったら何のために大型二輪教習に20時間かかって卒業できなかった劣等生が、SSで1日1200キロ走れるまで成長したのか分からなくなる。

ツアラーで1日1200キロ走れたって、そんなのは当たり前であって自慢にならない。だってもともと長距離を走るためのバイクなんだから。

常に正しい乗車姿勢で乗らないと私にも容赦なく牙を剥くバイクだからこそ、乗る価値がある。そこまで乗りこなすことに価値がある。1日で1200キロ走れる能力に価値がある。私はそう思ってバイクに乗ってきた。

整備が終わってから西条市内のいつものクレープ屋さんへ。いつ食べても、何回食べても美味しい。

| SHO | 携帯から | 14:55 | comments(1) | - |
努力したら成功するのか?
努力したから成功する、のだろうか?

私は元来やりたくないことは強制されてもやらない人間だ。「努力したから成功した」というのは二次的な成功要因だろう。

成功の一次要因は「選択した目標そのものが正しかった」からだと考える方がしっくりくる。「どうやってやるのか」よりも「何をするのか」の方が大事だろう。

「成功は目標によって決まる」ということなのだ。

今の私の目標は、本当にやりたいことなのだろうか?何よりも私は心から納得してその目標が人生の目標だと言い切れるだろうか?

そう考えると、私は自分自身を知らないと感じる。今のままの人生で良いのか、漠然と感じている「このままで終わるのか?」という不安。目標はあっても、これ以上どうやって実現したら良いのか分からない、という焦り。

「このままでは嫌だ」と感じているけれど、どうやったら良いのか今も分からない。

| SHO | 携帯から | 06:08 | comments(0) | - |
私のルーツ
先日はお金がなくて買えなかった「My Goal」という本を買ってきた。

私の過去について考えると、実にたくさんの記憶が今の私を形作っている。物心つく前から今までずっと続いているものを挙げると、鉄道とABBA。

私の趣味のルーツは鉄道。バイクなんてたかだか10年足らずの趣味でしかない。38年の人生のうちに37年続いている趣味を持っていることが、どれだけ大きなギフトなのか、ということは最近つくづく感じる。簡単には余人が追いつけない領域まで到達している、と言い切れることは大変幸せなことだ。

私の音楽のルーツはABBA。1975年生まれの私は、恐らくABBAの現役時代から聴いている最後の世代。父がABBAの大ファンで、私は物心つく前から聴かされて育った。父は私のようにBOXセットや、海外で買い漁ったメンバーの解散後の作品やミュージカルのサントラまでは持っていないから、完全に父を抜いてしまった。

小学時代の愛読書は日本の古典文学だった。現代語訳でなら、古事記から枕草紙、平家物語、義経記、太平記から五輪書、東海道中膝栗毛、雨月物語、南総里見八剣伝までたいがいの日本の古典文学は読んでいる。他には江戸川乱歩やドリトル先生のシリーズなど。

小学時代の思い出で今も印象深いのは、進学塾の帰りに大阪駅の国鉄大阪鉄道管理局前(今のヨドバシカメラ前)の陸橋から出発する夜行列車を飽きずに眺めていたこと。21時10分過ぎの長野行き夜行急行「ちくま」が定番で、たまに塾が遅くなると22時発の新潟行き夜行寝台特急「つるぎ」を見ることができた。

小学時代はしょっちゅう家出していたこともあり、25年後に座右の銘を「旅に病んで夢は枯野を駈け廻る」というようになる素地は当時からあった。

中学時代の愛読書は種村直樹先生の「日本縦断JRウォッチング」。著者が読者とJRの日本縦断鈍行乗り継ぎ旅をする旅の記録だけど、この本を読んで「乗り継ぎ旅の代表幹事を努める」という夢ができる。巡りめぐって、14年後に公募としては著者最後となる鈍行乗り継ぎ旅の代表幹事を私が務めた。

自転車&バイク日本一周も14年、JR全線完乗も14年かかっているので、14という数字は私にとってラッキーナンバーかもしれない。

高専時代の愛読書は島田荘司の「砂の海の航海」、加藤登紀子の「ほろ酔い行進曲」、星島洋二の「青春夢航海」、山際淳司の「山男たちの死に方」、そして忘れてはならないのが賀曽利隆の「50ccバイク日本一周2万キロ」。パリダカ、帆船、世界一周、日本一周、バイクなど、現在に至るまで私を動かし続けるキーワードが出てくる。

読書量そのものは大学時代や現在も落ちていないのだが、新卒社会人時代の愛読書に黒木安馬先生の「出過ぎる杭は打ちにくい」、草津温泉の湯治時代の愛読書に山村雅康さんの「人口減少時代の豊かな暮らしと仕事の場」が挙がる程度で、高専時代のように人生を決定するほどの本にたくさんは出会えていない。

というか大学時代の愛読書は短歌の歌集が多かった。筆頭に安藤美保の「水の粒子」、次に松村正直「駅へ」、大口玲子「東北」などが挙がる。

音楽に関しては、ABBAを意識的に聴くようになったのは中学1年から。「真夜中テレビ」という番組で、当時デビューした寝台特急「北斗星」の前面車窓を上野から札幌まで全部流すという企画があって、その番組のBGMでABBAがかかっていたのだ(この番組は、現在に至る私の北海道志向の原点になっている)。同時期に見た映画「トップガン」のサントラが私が初めて買ったCDで、今に至るもバイクに乗りながら一番よく聴く音楽なのだから、人生は分からない。当時はまさか私がバイク乗りになって日本一周するとか思っていなかった。

中学時代から聴いていて今も聴いているのは岡村孝子と渡辺美里。岡村孝子は年末になると毎年クリスマスピクニックというライブを見に行くし、渡辺美里も夏になると聴きたくなる。

高専時代を代表するのは鈴木祥子、相馬裕子と西脇唯。そしてZARD。ありとあらゆる旅の局面で聴いていて、今も聴いている。洋楽ではPhil CollinsとROXETTEが高専時代から聴いている。

大学時代にとことんハマった人は記憶にないのだが…。と言おうとして、絶対に忘れてはいけないアルバムがあった。それはミュージカル「Mamma Mia!」のサントラ。ロンドンのオリジナル公演のサントラだけど、セリフを覚えるほど聴いている。日本語版の劇団四季のミュージカルも見たし、映画も何回も見たけど、英語版のミュージカルを生で見たことはまだない。

現在、ベビーローテーションで聴いているのはサトウヨシアキ、YUI、樋口了一など。彼らの中に、何十年も聴き続ける人は出てくるのだろうか。

| SHO | 携帯から | 22:54 | comments(0) | - |
絶対に達成する技術
今、「絶対に達成する技術」という本を読んでいる。

私はなぜ日本一周を達成したのだろう?達成できた人とできなかった人を分けるものは、いったい何だろう?

私なりに思うのは、好きか嫌いかという精神論ではない。日本一周を達成するための目標ではなかった、ある行動目標が鍵だったと今になって考える。

それは「毎月平均で1500キロ走る」という行動目標。

これは日本一周を目標としたものではなかった。私はバイクの運転が下手だったので、スーパースポーツというバイクに慣れるために設定した行動目標だった。

ただし、やってみれば分かるけど毎月1500キロ走っていれば必然的に長距離を走るようになる。走らなければ達成できない。限られた休暇で日本一周するために、長距離を走る能力が必要だったことを考えると、結果として日本一周するのにベストの行動目標を選んでいたことになる。

ただ、これが偶然たまたま選んだ行動目標だったことが、他の目標が必ずしも達成されない理由なのだろう。

片道1000キロオーバー走るなんて、私は嬉しくて仕方がないからなぁ。だって2日で1ヶ月の行動目標を達成できるから。2日で達成できるような行動目標しか設定していませんよ?ってことなのだ。

まぁ、それが2日で達成できるのは今までの積み重ねがあって初めて可能なのだけど。

続けるためには「ついでに」が大事である。
「今治まで行くついでに」「松山まで行くついでに」「高松まで行くついでに」と言っているうちに「大阪まで行くついでに」「千葉の実家に行くついでに」そして「八戸まで治療に行くついでに」バイクに乗るようになった。八戸に行くついでにバイクに乗るなんて、普通に考えたらあり得ないこと。1日1200キロを平然と計画するのは、走った経験があるから。無理はしていない。

長距離を走ることが習慣になっているかどうかの問題ではないだろうか?年に何回も1日1000キロオーバーを走る人と、そうでない人の差ではないだろうか?

日本一周したからと言って「果たして本当にできたと言えるのか?できたとは言えないのではないか?」と考えることは、実はしょっちゅうある。

事実として私はバイク日本一周の達成者なのだけど、「なぜ14年もかかったのか。どうすれば、もっと早く達成できただろうか」そして「日本一周を達成できた秘訣は何だろう?それは今後に水平展開できるのではないか?」と常に自問自答している。

たしかにバイク日本一周は、あらゆる困難を跳ね返しての快挙であって、JR全線完乗と並ぶ大きなタイトルだった。でも、あまりに効率が悪かったのではないか、と振り返ることも多いのだ。1998年4月の自転車日本一周スタートから14年4ヶ月かかっているけど、実質は2007年5月〜2012年8月の5年3ヶ月での達成と言って良い。バイク日本一周は、もう10年早く20代で達成しても良かったタイトルなのだ。

もっと旅したい。日本一周を達成して、私はもっと旅に出たくなった。まだまだ極めるとは言えないけど、極めれば極めるほどもっと極めたくなるのではないだろうか?
私はなぜ日本一周の達成に成功したのだろう?そして、私はなぜ日本一周に14年もかかったのだろう?

日本一周の達成に成功したのは、最終的に大型バイクに乗ったからだ。大型バイクで毎月1500キロ走る能力があれば日本一周のハードルは大きく下がる。

14年もかかったのは、最初の段階でバイクではなく自転車を選択したこと。それが間違いとは言えないけど、せめて原付を選択していれば1998年の時点で達成した可能性は大きかった。最終的に大型バイクを投入したのは休みが少なかったからであって、本来は誉められることではない。

| SHO | 携帯から | 21:31 | comments(0) | - |
湯治じゃないけど
今月末から、一週間近く青森県の八戸に行ってくることにした。

アトピーの名医さんが八戸にいるらしいからで、湯治じゃないけど5年前に草津温泉を離れて以来初めての、アトピー対策の長期休暇になる。

草津温泉で2004年〜2008年の丸4年間に渡って湯治していた。以来、5年間は全く治療を必要としなかったのだが、今年に入って皮膚の調子が悪くなっている。今までは出ていなかった場所にも出るようになったので、酷くなる前にお医者さんに行くことにした。

とはいえ紅葉真っ盛りの東北に一週間近くいられる!八戸とはいえ10月末の平野部に雪は降らないので、もちろんバイクで行く。神戸から1日で片道1200キロも走れる!嬉しくて仕方がない。

行きも帰りも道路凍結が一番恐いのは東北自動車道の龍ヶ森峠。可能な限り早く通過しないと凍結の恐れがある。次に恐いのは復路の東北自動車道貝田峠と磐越中山峠だろうか。

神戸から八戸まで1日で走るつもりなら時刻表はすでに決まっている。午前零時に神戸を出て17時に八戸に着く以外にない。

| SHO | 携帯から | 12:37 | comments(0) | - |
ミラクルクエスチョン
「ミラクルクエスチョン」というものをご存じだろうか。

「もし朝起きたら全ての障害がキレイさっぱり消えていたとしたら、どんな自分になっていて、どんな生活をしていたいか?」

というもの。

私は2005年くらいからミラクルクエスチョンをやっているのだが、今はこんなもの。

居住地を自由に決められる生活をしている。
好きなだけ旅に出ている。

「北海道」という単語が入っていないことに注目。私はたしかに北海道に住みたいと20年来も言い続けているけど、北海道がゴールだとも思っていない。私は「自分の居住地を自分で決めたい」のであって、その対象が20年来ずっと北海道なだけの話。「北海道に住みたい」のは同じでも、求める意味が全然違う。

じゃあ、どうする?

私という限りある能力の人間が、ミラクルクエスチョンの方向に人生を持って行くためには、どうする?

能力は無限だなんて嘘だ。
私という人間には残念ながら付与されなかった能力、他人には簡単にできるらしいのに、私にはどうしてもできないことが世の中にはたくさんある。
でも、その代わりに私には簡単にできることで世の中の大半の人にはできないことだってある、らしい。

問題なことに、自分では簡単にできるから自分の強みって自分では分からない。私の強みって、いったい何だろう?

少しでも楽に自分の望む人生を手に入れたかったら、自分が他の人より優れている分野で勝負するしかない。自分にとっての得意分野は、いったい何だろう?

今のまま歳を重ねた5年後、10年後の自分を想像した時に、私は幸せそうに見えるだろうか?どんな人生を送っていたら5年後、10年後の幸せな自分を想像できるだろうか?

別にサラリーマンを辞めたいと思っているわけじゃない。でも、「こういう自分になっていたら5年後、10年後に幸せそうな自分を想像できるな」と思える自分が、今の枠には入らなくなっているのも事実。

自分にそんな能力があるのか?どうすれば、何でお金を稼いで生活できるのか?

なぜできないか、ではなく、どうすればできるか、にフォーカスすることが大事。

人生お一人様一回限り、と考えた時に、今のままで後悔しないか?今のままで良いのか?人生でやり残したことが、まだまだたくさんあるんじゃないのか?

私の時間は有限だ。私の首の古傷が、その事を毎日24時間そのことを告げている。多くのことを行うには、私には時間がない。

もう10年近く前の2004年3月に私は原付で交通事故に遭っている。原付で法定速度付近の事故だったにも拘らず、頸椎に椎間板ヘルニアの後遺症が残った。事故当時に「将来、後遺症が出ますよ」と言われた医者の言葉通り、6年が過ぎた頃から左腕に痺れと痛みが出てきた。実はこの夏休みも左肘にかなりの激痛を抱えながら往復3000キロの旅をしていた。

頸椎の椎間板が脊髄を刺激しているために、最悪の場合は上を向いたり後ろを振り向いただけで脊髄を損傷する可能性があるらしい。もしそうなったら、首から下が全身不随になるという。

バイクには可能な限り乗るつもりだし、メンテナンスしながら首の寿命も可能な限り伸ばすつもり。でも、普通に今日まで出来たことが、明日出来なくなる可能性が私にはある。仕事中に少し頭をぶつけただけで、首がグキッと言った瞬間に体に力が入らなくなってしばらく動けなかったことだってある。首に強い振動や負荷のかかるスポーツ、例えば野球やバスケットボールは、おそらくもう一生できない。

少なくとも、今年できることが来年できるとは、私には言えない。今やれることは今やらないと、人生でやり残したことが私にはまだまだたくさんあるのだ。

私には何ができるのだろう?残りの人生を悔いなく生きると書くのは簡単だけど、私は今の肉体の、この限界を受け入れた上で生きなくてはいけない。この限界を受け入れた上で、だからこそ強く自由に生きて行きたい。

自分で自分を鼓舞しないで、誰がいったい自分を鼓舞してくれるというのだ。最終的には自分の人生は自分のもの。

5年後、10年後にどんな自分でいたい?そのために今できることは?

| SHO | 携帯から | 00:23 | comments(0) | - |
強みと人生
ストレングスファインダーを受けてから、寝ても覚めても「どうやったら、私は自分の暮らす土地を自分で決められる人生を送れるんだろう」と考えている。

もちろん北海道移住のこともある。でも、その後のことも大きい。北海道移住が決してゴールではないことは、自分でもよく分かっている。

今日の夜、講習を受けながら突然思った。私は会社に依存せず、居住地域に縛らない生き方で、なおかつ私の生来持っている強みを活かした生き方を選ぶべきだと。それが具体的にどういう職業を指すのか分からないのなら、それこそを模索するべきだと。

そして自分に問いかけた。「もし運命の扉が開かないというのなら、それをぶち破ってでも北海道に住みたいのか?」と。答えはyesだ。「もし運命の扉が開かないというのなら、自分でこじ開けるまでだ」と思った。

即答でyesと答えられるのなら、やるべきだ。それが私の生き方だからだ。

自転車〜バイク日本一周の時だってそうだった。自転車の日本一周を4分の3走ったところで中断した時の悔しさを、15年経った今も私は忘れていない。1998年11月に中断してから、バイクに乗り換えて2007年5月に再開するまでの間は、本当に挫折の連続だった。

せっかく入った大学は頭が足りなくて卒業出来なかったわ、せっかく手に入れた原付の事故で後遺症が一生残る怪我をするわ、挙げ句の果てに体を壊して4年も湯治するわ、ようやく手に入れた中型バイクは鹿に飛び込まれて廃車になるわ、およそ日本一周を再開できる状況ではなかった。

廃車になったカワサキKLE250アネーロの代わりに買ったヤマハFZ400で2007年に日本一周を再開し、翌年に湯治を終了し転職して四国に移住、2009年3月に念願の大型免許を取って現在の愛車ヤマハYZF-R6を買ったものの、今度は会社の休みが少すぎて北海道や沖縄まで行けない、と思っていた。

2007年5月の日本一周再開と並んで大きなターニングポイントになったのが、2010年5月の北海道ツーリング。5連休で宗谷岬まで往復は無理だと思っていたのだが、計算したらフェリー往復2日と道内3日で5連休でも往復可能という計算結果が出た。

ここで「道内3日しかない」と思うか「道内で3日走れる」と思うかの違いで、計算して実行可能と出たのならやってみようじゃないか!とやってみたら道内3日で知床と宗谷岬の両方に行けた。その後4年連続でゴールデンウィークは北海道に行っているが、往復フェリーというのはどうしても不満なので3年目以降は往路は青森あるいは八戸まで自走している。もちろん神戸から1100〜1200キロを1日で。

私が長距離を走れるようになったのは、人並み以上に少ない今の会社の休みで日本一周するためには、絶対条件として1日あたりの走行距離を伸ばす必要があったからだ。最低でも1日800キロを走れるだけの運転技術を身に付けなければ、日本一周することが出来なかったのだ。

私の達成した大きな旅のタイトルにはJR全線完乗と自転車〜バイク日本一周があるが、着手から達成まで同じ14年かかっていても、その中身や困難さは大きく違う。日本一周については、ありとあらゆる困難を全て跳ね返しての達成だけに価値がある。

20年近く思い続けて未だに実現していない北海道移住だけど(短期的には、大学時代のインターンで札幌に住んでいたことがある)、会社組織が移住を阻むのなら、他の方法で移住すれば良いのでは?

他の方法でとは、つまり居住地に左右されないで生きて行ける方法を考えるべきだと言うことだ。運命が扉を開かないというのなら、頭を使って知恵を絞って自分で扉をこじ開けるまでだ。

居住地に左右されない生き方と、自分のもともと持っている強みとの接点はどこだろう?

| SHO | 携帯から | 22:59 | comments(0) | - |
ストレングスファインダー
私の資質として「目標志向」「未来志向」「最上志向」というものがあります。

私が日常考えていることの8割くらいはこの3つではないでしょうか?

まず目標志向について。
「あなたの目標は何ですか?」と聞かれて間髪入れずに3つ返事できない、ということはほとんどありません。即答できない理由は、そのほとんどは質問者が私の回答を知ることが私の利益に反する場合。これはとても多いです。

私に何をするにも目標設定が必要なタイプで、目標は明確でなければなりません。目標に向かって今の自分が動けているかどうか、目標を達成するために今は何をするべきか、という自問自答は、1日に何万回と行っているでしょう。目的地も定めずにただ旅をするのが楽しいなんて、絶対にあり得ないタイプです。

次に「未来志向」について。
私の「目標志向」と直結していますが、私の考えることの大半は未来のことです。未来をどうしたいのか、そのために今この瞬間は何をするべきなのか、という自問自答も1日に何万回と行っています。

そして「最上志向」について。
今、私の最上志向が最も顕著に表れているのはバイクについて。私は決して速いライダーでも上手いライダーでもありませんが、でも自動車学校を卒業したままほどほどにしか乗っていないライダーよりは、はるかに上手いライダーではないでしょうか。

スーパースポーツで、2日以上のツーリングで1日1200キロ走れて下手なはずがないのですが、そう言えるのは同じことが普通にできるライダーはほとんどいないから。文句あるなら同じことをやってごらん、と思っています。

もちろんそういう人で私より上手いライダーは他にもいるのですが、私は平均的なライダーでは嫌なのです。競争したいわけではないけど、一番ではいたいのです。一番になれない競技なら、私にとっては参加する意味がないのです。

私が短歌の世界から手を引いた最大の理由がこれだと聞いたら、納得いく人はいるでしょうか…?

自分のもともと持っている、本質的な資質がこれだと分かった後で、考えるのは「では、どう活かせば私は北海道に行けるのか、選択の問題として居住地を自由に選べる暮らしができるのか、生涯現役で旅人の人生を選べるのか」ってこと。私にとっては、すべての事象はそこへ行き着くための手段に過ぎないのです。

| SHO | 携帯から | 19:20 | comments(0) | - |
8月のまとめ
8月の走行距離をまとめていないので、まとめておく。

8月3日 102763キロ

8月4日 丸亀〜大王崎〜御座岬〜丸亀
走行距離 781.4キロ
オドメーター 781.4キロ

8月9日 丸亀〜高松
走行距離 30.5キロ
オドメーター 103575キロ

8月10日 高松〜神戸〜諏訪湖〜市川
走行距離 647.7キロ
オドメーター 104222キロ

8月12日 市川〜ナップス足立店〜市川
走行距離 25.1キロ
オドメーター 104247キロ

8月14日 市川〜弘前
走行距離 706.7キロ
オドメーター 104954キロ

8月15日 弘前〜象潟
走行距離 369.6キロ
オドメーター 105324キロ

8月16日 象潟〜丸亀
走行距離 1093.1キロ
オドメーター 106417キロ
ツーリング走行距離 2872.7キロ

8月25日 丸亀〜今治〜丸亀
走行距離 263.6キロ
オドメーター 106680キロ

8月合計 3917キロ

ゴールデンウィークと比べたら、少し少ないなぁ…。

| SHO | 携帯から | 19:50 | comments(0) | - |
食中毒
今週後半は、集団食中毒にかかってエラい目に遭っていました。水曜日の昼御飯に当たったらしい…。

ようやく回復して、お腹が減るようになりました。

まさか食中毒とは思わず、お腹の調子が悪いなぁと思いながら出勤した木曜日。最終的に38.4℃まで熱が上がり、さすがに病院に行って点滴を打ってお昼で早退、そのまま寝込んでいました。

20日から25日というのは私にとって1ヶ月で一番忙しい時期で、木曜日が仕事にならなかった挙げ句に金土と休むと、部署の労働管理と支払い関係が致命的な混乱を起こすので強行出勤。なんとか終わって土曜日の晩御飯です。

本当なら昨日はまだ寝ていないといけないくらいの体調だったので、賛否両論あるのは承知です。私だって休みたかったのはやまやまですが、一番休んではいけない時に、どんな理由であれ休むと組織の中の自分の存在意義を失うおそれがある。誰かのためではなく、自分のために休むわけにはいかなかった、というのが答えです。木曜日に生じた仕事の遅れを未だ回復していない状況なので、これ以上休むわけにはいかなかった、とも思います。

仕事していて会社に行きたくないくらい体調が悪い時なんていくらでもあって、そのたびに休んでいたら仕事にならない、というのもあります。私自身、仕事はできるけれどいつ休むか分からないヤツよりは、仕事はそこそこでも仕事を休まないヤツの方が一緒に組んでいて信頼できますし。

なぜ可能な限り休まない選択をしたのか、と考えると、自分が何に重きをおいて仕事しているのか、よく分かります。

| SHO | 携帯から | 20:30 | comments(0) | - |
移住と結婚
北海道に移住するにはどうしたら良いのだろう?と考えながら晩ごはんを食べている。

北海道のどの辺?というのは札幌周辺と答えがすでに出ている。では、北海道に移住することでどんなライフスタイルで生活をしたいのか?そのライフスタイルのためには札幌周辺というのは最適な答えなのか?そもそも北海道に移住しないと実現しないライフスタイルなのか?そこまで突き詰めて考えると、札幌周辺が最適なのか?という部分には疑問がまだ残っている。

先日、大口玲子の第四歌集「トリサンナイタ」を買って来た。大口玲子は私がかつて所属していた短歌結社「心の花」の先輩で、私も著者と同時期に同じ仙台に住んでいたので親近感がある。短歌活動を休止して「心の花」を退会しても歌集を買っている。

といっても昨年出た歌集を今ごろ買っているのだが。

出産までは知っていたのだが、震災の後で仙台から宮崎に移住したとは初めて知った。宮崎は「心の花」の拠点のひとつで、短歌関係者が疎開に手を貸したのでは?と推測した。新聞記者の夫を仙台に残しての疎開は、私にはまったく想像ができないのだが、大変だなぁ、と月並みな感想を抱いた後で「でも、一緒に考えて生きていく人がいるんだよねぇ」と羨ましくも思った。

私は独身だし、どんなに真剣に願っても今の年齢まで結婚できなかったので、どんなに真剣に願っても相手が振り向くとは限らない結婚で幸せになるよりも、自分で自分を幸せにする方が現実的、と思っている。北海道移住プロジェクトに入った今、移住に早くとも数年はかかる見込みなので、30代のうちに結婚する確率は相当低くなってしまった。

北海道移住やバイク日本一周、あるいはJR全線完乗と言ったプロジェクトは、みんな「本人が諦めない限り、目標は絶対に逃げない」という点でやりがいがある。一切の言い逃れもできないけど、すべては自分のためである。

もっとも、もし結婚していたら「目の前の配偶者が北海道移住の障害になる」と間違いなく考えただろう。そう思うのなら、結婚していないのも仕方ないかもしれない。

大口玲子のように、2000キロ離れていても続く婚姻関係もある。それを羨ましくも思うけど、私に今、無理しないでできることは北海道移住に備えてお金と資格の準備をすること、そして可能な限り北海道に行くことだ。今は、自分に今できることを精一杯やろう。

| SHO | 携帯から | 22:17 | comments(1) | - |
地方に住むニーズ
大阪に行った時に、香川では売ってないCDを3枚ほど買って来た。

やなぎなぎ「エウアル」
サトウヨシアキ「like it was yesterday」
樋口了一「了〜はじまりの風〜」

地方に住んでいて不便なことのひとつは、マイナーなCDを買うのに苦労すること。やなぎなぎはともかく、サトウヨシアキや樋口了一はかなりの大都市のかなりの大型CD屋さんでないと買えない。何回もアニメのオープニング曲を歌っている、やなぎなぎですら香川のCD屋さんではアルバムを買えないのだ。

私が出身地の関西を離れてから、移り住んだ地方は山口県周防大島、宮城県仙台、群馬県草津温泉、愛媛県西条、そして香川県丸亀の5ヶ所。うち山口では広島に買い物に行き、仙台は市内だったので問題なし、群馬では信州中野、上田、前橋、そして東京に買い物に行っていた。愛媛では松山、香川では地元の丸亀か高松になるのだが、高松で手に入らないものは岡山ではなく、私は神戸か大阪まで出てしまう。

北海道に移住するにしても、私は小樽〜札幌〜苫小牧のどこか以外は今のところ考えていない。実は私が住んだ5ヶ所の共通点は「便利な田舎」ということで、一番不便な周防大島と草津温泉でも1時間半に1本くらいはバスがある。

草津温泉などは始発は6時の新宿行き、夜は新宿20時発の直通バスがあったので、下手な地方都市よりよほど東京との交通は便利だった。最悪、高崎までバイクで出れば上野23時前の列車で夜中1時に高崎に着くので3時前には帰れた。

北海道内でも、そんな私なので札幌から1時間圏内でないと住めないと思うのだ。釧路、稚内辺りは私には絶対に無理。「北海道に行ったらどんな生活がしたい?」と考えても、私は「便利な田舎で涼しい自然に囲まれた便利ライフを送りたい」のであって、間違っても大自然に囲まれたログハウスの一軒家に住みたいわけじゃない。

こういうところで、自分が基本的には都会育ちの軟弱者だと思う。

というか基本的には地方に住んでも都会の生活をそのまま送っている。中古CD屋さん巡りなんて大好きだし、渋滞と満員電車がない涼しい土地で便利な地方ライフを送りたい、というのが私のニーズなので、あまり不便な場所は私の移住対象には入らない。

山口で4年半、仙台に4年、群馬で4年、愛媛に1年弱、香川に4年住んでいるので、いつの間にか人生の半分近くを地方で暮らしている。

出身地の兵庫県、あるいは現在の実家所在地である千葉県に住む予定は、人生設計が変わらない限りほとんどない。兵庫も千葉も渋滞と満員電車があるし、どちらも気温が暑すぎる。特に千葉はバイクに乗る限り、どこに行くのもどこから帰るのも不便極まりない。

結局、どこに住むかと言うのはどんなライフスタイルのニーズを持っているかと言う問題に帰結する。なんて言うのは私には家庭がなくて、実家に戻ることは身体的問題から無理で、何がなんでも涼しい土地に住みたいと言う事情があるからだけど。

| SHO | 携帯から | 21:16 | comments(1) | - |
当然の選択
昨日は中学時代の友人のところに泊まっていました。

友人も奥さんも同い年なので、お互いの親の話からお墓の話、これからの住む場所や家まで話をしていました。お墓の話がリアルになるなんて、もうそんな年齢になるんだねぇ〜と感じました。

昨日は、母が祖母の面倒を見るために大阪に来ていたのでお昼御飯を一緒に食べていました。その時にも家の話から、四国を遠くない将来に離れるつもりであること、もう二度と暑い地域に住む気はないこと、次は絶対に涼しい地域に住むつもりであること、など話していました。人生設計が変わらない限り、今の実家がある千葉や、出身地の西宮に私が今後住む可能性はほとんどないことも。

私はそんなに遠くない将来に北海道の札幌周辺か、関東に帰るなら群馬に再移住すると言っていて、日々そのためにどうすれば良いのか考えながら生きています。なかなか糸口が見つからないけど、家族にも将来の話をする時には北海道か群馬に住むつもり、という話はするべきだと思っています。家の話もあるので、私が実家に帰るつもりなのと、実家に帰る気がないのとでは全然違うので。

友人に、私が守りに入っていないのはすごい、と言われたのですが、私は家族もいないし、肌の調子が悪いのとも付き合って生きていかないといけないし、記憶が正しければ、どんなに遅くとも1995年には既に北海道に将来住みたいと言っていました。

それをまだ果たしていなくて、私の体にとっては涼しい地域に住む必要がある以上、北海道に住む方向に動くのは当然の流れです。

| SHO | 携帯から | 09:47 | comments(1) | - |
迷子
講習の後で西梅田のタワーレコードに行ったら、なんと西梅田の地下街で迷子になった。

まさか出身地の地下街で迷子になるなんて…。びっくり。

| SHO | 携帯から | 18:29 | comments(5) | - |
Mamma Mia!
早く寝たものの目が覚めてしまって、眠れないまま「mamma mia!」の映画版を見ている。

「mamma mia!」は、ミュージカルも映画も何回も見に行って、ウォークマンにミュージカルと映画の両方のサントラが入っているくらい好きなストーリー。

娘の結婚をテーマに、親子2世代の恋愛が描かれるストーリーなのだけど、若い頃なら娘の方に憧れたのだろうところ、今はもう親の方に共感してしまうあたり、私も歳を取ってしまった。

映画はミュージカルの映画版であることが強く意識されていて、ミュージカルのアンコールまで映画で再現されているのが良い。ミュージカルを見た人でも楽しめて、アンコールがあることでミュージカルを見ているのと同じ感じがする。

私が映画版で特に好きなのは「our last summer」のシーン。遠い昔の旅の思い出を歌う場面なのだけど、私にも四半世紀に渡る旅の思い出があって、ものすごく共感してしまう。ものすごくたくさんの旅の思い出があって、私も今があるので。

ABBAの歌にも、このミュージカルにも私はたくさんの嬉しかった、そして悲しかった切ない思い出があって、深夜に起きて映画を見ていると、思い出してしまう。

このストーリーには、主人公のソフィの父親候補のひとりとしてビル・オースティンという紀行作家が登場する。私はこの人のような人生が憧れなのだけど、旅する人生を選び続けてきた人の心の抱えている悲しみとか弱い部分が、私にはよく分かって共感する。

もっとも、このビルはストーリーの最後に主人公の母親の親友と結ばれることになる。私にもそんな日が来るのだろうか?

| SHO | 携帯から | 01:43 | comments(2) | - |
7周年!
今日、7月4日で普通自動二輪免許を取ってから丸7年になった。

原付を除く走行距離は、3ヶ月乗ったカワサキKLE250アネーロが4000キロ、2年5ヶ月乗ったヤマハFZ400が27000キロ、4年3ヶ月乗っているヤマハYZF-R6が85000キロで、7年間で合計116000キロ。

あと何年R6に乗っているのか分からないし、後遺症が悪化すればあと何年バイクに乗れるのか分からないけど、できる限り長くバイクに乗りたい。

| SHO | 携帯から | 21:36 | comments(0) | - |
車検とアニメ
102000キロ走ったところで、昨日R6が車検に入った。リヤサスペンションとスイングアームのオーバーホールを筆頭に、いくつか特別整備をするので、最低でも2週間かかるらしい。

代車はヒョースンGT250R。以前借りた時にはあまり良い印象を持たなかったのだが、今回初めて高速を走ってみて、高速道路ではR6と遜色ないスピードで走れることに驚いた。上り急勾配ではさすがに速度が落ちるものの、高速での一般的な速度では、4倍近い最高出力を誇るR6と同じ速度、同じ所要時間で走れるのだから優秀なものだ。

以前乗っていたカワサキKLE250アネーロでは110キロも出せば風圧と細いタイヤで走り辛かったものだが、GT250RはR6と互角に走れるんだからなぁ…。同じ250でも違うものだ。

今は晩御飯を食べているのだが、「超時空要塞マクロス」と「マクロスF」のサントラを聞き比べながら、25年の時間の流れを感じている。

私は初代マクロスの現役世代なのだけど、オープニング曲が「マクロス」から「ライオン」に、エンディングが「ランナー」から「ノーザンクロス」に変わったくらいの違いはある。「ランナー」なんてモロに80年代のアニメのエンディングだものなぁ。

機動戦士ガンダム、超時空要塞マクロス、宇宙戦艦ヤマトと私は初代を見ているけど、続編が次々に出ているのを見ると、30年以上も続いているなんてすごいなぁ、と思うと共に自分がファースト世代で良かったなぁ、と感じる。でも、この四半世紀でアニメの曲ってずいぶん変わったなぁ…。

「超音戦士ボーグマン」とか「紅い光弾ジリオン」あたりから、アニメの曲も変わってきた感じがするのだけど、私がアニメを見ていたのは中学時代までなので、90年代以降のアニメのことは分からない。

と言いつつ「マクロスF VOCAL COLLECTION 娘たま♀」は持っているのだけど。私の年代を考えると、ちょっと恥ずかしい気はする。

マクロスFのVocal collectionはアニメのサントラだけど、普通に音楽のアルバムとして聞いても気持ちいい。アニメのサントラだけど、バイクのBGMとしても気持ちいいのだ。

| SHO | 携帯から | 21:29 | comments(0) | - |
続きのさらに続き
ベースボールマガジン社から北海道日本ハムファイターズの誕生10周年メモリアルブックが発売されていたので買ってきた。

読みながら、「北海道か、群馬か」ということを考えている。昨年からずっと考えていることで、昨年は結果的に転職できずに会社内で人事異動したので沙汰止みになっていた。

アトピーの調子が今年は四国に来て5年目で一番悪い。異動してまだ1年なので今すぐ動ける状況ではないものの、四国に来て十分な強さの温泉がないことも再移住を考え始めた理由のひとつ。

それらの事情がなくても、北海道に住みたい希望が揺るがない以上、再移住の検討は時間の問題だったとも思うのだが。

3年前に結婚の話が実はあって、結果として結婚しなかった。その時点で結婚していたら進路が変わっていたかもしれないけれど、今となると再移住を検討し始めているのに結婚できないよね、と考えが変わってしまっている。

親は私が40歳になる前に結婚して欲しいらしい。でもそんな事を言うなら結婚の話が出た時に反対しなきゃ良かったんじゃない?結婚はできる時にしておかないと、タイミングを逃すとできなくなる。数年以内の再移住を考えているのに、今さら自分の行動を縛るようなことはできない。確実に移住の障害になるから。

30代も後半になって、もう結婚しないかもしれないなぁ、ともリアルに思い始めた。結婚したくて仕方なかった時期もあるけれど、真剣に望んでも上手くいかなかったのなら仕方ないじゃない。友人のなれそめとか聞いていると羨ましくも思うけど、残念ながらそんな甘酸っぱい青春時代でもなかった。自分のできることをその時々に精一杯やって来たら今の自分になっただけ。

旅は裏切らない。私は生涯現役の旅人でいたいし、生涯現役を続けることが究極の目標でもある。

座右の銘は?という問いに、数年前から

旅に病んで夢は枯野をかけ廻る 松尾芭蕉

を挙げている。この句は松尾芭蕉の辞世の句。私にはこの句が身近に感じられる。常に体の奥から旅に出たい思いが沸き上がっているので。

この句を思うたびに、私自身には「旅に病んで」じゃなくて「旅を病んで」の方がふさわしいかもしれない、と思う。自分でも私の放浪癖はビョーキだと思うので。

| SHO | 携帯から | 23:04 | comments(0) | - |
どこに住もう?の続き
職場で旧知の人と仕事の話をしていて、ひょんな話から仕事論というか社会人論みたいな話になった。

私ではない人の話からなったのだが、仕事から逃げる人、転職癖のある人の話になって、私もそうではないだろうか?と考えた。

私の場合、人生で最優先の価値を旅が占めているのは昔からで間違いない。一生旅人を続けることが究極の目標とも言っていて、これも今に始まった話じゃない。

北海道に住みたいとも、高専時代から言っていたことでもう20年以上も言っている。インターンもわざわざ希望して北海道の企業にしたくらいで、北海道に住みたいと考えているのも間違いない。

私の職業的アイデンティティは?と考えた時に、今の私には職業的アイデンティティがないと気づく。昨年異動したことで、航海士という元々の職業とは完全に縁が切れてしまったし、だからといって今の仕事はまだ1年足らずだから職業的アイデンティティにはなり得ない。

私はいったい何者なのだろう?仕事という枠を外せば「旅人」という一言で片づくのだが、仕事という枠をはめた途端に分からなくなる。

ある程度は我慢して仕事を覚えないと、北海道に行くための転職ができなくなる。という言い方は正確じゃないな。ある程度の年齢になれば、ある程度の知識と経験を最初から期待されるので、今いる環境で精一杯身につけておかないと転職すらできなくなる、ということなのだ。

だから目の前の仕事を精一杯やらないといけないわけだけど、だからといって自分が何を考えているのかも大事。

私の場合は放浪癖というのかもしれないけど、漂泊の思いは止まない。旅に出たい。

アトピーの調子が悪化していることもあり、どこに住む?ということは毎日考えている。

旅の拠点にする。
体の調子を整える。治す。
旅に出ていない間、そこで暮らす。

という3つの機能が要求される。北海道に暮らしたいのは本当だけど、これらの機能を満足しているのだろうか?それはいつも考えている。

群馬に戻ったら?ということも常に考える。あるいは新潟県か。私が日本中を回ってきて、次はどこに行きたい?と考えると新潟県北部から山形県、秋田県にかけての日本海側というのは常に上位に挙がる。何回行っても好きな場所なのだ。

実家のある千葉県ではなく、群馬が北海道以外では筆頭の候補に挙がるのは日本海側東北、北海道、そして中部、北陸、関西へのアクセスの良さという理由がある。そしてもちろん東京へのアクセスの良さも。自分が4年住んでいて良さも土地勘も分かっていることもある。

群馬に次に住むんだったら渋川か中之条、と思っているけどね。昨年は前橋か高崎と言っていたけど…。四国に住む前に住んでいた草津温泉は不便過ぎるのと、今は草津温泉が合っているわけではないので、考えていない。

| SHO | 携帯から | 07:22 | comments(0) | - |
どこに住もう?
ビッグバイクマガジンでヒザすりの特集をやってて、初めて買ってきた。

ライダーズクラブのライディングテクニック特集本も良かったのだが、私のテクニックはライダーズクラブ育ちなので、基本的には知っている内容。同じ内容でも違う視点から書いたものを読みたかった。

5年以上前から知識としては知っていたけど、ようやく最近できるようになったこともあって、まだまだできないこともたくさんある。ライディングテクニックは奥が深い。

群馬に住んでいた頃はライディングスクールに通っていたのだけど、四国に来てからは完全にごぶさた。GKライディングスクールに行ったら、私以外の全員が大型乗りだったこともあったっけ。ヒザすりはGKライディングスクールで、白糸サーキットでVT250スパーダで経験はある。一般公道ではたまたまヒザが擦れたことはあるけど意識してヒザすりしたことはない。

特集を読みながら、自分にも我流のクセがついてしまっていると感じた。肩の開き方が逆だったりね。

今日は久し振りに部屋から動かなかったのだけど、関口知宏の最長片道切符の旅のDVDを見ながら、どうやったら北海道に住めるのだろう?と考えていた。

北海道というか札幌に住みたい、とはずっと言っていることで、でもまだ糸口が見つからない。

北海道に住んだら、北海道以外の場所に行くのが大変になる。それでも北海道なのか?という疑問がずっとあって、答えはまだ出ない。同じ住むなら寒くて乾燥した土地の方が良い。

北海道以外なら、群馬か日本海側に住みたい。昔から日本海が好きだった。

アトピーが今年は再発していることもあり、再移住は真剣に考えるべき問題になりつつある。でも、どうする?

いずれにしても東京にはもう住めない体だろう。親は本当は東京に戻って来て欲しいらしいけど…。

| SHO | 携帯から | 21:30 | comments(0) | - |
覚悟の問題
今日はすごく良い天気で、夕暮れの空もすごく高かった。東京には絶対にない、この景色を求めて四国に移住する人は必ずいるはずで、確かにとても良い景色。

にもかかわらず私は北海道の札幌周辺に住みたいと(四国に住むずっと前から)言っていて、香川県に住んで4年になるけど、四国の良さも知った上で、やっぱり一生四国に定住する気にはなれない。

四国に住んでいる人には、四国から出たことがなくて四国に一生住むつもりの人、四国を一時的離れていたけど戻ってきて四国に定住している人が山ほどいて、四国在住5年目の今も私はカルチャーショックを受け続けている。香川県が人生で10都府県目の私とは、真逆の生き方だから。定住志向のない私には今でも驚異というより脅威で、慣れない。

昨日の話の続きになるけど、私は何かのプロフェッショナルなのだろうか?とは日曜日の会合以来ずっと考えている。もちろん今も定職には就いているし、目の前の仕事をないがしろにする気はない。でも、私は今の仕事の第一人者ではない。一生今の仕事を続けるのかと考えると、疑問符が大きくついてしまう。腰が一歩引いてしまう自分は間違いなくいる。

私に足りないものは何だろう?と考えたら、最初に出てきたのは「覚悟」。

旅に対しては、一生旅人を続ける前提で人生を考えているわけで、覚悟がきっとできているのだろう。バイクだって、今のバイクを乗りこなすのに一番必要なのは「覚悟」だと思う。

大型二輪の免許を取るのに正規は10時間なのに20時間かかった私なのだからセンスは人並み以下なはずで、私と同時期に免許を取った大多数のライダーと私を分けているのは「絶対にスーパースポーツを乗りこなす」という覚悟の問題。そして「絶対に日本一周する」という覚悟の問題。私は、これだけは他人に負けたくないのだ。

それだけの覚悟を今の仕事に対して持てているだろうか?と考えると、今の仕事をないがしろにするつもりは全くないけど、そこまでの覚悟を持てているとは言えない。さっき書いたことの裏返しで、私と第一人者たちを分けている境界線は覚悟の問題なのだろう。

じゃあ、どうする?と考える。短絡的に、だから旅に出ます、とはいかない。

| SHO | 携帯から | 21:44 | comments(0) | - |
旅人と力率
一昨日の会合で、たくさんの名刺交換をした。社長さん、女医さん、病院長さん、書家、コンサルタントなどなど様々な方と名刺交換させて頂いたのだが、しまいにプライベートの名刺を使いきってしまい、やむなく仕事の名刺を出す羽目になったりもした。

みんな凄いなぁ、と思ったのだが、私は何かのプロフェッショナルだと言えるんだろうか?とも思った。一応会社では役職に就いているけれど、今の仕事は専門外の部署に異動してまだ一年目。まだまだ分かっているとはとても言えない。

会社の名刺を基本的に使わなかったのは、会社の名刺を乱発できるほど名刺を会社から渡されていないのもあるし、北海道移住を短期目標に挙げている状況で会社の名刺を渡しても意味がないという事情もある。でも、いろんな仕事のプロフェッショナルが集まる会合で私が自信を持って肩を並べられる肩書きは、実は仕事じゃないという事情が一番大きい。

私は「旅人」という肩書きのプライベートの名刺を使っている。「国内で、鉄道またはバイクで」とジャンルを限定しての話だけど、余人が容易に追いつけないレベルまで極めているのは旅人としての自分なわけで。

旅することで食べていける人はほんの一握りで、ほとんどの人は私と同じように年間の何十日かだけ旅人に復帰する、パートタイムの旅人だろう。それでも、人生の何十年間かを全力で注ぎ込まないとJR全線完乗とバイクの日本一周のダブル達成なんてできない。常に私の価値観の第一位が旅人としての自分にあるから実現した。

バイク日本一周は勢いというビギナーズラックでできるケースもあるけど、自転車で着手してからバイクで完了するまで日本一周に14年かかった私の場合は、あらゆる困難をはね除けての意思の産物。普通なら挫折する局面なら山ほどあったし、絶対に諦めなかったから実現した。日本一周のことを考えながら、いつも「どうやったらできるだろう?」と考えていた気がする。

他の職種以上に限られた今の会社の休みの中で、日本一周のために北海道の果てから沖縄まで自走で往復したかったら、1日で1000キロを走れるだけの運転技術が必要だったから身につけただけの話。バイクに乗るのは今でも下手だけど、本当に下手なヤツが日曜日の朝の6時から850キロ走って、四国から日帰りで名古屋まで往復できるはずないでしょ?

私は「宮脇俊三や賀曽利隆になりたかったけどなれなかった、ただの旅人」の一人だ。私は本来スポットライトを浴びることが好きだし、でも残念ながら今はただの旅人の一人でもある。

じゃあ、そういう今の自分を認めた上で、究極の目標として一生旅人を続けるために今は何ができる?と常に考え続けている。私の心の中の口癖は「じゃあ、どうする?」なのだ。

自分のアイデンティティー、あるいは「自分の人生を捧げる」という意味でのプロフェッショナルの対象としての「旅人」という肩書きは、いろんな職種の第一人者たちに混じっても恥ずかしくない。なぜなら、仮に批判する他人がいても、その人は容易に私と同じレベルには追いつけないから。

その私のエネルギーを、どうやったら私は旅することをお金に変えられるのだろう?旅人で居続けるだけでは、あまりにエネルギーの力率が低い人生なんだよなぁ…。

| SHO | 携帯から | 21:33 | comments(0) | - |
アルファ波とベータ波
昨日の3%の会の会合で、アルファ波とベータ波の話があった。リラックスしている時、快楽の時に出るのがアルファ波で、緊張している時、戦うモードの時に出るのがベータ波なんだそうだ。

話を聞きながら、ふと合点がいくことがあった。

私は以前から自分のバイクに乗る時に、ものすごく緊張するのと同時にものすごくリラックスする、と書いている。今のバイクに乗り換えて5年目、84000キロ走っていても、今でも自分のバイクに乗ると緊張とリラックスが共に高いレベルで同居する不思議な感覚に襲われる。

脳波を調べないと分からないけど、私は自分のバイクに乗る時にアルファ波とベータ波を同時に出している状態になるんじゃないだろうか。

私のバイクはスーパースポーツというジャンルで、私のR6で乾燥重量162キロ(400佞龍欺車より軽い!)の車体に100馬力を超えるエンジンを搭載して時速250キロ以上の最高速度を出す。一般道でそこまで出すわけではないけど、加速は速いし挙動も俊敏だし、操作を間違えたら事故を起こす危険が常にあるジャンル。本来はサーキットをレースするためのレーサーバイクなのだ。

つまり、自分のバイクに跨がると緊張するのは当たり前で、そうでなければいけない。

というか、乗るたびに緊張するバイクでなかったら、たぶんここまで好きになってない気がする。でも緊張するだけでは長距離はとても走れるものではなく、リラックスしているから、バイクの運転が快楽だから長距離を走れる一面は間違いなくある。

アルファ波とベータ波が同時に出ている状態というのは、人間にとってものすごい快楽なのではないだろうか?

R6に乗るたびに襲われる感覚の説明が完全にできたわけではないけど、こう考えると腑に落ちる気がする。

昨日も感じていたし、今日も通勤のためにR6を運転しながら、リラックスと緊張が同居しながらテンションが上がっていく独特の感覚を感じていた。これってものすごい快楽だよなぁ、と感じながら。

| SHO | 携帯から | 21:34 | comments(0) | - |
無事帰宅
昨日は坂出北で高速を23時前に降りて、買い物して23時半に帰宅した。

土曜日も月曜日も働いている日曜日に、800キロを超えたのは初めて。2年前まで1日800キロは超えられなかったのだが、今や普通に走るようになってしまった。それでも、今年のゴールデンウィークに神戸から八戸まで1日1200キロ走ったのに比べたら3分の2の距離に過ぎないのだが…。神戸から磐越道経由で福島まで走るのと、昨日の距離が同じくらい。

走ってて運転が楽しいと思っていなければ無理なんだろうなぁ〜。

6月9日 丸亀〜伊吹山〜名古屋〜丸亀
走行距離 854.9キロ
オドメーター 101305キロ

| SHO | 携帯から | 12:35 | comments(0) | - |
沖縄に行きたい〜!

Coccoを聞きながら、また沖縄や奄美大島、未訪の徳之島や対馬、佐渡島などに行ってみたいなぁ、と考えている。Coccoを聞いていると南西諸島方面へ旅に出たくなる。「コーラルリーフ」、「陽の照りながら雨の降る」、「ジュゴンの見える丘」など聞いていると、ホッとして旅したくなるのだ。

鹿児島までは陸路でも海路でも12時間かかる。鹿児島から奄美大島までがフェリーで11時間。奄美大島なら3日あれば行って来れるんだよなぁ。

日本中を旅したい。世界にも行ってみたい。そのためには北海道がベストの拠点なのか?とも南西諸島に行きたい時には考えてしまう。

北海道から沖縄までは、青森から鹿児島まで日本海回りで2000キロある。最低でも2日、できれば3日は片道に欲しい上に、鹿児島から那覇まで25時間かかる。札幌から那覇まで、バイクだと往復するだけで一週間かかるのだ。国内なのに往復4000キロなんて、考えるだけでワクワクする距離だけど…。

新日本海フェリーとマルエーフェリーを乗り継げば、小樽から那覇まで片道3日あれば余裕で行けるんだけどね。
| SHO | 携帯から | 19:24 | comments(0) | - |
短歌研究新人賞
最近知り合った人の大半は知らない話だけど、私はもともと短歌をやっています。

諸事情あって7〜8年ほど短歌はお休みしていたのだが、今回は実は短歌研究新人賞に久しぶりに応募するつもりで、5月の初めから準備していた。

いつものように準備を終えて、雑誌付録の応募用紙を書いていて、実は今回の締切が例年より早くて5月20日だったことを知った!なんたる失敗!5月20日には十分に準備できていたのに…。

角川短歌賞は今日締切で例年と変更ないのだが、短歌研究新人賞の30首に対して角川短歌賞は50首。いくら何でも1日で20首は詠めなかった…。38首でギブアップした。

あ〜あ、でも発表してしまうと同じ歌は使えなくなるので、あえて発表はしません。私が短歌をやめることはないけれど、第一線に復帰するのはいつなのだろう?

| SHO | 携帯から | 23:25 | comments(0) | - |
3%の会と名刺
先週の土曜日に、3%の会という会の会合に行って来た。

それから一週間近く、いろんなことを考えていた。今後の将来設計の話、あきらめるつもりの全くない北海道移住の話、まだ叶っていない希望の話、などなど…。

昨年8月に異動して、それ以前よりは幸せになった。それは間違いないのだが、幸せになりきれてはいないと、ずっと感じている。幸せになった結果に意味があるのではなく、幸せになろうとする過程に意味があるのかもしれないが…。

人生お一人様一回限りと考えた時、どうしたい?と考える。それとセットで「もし誰とも出会わなかったとしても、どんな孤独にあっても人生の最後にそれでも幸せだと言い切れるためには、何をすればいい?」とも常に考えている。

今回、初めてプライベート用の名刺を作った。私の名前と肩書き、連絡先だけしか書いていない名刺で、ネットカフェでExcelを使って1時間で作ったのだが、肩書きは「旅人」とした。JR全線完全乗車と自転車・バイク日本一周達成者である旨も、名刺に書いた。

仕事で会う人と海事関係者以外に会社の名刺を渡す必要はないし、3%の会の方に会社の名刺を渡したところで、それがビジネスにつながることは期待していない。もっと言えば、自分自身と握手のできる人生を目指す人の集まる会合に、会社の名刺を渡すのはふさわしくない。私が彼らに知って欲しいのは、旅人という肩書きの私なのだ。私は今も会社員の傍らで、年間数十日は旅人に復帰している現役の旅人なのだから。

どこの会社に勤めているか、なんて私の本質にはどうでもいいこと。私が名刺で本当に知ってもらう必要があるのは、私はキャリアのある旅人で、旅人を一生続けることこそが私の人生の本業なのだということなのだ。

もしひとりで死ぬことになっても、納得のできる生き方とは何ですか?という問いの答えが私にとっては旅人を一生続けるということだった、ということ。子供の頃から旅が最大の価値観で、今もこれからもそうだということだ。

という人が、幸せな人生を目指す人の会合で会社の名刺を渡す方が不自然じゃないですか?ましてや3年以内の北海道移住を目指すってことは、今の会社の名刺を渡す意味が全くないでしょう?

| SHO | 携帯から | 21:29 | comments(0) | - |
運転したい〜!
会社帰りにバイクを運転しながら、無性にバイクを運転したくて仕方ない。

正確にはR6を運転したくて仕方ないのだけど、R6で今日通勤していたら、たぶん会社帰りに高知あたりまで走りに行っていたはず。往復したって200キロちょっとだから大したことはない。

R6を運転しているとリラックスできる。緊張もするけれど、日常の中で間違いなくストレス解消の手段になっている。R6で運転するとホッとするのだ。グランドディンクでは絶対にそうはならないのだが。

どんなに年間乗車回数がダントツNo.1でも、グランドディンクを主力車両とは絶対に呼ばないのは、走ることそのものが乗車の目的になるか否かの違いだろう。R6の走行距離の半年分ちょっとしか、4年乗っているグランドディンクでは乗っていないからね。

あ〜、運転したい。

最近、相川七瀬をよく聞いている。相川七瀬を聞いているから運転したい…わけではない。

時々考えるのは、東京の近くに戻ったらどうなんだろう?ってこと。四国に住む前は群馬県に住んでいたのだが、私の地元は今は東京なので、将来的に四国から東京の近くに戻る可能性は否定できない。北海道でないなら群馬に戻りたい、というのも以前から言っていること。

私に大きな影響を及ぼしている、あるバイク乗りの方が東京を離れて移住の末に家庭の事情で東京に戻っている。東京を離れた理由も、東京に戻った理由も私には納得がいく。

私が将来同じ決断をしないとは正直言えず、とりあえず四国で家を買うつもりはないとはっきり言えるのだが、もし東京に住んでいたら、今日みたいな心境の時は首都高とか走りに行くんだろうか?と考えてしまうのだ。

| SHO | 携帯から | 20:43 | comments(0) | - |
オイル交換
ゴールデンウィークが終わってから2週間連続勤務が続いていて、明日も仕事。来週の金曜日まで19連勤の予定。

あと300キロあまりまで迫ったオドメーター100000キロだが、ロングツーリングに1回行けば達成なのだけど、まだ先が長いなぁ…。

やっぱり次のバイクはYZF-R1だよね〜!とか思いながら、ようやくオイル交換とツーリング前点検に来ている。フロントブレーキのパッドがもうないとのことで交換中。チェーンとスプロケットももうすぐ交換しなきゃ。

なんだかんだ言ってR6の整備もマメにしているし、4月から2ヶ月連続で月間3000キロ以上走っているし、今年は元旦からもう11000キロ走っているし、私がR1に乗り換えるのはいつになることやら…。

今日はほぼ10日ぶりにR6を運転しながら思ったのだけど、私はなんだかんだ言ってバイクの運転そのものが好きなんだなぁ、と考えた。でなきゃR6なんてバイクは選んでいない。

だってR6は運転が好きじゃない人が乗っても楽しくないもの。バイク任せで走るなんてことは許してくれないバイクで、五感と全身を使って運転しないとバイクがまともに動かない…わけではないけど、やっぱり楽しくないとので。バイク任せで走るんじゃなくて、ライダーがあくまでも主役のバイク。

スロットルアシスト、私はきっと導入しないだろうなぁ…。

| SHO | 携帯から | 19:56 | comments(0) | - |
無事帰宅
午前2時前に無事に帰宅した。

5月5日 舞鶴〜丸亀
走行距離 307.2キロ
オドメーター 99209キロ
総走行距離 2720.3キロ
ゴールデンウィーク総走行距離 4091キロ

オドメーター100000キロまで、あと800キロ弱に迫った。

| SHO | 携帯から | 12:29 | comments(0) | - |
思うこといろいろ
新日本海フェリーで舞鶴に戻る船内にいる。

昨日は出港して晩ご飯を食べ終わったらすぐに寝てしまった。眠くて眠くて仕方なかったから、たぶん疲れていたんだろう。

昨日、十勝を走りながら「やっぱり北海道に住みたい」と思った。四国には絶対にない広い空。そして独特の空気というか空間。もう何年も言い続けてまだ叶っていないけど、やっぱりここに住みたいと思った。

住むのだったら札幌か小樽、苫小牧あたりの範囲まで。私は旅人をやめるつもりは一生ないからで、北海道に住みながら旅人を続けるのなら新千歳空港を使える場所というのが絶対条件になる。それに、私は北海道で暮らしたいけど田舎暮らしをしたいわけではない。それなら札幌周辺以外に選択肢はない。

今回、5月2日が平日だから北海道のジョブスポットに行こうかとも思った。でも4日の午後は北海道鉄道技術館に行くので半日は札幌にいるし、3日しかない滞在期間の半分を札幌で過ごすのには納得がいかなかった。私が今は異動して1年目で、今すぐは北海道に移住できる状況ではない、ということもある。

結局は現状で何ができるか、現状で無理なくできることを見つけて一歩一歩前進する、その積み重ねしかないのだ。日本一周の時もJR全線完乗の時もそうだった。

JR全線完乗は12歳で着手して26歳で達成するまで1年以上中断したことがあるし、日本一周は賀曽利隆さんの「50ccバイク日本一周2万キロ」を読んで最初に考えたのがたしか16歳の時。自転車日本一周に挑戦したのが22歳。達成できないまま中断して、バイク日本一周として再開したのは31歳の時。日本一周達成が36歳だったから、ずいぶんと気の長い話だ。20年も情熱がよく続いたと思うけど、本人的には達成したいのに達成できなくて、続けてチャンスを狙い続けていたら20年経ってしまっただけ。

北海道には毎年来れているから、ある意味では日本一周みたいに達成どころか挑戦の見込みもないまま何年も準備するチャンスを待って作り続けるよりマシかもしれない。

日本一周は最後の最後、今のバイクを買ったことがブレークスルーだった。1日1000キロ以上走れるバイクは他にもあると思うけど、結果として私にはピッタリ合ったバイクだった。その前に乗っていたFZ400ではダメで、YZF-R6でなければダメだったんだ。1日1200キロも今回は走ったけど、そのまま北海道に渡って走り続けられたことが優秀な旅バイクであることの証明。「そんなに乗れない」のは、合ってないか乗りこなせていないのどちらかだと思う。

でも「どうやったら日本一周できるか」の解答はバイクを買うまで分からなかった。解答なんてそんなもの。だから、今は答えが出なくても挑戦することを諦めてはいけない。

北海道に移住するために今の自分に無理なくできることを、私は今できているだろうか?毎年できる限り北海道に来ているが、現状はそれが精一杯だ。

1日1200キロを走ることが、今後も連休を使って北海道に来るために必要になる。今回、眼精疲労の決定的な発症はなかったものの、昨日サングラスをし忘れて長距離を走ろうとすると途端に目に疲労が来て、すぐにサングラスをかけた。目の疲労は確実に蓄積しているし、交通事故の後遺症で首から来ている左肘は、日記には書いていないが走行中に何度か激痛を上げた。放っておいて長距離を走れるほどは、私ももう若くないということだ。

北海道に住んだら何がしたい?北海道でなければならない必然性は何?といつも自問自答している。たしかに北海道は大好きだけど、北海道で骨を埋める気はあるのか?と。

そして、私は北海道で何ができる?と考える。どういう仕事があって、私は何で食べて行ったら良いのだろうか?休みはどれくらいあって、私は休みの日に何をしているだろうか?どんなテレビ番組を見て、どんな本屋に行って、平日に仕事が終わったら札幌ドームに行く生活を送っているのだろうか?私はなぜ北海道に移住したいのだろうか?

北海道に移住するということは、北海道が日常の生活の場所になるということだ。北海道が「ハレ」の場所ではなく「ケ」の場所になるということだ。だから不便さも引き受けなければならない。最低気温マイナス15度の場所に4年住んでいたので札幌の寒さは問題ないけど、北海道に住む問題はいろいろある。

それでも移住したいのか?ってことなのだ。

結局は今できることを確実にこなすしかない。日本一周だって中断した10年弱の間に「日本一周したい」という気持ちが切れたことはない。自転車では結局できなくて、ロードレーサーに乗り換えたけどできなくて、原付に乗ったら最後は事故って(その時の後遺障害が今になって出ている)、2年ほど完全に二輪から離れたのだった。

2年ほどして再び二輪に乗れるようになって、ホンダCRM50→カワサキKLE250アネーロ→ヤマハFZ400→ヤマハYZF-R6と乗り換えて最後は日本一周達成に成功したのだった。

だから今も同じだと私は言いたいのだ。今の方がまだマシかもしれない。チャンスを作り続けても答えが見つからない時もある。でもチャンスは仕掛けて作り続けないと達成なんてできない。

3年前、初めてバイクで北海道に来た時も、今年と同じ5連休だった。往復に2日取られて、北海道に滞在できるのは3日間だけ。それでも北海道に行くのか?と考えた。

でも、「3日間あるじゃないか。3日間の最大限を走ろう」と考えたら、3日間で知床から宗谷岬まで回って1660キロ走ってこれた。「なんだ、できるじゃないか」と思った。

でも往復2日をフェリーで過ごすのは時間がもったいない。もっと走りたい。そう考えたら、神戸から青森まで1100キロだった。「これを1日で走れないか」と考えて実行したら、できちゃったのが昨年。そして今年は「青森からだと道南に入ることになるから、道央に直接入りたい」と考えて選んだのが八戸〜苫小牧のフェリー。これだと八戸まで1200キロ走ることになるけど、高速700キロ+下道400キロで神戸〜青森を走れる実力があれば高速1200キロは十分に大丈夫。

だから無理はしていない。ステップアップするうちに手が届いただけ。

夢なんてそうやって叶えるものじゃないだろうか。

今回、北海道内の走行距離は1173キロ。出発からここまで2413キロ走っているので、最終的な走行距離は5日間で2700キロほどになる予定。ゴールデンウィークの全期間を合わせた走行距離は4100キロほどの予定。

5日間で3000キロは超えられなかったけど、一昨年夏の東北ツーリングは5日間フルに使って3000キロを超えたんだし、昨年の北海道ツーリングは1日長い6日間で3000キロを超えたことを考えたら、今回は及第点の距離だろう。


| SHO | 携帯から | 19:26 | comments(0) | - |
無事乗船
札幌駅のJRタワーの三省堂書店にHTBのグッズコーナーがあるので、「水曜どうでしょう」のシールやマウスパッドなど、欲しいと思っていたグッズを買い込んだ。

それから高速で小樽まで走って舞鶴行き新日本海フェリー「はまなす」に無事乗船した。

眠い…。

5月4日 釧路〜小樽
走行距離 410.1キロ
オドメーター 98902キロ

| SHO | 携帯から | 23:24 | comments(0) | - |
ようやく半分
新潟県の黒埼パーキングエリアにやってきた。

9時間で600キロあまりを走破して、ようやく八戸までの行程の半分を消化した。仙台まではあと300キロ弱。

600キロも走ったら、普通は1日の行程が終わっちゃうのだが…。

富山県の有磯海サービスエリアの手前から雨が降りだして、新潟県内は降ったりやんだり。太平洋側に抜けたら回復するだろうか?

| SHO | 携帯から | 09:25 | comments(0) | - |
忘れ物
神戸から350キロを4時間半で走破して、富山県の小矢部川サービスエリアに着いた。そろそろ限界なので少し寝るつもり。

フェリーの中で忘れ物に気づいた。どちらも極めてヤバいもので、ひとつは帰りのフェリーのチケット、もうひとつはウォークマンの充電用USBケーブル。

フェリーのチケットは、予約番号を手帳に控えているので全額立て替えで乗れるはず(3年前にも同じミスを同じ新日本海フェリーでやっている)。ヤバいのはウォークマンの充電用USBケーブルで、私はiPodではなくウォークマンのユーザーなので高速のパーキングには売っていないのだ!

仕方がないので、高速を仙台宮城で途中下車して、東北地方最大の家電量販店、仙台駅東口のヨドバシカメラに行こう。マニアックな忘れ物なので、それでも手に入るか確証はないのだが、やらないよりはマシ。
今は予定よりは2時間先行しているのだが、どうなることだろう?

| SHO | 携帯から | 04:59 | comments(0) | - |
今月2回目のオイル交換
今日はレッドバロン新居浜でR6の今月2回目のオイル交換。今月初めに交換してから3週間で2300キロ走行して、これから北海道に行くのに長ければ3000キロぐらい走るので、早めに交換しておく。

さらに、昨年8月から20500キロ走ったフロントタイヤをブリヂストンS-20からダンロップのroadsportに交換。96400キロ走ったフロントタイヤのベアリングも交換する。

ツーリング点検もお願いして、これで北海道に行ける。緊張と同じくらいテンションが上がってきた。

| SHO | 携帯から | 16:24 | comments(0) | - |
無事帰宅
21時54分に帰宅した。

4月27日 丸亀〜郡上八幡〜七尾
走行距離 556.7キロ
オドメーター 95675キロ

4月28日 七尾〜丸亀
走行距離 644.4キロ
オドメーター 96319キロ
総走行距離 1201.1キロ

| SHO | 携帯から | 22:56 | comments(0) | - |
どこへ行こうか?
目は閉じていても眠れないまま、もうすぐ神戸に到着する。

当初の予定では郡上八幡からせせらぎ街道で高山に抜け、安房峠を越えて松本からビーナスラインを走るつもりだったのだが、北陸道を新潟まで走って磐越道を会津坂下で降りて六十里越を走るのも良いなぁとも思ったりしている。

いずれにしても、日曜日の走行距離は750キロ以内に抑えたいので信州北部までは土曜日のうちに戻りたい。夜中から走るので日没とともに行動を打ち切りたい、と考えると会津坂下が今回の走行の限界になりそう。

新潟県内がかったるいのなら長岡から関越道に入っても良い。どこへ行こうかな?

| SHO | 携帯から | 00:05 | comments(0) | - |
飛び石連休スタート!
明日からゴールデンウィークの飛び石連休。

明日は先週末の日曜出勤の振替で休み。前半は3連休で、最初の2日はツーリング。野沢温泉に行くつもりだったのだが、ライダーハウスが満室だったので予定は未定。29日は休みだけど仕事みたいなもので、上司がやっている祭りの屋台の手伝いをして30日だけ出社してから後半は5連休で北海道に行く。

午前零時に神戸に上陸してから、走りますか!

| SHO | 携帯から | 20:21 | comments(0) | - |
本棚の本
もう15年以上前の新卒の頃によく読んでいた本を、本棚から引っ張り出して読んでいる。

黒木安馬さんの「出過ぎる杭は打ちにくい!」という本。当時、著者は日本航空のシニアチーフパーサーをしていて、「一万メートル上空から観た人生成功人間学」と副題がついている。

という話を書いたのは著者が来月高松に来るからで、私は即座に申し込んだのだけど嬉しくて仕方がない。

私がスマートフォンを買ったのを期に北海道新聞を購読したのは、いろいろ考えたけどやっぱり理屈抜きで北海道に住みたいからで、北海道に住むなら札幌周辺が良くて、時期的には今は社内で異動してキャリアを積んでいる時期なので準備はするけどまだ先の話で、今は着々と準備をすべき時期だ、ってこと。

例えばフェラーリが欲しかったら、一番良いのはフェラーリのディーラーに出かけて欲しい車の運転席で写真を撮ってもらって年がら年中見ること。私は日本一周したかったし、スーパースポーツというジャンルのバイクに乗りたかったから年中そのことばっかり考えていたら、本当にスーパースポーツで日本一周してしまった。私が実は自動車学校でとんでもないダメ生徒だったなんて、そのバイクで関西から北海道まで1日で走れる今となったら笑い話だ。

なぜ札幌周辺なのか。私は北海道に住みたいけど旅人であり続けたいので、大きくあちこち行きたかったら札幌周辺しか選択肢がないのだ。それに北海道らしい暮らしがしたかったら札幌周辺でも十分に味わえる。

要は北海道で暮らしたいだけで田舎暮らしは望んでいないから札幌なのだ。

高専時代を通じてJR北海道の車内誌を購読していたし、大学時代のインターン先はそのJR北海道だった。自転車日本一周では全期間の半分を北海道で過ごした。そして今は毎年ゴールデンウィークを北海道で過ごしている。

棒ほど願って針ほどしか叶っていないけど、それでもバイクで日本一周を達成して毎年北海道に通って今でも北海道に住む希望を持ち続けている人がどれだけいる?と考えてみれば、棒ほど願って針ほどは叶っているよなぁ、とも考える。

だから北海道新聞を選んだわけ。数ある新聞の中で、専門新聞として読んでいる日本海事新聞以外の一般新聞が北海道新聞でなければならない理由がある。私が北海道日本ハムファイターズのファンという事情もあるけど。

というのは私の話だけど、今書いた話のかなりの部分、似たような話が「出過ぎる杭は打ちにくい」には出てくる。私だって旅人としては相当なレベルまで行っていると思うけど、まだまだ本人的には棒ほど願って針ほどしか叶っていないレベル。でも棒ほど願っているから実現したのだ。

自分で言ってりゃ世話ないけど、JR全線完乗とバイク日本一周を両方達成するには単なる腕と思い込み以上の鋼鉄の意思が必要だった。特に日本一周は自転車で中断してからバイクで再開するまでの9年半の間、せっかく入った大学は中退するわ体を壊して働くこともできなくなって4年も湯治するわで、チャンスを模索しながらあがき続けた時間は本当に長かった。今だから言えるけど、普通なら諦めてもおかしくない状態だったんじゃないだろうか。諦めようと思ったことは一度もないけど。「絶対に日本一周してやるんだ」というのを心の支えにして9年半を耐えたんだけどね。

自分で書いていて、だから北海道移住だってできるはずだ、と勇気が湧いてくる気がする。

| SHO | 携帯から | 20:56 | comments(0) | - |
北海道新聞
スマートフォンに変えたことで、新聞を読みやすくなった。

従来も日本海事新聞を長年購読してきたのだが、もうひとつ増やした。それは北海道新聞。

海事新聞はWeb版であってもかなり高いのだが、北海道新聞はたったの100円。北海道の生の情報が四国に住みながら読めるのだから、かなり安い。

高専時代はJR北海道の車内誌を購読していたし、北海道の会社を希望して大学時代はインターンしたし、北海道に住みたいとは何年も言い続けている。四国に住みながら北海道新聞を毎日読めるとは、良い時代になったものだ。

| SHO | 携帯から | 12:52 | comments(0) | - |
北海道!と考えながら

スマートフォンにも、だいぶ慣れてきた。

予測変換機能が優れているので、直感的に操作ができるようになればブラインドタッチで打てそうだ。というか今もブラインドタッチに近いし。まだ瞬間で迷うので、まだまだなんだけどね。

携帯のロックの解除画面が出るたびに北海道の北十九号を疾走する自分の写真が大画面いっぱいに映し出される。それを見るたびに「北海道に住みたい!」と思う。もうずっと前から私は北海道に住みたいと言い続けていて、今も諦めていない。

強烈に潜在意識に焼き付けられているんだろうなぁ〜。

会社に行く時のテーマ曲が私は樋口了一の「1/6の夢旅人2002」なのだけど、北海道の写真を見ながらこの曲を聞いていると、北海道に住みたい、と強く思う。

https://www.youtube.com/watch?v=vsR4Z__HajM&feature=youtube_gdata_player
| SHO | 携帯から | 21:05 | comments(0) | - |
スマホデビュー

一昨日、携帯電話をスマートフォンに機種変更した。

今までは日記を全て携帯からアップロードしていたのだが、今回はブラインドタッチで打てないので苦戦中。

壁紙を写真のように変えたら、北海道に行きたいなぁ〜!
| SHO | 携帯から | 19:56 | comments(0) | - |
無事帰宅
20時半に、無事に帰宅した。

丸亀〜鬼北町〜佐田岬〜今治〜丸亀
走行距離 635.8km
オドメーター 95118km
| SHO | 携帯から | 20:48 | comments(0) | - |
ぴんぴんやの刺身定食

トコトコ走って香川県に入り、豊浜の「ぴんぴんや」で刺身定食の晩ご飯を食べている。

久しぶりに来たなぁ!何回か食べているけど、時々食べたくなる味。美味しい。

今日の走行距離は600kmを超えた。今日は香川県から愛媛県に行ってまた香川県に戻ってきただけなんだけど、なんだかエラい走っている。疲れたなぁ〜。

今月はロングツーリングに行かないから1500kmも走れないとか言っていながら、どうやら日帰りツーリングだけで1500km走りそう。オドメーターが本日95000kmを超えた。あと5000km足らずで100,000kmだ。
| SHO | 携帯から | 19:38 | comments(0) | - |
超久しぶりのマスツー

今日は朝2時半に起きて、4時半に過ぎに出発して宇和島に向かった。

豊浜SAで5時に給油して、伊予灘SAに6時、宇和島に7時前に着いて給油して、ライダーズカフェ「ON AND OFF」に着いたのが7時半。

tucicaメンバーと無事に合流して、朝ご飯を食べて9時前に出発。まずは佐田岬へ行く。4台ものマスツーはずいぶん久しぶり。香川に来てからは間違いなく初めてだから4年ぶり?

佐田岬に11時に着いて、写真を撮ってすぐ引き返す。「しらすパーク」でしらす御膳の昼ご飯を食べて満足満足。美味しかった!

佐田岬メロディーラインから夕焼け小焼けラインに入り、道の駅双海で休憩。やっぱり日曜日はすごい人出だ…。

時間がないので高速を伊予から今治湯の浦まで使って、15時に今治の糸山公園に到着。来島海峡大橋の写真を撮って、鳥取まで帰るメンバーさんを今治北インターまで送ってマスツーは解散。

ただいま西条市内のクレープ屋さん「love crape」でホワイトチョコレートのクレープを食べている。「いつもの」で通じるクレープ屋さんがあるって本当に幸せ。このお店に通い始めて、もう5年目になる。
| SHO | 携帯から | 18:05 | comments(0) | - |
on and off

4時半に香川を出発して、5時に豊浜、6時に伊予灘、7時に宇和島と休憩して7時半に広見町に着いた。

無事に合流して、これから佐多岬メロディーラインと夕焼け小焼けラインを走ってきます!
| SHO | 携帯から | 08:38 | comments(0) | - |
絶対のこだわり

先日、鳴門スカイラインの四方見展望駐車場で写真を撮ろうとしたら、4年6ヶ月使ったF706iの画面に縦線が走った。

外装を2回全交換して、電池も毎年交換して使い続けた愛機ではあるけれど、そろそろ寿命が近いみたいなのでクラッシュする前に機種変更することにした。

昨日から検討して、決めたのはAQUOSフォンのSH-04E。在庫切れで予約発注したので月曜日に機種変更の予定。

後継機種選びの条件はこんなもの。

防水携帯であること。
電池容量が大きいこと。
スマートフォンであること。
制服の胸ポケットに入って取り出しやすいこと。
外装の色は絶対にピンク。(ショッキングピンクは不可)

自分で自分のこだわりがあるんだなぁ〜と思ったのは外装の色。性能に大した違いがない中で、AQUOSフォンにした最大の理由はピンクの色設定があったこと。

白の本体に半透明のピンクのソフトケースでも良かったのだが、ハードケースもソフトケースも、ピンクの設定はショッキングピンクだった。趣味が悪い色だし、長く付き合いたい色でもない。

私は絶対に、白みがかった柔らかいピンクの携帯が良かったのだ。そんな「絶対」のこだわりが自分にあるとは思わなかったので、意外な感じがした。

でも今の携帯を4年半も使った最大の原因のひとつはストレスを感じない色だったことだし、私はウォークマンもピンクを選んで半透明の白のソフトカバーをつけている。今度買う携帯も同じ仕様にするつもり。飽きない色だし、淡いピンクは私にとっては一番好きというより一番ストレスを感じない色。

考えてみれば私はバイクの色にも絶対のこだわりがあって、YZF-Rシリーズなら絶対に黄色と黒のUSインターカラーが、GSX-Rシリーズなら絶対にトリコロールカラーが良い。私がR6の買い換えを検討した時に筆頭に上げたのは06年型R1のUSインターカラーだし、そもそも私のR6が03年型なのは、私のR6と同じデザインのR6でUSインターカラーは03年型のヨーロッパ仕様以外に存在しないからなのだ。

このこだわりは、いったいなぜなんだろう。自分でも分からない。
| SHO | 携帯から | 20:22 | comments(0) | - |
麺王の徳島ラーメン

鳴門スカイラインから徳島市内に入り、「麺王」で徳島ラーメンを食べている。

ツーリングしているなぁ!平日なのに、ちょっとした贅沢。

長距離ツーリングならラーメンなんて食べないのだが、今日はこれから高速で1時間走れば良いだけなので気が楽だ。

鳴門から高松西まで、20時から保守作業で通行止めになるので早く帰ろう。帰りも安全運転でね。
| SHO | 携帯から | 18:26 | comments(0) | - |
鳴門スカイライン

ただいま鳴門スカイラインの四方見展望駐車場。

来ている車とバイクはいかにも走り屋か、カップルのどちらか。平日の夕方なのに、みなさんお好きだねぇ〜。

高松は屋島から、海岸線沿いに走ってきた。実は志度から引田まで下道を走るのは初めて。

小さな小さな海岸線のワインディングも楽しかったけど、やっぱり鳴門スカイラインが一番楽しい。
| SHO | 携帯から | 17:23 | comments(0) | - |
海技免状更新講習

今日は会社を休んで、海技免状の更新講習を受けに高松まで来ている。ただいま昼ご飯の唐揚げ定食を食べている。

朝から二級海技士(航海)、機関当直三級海技士(機関)と更新講習を受けて、午後は一級小型船舶操縦士の更新講習を受けて、最後に更新された免状を受け取って今日は終わり。

更新は5年に1回で失効の1年前から更新できるのだが、私は3つの免状の有効期限が半年の間に収まっているので、1日で3つの免状全ての更新ができる。たまたまだけど非常に便利。

私、運転とか操縦とかのセンスは人並み以下だと思うのだが、そういう人間が大型船の海技免状を持っていたり(今は操船していないけど…)、大型のスポーツバイクで講習会場に乗り付けたりするなんて本当に不思議。およそかけ離れた人間だと思うんだけどね。

でも、機関当直の講習を受けながら「メカニックはまだR6のエンジンのオーバーホールは必要ないって言っているけど、10万km弱走って燃費の落ちたエンジンの分解整備は本当に必要ないのか?」と考えたりしている。良好な状態を維持しているエンジンの整備という点では、船のエンジンだろうとバイクのエンジンだろうと、予防保全という保守の基本に違いはないと思うので。

この件に関しては、私の過去のメカニックに電話して聞いてみる必要がありそうだ。

それにしても、スーツ姿の紳士淑女が多くて気後れするなぁ…。スーツ姿なだけで優秀なビジネスパーソンとか、えらい別嬪さんに見えてしまうのは、いったいなぜだろう…。

私が年がら年中作業服で仕事しているから、場違いに感じてしまうのだろうけど。スーツで来る必要の全くない講習なんだけど気後れする。今もR6で着ているのでプロテクターを完全装備のラフな格好。

更新された免状を受け取ったら、どこか走りに行こうっと。
| SHO | 携帯から | 12:44 | comments(0) | - |
晩ご飯を食べながら大学時代を振り返る
遅い晩ご飯を食べながら福山雅治を聞いている。

大学時代によく聞いていたなぁ〜!仙台に行きたくなってしまう。

大学時代は鉄道研究会と短歌会を4年間掛け持ちしていたのだが、鉄道研究会では(誰も車を持っていなかったので)週末の夜になると「夜襲」と称してレンタカーのナイトパックを借りて、あちこちの狭隘バス路線を走ったりバスの営業所に行ったりしていた。

そんな時にいつもレンタカーを運転しながら聞いていたのが福山雅治。今でこそ自分でバイクを運転して日本中どこでも行ってしまう私だけど、当時はまさか10年もしないうちにバイク馬鹿になるとは全く思わずに車を運転していた。

「雪が降ったから夜襲に行こう」とか言って山形まで出かけた挙げ句、夜景のきれいな雪の駐車場に周囲はカップルばかりで野郎3人で来たのを後悔したこともあったっけ。当時よく出かけた3人組のうち1人は2人の子持ちのパパになり、私ともう1人は30歳を過ぎても独身のまま現役で旅人を続けている。

大学は結局卒業できなくて、勉強しに大学に来たのかサークル活動しに大学に来たのか分からない始末になったのだけど、大学生活なるものを満喫したのは事実。

進級できなかった挙げ句に体を壊して4年間も湯治することになった当時はシャレにならなかったけど、社会復帰して正社員で働いている今となっては大学時代は良い思い出。大学鉄道研究会と大学短歌会の両方を体験したこともね。

私は「涼宮ハルヒの憂鬱」のシリーズが好きなのだけど、SOS団の部室の雰囲気というのは大学の鉄道研究会の部室によく似ていて好きなのだ。授業が終わったら誰ともなく集まって、適当に時間を潰して時間が来たら帰って…という生活を延々と送っていた。

残念ながら大学を卒業することはできなかったけど、サークル活動については他の大学生以上に取り組んだつもり。JR全線完乗の達成も、短歌研究新人賞という短歌賞に入賞したのも大学時代の話。超文化系のサークル活動だったけど、私自身が超文化系の人間なので仕方ない。どうして理系の学校を出て理系の仕事をしているのか、今さらながら本当に不思議。

大学時代には二度と戻りたくないけれど、福山雅治を聞いていると大学時代を思い出す。浮き沈みの激しい人生だけど、それはそれでよくやってきたじゃない、と振り返る。
| SHO | 携帯から | 22:53 | comments(0) | - |
我ら、10万k mクラブ
別冊モーターサイクリストに「我ら、10万kmクラブ〜1台のモーターサイクルといつまでも、どこまでも〜」という連載がある。

愛車で10万km走るというのはけっこう難しく、年間2万km乗っても5年、年間1万kmで10年、年間5000kmなら20年かかる。それを1台のバイクで走り続けること自体がすごい。本人は努力とは思っていないかもしれないけれど、努力を継続しないで達成できる距離ではない。

私とR6の付き合いは4年2ヶ月目の現在で77300km。順調に走れば今夏にオドメーター100000kmを迎え、来夏にも私自身にとっての100000kmである117000kmを超える。

だいぶ見えてきたけれど、まだまだだなぁ、と思うのだ。

昨夏に念願のバイク日本一周を達成して、私の目標は「まずオドメーター10万km、次にオドメーター117000km」に変わった。そこまで走ったら自分の目標がどう変わるのかは分からないけど、積み重ねの目標なので自分が乗ろうと決めないと1kmも距離は増えない。努力しないで達成できる目標ではない。

最近よく考えるのは「10万km走ることが大事なのではなく、そこまでの過程にこそ価値があるんだ。致命的な事故を起こさなかったこと、情熱を持続させ続けたことに本当の価値があるんだ。」ってこと。

私だって残り22700kmのどこかで致命的な事故を起こす可能性もあるし、交通事故の後遺症の左腕の痺れと左肘の痛みが耐えきれなくなる可能性もあるし、昨年末に交通事故で強打した右肩もまだ治らない。10万kmを走りきれる保証はどこにもない。
| SHO | 携帯から | 19:59 | comments(0) | - |
花見とオイル交換
今日は9時前に起きて職場の花見に行ってきた。昨日と今朝の風で散ってしまったけど、まだ2〜3割は桜の花が残っていて良かった。

16時に花見が終わったのでオイル交換しにレッドバロン新居浜へ。先日割れた右側のアンダーカウルも入荷したので交換してもらった。

前回から2ヶ月弱でのオイル交換だけど、3000kmというのは私の担当メカニックの1年分の走行距離だとか。私、次回は1ヶ月後にオイル交換の見込みなんですが…。

今月は今のところ1泊2日以上のツーリングの予定はないので、ノルマ(毎月1500km)の不達成はほぼ確実。それでもこれから1ヶ月で3000km走る見込みなのは、ゴールデンウイークの北海道ツーリングがあるから。

オーバーホールの内容については、エンジンのオーバーホールについては費用ほどの効果が見込めない可能性があるとのこと。再検討して、それでもやる必要があれば車検と同時にオーバーホールをやるけど、まずはゴムホースやベアリング、フロントフォークオイル、クーラント関係の配管の交換、リヤサスペンションのオーバーホールなどを優先するかもしれない。

メカニックの意見としては、私のR6は94000km走っているバイクとしては車両状態が極めて良く、燃費の低下はエンジンの正常な経年劣化と思われるものの、即座の分解整備が必要な状態かと言われると疑問があるらしい。

フロントタイヤがあと3000kmも保たないとのことで、ダンロップのroadsportを注文した。現在のブリヂストンS-20は18300km使っているから、スポーツタイヤとしては極めてライフが長いのだけど、ウエットグリップが今ひとつ。roadsportはどうなのだろう。

長く使用していたブリヂストンBT-016のように、新雪とはいえ完全積雪の高速道路をSSで走っても平気なスポーツタイヤだと嬉しいのだが。

4月7日 丸亀〜新居浜〜丸亀
走行距離 172.3km
オドメーター 94253km

いよいよ10万km超えまで5800kmを切った。カウントダウンが始まっているけど、無事に走れますように。
| SHO | 携帯から | 21:41 | comments(0) | - |
飲み会
今日は仕事の後に「水曜どうでしょう愛媛藩」の飲み会で松山へ。

四国に来た直後に加入してから5年目になるけど、やっぱり楽しい。リラックスして話ができる。丸亀から松山まで片道130kmあるけど、楽しいから4年半も続いているんだなぁ〜。

片道130kmと言えば練馬から関越道で群馬県の渋川の先まで行く距離だけど、関越道と松山道では交通量が全然違うので、時間的には松山道の方が速いはず。田舎暮らしの良さを感じるところでもある。

夜中の0時半過ぎにお開きになって、夜中の2時23分に帰着。明日は10時に起きて職場の花見に行かなくちゃ。早く花見が終われば、R6のオイル交換に行きたい。

4月6日 丸亀〜松山〜丸亀
走行距離 270.2km
オドメーター 94081km
| SHO | 携帯から | 02:57 | comments(0) | - |
岬の釜揚げしらす丼

今日は会社帰りに今治へ。用事の帰りは石鎚山サービスエリアに立ち寄って「岬の釜揚げしらす丼」の夕食。


何回も登場しているけど、やっぱり美味しくて今治に行った帰りは必ず石鎚山サービスエリアに立ち寄って食べている。卵としらすとご飯の絡むのが何とも言えず美味しい。

バイクに乗れるって幸せだなぁ〜。実に快適で楽しい。でも、今でもR6に跨る瞬間にリラックスするのと同じくらい緊張する。

シートに跨って、ヘルメットを被ってグローブをつける過程の中で、リラックスと緊張感が等分に同居して高まっていく独特の感覚がある。今でもR6に跨るたびに緊張するし、緊張しながらリラックスしながら興奮していく自分がいる。R6に乗る時は普段と顔つきが違うはず。

そういうバイクだから好きなのだろうけど。

本当に誰でも乗れる「優しいバイク」だったら、私は100km乗っただけで飽きるだろう。誰でも乗れるような優しいバイクなら、私が乗る必要はない。4年間で76000kmも一緒に走っているのに今でも緊張を強いるバイクだからこそ、飽きずに「良いバイクだなぁ〜」と乗るたびに思うのだ。
| SHO | 携帯から | 22:08 | comments(0) | - |
修理完了
バッテリーが上がって入院していたグランドディンク125Zの修理が終わったので、会社帰りに高松まで取りに行ってきた。

高松市内で「涼宮ハルヒの憂鬱」の痛車を見かけた。車体全面の痛車はすごいな〜。私も「涼宮ハルヒの憂鬱」のシリーズは大好きで、主題歌のほとんどはウォークマンに入っているけど、R6を痛車にする気はないなぁ…。だって恥ずかしいもの。痛車の持ち主と私の頭の中身は大して変わらないと思うけど。

代車のアドレスV125Sはキビキビと走るバイクだけど、私のグランドディンクはいかにもモッサリした挙動。でも高速性能は全然違っていて、グランドディンクの方が高速域でははるかにパワフルで速い。

今はもうバイク2台生活も4年目で当たり前になってしまったけど、考えてみたら贅沢な話。大型バイクと原付二種スクーターの2台を所有して使い分ける人は関東在住時代に周囲に何人もいたのだが、自分自身で所有してみるとなるほど合理的な組み合わせ。

長距離用と短距離用、遊び用と通勤用、お出かけ用とお買い物用という具合にはっきり分かれているし、いざという時は逆の使い方もできる。R6でケーキを買いに行くこともあれば、グランドディンクで1日に670km走ったこともある。125ccでも侮れない長距離走行性能がある。

私はなぜこれほどバイクが好きなのか。私が鉄道と自転車の両方の出身だからだろうな。

私のバイク歴は原付時代から9年目に入ったばかりで、中型免許からは7年目。年齢の割に経験はまだ浅い。中型免許を取った時点で30歳だった。

鉄道歴は36年目に入っていて、九州新幹線の新規開業区間を除いたJRの全線に乗っている。鉄道旅行歴も26年目に入った。大学時代は鉄道研究会に所属していたくらいの筋金入りの鉄道好きだ。

バイクに乗る前は自転車で日本を3/4周しているけど、MTB→ロードレーサー→50ccスクーター→50ccオフロードバイク→250ccデュアルパーパス→400ccネイキッド→600ccスーパースポーツというのが私の二輪経歴。自転車では日本一周を達成できなかったので、「日本一周するために」進化してきた。

私がバイクに乗って平気で長距離を走れる理由のひとつには、間違いなく私が自転車で日本一周していた、という事情がある。

鉄道旅行も夜行鈍行列車、バス、フェリーの連泊で3連泊〜2週間連泊くらい旅していたし(つまり地上泊はしていなかった)、自転車日本一周だって、しょっちゅう駅や軒先やベンチで寝ていた。「自転車を経験している旅人が最強」だと私も思うけど、装備重量40kgを超える自転車で1日100km以上を毎日走るのに比べれば、フルカウルの大型バイクで1日1000km走る方がよほど楽だ。初めからバイクで旅している人とは、もともとの比較基準が違う。

私がバイク旅がものすごく好きなのは、鉄道の旅がこの25年ほどの間に捨て去ってきたものがバイク旅には濃厚に残っているから。

それは土地の風を感じながら旅すること。最近の鉄道車両は、窓が開かないのだ。1980年代後半から旅している私には、それが物足りないのだ。だって旅しているのだから、私はその土地の風を浴びて、土地の匂いを五感で感じたいのだ。
| SHO | 携帯から | 22:25 | comments(0) | - |
GWフェリー予約
5月4日23:30小樽発の舞鶴行き新日本海フェリーの予約を取った。

5連休はゴールデンウイークとしては初渡道以来の最小日数。初年度は往復フェリーだったのだが、5連休のうち2日もフェリーで拘束されるのが嫌で、3年目の昨年から往路は香川から自走で北海道まで走っている。今年もそうするつもり。

高松〜神戸はフェリーを使って、神戸から高速700km+下道400km走れば青森で、フェリーに乗れば2日目の早朝には函館に上陸できる。高速で1200km走れば八戸で、フェリーに乗れば2日目の早朝には苫小牧に上陸できる。青森まで神戸から日着できる実力があれば、神戸から八戸まで全線高速は問題ないはず。

舞鶴から小樽行きに乗っても、敦賀から苫小牧行きに乗っても、北海道上陸は初日の夜なので実質的な北海道滞在日数は変わらない。違うのはサッポロクラシックを飲める夜が2晩多いか少ないか、だけ。

あとは仙台で日本ハムファイターズの応援をするかどうかなんだよなぁ…。

なんでここまでやるのか、と言われたら、私は限られた休みを使って旅人に復帰するパートタイム旅人だからで、限られた時間で最大限に旅しようとしたら必然的に超長距離を走ることになるだけで、どうせ限られた日数なら大荷物は必要ないから軽量、高速なスーパースポーツが最適な選択になっているに過ぎない。非常に明快な選択理由だ。

休みがせめて10日あればなぁ…と思うけど、5連休でも取れるだけマシなんだけどね。

さて、どこに行くかな?もし5月2日が東北地方なら、八戸22:00発のシルバーフェリーで北海道に渡ることになるのだが…。
| SHO | 携帯から | 20:03 | comments(0) | - |
北海道モード
ゴールデンウィークに北海道に行くまであと1ヶ月強となって、いよいよ北海道モードになってきた。

今年の会社のカレンダーでは5月1日〜5日が休み。4月30日が休めれば4月28日〜5月5日の8連休にできるのだが、この不況で4月から工場がスローダウンするのでゴールデンウィークが長くなるという噂は方々で出ているものの、会社からの公式アナウンスはまだない。

今年の北海道ツーリングで行きたいところはこんなもの。

1、北海道鉄道技術館(JR北海道苗穂工場内) 5月4日13:30〜16:00
2、北海道日本ハムファイターズの試合を見に行く。
 4月30日が仕事なら5月1日18:00からの楽天戦(仙台Kスタ)
 4月30日が休めれば4月29日13:00からのオリックス戦(札幌ドーム)
3、稚内駅(リニューアルしたので…)
4、音威子府駅の駅蕎麦(09:30〜16:00、水曜定休)
5、襟裳岬
6、HTBグッズ売り場
 「水曜どうでしょう」のステッカーとマウスパッドを買いたい。
7、平岸高台公園で、昨年はきれいに撮れなかった公園の写真を撮る。
8、ナイタイ高原
9、三国峠ふたたび
10、猿払エサヌカ線ふたたび
11、日本海オロロンラインふたたび

今年は「どうでしょう祭り」をやるらしいから、会社の休みさえ取れるなら札幌にもう一度行くことになるのだけれど、こうして見ると今年のターゲットは札幌と道北に集中している。

帰りのフェリーは5月4日23:00小樽発の新日本海フェリー「はまなす」で決まり。問題は北海道に渡るフェリー。

5月2日02:40青森発、06:20函館着か、05:20青森発、09:00函館着の津軽海峡フェリーが最有力なものの、5月1日に仙台でナイトゲームの野球観戦をしてから、その晩のうちに青森まで347.1kmを走れるのか…?しかも、5月1日は野球観戦の前に神戸〜仙台930kmを走破しているのだ。

神戸〜青森1100kmは1日で走破した経験があるものの、今回はさらに上回る距離を走ることになる。1100kmは今でも走破する自信があるものの、神戸〜仙台〜青森間1280kmを1日で走破するのはあまりにハードだ。

19:40仙台発の苫小牧行き太平洋フェリーでは野球が見られない。八戸22:00発の苫小牧行きシルバーフェリーに至っては論外。仙台〜八戸は300kmだけど、仙台宮城で降りないでそのまま走らないと間に合わない。

かと言って仙台で1泊すると北海道上陸は早くても5月2日の夕方となり、5月4日の夜に小樽を離れることを考えると難しい。5月2日は東北と割り切って5月2日22:00八戸発のフェリーに乗るのなら、5月3日の06:00には苫小牧に上陸できるから宗谷岬くらいなら十分に往復できるのだが…。5月3日のうちに宗谷岬まで到達して豊富温泉辺りで泊まれば、5月4日の13:30に札幌の苗穂まで戻ることは可能だろう。

とても名案とは言えないけれど、今年も行けなかった襟裳岬とナイタイ高原に目をつぶれば、これなら北海道に行けるかな?5月2日が東北なら、蔵王エコーライン、八幡平アスピーテライン、十和田ゴールドラインは走りたいところ。

まだ悩むなぁ…。
| SHO | 携帯から | 22:56 | comments(0) | - |
カウルが割れてる…!
先週の月曜日から昨日まで10日ほど、バッテリーが上がったグランドディンクの代わりにR6を通勤に使っていた。

昨日、近所のローソンに討ち入りして「水曜どうでしょう」のDVDを手に入れて出てきたら、R6のアンダーカウルの右側がパックリ割れていることに気づいた。

いつ?何やってて割れた?心あたりが多すぎて分からない。砂利道だろうと林道だろうとR6で入っているからなぁ〜。

その後、グランドディンクはキックでスタートさせて昨日から入院。R6はとりあえず通勤バイクから外した。カウルリペアで直さなきゃ。

オーバーホールと同時にアンダーカウルも交換するけど、またお金がかかる…!
| SHO | 携帯から | 12:40 | comments(0) | - |
トップガン
会社から帰って、晩ご飯を食べてから「トップガン」のDVDを見ている。

やっぱりカッコいいなぁ〜!

現用のF/A-18E/Fスーパーホーネットも好きだけど、F-14Aトムキャットがやっぱりカッコいい!

私は初めて買ったCDが「トップガン」のサントラで、今でもよく聞く。バイクのBGMにも最高で、困難が予想されるけど走らなければならない時、気持ちを強く持ちたい時に聞く。

私は劇中に登場するカワサキGPZ900Rニンジャに憧れる子供ではなかったので、ニンジャは今も昔も乗っていない。でも今見ても25年前のバイクとは思えないほどカッコいい。沖縄ツーリングでは嘉手納基地の横の道路を走りながら映画みたいにガッツポーズしたし、やっぱり「トップガン」の影響を受けているのだろう。

初めて「トップガン」を見た中学生当時は、まさか私が20年後にバイク乗りになるとは思わなかった。でも同じことは初めて買ったバイク雑誌の表紙でR6と初めて出会った時にも思った(当時は、まさか自分の将来の愛機がR6になるとは思わなかった)し、人生とはそんなものかもしれない。その時にはまさかと思っていた出会いが、実は人生の重要な出会いだった、なんてね。
| SHO | 携帯から | 19:36 | comments(0) | - |
究極の二択
私は大型二輪免許を取ってから、自分のバイクとしてはヤマハYZF-R6しか乗ったことがない。だから最近よく考える。

1日1000km走るなら、どんなバイクが一番楽なのだろうか?

単に1日1000km走るだけなら、ある程度排気量があって相性の良いバイクなら何でも大丈夫だろう。でも弾丸ツーリングの辛いところは、2日連続で1日1000km近く走らなければならないこと。初日は大した問題じゃない。問題は2日連続の2日目なのだ。先週末の温海温泉弾丸ツーリングも、初日の800km弱より2日目の930kmの方が難易度ははるかに高い。

カワサキZX-14Rみたいなマシンだったら楽なんだろう。BMWのR1200GSやヤマハのスーパーテネレなども楽そうな印象がある。

じゃあ何で乗り換えの候補にそれらのツアラーが入らないのか?単に私がスーパースポーツ好きだから、というのも大きいけれど、体験からこだわっている部分もある。

立っているだけで耐えがたいほど疲労した状態、あるいは体調の悪い状態で何百キロも走らざるを得ない場合に、最後に耐え抜くために必要な条件は「車体が軽いこと」なのだ。だからスーパースポーツなのだ。

そんな状態で走るなよ、というのは簡単だしその通りなのだが、現実に限られた休みを限界ギリギリまで使って遠くに走った場合、復路で風邪を引こうが極度の疲労に襲われようが、次の日の仕事に穴を空けないために絶対に帰らなければならない。

そういう局面は今まで何度もあって、乾燥重量162kgしかないR6の車体を信号待ちで支えていて、地面に体がめり込みそうに感じたことすらある。

もしその状態で乾燥重量が250kg以上もある大型ツアラーだったら、私は車体を支えられるだろうか?たぶん無理だと思うのだ。

だから極度の疲労状態でも乗れるバイクは?という問いが出ている。だから「極限状態でバイクに乗る可能性を想定するなら、絶対に軽いバイクがいい」という持論になっている。

大型ツアラーだったら、そこまで極度の疲労に襲われることはないのだろうか?旅の復路で風邪を引くことくらいはあると思うのだが。

私は大型ツアラーに乗ったことがない。だから想像してみるけれど、「極限状態まで疲れる可能性を想定しなくて良い大型ツアラー」か「極限状態でも乗れるほど車体の軽いスーパースポーツ」のどちらが最終的に楽なのか、分からない。これって究極の二択だよなぁ…。
| SHO | 携帯から | 21:47 | comments(0) | - |
4周年
明日、3月19日は私が大型二輪免許を取って4周年であり、ヤマハYZF-R6が納車されて4周年。

納車時に16956kmだった走行距離は今日現在で93355kmになった。4年間で76399km走った計算になる。年間平均19100km、この1年で、概算で25000km走っている。

大型二輪免許を取るのに20時間かかった挙げ句に検定中止になった劣等生が、我ながらよく走ったもの。休みが事実上週1回であることを考えたら、よく走っている方だろう。スーパースポーツ乗りとしても、決して誇れるような速いライダーではないけれどよく走っている方だろう。

これからも、体とお金と時間が許す限り走り続けたい。
| SHO | 携帯から | 19:29 | comments(0) | - |
無事帰着
日付が変わって0時29分に、無事に帰着した。

3月17日 温海温泉〜丸亀
走行距離 936.0km
総走行距離 1721.4km
オドメーター 93348km
| SHO | 携帯から | 00:54 | comments(0) | - |
最後の休憩

福石パーキングエリアまで帰ってきた。ようやく岡山県に入った。

昨日から1630km以上を走破して、ようやくあと100kmあまり。残念ながら帰宅は日付が変わりそう。
| SHO | 携帯から | 23:14 | comments(0) | - |
ようやく西宮名塩

滋賀県内で合計20kmくらいの渋滞に巻き込まれて、1時間遅れて西宮名塩サービスエリアに到着。脳みそが限界で、着くなり30分ほど熟睡して復活した。

もう700km以上走っていて、あと200kmあまりで香川に帰れる。最後まで気を抜かないで帰ろう。最大の難関は乗り切ったので、あとは事故と瀬戸大橋の風が心配なところ。

夜ご飯は天ぷら蕎麦。あと200kmあまり、頑張りますか!
| SHO | 携帯から | 21:46 | comments(0) | - |
敦賀湾の夕暮れ

杉津パーキングエリアまで戻ってきた。滋賀県はもうすぐ。

敦賀湾の夕暮れを見ながら、リンゴのどら焼きとマルチビタミンで休憩中。

あと400km。半分は過ぎた。今日1日で山形県から帰ってきて、2時間半前まで富山県東端の町にいたなんて、なんだか信じられないなぁ。景色が全然違う。
| SHO | 携帯から | 17:33 | comments(0) | - |
越中宮崎駅

親不知を越えて富山県に入った。

越中宮崎駅に来ている。富山県東端の無人駅だけど、私は自転車日本一周の時にこの駅で泊まって以来気になって、もう何回もこの駅に来ている。

今回の旅も、もう終わりだなぁ。後は650km走って無事に帰るだけ。その「だけ」が大変なんだけど。

でも日本海の景色を堪能できて良かった。
| SHO | 携帯から | 14:04 | comments(0) | - |
漁師丼と甘えび汁

上越を過ぎて道の駅うみてらす名立で、漁師丼と甘えび汁の昼ご飯を食べている。要は海鮮丼のスペシャルバージョンらしい。

このまま富山県の泊まで国道8号を走り、朝日インターから高速に乗って帰る。すでに朝から300km近く走っているのだが、いまだに新潟県から抜け出せていない。

問題は高速に乗ってからなんだよな〜。高速に乗ってから650kmくらい走らないと帰れないので。

新潟西インターで高速を降りてからの今日のコースは、本来は昨日走るはずだったもの。予定していたフルコースを走ってしまったけど、本当に難関なのはこれからだ。
| SHO | 携帯から | 12:18 | comments(0) | - |
佐渡は見えないけど

寺泊を過ぎて、出雲崎に向けて南下している。

佐渡は見えないけど、見渡す限りの海の景色が気持ちいい。新潟県のこんなところにこんな時間にいて、今日中に四国まで帰れて明日から会社なんだから、バイクって魔法の杖だ。

波の音と車の走行音しか聞こえない。景色が広いなぁ〜。私が住んでいる瀬戸内海とも違うし、太平洋岸とも違う。

私はホント日本海が大好き。日本海側に住めたらいいなぁと思っているけど、いまだ実現したことがない。
| SHO | 携帯から | 10:11 | comments(0) | - |
トイレの問題

今日も良い天気。

新潟から柏崎に抜ける越後七浦シーサイドラインは今回走りたかった道で、景色は最高!

なのだけど、困るのは駐車場のどこにもトイレがない。「いい景色だなぁ、写真撮りたいなぁ、止まりたいなぁ」と思っても、トイレを我慢していると止まるわけにもいかず、本当に困る。そんなわけで撮れなかった(止まれなかった)場所がいくつもあって、とても残念。

高速を降りてから越後七浦シーサイドラインに入るまでの間にコンビニに入れば良かった、と後悔したのだけど後の祭り。

もうすぐ角田岬。良い景色だなぁ〜(トイレの問題さえなければ)。
| SHO | 携帯から | 09:15 | comments(0) | - |
これから1000km

温海温泉の宿をこれから出発する。

さあ、今日は1000km弱走らなきゃ!仙台弾丸ツーリングに比べたら楽だけど、エラいところまで来ちゃったなぁ〜!山形県って、そんなに遠い感じはしないんだけど。神戸から走って温海温泉って、東京から広島と同じくらいかな?

というか、昨日の800km弱が遠いのか近いのかも、今日の1000km弱の前では分からないなぁ…。今日は東京から下関の手前まで走るようなものか…。
| SHO | 携帯から | 06:12 | comments(0) | - |
温海温泉は雪!

温海温泉「下の湯」に着いたら、なんと雪が降っている。3月半ばなのに、さすがは東北!

懐かしい匂いがする。これから風呂に入ってきます!
| SHO | 携帯から | 19:22 | comments(0) | - |
道の駅あつみ

道の駅あつみまでやってきた。

観光協会に問い合わせて、海辺の民宿を予約した。温海温泉は少し国道から山側に入るので、海辺の民宿は温泉ではないけど、バイクで共同浴場に行けば良いから問題ない。

温泉旅館の安いプランもあったのだが、値段が倍になるし、2食付きが基本なので出発が遅くなる。明日は1000km弱走るので朝早く出発したい。

それに、私は温泉旅館で勤めていたので分かるのだけど、カップルや友人同士で泊まるなら温泉旅館は良いのだが、バイク一人旅の旅人がふらっと泊まるには温泉旅館は肩身が狭い。泊まるなら民宿の安いところの方が良い。私の一人旅には民宿とか共同浴場の方が合っている。

いろいろ教えてもらったお礼に、道の駅の食堂で刺身定食の夜ご飯を食べている。美味しい。

温海温泉で泊まるのは初めてなので、嬉しいなぁ!泊まりたいと思っていた温泉なのだ。
| SHO | 携帯から | 17:35 | comments(0) | - |
私が日本で一番好きな道

日本海夕陽ラインです!

まだまだ冬の日本海だなぁ〜。これを見に来ました!
| SHO | 携帯から | 16:12 | comments(0) | - |
強風

北陸道の黒埼パーキングエリアまでやってきた。日本海東北道方面の最後の給油所になる。昼ご飯に月見そばを食べている。

米山インターで高速を降りるつもりが、時間が押しているのと西からの強風で飛ばされそうになるのとで、新潟の先まで高速を使うことにした。

内陸に逃げたものの新潟平野も西風が5〜10m/sは常時吹いていて、右へ飛ばされたり左へ飛ばされたり危険のある状況が続いている。

今のところ眼精疲労も大丈夫。サングラスの効果だろうか。

温海温泉までは、あと100kmあまりだ。観光案内所が閉まる前に着かなくちゃ。まだ宿を確保していない。
| SHO | 携帯から | 14:39 | comments(0) | - |
白エビの唐揚げと海鮮まん

有磯海サービスエリアまでやってきた。ようやく、もうすぐ新潟県。

名物の、白エビの唐揚げと海鮮まんを食べている。唐揚げのサクサクした食感と塩味が美味しい。
外でご飯を食べようと思うほど暖かい。日差しがポカポカと気持ちいい。

今日は既に450km走っているのに、R6の快適なこと!ツアラー顔負けの長距離巡航性能だといつもながら思う。

距離的には半分以上走っているのだが、これから先の新潟県を抜けるのに時間がかかるんだよなぁ…。
| SHO | 携帯から | 11:32 | comments(0) | - |
日本海!

ただいま松任パーキングエリア。途中で追い越したハーレーのライダーと話し込んでしまい、時間が経ってしまった。まだ富山県にも入っていないのに、大丈夫かな…。

日本海がきれい。昨日の今頃は、この景色を見るために仕事していた。ずいぶん遠くに来たものだ。
| SHO | 携帯から | 10:22 | comments(0) | - |
気温4度

北陸道の南条サービスエリアでミニサイズのパンとアメリカンコーヒーの朝食。

現在の気温は4度。柳ヶ瀬トンネル周辺は道路脇まで雪が積もっていたから、深夜は気温零度を下回っていたかもしれない。道路凍結まで行かなくても凍結寸前であったことは間違いなく、結果論だけどフェリーが1本遅くなったのは正解だったかもしれない。定刻なら夜中の3時台に柳ヶ瀬トンネルを通過しているので。

今は予定の4時間遅れを維持している。寒いのでトイレが近くて、吹田、草津、神田、南条と30〜40分おきに止まっているので、眼精疲労も今のところ大丈夫。

左手は親指、人差し指、中指が痺れていて、左肘が痛い。今年初めての長距離弾丸ツーリングだけど、9年前の交通事故の後遺障害が少しずつ進行しているようだ。

後遺症があるから、痛いから痺れるから走れないとか言っていると、たぶん手が麻痺して本当に走れなくなる。痛くても痺れても走り続けて使い続けていることが、きっと最大のリハビリであり障害の進行を食い止める手段だろう。

今日は晴れ。景色を楽しめると良いな。
| SHO | 携帯から | 08:45 | comments(0) | - |
山形弾丸ツーリング、スタート!

高松から神戸行きのフェリーに乗り込んだ。

今回の目的地は山形県の温海温泉。神戸から800km弱になる。新年最初の弾丸ツーリングとしては、こんなものでしょう。今年初めての1日600km超えになる。

仕事が終わるのが遅くなったので予定より1本遅いフェリーになった。それでも山形県まで今日の夕方前に着きたかったら、夜中1時発のフェリーに乗ることが絶対条件。

帰宅して夜ご飯を食べて風呂に入って、出発準備しながら「水曜どうでしょう」の「原付東日本」を見ていたら寝てしまい、起きたのは11時半前。めちゃめちゃギリギリで出発したので、着いたらまだ乗船開始していなくて良かった…。

今回は往復1700kmほど走る予定。楽しんできます!
| SHO | 携帯から | 01:26 | comments(0) | - |
りょう花

今日は会社の帰りに高松市のかざし温泉に入って、その帰り道にある「りょう花」というラーメン屋さんに来ている。

いつもは丸亀市街の「王龍」が行き着けのラーメン屋なのだけど、今日はお腹も減っているし、気になっていたお店なので入ってみた。

「贅沢塩梅」という塩ラーメンと、餃子を食べているのだけど、あっさりしていて美味しい。

連休前になると、いつも考えるのが結婚と時間とお金の使い方。結婚はしたいなぁと思うし、結婚していないのは単に甲斐性なしなだけ。

でも私は大げさではなく旅に出るのを楽しみに仕事しているので、たまに2日連休が取れて喜んでいるのをデートや家族サービスでなくなってしまったら、そんな生活に耐えられる…?とも連休前には必ず考えてしまう。昔から北海道に住みたいと言っているのに、ゴールデンウイークすら北海道に行けなくなったらどう思う?とも考えてしまう。

私は一生旅人をやめるつもりなんてない。生涯現役で旅したい。
| SHO | 携帯から | 22:08 | comments(0) | - |
温海温泉に行くなら
今週の土日が休みと決まった。2週間半ぶりの休みで、ようやく休める。

平日だったら伊豆半島も良いと考えていたのだが、休日にわざわざ渋滞しに行くのもどうかと思うので、今のところ山形県の温海温泉か、長崎県の対馬の2択で考えている。

温海温泉に行くなら、北陸道の朝日インターで高速を降りて日本海沿いを北上したい。景色の良さは折り紙付きだし、村上から先の日本海夕陽ラインは私が日本で一番好きな道。温海温泉はその途中にあって、何回も入ったことがあるけど泊まったことがない。

西宮インターから荒川胎内インターまで650kmほどなので、神戸から温海温泉までは800kmを切るくらい。十分に射程圏内だ。実は2年前の夏の東北ツーリングの初日が神戸〜鶴岡で、800kmちょいというデータを持っている。

問題は道路凍結だな…。海岸線より中には入らない方が良さそうだ。
| SHO | 携帯から | 18:38 | comments(0) | - |
どこに行こうか?
木曜日の休みが緊急対応騒ぎでなくなったので、来週は代休を取ろうと考えている。

2日の休みが取れるなら、R6が戻ってきたことだし今年最初の弾丸ツーリングに行きたい。

離島に行くなら対馬。
温泉に行くなら島根県の温泉津温泉。
遠くに行くなら山形県の温海温泉か伊豆半島。

あたりが候補。温海温泉なんて遠いじゃん!と言われそうだけど、神戸から800kmくらい。神戸から仙台に行くより200kmも短い。

目の調子が悪いので1日1000kmオーバーは無理だし、西に向かっても鹿児島まで走って500kmだから、佐多岬や野間岬へ行かない限り香川から600kmも走れば海辺に突き当たってしまう。日本って狭い島国なんだ。

だから、1泊2日で遠くに行きたかったら東北や甲信越に行かなければならない。

対馬だと仕事が終わってから23時までに博多に着けるかどうかが問題。

いずれにしてもどこかには行くのだけど、最近1ヶ月で1日と半日弱しか休んでいない状況なので、温泉にのんびり入ってゆっくりしたい。5週連続日曜出勤の明日が4週目なので、さすがに疲れたなぁ〜。
| SHO | 携帯から | 21:47 | comments(0) | - |
緊急対応中

ただいま緊急対応中で、まだ会社。

明日も朝6時起きで会社なので、大変だ。今晩は寝られても3時間くらい。上司の許可はもらったので、しんどかったら午後から帰る。

それにしても、冗談のつもりで買った夜食を本当に食べるとは思わなかった…。
| SHO | 携帯から | 01:36 | comments(0) | - |
絶景道とバイクの縁
明日は休み。体がだいぶ疲れているので、せっかくR6が修理から戻ってきたけど、温泉にでも行きたいな〜。

今月号の培倶人の絶景道50選のうち、私は40道を走っていた。多少の例外を除いて、全てをR6で走っているので、我ながらすごい。

もっとも私的に日本ナンバーワンの絶景道は、50選の中に入っていない国道7号の「笹川流れ」。新潟県村上から山形県鶴岡までの海岸線が私は日本で一番好き。さらに北上すれば接続する鳥海ブルーラインや寒風山パノラマラインも好き。

昨日はバイク屋さんにヤマハYZF-R1、スズキGSX-R1000、スズキGSX-R600と3車種の見積もりをお願いしたら、R1しか在庫がなかった。神様は私をどうしてもヤマハのバイクに乗せたいらしい。

私のメインバイクはホンダとカワサキがそれぞれ3〜4ヶ月ある以外は全てヤマハなのだけど、現在乗っているR6も、私が初めて買ったバイク雑誌の表紙を飾ったバイクと年式、色とも同じバイク。逆にどうやっても縁がないのはスズキで、4年前も今回も購入の有力候補に名前が挙がっているにも関わらず、いまだに乗ったことがない。
| SHO | 携帯から | 06:57 | comments(0) | - |
結論
さっきR6で帰ってきた。

今日、もしR1に買い換えた場合の金額が分かったので比較して、メカニックと共通の結論が出た。

7月の車検の時に、エンジンと車体の、特にエンジンは完全オーバーホールを行うことにした。エンジンを構成する、ほぼ全てのパーツを新品と入れ替えて、また10万キロはエンジンをバラさないで済むようにする。

どれだけ完全にオーバーホールしても、私が欲しい年式と色のR1を買うよりもはるかに安いという結論が今日出たのだ。夏のボーナスは完全に吹っ飛ぶけどね。

そこまで費用をかける以上は、また4〜5年、7〜8万キロは最低でも現在のR6に乗るつもり。オドメーターで17万キロくらいまでは最低でも乗る計算になるから、順調に乗れれば間違いなく伝説入りするでしょう。R6でそこまで乗る人は、私も聞いたことがない。

今回は排気ガス濃度をあちこちいじってもらった。クランクのバランスも取ってもらった。たぶん燃費は改善するらしい。またクーラントの微妙な漏れがあったとのことで、修理してもらった。

燃費のデータを取るのに6000〜7000km走って欲しいらしく、あと4ヶ月で車検なので例年通りに走れれば車検の時期にそれくらい走れるでしょう、ということになった。

またフロントタイヤがきれいに同心円状に減っており、昨年8月の交換から16000km近く走っているのに、あと5000kmくらいはフロントタイヤは大丈夫らしい。ブリヂストンS-20って、ずいぶん長持ちでビックリ。

3月5日
走行距離 78.8km
オドメーター 91627km
| SHO | 携帯から | 22:28 | comments(0) | - |
アンパンマンに乗ってR6 を受け取りに行く
会社を定時で切り上げて、新居浜までR6を受け取りに行っている。瀬戸内海の夕暮れがとてもキレイ。

久しぶりに2000系気動車の「しおかぜ」に乗っているのだけど、アンパンマン列車が来た。振子式の傾斜車体だけど、すごい傾きだなぁ〜。カープに進入する時は、まるでジェットコースターみたい。

普段は特急を使うのは岡山方面に限られていて、岡山から丸亀の間って振り子はほとんど使わないので、実感することはないのだけど、今日は時間がなくて珍しく新居浜まで特急を使っている。

普段なら新居浜にはバイクで行くし、バイクを預けたり受け取ったりする時は普通電車で行く。レッドバロンの最寄り駅が普通電車しか止まらない駅で、私の最寄り駅も普通電車しか止まらないので。

一応、買い換える気はないけど現時点での次のバイクの候補にスズキGSX-R1000の05年型を追加した。

どのくらいのお金を出して、どの程度の修理をするのか、という判断には、今もし買い換えたらどのくらいの費用が発生するのか、という項目が必要になる。簡単に判断できることじゃない。修理しても買い換えても何十万円という出費を考えているので。

R6にあとどのくらいのお金をかけるのか…。考えてしまうなぁ。
| SHO | 携帯から | 19:01 | comments(0) | - |
R6いったん受け取り
明日、R6を新居浜まで取りに行くことになった。

R6をオーバーホールする前提で考えているのだが、「また9万キロはエンジンをバラさないでも良いようにオーバーホールする」ということになると、全部のセンサーを交換する必要が生じるために値段が跳ね上がるという。

さらに購入以来一度もオーバーホールしていないリヤショックのオーバーホールまですると、もしかすると同クラスのスーパースポーツの中古が買える値段まで行くかもしれないという。

エンジンのオーバーホールだけならそこまで費用がかからないのだが、単に経済的な話だけなら全くペイしない話になっている。

だからスーパースポーツに10万キロ弱まで乗れば買い換える人がほぼ全員なのだな。よく分かるよ。

一応、06年型ヤマハYZF-R1と06年型スズキGSX-R600の見積もりも出してもらうようにお願いした。

R600は全く同年型、同色の車両を4年前のR6購入時にも最後の最後まで購入を迷っていて(ちなみにR1も購入候補で、当時は02年型が欲しかった)、私のバイクの好みは4年前から変わっていないことが分かる。候補の車種まで4年前と全く変わっていないのには我ながらビックリ。

限られた時間で超長距離を走るんだったら、やっぱりスーパースポーツでしょう!他の車種は考えられない。

あと何年、何万キロR6に乗るのか分からないけれど、これから先は経済的にペイしない領域に入っていくのは間違いなさそう。いずれにしても、どこまでオーバーホールするのかを考えてオーダーする必要がありそうだ。
| SHO | 携帯から | 21:19 | comments(0) | - |
日曜出勤、終了!
今日は朝6時過ぎに出社して夜の7時半過ぎまで仕事。

今日が4週連続日曜出勤の3週目。今日は思いっきり肉体労働で、JIS規格の安全靴のブーツで靴ずれを起こした足で2万歩以上歩いたけど、来週は肉体労働じゃないから楽だと思いたい。

今日はヒゲマラソンだったらしい(「水曜どうでしょう」ネタです)。九州は豊後竹田まで、仕事がなければヒゲのディレクターを撮りに行ったのに…。大学時代の先輩に、仕事の取材の名目で「水曜どうでしょう」のディレクター2人の講演会を聞きに行った人がいて羨ましい。

今日、会社で私の携帯のストラップ(「水曜どうでしょう」DVD全集第18弾の初回特典モノ)を見つけた人に「大泉洋が好きなん?」と聞かれたけれど、私は大泉洋が好きなんじゃなくて「水曜どうでしょう」という番組が好きなのだ。似ているようで意味は全然違う。

「水曜どうでしょうって、どんな番組なん?」と聞かれたので「旅番組やで」と答えたら「やっぱり旅好きやからなぁ〜」と言われた。「だって、この人バイクで北海道まで1日で行くんやで。信じられへんやろう〜」って。

今、晩ご飯を食べながらサトウヨシアキのアルバム「cacoi」を聞いているんだけど、この人ももともとは「水曜どうでしょう」のDVDの「アメリカ大陸横断」のBGMだったのだった。

携帯の着メロが樋口了一の「1/6の夢旅人2002」なのも、もちろん「水曜どうでしょう」のエンディングテーマ。いい加減に誰か気づくだろうと思っているのだが、会社で1日に何回も鳴るのに、気づいた人はまだ誰もいない。四国では「水曜どうでしょう」って番組は存在は知られていても見ている人はいないみたい。

北海道に行きたいなぁ!今年も絶対にゴールデンウイークはバイクで北海道に行くぞ〜!R6のエンジンのオーバーホールは、いつ頃完了するのだろうか?
| SHO | 携帯から | 20:50 | comments(0) | - |
オリオンビールと右肩

コンビニでオリオンビールを売っていたので、買ってきて飲んでいる。

沖縄、また行きたいなぁ〜。奄美大島にも。奄美大島は落石が多すぎる以外はとっても良い島。

昨日は車を運転していたら、100キロも走ったら昨年末に交通事故で打撲した右肩が痛くって、やっぱりバイクの方が体には楽だなぁ〜と思っていた。

右肩の怪我はまだ治っていないので通院しているのだが、整形外科で「前傾姿勢のバイクだから、肩に負担がかかって良くないんじゃないですか」と言われる。「もし私のバイクで肩に負担がかかるって言ってる人がいたら、その人はバイク下手ですよ」と答えたら医者が目を丸くしていた。

前傾姿勢のバイクだから、腕で体を支えるものだと思っていたらしい。体幹の筋肉で体を支えるから肩の筋肉なんて全く使わない、肩に力が入っていたら長距離を走れないですよ、というのは初めて聞いたらしい。

「肩を怪我しているんだから、バイクじゃなくて車にしたら」って言うのは、かなり的外れな意見だと思うけど、実際にはイメージの問題なのか言われることがある。怪我している肩に優しいのは間違いなくバイクなんだけど。私は都市伝説の一種だと思う。

車はハンドルを握っている以上、私はハンドルを持つのが主に右手なので(でも左利き)、右肩には絶対に負担がかかる。バイクだとハンドルなんて手を添えているだけで、体重移動しなければバイクは絶対に曲がらない。肩から腕を通して毎回ハンドルに入力しないと動いてくれない車とでは、肩にかかる負担は全然違う。だからバイクは事故った翌日に740キロ走っても大丈夫だったのに、車は事故った2ヶ月後に100キロ走っただけで右肩が痛くなるのだ。

なんてことを、オリオンビールを飲みながら「ハンドルに力を入れない”気持ちいい”乗り方」なんて雑誌記事を読みながら考えている。
| SHO | 携帯から | 21:29 | comments(0) | - |
サターンと温泉と十円寿司

今日は日曜日の代休を取っている。

今治まで散髪に行くのだが、R6はエンジンのオーバーホール前の点検でドック入り中。なので今日はサターンで行くことにした。

サターンというのは私の車で、GMのサターンSL2の1997年型に乗っている。新車から乗ってて16年目で4万キロにもうすぐ手が届くくらいしか乗っていなくて、昨年は2400キロしか乗らなかった。R6が昨年走った距離の10分の1しか乗っていない。ま〜、片道500キロ以上走る時に車に乗りたいとは思わないからなぁ。やっぱりバイクの方が絶対に楽。

行きは石鎚山サービスエリアのハイウェイオアシスにある「椿交流館こまつ」の温泉に入った。よく晴れていて春日和で、とっても気持ちいい。

ポカポカと温まってから今治市内に入り、今は十円寿司で25貫で250円の一皿と、お吸い物200円を食べている。素朴な味で美味しい。

これから散髪に行って、野球談義してきます!
| SHO | 携帯から | 14:18 | comments(0) | - |
スープライスセット

今日は久しぶりに天下一品で晩ご飯。10月1日以外で来るのは珍しい。

「スープライスセット」なる、どう見てもまかないか、お客さんメニューが発展したっぽいセットを食べている。

こっそり味のラーメンと明太子ご飯のセットなのだけど、先にラーメンの麺だけ食べて、後から明太子ご飯を投入!

雑炊風になったご飯とラーメンの汁を食べているけれど、なかなかイケる。でも、最近めっきり食べ物を受け付けなくなった私の胃袋は「ふつう」が限界。昔は「大盛」でもペロッと食べてたんだけどなぁ…。
| SHO | 携帯から | 19:47 | comments(0) | - |
初めてのケース
土曜日にバイク屋さんと話して、月末にいったんR6が帰ってくることになった。

なんでも、レッドバロン全体でもR6に9万キロ以上乗る人は少なく、さらにそこからエンジンをオーバーホールする人は皆無らしい。

つまり初めてのケースなので、考えられる原因が多すぎて分からないみたい。しばらく入退院を繰り返すことになりそうだ。

ゴールデンウイーク前にはオーバーホールを完了して欲しい旨を伝えたのだが、どうなるのだろう。
| SHO | 携帯から | 12:35 | comments(0) | - |
R6入院(たぶんオーバーホール)
今日、会社帰りに新居浜まで行ってYZF-R6を入院させてきた。ただいま帰りの電車の中。

久しぶりに乗ったけど、やっぱりとても良いバイク。ポジションが楽だし、パワーもあるしトルクで走ることもできるし、10万キロも走らないで手放すのはやっぱりもったいない。今日は走りながら、手放さないでエンジンを修理することにして良かったな、としみじみ感じていた。

R1に乗り換えるか迷ったけど、自分のバイクで10万キロを超えてみたいし、もし今ここで手放したら絶対に後悔すると思った。仮にR1に乗り換えたとして、もう一度10万キロに達するまで私はバイクに乗れるだろうか?

あと何年バイクに乗れるか分からない以上、乗れる間に乗るべきだ。10万キロを超えるチャンスが、もう一度来るとは限らないのだから。

「あと何年バイクに乗れるか分からない」と日記によく書いているけれど、左手の痺れが常時ある以上、意識しないわけにはいかない。昨年の秋に左手の激痛でR6に乗れなくなった時は本当に覚悟したし、首の古傷は今年もし乗れなくなっても全然不思議じゃない。バイクには乗れる時に乗るべきなのだ。

たぶん今回の点検でR6はオーバーホールになるだろう。「もしエンジンをバラす時は、もう9万キロはエンジンをバラさないで走れるようにエンジンを整備してください」とお願いした。20〜30万円かかるかもしれないと聞いているし、覚悟もしている。

YZF-R1に乗り換えるか、R6を手放さないでもう9万キロ乗るか、という選択で私はR6に乗る方を選択しただけの話。どちらを選択しても相当のお金がかかるし、4年間で74600km走って日本一周を共にした愛機を手放すには忍びなかった。

私のR6は、数あるR6の中で何台あるか分からない、日本一周を達成してオドメーター100,000kmを達成しようとしているバイクなのだ。どうして手放せるだろうか。

帰ってきたら、またたくさん乗ろう。R6は沖縄から北海道まで走ったけど、まだまだ行っていない場所がたくさんある。

2月21日
走行距離 81.0km
オドメーター 91548km
| SHO | 携帯から | 21:01 | comments(0) | - |
香川から4 日で宗谷岬まで往復することを考えてみる
さっき北海道ツーリングのことを考えていて、「4連休あれば、香川から納沙布岬往復は無理だけど、宗谷岬だったら往復できるんじゃない?」と気づいた。

初日に神戸から青森まで1100km走ることが前提だけど、考えてみると不可能じゃない。

函館から札幌までは約300km。札幌から稚内までが約400kmなのだ。つまり、単純計算で道内2日で1100km走れば良い計算になる。実際には1200kmくらい走ると思うけど、それでも1日600km走れば良い計算。走れない距離ではない。

ちなみに納沙布岬までは札幌から500kmあまりあって、この100kmの差が往復できるかどうかの境になっている。

初日に神戸から日本海岸を青森まで走り、2日目はハセガワストアのやきとり弁当を朝食にして、森インターから高速に乗って一気に士別剣淵インターまで走れば名寄はすぐそこ。音威子府あたりで泊まれば、3日目は猿払エサヌカ線〜宗谷岬〜日本海オロロンラインと走って小樽まで1日で走れることは3年前に実証済み。つまり3日間で宗谷岬まで自走することは可能で、最終日は小樽からフェリーで舞鶴まで帰れば良い。これで計算上は可能という判断が出た。

北海道の魅力と長距離ツーリングの楽しみを凝縮したような、夢の自走プラン。過酷すぎるので間違っても他人には勧めないけど、自分でやってみる分には大いにやってみたい。

香川から宗谷岬まで4日で往復するためには往復フェリー利用しないとダメかな〜と思っていたけど、これなら景色を楽しみながら宗谷岬まで走れる。素晴らしい!常識で頭からダメと思い込んだらダメだなぁ〜。
| SHO | 携帯から | 22:52 | comments(0) | - |
この数日思うこと
今、藤村忠寿の「けもの道」を読んでいる。

藤村忠寿と聞いてピンときたアナタはHTBのローカル深夜番組「水曜どうでしょう」のファンでしょう。著者は同番組のチーフディレクターです。

今まで読んだ「どうでしょう本」の中ではこの本が一番面白かった。読んでいて、いちいち納得できるし共感できるのだが、どう納得してどう共感できるのかが説明できない。「納得できるんです」、「共感できるんです」としか言えない。もし興味があるのなら、ぜひ読んでください。悩んでいる人に「こんな本もあるよ、読んでみたら」とオススメします。

先日、ある人から北海道ツーリングについて相談と私の北海道ツーリングへの同行の申し出を受けた。よくよく考えた末に、相談先を勧めた上で断ったのだが、今でも引っかかっていて、この数日ずっと考えている。

断った理由は簡単で、相談先として、あるいはツーリングの同行者として私が選ばれた理由が分からなかったし、その方の相談先あるいは同行者として私がふさわしいとも思えなかったし、もっと言えば、本人のプロフィールと日記を読んだ上で、ちゃんと私の日記を読んだ上で相談してきた、あるいはツーリングの同行を申し出たとは思えなかったから。

「北海道ツーリングの経験が豊富だから」では、私を選ぶ理由にならないのだ。なぜなら北海道で何がしたいかでアドバイスの内容は全然違うからで、さらに今までのツーリングの経験値によって、北海道ツーリングに際して絶対に押さえておくべき注意点も違う。

私はたしかに北海道に20回くらい行っているけど、私の持っている情報は偏っている。グルメや温泉や出会いや語らいを求めて北海道に行くのなら、私は素人以下に何も知らない。

基本的に長距離を走って景色を見ることしか考えていないし求めていない人に、一般的初心者北海道ツーリングのアドバイスを求められても答えられない。ましてや同行など願えるものではない。私の旅は、あれは私が自分でやるから楽しいのであって、世の中のほとんどの人にとっては単なる苦行だろう。

北海道を丸4日走って一度も温泉に入らなかったことすらあるし、小樽で3回も泊まって一度も寿司を食べたことがない。結局はセイコーマートのお惣菜とサッポロクラシックというのが毎度のパターン。私はそれでも十分に楽しいけど、一般的な初心者北海道ライダーがそんな旅に満足できるとは思えない。

「北海道のツーリング経験が豊富」という理由では、私を選んで相談する理由にならないというのはそういうことなのだ。

私は普通に自分のバイクで1日1000km走るスケジュールを組むけど、私の日記を読めば分かるように、いくら長距離が楽なバイクでも1日1000kmも走れば心身ともに疲労する。それを翌日も同じように走るのは、私は自分の責任でやるけど一般的には危険だ。おそらく私と同じように1日1000kmを超えるツーリングをする人は全員が、自分の体調が悪ければツーリングの日程を自分で調整して自分の能力の範囲内で泊まったり帰還するくらいの技量と覚悟を持っているだろう。

その技量と覚悟がありますか?わざわざ私を選んで、私の旅に同行したいと言う以上は、何があっても自分の責任で行動してくださいよ?ということなのだ。

こちらはお金をもらって旅するプロでもガイドでもない。自分の休暇では一年に1回しか行けない北海道を最大限に楽しみたいから渡道するのであって、他人のために旅するわけじゃない。
| SHO | 携帯から | 19:57 | comments(0) | - |
傲慢な話
今日、仕事のミーティングで先の予定が多少分かったのだが、ゴールデンウイーク前後にまた工事が入るかもしれない(-。-)y-゜゜゜

どうせならゴールデンウイーク明けに一週間くらいまとめて休んで北海道に行きたいなぁ〜!一週間あれば、片道自走しても道東と道北の両方に行ける。今年もファイターズの試合を札幌ドームで見られるだろうか?

あと8500kmでオドメーター100,000km。そう思うと、ゴールデンウイークで3000kmは走りたいけど、大丈夫だろうか?それに加えて2000km級の弾丸ツーリングが2回か1500km級の弾丸ツーリングが3回できれば、100,000kmには簡単に到達する計算になる。残り1000kmは、それこそ日常の愛媛往復で走れるだろう。捕らぬ狸の皮算用だけど。

今の部署に移る前は弾丸ツーリングができなかったので、日曜出勤の代休で連続2日の休みを取れるのが本当に嬉しい。3日あれば北東北まで往復できる。私はまだ経験ないけど、3日で北東北まで2900km走る人も知り合いにはいるし、視神経の問題さえなければ走れる実力はあると…一応思っている。

最近、走行距離に関しては自分の感覚が壊れているのかどうか分からなくなってきた。「BMW乗りは距離感覚が壊れている」というのは聞くけど、大陸横断で何千キロも走り続ける前提のバイクだからなぁ。日本のスーパースポーツも十分に優秀なロングツアラーだと思うけど、違うのだろうか?

走行距離の話をする時は、「私、走れます」みたいに言えば自慢めいて聞こえそうだし、かと言って誰でも私と同じ距離を走れるかと言えば、9割方の人には無理。相応の実力と経験がないと私と同じようには走れないと思うけど、そういうことを話すと威張っているように聞こえそうで、じゃあどう話せば良いわけ?と考える。本当に分からない。

正直言えば、長距離をスーパースポーツで走る、ということに限れば私はかなりの実力を持っていると思っている。特にスーパースポーツと車種を限定すれば、生半可では一緒に着いて来られないと思う。だって私は年がら年中そんな旅しているんだもの。

スーパースポーツでロングツアラー顔負けの長距離走行ができるのは、常に正しい乗車姿勢で乗るよう心がけているからであって、普段からやっていない人が同じことをできるかと言われれば、たぶんできないと思う。私は年間で350日以上はバイクに乗っているのだから。

以前の職場の上司に「バイクは危ないから車で通勤しなさい」と言われたことがあるけど、私に言わせれば逆で、バイクは危ないと思うからこそ普段から努力してバイクに乗りなさい、と思う。バイクが危ないからバイクに乗らないのではなく、自分の実力でどうすれば安全にバイクに乗れるかを考えるべきだ。

私は大型二輪免許を取るのに20時間以上を要しているし、自分が下手だと自覚しているのなら、運転の才能がないと思うのなら意識してバイクにたくさん乗って上手くなるしかない。一番怖いのは、運転感覚を忘れた状態でスーパースポーツに乗ることなのだから。自分の実力では扱い切れないモンスターマシンに乗っている自覚はしているつもり。

私は速くもなければジムカーナができるわけでもない。華麗なる立ちゴケならたまにするけど華麗なるUターンは今でも苦手。そんな私だからこそ、意識してバイクに乗らないと事故りそうで怖いのだ。

バイクで事故りたくなければバイクにたくさん乗るしかない。そして、どんなに実力をつけても事故のリスクは一定以下には絶対に減らない。私はあと何年バイクに乗れるかと常に思う、交通事故の後遺障害を持っているけど、その事故は原付で時速30kmで、過失割合0:90で相手が悪かった事故だったのだ。

だからバイクに乗れる間は精一杯にバイクに乗りたい。あと何年バイクに乗れるか分からないし、将来バイクにもし乗れなくなったら「もっとバイクに乗れば良かった」と後悔もすると思うけど、乗れる間に精一杯バイクの旅をしたい。

傲慢を承知で言えば、私は威張っているわけでもないし、長距離を走れるという意味に限って私が「走れる人」なのは事実でしょう。スーパースポーツというバイクは崩れた乗車姿勢を絶対に許容しないし、とにかく正しい乗車姿勢で乗り続けないと1日1000kmを超える長距離はとても走れない。そういうバイクだからこそ私はスーパースポーツというジャンルが好きなのだ。実力がなくても乗れちゃうような「優しいバイク」に乗りたいとは、私は全く思わない。
| SHO | 携帯から | 22:40 | comments(0) | - |
ゴールデンウイークの北海道ツーリングを考える
コンビニで北海道フェアをやっていて「やきそば弁当」を売っていたので、大判とちょい辛を2個ずつ買ってきた。今度の日曜日は日曜出勤なので昼ご飯に食べよう。楽しみ。

今年のゴールデンウイークは、うちの会社は5連休。連休最終日は工場の立ち上げのために出勤だろうから、4連休と考えるべき。

昨年まで3年連続でゴールデンウイークは北海道に行っている。1年目は5連休の道内3日で三国峠〜知床〜宗谷岬と回り、2年目は6連休の走行4日で東北と北海道が2日ずつ。秋田に上陸して大震災直後の三陸海岸を2日間かけて北上し、大間から函館に渡って深川、十勝平野まで回った。

3年目の昨年が一番規模が大きく、6連休の走行5日で、初日に神戸から青森まで一気に走って北海道に入り、西海岸を走って小樽、太平洋岸を走って根室、内陸を走って深川と走って最終日は札幌ドームで日本ハムファイターズの試合を見て、「水曜どうでしょう」の前枠後枠を撮影している平岸高台公園に行って帰ったのだった。

R6はツアラー顔負けの優秀な長距離バイクでもあることを遺憾なく証明して…なんてのはどうでも良い話で、今年は4連休だったら北海道をどう走ろう?と考えている。

舞鶴から新日本海フェリー往復だと4日のうち2日が潰れてしまい、いかにもつまらない。ただし小樽から道内2日あれば知床か宗谷岬の片方には行ける。

あるいは昨年と同様に、初日に日本海岸を神戸から青森まで一気に北上する手もある。1日で1100km以上走るけど、昨年もやったし大丈夫でしょう。高速700kmの下道400kmだし、景色の良さは折り紙付き。道内2日は変わらないので、せいぜい太平洋岸を襟裳岬くらいまでしか行けないのが残念なのだけど…。

う〜ん、どうしようかなぁ〜。
| SHO | 携帯から | 20:43 | comments(0) | - |
迷い
来週末にR6をドック入りさせることになった。

昨年は5〜6月に1ヶ月あまりドック入りしてヘッドライトを増設してスイングアームのベアリングを交換、7月にも半月ドック入りしてリヤタイヤのベアリングを交換、今年1月にも半月ドック入りして水温計のリレーを交換している。今年で初登録から丸10年、91500kmを走っているので、何かと部品交換や小規模なオーバーホールが増えてきた。

最初は2〜3日預かると言っていたけど、燃費が2割落ちて走行中に変な臭いがするには何か理由があるはず。まずエンジンが無事では済むまいと思っている。圧縮が抜けているのか、他の理由なのか…。

R6を買い換えるべき理由はないのだが、「これで良かったのだろうか?」とも少し思う。06年型ヤマハYZF-R1のUSインターカラーに乗りたいんじゃないの?と。

実力的にはR6で丸4年、74000km乗っていれば、R1に乗っても大丈夫な実力には達していると思っているのだけど…。私の自信過剰だろうか?

もし乗り換えるならコレ、というバイクがある一方で、自分のバイクで100,000kmを超えられるチャンスはめったにないのも事実。いくらエンジンのオーバーホールが車体価格を上回ってもR1を買うより高いことはないはず。

昨年ヘッドライトを増設して、長年の懸案だった照射範囲の狭さは解消した。日本一周を共に過ごした愛車を乗り換える必要が全くないのも事実。愛着もあるし長距離を走っても楽なバイクだし、経年劣化が少しずつ見られる以外はまだまだ乗れる。

R6をオーバーホールすることに決めていても、やっぱりR1に乗りたい気持ちがあるのも否定はできない。いくら今のバイクが好きでも迷うこともある。他のバイクには乗らないの?今のところ興味はありません。スズキGSX-R1000かGSX-R600のk6だったら乗ってみたいけど。
| SHO | 携帯から | 18:33 | comments(0) | - |
10年後を想像してみる
最近、「10年後はどうしているだろう?」とよく考えている。

10年後も私は旅人でいたい。生涯現役の旅人でいたいのだから、10年後は当然のこと。

今のバイクに乗っているだろうか?分からないけど、半分くらいの確率で乗っているかもしれない。もし10年後も乗っていたら20〜30万キロは乗っているのだろう。最近は体がボロボロで、「あと何年バイクに乗れるか分からない」といつも思っているから、あと何年バイクに乗れるかは分からないけど。

結婚は?しているかもしれないけど、していないかもしれないな、と最近リアルに思い始めた。昔はある程度の年齢になったら結婚するのが当たり前だと思っていたけど、残念ながらどんなに努力してもできないものはできないし、こちらが真剣に好きになっても相手がそうでなければできない現実もある。その繰り返しでエネルギーと時間を消耗するのが嫌になった。だったら自分の努力で何とかできるもので、自分自身を精一杯に幸せにしよう、と思い始めた。

旅は私を裏切らない。

旅人であり続けたいというのは私が子供の頃から思っていたことで、今も思っていることで、私は一生旅人を辞めないし、それを辞めろと言うのは私にとっては死ねと言っているのと同じ。

今の部署に移ってから、日曜出勤の代休を使って月に1回は旅に出ている私を「優雅だなぁ」と評されることが職場である。でも、そういう環境を私は社会人になりたての頃から望んで望んでようやく手に入れたのだ。

そうでなければ、実質週休1日制の今の会社に勤めながらバイクで日本一周なんてできるはずがない。4連休で奄美大島に行ったのも3週間連続の18連勤の代休2日に有休1日をくっつけて出かけたのだ。そこまでして旅に出たいのだ、私は。

10年後も私は旅に出たい。バイクの日本一周が終わって、私はもっと旅がしたくなった。25年も続けているのに、今も旅がしたくて仕方がない。奄美大島に行ったら次は徳之島に行きたいし、日本一周で行かなかった先島諸島にも行きたい。そして海外にも行きたい。25年もやっているのに興味は尽きることがない。極めるとは、きっとそういう繰り返しのことなのだ。

そういう私にとって、もし結婚したから旅に出るなと言われたら、私には致命傷だろうな、と考えるのだ。

もしかしたら10年後も結婚していないかもしれない、と考えるのは、私は婚約解消を経験したことがあるのだが、もしその時に結婚していたら、まだ日本一周は達成していないかもしれないし、家族の存在を日本一周の障害と感じただろうと思うからでもある。私にとっては旅こそが今までの人生を通じてずっと価値観の最高位で、それを妨害するものは邪魔だと感じる。少なくとも妨害しないのなら、できれば一緒に楽しんでくれるのなら結婚したいけど、そうでないのなら、私は自分を自分で幸せにしたい。少なくとも他人に自分を幸せにしてくれるよう期待する人生よりは良い。自分自身で自分を幸せにすることに、私は責任を持っているのだから。

旅と結婚が二者択一になった場合、私は旅を選ぶだろう。旅は裏切らないから。

10年後も四国に住んでいるのか、今の会社にいるかは分からないし、身体的な事情で10年後もバイクに乗れているかは分からない。でも私は10年後も命ある限り旅人を辞めていないだろう。
| SHO | 携帯から | 21:06 | comments(0) | - |
主題がうまくまとまらない
「培倶人」の3月号の特集「いつまでもバイクに乗りたい」を読んで考えていた。

「私はうまいんだろうか?」と。

「たくさんの距離を乗っている人はやっぱり違う」というのは、ある意味では本当。

手前味噌だけど、奄美大島で林道に迷い込んでしまった時に、落ち葉に埋もれた落石だらけ、林道を横切る水路の蓋が一部落ちていることに水路通過の2〜3秒前まで気づかないような林道をR6で無事に突破できたのは、私はR6で似たような道を走ったことが四国や九州や南アルプスで何度もあって、しかも慣れ親しんだ自分のバイクだったから。

SSで落石ゴロゴロの山道を時速20〜30kmで延々1時間弱走り続けるのは、どうすればバイクに楽に乗れるか、バイクとはこう乗ればものすごく楽で安全なんだというバイクの修行としてはものすごく有意義だった。でも一般には好き好んでSSで走る道じゃないし、たぶんオフ車で走る方がずっと安心で安全で楽。

今回は本当に危険だったし、私だって自分のR6以外のSSではやりたくない。1回でもミスしたら即パンクだったし、島の外周一周にこだわり過ぎたこと自体がミス。基本の乗車姿勢ができていればSSで落石ゴロゴロの道でも必要以上に恐れることはないけど、瞬時の危険回避のために乗車姿勢はものすごく大事。乗車姿勢は基本中の基本だけど、基本はものすごく大事。

乗車姿勢ができていないと長距離長時間はとても乗れないのがSSの大きな魅力だけど、バイクに乗るには経験が大事なのも事実。

じゃあ私はベテランなのか?百戦錬磨なのか?と考えると、もう初心者ではないけど、中型以上でバイク歴8年目、105000km走行の人をベテランだ百戦錬磨だと言うのは違う気がする。中級者なのが本当のところだろう。

私はうまくないし速いライダーでもない。偉そうなことを日記で書いているけれど、私だって自分の経験以上の走りはできない。一緒に走れば私の運転の下手さ加減はよく分かると思うけれど、たぶん文章から想像されるよりはずっと下手。バイクのシートが光るほど乗っている、というそれだけのこと。


だから精進してもっとバイクに乗らないといけないのだろう。
| SHO | 携帯から | 21:25 | comments(0) | - |
眼科に行った
前から日記に書いているように、眼精疲労持ちで1日1000kmとか走ると視力に影響が出て大変なことになる私。

特に11月の仙台弾丸ツーリング以降、眼精疲労が一週間経っても回復しなくなり、昨日は500kmしか走っていないのに今日も眼精疲労で目をしょぼしょぼさせているので病院に行ってきた。

検査してもらったところ、瞼の内側の粘膜が腫れ上がっているのと、目の筋肉の緊張が見られるとのこと。

視力は両目1.5を維持しているし、眼球そのものには問題ないらしいのだけど、レンズの焦点を合わせるための筋肉が緊張しているらしい。寝る前に目薬をさして様子を見ることになった。

長距離走行ってそんなに目に負担がかかるんだろうか?
| SHO | 携帯から | 20:04 | comments(0) | - |
無事帰着
23時26分に無事帰着した。

2月4日 鹿児島〜丸亀
走行距離 491.3km
総走行距離 1512.8km
オドメーター 91304km
| SHO | 携帯から | 00:58 | comments(0) | - |
しらす高菜茶漬け

松山道の伊予灘サービスエリアにいる。

運転中はクリアのサングラスをかけているのだが、夜間なのでクリアからオレンジに変えてみたところかえって暗くて危険なので、クリアに戻すために伊予灘サービスエリアに入った。

4時間前に弁当を食べて以来で小腹が空いているので食堂のメニューを見たら「しらす高菜茶漬け」というのがあって、500円なので試している。

なかなか美味しい。高菜としらすが良く合っている。でもワサビが辛すぎるかも…。

伊予灘と松山市内の夜景がきれい。「恋人の聖地」らしいけど、それらしいカップルは見かけない。平日の夜10時だからなぁ〜。
| SHO | 携帯から | 21:56 | comments(0) | - |
臼杵到着

事故渋滞の影響で予定より2時間半遅れて、無事に臼杵のフェリーターミナルに到着した。

疲れた〜!眠い〜!お腹減った〜!

予定の14時30分発よりは1本遅れたけれど、17時30分発の八幡浜行きフェリーに乗り込んだ。まぁ九州にツーリングする時のいつもの便なんだけど、もう1本遅い18時30分発がその日のうちに香川まで帰れる最終便。できればそれは使いたくなかったので、1本遅れで済んで良かった。

今日はもし鹿児島でグズグズしていて「いつもの便」で帰るつもりにしていたら…と思うとゾッとする。明日から会社だし、4日も休んだのだから体調を整えて会社に行きたい。

臼杵で少し時間があったので本屋に寄って「培倶人」を買った。船内で読むつもりだったけど、疲れたしターミナルの食堂の唐揚げ弁当で晩ご飯を食べたので、寝るかな…。
| SHO | 携帯から | 17:42 | comments(0) | - |
渋滞中
ただいま通行止め現場で渋滞中。

JHのパトロール隊員がサービスエリアの各車両を回って「肥後トンネルの手前から下り線に引き返せますので、動けるようになりました」って言うから、山江サービスエリアで事故渋滞待ちしていたほぼ全車両が出発。

私はプロテクターの装備一式を外していたので、燃料補給してからゆっくり出発したのだけど、来てみたら何のことはない、山江サービスエリアで待機していた、ほぼ全車両が渋滞の列に加わっただけで、1時間待っても1ミリも動きゃしない。

事故は大型トレーラーが2車線塞いで横転した大事故なので、数時間の通行止めは覚悟していたし仕方がない。問題なのは、せっかく第一撃の難を逃れた人までパトロール隊員のいい加減な発言のせいで渋滞に巻き込まれたこと。実際は引き返したのではなく、開通してようやく先に進んだのだ。

結局、1時間20分待って開通した。今は坂本パーキングエリア。乗用車のフロントが潰れているから、追突したのかな?
| SHO | 携帯から | 12:34 | comments(0) | - |
肥後トンネル通行止め
ただいま九州自動車道の山江サービスエリア。

この先の肥後トンネルで事故が発生して、上り線の人吉〜八代間が通行止めになった。つまり、ただいま通行止め区間の中に閉じこめられております…。

山江サービスエリアに到着後すぐ見たナビタイムでは、まだ車線規制だったのだが、コンビニで買い物してエクレアとホットココアを取っていたら無線が入って「通行止め」って…。

ラッキーだったのは、まだ山江SAを出発していなかったこと。無線があと5分遅かったら出発していた。この氷雨の中で事故渋滞に閉じこめられられるとは、悲惨過ぎる…。

欲を言えば山江サービスエリアにスマートICがあるか、ひとつ手前のえびのパーキングエリアで休憩していれば人吉ICで折り返して宮崎自動車道回りで帰れたのだが、通行止めになった瞬間にサービスエリアにいたのはラッキー以外の何物でもない。

こうなった以上、当分は動けない。居眠りでもしますか…。
| SHO | 携帯から | 10:18 | comments(0) | - |
フェリーの朝食

6時20分くらいに佐多岬を航過して、間もなく鹿児島湾に入る。

朝食はご飯と味噌汁と生卵と海苔と納豆とモズク。モズクが美味しい。

今日は雨が降っているので、また合羽を着なきゃ。気温は高めなので、昼間の格好をどうしようかな。

鹿児島に8時30分に着いて、臼杵14時30分発のフェリーに乗りたいので、今日も阿蘇山経由の最短ルートで帰る。益城熊本インターを11時に通過したいけど、大丈夫だろうか?
| SHO | 携帯から | 06:55 | comments(0) | - |
北海道と沖縄が同居する島

名瀬からフェリーに乗り込み、奄美大島を離れた。

奄美大島は最初から最後まで美人が多くてびっくりしたけど、北海道以外で最初から最後まで美人、というのは初めてかも。話したのはお店の人が多かったから印象を割り引かないといけないけど、特に若い人はスタイル抜群なのに気さくで親切な人が多い印象。

私の奄美大島の印象を一言で表すと「沖縄と北海道が同居した島」。もちろん客観性のかけらもない感想だけど、加計呂麻島の諸鈍の浜や、笠利町のあやまる岬の辺りはまるで沖縄のような景色の広がりがあって、大和村や竜郷町の海岸線の荒涼とした印象はまるで北海道。沖縄と北海道の印象がひとつの島に同居しているなんて(笠利町と竜郷町なんて隣町だ)、実に不思議な島。

バイク乗りとしては沖縄と奄美大島のどちらが楽しかった?と考えると言うまでもなく奄美大島。北部を除いて平板な島である沖縄と(沖縄もアップダウンはたくさんあるけど)、島の中にかなりの数の険しい峠を抱える奄美大島では、バイクで走った時の楽しさの質が全然違う。

次は徳之島に行きたいな。

2月3日 古仁屋〜名瀬
走行距離 228.2km
オドメーター 90813km
| SHO | 携帯から | 22:47 | comments(18) | - |
生うに丼と刺身

名瀬に戻ってから、竜郷町の半島に向かった。ここは昨日は夜明け前だったので来なかったのだ。

ここも北海道みたい。名瀬から20kmも走ってないのに、なんと荒涼とした景色なんだろう。

竜郷漁港の目の前に「番屋」という海鮮処があったのでフラフラッと入った。1500円の生ウニ丼と800円の刺身を頼んで、奄美大島最後の晩餐をしている。美味しい。

昨日の朝はエブリワンのコンビニ弁当、昼はパン1個だけ、夜と今日の朝は旅館の家庭料理、今日の昼はエブリワンの爆弾おにぎり2個とミキ、というわけで何もグルメしていないので、最後くらいは贅沢しても良いでしょう。

奄美大島を2日間堪能したなぁ〜。これで後は無事に香川まで帰るだけだ。
| SHO | 携帯から | 18:23 | comments(0) | - |
ここは北海道?

奄美大島の西海岸に出た。戸円というところに今はいる。

西海岸に出てから、ここは北海道の渡島半島や積丹半島、あるいは津軽半島の龍泊ラインかと本気で勘違いしそうになっている。雰囲気がそっくりなのだ。

崖の下を伸びる、やたらと舗装状態の良い道路。波の音しか聞こえないのに、大きなカーブを抜けるたびに響き渡る自分のバイクのエンジン音。すれ違うバイクがハーレーばっかりのところまで北海道と一緒。スーパースポーツにとってこんな気持ちいい道はないと思うのに。

まさか奄美大島で北海道とそっくりの景色を見るとは思わなかった。気候も植物も全然違うのに、荒涼とした雰囲気は本当に本当にそっくり。

奄美大島に来て良かった。
| SHO | 携帯から | 15:59 | comments(0) | - |
屋鈍の海

曽津高崎の半島の北側の最奥の集落、屋鈍に到着した。

海の色がものすごくキレイ。
| SHO | 携帯から | 12:57 | comments(0) | - |
SSの林道走行を考える

曽津高崎から屋鈍に抜けようと思っていたら、途中でガレガレのダートに変わってしまった。もちろんR6では無理。

急勾配の途中でターンして久慈方面まで20km戻ろうとしたら、道を間違えて林道宇検中央2号線という林道に入ってしまった。もちろんドコモですら圏外の山の中。

今こうしてメールを書いているってことは無事に抜け出せたのだが、落ち葉に隠れた落石がゴロゴロ、林道を横切る水路の蓋が落ちていることに気づくのが水路通過の2〜3秒前なんてのは当たり前。およそスーパースポーツで走るのに適した道ではなかった。

これは極端な例だけど、程度の差はあっても奄美大島の県道も程度は似たり寄ったり。常に気が抜けない。

奄美大島をスーパースポーツで走って楽しいか?答えはYES。場所によっては本州の有名な道路も真っ青な舗装状態の、素晴らしいワインディングがある。

じゃあ奄美大島の外周一周はどうだろう?「何があっても自己責任なので、絶対に落石を引っ掛けないだけの運転技量を持つ人限定です」が私の答え。もっと正確に言えば、2〜3秒後に即パンクする状況が突然発生しても回避できる人限定、ってこと。奄美大島と加計呂麻島を1日半走っていて、そういう状況が山ほど発生したので。

ものすごく集中した状況が延々と続くわけだけど、林道を走りながら「すごい修行してるな〜」と思った。

スーパースポーツに乗っていて、2〜3秒後に即パンクする状況が次々に発生するということは、即座に進路変更できるように常に正しい乗車姿勢を維持して、両手に力が入っていないフリーな状態を常に維持して時速20〜30kmで延々走り続けなければならない、ということで、考えてみればこれはものすごい運転技術の勉強になるのだ。

常時極度に緊張はしているんだけど、「スーパースポーツって、こう乗ればものすごく楽に乗れるんだなぁ〜」とも運転しながら思っていた。運転していて、スーパースポーツって本当にラクだなぁ〜とも。

結局、10時前にメールを書いた久慈からはまだ3.2kmしか走ってないけどね!
| SHO | 携帯から | 12:17 | comments(0) | - |
大島海峡

ただいまこんなところにいます。空気が美味しい!
| SHO | 携帯から | 10:02 | comments(0) | - |
由井岳に登れなかった

大島海峡の展望名所の由井岳に登ろうと、須佐礼という集落からアクセスしたのだが、とんでもない悪路だった。

道はだんだん険しくなり、わりと新しいタイヤの跡に沿って走って行ったのだが、最後は崖崩れで通行止めになってしまった。

古仁屋の町まで引き返して別ルートで登っても良いのだが、5km進むのに30分かかったことを考えると、往復1時間では絶対に済むまい。

これから曽津高崎方面まで行きたいと考えているのだが、同様に引き返す可能性は十分にある。今は久慈という集落にいるのだが、直線距離8kmを進むのに50〜60kmくらいは走りそうなのだ。2時間で走破したとして、8km先に着いたらもうお昼だ。

後のマージンを残しておくことを考えると由井岳に登るのは断念せざるを得なかった。
| SHO | 携帯から | 09:43 | comments(0) | - |
古仁屋の朝

朝からシャワーを浴びてさっぱりしてから朝ご飯。焼き魚とハムと海藻と梅干しと卵かけご飯と味噌汁。やっぱり家庭料理だけど、普通に美味しくて大満足。

ビジネス旅館だから7時には食べられるだろうと思ったら、やっぱり大丈夫だった。7時には食べないと加計呂麻島に渡る始発のフェリーに乗れないのだ。

今日は奄美大島の西側を北上して名瀬に戻る。今日も1日ご安全でありますように!
| SHO | 携帯から | 07:24 | comments(0) | - |
古仁屋の夜

古仁屋の旅館の夕食は、お刺身にモズクに魚と大根の煮付けという、いかにも家庭料理なメニューだった。

2食ついて素泊まりと2000円しか変わらないから、こんなものでしょう。普通に美味しくて大満足。

ほとんど仕事のお客さんみたいで、相席の人とバイクや仕事の話で盛り上がって2時間あまりも話し込み、部屋に戻ったら即寝てしまった。

2月2日 名瀬〜笠利〜加計呂麻島〜古仁屋
走行距離 212.4km
オドメーター 90584km
| SHO | 携帯から | 04:26 | comments(0) | - |
サヨナラ加計呂麻島

瀬相(せそう)港から古仁屋行きの最終フェリーに乗った。

朝の7時を過ぎないと明るくならないのにも驚いたけど、夕方6時を回っても十分明るいのにもびっくり。さすが琉球弧の島だ。

昨年の年末年始に走った沖縄も良かったけど、奄美大島はさらに良いなぁ!遠隔地という感じがする。

大島海峡を眺めていると、レイテ海戦の参加前に第五艦隊が停泊していたのはここなのか…、と感慨深い。重巡の那智と足柄の第21戦隊、軽巡の阿武隈と駆逐艦7隻からなる第一水雷戦隊か…。なんとなく想像してしまう。
| SHO | 携帯から | 18:22 | comments(0) | - |
安脚場から実久へ

加計呂麻島を東の安脚場から西の実久まで走った。

35kmほどの道に50分かかる。R6でもフルスロットルで立ち上がれる(もちろん低回転です)ワインディングが延々と続くのだが、路面が濡れていたり土まみれだったり落石があったりと、油断を許さない路面状況が続く。

明日走る大島海峡の反対側の道がよく見える。これは大変そうだ。沖永良部島の知名を出たフェリーが古仁屋に寄港して遠ざかってゆく。

最果てまでやってきた。安脚場から見る大島海峡の景色も圧倒的だったけど、実久から見る大島海峡は、どこか寂しい。
| SHO | 携帯から | 16:59 | comments(0) | - |
諸鈍のデイゴ並木

加計呂麻島に来たら見てみたいと思っていた、諸鈍のデイゴ並木に来ている。

デイゴと言えばTHE BOOMの「島唄」の歌詞を思い出す。

とても静かなのに、底知れぬ恐ろしさを感じる島だ。この恐ろしさの源は、いったい何だろう。
| SHO | 携帯から | 15:25 | comments(0) | - |
フェリーかけろま!

古仁屋から加計呂麻島行きの「フェリーかけろま」に乗船している。

いよいよ加計呂麻島。最果てに来たなぁ〜!

今晩は最終便のフェリーで加計呂麻島から戻って、古仁屋で泊まる。旅館の夕食が楽しみ!

古仁屋の時間がギリギリで燃料補給できなかったので、たぶん大丈夫だけど燃料が心配。加計呂麻島にもガソリンスタンドはあるけれど、軽油とレギュラーだけでハイオクはないのでした…。
| SHO | 携帯から | 14:28 | comments(0) | - |
「サイコロ5 」ロケ地!

前線が通過する間、雨宿りがてら昼寝していたら、行くはずじゃなかった「奄美パーク」と「田中一村記念美術館」に行ってしまった。2時間半も過ごしてしまい、まだ笠利町にいる。

ただいま馬車山村海岸。名前を聞いてピンと来た人は「水曜どうでしょう」のマニアでしょう。「サイコロ5」で大泉さんが海に走って飛び込んだ海岸です。

今日は1日雨みたい。国道58号で早めに古仁屋に向かうかなぁ…。
| SHO | 携帯から | 11:47 | comments(0) | - |
あやまる岬

あやまる岬に着いた。前線の通過が近い。笠利崎の向こうに黒い雨雲が迫っている。

鹿児島まではYUIをエンドレスで聞いていたけど、奄美まで来るとCoccoだなぁ。島の雰囲気に、Coccoの音楽がよく似合う。
| SHO | 携帯から | 08:31 | comments(0) | - |
笠利崎で朝ご飯

奄美大島の最北端、笠利崎に着いた。ここも、ものすごく気持ちいい場所。

数日前に取り上げた本の著者の山村さんが、佐渡島と並んで奄美大島の来訪を薦めたのも納得できる。気持ち良すぎて1日じゃ回れそうにないくらいなのだ。「せっかく奄美大島まで行くのに、1日で帰ってきたらつまらないでしょう」と休みを1日追加してくれた上司に、本当に感謝している。

南九州に行くといつも楽しみにしているコンビニ、エブリワンの唐揚げ弁当で朝ご飯。美味しい。

日本中で何台のR6が稼動しているのか分からないけど、この景色を知っているR6は何台もないんだろうなぁ、と思うと嬉しい。利尻島や礼文島に渡ったR6はたくさんあるだろうけど、奄美大島の最北端までやってきたR6はそんなにいないはず。

やっぱり自分のバイクで来なくちゃね。借りたバイクじゃダメなんだ。

小雨が降ってきた。灯台まで登りたかったけど、やめようかな…。
| SHO | 携帯から | 07:51 | comments(0) | - |
気持ちいい

明けてゆく奄美大島。

気持ちいい!スピリチュアルなことは分からないけど、ものすごく空気が気持ちいい場所。

建物が内地と全然違う。まるで外国みたいだ。
| SHO | 携帯から | 06:46 | comments(0) | - |
no title

明けてゆく奄美大島。

気持ちいい!スピリチュアルなことは分からないけど、ものすごく空気が気持ちいい場所。

建物が内地と全然違う。まるで外国みたいだ。
| SHO | 携帯から | 06:45 | comments(0) | - |
名瀬到着

奄美大島の名瀬港に到着した。ただいま下船待ちの最中。荷役が終わってから下船らしく、大型のフォークリフトが走り回っている。

やっぱり暖かい。長袖Tシャツの上にインナーを外した冬用ジャケットを着て、ちょうど良いくらい。気温は15度くらいはありそうだ。

昨日は19時ごろに寝たら22時半に目が覚めて眠れなくなり、寝入りばなに4時のバイブが振動した。眠い…。
| SHO | 携帯から | 05:12 | comments(0) | - |
至福のひととき

無事に那覇行きのマルエーフェリー「フェリーあけぼの」に乗船した。

新車の原付とか離島向けの生活物資のコンテナが積み込まれていて、いかにも生活航路な雰囲気が好き。同じ長距離フェリーでも、大型トレーラーの多い新日本海フェリーとは全然違う。お客さんの顔つきも南国系のいかにも九州〜沖縄な顔の人が多くて、日本の中の海外に来た感じがする。

出港前からオリオンビールとポテトチップスで一杯やっている。旅情を感じる至福のひととき。新日本海フェリーで飲むサッポロクラシックと同じくらい美味い。

明日の奄美大島の気温は20度。防寒着は全部ダッフルバックにしまった。明日も雨の予報なのが残念だけど、楽しんで来よう。

明日の朝5時には奄美大島の名瀬に着く。24時間前には会社で働いていたことを考えると、遠いところまで来たもんだ。これぞ弾丸ツーリングの真骨頂!
| SHO | 携帯から | 17:51 | comments(0) | - |
桜島フェリー

桜島港から鹿児島行きのフェリーに乗った。天文館むじゃきの白熊も温泉もダメだったけど、たまりかねて志布志駅で30分寝て完全復活した。

暑くなってきて、フリースとトレーナーを脱いだ。鹿児島は暖かいなぁ〜。
| SHO | 携帯から | 15:48 | comments(0) | - |
都井岬到着

都井岬に着いた。雨で疲れた〜!

自宅から400km以上すでに走っているので、雨と睡眠不足もあって疲れ気味。普段は夕方以降に来る疲れが前倒しで来ている。

でも都井岬は日本一周では来られなかった岬なので、来れて良かった。

今日のこれからの予定は、16時半までに鹿児島港フェリーターミナルに行けば良い。早く鹿児島に着いたら温泉に浸かって天文館むじゃきで白熊を食べたいところだけど、そんな時間があるだろうか?

火山灰で道が滑りやすいだろうし、気をつけて安全運転で走ろうっと。
| SHO | 携帯から | 12:19 | comments(0) | - |
川南パーキングエリア

現在は東九州自動車道の川南パーキングエリア。朝5時過ぎに臼杵に上陸してから3時間で、宮崎まであと50kmの地点までやってきた。

延岡と日向の渋滞を高速でバイパスしたので速い。でも、宮崎から先が長いので急がなければ。

今日は日本一周ではとうとう到達できなかった、宮崎県の都井岬に行くつもりなのだが、時間切れで到達できなかったことが過去にある。天気がいつ崩れてもおかしくないので、都井岬には午前中に到達したい。

地元のシルキージンジャーという生姜飲料を飲んでみた。体が温まる(気がする)。
| SHO | 携帯から | 08:32 | comments(0) | - |
18連勤終了!
3週間連続の18連勤が終了した。

奄美大島での滞在が1日と聞いた上司の配慮で、月曜日まで休ませてもらえることになった。これで奄美大島滞在が2日になるので、諦めていた加計呂麻島まで行ける!

今の上司は自分もバイク乗りで、もともと異動前から社内の友人だったからかどうか分からないけど、私の使い方をよく分かっているなぁ〜。4連休ももらえるなら18連勤もドンと来い!な私の性格をよく分かっている…。

帰宅してから仮眠して、出発します!
| SHO | 携帯から | 19:35 | comments(0) | - |
奄美大島と「人口減少時代の豊かな暮らしと仕事の場」
明日の仕事明けから、金土日と奄美大島まで弾丸ツーリングに行くことにした。

3日で1500kmしか走らないけど、地図をどれだけ読んでも見当がつかない。奄美大島の距離感覚ってヤツが。

一昨年末の沖縄ツーリングでは2日で650km走ったけど、全く距離感覚には困らなかった。でも今回は全然分からないのだ。

理由は複雑に入り組んだ地形に忠実に道路が走っているために、海岸線を忠実に走ればどれだけの時間がかかるか分からないことにある。どう見てもR6には向いていない道が延々と続き、景色の良い展望台に行く道で迷子にならないか心配。

300kmも走れば一周できると勝手に見積もっているけれど、紀伊半島の山奥で1日中、目一杯走って150kmも走れなかった経験もある。奄美大島みたいに全く見当がつかない場所では、走れないかもしれないと考えてプランを立てないと危ない。

今回、奄美大島に行くにあたって、山村雅康さんの「人口減少時代の豊かな暮らしと仕事の場」(批評社)という本を読んでいる。2005年、著者が沖縄在住時代に書かれたIターン本で、全国の田舎や島嶼に移住候補地を求める立場から書かれた移住のガイドブック。「月刊リゾート物件情報」という雑誌に連載されていた記事の単行本である。

この中に奄美大島は2回に渡って書かれている。奄美大島は、Iターン希望地としても実際に移住した人の数でも全国上位の場所らしい。

私自身が奄美大島に移住することは諸々の事情から、ないと思うのだが、群馬の山の中に住んだり四国島内でも転勤したりで香川県は私にとって10都府県目の居住地になる。今も定職に就いているから香川県に住んでいるだけで、定住意識は極めて乏しい。一生旅人でいられるのなら、私は生涯旅人でいたい。

移住の候補地になり、また実際に移住する人の多い田舎というのは、間違いなく気持ちの良い場所。奄美大島を移住の候補地として見るわけでは今回ないけれど、「人口減少時代の〜」の中で、2回に渡って同じ島が取り上げられたのは奄美大島だけ。著者が気になった島なのだ。

3日間で香川からバイクで奄美大島まで往復することについては、本当は私は原付での来島を薦められている。私もそれには同意するのだが、原付では1日で香川から鹿児島までの走行が難しいので今回はR6で行く。徳之島くらいまでの大きさの島なら、数々のデメリットを承知の上で私はR6で行きたい。

移住については私も現役のIターン経験者だし、8年も地方に住んでいれば地方に住むことのメリットもデメリットももう知っている。その土地に住むための外的、内的な何らかの必然がないと地方には住めない、住み続けられないことも。

この本が出版された頃は私は群馬の山の中に住んだばかりで、さらに移住を考えていたので何度も何度も読んだ。8年経った今、移住とは突き詰めて言えば何を価値観の最上位に置いて生きて行くかという意思表示なのだという意見を持つに至った。

私の今の地元は東京だし、今は東京に戻った著者と同様に、Iターンに関するメリットもデメリットも知った上で家族のために関東に戻る可能性は否定できない。将来、絶対に関東に帰らないとは言えない自分がいる。

著者は前書きの最後の文章で「移住という行為それ自体がホリスティックな自己再生の旅なのである」と書いている。奄美大島への旅が私にとってホリスティックな自己再生の旅なのかどうかは分からないけど、怖いのと同じくらいワクワクしている。

バイク日本一周において、沖縄より小さな島に行ったことはない。奄美大島は3連休で香川からバイクで行く島ではないのかもしれないけど、私にとっては長期休暇以外で初めての離島を目的地としたツーリング。3連休でもR6で離島を走れるんだ、という意味では、距離的には短いけど立派な弾丸ツーリングなのかもしれない。
| SHO | 携帯から | 21:16 | comments(0) | - |
パートタイム旅人を考える
私は今、「パートタイム旅人」なんだよなぁ、ということを考えていた。

昨年の私のR6の走行距離は23500km。平均を取って1日500kmで換算して、私が昨年1年間に旅人に戻った日数は47日。1ヶ月平均で4日近くは旅人に復帰しているわけで、実質週休1日制+3大連休のみで記録していることを考えると、まずまずの成績だと言える。

今週末の3連休だって3週間連続で働いた末の休みだから、決して私の休みが多いわけじゃない。でも定期的に旅人に復帰することが仕事のモチベーションに直結しているのも確か。

今だってフルタイムの旅人にはなりたいけど、フルタイムで働いている以上はフルタイムの旅人じゃないし、無職にもなりたくない。だから日数制限のあるパートタイム旅人になっているのが現状。

私は子供の頃から旅人になりたかった。私の肩書きをひとつだけ選ぶなら、私は迷わず「旅人」を選ぶ。日本一周が終わったって旅はまだまだ終わらない。日本一周が終わったことで、私はますます旅に出たくなった。

何かを極めるとは、きっとそういう経験の積み重ねなんだろう。JRを全線完乗したって、自転車で日本を3/4周したって、バイクで日本を一周したって旅は終わらない。日本を25年も旅していたって、行ったことがない土地の方がはるかに多い。鉄道とバイクでそれぞれ47都道府県を全部行きましたって言っても奄美大島に行ったことはないし、対馬にも五島列島にも佐渡島にも与那国島にも波照間島にも南北大東島にも伊豆諸島にも小笠原諸島にも行ったことがない。日本の中に外国はいくらでもあるという認識はかろうじて持っているけれど、自分の言葉として語れるほどの知識も経験も私にはまだない。人生は旅をするには短すぎる。

極めるとは、きっとそういう体験の繰り返しなのだろう。まだ私は極めていない。

中途半端なパートタイム旅人にしか現状ではなれていない私だけど、パートタイムでも全く旅人をやめてしまったのと比べたら雲泥の違い。旅を諦めていたらバイク日本一周は絶対に実現できなかった。自分のベストを尽くして旅をすることは、決して無駄じゃない。
| SHO | 携帯から | 23:17 | comments(0) | - |
奄美大島弾丸ツーリング?
先週、先々週と日曜出勤が続いているので、今週末は金土日と3連休をもらうことになった。

土日の2日間なら「伊勢神宮参拝と川湯温泉千人風呂1泊2日ツアー」で決まりだし、道路凍結のない季節なら「北東北弾丸ツーリング2泊3日スペシャルバージョン」で決まりなのだが、あいにく真冬の2月の3連休で、1日1000kmも走ったら道路凍結エリアに入ってしまう。

今、考えているのは「奄美大島弾丸ツーリング2泊3日」か、「伊勢神宮参拝と対馬に行こう2泊3日」。

あるいは「対馬と壱岐に行こう2泊3日」とか「五島列島満喫ツアー2泊3日」でも良いけど。中通島と福江島の両方に行くのも楽しそうだ。

最近Coccoばっかり聞いているんだったら、おとなしく沖縄か石垣島でも行ってくればいいじゃん(それも魅力的!)、という心の声もあるのだが、あいにく高松空港から夜出て沖縄に行く飛行機はないし、バイクの走行距離は増えないし、レンタルバイクって高い。

そう考えると、やっぱりR6で奄美大島が最良かな〜とか考えてしまう。奄美大島には朝の5時から夜の9時まで滞在できるから、宿泊はできないけど相当の距離を走れる。本質的に、2泊3日をフルに走っても1500km走れるかどうかのツーリングを「弾丸ツーリング」と呼べるのかという問題はあるけどね。
| SHO | 携帯から | 12:30 | comments(0) | - |
またまた岬の釜揚げしらす丼

今日も会社の帰りに今治へ。散髪しながら野球の話をたくさんしてきた。

今日は行きも帰りも1台もバイクを見ていない。気温は確実に5度以下だけど。プラス2度か3度くらいかな?

冬休みに千葉からバイクで帰って来て風邪を引いたのに懲りて、RSタイチの発熱素材のインナーを買ってきた。せっかく夜間に今治まで行くし、効果測定には絶好のチャンスなので着込んで出かけた。

インナーの下に汗を通す長袖Tシャツを着て、インナーの上に薄手のセーターを着て、その上から会社の制服の作業服を着て、一番上にシールズの防寒ライディングジャケットを着たところ、気温が確実に5度を下回る状況でも問題なく走れる。指先はインナーグローブの上に防寒グローブをしても親指が痛かったけど。

ただ、行きはセーターと作業服の順序が逆だったので少し寒かった。発汗→発熱→保温→防風という順序で重ね着ないと十分に効果を発揮しないようだ。

これまた初投入したYUIのベストアルバム2枚はゴキゲン。やっぱりバイクにはよく合っている。聞いてて飽きない。

いつものように、今日も帰りは石鎚山サービスエリアで「岬の釜揚げしらす丼」の夕食。いつも同じメニューだけど、美味しい。行きに燧灘に沈む夕陽を追いかけながら走っている時も感じたけど、こういう何でもない瞬間が幸せ。最近すごく思う。

願わくば、家に帰り着くまでインナーの印象が変わりませんように。明日も2週連続の日曜出勤なので、また1日働こう。
| SHO | 携帯から | 22:35 | comments(0) | - |
ヘビーローテーション
先日、CD屋で試聴して衝動買いしたYUIのベストアルバム2枚をヘビーローテーションで聴いている。

YUIの曲はバイクに合いそう。なんだか懐かしくて、スーパースポーツを運転しながら聞いてもアメリカンバイクを運転しながら聞いても良さそう。

スーパースポーツでなら、例えばYZF-R1でなら神戸から青森まで1日で走破しても良いなぁ、と常々思っているのだが(R6でなら神戸→青森を1日で走ったことがある)、同じフルカウルでも隼とかZZR1400、あるいはR100STで同じ距離を走りたいかと言われたら、そんなこと全く思わないのは不思議。

長距離を走り抜くなら、長距離を走りたくなるバイクに乗るのが一番だけど、なぜスーパースポーツなのかは我ながら不思議。理屈抜きで長距離を走りたくなるバイクだから、としか言えない。

2週間連続で働いていると、次第に疲れが溜まってくる。今日は不思議と疲れて、少しイライラする。今度の日曜日もフル出勤だから3週間連続で働くことになるけれど、本気で次の休みは旅に出たい。伊勢と言わず九州でも沖縄でも良いから、バイクでどこか走りに行きたい。せめて週末はR6で出勤しよう。
| SHO | 携帯から | 22:28 | comments(0) | - |
出張終わり
さっき技術講座が終わって、サンポートのフレッシュネスバーガーで一服していたら仕事の電話がかかってきた。

緊急用件だったので、これまた今日は休みの人に電話して問い合わせてもらったのだけど、ありがたいやら申し訳ないやら。

4両編成の通勤列車は満員で座れなかった。もっとも立っている人は扉付近だけで、しかも私の最寄り駅まで来たらガラガラだから首都圏と比べたら可愛いもの。快速は4両だけど普通は2両だし、田舎だなぁ〜と感じている。

技術講座は、蒸気に関する基礎理論が分からないと理解できない内容だった。だからボイラー技士の免許を持つ人が派遣されたのね…。高専時代のボイラーの授業を早送りで流して、さらに省エネに関する理論と実践を詰め込んだ内容だった。中身がてんこ盛りなので、今日中に報告書を書かないと忘れそうだ。

ボイラーは高専の専門ではないのだが、高専時代に船の当直機関士の免許を取っていたので、前職の旅館業に就く前に就職に有利な資格として取った。船の機関士の免許があればボイラー技士は簡単に取れるのだが、まさか今の会社で、しかも専門外の部署に異動になってから役に立つとは思わなかった。

何にせよ、資格を取っておくに越したことはない。
| SHO | 携帯から | 18:24 | comments(0) | - |
電車に乗るのはいつ以来?

ご無沙汰しております。

年明けから2週連続で週末は風邪で寝込んで、先週末から今週末は2週連続で日曜出勤(3週間休みなし!?)なので、R6には全然乗れていません。

交通事故で損傷したグランドディンクの修理も終わり、打撲した右肩は骨こそ異常ないものの、痛みが引かないので力を入れられない状態。水温計のセンサー配線のリレーが老朽化で故障したR6は修理が完了して復活。通常の2台体制に戻った。

今日は高松サンポートで技術講座があるので、昼前から出張。四国内の移動のために鉄道に乗るのは、記憶をたどるとほぼ2年ぶり。高松〜丸亀に乗るのも1年ぶり。

今日は高松に出張と言った瞬間に「バイクで行くの?」って部長から守衛さんまでみんなに言われた。行って良いならバイクで行くけど、会社の規定で自家用車の出張は認められないハズなんですが…。

せっかく電車で出張しているので、昼ご飯は高松駅の連絡船うどん。昔はこれ食べたら「四国に来たなぁ」って思っていた。

いまや四国を一歩でも離れたら、うどんを食べたいとは全く思わない。香川県にいるとファーストフードに行くよりうどん屋に行く回数の方が断然多い。四国も5年目なんだなぁ、と連絡船うどんを啜りながら感じた。
| SHO | 携帯から | 11:53 | comments(0) | - |
「止マレ!」
今日、晩ご飯を買いに行ったついでにCD屋に入ったら「涼宮ハルヒの憂鬱」の2009年版エンディング「止マレ!」が売っていたので買ってきた。だいぶ盛大にハルヒ関係のCDを仕入れて売れ残ったみたい…。

「涼宮ハルヒの憂鬱」のアニメは2期に渡って制作されていて、私は前後期のオープニングとエンディングで唯一持っていなかったのが「止マレ!」だった。これも悪い曲ではないんだけど、前期のオープニング「冒険でしょでしょ」とエンディング「ハレ晴レユカイ」が神的に作中世界と合っているので、買って文句言うのもなんだけどもう一つ…。まぁ、知ってて買ったんだけどさ。

「涼宮ハルヒの憂鬱」のシリーズは原作を全巻持っているくらい好き。読んでいると学生時代を思い出して、とても懐かしく甘酸っぱい気持ちになる。アニメの世界が原作を忠実に再現しているのにも好感が持てる。

劇中の音楽も良い曲が多いんだけど、やっぱり「冒険でしょでしょ」、「ハレ晴レユカイ」や劇中歌の「God knows...」など、前期の方が良い曲が多くて、後期になると二番煎じな印象は否めないのが残念なところ。

それでも、アニメは高校1年の12月の「涼宮ハルヒの消失」で今のところ止まっているのだが、原作は既に高校2年に突入しているので、早くアニメの続編を見たいものだ。
| SHO | 携帯から | 20:06 | comments(0) | - |
うどんは開店から30 分以内に食え

昨夜までの全身の痛みが、朝になってかなり引いたので、今日は朝から近所の「こがね製麺所多度津店」へ。

職場の下請けさんの仲の良い人に、坂出育ち丸亀在住で大阪にも広島にも行ったことがないというジモティがいるのだが、彼から「絶対にオススメな讃岐うどんの食べ方」として教わったのが「うどんは開店から30分以内に食べなさい」ってこと。うどんの麺を茹でる釜のお湯が洗い立ての時に食べないと、お湯が濁って味が変わってしまうからだという。

そこまで繊細なものなのねぇ、うどんの味って…。

彼の息子さんがすっかりハマってしまって、毎週日曜日の朝6時には「父ちゃん、連れてけ」と叩き起こされるらしいから本物なんだろう。彼も今ごろ息子さんとうどんをすすっているはず。

たしかに味が澄んでいる(ような気がする)。外来種の私の舌には、「美味しい」くらいしか分からないのだが。

体が本調子ではないので「かけうどんの小」とワカメを頼んだのだけど、ご覧の通りの量。小じゃなかったら食べきれなかったな。
| SHO | 携帯から | 07:30 | comments(0) | - |
代車生活

今週の火曜日にR6が水温計と冷却ファン関係の修理のためにドック入りして、水曜日にはグランドディンクが年末の交通事故の修理と保険査定のためにドック入りしたので、一時的にバイクが2台とも代車になった。

R6の代車はヒョースンGT250Rで、グランドディンクの代車はスズキ、アドレスV125。

ヒョースンは乗ってみたかったバイクなので嬉しかったのだけど、残念ながらR6と並べた時の「スーパースポーツ風に作ってみました」という印象そのままだった。同じスーパースポーツでも、本物と偽物の違いとでも言うか…。GT250RはGT650Rと同じ車体だから、R6のライバル足りうる車体のはずなんだけどね。

まず音がガラガラとうるさくて雑な印象だし、クラッチの作動感も雑な印象。白く光るデジタル液晶のスピードメーターも、明るすぎて周囲が見えづらい印象。ただしR6で走っている時と変わらない速度まで一気に加速できるのはさすが。R6と比べると低回転型のエンジンだけど、高回転まで一気に吹け上がる。

信頼性はそれなりにあるんだろうけど、トップカテゴリーのバイクなのだから質感がもっと欲しいかな。高級車ふうなバイクと、本物の高級車の違いを感じてしまう。並べるとヘッドパイプの位置もR6の方が低くてシート高も高くて、レーサーという印象が強い。

アドレスは50ccの大型版で、以前から知っているバイクだけど街中をキビキビ走るには良いバイク。

昨日から風邪がぶり返していて食欲が全くない。全身が痛くて、昨日も今日も会社を昼で早退して部屋で寝ている。体中が痛い…。
| SHO | 携帯から | 19:53 | comments(0) | - |
伊勢と熊野
年明け最初のロングツーリングは、伊勢神宮&熊野本宮大社にお参りという「いつものコース」になることが決定している。昨年も2月に全く同じコースを走っている。

熊野本宮大社に今の時期にお参りするのは4年連続5回目の年中行事。川湯温泉の仙人風呂に入って、いつもの旅館に泊まるのが目的。

伊勢神宮にお参りするのは代参で、職場の施設が年末年始に移転したのでお札を頂くのが目的。「どこの神社のお札にしようか?」と和気藹々ながら真剣に話が弾むのは、さすがは八十八箇所巡りの島、四国。信心深い人が多い気がする。ちなみに今までは石鎚山前神寺のお札だった(なんてマニアックな…)。

あんまり距離は伸びないけど、紀伊半島は昨年はその1回しか走らなかったので、楽しみ。
| SHO | 携帯から | 19:38 | comments(0) | - |
飛鳥供

飛鳥兇高松サンポートに入港したと聞いて、会社帰りにやってきた。

大きいなぁ〜。
| SHO | 携帯から | 20:55 | comments(0) | - |
距離感欠乏症という病気
最近、日記にバイクの走行距離の話を書くたびに、なんだか自慢話しているような気持ちになる…。自意識過剰なんだろうか。

昨日は仕事始めだったので、二輪免許持ちが多い職場の人との話題は、当然ながらこのクソ寒い冬休みにわざわざ関東までバイクで帰省した挙げ句に真っ青な顔で出社した私が冬休みにどこ走ってたか、って話題になる。

「実家まで何キロくらいあるん?」という質問に「740kmあります」と答えると、たいがい驚かれる。

「何時間かかるん?」
「12時間くらいですね」
「12時間…!(絶句)」

計算すると分かるのだが、全線高速で740kmを12時間は相当遅い。あっちこっちのサービスエリアやパーキングエリアで沈没しているから時間かかるんだし、それでなくても私は決してタフな方ではないので1時間に1回は休まないと疲れる。私が長距離を走れる理由は「フルカウルの大型バイクに乗っていて、疲れる前に休むサイクルを繰り返す」からなのだ。

なのだけど、「740km…!」って絶句されると、なんだか自分がすごいことをしているような錯覚に陥る。本当は距離の中身を細分化したら、ひとつひとつのパーツが無理しない状況を作って積み上げているだけなんだけど。

そんなことを思いながら帰宅して、冷却ファンの不具合が発生したR6の修理の相談に行った後で、年末に東京方面でお会いできなかった、新居浜店時代に私にR6を売った店長さんと電話していた。私が最初にお世話になった前橋店の店長とその方は同期で、私が11月に前橋店に遊びに行った話から、互いの共通の知り合いのスタッフの話で盛り上がった。

私のR6の納車整備をしたメカニックはまだ新居浜にいて、私が四国で最も信頼しているメカニックなのだけど、彼の話になった時に

「私に、SSはいったん乗れるようになれば長距離が一番楽なバイクなんだ、って言ったのは彼なんですよ」
「アイツも自分のバイク(スズキGSX-R1000、k5)で3日間で1500km走ったりしますからねー」
「ふーん…(感嘆詞なし)」
「それ聞いて驚かないのはSHOさんくらいですよ」
「まぁ、そうかもしれないですねぇ…(だって、それ全然普通ですから…)」

という会話になった。

データ上、私は十数年仕事している彼らのキャリア上で初めて、SS乗りでツーリングパスポートが2冊目に突入した(オイル交換の記録欄が20ヶ所あるので、基本的に同一バイクに63000km以上乗らないと2冊目には突入しない)お客さんで、SSで1日1000kmを走れる通算2人目のお客さんということは分かっている。でも愛媛はともかく関東なら私より長距離をSSで走れる人はけっこういるんじゃないかと思うんだけど…?

距離がすべてじゃない、その距離を走れるための中身が大事なんだ、といつも思っているけれど、でもなんだかんだ言って私は走行距離にはものすごくこだわっている。一番分かりやすい旅の尺度だし、一番分かりやすい実力の尺度でもある。

11月に行った前橋店では「オドメーター117000kmまで行ったら(R6で10万キロ走ったら)伝説ですから、ぜひ教えてくださいね」と言われたのだけど、あと28000kmで到達するので、致命的なトラブルが私自身とR6に発生しなければ来年には到達する計算。そんなに大したことじゃない。6年目での10万キロ到達はSS乗りとしては速い方だけど、自分に対する約束通りに毎月1500km乗っていたら時間の問題で到達する。

たしかに、FZ400に乗っていた頃は1日500kmも走ったら「よく走ったな〜」と思っていた。でも今は実家まで1日で740km走っても普通の距離になっている自分がいる。すごいとは全然思わない。だって全線高速だもの。だから体調を崩すと大変な目に遭うんだけど。

距離感欠乏症というライダーの病気があるらしい。私はそうじゃないだろう、と本音では思っているけれど、昨日買ってきた「培倶人」74号の「トナリのバイク人アンケート」を読んで、実は正直ショックを受けた。「1日の平均走行距離269km、1日の平均最大距離482km」というのを読んで。

「269kmって松山往復くらいだから、そんなものかぁ〜。たしかに自分も気合い入れて走らなかったら1日300km行かないもんなぁ」と思ったのだけど、最大距離の方はね…。全線下道だったら500km近くも走ったら息も絶え絶えに私もなるけど。ネイキッドとか中型免許のバイクだったら私も同じだろうけど。

距離の話を書くと、何を書いても毎回自慢話みたいになって嫌だ、と思うのはその辺なんだな。自分の常識が世間の非常識になっているのは常々感じるのだけど、距離感欠乏症に私も罹っているのだろうか?
| SHO | 携帯から | 21:07 | comments(0) | - |
「トナリのバイク人」アンケートに答えてみた
昨日、古本屋で「培倶人」の74号を買ったので、私もアンケートに答えてみた。

年齢
37歳

今まで乗り継いできたバイク
3台(原付を除く)

住居
香川

所有バイク
ヤマハYZF-R6

所有免許
大型二輪免許

バイク歴
7年(原付を除く)

月にバイクに乗る回数
5〜6回(原付を除く。原付を入れれば月30回以上)

ナビの有無
無し

ETCの有無
有り


リプレイスマフラーの装着
無し(最近まで有り)

リプレイスマフラーの興味
無し

リプレイスサスペンションの装着
無し

リプレイスサスペンションの興味
有り

タイヤ選びの決め手は
ウエットグリップの良さと温度依存性の低さ(ABS非装着車なので…)

ライディングウェアの着用
有り

季節限定ウェアの有無
有り

ヘルメットのタイプは
フルフェイス

胸部プロテクターの有無
有り

インターコムの有無
無し

日帰りツーリングの平均的な走行距離は
600〜700km

1日で最高何キロ走った?
1113km

よく立ち寄るサービスエリアは
松山自動車道の入野パーキングエリア

何を最優先して行き先を決めるか
景色、ワインディング、距離の順

ツーリングでの平均的な予算
1泊2日で3万円を…少しオーバーします。ただし走行距離1000kmは軽くオーバーしますので…。

タンデム経験は?
あります。ただし私がタンデマー(ちなみにライダーは女性(*^_^*))でした。

ツーリングは何人で走るか
1人

ツーリングバックの種類は
タンクバックが基本。ただし状況に応じてヒップバック、リュックサック、シートバック、ダッフルバックを追加することもあり。

洗車の頻度は
年イチくらいです…。

タイヤの空気圧チェック頻度は
1ヶ月に1回

エンジンオイルのメーカーは
elf(レッドバロンのオイルリザーブを利用)

サスペンションの調整機構を触ったことがあるか
自分では触りませんが、サスペンションは前後とも最弱に調整済み。

以上です。
| SHO | 携帯から | 19:21 | comments(0) | - |
変なポスター

今日は仕事が終わってから、水温が100度を超えても回らなくなったR6の冷却ファンの修理の相談にバイク屋まで行っていた。

帰りに近所のラーメン屋に寄って晩ご飯を食べているのだが、目の前に変なポスターが貼ってある。

「丸亀オタクBar Zion 変人たち」

って書いているのだが、どう見ても劇場版「機動戦士Zガンダム-恋人たち-」のポスターのパクリ。

ZガンダムのマスクがZザク仕様になっているし、「4周年だからナンバーフォウなの!!」とか書いているし(だからZガンダムのネタをパクったのね…)、ツッコミどころ満載のポスター。

これ見て怖いもの見たさに行く人、いるんだろうか…?
| SHO | 携帯から | 21:56 | comments(0) | - |
走行データ
いろいろご心配おかけいたしております。おかげさまで昨日も今日も会社には出勤しています。

昨日も今日もよっぽど休もうかとも思ったけれど、私が冬休みに関東の実家までバイクで帰った以上は、風邪引いたから年明け初日から休むとは言えなかった…。

会社に出てきて仕事していれば周囲も笑い話で済むけど、休んだらバイクで寒い中を出かけるのに周囲の理解が得られなくなると考えたら、やっぱり休むわけには行かなかった…。というわけで点滴を打って風邪薬を飲んで仕事しています。まだまだ頭がフラフラしますが、熱も下がっているしね。

先日の走行データは以下の通り。

12月29日 741.5km
1月3日 581.8km
1月4日 33.1km
合計 1356.4km
オドメーター 89343km
| SHO | 携帯から | 12:38 | comments(0) | - |
帰宅
無事では全然ありませんが、何とか帰宅しました。胃が痛い…。

走行データを書く余裕がないので、また後で。とにかく寝ます…。
| SHO | 携帯から | 01:29 | comments(0) | - |
乗船
三宮フェリーターミナルにたどり着いた。乗船してすぐに横になった。

8枚着ても悪寒が収まらないから、かなりの熱が出ているはず。めまいと全身の筋肉痛があって、全然無事じゃないけどよくたどり着いた。

高松までひたすら寝ます。
| SHO | 携帯から | 20:15 | comments(0) | - |
解凍中
ようやく桂川パーキングエリアまで帰ってきた。神戸まであと70kmくらいかな?

体が完全に凍りついているので、暖房と熱いお茶で体を解凍中。完全に芯から凍りついているので、まさしく「解凍」だ。

今まで似たような条件下を走ったことは何度もあるのに、どうして今回に限って防寒着が役に立たないほど体が凍りついているんだろう?気温だけなら年末の九州の方が寒かったと思うのだが…。

とにかく神戸まで無事にたどり着かないと。体中が痛い…。
| SHO | 携帯から | 18:12 | comments(0) | - |
雪!
ただいま東名阪自動車道の御在所サービスエリア。

名古屋市内からずっと雪だった。今もまだ雪が降っている。関ヶ原は当然アウト。伊勢湾岸道も風と凍結の危険があるから、東名阪を迂回する判断は正しかった。

この状況では、あきらめて神戸20時15分発のフェリーで帰るしかなさそうだ。
| SHO | 携帯から | 16:31 | comments(0) | - |
激寒
ようやく上郷サービスエリアまでやってきた。体が完全に冷え切ってしまい、熱いお茶で温めている。

16時30分和歌山発の南海フェリーは間に合わないし(普通なら間に合う時間に出発したハズなんだけど…)、20時15分神戸発のジャンボフェリーは遅すぎる。体調が悪いので香川まで自走で帰るのは諦めたのだけど、休憩しないと走れない、休憩するとフェリーに乗れなくなるというドツボにハマっている。明日から仕事だから、絶対に今日は帰らないといけないし…。

う〜、しんどい。
| SHO | 携帯から | 14:31 | comments(0) | - |
1時間遅れ
予定より1時間遅れで、遠州森町パーキングエリアで昼ご飯。エクレア1個と風邪薬だけだけど。楽しみにしていた、とろろ丼は上り線だけだった…。

藤枝パーキングエリアで40分いたのが余計だったんだけど、体調が遠州森町まで保つ状態じゃなかったから仕方ない。午前中に刈谷まで走る計画は完全にご破算で、しかも風が強いので伊勢湾岸道はやめた方が良いかもしれない…。

ブツブツ言っても仕方ない。体調が悪いのは事実なので、ぼちぼち行きますか。
| SHO | 携帯から | 12:53 | comments(0) | - |
88888km!

ただいま新東名の新富士インター。

YZF-R6が88888kmを達成した。ドンピシャでインターだったので高速を降りたら、アクセス道路で1kmオーバーしてしまった…。

次のキリ番はもう10万キロになってしまうなんて、我ながら信じられない。よく走ったなぁ…。買ってから3年と9ヶ月半で約72000km走っての到達。

これからもよろしくね、R6。
| SHO | 携帯から | 10:50 | comments(0) | - |
絶景!

ただいま駿河湾沼津サービスエリア。駿河湾の景色が絶景です!ピーカンだなぁ〜。
| SHO | 携帯から | 10:19 | comments(0) | - |
大混雑の海老名サービスエリア

今朝、実家を出発して復路の740kmを走り始めた。今日が今年の走り初め。

ただいま海老名サービスエリア。バイクの量もすごいがサービスエリアの食堂も大混雑。先を急ぐので焼きプリンとコーンポタージュの朝ご飯。

首都高は29日と同じルートを帰ってきたはずなのだが、全く分からなかった。東京を走ると私は完全におのぼりさん。リヤタイヤのメッツラーM5は接地感が全くなくて、怖い…。

今日もバリバリ走りますよ〜!
| SHO | 携帯から | 08:47 | comments(0) | - |
初日の出

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

今年は日付が変わる前に寝たら、夜中の2時頃に悪夢で自分で叫んで飛び起きるというさんざんな起き方。もう一度寝たら5時半に親に起こされて、I-linkタウンいちかわ45階の展望施設へ。親が申し込んだら当たったらしい…。

ただいま初日の出待ちです。今日は東京湾を挟んだ千葉の向こう側までよく見えています。日の出の1時間前にきたら夜景がきれいです。

私の新年一発目に聞いた曲は平野綾の「冒険でしょでしょ?」でした。昨日の夜は「涼宮ハルヒの憂鬱」のアニメを見ていたからなぁ〜。

あと10分で初日の出。どうやら見られそうです。
| SHO | 携帯から | 06:48 | comments(0) | - |
今年の10大トピックス
2012年もあと何時間かで終わり。

今年は沖縄県の那覇で新年を迎えました。10大トピックスを挙げるとこんな感じ。

1、自転車&バイク(バイク単独でも)日本一周を達成!

1998年に自転車で挑戦するも3/4で中断。10年近い雌伏の末に2007年5月にヤマハFZ400で再開。2009年3月にヤマハYZF-R6に乗り換えてからは走行距離が大幅に伸びて、2012年8月に自転車日本一周のスタート地点である神奈川県久里浜港へ14年3ヶ月ぶりに戻ってきました。

2、バイクで47都道府県制覇!

バイク日本一周の達成者の多くが記録しているだろう記録。鉄道でははるか昔の2004年に沖縄県を最後に達成していますが、バイクでは意外に遅くて2012年4月に佐賀県で達成しました。ちなみにYZF-R6単独でも、2012年8月に宮城県を最後に全都道府県制覇を達成していま。

3、長期休職

1月から4月まで3ヶ月間、病気で休職しました。今年の元旦には、まさか今年の大晦日を笑って迎えられるとは思いませんでした。終わり良ければ全て良しとは言うけれど、今でも全て良しとはとても言えない大事件です。

4、借金完済!

と言ってもお金の話ではありません。R6を買った3年9ヶ月前に、自分に対して約束した「月間平均1500km走る」という約束のこと。1年目は17000km、2年目は15000kmしか走れなくて、3年目で19000km走ってようやく借金を少し返済。4年目は大晦日現在で約21000km走っており、ようやく4年トータルで月間平均1500kmのラインに戻しました。もともとは大型免許を取る時に、あまりに下手なので教習時間20時間を要してさらに検定中止になったエピソードに対する自分なりの対策。大型二輪免許を取ってから3年9ヶ月で約72000kmを走破している今日、上級者ではないけれど初心者とはもう言わせません(笑)。まだまだヘタクソですが…(泣)。

5、1日1000kmを3回マーク!

昨年夏の東北ツーリングで破るまで、私は1日800kmの壁をなかなか破ることができませんでした。一度破ると恐ろしいもので1日800kmは普通の移動行程に組み込まれるようになり、今年の5月には初の1日1000km超えを日本一周の行程上で組み込まざるを得なくなり、神戸〜青森の1113kmを1日で移動しました。以降、夏休みに山形県鶴岡〜香川で、11月には南東北弾丸ツーリングの神戸〜仙台で、それぞれ1日1000km超えをマークしました。慣れとは恐ろしいものですが、それに伴いこんな問題も…。

6、眼精疲労の重症化

以前から眼精疲労に悩まされていた私。1000km超えをやるようになった頃から重症化が進み、11月の南東北弾丸ツーリングでは自走で香川まで帰るのを諦めて神戸からフェリーで帰るまでに問題が表面化。2日間の長距離運転の後は視神経の回復に一週間かかる現状です。年始早々に医者にかかるつもりですが、目の保護具としてのサングラスの導入で改善されるのか…?

7、人事異動

8月に人事異動を願い出て、転職以来4年近く働いた専門分野から全く違う仕事に就くことに。それに伴い日曜出勤の代休として翌週の土曜日に休みを取れるようになり、念願だった1泊2日のツーリングが実現。1泊2日だと1日1000km走れるので香川から南は鹿児島、北は南東北まで行って来れる!それに伴い、こんな結果も…。

8、初の年間2万キロ超え!

初の年間2万キロ超えには、大きく「病気で1月から3ヶ月休職した」、「8月に人事異動して1泊2日の弾丸ツーリングができるようになった」という事情が絡みます。それまでは、酷い年には9月から3月までに4000kmしか走れなかった(2010年度)のが、今年は8月のお盆休み終了後の4ヶ月半で78999km→88728kmで9729km走れたのが大きな要因。

9、R6リニューアル

5月と7月の2回に分けて、オドメーターが当時74000kmを超えたR6のオーバーホールを実施しました。そのため実質1ヶ月以上はドック入りしたR6。最大の変更はヘッドライトの増設で、普通のR6が2灯ヘッドライトのところ、私のR6は4灯ヘッドライトに変わりました。効果はバツグンで、街灯のない山道を夜間に走っても十分な光量を確保しています。自家用車よりも私のR6の方が明るいです。

10、タイヤ銘柄の変更

長年愛用したブリヂストンBT-016の生産中止に伴い、ブリヂストンS-20、そしてメッツラーM5とタイヤ銘柄を変更した今年。まだ安心して命を預けられるタイヤには出会えていません。雪道でも安心して走れたBT-016だったのに…(泣)。

10大トピックスはバイクと仕事の話ばっかり。いかに今年の私にはバイクと仕事が常に頭を悩ませていたかと言うこと。

来年はR6のオドメーター10万キロというトピックスが待っている。無事故無違反無転倒で年間2万キロ以上走れますように…。

みなさん、良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願いします。
| SHO | 携帯から | 19:44 | comments(0) | - |
眼鏡を買った

昨日の深夜に帰省して、今日は午後から小川町の自転車屋に行ってきた。私に自転車日本一周で使った自転車を売った人が今でも働いていて、もう15年近い付き合いになる。

普段はバイクと自転車とスキーと野球の話をして終わるのだが、今日はその人から買いたいものがあった。それはサングラス。

私が眼精疲労に苦しんでいるのはかねてから日記に書いている通り。最近は弾丸ツーリングで2日連続の長距離運転をこなすと視神経の疲労回復に一週間かかるようになっており、しかも一週間経っても疲労が完全には回復しない感じすらある。

医者に行った方が良いのでは?と言われて、年明けにもそうするつもりなんだけど、視神経に入る情報を制御して視神経の負担を減らす必要を感じている。視神経がこれ以上の負担に耐えられない感じがするのだ。そのため目の保護具としてのサングラスが必要なのでは?というわけ。

その点に関しては全く同意見ということで、uvexのsports eyewearという定番のサングラスを買った。レンズはクリア、ブラック、オレンジの3色を着せ替えて用途別に使い分けるタイプ。

クリアのサングラスに何の意味があるんだろう?と思っていた私だけど、まさかわざわざクリアのサングラスを探して買う羽目になるとはねぇ…。
| SHO | 携帯から | 20:40 | comments(0) | - |
走り納め
無事に実家に帰省した。今年は元旦に沖縄の那覇から走り初めだったけど、今日が走り納め。

今日の走行データは

走行距離 741.5km
オドメーター 88728km

あと160kmでオドメーターが88888kmになる。アクシデントがなければ復路で到達する。また、あと1272kmで90000kmに到達する。順調なら来年早々に達成しそうだ。

年間走行距離は、

冬休み開始の12月28日夜時点が基準なら64304km→87987kmで23683km。

元旦が基準なら65177km→88728kmで23551km。

いずれにしても、実質週休1日制+3大連休のみで、しかもYZF-R6で記録していることを考慮に入れれば走っている部類だろう。今年はたくさん走れて良かった。
| SHO | 携帯から | 00:01 | comments(0) | - |
あじ飯と、ざる蕎麦

ただいま駿河湾沼津サービスエリア。最後の燃料補給と、今度は名物のあじ飯とざる蕎麦を食べている。

あじ飯はご飯の中に鰺の切り身を焼いたフレークが入っていて、少し塩味が効いているのが美味しい。ざる蕎麦も腰があって美味しい。ざる蕎麦を食べると、東日本に帰ってきたなぁ〜という感じがする。

駿河湾の夜景がきれいだ。これから箱根越え。御殿場で道が滑りやすくなっていませんように…。あと120kmで東京だ。
| SHO | 携帯から | 20:56 | comments(0) | - |
チーズあんまき、と生どら

伊勢湾岸道の刈谷パーキングエリアまでやってきた。

チーズあんまきと、生どらのキャラメル味を食べている。日没までに名港トリトンを渡れて良かった。

この先、御殿場まで渋滞はない。御殿場まで240km。3時間で着くだろうか?
| SHO | 携帯から | 17:31 | comments(0) | - |
たこ焼きおにぎり

名神高速の桂川パーキングエリアにいる。ようやく3分の1走ってきたけど、疲労があるみたいで鴻ノ池、福石、三木と休憩している。眠い…。

やっぱり新幹線で帰った方が良かったかなぁ。事故の翌日に700km以上走るんだから、そりゃ疲れも残ってて当たり前か。今さらもう引き返せないけど。

おやつに、たこ焼き入りのおにぎりを食べた。美味しかったけど、なんつうゲテモノ…。
| SHO | 携帯から | 15:25 | comments(0) | - |
事故った!
昨日は仕事納め。

なのだけど、会社帰りに原付で事故りました。原付対原付で、左車線を走っていた私の、目の前に右車線から原付が車線変更してきたのでブレーキをかけたら後輪がスリップして転倒!

すぐに相手の原付も止まってくれたので、警察を呼んで現場検証して、それが終わってから原付2台で近くの総合病院まで検査に行ったのですが、レントゲンの結果は右肩の打撲のみで骨には異常なし。擦過傷もなし。10m以上滑ったのにレインウェアも破れていませんでした。

私の原付も右ミラーが折れた以外は擦過傷のみ。40〜50km/hで転倒したのに大した強運でした。

もっとも右肩は強打したので、プロテクターを装着していなかったら打撲では済まなかったでしょう。年がら年中バイク通勤なので、絶対にプロテクターを装着して通勤していたので助かりました。

通勤中の事故は4年ぶり。前回も全く同じパターンで、前の車が目の前に割り込んできたのでブレーキをかけたら濡れた路面で前輪がスリップして転倒したというもの。前回は膝のプロテクターが破損して自分の体は無事だったんだけど、プロテクターは大事だなぁ〜と改めて思った次第。

それにしても今は亡きブランド、光輪の3シーズンジャケットの丈夫なこと!6年使っていて、何回このジャケットのおかげで助かったか分からない。本当に感謝。

バイク通勤していると日常数限りなく似たようなシチュエーションはあって、一歩間違ったら私が加害者側だったかもしれない。私も慎重に運転しようと思った。治療費とバイクの修理代は相手の保険会社に請求するけど、相手が放って逃げるような人でなくて本当に良かった。

とりあえず無事です。大事を取って一晩泊まって出発を遅らせたけど、無事に出発できそう。くれぐれも安全運転で帰省します。
| SHO | 携帯から | 05:00 | comments(0) | - |
旅人はM?
明日は仕事納め。

今日は会社帰りに今治まで散髪しに行ってきた。帰りに石鎚山サービスで、いつもの「岬の釜揚げしらす丼」の夕食。

寒いと言えば寒いのだけど、平日の会社帰りに往復240kmも走れるなんて幸せ以外の何者でもないだろう。すごく贅沢しているなぁ〜。

題名は、先週末にライダーハウスたるみずで言われた一言。私はサラリーマンと旅人を両立させるべくパートタイム旅人生活を続けているけど、こんな平日の寒い夜に240kmも好き好んで走る旅人って、立派なMなのかしらん?
| SHO | 携帯から | 22:19 | comments(0) | - |
イブの夜はオイル交換
クリスマスイブの夜は、R6で会社帰りにケーキ屋に寄ってからバイク屋でオイル交換とツーリング前点検中。バイク屋の次はKFCに行かなきゃ。忙しいなぁ。

今週末から冬休みで千葉の実家まで帰るので、また1300kmほど走る予定。通算24回目のオイル交換で、いよいよ次のオイル交換はオドメーターが90000kmを超えるだろう。

目の前に05のR1と、00のR6がある。あぁ眼福。次にバイクを乗り換えるならヤマハYZF-R1と公言しているけど、ホントいつ見てもカッコいい。

今年は23400kmも走れて(まだ増える予定だけど…)、沖縄で新年を迎えて北海道にも行ってバイク日本一周も達成して、バイク的には本当に幸せな1年だった。無事故無違反無転倒で過ごせて本当に幸せ。来年もバイクが調子良く2万キロ以上走れますように…。

メリークリスマス!
| SHO | 携帯から | 19:45 | comments(0) | - |
九州弾丸ツーリング、無事終了!
21時10分に、3日ぶりに帰宅した。

今回の走行距離は

12月21日 144.2km
12月22日 429.7km
12月23日 506.0km
合計 1079.9km
オドメーター 87726km

2日あまり走ったわりには大して距離が伸びていないけど、行ったのが九州だし、単純に鹿児島往復したのと距離的に大して変わらないし、何よりも今日は一目散に最短時間で帰宅したのでやむを得ないか。

真冬だしね。やっぱり真冬は距離が伸びないなぁ。ともあれ無事故無違反無転倒で帰宅できて良かった。

昨年の12月29日に沖縄ツーリングへ出発した時点の走行距離が64304kmだった。現在は87726kmだから、この1年間で23422km走ったことになる。実質週休1日制+年3回の連休のみで記録した数字だから、かなり走っている方ではないでしょうか?
| SHO | 携帯から | 21:42 | comments(0) | - |
四国も雪
入野パーキングエリアで最後の休憩中。

大洲から高速に乗ったら犬寄峠で小雪がちらついていた。松山以東も「雪スリップ注意」のサインが続いているから、どこかで雪なんだろう。

あと30分、50kmで帰れる。入野まで帰るとホッとするけど、慎重に最後まで無事故無違反無転倒で走ろう。
| SHO | 携帯から | 20:21 | comments(0) | - |
さよなら九州

垂水から5時間40分かけて九州を縦横断して、無事に出港30分前に臼杵港に到着した。15時40分発の八幡浜行きフェリーで九州を離れた。

ただいま佐田岬沖の豊後水道だけど、ときどき波にぶつかって船体が揺れる。たぶん海上は15m/sくらい吹いているのでは?つまり関門橋も瀬戸大橋もバイクの通行は危険な状態ってこと。

とにかく最短時間で鹿児島から臼杵に戻り、可能な限り早い時間のフェリーで四国に渡るという判断は正解だっただろう。阿蘇山も、通過があと数時間遅かったら波野で凍結していたはず。四国に帰れなくなるところだった。

四国に帰れても、遅い時間では大洲と西条の間の松山道が凍結する危険がある。だからといって夕焼け小焼けライン経由では加速度的に帰宅時間が遅くなる。とにかく夕方の16時前に臼杵を出るフェリーに乗る必要があったのだ。

本当に群馬の標高1200mの山の中でバイク生活をスタートさせて良かった…。いつも感謝しているけれど、道路凍結手前の限界ギリギリの道路を毎年バイクで走っていたので、走れるか否かを自分で判断できる。毎年どれだけ助かっているか分からない。
| SHO | 携帯から | 16:45 | comments(0) | - |
原尻の滝

原尻の滝までやって来た。

後は臼杵までノンストップで行くけど、まだ先は長いなぁ…。
| SHO | 携帯から | 14:09 | comments(0) | - |
阿蘇は雪!

ただいま阿蘇市内。気温は1度。

路面が乾いているので山越えするけど、雪です!大丈夫かなぁ…。
| SHO | 携帯から | 12:58 | comments(0) | - |
沈没病

朝8時には出発準備を完了していたのだが、朝ご飯に昨日の残りで雑炊を食べながら話をしていたら、出発は9時半になってしまった…。あぁライダーハウスたるみず名物の沈没病。

出発が遅くなったので、道路凍結のリスクはあるけど阿蘇越えを選択。ただいま九州自動車道の山江サービスエリア。

それにしても寒い!
| SHO | 携帯から | 11:13 | comments(0) | - |
今年最初のライダーは今年最後のライダー

昨日はお昼の3時に五家荘を出発。

五家荘は昨日の夜から雪の予報で、これから寒波がやってくるので、バイクで走れるのは昨日がたぶん年内最後。つまり私が今年最後のライダーだろう。平家の里の食堂のお婆さんには、今の時期にバイクで来る人は初めてだと言われた。

落石はゴロゴロしているわ落ち葉で落石が見えないわ、川を渡る橋の半分くらいは水がたまって池になっているわ、絶対にスーパースポーツではオススメしない山道を走って五家荘の樅木集落を脱出。雨はまだ降り続いている。

五木村を経由して人吉インターで高速に乗ったのが16時50分。17時40分に国分インターで高速降りて18時20分に垂水に到着した。スーパーで買い物してケーキ屋でクリスマスケーキを買って、19時少し前にライダーハウスたるみずに到着。

人吉で雨は上がったものの、国分から先でまた降られる。桜島が見えると「鹿児島に来たなぁ〜」と思うものの、雨に混じって灰も降ってくるのでバイクは灰だらけ…。

着いてすぐにTM温泉に入り、20時から宴会。白菜鍋だけどとても美味しい。今日の泊まりは私と大阪から来た長期旅行の旅人さんのみ。

23時過ぎからケーキを食べて、私はその後で「白くまパフェ」の特大350mlを食べる。今年の正月には、やっぱりライダーハウスたるみずで「白くま」の750mlに挑戦して、完食したものの低体温症にかかって動けなくなり、コタツの中で2時間悶絶した経験があるので今回は半分の量にした。私もムカデなみに進歩しているなぁ。

飲みながら、群馬に以前住んでいて今、大変役に立っていることで「どの程度ならバイクで走れるか、どこまで気温が下がったら危険で、どこまで気温が下がったら走れないか、判断できること」と言ったら、リーダーに「そもそも凍結しそうな時期はバイクで走らないから…」と言われた。

今年の1月3日に泊まって12月22日に泊まっている私は、今年最初のライダーで、たぶん今年最後のライダーなんだそうだ。みんな今の時期はライダーハウスたるみずまで車か電車か高速バスか飛行機で来て、バイクでは来ないんだそうだ。なんだか意外な気がする。

夜中の1時まで話をして就寝。私は6時に起床。これから帰らなきゃ。今日はギリギリ阿蘇も越えられるだろうけど、できれば道路凍結の心配のない宮崎回りで帰りたい。

九州の2大ライダーハウスを称して「走りの阿蘇、沈没のたるみず」と言われるけど、私は阿蘇にはまだ泊まったことがない。走ってばかりのツーリングなのに、たるみず泊まりばかりというのは不思議な気がする。
| SHO | 携帯から | 07:04 | comments(0) | - |
五家荘平家の里

昼前に五家荘平家の里に着いて、平家の落人の説明を読んでいると雨が降ってきた。

雨も降っているし寒いので、茅葺き屋根に囲炉裏の民家を使った食堂で山菜蕎麦とおからと猪の骨付き肉の昼ご飯を食べた。素朴な味で美味しかった。鶏ガラと椎茸のダシも手打ちの十割蕎麦も美味しかったし、猪の骨のそばの肉も美味しかった。

食堂のお婆さんと2時間くらい囲炉裏に当たりながら雑談した。非常に楽しかったのだけど、あんまりグズグズしていると五木村にも寄れなくなるので後ろ髪を引かれながら出発する。

それにしても、ものすごい山奥だ。よくR6なんかで来たもんだ。今日は鹿児島県垂水市のライダーハウスたるみずで泊まるのだけど、距離は近いのに、あまりゆっくりしていられない。

駐車場に戻るとR6のシートにビニールのゴミ袋がかけられていた。さり気ない心遣いが嬉しい。
| SHO | 携帯から | 14:34 | comments(0) | - |
二本杉峠

二本杉峠に着いた。

標高1100mとは思えない暖かさなのは、さすが九州。四国より北だった峠越えしていないかも。

濃霧なので景色は全然見えないのだけど、走り応えのあるワインディングで楽しかった。実はR445ではなくR443に入ってしまい、県道52〜159と走り継いで二本杉峠に到達したのだが、ほとんど2速と3速を使って最後は30km/h以下、増設ヘッドライト点灯でないと危ないクネクネ濃霧の道だった。

これから五家荘に入る。
| SHO | 携帯から | 11:11 | comments(0) | - |
これから五木へ

ただいま熊本県美里町の砥用というところ。

北熊本サービスエリアで天草市の風予報を見たところ、15時に10m/sに上がっていた。

陸上で10m/sということは海峡部は15m/sということで、とてもバイクで天草五橋なんて走れる状態ではない(走れても楽しめる状態ではない)と判断。天草諸島に行くのは中止した。

宮崎インターまで走って、天草五橋と同じく日本一周で行き損ねている都井岬に行こうとも思ったのだが、天草諸島が強風なら海に突き出た都井岬だって強風に決まっている。そこで内陸部を狙うことにして、天草へ行くのと同じ松橋インターで高速を降りて高千穂方面に向かい、以前から行ってみたいと思っていた五家荘と五木村へ行くことにした。

これから標高1100mの二本杉峠を越えないといけないのだが、五木村の今日の最高気温は9度。たぶん峠も昼間ならギリギリ零度を上回っているので通行可能と判断した。それでもギリギリだと思うけど。

これから行ってきます!
| SHO | 携帯から | 10:02 | comments(0) | - |
やっぱり自分の愛車が

古賀サービスエリアでのんびり雨宿りしながら朝ご飯食べていたら、1時間半も経ってしまった。

さすがに出なきゃ、と外に出てきて、自分の愛車、ヤマハYZF-R6を見て惚れ直しています。やっぱりカッコいい。

3年9ヶ月で7万キロを共にしてきた愛車だけど、今でもやっぱり惚れ直す瞬間があるって素敵。
| SHO | 携帯から | 07:13 | comments(0) | - |
博多明太バターめし

ただいま九州自動車道の古賀サービスエリアで博多明太バターめしとラーメンの朝ご飯中。

博多明太バターめし美味しい!九州に来たなぁ〜という感じがする。

朝からラーメンなんて普段の弾丸ツーリングじゃ食べないんだけど、今日は目一杯走っても天草か鹿児島までで350kmくらいしかない。だから朝から食べてもいいか、という気分になっている。朝から雨なので、どちらにせよ走り重視のツーリングにはならないし。

ニュースでは鹿児島の降水確率は20%。九州の北の方ほど降水確率は上がるので、天草諸島に行かずに鹿児島まで走るべきなのか…

北熊本サービスエリアまで100km。走りながら考えるとしますか。
| SHO | 携帯から | 06:37 | comments(0) | - |
九州弾丸ツーリング始まる
間もなく小倉港。

昨夜は松山からフェリーに乗って、今日はこれから天草諸島に向かう。ただし風が強いので、橋を渡るのが無理と判断すれば鹿児島に針路を変える予定。

風は8〜9m/S。さてどうなるか?
| SHO | 携帯から | 04:42 | comments(0) | - |
Coccoと離島とダークな話
最近、Coccoばかり聞いている。昨年の年末年始に沖縄に行った前後でも聞いていたけれど、離島に行きたい宣言をしてまたズブズブと深みにハマっている。

私が今ターゲットにしているのは奄美大島や徳之島であって沖縄ではないけれど、沖縄にもまたバイクで行きたい。日本一周の途中だった前回はグスクやウタキには行ったけど、久高島や摩文仁の丘には行けなかったし、現地滞在わずか3泊2日では一周するのがやっとだった。

Coccoの歌を聞いていると、沖縄のランドスケープが目に浮かぶ。その景色はとてもきれいで、実際に沖縄に行っても期待は裏切られなかった。「雲路の果て」が一番よく聞いているけど、「カウントダウン」、「樹海の糸」、「ジュゴンの見える丘」、「絹ずれ」なども好き。南の島の景色がはっきりと目に浮かぶ。

きれいでハードな音、きれいなメロディーに乗せて歌われるブラックな歌詞が好き。Coccoの初期の歌には死の匂いのする歌詞が多いので、「共感できる」という言い方をしたら引く人もいると思うけど、あえて「共感できる」と言おう。言えない気持ち、思っていても口にできない気持ちを歌ってくれるので、すごく癒やされる。

Coccoを聞きながら、今度はどこの離島に行こうかと考えている。天草下島、甑島あるいは五島列島の福江島や中通島が香川からバイクで1泊2日で往復できるのだが、できれば今回は絶海の孤島に行きたい。

日常から自分を切り離したいというのもある。なかなかバイクで外国には行けないから、日本の中の外国に私はバイクで行きたいのだが、それだけじゃない気もする。

板子一枚下は地獄の海を渡って、全然違うところに行ってみたいのだ。四国に住んでいると痛感することだけど、海というのはバリアであって、そこを渡るというのは橋がかかってなおリスクとお金が常に伴う。海を渡るだけで旅の難易度はグンと跳ね上がるのだ。何十回海を渡ろうともリスクは絶対に一定以下には減らないので、海を渡って四国に入ると毎回やれやれと思う。車や飛行機ではそこまで思わないかもしれないけど…。

Coccoの歌を評して「狂気」というキーワードがある。でも狂気というのは私だって人のことは言えない。だいたい1日1000km走る目的地まで1泊2日で往復したり、1泊2日でバイクとフェリーで絶海の孤島に行くことを本気で実現可能なプランとして計画している時点で、原動力になっている感情は何だろう?と考えると、ある種の狂気でないはずがない。

もちろん、こんなハードな旅は楽しくなかったらやらないけど、常に天気予報、特に風の予報を見ながらでないとできないくらい危険と隣り合わせであることも自覚している。それでもやるのかと問われれば、それでもやるのだ。もちろん可能な限り時間内に帰れるだけの対策をして。

それは、一見は過酷に見えるプランを立案して、実際に遂行する能力を持っている人にしかできない真似であって、私の特権だと思う。私は限られた時間内に最大限の遠距離までバイクで旅する能力を身につけることを望んで、勉強してそれを身につけたからできるのだ。

こんなことを書いたら、頭でっかちだと思う人もいるだろう。離れていく人も、もしかしたらいるかもしれないけれど、でも勉強もしないで1日1000kmをSSで連続して走れるかと言われたら、それは甘いんじゃない?ましてや運転の才能に欠ける私が実行しようとすれば、勉強するのは当然のこと。

Coccoの狂気に共感する部分と、自分自身にも内包する狂気とは根が同じだろう。たくさんの絶望と、言葉にできないたくさんの思いと、狂気に共感して癒される、いや狂気に共感しないと癒されない自分自身のある部分と、それらが混ざり合って私という人を構成している。

私は自分が無条件に愛される存在であることには全く自信がない。愛される実感を持って生きている人と接していると、残念ながら常に精神的な劣勢を感じながら生きている側の人間だ。

それでも、自分ではどうしようもない部分はともかく、自分でできる範囲については自分で自分を幸せにしようと生きている人間でもある。ダークな部分もブラックな部分も併せ持っているけれど、私にとって旅とは自分で自分を幸せにできる手段のひとつ。理屈を超えた存在でもあるけれど。

旅が人を幸せにするとは限らないよ?でも旅に出なければ、私は私の自己評価がもっと低かっただろう。自己満足かもしれないけど、私が他人にはそうそう真似のできない旅の記録を複数持っていることはささやかに誇って良いことだと思う。それは自分が生きていた証であり、いろいろ引き換えに犠牲にしたものがあったにせよ、私が旅に対して25年間、一生懸命に取り組んできた作品なのだから。
| SHO | 携帯から | 00:12 | comments(0) | - |
マフラー、リヤタイヤ換装終了
今日、R6弐号機のマフラーとリヤタイヤの換装が終了したので、取りに行ってきた。

そもそもドック入りした理由の、低回転域の不調の原因はプラグの劣化とエアクリーナーの汚れだった。記録によるとプラグは4万キロ交換していなかったらしい。4万キロと言えば約2年。よくプラグが今まで問題なかったものだ…。エアクリーナーはかなり汚れていて大きな虫が貼り付いたりしていたらしい。

受け取ってから、五色台スカイラインを軽く走ってシェイクダウンしてきた。ノーマルに変えたマフラーは、見てくれは素っ気ないが音はなかなか良い。走り出してすぐ気づいたのだが、今まではエンジン音よりも排気音の方が大きかったのが、エンジン音がよく聞こえる。これは良さそうだ。

リヤタイヤのメッツラーM5の感想は、今日は流しただけなので特にない。これからどんな感想が出てくるだろう。
| SHO | 携帯から | 02:00 | comments(0) | - |
マフラー、リヤタイヤ換装
低速で吹け上がりが不安定になったR6は、本日ドック入りした。

ドック入りと同時に、リヤタイヤをメッツラーM5に、マフラーをテルミニョーニのスリップオンマフラーからノーマルマフラーに換装することにした。

リヤタイヤはブリヂストンBT-016使用前はメッツラーM3だったから、4年ぶりにメッツラーを使うことにした。冒険するよりも過去の実績で選んだのだが、R6にメッツラーを履かせるのは初めて。どんな感じなのだろう。

M3はウエットグリップに問題があり、何回か転倒しているのがM5ではどれだけ改善されたのだろうか。マイナス2度くらいの半凍結路面で問題なく走れることは分かっていて、だから今回はM5にしたのだが。

マフラーはR6を買った時からテルミニョーニのスリップオンがついていたのだが、心地良い重低音だったエグゾーストが最近は爆音に変わりつつあり、走行中にウルサいと感じることが多いのでノーマルマフラーに換装することにした。長距離を走っていれば自車の爆音をかなりストレスに感じる。86500kmも走っていれば、マフラーも劣化するのだろうか。

マフラーをノーマルに戻したので、私のR6は動力系や吸排気系は完全ノーマル。カスタムはヘッドライトやナンバープレートフックの増設、ETCとフレームスライダーの装備のみ。長距離ツアラーとしてR6を使うなら、この程度のカスタムで十分だ。
| SHO | 携帯から | 21:08 | comments(0) | - |
どこに行こうか?
今度の日曜日は出勤なので、代休を22日の土曜日に取ることで上司の許可を取った。

そこで、ただいま晩ご飯を食べながら地図を開いている。どこに行こうか?

本当なら対馬と言いたいのだが、対馬に行くなら博多0時30分発の厳原行きフェリーに乗る必要があり、23時には博多に着く必要がある。高速だけで坂出から福岡まで6時間、前後で1時間で合計7時間かかると出発のタイムリミットは16時となる。つまり出発日が平日なので今回は計画が成り立たない。

対馬以外の離島はと考えると、来週末に可能な範囲で面積が最大の島は第10位の天草下島になる。

本州、北海道、九州、四国、択捉島、国後島、沖縄島、佐渡島、奄美大島、天草下島というのが日本の島の面積でトップ10らしい。択捉島と国後島以外の8つの島の中で、私が日本一周で走ったのは本土四島と沖縄島と天草下島。沖縄は最低6日、奄美大島は4日、佐渡島は3日が必要で、しかも佐渡島は12月では行けない。

天草下島は日本一周の九州西海岸ツーリングの時、2009年5月にYZF-R6で島原半島の口之津から鬼池に渡り、西海岸を走って牛深から長島の蔵之元へフェリーで抜けている。雨にたたられて大変だった思い出しかない。天草下島よりも、むしろ長島の蔵之元港がものすごくローカルな港だった印象が強い。

天草下島に橋続きの天草上島を組み合わせれば一周は200kmを超え、片道500kmを超える1泊2日の弾丸ツーリングとしては十分に大きなツーリングエリアになる。天草下島も西海岸しか走っていないし雨で印象が薄いので、行ったけど初めてみたいなものだ。

天草の地図を眺めていると、隣で野母崎が「こっちに来ないの〜?」と囁きかける。長崎は日本一周で行かなかった県庁所在地のひとつで、日本一周では佐世保から大村湾沿いに諫早に抜けて島原半島に入ったので走っていない。こちらも西彼杵半島というツーリングエリアがあり、橋でつながった離島もたくさんあるので面白そう。

日本一周を達成したと言っても、日本の表面をなでただけだという事実を痛感するばかり。だから日本一周の価値が落ちるわけではないけれど、日本一周したから日本をよく知っているかと言えば、まだまだ私は日本を全然知らない。

さて、どこに行こうか?
| SHO | 携帯から | 21:06 | comments(0) | - |
次の夢
今日は久しぶりに出かけないで、「水曜どうでしょう」の「北極圏突入」と「ヨーロッパリベンジ」のDVDを見ていた。

どうすれば、この景色を見に行けるだろう?どうすれば私もこの景色を見られるだろう?

「オーストラリア大陸縦断」や「アメリカ横断」を見ていても同じことを思う。「どうやったら私も同じ景色を見られるだろう?」と。

日本一周の時も思っていたけれど、自分の今すぐ無理なくできることを、今すぐ始めるしかないのだろう。日本一周だって、思い続けて試行錯誤しているうちに旅のスタイルが固まり、実現したのだ。

600ccスーパースポーツという選択は私にとってはベストアンサーだったけれど、大多数の人にとってベストアンサーとはとても言えないだろう。「なんであんな腰が痛くなるバイクで?」というのが普通の答えだと思う。

夢の実現に正しい解答なんておそらくない。自分の諸条件に合った解答が、その人にとってのベストアンサーなのだろう。私は最長でも一週間で北海道の端から沖縄まで、すべて香川から往復しなければならないという条件があったから、400ccと変わらないフェリーの航走料金で、十分な高速性能を持って1日あたりの走行距離を最大限に伸ばせるバイクを探したから600ccスーパースポーツになっただけ。

これでも日本一周用に用意したマシンはMTB→ロードレーサー→50ccスクーター→50ccオフロードバイク→250ccデュアルパーパス→400ccハーフカウル付きネイキッド→600ccスーパースポーツとステップアップしていて、R6は自転車時代から通算7台目のメインバイク。今思えばせめて原付から始めればもっと早く日本一周を完了していたんだけど、結果的に全部体験していることが血となり肉となっている部分もある。

対馬、奄美大島、佐渡島と「日本の中の外国を探す」今の路線で走っていると、どこかで次の選択として韓国が出てくる。今のバイクで今の会社の休みで、唯一自走で走れる外国だからで、そこから先はまだ分からないけど、もう一段のステップアップになるのだろう。

まだその先のことは浮かばないけれど、日本一周が終わった時には次のテーマとして離島を回る旅は思い浮かばなかった。ただ旅の記憶のたくさんの積み重ねの中からフラッシュバックされるように、日本一周完了後に弾丸ツーリングを繰り返しているうちに、弾丸ツーリングで行ける離島として対馬ツーリングのプランが生まれ、次の段階として奄美大島や佐渡島ツーリングを考え始めたのが今の段階。

日本一周が終わったら結婚したいなぁ、と思っていたのだが、これだけ次の旅のプランが生まれている状態で結婚なんてできるのか?と思ったりもする。

結婚は相手がいないとできないし、こちらが好きになっても相手が好きになってくれないと悲しい結末になる。自分の努力だけではどうにもならない部分があるけれど、旅は一定のところまでは自分の努力次第でできる。夢を自分で実現できるのだ。

一緒に考えて実行してくれるパートナーがいれば、思い出を共有してくれるパートナーがいればもっと良いなぁ、とは思うのだけどね。
| SHO | 携帯から | 18:54 | comments(0) | - |
離島に行きたい
8月にバイク日本一周が完了してから、バイク旅のスタイルが大きく変わっている。

分割日本一周の最中はとにかく日本一周のルートを周遊ルートでつなぐことが最優先になっていたのだが、日本一周終了後は目的地を決めて、目的地までの往復は一目散に走る弾丸ツーリングスタイルに変わった。

日本一周終了後に弾丸ツーリングで走った目的地は郡上八幡、仙台そして群馬。現在計画中なのが対馬、検討中なのが奄美大島と佐渡島。いずれもR6弐号機で、弾丸ツーリングスタイルで行うつもり。

対馬も奄美大島も佐渡島も、まだ行ったことがなくて、自分のバイクで行ってみたい土地。難易度は本土四島を回る日本一周よりも高くなるけれど、今の休みの条件の中で、いかにして実りある旅をするかのチャレンジになる。

鹿児島から12時間かかる奄美大島には3泊4日が最低でも必要で、佐渡島も2泊3日が必要。対馬は前夜発の2泊2日で回れるので、最初に計画対象になっている。

今はサラリーマンをしているけれど、私は旅人をあきらめるつもりは全くない。私は一生旅人でいたいし、サラリーマンしている今の条件下で最大限の旅はしたい。

レンタルバイクという手段があるのも知っているけれど、できるならその手段は使いたくない。自分のバイク、YZF-R6でやるからこそ得られる満足感というのは間違いなくあって、他のバイクではなんだか寂しい。手に馴染んだ自分のバイクで行きたい。

対馬、奄美大島、佐渡島クラスならともかく、大半の離島ではR6を乗り回すのは明らかにオーバースペック。R6はスーパースポーツなので、離島で乗るには速度域が高すぎるし小回りも効かない。本当は原付二種のグランドディンクの方が離島には向いているのだが、グランドディンクは高速に乗れないので、限られた休みでは新潟や鹿児島まで行けない。だからサラリーマンの旅人はR6で行くしかない。

R6で離島を走りたいと思うようになったのは、昨年の年末年始の沖縄ツーリングの経験が大きい。鹿児島から25時間かけて那覇に向かう最中、奄美大島、徳之島、沖永良部島、与論島と寄港していく各港の雰囲気がどんどん変わっていく様子に惹かれた。日本本土と全然違う日本がそこにはあった。飛行機で行ったのではダメで、船で行くからこそ感じることができる旅情がそこにはあったのだ。

日本一周は終わったけれど、私はもっと旅したい。
| SHO | 携帯から | 20:11 | comments(0) | - |
次のリヤタイヤどうしよう?
8月に交換してから10600km走ったR6のリヤタイヤ、ブリジストンS-20が交換時期となった。

S-20はドライグリップに関しては文句なく、ライフもそこそこなのだがレイングリップが悪く、夏でも雨天時には不安を感じるので、次はどのタイヤを履こうか考え中。

S-20の前に履いていたブリジストンBT-016は本当に良いタイヤで、凍結寸前の雪道を何回も走っても全く問題なかったのだが、S-20では怖いので別のタイヤにするつもり。

今の最有力候補はダンロップsports MaxかメッツラーM5。

BT-016の前はメッツラーM3を履いていて、冬場の濡れた路面でスリップダウンの転倒事故を起こしたのがメッツラーからブリジストンに変えた直接原因。排水性はかなり改善されたとは言うものの、どこまでのものなのか分からないのがネガティブ要因。

1日1000km、1回のツーリングで最大3000kmを走破して、ライフは10000km、摂氏マイナス2度からプラス35度まで全天候下で使用して、YZF-R6でタイヤの端まで使い切る、という使用条件だと、どちらのタイヤが良いのだろうか?
| SHO | 携帯から | 12:40 | comments(0) | - |
ライディングシューズ買っちゃった

今日は午後から半休を取って、二級ボイラー技士の免許証を紛失したので再交付の手続きをしに高松まで来ている。

車のバッテリーが上がったのはクルマ屋さんに来てもらって再始動したのだが、高松で給油したら再始動できない…。目的地の手前2キロでUターンして家まで戻り、クルマ屋さんに車を預けて原付を引っ張り出して高松に引き返した。手続きが間に合って良かった。

仕事で第一種圧力容器取扱作業主任者の選任を受けたので二級ボイラー技士の免許証が必要になったのだが、まさか取得から7年も経って要るとはねぇ…。

昨年のゴールデンウイーク前に買ってから1年半、3万キロを一緒に走ったライディングシューズ、elfシンテーゼ14がとうとうダメになったので買い換えた。

今はツーリングにはガエルネのタフギヤを使っていて、シンテーゼ14は通勤がメイン。でも防水+プロテクター装備のライディングシューズは適当なものが他になくて、同じシンテーゼ14をまた買った。色は従来の黒から今回は赤白にした。こっちの方がスーパースポーツ乗りらしいかな、と思って。

車は、見積もりがあまりに高かったら車検を通さずに廃車にするかもしれない。実家にあった頃から15年乗ってきたけど、年間走行距離ではR6が、乗車回数では原付のGRANDDINKが圧倒していて、車は持っているだけの状態なので…。車があると便利なんだけどね。

バイクの2台は完全に棲み分けができているので、当分は2台体制が続くだろう。近所の買い物にR6を使うこともあるし、原付二種のグランドディンクで香川から温泉津温泉〜広島〜しまなみ海道経由で今治まで1日660km走ったこともあるけれど、基本的にはR6は長距離用、グランドディンクは街乗り用に用途を分けて使っている。

夏でも冬でも台風でも、私はバイクです!
| SHO | 携帯から | 19:49 | comments(0) | - |
次の弾丸ツーリングは…。
年末年始は千葉の実家に帰省するつもり。バイクで東京まで往復するかは、ただいま考え中…。例年なら電車で帰るんだけど、寝台特急「日本海」も急行「きたぐに」も廃止された今、乗りたい列車がない。JRで唯一まだ乗っていない九州新幹線の博多〜新八代に乗っても良いけど、実家とは逆方向なのだ。

明けて新年は、長期休暇明けの工場の立ち上げのために1日早く帰ってくるので、代休が取れる。代休を月曜日に取得して、新年最初の弾丸ツーリングを計画している。

現在の有力候補は、宮崎県は都井岬と、長崎県対馬の2ヶ所。どちらも日本一周では行っていない。

難易度が低いのは都井岬。本当は昨年の正月の沖縄ツーリングの帰りに行くはずだったのだが、垂水のライダーハウスで寝坊して行けなかった。

完全に知らないのは対馬。調べてみると、博多を夜0時10分発の九州郵船と0時30分発の壱岐対馬フェリーがある。23時に博多のフェリーターミナルに着くつもりなら、博多まで500kmだから最低でも7時間かかるから16時には香川を出発する必要がある。すると休日出勤の土曜日が出発日の狙い目になる。1月は土曜日が出勤日になっている日があるから、たぶん取得日は限定されるはず。

対馬だと早朝に厳原に上陸して、その日1日で対馬を一周して厳原泊。翌朝のフェリーで対馬を離れて昼過ぎに博多に到着、また500km走って夜には香川に帰るプランになる。

対馬一周は200kmと見込んでいるけど、高速もない離島なので6時間では回りきれないはず…。たぶん1日フルに使って一周するのがやっとのはず。日も短いし、離島で無理するべきじゃない。

沖縄本島と、橋で接続された島を一周するだけで、2日で650km走ってギリギリ一周できたことを考えると、離島をなめるべきじゃない。

早く出発できるなら対馬、出発できなければ都井岬という選択になるかな。
| SHO | 携帯から | 02:39 | comments(0) | - |
来年の目標
今日は岡村孝子のライブで、とても良かった。

中学校の同級生と2人で行ったのだけど、四半世紀もお互い同じ人の歌を聞いて、3年連続で年末になると2人で大阪のライブを見に行って…というのは、当たり前のようで当たり前じゃない。ものすごく幸せなことなのだ。

ライブに行くための先立つものがあることも、一緒に見に行く友人がいることも、四半世紀も同じ人の歌を聞いていて、その人が今も第一線で活躍していることも、みんな当たり前ではない。だから、今年も年末に岡村孝子のライブ「クリスマスピクニック」を見られて良かったね、と話していた。

バイクの話になるけれど、年末年始の帰省を控えているので今年はもうロングツーリングには行かない。だから、おそらく2012年のR6弐号機の走行距離は22230km+αくらいになるだろう。たぶん23000kmは超えないはず。

この記録は今のところバイク歴の中でキャリアハイ。もしかして最長距離になるかもしれない。年間に22200kmも走れることは幸せだ。でも、今がキャリアの全盛期かもしれない、という思いも常にあって、当たり前ではない。

今年は昔の交通事故の後遺症が重くなった年でもあって、左手全体や指の痺れは常時あり、左肘の痛みや左手全体の硬直も時々ある。寿命を極力伸ばすつもりではいるけど、あと何年バイクに乗れるかは正直分からない。今年の9月のように左肘の激痛で高速に乗れない事態が頻発すれば、来年にもバイクに乗れなくなる可能性が絶対にないとは言えない。もう治らないから、あとは何年バイク寿命を引き伸ばせるかの戦いになっている。

来年の目標は、あと13800kmに迫ったR6のオドメーター100,000kmを達成すること。そして、某マイミクさんと2人で、5年ぶりにYZF-R6とYZF600Rサンダーキャットの2台で旅に出ること。今日のライブを一緒に見た友人と、1989年に初めて子供同士で泊まりがけで出た旅の、24年後のリバイバル旅に出ること。

そして早くて再来年になるけれど、R6のオドメーター116,965kmも目標。これは私にとってR6の乗車距離100,000kmを意味する。6年目で100,000km走れれば、かなり速い達成のはず。

バイク日本一周も47都道府県制覇も今年達成したけど、私はまだまだ旅に出たい。8月の日本一周達成後に、もっと旅したい気持ちはますます強くなった。
| SHO | 携帯から | 22:53 | comments(0) | - |
クリスマスピクニック
ただいま岡山行きの「マリンライナー」の車内。

今日は岡村孝子のライブ「クリスマスピクニック」を見に大阪へ。友人と見に行くので、今日は電車を使う。ライブが終わってから新幹線で帰らないと、香川まで帰ると日付が変わってしまう。

午前中に大阪に行けば良かったのだが、午前中はのんびり「水曜どうでしょう」のDVDを見ていた。最近買った「東京探見二泊三日」のDVDもだけど、「アメリカ大陸横断」が面白くて、全部見てしまった。

この時期の岡村孝子のライブは3年連続。楽しみ〜!
| SHO | 携帯から | 14:50 | comments(0) | - |
はりまや号
昨日、豊浜のサービスエリアに高知発福岡行きの夜行高速バスが止まっていた。

今朝も誰かが壇ノ浦パーキングエリアで「バ、バスで寝れないんだよ、オレ達」って言っているんだろうなぁ〜。
| SHO | 携帯から | 07:35 | comments(0) | - |
岬の釜揚げしらす丼再び

会社帰りに今治まで行ってきた。片道120kmほど。

私の距離の感覚は周囲と相当違うと自覚はしているけど、日帰りで香川と愛媛を往復する生活も、もう4年目。私にとっては、もうすっかり日常だ。最低でも月1回、多ければ月3回くらいは松山道を往復している。

愛媛側の目的地は新居浜、西条、今治、松山がほとんどでたまに八幡浜。八幡浜まで行く時は、ほぼ100%九州に渡る時。

先月も食べたけど、石鎚山サービスエリアで「岬の釜揚げしらす丼」の晩ご飯。日記のネタ的には今治のローカルフードの「焼豚玉子飯」が良いのだけど、しらす丼は先月食べて美味しかったので、もう一度食べたかった。

やっぱり美味しい。日常の中で、こういう何でもない時間がとても幸せ。
| SHO | 携帯から | 21:48 | comments(0) | - |
次のバイクを買うとしたら…?
最初に断っておくと、現状で私がR6弐号機を乗り換える可能性はほぼない。カスタムして、非常に完成度の高いツーリングマシンになっているからで、今さらローンも終わって7万キロ乗っているマシンを買い換える必要など全くない。

その上で私がもし買い換えるとしたら…?

筆頭は06年型ヤマハYZF-R1のイエローストロボカラー。今乗っている03年型R6もイエローストロボカラーで、非常に似た印象のマシン。先週、富士スピードウェイで見かけて、素直に「欲しい!」と思った。

あとは、R6を買う時に最後の最後まで迷ったスズキGSX-R600のK6か、GSX-R1000のK5。R6を買う時から今まで、私の好みは全くぶれていない。もちろん用途は長距離弾丸ツーリング用だから、スーパースポーツの用途として間違ってはいない…はず。

私の古巣、レッドバロン前橋では「R6からツアラーに乗り換えるだろうと思った。まさかR6のまま長距離やるようになるとは…」と言われたのだけど、今のところツアラーに乗り換える気は全くない。私は自分の運転技術に強いコンプレックスを持っているし、だからツアラーに乗り換えて1日1000km走っても、そんなの私にとっては意味がない。
| SHO | 携帯から | 19:25 | comments(0) | - |
眼精疲労
今日の夕方、会社で異変に気づいた。近くても遠くても、文字がぼやけて見えづらい…。私、今月行われた会社の健康診断では裸眼視力が両目とも1.5なんですが。

今月初めの仙台への弾丸ツーリングの後も、視神経の回復に一週間かかった。今回も視神経の回復が一番遅いことは自覚していて、つまり弾丸ツーリングで私が一番消耗するのは視神経ってこと。

視神経の眼精疲労は3年前の北海道でも今年の北海道でもやられているのだけど、はっきりと回復が遅いことを自覚したのは今月初めの仙台弾丸ツーリングの後。

今回は前回のように眼精疲労がツーリングの日程を狂わせることはなかったけれど、渋滞をすり抜け続けているうちに、視力が限界でピットインしたことはあった。長距離になればなるほど、なんてことない渋滞を非常に負担に感じるようになる。疲労が蓄積しているからだろう。

バイク雑誌の長距離ツーリング特集で、私が真剣に特集して欲しいのは眼精疲労対策。左手の痺れとか痛みも大変だけど、眼精疲労には今のところ対策のしようがない。
| SHO | 携帯から | 20:18 | comments(0) | - |
弾丸ツーリング、無事帰着!
21時58分に坂出北インターを降りて、22時16分に無事に帰着した。

初日は618.8km
2日目は845.6km
合計1464.4km

1500kmにも達しなかったけど、一応は弾丸ツーリングに入るのだろうか?

お会いしたみなさん、読んでくださったみなさん、ありがとうございます。またお会いしましょう。
| SHO | 携帯から | 22:35 | comments(0) | - |
チーズたこ焼き

西宮名塩サービスエリアなう。チーズたこ焼きメチャうま♪
| SHO | 携帯から | 19:43 | comments(2) | - |
ようやく京都

桂川パーキングエリアまで帰ってきた。今日は600kmあまり走っていて、あと260kmくらいで香川に帰り着く。

河口湖の手前で巻き込まれて以来、今日だけで6回くらいは渋滞に巻き込まれているはず。御殿場から400kmあまりを5時間ちょっとで走っているから、渋滞に何回もハマっているにしては良いペース。

順調なら残る渋滞は1回のはず。御殿場、刈谷と給油して、次は西宮名塩で最後の給油予定。22時までに帰れると良いな!
| SHO | 携帯から | 18:36 | comments(0) | - |
新東名

新東名の静岡サービスエリアまで帰ってきた。富士スピードウェイから1時間ちょっと。

新東名は走りやすい。新名神みたいな道。

オフ会は楽しかった!四輪のモータースポーツ車の全開走行も見れたし、満足した。

みなさん、また会いましょう!
| SHO | 携帯から | 14:07 | comments(0) | - |
富士スピードウェイ

富士スピードウェイに到着!tucicaのメンバーとも無事に合流しました。
| SHO | 携帯から | 09:08 | comments(0) | - |
再会

昨日は沢渡温泉に入った後は、古巣のレッドバロン前橋へ。

私が二輪免許を取った時からのスタッフが3人残っていて、私が中型以上の運転歴が6年半で10万キロに達したことを話すと驚き、喜んでくれた。R6で日本一周と47都道府県制覇を達成したことにも。

ちなみに、香川から週末2日の休みで群馬まで遊びに来るのは「私なら4日くらい休みがなかったら絶対やらない」そうです。

レッドバロン前橋の後は小田原まで移動するつもりだったのだが、花園から渋滞18キロの案内を見て撤回。徹夜走行で疲れているし、高崎のビジネスホテルで泊まった。22時前には寝てしまった。

今日は4時半に起床して5時半に出発。藤岡インターから高速に乗ったのだが、夜明けが見事だった。こういう時間を経験するためにバイクに乗っているんだなぁ〜。

今は高坂サービスエリア。これから富士吉田経由で御殿場の富士スピードウェイを目指す。

やっぱりバイクって、そして旅って楽しい!
| SHO | 携帯から | 06:43 | comments(0) | - |
沢渡温泉

結局、馴染みの湯治宿やら元の職場やら、大家のパパさんママさんやらと会っていたら4時間経ってしまい、後ろ髪を引かれながら14時に草津を出発。

たぶんいまだに私が最もたくさん走っている峠、暮坂峠を走ってから沢渡温泉へ。盤台のおばちゃんが健在で、再会を喜んだ。

2年半ぶりの沢渡温泉、楽しみ〜♪
| SHO | 携帯から | 14:45 | comments(0) | - |
湯畑

草津温泉の湯畑に着いた。昨年の正月以来だ。

御座之湯再建とかで、イベントをやっている。昨夜、元の職場の女将さんに電話したら言っていたのがこれらしい。昔は白旗の源泉があった場所を再開発するようだ。

草津に住んでいた頃は、フルカウルの大型スポーツバイクで来る観光客が「いいなぁ」と羨ましかった。今の自分が同じことをしていることは、何となく嬉しい。

元の職場に行ってこようっと。
| SHO | 携帯から | 10:36 | comments(0) | - |
浅間山!

上州三原から草津に向かっている。浅間山がきれいだ。
| SHO | 携帯から | 10:01 | comments(0) | - |
雪です!

和田峠の南側からはビーナスラインの稜線が雪で、「あと100m標高が上がったらアウトだなぁ」という感じだったのだか…。

新和田峠トンネルを抜けると、そこは雪国だった(@_@)。

トンネルを出た瞬間、心臓が止まるかと思った。料金所を抜けた今も雪が降ってます。気温はマイナス1度。

今年初めての雪だ〜♪
| SHO | 携帯から | 07:48 | comments(0) | - |
信州!

昨日は結局、午前3時に恵那峡サービスエリアで行動を打ち切って2時間ほど仮眠した。

朝5時に起きて、きしめんで朝食を食べて5時半に出発。小黒川パーキングエリアまでやってきた。恵那山トンネルを出ると夜が明けた。今日は曇り空だけど、ゆっくりと輪郭を取り戻す景色を見るのは気持ちが良い。

草津温泉の到着予定は10時。ほぼ予定通りだ。和田峠と鳥居峠の道路凍結が心配だ…。
| SHO | 携帯から | 06:51 | comments(0) | - |
深夜急行

多賀サービスエリアにやってきた。

蕎麦の夜食を食べながら人を見ていると、3週間前よりもかなり少ない。バイクは私しかいない。

深夜の高速道路は独特の感じがあって好き。いかにも「旅してます!」って感覚がある。長い旅はできなくても、旅する感覚は覚えていたい。サラリーマンやっていても、旅人であり続けたい。

昨日、実家の母と電話で話していて「もっと鉄道に乗ったら?」と言われた。でも現在の鉄道シーンにおいて、乗りたい列車が年々少なくなっていく。窓を開けて風の匂いを嗅ぎながら旅のできる列車が、今どれだけあるかい?

土地の風や匂いを感じながら旅できる列車は、今や探さないと見つからない。ましてや深夜の夜汽車の風情を楽しみたいと思ったら、夜行列車そのものが絶滅危惧種の今、ほとんど不可能に近い。でもバイクなら、鉄道がこの四半世紀に切り捨ててきた旅の風情に今もリアルに触れることができる。だから私はバイクの旅が好きなんだ。

暖かい食堂で蕎麦をすすっていると眠くなる。養老か恵那峡あたりで仮眠しよう。
| SHO | 携帯から | 01:32 | comments(0) | - |
弾丸ツーリング出発
高松18時20分発のジャンボフェリーで弾丸ツーリングに出発した。夜の23時前に神戸に上陸予定。朝の7時には諏訪湖まで行きたい。

中国道は宝塚の手前で絶対に混むだろうし、宿代の節約だし、楽だし安いし、フェリーはとても便利。

晩ご飯にチキン南蛮弁当を食べて、風呂に入って寝ます!
| SHO | 携帯から | 18:33 | comments(0) | - |
弾丸ツーリングの行き先は?
明日は出勤するのだけど、早ければお昼に、遅くとも夕方には仕事が終わるので、それから週末の弾丸ツーリングに出発する。

今回の行き先は、群馬。

昨年の夏に行って以来、1年半ぶりの里帰りになる。久しぶりに私が日本で一番好きな沢渡温泉にでも入ってこよう。草津に行くかどうかは分からないけど…。

日曜日は富士スピードウェイでtucicaのオフ会があるので初参加して、昼頃に御殿場を出て香川まで帰るつもり。

楽しみ〜!
| SHO | 携帯から | 21:11 | comments(0) | - |
トップガン
久しぶりに「トップガン」を見ている。現用のF/A-18E,Fスーパーホーネットもカッコいいけど、やっぱりF-14トムキャットがカッコいい。もちろんカワサキGPZ900Rニンジャもね。

「トップガン」は映画公開時にはまだ小学生だったのだけど、中学生の時に初めて地上波に登場したのを見て一気にハマった。初めて買ったCDも「トップガン」のサントラだった。今でもしょっちゅう聞いていて、バイクのお供にも最高の音楽。

今から思うと、私がバイクに将来乗るようになる布石はあちこちにあったみたい。中学生当時はまったく思わなかったけど、私が将来スーパースポーツ好きになるのも、今となっては布石を自分で置いていたようだ。「トップガン」を見てから買うバイクが、フルカウルのロードスポーツバイク以外になるハズがない。

とことんカッコいい映像を2時間近く見た後は、バイクで走りたくなるなぁ!別に私はトム.クルーズみたいにカッコいいわけじゃないけど、バイクはGPZ900Rニンジャに負けないくらいカッコいいモデルに乗っているし、映画を見ながら感じるワクワク感は、自分のバイクにまたがるたびに感じる緊張とワクワクが等分に入り混じった感覚に似ている。
| SHO | 携帯から | 22:07 | comments(0) | - |
トップガン
久しぶりに「トップガン」を見ている。現用のF/A-18E,Fスーパーホーネットもカッコいいけど、やっぱりF-14トムキャットがカッコいい。もちろんカワサキGPZ900Rニンジャもね。

「トップガン」は映画公開時にはまだ小学生だったのだけど、中学生の時に初めて地上波に登場したのを見て一気にハマった。初めて買ったCDも「トップガン」のサントラだった。今でもしょっちゅう聞いていて、バイクのお供にも最高の音楽。

今から思うと、私がバイクに将来乗るようになる布石はあちこちにあったみたい。中学生当時はまったく思わなかったけど、私が将来スーパースポーツ好きになるのも、今となっては布石を自分で置いていたようだ。「トップガン」を見てから買うバイクが、フルカウルのロードスポーツバイク以外になるハズがない。

とことんカッコいい映像を2時間近く見た後は、バイクで走りたくなるなぁ!別に私はトム.クルーズみたいにカッコいいわけじゃないけど、バイクはGPZ900Rニンジャに負けないくらいカッコいいモデルに乗っているし、映画を見ながら感じるワクワク感は、自分のバイクにまたがるたびに感じる緊張とワクワクが等分に入り混じった感覚に似ている。
| SHO | 携帯から | 22:06 | comments(0) | - |
贅沢な放課後

バッテリーがご臨終したR6弐号機が、バッテリーを交換して昨日帰ってきたので、今日は仕事帰りに愛媛県の西条まで行ってきた。

ちょうどオイル交換のタイミングだし、今週末出かける前に慣らし運転しておきたいし、何よりレッドバロン新居浜のメカニックに仙台往復を自慢したいので、平日だけどちょっと走りに行ってきた。

オイル交換しながらバイクのコンディションについて話していたのだが、弐号機は現状なら100,000kmでも積極的にエンジンをバラしてオーバーホールする必要はないとか。きちんと乗って、きちんとメンテナンスしていれば、85000km乗ってもエンジンはこれだけ調子がいいんだという好例という話。ただしテルミニョーニのスリップオンマフラーは音量が次第に大きくなってきたので、100,000kmでノーマルマフラーに戻すかもしれない。

「培倶人」の最新号で編集長が「本当に大切なのは、「いかに愛車と密な”時間”を過ごせるか?」だと思うんです」と書いている。ツーリングの本質は、愛車と過ごす時間にあるのだと。

私も全く同感なのだけど、私は3年8ヶ月が経過した今でも、68000km乗っている自分の愛機に対して全く飽きない。今でもコンビニから出てきて自分のバイクに惚れ惚れするし、自分のバイクにまたがると、すごくリラックスするのと同じくらい今でも緊張する。緊張するのはスーパースポーツに乗っている証だし、そうでなくてはならない。本質的に危険な乗り物に乗っているのだから。本当に誰でも乗れるのなら、スーパースポーツの価値はない。

オイル交換してから、西条の市街地にあるクレープ屋「love crepe」でクレープの夕食。

ご主人といろんな話をしながら、仕事帰りにこうして90km離れた街に来て、オイル交換して馴染みの店でクレープ食べてまた帰るなんて、なんて贅沢な時間を過ごしているんだろう、と感じた。ものすごく贅沢な時間とお金の使い方。「いつもの」でメニューが通じるお店を持っている時点で、すごく贅沢な話だろう。

旅の本質は、いかに密な時間を過ごしたかにあると思うけど、これもひとつの旅じゃない?旅と呼ぶにはあまりに日常の時間だけど。

186.5km走って無事に帰ってきた。幸せな時間だった。
| SHO | 携帯から | 22:55 | comments(0) | - |
降って湧いた3 連休
弾丸ツーリング計画の話の続きです。

今日、なんと上司から「金土日と3日間休んでもいいよ」と言われた。私が言う前に。

冗談だろうと思って後で聞き返したら、本当に休んでいいらしい。

今の会社に入って5年目で、3連休に3日休めるのは初めて。ちょっとまだ半信半疑なのだが、本当だったら嬉しい。

3日あれば海外にも行けるなぁ〜。でも海外にはプライベートで行ったことがないので、国内で出かけるなら自動的に「東北」という答えになる。

昨年の夏休みが東北ツーリングだったけど、竜飛岬までが往復3000km。今月は仙台に行ったばかりだし、車の車検と冬休みとR6弐号機のタイヤ交換を控えているのでお金がない。奄美大島か佐渡島にも行ってみたいけど、お金がないったらお金がない。

うーん、どうしよう…。
| SHO | 携帯から | 12:41 | comments(0) | - |
弾丸ツーリング計画
昨日は日曜出勤で、朝から夕方まで働いていた。

だから今週はどこかで休みを取れる。一応、今のところ金曜日に休みを取っているのだが、よく考えたら世間は3連休。金曜日に休んでも普通の休日だし、だったら土曜日に振り替えても良いんじゃない?と考え中。上司に明日相談してみよう。

めったにない土日休みが取れたらどうするかって?弾丸ツーリングに決まっているでしょう!

日曜日の1日だけなら800kmが私の最大航続距離。土日の2日間あれば、最大航続距離は1000kmに伸びる。

日曜日だけの休みなら西は阿蘇、東は岐阜あたりが限界なのだが、土日休みなら南は佐多岬や野間岬から北は山形県鶴岡や仙台あたりまで走りに行ける。日本の総面積の半分以上は、香川から1泊2日で行って来れるのだ。

さて、どこに行こうか?仙台に今月行ってきたばかりだけど、また東北でも悪くはない。信州とかでも良いけどね…。
| SHO | 携帯から | 19:23 | comments(0) | - |
ウインターグローブ

今日は昼休みにR6弐号機を引き上げてもらい、会社を出てからは、立ちゴケで左ミラー基部が折れた通勤用バイク、キムコGRANDDINK125Zの部品注文のために高松へ。そもそもR6で通勤する羽目になった原因は、原付で立ちゴケしてミラーを折ったからなのだ。

高松のバイク屋に行った後は、ウインターグローブを買いにイワサキへ。RSタイチの完全防水、フルプロテクションのグローブを買った。

四国に来て5年目にしてウインターグローブは初めて。でも昨冬は何度か四国で雪降る中を走っていて、先日の東北弾丸ツーリングでも必要性を痛感していたので、買ってしまった。

運転してみると、やはりレーシンググローブや陸上自衛隊制式仕様のグローブよりも操作性に劣る。残念だけど仕方ないのか…。
| SHO | 携帯から | 19:46 | comments(0) | - |
バッテリー上がり
昨日の夜、会社から帰ろうとR6弐号機のイグニッションをひねったら、普段ならバックライトが点いてタコメーターが18000回転まで回るはずが(この演出が、さすがスーパースポーツ!)、何も反応しない…。

何回やっても結果は同じ。最寄りのレッドバロンに電話しようにも、昨日は水曜日で定休日!

仕方なく高松のレッドバロンに電話したところ、おそらくバッテリー上がりだろうと言われた。

会社の駐輪場に着いて、ハンドルロックの奥にある、パーキング位置でキーを抜いて出勤したのでは?ということだった。なんという不覚!バイク歴8年目にして、バッテリー上がりは初めて。

どちらにせよ昨日中に高松のレッドバロンまで引き上げてもバッテリーの在庫がないので整備できないらしいので、引き上げは今日に延期。幸い会社でバッテリー上がりを起こしたので、昨日は同僚の車に乗せてもらって帰宅した。今日は原付で出勤した。

というわけで今日の昼休みにR6を引き上げてもらう予定で、会社の入り口で待っている。まだ来ないなぁ…。
| SHO | 携帯から | 12:40 | comments(0) | - |
2nd hometown
辛島美登里を聞きながら、のんびり帰る帰り道。

アルバム「やまとなでしこ」も、もう10年くらい前の作品になるのかな?良いアルバム。収録曲の「2nd hometown」が温かくて好き。

私にとって、もともとの故郷は兵庫県の西宮市。でも阪神大震災で私の知る西宮は消滅したし、実家が関東に移り、私自身も十数回引っ越しているので、今は事実上、私に故郷はない。あえて言えば、私の現在の故郷は東京だろう。2nd hometownだったら人生でいくつかあるけど、私が心底定住する日なんて一生ない気がする。形の上では今だって定住しているんだけどね。

辛島美登里のアルバムで一番良く聞いたアルバムは、たぶん「12k」。「湖」「交差点」などなど、別れとか不倫とか会えない恋とかの曲ばっかりで、決して幸せなアルバムではないのだけど、心に食い込む。もう10年以上のアルバムだけど、今でも時々口ずさむ。
| SHO | 携帯から | 22:12 | comments(0) | - |
弾丸ツーリング、終了!
朝の5時半過ぎに、無事に帰着した。

3泊2日の走行距離は1972.6km。オドメーターは84627kmになった。

最後は眼精疲労で悔しい結果になったけど、紅葉も雄大な山も見たし、油揚げも蕎麦も牛タンも食べたし、温泉にも入ったし、南東北の秋を堪能した。

でも、現在の実力では2日の休みでは仙台が限界かぁ〜とも思った。体力云々じゃなく、眼精疲労で今回は限界を感じたので、眼精疲労の対策は何か考えないといけないなぁ…。
| SHO | 携帯から | 07:04 | comments(0) | - |
神戸三宮フェリーターミナル

無事に神戸三宮のフェリーターミナルに着いている。

眼精疲労で視神経が限界のため、予定より200km短くなるがフェリーで帰ることにした。それでも仙台から930km走っているのだが、930km「も」走っているのか、930km「しか」走っていないのか…。

本人的にはもちろん「しか」なのであって、今回の措置は非常に悔しい。何度かツーリング中に苦しめられている眼精疲労で、ツーリングの日程そのものに影響が出たのは初めて。

トラックドライバーってタフだよなぁ。この距離を毎日走っているのだから。彼らはどうやって眼精疲労と闘っているのだろうか?
| SHO | 携帯から | 00:44 | comments(0) | - |
夜の琵琶湖
ただいま大津サービスエリア。

1時間ほど前には着いていたのだが、ちょっと日和ることにした。

西宮名塩に抜けずに、西宮インターから三宮に直行してフェリーで高松に戻ります。

体力的なものというより、実は視神経が限界で、あと300kmを走れる状態ではないから。

実は新潟の辺りで視神経の疲労が見え始めて、目の神経が痛くて30〜40分ほどしか連続運転できない状態で500kmほど運転していた。だから休憩ばっかりしていてペースがガタ落ちしていたのだが、さっき神田から大津の70kmほど運転した時に、視神経が保たなくて「こりゃ限界かな…」と感じた。

ツーリングの時、何かのアクシデントで香川まで帰るのが遅くなり過ぎる時に、奥の手として神戸からフェリーを使うことは以前から頭にあったのだけど、まさか本当に使うとは…。

明らかに運転のし過ぎなので、休むしか目が治る方法はない。あと100kmはたぶん大丈夫なので、休みながら安全運転で神戸に向かいます。
| SHO | 携帯から | 22:27 | comments(0) | - |
月見とろろ蕎麦
福井県の南条サービスエリアで月見とろろ蕎麦の夕食。そば圏内も、ここでいよいよ最後。

彦根から先が事故渋滞12kmなので、予定より早く燃料を入れよう。たぶん次は神田パーキングエリアで様子を見て、多賀は通過するだろう。

あと400kmで家に帰れる。安全運転で帰ろう。
| SHO | 携帯から | 18:57 | comments(0) | - |
佐渡が見える

米山サービスエリアまで帰ってきた。ここまで380kmほど。復路の全行程の1/3を走破した。多賀まで戻れば2/3になる。

視神経に影響が出てきたので、少し眠った。予定の1時間遅れだけど、19時には多賀に着きたいなぁ…。

今日は佐渡島がよく見える。日曜日の午後のこんな時間に新潟県にいるなんて幸せ。これから今日中に四国まで帰らなきゃいけないけど。明日は朝から仕事の予定が詰まっているし。

日本海が見えるっていいなぁ〜♪私は日本海が大好き。
| SHO | 携帯から | 14:07 | comments(0) | - |
牛タン麦めし丼

昨日は牛タンを食べ損ねたので、帰りに菅生サービスエリアで食べようと思ったら、牛タン定食は11時からだった…。

でも牛タン麦めし丼(テールスープ付き)ならあるとのことで、食べている。美味しい!

秋保温泉で地元の人と話していて、香川から週末2日で来て今日中に香川に帰ると言ったら「日本一周しているの?」と訊かれた。日本一周の人が、よくここには来るそうだ。

今日はこれから丸亀まで1100km走る予定。磐梯山、米山、小矢部川、多賀、西宮名塩と給油しながら香川に戻る。

日付が変わる前には帰りたいなぁ〜。
| SHO | 携帯から | 09:08 | comments(0) | - |
秋保温泉共同浴場

秋保温泉の共同浴場にやってきた。

ここは変わってないなぁ!これから風呂に入ります。

秋保まで山道を走りながら、たしかに自分はこの街に住んでいたんだなぁ、と感じた。四国とは違った雄大な山が、やっぱり東北という感じがする。これを見に来ただけでも、週末2日で東北まで来て良かった。
| SHO | 携帯から | 07:52 | comments(0) | - |
山形そば

食べ終わってから部室に戻り、20時半くらいまでサークルの展示を見たり、部室の前に国内4メーカー揃ったバイクの記念撮影をしたり、楽しい時間を過ごしてから今日の宿の仙台千登勢ユースホステルへ。

チェックインしてから晩ご飯を食べに外出し、飛び込んだ飲み屋さんに紹介してもらった「一(はじめ)」という山形そば屋で、盛り蕎麦と山形牛のステーキの夕食。美味しかった!
| SHO | 携帯から | 22:27 | comments(0) | - |
定義の油揚げ(9 年ぶり)

OBみんなで車5台とバイク2台でキャンパスを出発。

定義に着いて、9年ぶりに定義とうふ店に行ったら建物が新しくなってびっくり。

油揚げを2枚食べて、豆乳も飲んで、焼き飯(味噌を塗ったおにぎり)も食べた。久しぶり〜♪

東北の山々は四国のそれとは違って穏やかで雄大で、泉ヶ岳を見ていると幸せ。東北に来ているんだなぁ〜という感じがする。
| SHO | 携帯から | 22:13 | comments(0) | - |
無事到着

無事に鉄道研究会の部室に到着した。バイクが増えていてびっくり。これから、みんなで定義の油揚げを食べに行ってきます!
| SHO | 携帯から | 14:51 | comments(0) | - |
磐梯山と紅葉

磐梯山サービスエリアに着いた。磐梯山の上の方は雪が降っている。

阿賀野ラインの紅葉が見事だった。この景色を見るためだけに四国から弾丸ツーリングで来ても良いくらいの鮮やかな紅葉で、東北に来たんだなぁ〜と嬉しく、走りながら景色を見るだけで幸せな気持ちになった。でも、写真を撮れずに残念。

磐梯山まで来たら、もう紅葉がくすんでしまっていた。阿賀野ラインでは紅葉の一番鮮やかな一瞬を捉えたらしい。明日の帰りも紅葉が楽しみだけど、もうくすんでいるのかな…?
| SHO | 携帯から | 12:24 | comments(0) | - |
日本海!

新潟県の米山サービスエリアまでやってきた。

冬の日本海らしい豪快な波が上がっている。日本海が大好きな私は、これを見るたびに日本海側に住みたいと思うのだが、いまだ実現していない。
| SHO | 携帯から | 09:21 | comments(0) | - |
no title

ただいま越中境パーキングエリア。眼下の北陸本線の駅は越中宮崎で、つまりもうすぐ新潟県。

風はすっかり冬の風で、まだ秋の匂いが残る四国とは違う。防寒フル装備で来ているのに、なおかつ寒い…。気温はずっと10度を下回っているんだから、そりゃそうか。

あと6時間で仙台に着くだろうか?
| SHO | 携帯から | 08:09 | comments(0) | - |
南条おろしそば

北陸道に入った。福井県の南条サービスエリアで仮眠して起きたので、おろしそばで朝ご飯。

蕎麦エリアに入った。関西まではうどんエリアで、四国は蕎麦屋を探すのが難しいくらいなので、遠くに来たなぁ〜と思う。

さて、走りますか!まだ300kmも走っていないし…。
| SHO | 携帯から | 05:01 | comments(0) | - |
間もなく三宮

間もなく三宮に上陸。仙台まで900kmの旅が始まる。

ワクワクするなぁ〜。
| SHO | 携帯から | 23:52 | comments(0) | - |
香川〜仙台、弾丸ツーリング零日目

今日は仕事を定時で上がって出かけるつもりが、15時を回って2回も呼び出しがかかって仕事がずれ込み、結局17時半過ぎまで残業してスタート。

2000kmも走るのにツーリング前点検をしていなかったので、途中で香西のレッドバロンに立ち寄って整備してもらい、高松東フェリーターミナルに着いたのは出港の20分前。ところが荷役が遅れていて、乗船できたのはちょうど出港時刻。結局10分遅れて高松東港を出港した。

もちろん風呂に入っていないので、フェリーの船内の風呂に入ろうと思っていたら、なんとボイラーが壊れて入れない…。まだ会社の制服のままだし、風呂は入れないし、さあどうしよう…。

とりあえず晩ご飯にカレーうどんを食べて、考えます。
| SHO | 携帯から | 19:55 | comments(0) | - |
香川〜仙台、弾丸ツーリング前日
明日は弐号機で出勤して、会社帰りにそのまま仙台へ向かう。往路は900km、復路は1100kmをそれぞれ1日で走り切る弾丸ツーリング。土曜日は仙台で泊まって、日曜日の夜には香川に帰ってくる。

距離を考えるだけで、緊張するけどワクワクする。たった2日で2000kmを走るなんて、ワクワク以外の何物でもない。だってバイクに2日で2000kmも乗れるんですよ?明日の夜スタートと考えるとワクワクする…。

今日は会社帰りに、大学のサークルに持っていくお土産を買いに行った。四国交通の記念乗車券とかではなくて、丸亀名産のお菓子だけど。

なぜ四国交通の名前が出てくるかと言うと、うちのサークルは鉄道研究会と言いながら狭隘路線バス好きが多いのだ。四国交通ってのは徳島県の阿波池田を拠点にするバス会社で、狭隘バス路線の宝庫として有名なのだ!かつてOB有志が「四国の神様」という自主制作映画?(観光バスを借り切って、大型二種持ちのOBが運転して四国交通の狭隘バス路線を走り回った映像集)を作ったことがあるくらい。

そして、鉄研会員&OBに絶大な人気を誇る(?)四国交通エリアの、一番近くに住むOBという不名誉な称号を私は持っているわけでして…。鉄研会員&OBのみなさんに「お前は狭道好きだから四国交通エリアの近くに住んでいる」って言われてしまうのだ。文句は私の勤務先に言ってください…。
| SHO | 携帯から | 20:20 | comments(0) | - |
3月の雪
夜中に起き出してパソコンを使おうとしたら、タッチパッドの調子がおかしい。

もう寿命間近と感じて、バックアップ用の外付けハードディスクにバックアップを取っている。特に重要なのはメールと音楽データとマイドキュメントとブラウザーのお気に入り。

メールはAl-mail32というシェアウェアのソフトを、もう12年も使っている。大学の研究室の標準ソフトだったのだけど、Windows98時代のソフトなので軽いし、余計な機能はついていないし、何台もパソコンを乗り継いで今も使い続けている。大学の研究室のアカウントのメールが今でも残っていたりする。

その大学に、大学を中退してから6年半ぶりに今週末、行ってくる。気がついたら休学してから8年半、社会人に復帰してから間もなく7年、今の会社に入って4年が過ぎている。一時はどうなるかと思ったけど、なんとか無事に正社員やっています。

今日、会社の上司と駐輪場まで歩きながら(今の部署はスタッフ全員が二輪免許持ちで、1人を除く全員がバイク通勤なのだ!)、今週末は金曜日の晩に会社からそのまま出発して、バイクで片道1100kmを走って仙台まで大学の学祭を見に行ってくることを楽しげに話しながら、そんな話ができるなんて幸せだなぁ〜と思っていた。

やっと、笑って大学に行ける。

大学時代は辛くて情けなくて、散々苦労した挙げ句に卒業できなくて、今も同じ思いは二度としたくないのだけど、大学時代のサークル仲間とは今も続いている。

伝統ある大学鉄道研究会に名を連ねられたし、大学短歌会の仲間の多くは今も短歌界の第一線で活躍中。私は鉄道でも短歌でもない分野に行っちゃったけど、大学時代から狙っていた、バイクで日本一周というプロジェクトをようやく完結させた。

槇原敬之の「君は誰と幸せなあくびをしますか。」というアルバムに「3月の雪」という曲がある。この曲を聞くと大学時代を思い出す。もう二度と同じ生活をしたくはないけれど、大学生活というものを体験できたのは貴重な思い出。
| SHO | 携帯から | 03:50 | comments(0) | - |
岬の釜揚げしらす丼

会社帰りに今治まで散髪に行って、石鎚山サービスエリアで「岬の釜揚げしらす丼」の夕食。美味しい!
| SHO | 携帯から | 22:14 | comments(0) | - |
サイコロ6
本当は日帰り信州ツーリングに行くつもりだったのだけど、風邪気味なので布団の中。「水曜どうでしょう第18弾」の「サイコロ6」を見ている。面白いなぁ〜。
| SHO | 携帯から | 20:49 | comments(0) | - |
具定展望台

新居浜から別子ラインを走り、法皇トンネルを抜けて具定展望台にやってきた。

通過したことはあるけど、ここに立ち寄ったのは初めて。日本夜景遺産に登録されているなんて知らなかった。

夜景はきっと綺麗なんだろうな。今日はやめとくけど、今度は夜に来てみよう。

ゆっくり走りながら、今日はライディングフォームの矯正をしていた。1日1000km走って左手に激痛が走るということは、左手で無意識のうちにハンドルを押さえている証拠。左手を完全に離して、ゆっくり走りながら100%体重移動だけで車体を曲げる練習をしていた。

ゆっくり走ると、スーパースポーツの形にはタンクの形もシートの形も全て意味があって、正しいポジションで乗って初めて意味があることが分かった。

左右カーブとも完全に下半身だけで車体をホールドできるようになると、ハングオンの体勢のままで自由に車体を操れることも分かった。左へハングオンしながら右に曲がることも、その逆もできる。

正しいポジションで乗らないと体がしっくり安定しないけど、正しいポジションで乗れればバイクが完全に言うことを聞いてくれる。登りだろうが下りだろうが関係ない。

要するに今までが下手だった、ってこと。無意識のうちに左手に負荷がかかっていたのだろう。
| SHO | 携帯から | 17:15 | comments(0) | - |
日なたぼっこ

今日は新居浜で今年最後のヨットレース。普段の艇のスキッパー(新卒時代の上司)が今日は息子さんのヨットレースで九州に行っているので、私は別の艇のクルーで乗り込むはずだったのだが…。

ヨットハーバーに8時集合と聞いていたので、朝からR6でワインディングを走って8時前にヨットハーバーに行ったら、誰もいない(・・?。ヨットもいない…。

電話したら、7時集合の8時レース開始だって!そんなの聞いてないゾ!

昼食も頼んでいるし、仕方ないのでヨットハーバーで日なたぼっこ中。たまっているツーリングレポートでも更新しようかと思ったら、こんな日に限ってパソコンを持ってきていない!暇つぶしの携帯の使いすぎで、電池がもうあんまり残っていない…。

ヨットハーバーの芝生では結婚式をやっている。ヨットハーバーのレストランは美味しいので、たぶん披露宴に使うはず。今日の昼食は弁当だな。おかずは何だろう…。
| SHO | 携帯から | 11:41 | comments(0) | - |
秋らしい

最近、秋らしい日が続いている。
以前住んでいた愛媛県の西条市と比べても、香川は全然雨が降らない。台風も来ないし、これじゃ水不足になるのも納得。今年は水不足じゃないけど。

「シティーハンター」が好きな私は、この季節になるとTM NETWORKの「still love her」をよく聞く。夕焼けの高い空を見ながら聞いていると、冬が近いんだなぁと思う。

昨年は夏が長引いて一気に冬に変わったので秋がなかったのだが、今年は秋の空気を存分に楽しんでいる。ひんやりした透明感のある空気が大好き。

今の部署に異動してから2ヶ月。最初は免除されていた日曜出勤がそろそろ始まりそう。来週末は香川から弾丸ツアーで安房峠〜ビーナスライン〜麦草峠を日帰り1100km、11月初頭は同じく仙台まで1泊2日で往復しようと思っていたのだが、どちらも日曜出勤で中止になるかもしれない気配…(泣)。
| SHO | 携帯から | 12:31 | comments(0) | - |
結婚について
日本一周が終わってから、次の目標は?と聞かれることはほとんどないのだけど、よく考える。

目前に迫った目標としてはR6のオドメーター100,000kmというのがあり、残り17800kmまで迫っている。日本一周が終わって、さらにペースが上がっているように感じるのは気のせいではないだろう。

それとは別の問題として考えないといけないのは、結婚のこと。

今の仕事は人間関係が良好なこともあり、「自分の人生のグランドデザインをどうするの?どうしたいの?」と考える。考えないといけない。無理に波乱を起こす必要はないけど、今が快適だと忘れがちになる。今の部署は自分のグランドデザインとは違う、ということを。

結婚したら関東(できれば群馬)に帰るか、北海道に移住するか、そうでなければ海外が良い、と言ってきたし、それは嘘じゃない。関東に帰った方が良いのでは…と考えることは今もある。

私は結婚もしたいけど、旅人をやめるつもりは一生ない。日本一周の制約が外れた今、旅したい気持ちは逆に高まっている。日本一周が終われば少しは収まるかと思ったら、とんでもなかった。

ひとりでも旅を十分楽しめるけど、気の合う人が一緒ならもっと楽しいんだろうなぁ、と思うけど、それは理想論かもしれない。考え過ぎると動けなくなるけど、旅は気の合う人と2人なら、もっと楽しいんだけどな。

左手の故障も、将来について考える原因のひとつ。バイクに対しては、乗れる寿命を極力引き伸ばすつもりでいるけど、仕事として船に戻ることは、果たしてできるのだろうか?

自分が数ヶ月前に描いていたグランドデザインを揺るがすことが今いくつも起こっている。結婚に対する大きな動きは今のところないのだけど、「結婚したいか、したくないか」では、間違いなく私は結婚したい。
| SHO | 携帯から | 22:12 | comments(0) | - |
レッドバロンで
一昨日は今治の帰りに新居浜のレッドバロンに里帰りして弐号機のオイル交換を行い、半額セール最終日のミスタードーナツに寄ってから無事に帰宅した。

金曜日の仕事帰りに今治まで往復したのと合わせて、534kmほど走った。オドメーターは82200kmほど。先週末と合わせると1300km弱走っている。9月の走行距離は2300kmほど。

レッドバロンで話をしていて、私が日本一周したことは当然知っているのだけど、弐号機が47都道府県に全て行ったことがあるのは知らなかったらしく驚かれた。「バイク馬鹿」「気違い」「クレイジー」(←全部褒め言葉)なんだそうだ。

バイク以外に鉄道でも47都道府県制覇しているので、私はあんまりすごいとは感じないのだけど、意外にも担当のメカニックの方は四国から出たことがないそうだ。四国から出たことがない人にとっては、全都道府県制覇は驚きなのかも。

私もR6弐号機を買って3年6ヶ月で65000km。距離では大したことないけど、日本一周は既に終わっている。全都道府県制覇の最大の難関である沖縄も既に走っているけど、日本一周したとはそういうこと。培倶人のアンケートでは全都道府県制覇した人の割合は0.46%だけど、日本一周の達成者限定で同じアンケートをしたなら、かなり高確率で全都道府県制覇しているだろう。

全都道府県制覇してそうな人は私も自分以外では2〜3人しか知らない。彼らは全員がバイクで日本一周しているから、全都道府県制覇もたぶんしていると思うのだけど…。いずれにしても全員がそれなりに経験のあるバイク乗りだろう。

私は基本的に1kmでもたくさん走りたい方。走行距離には相当こだわっている。今月中旬には先月行けなかったビーナスライン&麦草峠日帰り、11月初頭には仙台まで1泊2日など考えているとワクワクする。R6は本来そういうためのバイク。

積算走行距離、1日の最大航続距離、タイヤの使い方から見て、私はもう技術的に完成しているらしい。それでも私は速いライダーではないし、まだまだ乗り方には発見がある。昨日も腰をずらしてカーブを曲がる時に、どこにどう着座すればしっくりと楽に曲がれるのか、今まで気づかなかった発見があってなるほどと思った。

日本一周したからすごい、47都道府県制覇したからすごい、というのはある意味では本当だし、旅人としての誇れるタイトル。でも、月並みな感想だけど、日本一周してみて自分がまだまだ日本を知らないと感じる。そして技術的にも私はまだまだ下手だと感じる。

ひとつ大きな山の頂上まで行ったら、今まで登ってきた山よりももっと大きな山があった、みたいに思うのだ。
| SHO | 携帯から | 12:44 | comments(0) | - |
十円寿司

今治に来たので、初めて十円寿司に来ている。25カンで250円に、お吸い物が200円。安〜い!でも味は美味しい。
| SHO | 携帯から | 17:46 | comments(0) | - |
大判やきそば弁当!

近所のローソンで北海道フェアをやっていたので買ってきた。

北海道行きたいな〜!クライマックスシリーズの第2ステージでも見に…。
| SHO | 携帯から | 12:29 | comments(0) | - |
釜たまうどん
8月に異動してから、仕事で車やトラックを運転することが増えた。

免許上、社用車では最大の4トントラック(マニュアル車)も運転できるので、主にトラック運転手として近所を走り回っている。今の若い人は普通自動車免許なので、4トントラックは運転できない。今の若い人が大きくなったら、社用車の4トントラックは3トントラックに置き換わるのだろうか?

今日は珍しくオートマの軽自動車に荷物を積んで運転していたら、運転が楽〜♪本当に下駄代わりって感じがする。加速は悪いし、とても高速に乗ってどこかに行こうとは思わないけど、街乗りには便利。

ちょうど出先でお昼になったので、近所のうどん屋さんで昼ご飯。釜たまうどん美味しい〜!みんな作業服姿でうどんをすすっていると、香川県に住んでいるんだなぁ〜って感じがする。
| SHO | 携帯から | 12:34 | comments(0) | - |
無事帰宅
昨日は9時前に無事帰宅した。週末に走った距離は750kmちょうど。左肘を故障して初めてのツーリングとしてはよく走ったけど、普段よりずっと疲れた。

左腕の筋肉が硬直しているから痺れるのか、痺れるから筋肉が硬直するのか分からないけど、いずれにしても痛い。休憩して走り出した直後が一番痛くて、20〜30分走ると落ち着いてくる。

750kmも走れたことは良かったけど、痛みをこらえながら走る今の状態で、1日1000kmは正直しんどい。先週末は真剣に「もう弐号機に乗れないのでは…」と考えたし、今も将来そうなる危険が去ったとは言えない。オートシフター付きのSSに乗り換えなきゃダメかな、くらいなら可愛いけど…。

これ以上悪化するならMRIを撮ることになるらしいんだけど、頸椎の椎間板ヘルニアがどうなっているのか、余談を許さないなぁ…。

不安を一言で言えば、「近い将来、バイクに乗れなくなるかもしれない。どうしよう?」ってことなのだ。
| SHO | 携帯から | 06:45 | comments(0) | - |
津和野

久しぶりに津和野に来た。道が以前よりもスッキリした感じがするのは、電線が地下に埋められたからかな?今日はワインディングには振られっぱなしなんだけど、R187に抜ける県道226に期待。
| SHO | 携帯から | 14:24 | comments(0) | - |
角島大橋

角島大橋に着きました!晴れた角島大橋は初めてだけど、最高!
| SHO | 携帯から | 10:35 | comments(0) | - |
シーサイド!

柳井で上陸して、R188を徳山に向けて走行中。高専時代から何度となく走ってるけど、やっぱりここの景色は最高!
| SHO | 携帯から | 07:53 | comments(0) | - |
大島へ

昨日は4年間通った松山の居酒屋「いずみや」が閉店、移転するので飲みに行った。20人近い大集団でお店の半分を占領しての大宴会、楽しかった〜。私は今週が誕生日なので、祝っていただきありがとうございました。

午前2時まで飲んでから私は三津浜港へ。フェリーターミナルのベンチで2時間ほど仮眠したら、寝過ぎて危うく乗り遅れる手前だったのだけど無事に朝5時発の柳井行き始発フェリーに乗った。

左腕全体の痺れと左肘の痛みは消えていないのだけど、我慢できないほどではないので今日は弐号機での出撃。今は痛くても、左腕をなるべく使わないといけない。左腕はもう治らないと知っているけど、バイクに乗れる寿命をできるだけ引き伸ばしたい。
| SHO | 携帯から | 05:46 | comments(0) | - |
TM NETWORKと東京
もともとTMN好きな私。渡辺美里も好きで、どちらも20年以上聞いているから、当時のソニーには頭が上がりません…。

とあるブログの影響で、また最近TMNを聞いている。すると、80年代後半〜90年代前半の空気が今でも蘇る気がする。

アニメ「CITY HUNTER」のエンディングに使われていた「get wild」とか「still love her」の歌詞や、聞いていると浮かんでくる景色が好きなのだけど、「CITY HUNTER 3」のオープニングだった小室哲哉の「running to horizon」も好き。

TMNの当時の曲って、近未来を示しているように聞こえる。その印象は今でも変わらないけど、当時から見れば近未来のはずの2010年代に聞いてもやっぱり「近未来」に聞こえる。

でもやっぱり、CITY HUNTERのオープニングはPSY.Sの「ANGEL NIGHT〜天使のいる場所」がベストだなぁ、なんて思いながら主題歌集「dramatic master」を聞いている。

秋の夕暮れを見ながらの退勤時、「STILL LOVE HER」を聞きながら切なくなった。毎年冬が近づくと聞きたくなるけれど、私もこの歌の歌詞と同じように、今は東京から遠く離れた地方都市に暮らしている。東京に住みたいわけじゃないけれど、私にとって遠くにいて思うべきhometownと言えば、今は東京。

話を最初に戻すと、TMNの音楽は私にとっては東京そのもの。東京にはたくさんの切ない思い出があって、昔も今もキラキラしている。いつも一緒にいたいわけじゃないけれど、私にとっては大事な場所。TMNの音楽を聞いていると、東京の景色が目に浮かんでくる。
| SHO | 携帯から | 22:59 | comments(0) | - |
幸せについて

ただいま駐車場で門番中。

ミュージックフェスタが始まったのだけど、離れているので遠くにしか聞こえない。でもボランティアが好きなのと屋台の食べ物目当てなので問題なし。

さっき交代してもらって、献血してから屋台を回ってまた帰ってきた。

フェスタはよく盛り上がっていて、天気も良くて人出もそこそこあって、ヘタウマなバンド演奏やら車の音やら救急車のピーポーピーポーやら聞いていると「涼宮ハルヒの暴走」の「エンドレスサマー」を思い出す。SOS団がその辺を歩いていそうな、いかにも典型的な一地方都市の休日。

こういう平和な時間を人生の幸せって言うんだよな、きっと。何かあるわけじゃないけど、とても平和な一地方都市の休日風景。自分もその風景の一部なんだよなぁ。

私は谷川流の「涼宮ハルヒの憂鬱」のシリーズが小説もアニメも大好きなんだけど、突拍子もない日常を描いているようでいて、実はものすごく普遍的な、読んでいて懐かしくなるような、あるいは「こういう青春時代を送りたかった…」と思うような、どこにでもありそうな時間や風景の描写が多くてそこが好き。だって今ここでSOS団がこの町を歩いていたって、全然おかしくないもの。

なんでもないけど平和な普通の休日風景。それが実は幸せなんじゃないかと思う。今は左腕を故障して弐号機に乗れない私が、普通にバイクに乗れることが幸せだと感じているように、失わないとなかなか気づかない類の幸せかもしれない。

今日の昼ご飯はフランクフルトと今治焼き鳥と塩焼きそばと骨付鳥。なかなか豪華だけど、メニューはさすが今治の影響が強い土地柄やね。四国にいるんだな〜と感じる。
| SHO | 携帯から | 12:26 | comments(0) | - |
ミュージックフェスタ
今日は会社の友人たちと丸亀のミュージックフェスタのボランティア。私は駐車場の担当なんだけど屋台から1ブロック離れている。焼きそばや、かき氷をどうやって食べよう…。
| SHO | 携帯から | 07:40 | comments(0) | - |
痛いっ!
今日は松山で飲み会、のつもりでバイクに乗っていたのだが…。

高速に乗ってすぐに異変が走った。走行風を受けるだけで左肘に激痛が走る。120km/hから徐々に減速して、80km/hまで落としても激痛が治まらなくて、しばらく我慢して走っていたのだが、行っても松山から帰るのが大変なので途中でギブアップ。左肘の痛みと左腕の痺れで高速に乗れる状態じゃないので、一般道で引き返すことにする。

左腕の痺れはしばらく前から病院に通っていて、左上腕部の内側の筋肉が夜中に目が覚めるくらい痛くて今週はずっと接骨院に通っているのだが、まさか左肘が走行風が当たるだけで激痛とは…。

普段からバイク通勤だし、左腕が多少痺れるのはいつものことなので気にしていなかったのだが、走行風に耐えられないほど痛いとはショックだ。
| SHO | 携帯から | 22:40 | comments(0) | - |
次なる旅は…。
今週末は市民音楽祭のボランティアなので、秋だし冬になる前にどこに行こうか検討中。

2泊2日あれば仙台の学祭に行きたい話は書いたけれど、前夜発日帰りでどこか行けないか?というのが今回の趣旨。

帰宅してから地図を開いて、今のところ考えているのはこんなプラン。

土曜日の19時20分高松発のジャンボフェリーで神戸へ。日曜日の午前0時に神戸に上陸。東海北陸道の飛騨清見インターまで300km弱を仮眠込み5時間で走破して高山に午前6時に到着。

安房峠を越えて松本が午前8時半。扉峠からビーナスラインに入り、茅野の手前からR299に入って麦草峠を越えて松原湖でR141に入って野辺山から八ヶ岳高原ラインを走って小淵沢インターに午後1時。

小淵沢から坂出までは600km弱だから8時間半で走破して、計算上は午後9時半に帰宅。たぶん帰宅は10時を回るだろうけど…。どうしても無理なら神戸を午前1時に出る高松行きフェリーで帰ればいいし、状況によっては松本または茅野で切り上げても良い。

走行距離は、全区間なら1100kmオーバー。タイムコントロールに気をつけないと失敗するので、あんまり途中で食べ過ぎないようにしないとね。眠くなったら寝ないといけないし。

ワクワクするなぁ〜。
| SHO | 携帯から | 19:36 | comments(0) | - |
学祭…。
郡上八幡の郡上おどりに参加して、ひとつ夢が叶った先週末。

少し先の話になるけれど、今年は9年ぶりに大学の学祭に行こうかなぁ…、なんて考えている。休みが取れたらだけど。

たぶん休みが取れても11月3日の1日だけなので、前夜発の2泊2日で、いつものように仕事明けに高松からジャンボフェリーで寝て、神戸を11月3日の午前0時にスタートすれば860kmを仮眠込み12時間半で仙台に着く。

どうせ3日は大学の鉄道研究会OBも集まるから、3日の夜ははっちゃけて泊まって、4日の朝に仙台を出発すれば1100kmを16時間で走破して4日中には丸亀に帰れる。我ながら完璧!

なんだか周囲から「アホ」とか「変態」とか言われそうなプランだけど、大マジです。R6弐号機で実行可能なプランであることは、私の経験上で実証済み。

先日、久しぶりに鉄道研究会のホームページを覗いていて、すごく懐かしくなった。大学を卒業はできなかったけど、4年間在籍した鉄道研究会は「卒業」って言っていいんじゃない?今や私も立派なOBだし。鉄研の現役時代は「鬼」認定されていたけれど、今も実力は維持しているつもり。それはどうでも良いけど。

川内キャンパスG-14の部室には今も昔の私みたいな若者が出入りしているんだろう。大いなる時間の無駄遣いなことで、たくさん盛り上がってタムロしているんだろう。私もつかの間、そこに帰りたいだけ。

今は「雪が降ってきたから」なんて理由で夜中にレンタカー借りて峠に行ったりバスの営業所に行ったり、夜景の見える駐車場に行ったら我々以外みんなカップルで肩身の狭い雪景色を見たりしないけど、でも大学時代を満喫していたなぁ、と今になると思うのね。

丸亀から仙台まで片道1000kmも走って弾丸ツーリングなんて馬鹿げているけど、私は精神年齢が大学時代からちっとも変わっていない。鉄道からバイクに乗り換えただけで、やってる中身は9年前から全然変わっていない。

気がついたら私も社会人9年目。社会人になったからできることもあれば、学生だからできたこともある。大学自体に愛着はそんなにないのだけど、半世紀も続く伝統ある大学鉄研のOBであることに愛着はすごくある。

だから、9年ぶりに部室に行きたいな〜、と思うのだ。
| SHO | 携帯から | 20:52 | comments(0) | - |
走り過ぎ?
先月10日から今月9日までの1ヶ月で4951km走っていた。左上腕部の内側の筋肉が痛くて一昨日は夜中に目が覚めたので昨日マッサージに行ったら「走り過ぎ」と言われた…〓
| SHO | 携帯から | 07:44 | comments(0) | - |
無事帰宅
無事に帰宅した。今回は2日間で1002.8km走った。久々の週末1000km超え。今日は701.0km。雨に降られて最後は大変だったけど、楽しかった〜!また来年も踊りに行こう。
| SHO | 携帯から | 23:40 | comments(0) | - |
夕食

御在所で赤福氷に振られたので、甲南パーキングエリアで蓬莱の豚まんとキリンフリーの夕食。前方では稲光がゴロゴロ。草津パーキングエリアまで天気がもちそうにないので、ここで合羽を着よう…。
| SHO | 携帯から | 19:03 | comments(0) | - |
赤福氷

ただいま御在所サービスエリア。楽しみにしていた赤福氷は上り線だけとのこと。せっかくリニューアルしたんだから、赤福茶屋を下り線にも作ってくれればいいのに…。
| SHO | 携帯から | 18:14 | comments(0) | - |
雨宿り

ただいま中央道の神坂パーキングエリア。強い雨のため10台以上のバイクが集結中。私は温かい蕎麦を食べて、これから出発です!
| SHO | 携帯から | 16:20 | comments(0) | - |
風呂上がりはやっぱり

飯田峠を下りて、高速で500km走る前に飯田市の砂払温泉でゆっくり。気持ち良かった〜!そして風呂上がりはやコーヒー牛乳。日本人やね〜!
| SHO | 携帯から | 15:18 | comments(0) | - |
木曽見茶屋

ただいま木曽見茶屋。木曽の谷がよく見える。大平峠のワインディング楽し〜い!
| SHO | 携帯から | 13:33 | comments(0) | - |
きりら巻

ただいま岐阜県中津川市の道の駅きりら坂下。

昼食に、お米の代わりに蕎麦を使った巻き寿司「きりら巻」を食べている。巻き寿司というより、酸っぱいタレの蕎麦を食べているみたい。デザートは蕎麦饅頭にした。

これから飯田峠で中央アルプスを超えて、昨年の夏に茅野から矢筈トンネルまで走った秋葉街道の南半分を走る予定。浜松浜北から高速に乗って丸亀に帰る。

飯田まで行って時間切れになったら飯田から高速に乗るかもしれないけど、いずれにしてもワインディング三昧するつもり。
| SHO | 携帯から | 12:47 | comments(0) | - |
小倉トースト

朝食は小倉トーストのモーニング。カフェオレを頼んだらついてきた。さすが中京地区。

小倉トーストは初めて食べたけど、意外と美味しい。

昨日は踊りの後で高速に向けて帰る車がたくさんあった。岐阜、尾張小牧、名古屋ナンバーがほとんどで、みんな踊ってそのまま家に帰るのかな?ビジネスホテルも昨日は結局満室だったらしいし、街に根付いているんだなぁ〜と思った。

私も、来年また踊りに来たいな〜。踊ってて楽しかったし、郡上八幡の街自体がすごく気に入った。

自然が豊かな場所はいくらでもあるけど、ここは自然と人工物が溶け込んでいて美しい。心が不思議とホッとする。

また来よう。
| SHO | 携帯から | 08:20 | comments(0) | - |
おどり納め

おどり納め終了!疲れた〜。
| SHO | 携帯から | 23:05 | comments(0) | - |
no title

踊りを休憩して屋台の牛串。美味しい!祭りだなぁ〜。
| SHO | 携帯から | 22:25 | comments(0) | - |
郡上おどり本番!

風情あるなぁ〜。「かわさき」から郡上おどりスタート!
| SHO | 携帯から | 19:55 | comments(0) | - |
下駄とTシャツ

浴衣は持ってないし、作務衣は持って来られなかったので、下駄と「I love GUJO」のTシャツを買った。

靴屋のおばちゃんによると、ジーンズで3時間踊るのは大丈夫らしいけど、ライディングブーツで3時間はたぶん足が蒸れて踊れないらしい。それに下駄の音がしないとつまらないんだそうだ。よさこいの鳴子みたいなものか。

郡上おどりにこれから参戦。行ってきます!
| SHO | 携帯から | 18:49 | comments(0) | - |
no title

無事に郡上八幡インター近くのビジネスホテルを予約した。ワインディングを楽しみにしていたのだが、雨なので八幡の市内観光をすることにした。名宝ハムのフランクフルトが美味しい!
| SHO | 携帯から | 10:18 | comments(0) | - |
長良川サービスエリア

ただいま東海北陸道の長良川サービスエリア。

朝食にブルーベリーソフト。本当にブルーベリーの味だった。

もうすぐ郡上八幡に着くけど、観光協会に直行して早く宿を探さなきゃ…〓昨日は取れなかったので、今日は郡上八幡まで直行にしたのだ。
| SHO | 携帯から | 08:51 | comments(0) | - |
80000km!

ただいま名神高速の黒丸パーキングエリア。

R6弐号機が80000kmを達成!こうしてバイクで走り回れるのは本当に幸せ。これからもよろしく〜!
| SHO | 携帯から | 07:28 | comments(0) | - |
雨中走行
今日は夕方前から伊予三島〜あじさいライン〜別子ライン〜新居浜〜今治と走った。

レッドバロン新居浜で現在のタイヤ、ブリヂストンS-20のレビューと、6月から7月にかけての弐号機のオーバーホールの結果報告をした。

ガタガタという車体の振動はリヤタイヤのベアリングが原因で、タイヤ交換と同時にリヤタイヤのベアリングを交換したら直ったこと。S-20は簡単にタイヤの端まで使い切れるので自分の実力を勘違いしやすい、という話とかドライグリップは申し分ないけどレイングリップが悪くて路面が濡れていると神経を使うという話、私にはBT-016の方が用途として合っているので、次はブリヂストンBT-016プロにしようと思っている、という話など。

私のリヤタイヤは溝の角が削れて丸くなっていて、コーナーリング中もアクセルを開けて走っていることが分かるらしい。事実、コーナーの立ち上がりは50〜60km/hでも、エンジンの低回転からのトルクカーブの立ち上がりを使うために3000〜4000回転を使い、4〜5速のスロットル全開なのだけど、その走り方はmoto GP譲りの最新の走り方なんだとか。その方がトラクションがしっかりかかって安全だし、加重してリヤタイヤをしっかり潰せば低い速度でもタイヤを端まで使い切れる。いいことづくめだ。

そんな話をしてから今治で野球談義をしながら散髪して、ただいま石鎚山サービスエリア。西条、新居浜と大雨らしいので、合羽を着て走らなきゃ…。
| SHO | 携帯から | 22:27 | comments(0) | - |
富郷ダム
ただいま三島から新宮、そして別子へと走行中。富郷ダムすごい!
| SHO | 携帯から | 17:12 | comments(0) | - |
祖谷渓

京柱峠から下りてきた時点で16時半だったので、剣山に行くのは諦めて祖谷渓に来ている。

だいぶ久しぶりに来たけれど、相変わらず狭い!でも舗装の状態は京柱峠とは比べものにならないくらい良くて、はるかに走りやすい。

おなじみの小便小僧で写真をパチリ。日没までには祖谷口に抜けられるだろう。
| SHO | 携帯から | 17:33 | comments(0) | - |
京柱峠

京柱峠に着いた。

これほど峠の両側が切り立ってはっきり見える峠も珍しい。徳島県側は外界と隔絶された、まさに秘境だ…。
| SHO | 携帯から | 16:02 | comments(0) | - |
大歩危峡

ただいま大歩危峡の「west-west」に着ている。

午前中に用事が終わったので、弐号機で出てきたんだけど、睡眠不足で体調が悪かったので、雨宿りを兼ねてここで昼寝した。

昨日は松山で夜中の1時まで飲んでいた。途中で仮眠しながら朝の5時前に丸亀に帰って、仮眠して風呂に入って朝ご飯を食べて、朝9時過ぎには用事に向かっていたんだから、そりゃあ疲れる。連続2時間も寝てないもんね。

寝ている間に雨が通り過ぎたので、京柱峠に行ってきます!
| SHO | 携帯から | 14:46 | comments(0) | - |
郡上八幡

ただいま郡上八幡。来たいとずっと思っていた街だけど、期待通りの街。

吉田川の流れが気持ちいい。今日は郡上おどりとかで、本当は泊まりたいのだけど、明日は仕事なのだ…。

天気が明らかに悪くなりそう。数キロ先で雨が降っている。早く脱出しよう…。これから高速に乗ります。
| SHO | 携帯から | 16:18 | comments(0) | - |
分水嶺公園

ひるがの高原の分水嶺公園に来ている。

庄川と長良川の分水嶺なんだとか。スキー場が見える。いいなぁ!

高原牛乳ソフトクリームが美味しい。カフェオレも。空がゴロゴロ鳴っているので、早く行かなきゃ。

白川郷、庄川村と雨に降られているけど、新しいタイヤ、ブリヂストンS-20はウエットグリップが弱くて怖い。ドライグリップは申し分ないのだが、何度かウエットコンディションで後輪をズルッと持って行かれた。ツーリング用に、BT-016を再生産してくれないかなぁ…。
| SHO | 携帯から | 15:02 | comments(0) | - |
白川郷は雨

世界遺産の白川郷にやってきた。

なのだけど、着いて5分もしたら土砂降りの雨が降ってきた。高速では合羽を着ていなかったから、ギリギリ間に合ってラッキー。

お昼なので、飛騨牛コロッケを食べて五平もちを食べて、飛騨牛の串焼きを食べる。美味しい。

でも、この天気で観光できるのかな〜?
| SHO | 携帯から | 13:13 | comments(0) | - |
夏の日本海

ただいま北陸自動車道の米山サービスエリア。

眠くて仕方なかったので、20分ほど寝てスッキリした。夏の日本海がきれい!
| SHO | 携帯から | 09:15 | comments(0) | - |
笹川流れ

ただいま新潟県村上市の笹川流れ。

昨日は山形県の鶴岡に泊まり、今日は丸亀まで1000kmを一気に走って帰る。

鶴岡〜村上のR7〜R345笹川流れは、私が日本中で一番好きな道。今日は粟島がよく見える。

さて走りますか!
| SHO | 携帯から | 05:52 | comments(0) | - |
焼き肉、冷麺

ただいま花巻パーキングエリア。

今日は朝から盛岡で、今春に定年退職した同僚の家に遊びに行っていた。スッゴい高級マンションで、盛岡の街を一望できた。岩手山が見えなかったのが残念.

昼食は焼き肉と冷麺をごちそうになった。美味しかった!
| SHO | 携帯から | 14:53 | comments(0) | - |
八幡平樹海ライン

昨日は盛岡駅前の旅館に泊まった。

今日は朝から職場の元同僚と会う約束なのだけど、早く起きたので八幡平まで走りに来た。

八幡平アスピーテラインは小雨→雨→濃霧と変わり、見返峠は強風と濃霧で何も見えなかった。樹海ラインは雲の下まで下りて来ると、岩手山がよく見える。頂上は雲で隠れているけど。

晴れてなくても、自然の真っ只中を貫くアスピーテラインと樹海ラインは気持ちいい。まるで北海道を走っているような景色がずっと続く。

ワインディングも楽しい。路面は完全ウエットコンディションなのにタイヤが乾いているから、タイヤが温まっているんだろう。これで路面がドライコンディションだったらもっと良いけどね!
| SHO | 携帯から | 07:30 | comments(0) | - |
牛タン定食

ただいま菅生サービスエリアで牛タン定食1.5盛の晩ご飯。

牛タン、とろろ麦飯、テールスープのいわゆる「牛タン定食」を食べるのは6年ぶり。宮城県に来ること自体が6年ぶりだ。美味しい〜!

本当は消化に時間のかかる肉料理は長距離走行中は良くないんだけど、牛タン定食の誘惑には勝てなかった。牛タン大好き!
| SHO | 携帯から | 19:20 | comments(0) | - |
青根温泉

川崎町の青根温泉に入った。

ここは9年前に初めての原付ツーリングで来た場所。当時は50ccだったのが今は600cc。そりゃ共同浴場の建物も建て代わるんだね。

さて、盛岡まで走りますか!
| SHO | 携帯から | 18:31 | comments(0) | - |
小坂峠

羽州街道の小坂峠に来ている。

仙台に住んでいた頃、原付で福島県と往来する時の常用ルートだったのだけど、9年ぶりに来ると何も変わっていなかった。景色が良いのも相変わらず。

宮城県の下道を走るのは二輪の免許を取って初めて。R6弐号機にとっては、47都道府県目に訪れた県になる。
| SHO | 携帯から | 16:31 | comments(0) | - |
塩バニラ

磐梯吾妻スカイラインの浄土平で塩バニラを食べている。なるほど塩とバニラの味なんだけど、美味しい!

バイクの数が多くてビックリ。みんな走りに来ているのねぇ…。
| SHO | 携帯から | 14:59 | comments(0) | - |
きゅうりの浅漬け

千葉の実家を出て、帰途についた。

ただいま東北自動車道の安達太良サービスエリア。きゅうりの浅漬けが美味しい!
| SHO | 携帯から | 13:34 | comments(0) | - |
再会
今日は朝から父と江戸川の川辺に行き、帰ってからお墓参りに行き、そのまま鉄道ファンの聖地「書泉グランデ」に行ってツーリングマップルの全国版を買い(あれ?)、それから立川へ。

私に弐号機を売った人がレッドバロンの立川店にいて、久しぶりに会いに行ってきた。もちろん喜んでもらえたのだが、買ってから3年4ヶ月で約6万km、日本一周達成というと、喜ぶというより呆れられた。日本を一周するなら、普通はネイキッドかツアラーだって。スーパースポーツで日本一周した人は聞いたことがないそうだ。

世の中に1日1000kmを実現するなら他にツアラーはあるだろうけど、正しい乗車姿勢で乗り続けなければならないスーパースポーツで1000km走ることに意味があると私は思っている。私は自分の運転の才能のなさにコンプレックスを持っているから。

スーパースポーツは、正しい乗車姿勢で乗れば長距離が一番楽なバイクだと思うけど、正しい乗車姿勢で乗り続けられなければ一番キツいバイクのはず。私は長距離乗っていて実際に楽だけど、ダラダラ乗ったら弐号機は今でも私に牙を剥く。たちまち腰が痛くなる。

だからこそ、私は乗る価値があると思っているんだけどね。

大型免許を取る時、私は10時間で普通は取るところに20時間かかり、しかも本検で1回検定中止になっている。そういう人でもスーパースポーツに乗れるんだ、実際に日本一周できるんだ、というのは、免許取るのに今苦労している人、挫折しようとしている人にとって、すごく励みになる、と言われて嬉しかった。

今日はこれから、私に自転車の日本一周号を売った店員さんと飲みに行く。楽しみ!
| SHO | 携帯から | 20:15 | comments(0) | - |
鴨川あじの漬け丼

ただいま館山自動車道の市原サービスエリア。

今日は、いや昨日の夜からまともなご飯を食べてないので、あじの漬け丼を食べている。美味しい!

それにしてもお腹減った〜。
| SHO | 携帯から | 21:04 | comments(0) | - |
日本一周達成!

18時50分に久里浜港に着いた。

自転車&バイクの日本一周、1998年4月から14年4ヶ月かかりましたが無事達成です!

みなさん、ありがとうございました!特に旧NIFTY-serveのFCYCLETとFTANKAから続いているみなさんには、自転車日本一周の構想時点からの応援を深く御礼申し上げます。

久里浜港の到着直前、絶対に泣くだろうなと思っていたのだが、涙は出なかった。イヤホンから流れていた曲が曲だったからか。

到着する時には、絶対にこの曲をかけようと思っていたのが、樋口了一の「1/6の夢旅人2002」。特に2番の歌詞が好き。


ひとりきりではできないことも
タフな笑顔の仲間となら乗り切れる
たどり着いたらそこがスタート
ゴールを決める余裕なんて今はない
誰かを愛することが何かを信じ続けることが
何よりこの体を支えてくれるんだ

世界中を僕らの涙で埋め尽くして
疲れきった足元からすべて凍り尽くしても
いつの日にかきっとまた南風が歌い出す
そんな風にそんな風に僕は笑いたいんだ
笑っていたいんだ


歌詞を書いているうちに泣けてきた。涙が止まらない。14年間長かった…。そして何より、重かった。
| SHO | 携帯から | 19:35 | comments(0) | - |
剣崎灯台

日本一周最後の灯台、剣崎灯台に到着した。なんか寂しい灯台で、駐車場すらない。

間もなく日本一周が終わる。日没までに久里浜に着けるだろうか。
| SHO | 携帯から | 18:22 | comments(0) | - |
鎌倉高校前

ただいま国道134号の鎌倉高校前。大渋滞!
| SHO | 携帯から | 15:05 | comments(0) | - |
大観山

ただいまターンパイクの大観山レストハウスでソフトクリームを食べている。大観山は2年ぶり。

芦ノ湖もよく見えて、なんか日本一周の最終日にふさわしいなぁ。小田原から先は、きっと渋滞との戦いなんだろうけど。

伊豆スカイラインの南側まで、ずっとウエットコンディションだったのに、タイヤを見たら消しゴムの削りカスみたいなものがたくさんついている。

今回からタイヤの銘柄を同じブリヂストンでもBT-016からS-20に変えたのだけど、こんなに溶けてライフは大丈夫なんだろうか?
| SHO | 携帯から | 14:01 | comments(0) | - |
玄岳駐車場

完全に雲が上がった。伊豆スカイラインすごい!
| SHO | 携帯から | 13:19 | comments(0) | - |
多賀パーキングエリア

伊豆スカイラインもなかなか海が見えなかったけど、多賀でようやく見えた!
| SHO | 携帯から | 13:10 | comments(0) | - |
天城越え

ただいま道の駅天城越え。さっき旧天城トンネルを峠越えした。

道の駅では、わさびソフトとしいたけコロッケを食べた。どちらも美味しい☆

湯ケ島から伊豆スカイラインに入るけど、天気は大丈夫かなぁ?天城峠の南側は、かなり雨だったのだ。北側は雨の痕跡もないけど。
| SHO | 携帯から | 11:26 | comments(0) | - |
石廊埼

石廊崎に行った。かつてのジャングルパークが休園して、本物のジャングルになっている道を20分ほど歩いて岬の突端へ。

石廊埼灯台は入れなかったけど、突端の石室神社に役行者像が、熊野神社には素戔嗚尊が祀られていてビックリ。私の行くところに修験道ありだな…。
| SHO | 携帯から | 09:05 | comments(0) | - |
波勝崎

波勝崎に直接バイクでは行けないので、夕日ヶ丘休憩所から眺めて、行ったことにする。

今日が最終日。岬に行くたびに、残りの岬が減っていく。
| SHO | 携帯から | 07:38 | comments(0) | - |
やどかりの家

昨日は結局、南伊豆町のライダーハウス「やどかりの家」に泊まった。日本一周の最終宿泊がライダーハウスとは、意図していなかったけどなんて私らしい…。

本来はもう営業していないらしいのだが、宿主さんがたまたま今いて、私がライダーなので、泊めていただいた。助かった。宿泊客は、当然私だけ。

もっともすごい山奥で、たどり着けないライダーも多いとのこと。実際、濃い霧の中を時速20kmで延々と夜間走行していると、ヘッドライトを増設する前だったら私も諦めたかもしれないと感じた。光が吸収されて、何も見えないのだ。

ワインディングを夜間走行するために増設した弐号機のヘッドライトだけど、存分に能力を発揮してくれて、良かった…。照射能力、照射角度ともオリジナルのR6とは格段に違うのだ。

今日が日本一周の最終日。行ってきます!
| SHO | 携帯から | 07:01 | comments(0) | - |
十割そば

ただいま道の駅富士。

眠くなったので昼寝して、十割そばとシラス丼を食べながら今日の宿泊先を探すのだが、「全国安い宿情報」を家に忘れるという痛恨のミス。西伊豆のユースホステルが2軒とも閉館したという衝撃の事実も発覚し、かなりピンチです!

強い雨に降られて用宗で1時間近く雨宿りでタイムロスし、昼寝と昼ご飯と雨宿りで富士でも1時間近いタイムロス。ちょっとヤバくなってきたぞ…。
| SHO | 携帯から | 14:54 | comments(0) | - |
御前崎に到着!

御前崎に着いた。さっき灯台にも上がってきたのだが、地球が丸く見える。海から見たことはあるけれど、来たのは初めて。

オーストラリアのメルボルンから来た、日本人の奥さんが里帰りのご夫婦と話した。夏休みが一週間と聞いて「too short!」と驚かれた。私もオーストラリアに行きたいなぁ〜。

そう言えば、「アウトライダー」のとある号の表紙を飾ったアングルが御前崎灯台からのものなのを発見。なるほど、この道だったのね…。
| SHO | 携帯から | 11:01 | comments(0) | - |
中田島砂丘

中田島砂丘にやってきた。鳥取砂丘、吹上浜にも行ったけど、あともう一カ所どこだっけ?

ここはサーフィンスポットらしい。気持ち良さそう!
| SHO | 携帯から | 08:42 | comments(0) | - |
とろろ定食

R1沿いのコンビニ併設の定食屋「天神屋」で、とろろ定食の朝ご飯。

いよいよツーリングマップル関東甲信越が登場。旅だなぁ〜。
| SHO | 携帯から | 08:14 | comments(0) | - |
道の駅潮見坂

ただいま浜松の西側、潮見バイバスの道の駅潮見坂。これから浜名バイバス経由で御前崎を目指す。

ご家族4人で2台のバイクに分かれてツーリング中のご家族に会った。お父さんに「なんて羨ましい」と言ったら「ひとりの方が、よっぽど羨ましいですよ〜」と言われた。

奥さんも2人の娘さんも美人で、ある意味で男の夢の実現だと思うけど…。実現したら、それはそれで大変なのかな?お父さんとお母さんでバイクの免許を取って、家族旅行でバイクツーリングなんて憧れるけどな〜。
| SHO | 携帯から | 07:29 | comments(0) | - |
大垣駅前到着!

大垣駅前に戻ってきた。

14年前と何かが変わった印象はないけど、だからこそ駅前で自転車を組み立てていた22歳の自分の姿が目に浮かぶ。

やっと戻ってきた…。嬉しい。

でも昨晩今晩と3時間ずつしか寝ていないので、眠い。
| SHO | 携帯から | 03:39 | comments(0) | - |
関ヶ原

ただいま岐阜県の関ヶ原。

関ヶ原インターで高速を降りて、これから日本一周本番のスタート地点、大垣駅前に向かう。

日本一周のスタート&ゴール地点は神奈川県の久里浜港だと書いた。それは間違いではないけれど、実は自転車日本一周の本番前に久里浜〜銚子の房総半島一周でトライアルをやっていて、自転車日本一周の本番は大垣がスタート地点。

前半戦は大垣から敦賀に抜け、日本海岸を北上して北海道を一周して銚子まで。後半戦は大垣から南下して四国、九州を経由して鹿児島県指宿まで走っている。そしてバイクで大垣駅前には、まだ帰っていない。

1998年5月以来、14年3ヶ月ぶりに大垣へ。
| SHO | 携帯から | 03:10 | comments(0) | - |
夕食

地元のホカ弁屋のカキフライ弁当を食べながら、フェリーの出港を待っている。

長距離フェリーだったらビールでも飲みたい気分。久しぶりに旅だなぁ〜。
| SHO | 携帯から | 19:08 | comments(0) | - |
さぁ夏休み!

懸案だった異動も果たして、夏休み前の仕事は終わり。今日は仕事帰りに高松からフェリーで神戸へ。

いよいよ夏休みです!日本一周最終章、スタート!
| SHO | 携帯から | 17:36 | comments(0) | - |
マニュアルトラック運転
今日は朝から丸亀のフラダンスのフェスタの裏方のボランティアで、さっきまで働いていた。

たぶん2年ぶりにマニュアル車(しかもトラック)を運転したら、最初はガックンガックンやっていたのが、一回駐車場で練習して感覚を思い出したら大丈夫になった。

愛媛時代の人が聞いたらビックリするだろうなぁ〜。愛媛にいた頃に、社用車での出張を「車の運転は恐いからヤダ!」と渋って、渋って渋った挙げ句に工場内で社用車をぶつけてしまい、「アイツに車を運転させるな」「アイツは大型バイクに乗れるくせに、なんで車の運転ができないんだ!(←私には大型バイクの方が、車よりよっぽど安心です!)」と散々言われた伝説がある。その私がマニュアル車のトラックを運転して、車庫入れも坂道発進も縦列駐車もOKとは、隔世の感がある。

大学時代には、サークルのみんなとマニュアル車をレンタカーで借りてあちこち出かけたもの。わざわざ大型免許を取って、トラックで狭い道に突っ込む強者もいたっけ…。その人も今や一児の父親とは、時代は流れたものだ。

フォークリフトの運転技能講習は受けている私。大型二種と大型特殊を取れば、けん引を除くすべての車両を運転できるんだなぁ…。
| SHO | 携帯から | 22:38 | comments(0) | - |
旅行記念日
昨日は24回目の旅行記念日だった。

中2の時に初めて友人と泊まりがけの旅行に出たのが23年前の7月31日で、泊まったのが新潟からの夜行快速「ムーンライト」。

友人はその後JR全線完乗、日本鉄道全線完乗と進み、私もJR全線完乗、そしてこの8月で自転車&バイク日本一周達成の見込み。その上でターニングポイントになった大事な旅行だったのだ。

そして昨日は初めて買った中型バイク、カワサキKLE250アネーロの納車記念日。あれから6年の走行距離は、10万kmに達する。

これからも旅はやめない。一生旅人でいたい。
| SHO | 携帯から | 06:38 | comments(0) | - |
買っちゃった♪

買ってしまいましたSHOEIのX-TWELVE!バーミューレンカラーのグラフィックモデルです。

他にもレーシングブーツの修理が終わったり、街乗り&ツーリング用のライディングブーツの防水性が落ちてきたので買い換えたりしたので、一気に諭吉さんが二桁近く飛びました(泣)。

でも、レーシングブーツはやっぱり快適。仕方ないのかなぁ〜と納得しています。

今日はバイクの保険料も振り込んで、さらに弐号機の前後タイヤ(ブリジストンS-20!)とチェーン&スプロケット、リヤタイヤのベアリング、ブレーキパッド&ブレーキフルードと交換が控えているので、ただいまものすごいバイク貧乏(泣)。嬉しいけど悲しい…。
| SHO | 携帯から | 20:55 | comments(0) | - |
高梁サービスエリア

ただいま岡山自動車道の高梁サービスエリア。

三朝温泉のガソリンスタンドが閉まっていたので倉吉市の打吹まで引き返し、給油してから湯原へ。湯原のガソリンスタンドも閉まっていたので、倉吉まで引き返して大正解。ガス欠になるところだった…。

夜間の峠越えでは増設したヘッドライトが大活躍。さすがはヘッドライト4灯は明るいわ…。ロービームにHIDが入っているから、今までもかなり明るかったはずなんだけど、比較にならないほどの明るさ。安心して走れる。

あと1時間で帰れる。早く着いて早く寝ようっと。
| SHO | 携帯から | 21:42 | comments(0) | - |
三朝温泉株湯

ただいま三朝温泉の株湯。三仏寺のご住職に勧められたのとは違うお湯だけど、新鮮な熱い湯に浸かりたかったので、元湯に行った。

もっとも私が以前来た時は古い建物だったのが、建て替えられて新しい建物になっていた。お湯は熱くていいお湯で相変わらず。

いろいろストレスが溜まることもあったけど、こうして温泉の軒先でぼーっとしているとホッとする。

弐号機のコクピットに座っていると心が落ち着く。緊張するのと同じくらいリラックスする。
| SHO | 携帯から | 19:44 | comments(0) | - |
三徳山三仏寺

鳥取県三朝町の三徳山三仏寺にお参りした。ご住職も元気で、数年ぶりに訪れた私のことを覚えていてくださった。ありがたいことだ。

これから三朝温泉に入って帰ります。
| SHO | 携帯から | 18:35 | comments(0) | - |
大山パークウェイ

ただいま大山パークウェイの桝水原。蒜山高原で土砂降りの通り雨に遭ったけど、大山パークウェイは路面が乾いていて楽しい!でも、ソフトクリームの食べ過ぎでお腹が痛い…。
| SHO | 携帯から | 14:38 | comments(0) | - |
スーパースポーツは旅バイクになりうるか?
昔の「モーターサイクリスト」誌の「リッタースーパースポーツは、はたして旅バイク足りうるのか?」という特集を読んでいる。

リッタースーパースポーツは乗ったことがないけど、ミドルスーパースポーツに関しては、私は「旅バイク足りうる」と思っている。軽くてパワーがあって速くて、ある程度は荷物が積めて、風を受けなくて運動性能が抜群で、何より長距離、長時間乗るほどに楽。

私のバイクがたまたま長距離の楽なバイクだから、というのはあるけど、私は日本一周の相棒としてミドルスーパースポーツを選んだので、やっぱりスーパースポーツは旅バイク足りうるんじゃないか?と感じる。

ただし、本質的に荷物を積むことは考えられてないスーパースポーツは、一括の日本一周には向いてない。逆に分割の日本一周には、車体が軽くて1日の走行距離を稼げるスーパースポーツは、とても向いている。

私はどんなに大荷物でもダッフルバックとタンクバックの2個で荷物を収めるし、テントと自炊道具は原則として持ち歩かない。最大でも10日くらいだからスーパースポーツで十分だけど、もしテントと自炊道具を満載して一括の日本一周をするなら、ツアラーの方が向いているだろう。

もっとも、1日1000kmを走るのにスーパースポーツより楽なバイクはたぶんたくさんある。それでもスーパースポーツにこだわる理由は、バイクに乗る基礎がきっちりとできてないと長距離は乗れない車種だと思っているから。誰でも乗れるバイクでやっても意味がない、ということ。

もともと運転の才能があるわけじゃない〈はっきり言えば、才能はない〉ことに、大きくコンプレックスもある。だからこそ、基礎ができてないと乗りこなせないジャンルのバイクにこだわっている部分も間違いなくある。
| SHO | 携帯から | 21:23 | comments(0) | - |
無事帰宅
22時20分に無事に帰宅した。風呂に入りながら洗濯して、ただいま乾燥中。

今日は朝9時過ぎに丸亀を出発して、13時間で653.4km走った。休憩込み、一般道ありの数字だからこんなものでしょう。吉野山金峰山寺で2時間、天河神社で1時間いたから、その3時間を除くと、かなり速く移動している。

弐号機での弾丸ツーリングはゴールデンウイーク以来2ヶ月ぶり。この2ヶ月はほとんど走れなかったので、またこれから走ろう。
| SHO | 携帯から | 00:03 | comments(0) | - |
ざる蕎麦

ただいま西宮名塩サービスエリア。ざる蕎麦を食べて、燃料補給して山陽道で帰る。

行きは神戸淡路鳴門道で来たのだけど、鳴門海峡と明石海峡が強風でかなり怖かった…。今はさらに風が強いとの情報なので、瀬戸大橋経由で帰る。たぶん、明石と鳴門はものすごく危険なはず…。

安全運転で帰ります。
| SHO | 携帯から | 19:56 | comments(0) | - |
天河神社

ただいま天河神社。なんとおみくじは「凶」!

明日から例大祭なので賑わっている。気づいたら天河神社に初めて呼ばれてから、もう10年になる。

明日は仕事。もう帰ろう。まだ熊野川水系の最上流の、奈良県のとんでもない山奥にいる。
| SHO | 携帯から | 17:19 | comments(1) | - |
吉野&天河弾丸お参りツアー

ただいま吉野山金峰山寺。蔵王堂でお参りし、私のmixi招待主である同寺の執行長さんにお会いして、これから天河神社に向かう。
| SHO | 携帯から | 16:00 | comments(0) | - |
ヘルメット買い換え予定
昨日、R6弐号機で高松のバイク屋に行っていた。修理中のレーシングブーツの修理打ち合わせのためだけど、夏のバーゲンでライディングブーツとヘルメットを買い換えるので、下見を兼ねて。

ヘルメットはSHOEIを代々使っているのだけど、RFX、X-9と3年ずつ使って、今回はX-TWELVEにするつもり。免許取って7年目にして、とうとう最高峰モデル。

使っているバイクも高級バイクだし、距離も乗るし年間300日以上は使うし、安全なモデルを使った方が良い。毎日使うからこそ、高級モデルを使うべきだと考えている。

通勤で今使っているグローブも本革のレーシングモデルだし、ヘルメットもX-9は高級モデルだ。通勤こそ危ないシチュエーションもたくさんあるし、安全なモデルを使った方が良い。先日も今の部署の若い子が原付で事故って肩を痛めてまだ休んでいるけど、ライディングジャケットを着ていれば軽い怪我で済んだはず。

ネックブレースやエアバッグも欲しいけど、先立つものがありません…。
| SHO | 携帯から | 07:41 | comments(0) | - |
丸亀cos music festival
一昨日、昨日と丸亀cos music festivalの機材準備と後片付けのボランティアに行っていた。会社の友人に誘われて行ったのだけど、行ったら事実上、スタッフは勤務先と協力会社と出入り業者の社員の有志連合でびっくり。

幸い付き合いやすい人ばっかりで良かった。音楽を聞きながらバカなこと言って騒いでいるのは楽しい。手伝いの人数が年々増えているらしいから、職場の友人のネットワーク恐るべし。

しかも中核メンバーの何人かは、もう何年もやってるらしい。後で友人宅まで音響機材や屋台道具その他を運んだら、なんと機材その他は友人の私物だった…。話には聞いていたけどマジでびっくり。

日曜日の社員ゴルフには全く興味ないけど、こういうイベントは嫌いじゃない。大学の学祭みたいなノリで、年齢も立場も関係なくワイワイ言いながら取り組むのは好き。

毎週末じゃ疲れるし、自分の時間がなくなるから嫌だけど、時々ならまた来よう。深夜まで準備と片付けしたおかげで昨日今日と睡眠不足だけど、何より楽しかったし。

転職できなかったショックはあるけど、楽しく話しながらテントや机や片付けしていると、気持ちが紛れたのも事実だった。

さて、今日は午後から休日出勤。会社にこれから行かなきゃ。
| SHO | 携帯から | 11:48 | comments(2) | - |
転職失敗
30日の面接の結果が今日出揃った。

残念ながら2社とも不採用たった。腹も立つし、悔しいし、がっかりしているけれど、さんざん悲しがったら、また前を向かなきゃ。

救いなのは保険をかけて今の会社に異動願いを出していたことと、同じチームの違う部署から私を欲しいという獲得意思表明があること。3年間、私の背中の席で一緒に仕事していた人からの、私が来てくれるならWelcomeとの獲得意思表明は、今の状況で本当に嬉しい。

今の直属の上司は私を退職させたいらしい。なかなか辞めない私に対して、異動を希望しているのを知ってて私を丸亀から異動させないと明言しているし、退職勧告もされた。最近はかなり露骨にパワハラを受けているのだけど、次の仕事が決まるまでは、絶対に辞めるわけにはいかない。

今の部署では、私の知っている人だけで2人、私がされたのと同じ方法で次の仕事も決まらずに辞めている。どちらも50代で家族持ちなのに、今のご時世に次の仕事も決めずに辞めるってのがどれだけ異常なことか、分かるでしょう?

転職は今回できなかったけど、たぶん8月の人事異動で今の部署からは異動になるだろう。どこに異動になるのかは分からないけれど、異動先で精一杯やっていくつもり。万事は塞翁が馬。何が幸いするかは分からないのだから。
| SHO | 携帯から | 02:05 | comments(2) | - |
みんなの全国走破事情
「BIKE-JIN」の今月号のテーマは「みんなの全国走破事情」。「長距離」とか「全国走破事情」とか言うキーワードでは、ついつい買ってしまうのであった…。

考察によると、
1、20県未満は意外と簡単にクリア
2、全員の平均走破県数は22.1県
3、エアポケット的存在の27県走破
4、30県以上のクリアが難関
5、残りの1県はダントツ沖縄!
なんだそうだ。

アンケートに答えた876名の中で、47都道府県全て走破済みの人は4名だけ。私も47都道府県全てをバイクで走破している1人だけど(アンケートには答えていませんが…)、意外と私はすごいのかも?バイク歴7年、中型免許取って6年でここまで来ました!

ただしR6弐号機に限ると、宮城県と茨城県だけは走っていない。意外なのは宮城県で、住んでいたから県内はさんざん走り回っているのだが、二輪の免許を取ってからは一度も走っていない。原付のjog競▲廛螢での走破記録となる。茨城県はFZ400で走っているので文句無し。

47都道府県走破の最大の難関は沖縄県だとか。私も最後の1県は昨年末の沖縄県だった…と思ったら、違った!

同誌の47都道府県走破の定義である「下道使って訪れた都道府県」を、私が全ての都道府県について満たしたのは今年の4月末。最後はなんと佐賀県だった!佐賀県が最後になったのは、小倉〜平戸が九州最後の日本一周未走破区間だったから。

47都道府県完全走破は、日本一周でもしないと難しいのかもしれないね…。私も日本一周していなければ、沖縄県は最後まで残ったはずだ。
| SHO | 携帯から | 18:59 | comments(2) | - |
人生のミッション
今日は原付の自賠責の更新でバイク屋へ。3年でちょうど10000km乗ったけど、転職に成功したら手放すかもしれない。

関東まで持って帰っても良いけど、群馬なら足として欲しいけど千葉ならいらないかもしれない。大型と原付の2台持っていると、何かと便利なんだけどね。

昨日の午前中は用事で高松に行き、午後は友人の主催するヒーリングワークの展覧会に行ってきた。そこで私の人生のミッションを見てもらったのだけど、あまりに当たり前なミッションで120%納得した。

「旅に挑戦すること」

そして

「祈ること」

私の旅は「旅に出る」というより「旅に挑戦する」という感じの旅が多く、旅の目的地は古来から祈りの対象であった場所が多い。そのままじゃん!

昔からやっていて、今もやっていて、今後もやめる気なんて全くないのが「旅に挑戦すること」と「祈ること」。実に単純で私らしい人生のミッションだと思うのだけど、どうだろう?
| SHO | 携帯から | 19:43 | comments(2) | - |
カウントダウン

ただいま今治まで散髪に向かう途中の入野パーキングエリア。

転職を控えているので遠出は控えている。今日はリニューアルした弐号機のシェイクダウンも兼ねているけど、スイングアームのベアリングを交換しても微妙な振動が収まらないのは、リヤタイヤのベアリングも多少損傷しているのかもしれない。

新しいウォークマンにはノイズキャンセリングヘッドフォンが標準で付属しているのだが、あまりの性能に驚いた。エンジンノイズを消してしまうので、気がつくとあまりにスピードが出てしまって青くなった。後ろでサイレン鳴らされても気づかなかったらと思うとゾッとする。

入野パーキングエリアは3年間で何十回と来た場所だけど、あと何回走るんだろう。

香川での残り時間は、確実にカウントダウンが始まっている。何がどうなろうと、私はたぶん近いうちに香川を離れるし、仕事も今の会社から変わるだろう。

西条に住んでいた時から、いや今の会社の最終面接の前日にたまたま寄ってから、3年半以上通っている今治の床屋で、野球談義をしながら散髪するのは、松山の会社に転職しない限り、あと1回かせいぜい2回のはず。

香川には未練を全く感じないのだけど、愛媛では友達がたくさんできた。転勤してから3年間、毎月1〜3回は必ず愛媛に通い続けた。松山自動車道を走った回数は100回なんかじゃ収まらないだろう。だから寂しい。
| SHO | 携帯から | 16:04 | comments(0) | - |
群馬
今朝まで台風崩れの低気圧で大変だったけど、今日は暑い。

昨日、段ボール箱を整理していたら、3年間も今の部屋に住んで、どこにあるのだろうと思いながら一度も読んでなかった本がザクザク出てきた。

「頭文字D」は全巻揃えているのだけど、読んでいたら「群馬に帰りたいなぁ〜」と思った。だって知っている景色が多いんだもの。

バイク乗りとしての私は群馬県の出身。わざわざ暮坂峠まで峠を攻めに行ったことはないけど、沢渡温泉と草津を往復するのにいつも暮坂峠を走った。

もし今住むのなら中之条かな。よく行った渋川のパン屋さんや、群馬原町のベイシアや、よく知っている榛名のワインディングが懐かしい。そしてもちろん沢渡温泉と暮坂峠も。中之条なら沢渡温泉に近いし、雪もそんなに降らないし、渋川伊香保インターから20分で帰れるし、草津ほどじゃないけど高崎や前橋よりは涼しい。

移り住むなら北海道か群馬、という気持ちは変わらない。予定通りなら、あと1〜2ヶ月で丸亀を離れるだろう。
| SHO | 携帯から | 12:42 | comments(0) | - |
R6弐号機!

1ヶ月あまり入院して整備していたR6が復活したので、新居浜まで取りに行ってきた。

ヘッドライトを増設したフロントマスクは、意外に増設ヘッドライトが目立たなくていい感じ。ミラーの付け根にヘッドライトを増設したのだけど、4つ目の並び具合がエヴァンゲリオン弐号機みたい。これで赤とオレンジの塗装ならカンペキだ。

乗り出す時は少し緊張する。エンジン音や振動が、いつもと違う。ステムとスイングアームのベアリングを交換したのでゴリゴリする不快な振動はなくなった。そしてクラッチが軽い!3速くらいまで指2本は使わないと変速が難しかったのが、指1本でサクサク変速できる。いい感じ。

転職活動中なので当分は長距離を走る余裕がなさそうだけど、住居が日本にある限り、R6弐号機を手放すつもりはない。
| SHO | 携帯から | 22:43 | comments(0) | - |
Kyushu Usuki port

Just arriving Kyushu island by ferrybort. Let's go Okinawa island!
| SHO | 携帯から | 11:06 | comments(0) | - |
たしかに日本有数の狭隘路線バスだけど…〓

鞆の浦〜松永駅東口(トモテツバス)は、たしかに日本有数の狭隘路線バスなのだけど(乗ったことあるけど、激狭です。とても中型バス路線とは思えない…)、「ぜひご乗車ください」かぁ…。バス会社が自らそんなこと言うか〓
| SHO | 携帯から | 13:35 | comments(0) | - |
狭隘路線バス

このコーナーを中型バスが走るとは、信じがたい…。
| SHO | 携帯から | 13:13 | comments(0) | - |
鞆の浦

鞆の浦に来たからには、この写真は外せません。「1.7キロ先大型車通行不能」の文字に注目!
| SHO | 携帯から | 12:45 | comments(0) | - |
田島

ただいま鞆の浦近くの田島という島に来ている。さらに先の横島まで橋でつながっていて、さっき一周してきた。

海を近くに感じられるっていいなぁ〜。
| SHO | 携帯から | 12:03 | comments(0) | - |
瀬戸田パーキングエリア

しまなみ海道の瀬戸田パーキングエリアにいる。昨日は新居浜で忘年会の後で西条市の湯之谷温泉に泊まり、今日は福山市の鞆の浦に用事がある。瀬戸田も通過するつもりだったけど、思わず止まってしまった。なんて冬らしい晴天!
| SHO | 携帯から | 10:28 | comments(0) | - |
counseling
I finish counseling just now.

I wonder about my future. If I don't choose anything, I can't get the way to come back sailtraining ship.

If I don't choose anything, present days will just keep. I don't want it but that may be most easy way.

What is my hope really? I found that I don't know it. I want to know truth. Do I want to become STS seaman?
| SHO | 携帯から | 22:09 | comments(3) | - |
facebook party
今日は仕事が終わってからfacebookの香川県のクリスマスパーティーに行ってきた。100人以上集まったのだけど、香川県はfacebookのつながりの多い土地みたい。

友人もいるけど、ほとんどの人は初対面。我ながら意外にシャイで、あんまり話ができなかったのだけど、何人か友人になりそうな人もできて嬉しい。

今度ご飯でも食べに行きましょう、という話にもなったので、そうしたい。今日はゆっくり話もできなかったので。

帰りにサンポートを通りがかったら、航海訓練所の練習船「青雲丸」が停泊していたので、赤灯台の見える防波堤に来ている。先代の「青雲丸」には15年前に乗っていた。航海訓練所の練習船を見ると、なんだか懐かしくて嬉しい。
| SHO | 携帯から | 23:20 | comments(0) | - |
サイトメンテナンス
以前からmixi以外にtigers-net.comにブログを持っていたのだが(mixiでも初期の頃はそちらのブログを表示していた)、mixiの日記を使うようになって5年ほどメンテナンスしていなかったので、5年ぶりにサイトのメンテナンスを行った。

5000件以上のスパムトラックバックをすべて削除して、スパムコメントも削除して、だいぶスッキリした。

これまた数年ぶりに別の登録サイトの情報を更新したり、久しぶりに動いたら、5年前によく交流があって今はあまり会っていない人や、当時から今も交流のある人もいて、とっても感慨深い。

5年前は群馬県の草津温泉で勤めていた。2005年12月に社会人復帰してから来月で丸6年になる。草津で働いていた時間と、四国に来てからの時間が今はほぼ等しい。

草津はそろそろ雪が降る頃だろう。夏休みに行ったけど、また行きたい。長野県東信地方に住みたいという希望も、まだ消えたわけじゃない。

その前に考えることもたくさんあるけどね。
| SHO | 携帯から | 20:36 | comments(0) | - |
2年ぶりの投稿
2年ぶりに投稿します。

気がついたら5年近くメンテナンスしていなかったので、5000件以上のスパムトラックバックが…。
もちろん、すべて削除しました。
これからも、よろしくです。
| SHO | 携帯から | 19:56 | comments(0) | - |
大きな夢
今朝、2社目のエントリーをした。第二希望、というところだけど、本当のところは
ダブルエースと言った方がいい。どうなるか分からないけど、どちらに受かっても
その会社に入社するつもりだ。両方受かったら、それはその時に考える。

「もし、船乗りにならなかったら何の仕事に就きたかった?」という答えを、
もう十数年ぶりに思い出したのだ。そのものズバリの求人が北海道内で
出たので、応募した。リクナビNextで求人内容を見た瞬間に「ピーン!」と
来るものがあったのだ。1社目と比べると待遇条件ははるかに悪いのだけど、
大きな夢を実現させることができるかもしれない。

私の仕事のエンジンって、いったい何だろう。それは「お客様の喜ぶ顔を
見ること」だ。その意味では、貨物船の三等航海士というかつての仕事は
決して私には向いてなかったと言える。トレーニング帆船のインストラクター
になれば良かった、と今にして思うのだが、当時はまだそんなことは思いも
よらなかった。

今の仕事も「お客様の喜ぶ顔を見る」ことにささやかに貢献できている自負が
ある。けれど、私の大きな夢とは「みんなが笑顔でいれたらいいなぁ」ってこと。
もっと創造的な仕事はできないの、会社に入ってサラリーマンをすることで
実現できる自分の夢ってないの、と考えた時、第二志望の会社の求人が
目に飛び込んできたのだ。いや、第二希望の求人に応じることを決めた時に、
初めて、船乗りの仕事を続ける以外にも私にはずっと就きたい仕事があり、
大きく社会的に貢献できる夢があったことを十数年ぶりに思い出したのだ。

今、篠塚建次郎の「ラリーバカ一代」を読んでいる。1980年代から2000年代
前半にかけて三菱自動車のサラリーマンドライバーとしてパリ・ダカール・
ラリー優勝を含む数々の戦績を上げた名ドライバーの自叙伝だ。1997年の
パリ・ダカ優勝直後に書かれた「風のように」もかつて船乗り時代によく読んで
いたのだけれど、今回の方がずっと面白い。

この本を通して語られているのは、「サラリーマンだから実現できる創造的な
仕事や夢ってたくさんあるんだぜ」ってこと。私も昨年、8年ぶりに社会人に
復帰して思うことだけどサラリーマンも意外に面白い。会社に所属しないと
なかなかできない夢があるのなら、その会社に入って具体的に実現したい
大きな夢があるのなら、思い切って入社試験を受けてみればいいのだ。
試験で企画のプレゼンテーションをして、面白ければ採ってくれるだろう。

会社に所属しないとできない夢っていろいろあるだろう。自分ひとりで
できることには限界があるからだ。他人を「この指とまれ」と巻き込むことが
必要なのだ。そのための会社組織なのだし、「みんなが笑顔になる社会を
作る」という大きな目標を実現するために、この会社で実現できる夢がある
のなら、「こんな夢を実現したいから採ってくれ」と言えばいいのだ。

自分のビジョンに共感してもらえる会社を探すこと、会社のビジョンに
自分が共感できる会社を探すことが、とても大切なのだ。それは給料や
休日の多少よりもよほど重要な会社選びの要点じゃないだろうか。

大好きな北海道を元気にしたい、ということがまずひとつかな。そしてミクロな
単位では自分自身を元気にしたい、ということでもある。まず自分が元気に
ならなくちゃ、他人を元気にするどころじゃないだろう。それは病気で療養
したこの2年間が物語っている。自分を大切にすることが、他人を大切に
することにつながるのだ。自分をまず大切にしなきゃいけないのだ。

1月早々にも2社から呼び出しを受けるはず。どちらに転んでも全力を
尽くして働くのみだ。それはもちろん今いる会社でも。
| SHO | 携帯から | 23:17 | comments(0) | - |
酷道険道調査会
大学時代、鉄道研究会にj入っていたのだけど、今思うとかなり変な会
だった。4年間も中心メンバーのひとりとして活動していた私が言うのも
なんだけど、鉄道研究会のくせにバスが好きな人が多くて、宮城交通
バスツアーなるものも行っていた(た、と過去形じゃなく、今も後輩が
主催してやっている)。鉄道研究会の名前のままやるのは問題がある、
ということで「宮城交通バスファンクラブ」名義で旧年式車をわざわざ
探して借りていたのだった。

バスツアーの中身はというと、大型バスを借りて普通は小型のバスしか
入らないような(でも、車体限界上は大型バスもギリギリ入れるような)
道幅の狭いバス路線に大型バスを乗り入れて遊ぶというもの。一歩
間違えば脱輪するような道が続くのでドライバーさんは大変だったと
思うが、今思うと大型バスが入れる道を「狭い」と果たして呼べるのか
はなはだ疑問なところがある。バスが入らなきゃバスツアーは開催できない
ので、これは車体限界の問題で仕方がないのだけど。

そんなわけで、大学時代は「酷道険道調査会」と称して、狭いバス路線を
走るためにドライブによく出かけていた(今も後輩が伝統を引き継いで
出かけている、らしい)。宮城県内の主要な狭溢バス路線は私の代で
全部大型バスを乗り入れてしまったので、新たな狭溢バス路線を開拓する
余地はないのだけど(コミュニティバスの中には狭溢路線もあるけど、
小型バスが多いし道幅も小型バス比では広いしでつまらない)、廃止になった
かつてのバス路線を偲びながら夜中の12時や1時にドライブするのもまた
オツなものだった。お酒の飲めないメンバーが多かったので、コンパの後で
そのまま気仙沼だの雄勝半島だのとレンタカーをナイトパックで借りて
出かけたのも懐かしい。

で、なぜこんな話題を出したかというと、ミクシィのコミュニティの中で
酷道、険道、腐道、痴呆道などの専門コミュニティを見つけてしまったのだ。
その名も”酷道”。しかも見つけたのが女性ライダーさんのページだと
言うのがすごい。酷道趣味は男性の専売特許かと思ったら、バイク業界では
そうではないらしい。

ってなわけでミクシィ加入の鉄道研究会の後輩諸君、もしこの記事を
読んでいたら、即刻コミュニティを検索して行ってみるよーに。世の中は
とても広い(狭い?)のです。
| SHO | 携帯から | 16:31 | comments(0) | - |
ジレンマ
今日は底冷えがする。マイナス5度くらいあるんじゃないだろうか。
今季初めてダウンジャケットを出した。ジャンパーでは寒くなってきた。
今日も「煮川の湯」へ行く。このまま続けると皮膚の中の細かい傷口が
開くことは知っているのだが、そんなことを言ってられなくなった。
草津を出る前に沢渡へもう一度行って仕上げなければなるまい。

なんだか、会う人会う人みんな結婚していく今日この頃。「いいなぁ〜」と
指をくわえているのだけど、現実に出会いはあるのか?と考えてみると
仕事柄たくさんあるはずなのだけど、1年いて何にも起こらなかったと
言うのはたぶん「出会っていても、私が気づいてない」ってことなのだろう。
でも現実にドキッとすることがないんだよなぁ(涙)。早く結婚したいって
言いながら、まだその糸口さえつかんでいない。とても悲しい。

北海道行きの計画がちっとも進まない原因ははっきりしている。志望理由
その他のエントリーシートが出来上がっていないからなのだけど、なぜかと
言うと平日は体が疲れているし休日はもともと少ない上に草津を離れている
ので移動時間がかかるから。東京まで往復8時間かかるので、その時間が
もったいないのだが…。

ジレンマに陥っている。疲れても無理しないと転職活動はできない。でも
現実に体は今かなり疲れているのだ。ほとんど休みの日も草津にいないの
だから無理もない。夜勤だと睡眠時間が不規則な上に睡眠時間の長さも
質もとうてい昼間勤務の人にはかなわない。1年の夜勤生活で勤続疲労が
かなりあるのだけど、疲れているのに昼間は変な時間に目が覚める。

きちんと夜眠れる仕事に就きたいけれど、そのためにはある程度以上の
体力が残ってないと転職活動できない、今は無理しないといけないという
ジレンマにはまっている。アトピー再発症は、疲れとストレスも大きな原因。
アトピーと付き合って行く以上、体にも精神的にも大きな負担のかかる
仕事は今後できない。じゃあいったいどうしたらいいのか。

とにかくしんどい。進むのもしんどいけれど、これ以上草津に留まるのも
もうイヤなのだ。今はブレーキとアクセルを同時に踏んだような状態だ。
| SHO | 携帯から | 05:21 | comments(2) | - |
方位を見ると
草津から北海道を見ると北北東、逆に九州を見ると西南西になる。真北から
15度の境界線に近いので、精密に方位を測って見るのでなければ真北と北東、
真西と南西の両方を見るべきなので、それで方位盤を見てみた。

動くなら1月までに動け、という指摘の意味は、来年から3年続けて北海道に
動くには凶方位となるから。来年は本命殺が真北、本命的殺が真南、五黄殺が
北東、暗剣殺が南西になる。再来年も北東が本命的殺になるから北海道には
行けない。本命殺は今年が南、来年が北、再来年が南西、2008年が東、2009年が
南東、2010年が中宮となる。五黄殺は今年は西、来年が北東、再来年が南、
2008年が北、2009年が南西、2010年が東になる。つまり、1月中に動かないと
2010年まで北海道には行けない、ということなのだ。

(Tigers-net.comの日記なのであんまりミクシィの話は出したくないのだけど、
ミクシィも日記は共用なので…)ミクシィで、初めてライダーさんからマイミクの
申請があった。ライダーの友人って今までいなかったのでとても嬉しい。
今年1年は、ずっとひとりでバイクに乗っていたものなー。同い年の方で北海道
移住が決まったとあって、実にうらやましい。アトピーが再発したりで昨今かなり
めげていたので、私も…とすごく勇気をもらった。本当に嬉しかったのだ。しんどい
けれど、北海道移住に向けて私も頑張ろう。

以前、ウルヴォイ彩佳さんに言われたことだけど、私の印象はブログと実際に
会った印象で全然違うそうだ。ブログでは暗〜い性格が強く出ているけれど
現実の私はいたって明るくて驚いたとか。中島みゆきやさだまさしタイプって
ことなのだろう。逆にブログではムチャクチャに明るくてちょっと引いてしまった
ウルヴォイさんの印象は、低い声の落ち着いた大人の女性だった。

久しぶりに富岡のバイク屋に電話して冬季保管の話をする。乗っている
バイクの説明で「ヤマハFZ400」と言ってもちょっと分からないみたい。
「ヤマハ・フェザーの400ccです」と言うと、「あぁ、あの吊り目のバイクね」
と言われた。本当はFZ400にフェザーのペットネームはついていないのだけど、
手っ取り早く説明するには「ヤマハ・フェザー」の名前を出した方が速い。
ついでに言うと、FZシリーズのヘッドライトは2灯式だけど400だけは目が吊り
上がっていない。吊り目の方が格好良いと思うけど、FZS600やFZS1000
フェザーと比べればFZ400はカウル回りの印象がだいぶ違う。マイナー車だから
瞬時にどのバイクのことなのか理解してもらえないのはやむを得ないのか。

とにかく年内でバイクを草津に置くのもあと数日だ。雪が白根山の中腹まで
下りてきた。年内には草津も雪に埋め尽くされることだろう。
| SHO | 携帯から | 19:01 | comments(0) | - |
4ヶ月ぶりの草津温泉
アトピーの再発症を受けて、とうとう高島暦の来年の暦を買ってきた。で、
調べてみて愕然とした。来年のことではない。来年の9年前、1998年の
ことである。

私の九星占いの星は七赤金星である。来年の星の場所は真北。つまり
衰極の位置にあって、何があろうとも来年2月の節分から再来年2月に
年が明けるまでは動いてはいけない、じっと我慢するべき年なのだ。

そして問題の1998年。前回の衰極の年に私は動いてしまったのだ。何をしたか。
船乗りを辞めたことがひとつ。そして自転車日本一周に挑戦したことがもう
ひとつ。その後の9年間、私が死ぬほどの辛酸を舐めたのは私を知る人には
周知のこと。極めて深刻なアイデンティティ・クライシスに陥ったまま、とうとう
そこから抜け出せずに9年が過ぎて今の私がいる。立ち直るのに星回りの
丸々1ターンを必要として、なおかつまだ完全に立ち直ったわけじゃない。

ようやく立ち直りかけた今、絶対に来年は北海道へ行くな、もし行くのなら
旧暦の今年中に行け、という吉野で頂いたアドバイスは極めて正しいことが
私にはよく分かるのだ。前回、やってはいけない時期にやっては行けない
判断をしたことは、私にとって人生最大の侮恨なのだ。もし吉野に行って
いなければ、私は再び人生最大の失敗をするところだった。

非常に状態が悪化しているので、やむを得ず4ヶ月ぶりに草津温泉の
煮川の湯に入った。入ったと言っても10分だけだけど、やっぱり違う。
このまま草津に留まるのか、あるいは予定通り来年の1月に草津を出るのか。
これだけ体調が悪化したのに出るのか?それとも体を治すために夜勤の
今の仕事を続けるのか。いずれにしても、大きなストレスがかかれば
アトピー再発症の可能性がある、ということははっきりした。

さて、どうしよう。もう残された時間は多くない。
| SHO | 携帯から | 00:43 | comments(0) | - |
志望理由とアトピー再発症
リクナビ形式で志望理由を1000字にまとめているのだが、どうやら1000字を
軽く突破しそう。1000字って言えば40文字×25行だから相当の量なのだが。

改めて思い知ったのは、ものすごく強く私は「海」にこだわっていること。そして
ものすごく「海」が好きなこと。我ながら尋常の域じゃない。「生まれ変わったら
何になりたい?」と問われたら、昔も今も「もう一度、船乗りになりたい!」
と即答する。なぜ、これほど強く海にこだわっているのか分からないが、海と
切り離された人生なんて考えられない。今は山奥に住んでいるけれど。

もっとも、船乗りなんて睡眠時間は細切れだし不規則な生活だし、いいこと
なんて何にもない。だから陸上の暮らしの方がいいに決まっている。
船乗りを辞めてこれだけブランクがあるのに、なぜ船乗りを忘れないのかと
思うけれど、私は異常なほど船乗りであることに執着し続けている。

この数日で、アトピーが首を皮切りに肘と膝の裏側に出てきた。まだ
仕事に支障が出るような状態ではないものの、北海道に行くどころでは
ないのでは?と考えると恐ろしい。ストレスが体にかかっているのは
認めるけれど、体は思った以上に正直だ。私は北海道に行きたくない
のだろうか?北海道に行くのが怖い、ということは確実に言えるものの、
怖いのは行ったらダメってことなのか?それとも体が変化を恐れている
だけなのだろうか?

これからまた温泉に入るとして、1月末までに再び完全な状態に体を
仕上げられるのか?完全な状態に仕上げるとして、今度は草津を出てから
渡道するまでの間に沢渡温泉で逗留する必要があるだろう。バイクで
草津から通うわけにはいかないのだから。

1月末までに北海道へ行こうとした原因になった来年の九星図については、
実際に買って調べた方が良いだろう。草津を来月までに出るぞ!と宣言して
いたのは体が治ったからであって、その前提が崩れたら草津にずっと
いなければいけないのか?と考えるとゾッとする。

今回のアトピー再発症の本質は、いったい何なのだろう?ここから
何を学べと言うのだろう?とにかく、草津を1月で離れるつもりになって
いたのに…と思うと悔しい。これから、どうすればいいのだろう。

もし北海道以外の土地へ移動したら?ということも考える。具体的に
そういう話も実はあるのだけど、寒冷地ではないので夏場は暑いに
決まっているし、その話も体が治っていることが前提になる。だいたい
スキーのできない土地の都市部に住むなんて、考えただけでアトピーが
出てきそうだ。

草津を出た後、どうせ住むなら…と考えると、やっぱり北海道なのだ。
北海道以外の土地は見えていない、ってことだけど、夏場に35度も
あるような土地がアトピー持ちの体にいいわけないだろう。ましてや
冬場にスキーに行けない土地に住むなんてもってのほかだ。

スキーをするならパウダースノー、という生粋の草津っ子スキーヤーとしては、
近畿地方以西のスキー場なんかアウト・オブ・眼中である。ベタベタ雪の
スキー場なんてスキー場のうちに入らない、という方だから、余計に頭を
抱えている。この感覚、パウダースノーで育った人は分かりますよね?

もう一年草津にいろって言われたら、やっぱりもうイヤだ。
| SHO | 携帯から | 05:35 | comments(0) | - |
最後の鳥居峠
昨日は上田に行ってきた。バイクで鳥居峠を越えるのは今回が最後だろう。

2日続けて晴天だったおかげで峠は通行可能だったものの、峠の周辺では
特に群馬側ですでに道路上に根雪が形成されつつあった。轍が通るところは
氷が溶けているので大丈夫だが、轍の間の車線の真ん中とか両側には
晴れても溶けない薄くて固い氷の層ができている。このままきっと春まで
溶けずに行くのだろう。今、外では雪が降っている。

来週も上田へ行くのだけど、鳥居峠は来週越えられるかどうか。越えられる
かもしれないけれど、危ないと見るのが妥当だろう。バイクを草津に置いて
おけるのも、あと1週間以内だろう。駐車場内も氷が張って溶けなくなって
いる個所が出てきたし、そろそろバイクを脱出させないと危なくなってきた。

しかし問題なのは休日。今の職場は休日が月に6日なので、あと4日を
どう配分させるかが大きな問題になっている。昨晩は久しぶりに草津で
寝たらずいぶん体が楽だったのだけど、休みのたびに草津を出て東京やら
上田やら野沢温泉やら出かけていたら本当にしんどい。実家で寝るよりも
草津の自分の部屋で寝た方が楽なのは、そりゃそうだろう。

今回は平日にバイクを脱出させるしかないかもしれない。しんどいのは
分かっているけれど、貴重な休みの日は全て用事で埋まっているから
仕方がない。草津にいるうちに、2日くらいゆっくり草津で過ごす日
なんて二度とあるのだろうか。

今は転職サイトの形式に合わせてエントリーシートを書いている最中。
自分のキャリアをまとめるのが本当にしんどい。転職するって本当に
エネルギーを消耗する。こういうのを転職と言うのなら、転職なんて
もう二度とこりごりだ。
| SHO | 携帯から | 01:46 | comments(0) | - |
アニメ三昧
カイロプラクティクと歯医者以外の東京時間は、秋葉原で久々に中古CDと
ビデオを探して回っていた。今回のターゲットは「超音戦士ボーグマン」の
ビデオとサントラだったのだけど、ビデオは今回は手に入らなかった。
でも、「超時空要塞マクロス」のビデオと「ボーグマン」と「シティハンター」の
サントラが見つかって大満足。「赤い光弾ジリオン」のビデオも買おうとした
のだけど、なんとビデオテープが切れていた。残念…。

先日の関西ツーリングではバイクに乗りながら「超音戦士ボーグマン」の
オープニングテーマ「Don't Look Back」を口ずさんでいたのだった。
私が知っているアニメのオープニングテーマの中でも、この曲は一回
聞けば覚えてしまうメロディと単純明快なカッコ良さで抜群の出来。
適度に速くてノリがものすごく良い曲なので、バイクで高速道路を疾走
しながら口ずさむには最高の一曲だ。

というわけで、ゴキゲンで「Don't Look Back」を聞きながら帰りの高速バスの
車内にいる。草津まで片道4時間。昨日の午後からほとんど起きているので、
帰りはぐっすり眠るとしよう。
| SHO | 携帯から | 20:31 | comments(0) | - |
久しぶりの東京
久しぶりに東京に出てきた。

いや、本当は現在はまだ埼玉県内なのだけど、大宮以南は群馬県民にとって
東京みたいなもの。アトピーが少し出てきているので本当は良くないの
だけど、ただいまマクドナルドにいます(ってのが話題になるのが田舎モノ)。
わーい。マックだー。都会にやってきたなー。なんだかスタバをマック風に
アレンジしたような内装で、古いお店よりもおしゃれだ。

今日は1年ぶりの歯医者。左奥歯を昨年の今ごろに抜いたのだけど、
親不知を移植するはずが保険証の切り替えなどでノビノビになって今に
なってしまった。北海道に行く前にちゃんとしなければいけないことのひとつ。
それと1ヶ月ぶりにカイロプラクティク。10月の交通事故から2ヶ月弱が
経って、体の影響はほぼなくなった。これもひとえにカイロプラクティクを
やっている友人のおかげで、感謝感謝。

電車の中でよく寝たので元気を回復した。竹内まりやの「ボナペティ!」を
聞きながら今は友人を待っているところ。なんだか人生を送ってるって
感じだなー。こんなところでパソコンを広げて職務経歴書を書くのも
プライバシーをさらしているようで恥ずかしいので、書くのならスタバで
ちゃんと席を確保して書くことにしよう。それにしても東京は人が多すぎる。

私はタバコを吸わないので禁煙席にいるのだけど、東京に限らず喫煙席に
たくさんの人がいる。若い女性もけっこう多い。うちの旅館でもそうだけど、
けっこううら若き女性の喫煙者って多いのだ。クリスマス前とあって、
街中がなんだか華やかだ。昔はものすごくクリスマスって楽しみで、
もう10年近く前の話だけどものすごくイヤなことがあってからクリスマスが
来ても嬉しくなくなって、でも心の傷も癒えたのか今年はけっこう楽しみ。
クリスマスパーティーにも誘われたのだけど、12月23日の夜に東京へ
行っていたら職場放棄なので涙を飲んだ。サービス業はこういうところが
辛いなー。

ものすごくイヤなことがあった前の年は逆に一番楽しくて、パーティー
やったりしていた。当時の帆船ボランティアの人たちとも音信不通に
なってしまったけど、みんな元気かな?

友達が来たので、行くことにする。
| SHO | 携帯から | 13:04 | comments(0) | - |
ミクシィを、使い始めて一週間
ミクシィに加入してから1週間が過ぎた。

驚いたのは、FZ400のオーナーでFAZER Owners Club in Mixiが占領されて
いること。こんなにもFZ400のオーナーっていたのね…。ってよりも、FZ6とか
FZ1といったマシンは大型車なので、有名であってもオーナーの絶対数は
少ないのだろうか。FZ400は2年しか製造されていないけど、一応400cc
だからオーナーの絶対数は多いのかな。それにしても、FZ400にはFAZERの
ペットネームがついていないけど、みんな大手を振って(私も)FAZERの
オーナーズクラブに入っていていいんだろーか。

鉄道関係と出身校に関しては、大学の鉄道研究会つながりと短歌会つながり
以外には基本的に参加していない。鉄道関係は悪い意味でオタクが多いから
イヤってことだし、出身校に関してはなんだか気が引けてしまって。別に悪い
ことをしているわけでもないんだけどね。

エントリーシートを作るために職務経歴書を要約する作業が進んでいない。
つくづく思うのは、昼間に寝る仕事は本当に疲れるし作業効率が悪いってこと。
やっぱり、次の仕事は夜ちゃんと寝られる仕事にしよう。とにかく疲れが
抜けないし、作業に身が入らない。慢性的な睡眠不足状態で、おまけに
寮の隣人がこんな夕方に(本人は無人なのに!)目覚ましを1時間もかけ
続けるものだから眠れない。先日も注意したばっかりなのに!自分が起きる
時間じゃないのだから、他人の迷惑を考えて欲しい。

あぁ、もう12月2日。1日が過ぎるのが速すぎる。でも、早く北海道には
住みたいな。クリスマスまでには面接を受けられるようにしないと。
| SHO | 携帯から | 17:51 | comments(0) | - |
「働け、働け!」はイヤなのはなぜ?
私の愛用するPHS兼ポケットPCのW-ZERO3のテレビCMを見ていて、すごく
イヤな気分になった。「働け!」とけしかけてくるCMなのだが、なぜ私は
このCMを見ていてすごくイヤな気分になったのだろう。

私が船乗りを辞めたのは、働きすぎで心身ともにおかしくしたから。もともと
船乗りは給料はびっくりするほど高いけど、危険だし責任は重大だしストレスの
逃げ場がないし、睡眠は細切れだし休みはまとめて取れる…と思いきや下船
しても研修ばっかりで乗船中に崩した体調を診てもらうことすらイヤな顔を
されたし、心身ともに限界まで疲れ果てていたのだ。多い時には1日18時間も
働いていた。当時いた会社は今や日本最大の会社のひとつになったけど、
従業員個人の人間らしい生活を踏みにじって達成した成果なのだから、私は
大手を振って喜べないと思っている。船乗りは自殺の多い職場なのだ。

「ゆとり教育」に対する批判がかみすばしいが、本当に「ゆとり教育」はダメ
だったのだろうか?授業時間数の減少に見合った学力水準では学力低下に
なるのは当たり前で、それでもゆとり教育が導入された背景には「現状の
受験戦争では、とても子供が子供らしい時間を過ごすことができない」という
反省があったからではないのか。私も受験戦争をくぐってきた世代だけど、
小学生の頃から塾に毎晩通い詰めた生活が正常なものとは今もって思えない。

問題はゆとり教育ではなく、大人の側が受験戦争当時の学力詰め込みの認識の
ままにゆとり教育を行ったからではないのか。その反省なしに「ゆとり教育」を
廃止しても、また「お母さん、○×中学に行けなくてごめんなさい」と自殺する
子供たちを生むだけだろう。彼らの死を無駄にしないためにゆとり教育が
導入されたのではなかったのか。今のままじゃ、彼らの死をまた無駄にする
ようで、私は我慢がならない。

話を戻すけれど、「働け!働け!」というのが私はイヤなのは、小学生時代
からの受験戦争当時の傷ついた自分の思い出、そして最初の社会人時代の
心身ともにおかしくなってなお余裕なく働かなければならなかった思い出を
刺激されて、たまらなく自分がみじめになるような、いたたまれない思いが
するからなのだ。思えば大学時代もそうだった。

私は地位や名誉が喉の奥から欲しくてたまらないくせに、いざそれを手に
すると短期間で手放したり手放さざるを得なかったりするのは、地位や
名誉に伴って生じる心身を極限まですり減らす生活のストレスに私は耐え
られないからなのだ。あえて言えば、私が一生をかけて今も戦っている
ものは、そして今も転職活動をしながら「また同じ生活が待っているんじゃ
ないだろうか?」という不安を拭えないものは、私を過去に苦しめ続けて
体調を崩して草津にまで追いやったものは、今もまだ私のそばにいる。
| SHO | 携帯から | 19:01 | comments(0) | - |
忘れられない一言
転職面接前の棚卸の最中、「今まで仕事について言われた言葉の中で、
どうしても忘れられない、無意識がよほど大切に保存している言葉って
何だろう?」と考えてみた。すぐ出てきたのは、こんな言葉だった。

父の知り合いに税理士がいるのだが、その方が一度私に会いたいと
いうことになってお会いしたのだが(その時、私は船乗りを辞めた1年後で
大学に行くかこのまま就職するか悩んでいた)、尋ねられるまま船の
仕事の話をしていると、ふとこんなことを言われたのだ。

「船の仕事の話をする時に、実にいい顔をするね。普通の人は辞めた
仕事の話なんてしたがらないものなのに」

今の第一志望の会社が第一志望である理由は「私のキャリアを正当に
評価してくれた会社だから」ということに尽きる。紆余曲折はしている
けれど、私の今のキャリアは船乗りからの延長線上にある。大学に
行った理由も、専門分野を選んだ理由もそうだった。夢敗れて体調を
崩して草津にやってきたけれど、私は今でも体さえ元に戻れば海に
接する仕事がしたいのだ。

だから負けられない。どうなるかは分からないけれど、今の全力を
持って転職活動に臨んでいく。私は自分の船乗りというキャリアに
ものすごく誇りを持っている。

でも、キャリアに誇りを持つことと執着することは違う。私は自分の
キャリアに誇りを持ってはいるけれど、自分の職業能力に自信がある
わけでは決してない。「これは船乗りに執着しているんだろうか」と
考えると、本当にこの進路でいいのか不安でもある。

私を知る多くの人が、私は船乗りを辞めてすでに長いにも関わらず
西村=船乗りと認識しているのは、他人から見て私はそれだけ強く
自分の職業を一生の誇りとしているからなのだろう。それが良い
ことなのかどうか分からないが。良し悪しの問題じゃなくて、事実と
して私の船乗り時代を知らない多くの人が私を船乗りとして認識
しているのは、私が発する言葉の端々に船乗りという職業への
強いこだわりを感じるからなのだろう。
| SHO | 携帯から | 08:52 | comments(2) | - |
今年最後の粒麗荘
一昨日の夜は休みだったので、今年最後の宿泊ツーリングで野沢温泉の
ライダーハウス「粒麗荘」に泊まりに行ってきた。たぶん、ライダーとしては
私が今年最後の客だろうという。たしかに、草津から野沢温泉まで往路は
1台のバイクともすれ違わなかったものなぁ。

野沢に行ったのは上田のハローワークで一昨日、昨日と職務経歴書の
下書きを書いていたから。一昨日は書くのに夕方の5時までかかったし、
鳥居峠をこの時間に超えるのは危険なので草津には帰らなかったのだ。
でも、実用上の話をすれば別所温泉の上田まほろばユースホステルにでも
泊まるんだった。往復とも時間の関係で坂城から豊田飯山まで高速道路を
使ったので、お金もかかったし時間も余分にかかる。あまりいい選択だった
とは言えないのだけど、ご飯もおいしかったしぐっすり寝られたしで、それは
それで良かったのか。ともあれ北海道移住前の最後の粒麗荘になるだろう。

ようやくパソコンからインターネットにPHS経由でつなげられるようになったか
と思ったら、なんと「粒麗荘」にPHSとパソコンをつなぐケーブルを忘れてきた。
出発前に点検したのに、たぶんコタツの布団に紛れてしまったのだ。仕方が
ないので電話して着払いで送ってもらうことにした。来週の火曜日にもう一度
上田へ行くので、その時にエントリーシートを出す予定。そろそろ証明写真を
撮ったりスーツも使う準備をしなきゃ。12月中旬には、できれば採用面接を
受けに北海道へ行きたい。これからはまず、受ける予定の会社それぞれ向けに
職務経歴書の下書きを要約してA4で1〜2枚にまとめないといけない。

いよいよ転職活動も逆算しての秒読みに入ってきた。1月末までには、なんと
しても北海道に移らなければ。
| SHO | 携帯から | 05:18 | comments(0) | - |
打開策
相変わらずシステムディスクが見つからない。それどころか携帯のパッケージ
そのもがないってどういうこと?まさか実家でパッケージを開けたまま実家に
忘れてきたんじゃ…という恐怖が頭をよぎる。

仕方がないので当面の打開策を考えた。パソコンはとりあえずOfficeが使える
状態で、バックアップ用のHDDに収められている昨年書いた職務経歴書は
新しいパソコンに移した。256MBのUSBフラッシュメモリーが使えるので、
水曜日はとりあえずこれにデータを移して上田のハローワークでプリント
アウトすることにしよう。と思ったら、インターネットで承認しないとOfficeも
使えないらしい。ヤバイ。これは本当にピンチだ。やっぱりW-ZERO3内に
格納してあるデータを使うしかないのか…。
| SHO | 携帯から | 18:06 | comments(0) | - |
ディスクはどこへ行った?
パソコンに携帯の母艦機能を持たせるためのシステムディスクが
見つからない(泣)。これがないとパソコンでインターネットを見る
ことができないので死活問題。部屋がいかにぐちゃぐちゃに
ひっくり返っているか、という証明なのだけど、そろそろ本の箱詰めも
始めた方がいいかもしれない。とにかくモノが多すぎる。

絶対に、2ヶ月以内に草津を出てやる、と思っている。そのためには
まずシステムディスクを探さなきゃ。でないとメールで職務経歴書を
見てもらうことができない。

Yaeの「Blue Line」を聞いている。結局、この間の吉野・天河行きでは
ほとんどCDを聞かなかったのだけど、頭の中ではこのアルバムと
やはりYaeの「New Aeon」が流れ続けていた。

天河に行くと、必ず何か大きな試練みたいなものに突き当たる。
初めて天河神社に行ったのは2002年9月の観月祭だった。呼ばれた
としか言いようのない出会い方で行ったのだけど、行った2週間後に
私は自殺の直前まで行ったのだった。あれは本当にヤバかった。

「さまよえるオランダ人」の物語に思いをはせると、どんなに長生き
したくなくてもなぜか長生きしてしまう、ということの不幸に突き当たる。
長生きすることは幸せなこと、では決してないと思うけれど、なぜか
私は死ぬ目に何度も遭っていながらまだ生きている。土壇場では
私はとっさに生き延びるための適切な行動を取り、そして大いなる
幸運にも恵まれて、なぜか私はまだ生きている。「長生きしたくない」
と口癖のように言っているのに。

じゃあ「早死にしたい」ってことなのかと言われたら少し違う。少し違う
からこそ、私はまだ生きているのか。たしかに「長生きしたくない」のと
「早死にしたい」のとでは意味が少し違う。私があと10年や20年生きて
死んだとしても、だから私が「長生きした」ことにはならないものね。
まだ私が生きているのは、まだこの世で生きてするべきことがあるから
なのだろう、とはカモシカとの衝突事故で感じたことだけど、じゃあ
生きてするべきことっていったい何だろう?

新聞を読むと「いじめ」のことについて連日コラムニストが筆を
走らせている。でも、彼らの言葉は私には虚空に向かって投げられて
いるだけのように見える。いじめられた時の、あの辛さを今もまざまざと
覚えているかい?「とにかく生きろ」だなんて、死ぬ思いをしている人に
本当に言えるかい?自分の子供がもしいじめられたとしたら、私だって
「とにかく生きて欲しい」というだろう。でも、それは「自分の大切な存在
だから」というエゴから出ていることだろうとも、私は承知している。

結局、大人が精神的に裸でぶつからないと子供は救われないし、
裸でぶつかってもなお、死ぬ思いをしている人に届くかどうかは
分からない。「事情を知りもしないくせに、知ったような口を叩くな」と
私だったら思うものね。「死ぬ思い」とは、他の人の感情が介入する
余裕もないほどの苦しみだから「死ぬ思い」なのだ。その事実の前に
立つと、いかに自分が無力かを思い知らされる。そして、その自覚
なくして人の心に立ち入る資格はない、と私は思う。

結局、人の苦しみや悲しみは個別のものなのだ。喜びも悲しみも
分かち合うために人は人と一緒になるのだと思うのだけど、私は自分の
パートナーの苦しみを本当に自分の苦しみとして受け止めることが
できるだろうか?正直言って自信がない。私に分かるのは、人の
大きな苦しみ、悲しみを前にした時の自分の無力さ加減くらいなもの。

もちろん、自分の無力さ加減が分かっているからこそ、人と向かい合う
資格もあるのだと…他人には言うのだが、じゃあ自分にその資格が
あるのかと言われれば、自分の愚かさ加減を思うと「本当にオレで
いいの?」とも思ってしまうのである。
| SHO | 携帯から | 04:44 | comments(4) | - |
パソコン起動
昨日買ってきた中古パソコンだけど、まだソフトウェアが完全にインストール
されたわけではないので、まずはOffice2003をインストールしているところ。
それと通信ソフトをインストールして、早くW-ZERO3の母艦機能を持たせないと
いけない。

中古のパソコンを買ってきて自分で使えるようにする、というのは気分が
いいものだ。自分で自分を褒めたくなる。もう半年以上も不便を感じてきた
ので、早くこの不便な状態を解消したい。

ミクシィの日記にこのブログの登録を行った。
うまく行くといいのだけど、珍しいプロバイダのブログなので、どうなるだろう。
| SHO | 携帯から | 15:42 | comments(2) | - |
The Memory Of Trees
仕事しながら、なんだか手持ち無沙汰な自分がいることに気づいた。
頭の中では、ぐるぐるとenyaの「The Memory Of Trees」という曲が
さっきから流れている。同名のアルバムのオープニング曲だけど、
メロディーがとても好き。歩いたことはないけれど、深い森の中を
歩いているような気持ちになる。

もう、動かなきゃ。考えられる限りのことは考えたのだから。

4回目の天河神社に着いたのは、もう夕方も深まろうという頃だった。
初めてバイクで天河に行ったので、以前から切望していた旧道での
峠越えを果たしたのだが、旧道に入った途端に背筋が寒くなった。
もう何年も使われてないかのように落ち葉が敷き詰められていた
からではない。昔から天河へ向かう人が峠を越えるたびに感じた
何かを私も感じたのだと思う。

背筋が氷水で洗われるかのように寒い峠越えを、2速と3速のギヤを
使ってやっと着いた天河では、思いがけなく宮司さんと、そして
いつ見ても美人でこの世の人とは思えないような巫女さんに
出迎えられた。今まで4回も天河に通って、社務所に上げて頂いた
のは初めて。お茶を頂きながら、ここまでのルートとこれからの
ルート予定を話したら、天河から名阪国道への短絡ルートを
教えて頂いた。でも、後から思うとあっさりと橿原あたりで泊まる
んだった。私は自分の体の疲労度を読み違えていたのだ。
天河を出発してわずか1時間半で、疲労のために動けなくなる
なんて思いもしなかったのだ。

それはともかく、バイクの交通安全のお守りを買おうと思っている、
と言うとなぜか勧められたのは五十鈴のお守りだった。結局それを
買ったのだけど、できれば常時そのお守りを身につけていたいので
ついさっき、携帯電話についていた天河神社の鈴のお守りを
バイクの鍵へ、そしてバイクの鍵についていた五十鈴のお守りを
携帯電話へとコンバートした。小さいながらも本物の五十鈴の音が
するので、持ち運ぶとシャラララーンとうるさい。この音を聞くたびに
何かを訴えられている気がする。今まで見ようとしなかった自分自身の
ある面に、無理やりにでも顔を向けさせられている気がするのだ。

見る人が私の携帯電話を見れば、私がどこの神社に縁のある人なのか
すぐ分かるだろう。それくらい、五十鈴は天河神社のシンボルマークと
なっていて、さらに五十鈴の紋章である3つの渦巻きは、enyaの故郷、
アイルランドの古い紋章でもある。面白いことにユーラシア大陸の
東端と西端の島にそれぞれ同じ紋章が伝承されているのだ。

私は直感を信じて動けているだろうか。バイクもパソコンも今使って
いるものはいずれも直感で選んだものだけど、転職するにあたって
将来とかお金の心配で企業を選んでいないだろうか。それが大事
じゃないとは言わないけれど、それに目がくらむと大学や最初の
就職のような苦い思いをすることになるのだろう。
| SHO | 携帯から | 05:32 | comments(0) | - |
ミクシィに加入しました
昨日は昼前から上田へ行ってきたのだけど、帰ってきたら夕方の4時半で気温は
プラス1度だった。今晩は道路が凍結するだろうな〜。午後9時で気温はマイナス
2度だったらしい。

金峯山寺の執行長、田中利典さんの招待で私もミクシィに参加することにした。
ミクシィ加入者の方がいらっしゃったら、名前でも住所でも一発で検索されるはず
なので、そちらでもどうぞよろしくお願いします。っていうところだけど、実はまだ
使い方がよく分かっていない。ブログではメッセージを受け付けていないので、
もし私にメッセージを送りたい方はミクシィから送ってもらえると嬉しいです。
みなさん仲良くして下さ〜い。

上田でハードオフに行ってきて、パソコンを中古で買った。W-ZERO3は携帯端末
としては優秀で使えるマシンなのだけど、いかんせん職務経歴書などを書くに
あたっては画面とキーボードが小さすぎて使いにくい。転職活動が本格化する
のに合わせて、とうとう母艦となるべきマシンを、2002年型の富士通FMV-VIBLO
だけど買った。なんとパソコンの製造年が古いパソコンに買い替えたのだけど、
HDDは40GBあるしWindows XPだしOffice 2003が標準で付属しているので
半年使えばいいと割り切れば性能に不足はない。31500円だから割り切れる。

パソコンを買うのは通算4台目。IBM以外のパソコンを買うのは生まれて初めて
だけど、IBMも2004年に買ったThink Pad R50はレノボ買収前の最後のマシンだけ
あって全てにやる気が感じられず、1990年代のIBMのあの良さがあまり感じられ
ないのは残念だった。実際にたった2年で完全に起動不能になったし、やっぱり
最後の頃のBMは品質が落ちていたと言われても仕方がない。

あと2ヶ月で草津を離れる予定なのだけど、今年は予定の前倒しばっかりで
準備がまだ全然できていない。レイキの効果でよく聞く「人生の展開が早くなった」
というのは私に関しては完全にそう。

仕事は「海外とかかわる仕事」でかつ「人と接する仕事」がしたい。そういう
観点で職務経歴書を書かなければ。4社に絞り込んだので、これから本当の
転職活動が始まる。どうか上位2社、できれば第1希望で決まりますように。
そうしたら1月中には草津を出て北海道に移ることになる。
| SHO | 携帯から | 01:12 | comments(2) | - |
北海道へ行く時期、早まる
久しぶりの更新になるが、無事に大阪、吉野、天河と回って帰ってきた。
ただし21日は宿が取れずに漫画喫茶で夜明かししたので、帰ってからも
仮眠なしで丸2日間ぶっ通しで起きていることになった。もちろん昨日の
昼間はぐっすり寝たが疲れがまだ取れず、今日も仮眠を取ってから上田に
出てきた。鳥居峠はもう凍結が始まっていて、朝夕に通るのはかなり危険。

北海道への渡道時期をさらに繰り上げて、1月末までに移ることにした。
バイクは富岡に春まで預けたまま。移住時期がどんどん早まって行く。
今日は上田で応募する会社を4社に絞り込んで、できれば上位2社、
いや、できれば第一希望で決めたいところ。さてどうなるか。

応募条件は8月から変更なし。「海外とつながる仕事」で「人と会う仕事」
という条件だといわゆる「職種」という分類はできなくて、とにかくぶっつけで
やるだけ。職務経歴書が、これから大車輪で書くべき緊急課題。

今は上田のイタリアン・レストラン「パパ・オルソ」でパスタランチを食べた
ところ。以前も来た私のことを覚えていてくれて、とても嬉しい。上田に
滞在できる時間が限られているので、もう行かなきゃ行けないのが残念。
| SHO | 携帯から | 14:28 | comments(0) | - |
ただいま関西
昨日は1日で500km弱を走破して、夜の8時過ぎに芦屋の友人宅に着いた。

出発したのは9時20分。途中、丸子町のガソリンスタンドで気温は11度。
鳥居峠も気温は4度だったし、ずっと雨なのでこれなら和田峠を越えても
大丈夫なので、最短ルートである和田峠を通って岡谷を目指した。
和田峠を南進する場合、下り勾配は南斜面になるので、仮に道が凍り
ついても昼前には溶けやすいってこともある。実際、頂上の気温は
7度もあった。

ずぶ濡れになりながら岡谷で高速に乗って、駒ヶ岳サービスエリアで
9月に食べられなかったソースカツ丼を食べる。体が芯まで冷えていて、
オーバーパンツを履いていてもまだ寒いのでジーンズの下にもう1枚履く。
気温は10度前後だから大して寒くないはずなのだけど、叩きつけるように
雨が降っているせいだろう。あんまり寒いので五平餅を食べて熱い
お茶を飲んで、眠気覚ましのドリンクを飲んで出発する。すっかり沈没して、
1時間半もいてしまった。13時過ぎについて14時半に出発。

駒ヶ岳から先もずっと雨。恵那山トンネルは片側が車線規制になっている。
徹夜明けだし、駒ヶ岳到着時点で2時間、出発時点でも30分も当初の予定
通過時刻より先行しているので急ぐ必要はないし、雨だし、500kmも1日に
走るのは初めてだし、というわけで時速80kmの一定速度で走行する。
実際、この速度だとFZ400は優秀なウインドプロテクションのせいもあって
とても快適。低い風切り音と、アクセルを開けた時の低い排気音以外に
何も聞こえない。雨の中をずぶ濡れになりながら走って15時20分に恵那峡
サービスエリアで休憩。少し早いけど、ここで2回目の給油をする。

小牧ジャンクションから名神高速に入ると雨が上がった。でも交通量が
増えてきて気を使う。一宮から養老サービスエリアまでがけっこう長く
感じてしまう。養老サービスエリアには17時に到着。ちょうど神奈川から
大阪に向かう2人連れのバイクと一緒になる。透明はずっと15度くらい
だったとのこと。彼らは「日が落ちて寒くなってきましたね〜」、私は
「養老まで下りてきて、やっと雨が上がって暖かくなりましたね〜」と
言っていることが全然違う。

養老を出発すると夜間運転。ヘッドライトをハイビームに切り替えて
一路疾走する。それにしても名神高速は交通量が本当に多くてびっくり。
今まで上信越道や関越道しか走ったことがなかったので本当に驚いた。
大津サービスエリアまでがなんだか遠い。これなら途中の多賀サービス
エリアで臨時休憩しても良かったかも。骨盤の位置がずれていて、
少し左足の付け根の方が下がっているので左足が圧迫されている。
やれやれ、という感じで18時半に大津サービスエリアに到着。3回目の
給油をしてから、友人にメールと友人宅に電話して20時過ぎに到着の
予定と伝える。

19時過ぎに大津を出発。京都からはさらに交通量が増えて、しかも
時速100km近いペースで飛ばすので怖い。なるべく流れに乗れない
時速80kmくらいの車を見つけてその後ろに入るのだが、京都からは
そんな車もなかった。豊中を過ぎると風がものすごく強くて、できれば
時速70kmくらいまで落とさないと車重の重いFZ400でも左右に車体が
振られてしまう。西宮インターチェンジで6550円を支払って一般道に
下りると、ようやくホッとした。

国道43号線で友人の家を目指すのだが、出身地なのに震災前とは
目標物がかなり変わってしまっているので分からない。しかも自分で
運転して関西を走るのは初めてなのでなおさら。一方通行も多くて
道に迷ったものの、20時10分過ぎになんとか到着。マンションの
狭い駐輪場に、400ccとしても大型のFZを押し込むと疲れがどっと
押し寄せてきた。
| SHO | 携帯から | 06:23 | comments(0) | - |
明日から関西に行きます
天気予報では、今日は1日中雨。明日も1日中雨の予報。この天気では
夜間と朝方は鳥居峠が凍るに決まっているので、仕事明けに一眠り
して昼前から関西に向かうことにする。関西に行く最大の関門が草津から
上田に抜ける鳥居峠。標高1400mまで上がる上に(これでも周辺の峠では
最も低い)ここの下りが急勾配なので全線で最も危ない。

次の難関が標高1100mの三才山トンネル。松本まで行けば標高1000mを
超えることはないので、あとは夜間走っても大丈夫。どんなに遅くても
午後3時までに松本から高速に乗らないとスケジュールが大きく狂う。
松本から私の出身地、兵庫県西宮市までは高速で400km弱。たぶん
6時間から7時間あれば走破できるはず。東京から岐阜あたりまで高速で
走るのと同じことなのか。まぁ、そんなものだろう。

片道500kmのツーリングは生まれて初めて。松本で高速に乗る前と、
養老SAで燃料補給の予定。燃料タンクが18Lあるので、燃料警告灯が
点く15Lまでに300kmは走れる計算。現在は前回の燃料補給からほぼ
150km走っているので、100km強の松本までは燃料がもつ計算になる。

明日さえ我慢すれば明後日からは晴れの予報。初めてバイクで行く
吉野・天河だが、とても楽しみだ。大阪に住む祖母と会うのはおそらく
今回が人生で最後になる。老衰なのだから幸せというべきか。次に
祖母と会うとしたら、おそらく訃報を聞いた時だろう。

不安なのは初めてだから。片道500kmなんて経験したことがないから。
今晩は眠れないのかなぁ(仕事だから当然眠れません)。道路凍結が
心配だけど、草津で明日の昼前にもし雪なら、あきらめて高速バスで
名古屋に向かい、新幹線で行くしかない。
| SHO | 携帯から | 15:02 | comments(0) | - |
「海」と「人」に関わる仕事を
草津は今日で草津志賀道路が冬季閉鎖。どんよりした暗い空だけど、
私はこの季節が大好き。バイク乗りにとっては辛い季節だけど、
山頂付近のスキーコースが白く積もっているのを見ると胸がときめく。

来週、再来週と上田のハローワークに行くことにした。いよいよ社会人の
来春採用枠のエントリーが始まったからで、今月末までには仕上げなければ。

「海」と「人」に関わる仕事がしたい。
「北海道開拓使の会」という北海道移住希望者支援のNPOがあるのだが、
そこの入会申込書と付属のアンケートを書いていて、電撃のようにペンが
勝手に走ってそう書いていた。そうなのだ。私の職業歴を語る時に外せない
ふたつのキーワードは「海」と「人」なのだ。

船乗りとして社会人のキャリアをスタートさせて、その後海運の勉強をする
ために大学の土木工学科に進学した私。そして私は自分が海運ビジネスに
興味があるものだとてっきり思っていたのだけど、それは間違いだった。
私は「海運ビジネス」に興味があるのではなく、海を通して人と関わることに
興味があったのだ。だから大学で手痛い「神様のトンカチ」を浴びることに
なったのだ。

でも「海」は私のアイデンティティを語る上で絶対に外せない項目で、船乗り
だったことにも、船乗りとしての私の出身校にも私は非常に誇りを持っている。
このブログの名前「藍青」は、練習帆船日本丸(二代目)の船首像の名に
由来している。現在就航中の日本丸は私の船乗り人生の原点になる船で、
私は10年前に練習帆船日本丸で商船高専の航海科の実習生として半年間
乗り組んでいたことを一生の誇りとしている。

大学に入る前から、大学を休学して職業訓練校も退学して草津に移るまで、
私は社会人入試や大学編入、大学院入試などを専門にする予備校で5年半
ほど受付事務のアルバイトをしていた。今の仕事も旅館の夜間フロントだから
フロント業務は合計で6年半のキャリアがある。私はお客さんと直接接して
話をするのが好きだし、人と接する仕事が基本的にストレスにはならない
性質である。だから今後も人と接する仕事がしたいのだ。

「北海道」で「海」と「人」かぁ。苫小牧、室蘭、小樽、函館、釧路くらいしか
場所が浮かばないのだけど、マイナーな求人をこつこつ探すしかないのか。
もっと広い意味で「海」と「人」に関われる仕事ができればそれでいいんだ。
| SHO | 携帯から | 17:43 | comments(3) | - |
今までの生き方を手放す、ということ
先日のレイキの練習会でやってもらったチャクラヒーリングはとても
効果的だったのだけど、おなかの辺りの違和感はあったりなかったり。
今はない状態なのだけど、違和感がない状態の今、私は何を感じて
いるのだろう?そして本当は何を望んでいるのだろう。

今、感じているのは「幸せ感」かな。仕事しながらとても充実しているし、
満たされた感覚がある。幸せな時は違和感はない、のだろうか?
本当は何を望んでいるのだろう?究極的には、私は「幸せになりたい」
のだ。ただし、それは今も幸せだけど、今よりももっと幸せになりたい、
ということなのだ。

「早く結婚したい、パートナーが欲しい」と言っている時の私の感情を
再現してみると、自分はとても「悲しい」のだな、と分かる。その悲しさは
いったいどこから来ているのだろう。「自分が他の人の役に立っている、
という実感がない」ってことかな。

湯治していた頃にいつも悲しかったのも「自分が風呂に入っている
ばかりで働くこともできなくて、自分が世の中の何の役にも立って
いない気がする」ってことだった。今思い出しても、それは錐を揉み
込まれるような痛みだった。「自分が誰の役にも立ってない気がする」
時に他の人から「お前なんか」みたいなことを言われると「人様の役に
立ってないのなら、自殺した方がいいのかなぁ」と思うようになって
しまう。

冷静に考えると「あたしって、生きてるだけで価値がある」なんて言って
いる人の方がよほど自分を大切に考えていない気がするのだけど、
ホントに悩んでいる時は、その悩みが自分に対して真剣に向き合って
いる証拠なのだと分からないものだ。

自分ひとりで生きていくことは気軽だけど、「悲しい」という感情が
だんだん大きくなってきた。

先日、実家に帰った時に仕事の愚痴を両親にこぼしていたら、父が
アドバイスをしてきた。別にアドバイスして欲しいわけじゃなかったので
そのまま聞き流したのだけど、聞き流しながら悲しかった。「あぁ、
この人は自分の言いたいことを言っていて、僕の話を聞いてくれない」
って思って。サービス業という仕事柄、どう考えても理不尽なことを
お客様に言われてやりきれないこともあるわけで、それをただ黙って
聞いてくれればそれで良かったのに。

父の仕事に間接的に関連することだったので、専門家として思わず
アドバイスを自動的にしてしまったのだろう。父も父で今の仕事に
一生懸命打ち込んでいるのは分かっているので反論もせずに聞き
流したのだけど、いちいちアドバイスされると「それでうまくいくのなら、
とっくにそうしているんだけどなぁ」って思って悲しかった。だ・か・ら、
理不尽な客というのは常識が通用しないの。だからやりきれないの。
黙って話を聞いて欲しかっただけなのに。

「嬉しい時も悲しい時も、ただ一緒にいて。ただ黙って話を聞いて。」
おそらく私が相手に求めているのも、相手が私に求めているのも
そういうことなんだろう。ただ、黙って「そうなんだ」って相槌を打って
くれればそれで十分なの。別にアドバイスなんてくれなくていいから、
ただ一緒にいて黙って話を聞いて相槌を打ってくれれば、それで
いいの。自分で何とかするしかないのは、分かりすぎるくらい分かって
いるのだから。

嬉しい時も悲しい時も、ただ一緒にいてくれる人が欲しい。別に四六時中
べったりしている必要はないし、そんなのは別に望んでいないのだけど、
悲しくてやりきれない時に(そういう時ってないですか?)ただ一緒にいて
くれるだけで心は満たされるのに。そして、それは(広い意味で)独身では
どうしてもできないことなのだ。

今まで、強くなろう、ひとりで生きよう、と強く思って生きてきたのだけど、
もう今までの生き方を手放す時期が来ている。拠り所がなくなる気がして
すごく怖いのだけど、でも手放さなければ。次のステージに進むために。
「今までと同じままの自分で、違う現実は創ることが出来ない」のだ。

生き方にこだわるよりも、自分の「悲しい」という感覚にちゃんと目を向けること。
今までと違う現実が欲しいのなら、これまで31年間築き上げてきた自分の
生き方を完全に手放すこと。もう、そうすべき時期が来ているのだ。
| SHO | 携帯から | 02:53 | comments(0) | - |
ハンドルネーム、近々変えます
ついさっき、記事を投稿したのと同じ送受信でメールが来て、「そろそろ
ハンドルネームを変えては?」と言われた。「もうひとりじゃないから」って。

たしかに、そろそろハンドルネームを変える時期に来ているのかも。「名は
体を表す」って昔から言うもんね。いつまでも「一人」では名前が独身を
物語っているようで、今の状態とは離れつつあるものね。

「一人」の名は短歌同人誌「かばん」入会時の1999年初頭から8年近く
使ってきた名前だけど、今考えているのはアルファベットを変えずに
漢字だけ変えるということ。なぜなら、すでに私の名前は短歌関係者には
知れ渡っているからで、瀬戸内晴美が瀬戸内寂聴になったほどの違いは
なくてもやっぱり「一人さん」で知れ渡っているものが数年ぶりに会ったら
名前が変わってました、では、う〜ん、先輩歌人の雅号変更は経験して
いるけれどあんまり違和感がないのか。変わった名前によるなぁ、それは。
でも私が思っているほどの違和感はどうやらなさそうだ。

ともあれ名字は変わりません。本名も私は西村さんなので、うちの玄関の
ポストに短歌関係者からの手紙が届かなくなったら困ります。でも、
名前はそろそろ変える時期っぽいので、何か考えることにします。
| SHO | 携帯から | 02:53 | comments(0) | - |
ステージを変える、パートナーを組む
学びのことを考えていた。

独身での学びはどうやらほとんど終わったらしい、ということはこのあいだの
チャクラヒーリングで確信になったのだけど、「ほとんど」なのはまだ終わって
いないから。最後に、いろんな意味で自分の生きるステージを変える、という
重要な作業がまだ残っていて、そのことを考えるとなんだか尻ごみするような
怖さがある。

これから住む場所も変えよう、仕事も変えよう、そして人生を一緒に送るための
家族関係も今までとは違う価値観のもとで生きていこう、すべてを新しく今の
自分の学びに合った形に変えていこう、と宣言しつつ、恐怖におののく自分が
いる。行動したら今までとはまったく価値観の違う世界に飛び込むことが
分かっているからものすごく怖い。全てがほとんど同じタイミングで変わる。
いや、自分の生きるステージを変化させていくことを選択するのだ。

もう、次のステージに行きなさい、と全てのものが告げている。そのために、
おそらく祖母から私への今生で最後の置き土産なのだろう。来週の関西
ツーリングは。生きている祖母と会うのはおそらく今生で最後になる、という
確信がなければ、おそらく吉野、天河へ今のタイミングで行くことはなかったろう。
そして、今回のツーリングは生まれ育った関西に行く最後の機会になるだろう。

次のステージに踏み出すための一歩を、始めることにしたのだ。自分のために
生きる、ということがつまらなく感じるようになったのなら(いや、ずっと前から
その感覚はあったんだけど…)まず自分の今できる範囲で誰か他の人の
ために、そして世界全体のために生きること。そして私に今できる行動って
一体なんだろう。行動することが生きることなら、今の私にできる行動って
いったいなんだろう。

私がこれまで執着してきたことのひとつに、仕事でも家庭生活でも「ひとりで
生きる」ってことがあった。それをもう手放す。仕事もひとりでする仕事じゃ
なくて誰かとチームを組む仕事にしたいし、今度は家庭生活も誰かとチームを
組むことを選ぶ。選ぶ、と宣言しつつものすごく怖い自分がいて、本当に
尻ごみしつつ自分で自分の背中を押している。大丈夫だ、と。今の私の
仕事上のパートナーとうまく行っている、そのエッセンスはなんなのだろう。
相手の存在を受け入れること、に集約される気がする。今の職場でうまく
行っているのは、いつも相手の存在に感謝するよう心掛けていることと
無関係ではないだろう。

誰かとパートナーになることを選びたい、というのは、これまでの自分の
価値観というより執着してきたもの、しがみついてきたものを手放したい、
ということであって、今までの自分のステージとは違うもののひとつに
人生でパートナーを組んでやっていく、ということがきっとあるのだ。

「チームを組む」「パートナーを組む」という言い方が最近多い。つまり、
それは今の私が「どういう人生を送りたいか」に対して基本的に持って
いる価値観であって、私が求めているパートナーシップとは対等な関係
なのだ。まぁ、実は今の仕事上のパートナーとは私の方が上司になるの
だけど、そんなことを意識するのは、う〜ん、いつも意識しているけれど、
それは対外的に外に出なければならない時にどちらが責任者として
外に出なきゃいけないか、ってことなのだ。

船乗り時代も基本的にそうだったけど、階級の違いは対外的な責任の
所在を明らかにするためのものであって、人と人とのパートナーシップ
という点では上司も部下も関係ない。必要な場面では協力するけれど、
逆に言えば責任の所在が明らかにならないパートナーではパートナーの
意味がないんじゃない?と思う。

今の職場のパートナーとうまく行っているのは、お互いに得意分野と
不得意分野を補完しあいながらも、決してお互いにお互いを頼っている
わけではないから。私はいざとなればいつでも一人で仕事をする覚悟で
一緒にいても仕事をしているし、それは相方も同じだろう。片方がもし
ミスをした結果としてミスが対外的に波及したら、対外的には私が
責められるわけだけど実のところ相手のミスでも私が相手に指摘は
しても責めることはしない。パートナーの私がダブルチェックを怠った
責任があるからで、パートナーとはそういうものだ。「パートナー」を
「上司」と読み換えても私にとっては同じこと。

「誰かとパートナーを組んだらどうなる?」と想像してみると、今よりも
ずっと豊かな人生になるような気がする。寂しくない、というだけじゃ
なくて、もっと豊かなプラスアルファがありそう。誰かとパートナーを
組むことは、きっと楽しい。
| SHO | 携帯から | 02:11 | comments(0) | - |
アウトプットの絶対量
私は無口の時とおしゃべりの時があるけれど、オフラインで私を知るほとんどの
人は私について「四六時中よくしゃべる人」「話が長い人」という印象をお持ち
ではないかと思う。しゃべっても長いしメールも長い。職場でも「もっと簡潔に」
ってのはよく言われてて、論点を整理しないで話しだすと際限なく話が長くなる。
ブログもよく「携帯電話から、よくそんな長いメールが打てるね」と言われるけれど
正真正銘、携帯電話から私のブログは書かれている。

なぜ私がよくしゃべるかと言うと、アウトプットすることで考えを整理したり
まとめたりするために、とにかく際限なくアウトプットすることが生きるために
私には必要だから。これも私の大きな特質で、独身である今の状態が不自然で
限界に来ているというのは、とにかく毎日よくしゃべってアウトプットしていないと
私は窒息してしまうからなのだ。だんだんアウトプットが質量ともに増えている
ので、メールだのブログだので思いをアウトプットできる質や量の限界に達し
つつあるのだ。だから毎日オフラインで話をしてくれる存在が必要なのだ。

愛情表現の絶対量が、メールやブログで処理できる限界の量を超えつつある
と言っていいと思う。これだけ毎日ブログを更新したりしていても、だんだん
自分の愛情表現の量がブログでできる愛情表現の絶対量というかブログの
限界を凌駕しつつあることは感じていて、つまりアウトプットしてもアウトプット
してもまだまだ足りなくて、慢性的な愛情表現窒息状態にあるのだ、今は。

今気づいたことだけど、つまり、転職するにしても私は口頭でアウトプットが
できる仕事、何らかの形で伝えたいものをアウトプットできる仕事が向いて
いるってことなのだ。なぜならアウトプットすることが私の人生でものすごく
必要だからで、それは仕事とプライベートを分けない。絶対量が多いから、
プライベートだけでも仕事だけでもアウトプットし切れないだろう、人生の
全ての時間をかけてアウトプットすることが私には必要だってことなのだ。
| SHO | 携帯から | 18:05 | comments(0) | - |
レイキ練習会
昨日は矢尾こと葉さんのところでレイキの練習会。チャクラヒーリングをして
もらったのだけど、重要な気づきがいくつかあった。最大のものは「独身で
いることは、もう限界に来ている」ってこと。ひとりでいること、つまり感情や
思っていることのアウトプットが直接できない状態は今の私にとって不自然で、
誰かと一緒に人生の計画に当たりたい、チームを組んで目標を共有しながら
人生を過ごしたいってことなのだ。「愛を表現する対象がないことが不自然」
ってことなのだそうだ。私は、もっといろいろな形でたくさん愛情を表現したい
んだとか。「独身で学ぶことは、もう学び終わったってことかもしれない」とも。
次のステージに進むためにはパートナーが必要、ってことなのだ。

ずっとおなかのあたりにガーゼでくるまれたモノがあるような違和感があった
のだけど、違和感は何だろう?ってフォーカスしてみると「二人で人生を
過ごしたい」ってことだった。「ひとりはイヤ」なんじゃなくて「ふたりで人生を
過ごしたい」。客観的には同じことだけど意味が違う。「どんな風に人生を
過ごしたいですか?」って訊ねられた時にスッとビジョンが浮かんできたのは、
「白い内装の洋室の居間で、外が明るい日曜日の昼に、木のテーブルと
椅子に座って紅茶を飲みながらおしゃべりしている」ってビジョン。相手の
人は色白で髪が長かった。

こういうイメージを広げて、「バイクに乗るなら相手もバイク乗りだろうか?
それともタンデムだろうか?」「スキーをするなら相手はスキーだろうか?
スノーボードだろうか?」「買い物に行くなら本屋?」「食事に行くならどんな
お店に行って何を食べたい?」と次々にイメージをストックしておくのだそうだ。
こういうイメージの似合う人、そして相手にもイメージを聞いてみて、いくつか
イメージの接点のある人と出会うとピンと来る、のだそうだ。矢尾こと葉さんの
旦那さんのホトケさんは、独身時代にこのイメージをストックしていて、
こと葉さんと出会った時に二晩徹夜して話をして、「この人だ」とピンときたん
だそうだ。

そういえばウルヴォイ彩佳さんも今のご主人と出会う前から「こういう人が
いい」ってイメージをはっきり持っていて、そのイメージ通りの人と結婚して
いる。ビジョンは人を引き寄せる、だけではなくて、現実にその人が目の前に
現れた時にピンと来る、というのも大事な要素。ピンと来なければ、いくら
その人と出会っても目の前をそのまま通過してしまうだけだから。

それと、家族に関しては草津にいる間になるべく帰省した方が良さそうだ。
北海道へ行ったら本州には帰らないつもりでいるからで、とにかく向こうで
頑張るつもりなので、北海道に行ったらあまり頻繁には帰れないと思うから。

練習会で指摘されたことだけど、私は「考えるのが趣味」のところがあって、
ものすごく頭にエネルギーが集中する傾向があるんだとか。だから頭で
理屈を考えてばっかりで、せっかくファーストインプレッションが来ているのに
直感に従わないで考えているうちにタイミングを逃す、ということがあるらしい。
たしかにそのパターンで逃した恋愛が過去に何度もあった。それと、いったん
集中しだすとそっちの方向ばっかり見えていて他が全然見えない。たしかに
そうで、本当にひとりの人を好きになると他の女性に関心がなくなる。

どちらかと言うと、いったん集中すると他の全てのものが視野に入らなくなる、
という私の特質はネガティブな意味で言われることが多かったのだけど、
これは是正すべきというよりも、もっと伸ばしていい特質のような気がする。
なぜなら、これが私の特質だから。もちろんそれが迷惑な方向に進む時は
問題なのだけど、いったんポジティブな方向に振れるとこれはなかなかない
特質なんじゃないかと思うけどなぁ。無意識のうちに「集中して物事に
当たってはいけない」という妨害する気持ちが働いていることに気づいた。

レイキの練習会が終わってから、新宿に行った。お金を下ろしに行ったら
すぐそばにHMVがあったので、何の気なしに店内をぶらついていたらZARDの
新しいベスト盤があった。都内の大型店だと初回盤は売り切れているのだけど、
「欲しい!」と思いながらさんざん迷っていた、3種類の初回特典DVDのうち
「揺れる想い」のCM画像のDVDが入った「AQUA」盤が1枚だけ残っていた。
ええい、もう買ってしまおう、買うぞ!ということでレジへ直行。これでいいのだ。
今、聞きながら書いているけれど大満足しているし。やっぱり「揺れる想い」は
最高で、ZARDの曲の中で一番好き。

その後で自転車屋に行って、スキーのチューンアップについての打ち合わせ。
きれいに乗れているので、まだチューンの必要なしとのこと。ただし足慣らしが
終わった段階でチューンした方がいいとも言われた。今年は昨シーズンとは
逆の板で、PROSKIと書かれた方を右足で履くように。今年の冬で2級検定を
目指した方がうまくなる、今年一年フルシーズン履いたら、来年は違う板に、
もっとハードな板に乗り換えた方がいいとも。板のレベルと私のレベルが今は
ちょうど合っていて、来年はもっと性質の違う板に乗れば、いろんな板に乗る
ことでどんな板でも乗れるようになるからだとか。

2シーズン(しかも最初のシーズンは2月から)しか乗っていないことを考えれば
しっかり乗れているらしい。最初のシーズンにしっかりとスクールで基礎を
固めたのが良かったらしい。基礎ができているからどんな斜面でも対応が
できる、ということなのだ。

それから東京・丸の内の丸ビル前で矢尾こと葉夫妻とウルヴォイ彩佳ご夫妻と
待ち合わせ。スーツをおしゃれにビシッと決めたきれいな紳士淑女がたくさん
いて、トレーニング帆船の甲板からそのまま抜け出してきたようなジーパンに
カティ・サーク帆船レースのポロシャツを着てスキーバックをかついだ私は
すごく場違いなところに来た気がして居心地が悪い。こんなところへ来るん
だったら、もっとちゃんとした格好をしてくるんだった。って大した服は
持っていないけど。

ウルヴォイ氏とはお互いに専門が同じなので、船と海とバイクの話題で
盛り上がった。英語で4時間マシンガントークをしていたら、しまいには
日本語で話し掛けられてもとっさに英語が出てきて困った。意味は
分かるのだけどとっさに英語しか出てこなくなるのだ。もっと進むと
日本語をとっさに聞いてもどこか未開の言語のように分からなくなる
のだが、昨日はそこまではならなかった。

「脳が英語で考えるように切り替わっているでしょう」と言われたけれど、
正確には英語の単語を聞きながら脳内で意味を切り貼りしてイメージで
意味をとらえるので、完全な英語脳ではない。分からない単語は一度
日本語に変換してから再度英語に変換することが必要になるし。

ともあれ、ほとんど通訳なしに4時間しゃべり倒したので、矢尾こと葉
ご夫妻とウルヴォイ彩佳さんには「西村さんがこんなに英語が話せるとは
思わなかった」と驚かれた。ウルヴォイ氏にも「北海道でカヌーやスキーの
インストラクターをしたら?ガイジン相手でも君の英語なら通用するよ」
と言われて嬉しかった。ただし私の英語力はTOEIC470点。現場で覚えた
英語なので、文法を全然知らないのと語彙が少ないのが大きな弱点。
典型的な「話せるけど書けない」英語なのだ。それとネイティブが相手だと
私のエイジアン・イングリッシュは聞くのも話すのも苦労する。今回は
ウルヴォイ氏がノルウェー人で、ネイティブではないことも有利だった。

とても痛快な4時間を過ごして零時前に帰宅。風呂に入ってさっさと寝た。
| SHO | 携帯から | 13:37 | comments(0) | - |
「努力」について
昨日の記事の続き。

「自分の人生を投影する対象がない」ってことに私は苛立っているのだ。
自分の人生が、血縁のない誰かに何の重大な影響も及ぼさない、という
状態に(広い意味で、独身とはそういうこと)耐えられなくなった、ってこと
なのだろう。親友という関係とは異質の意味で、重大な影響を互いに
及ぼしあう他人がいない、という事実が本当につまんなくて仕方ないのだ。

だって、生きているって互いに影響を及ぼしあってナンボのものでしょう?
そういう考え方自体が今までの私とは異質の考えで、なぜそういう風に
考えが変わったのかは詳しく分析中、というか絡まったままなのでブログを
書きながら分析していくことになるのだけど、ひとつ言えるのは「人は本質的に
孤独だし、ひとりなら誰に束縛されることなく生きられるから、ひとりで生きる」
っていう今までの価値観が根元からひっくり返されそうとしているってこと。

気持ちの中に入ったヒビが裂けて、感情がヒビからものすごい勢いで噴き
出してきて、「自分はひとりでは生きられない」と認識したのだ。その認識を
抑え込むのにものすごく労力を使ってきた自分と、もはやどんな手段を持って
しても抑え込むことが完全にできなくなった自分自身に気づいたのだ。
気持ちをこれ以上抑え込もうとすることに、敗北したのを認めたのだ、私は。

認めてラクになったけどね、実は。
あぁ、これでもう「努力」しなくてもいいんだと分かったから。

例えば今の私の状態で、だから努力して相手を探すぞ!って状態になったら
方向性が違うな、と思う。それだと今まで通りなんじゃないかな。むしろ、
努力しなくても付き合っていける関係、一緒にいてあんまり努力しなくて
いい関係、一緒にいてラクだと思う関係に「気づく」ことの方が近道なんじゃ
ないかという気がする。その方が、好きかどうかよりもよっぽど大事なんじゃ
ないだろうか。

私の最大の親友が来年結婚するのだけど、彼と結婚することになった人
とのもともとの関係を思い出すと、彼はあるタイミングで「気づいた」のだと
思う。もちろん縁とタイミングがあっての話なのだろうけど、気づいた
タイミングでちょうど目の前に現れたのだろう。順序が逆かもしれないけど。
とにかく、なぜその人なのか、という理由を以前メールで聞いたことが
あって、今気づいたことと当時の彼のメールの内容がとてもリンクして
なるほどなァ、と深く納得したのだ。

今日はこれから朝まで仕事したら休みで、朝から東京までレイキの
練習会に行ってくる。そのあとで、アートセラピストのウルヴォイ彩佳さんと
その旦那さんを紹介してもらうことになっている。ノルウェー人の旦那さんが
海と関わりのある方で、エッセイストの矢尾こと葉さんと前回お会いした時に
「にしむらさんにぜひ紹介したいですねぇ」って話になったのだ。そういえば
日本人の私の年齢で本当に船乗りだった人なんて稀も稀、ほとんどいない
のだから、向こうにとっても楽しみだろうし、私もとても楽しみだ。

と思ったらどうも夜から体調がおかしい。どうも無意識がお会いすることを
恐れているんじゃないかという気がする。私の人生にとって、ものすごく重大な
変化が間近に迫っているということなのだろう。だから無意識が東京に今日
行くのを怖がっている、どうもそんな気がする。
| SHO | 携帯から | 03:27 | comments(0) | - |
雪!雪!
昨日の夜半から降り出した雪が朝には屋根に積もった。今シーズンの
初積雪だ。来週じゃなくて良かった〜。月曜日の朝からバイクで関西に
出かけられなくなるところだった。

もうすぐバイクに乗れない季節がやってくるのは残念だけど、雪が降ると胸が
高鳴る。いよいよ待ちに待ったスキーの季節だー!広瀬香美や槙原敬之が
本格的に(私は年中聞いてるけど)ヘビーローテーションになる季節になって
きた。今、聞いているのは槙原敬之の「冬がはじまるよ」で、その前に聞いて
いたのは広瀬香美のアルバム「Love Winters」。やっぱり冬が来たらこれ
でしょう!と思いつつ、歳の離れた友達にメールを書いていたら「もしかして、
僕ってもう世代が古いのかな?」と思った。僕の青春時代は1990年代だから
な〜。今の現役世代とは10年の違いがある。

ある友達にメールを書いていて、気持ちの裂け目から思いもよらない(って
ことはないけど)本音が飛び出して驚いた。それは、「ひとりで人生を送る
ことが、もうしんどい」ってこと。平たく言えば「早く結婚したい!」ってことなの
だけど、まるで心の中に入ったヒビが裂けたみたいに言葉が強い調子で
飛び出してきて、自分で自分に驚いた。

「いろんな意味での条件を下げてでも、とにかく早く結婚したい!」なんて
言う日が自分に来るとは思わなかった。20代の頃に持っていた理想を曲げて
でも、というのが30代になった証拠なのだろう。すごくよく聞く30代の結婚の
現実の心境に、だんだん自分も近づいているみたい。これを「妥協」という
のかと言えば、YesでもありNoでもある。

日経のWoman欄に連載されていた「Smart晩婚講座」というコラムに、30代の
結婚の現実として「20代に今の結婚相手と出会っていたら、結婚していま
したか?」という問いの答えの大半が「No」だったのを思い出すけど、現実に
30代になった今、たしかにそうかもしれない、と思うのだ。こう書くとネガティブな
意味に取られるかもしれないけれど、むしろ前向きな意味で、「20代の頃に
結婚に対して持っていたこだわりは、もう捨てる!」ってこと。平凡かも
しれないけれど、幸せになれる方向に舵を切る!ってことなのだ。

北海道移住計画が今ひとつ進まないのをこれのせいにしてはいけないの
だけど、自分ひとりで生きているのがもうしんどくて、本当にイヤなのだ。
自分ひとりで自分の人生の計画を立てて、実行して…というのが、こんなに
つまらなく思う日が来るなんて思わなかったんだけどなー。私をよく知る人は
分かることだけど、この心境の変化は私の中では大事件で、何が変わったの?
って自分で自分に対して思う。自分ひとりで生きていることのつまらなさに
耐えられなくなったのだ。って心の表面に浮かんでくる動機の、奥に隠れた真の
理由はいったいなんだろう?何がそんなに突き動かそうとしているんだろう?

この1〜2年の間に、親友が次々に結婚したり来年結婚を控えたりしている
からだろうか?やっぱり、それはありそうな気がするなぁ。それもあるけれど、
やっぱり一番大きいのは「ひとりで人生を送るのが、とにかくつまらなくなった」
ってこと。たしかに独身は気楽にお金を使えるし自由なんだけど、何かを
達成しても誰か一緒に喜んでくれるわけじゃない。そして何か悲しいことが
あっても誰かが一緒に悲しんでくれるわけじゃない。私はそれがもうイヤなのだ。

例えば私が転職先をうまく探して北海道移住を決めたとして、誰がそれを
一緒に喜んでくれる?それは家族じゃない。だって家族は私が関東から遠く
離れることを本当は嫌がっているから。私が北海道へ行くのに賛成したのは
現実に東京に戻って暮らせる体にはもう戻らないだろうし、私が東京の混雑も
気候も嫌いで仕方ないのを知っているから。じゃあ友達が喜んでくれる?
そりゃあ喜んではくれるだろうけど、私が北海道に行くことで自分の人生に
重大な影響が及ぶわけじゃない。あくまでも「私が自分の進む道を進んでいる
から嬉しい」のであって、真剣味がそりゃあ違うだろう。彼らは彼らで自分の
パートナーと自分の人生を歩んでいるのだから。たとえ親友同士でも、相手に
人生のパートナーがいれば、それは真剣味が違うことは最近はっきりと感じる。

「自分ひとりのために生きるのが、もうイヤ」ってことなのだろう。自分ひとりの
ためじゃなくて、誰かのために生きたい。そうすればもっと人生に張り合いが
出そうな気がする。人生の喜びも悲しみも共有してくれる人、人生を一緒に
喜んで一緒に悲しんでくれる人、というのが今、結婚に望む唯一の条件。
おそらくそれが結婚の「本質」なのだし、私もそのことに気づいたのだ。

もうひとつ条件を挙げるなら、無条件で私の味方になってくれる人。別に今の
職場に敵がいるわけではないのだけど、無条件で本音を打ち明けられる人が
いないのも事実。仕事を通して思ったいろんなことを私は誰かに話したいのだ。
話すことで頭の整理も気持ちの整理もしたいのだ。それはおそらく相手にも
同じこと。

職場で誰彼かまわずに本音を言っていたらお互いに身が持たない。そんな
生活を繰り返しているうちに、なんだか窒息しそうな気がしている自分に
気づいたのだ。物理的なことはともかく、私は精神的に窒息しているのだ。
私は「北海道に住みたい」という今一番の重要課題ですら、職場でそれを話す
わけにはいかないのだから。仕事から帰ったらひとりだから、余計にそのことを
口にすることはない。そんな状況で生きているうちに、だんだんひとりで生きて
いることがイヤになってきたのだ。口に出して夢を語れないんじゃ生きていても
張り合いがないから。

こうして書いているうちに、自分が結婚に何を求めているのかはっきりしてきた。

1、人生を一緒に喜んで一緒に悲しんでくれる人
2、無条件で味方になってくれる人
3、口に出して夢を語れる人

こうして見ると当たり前のことばっかり書いている。でも、その「当たり前」に
気づくのに私は31年かかった。それ以外の学歴だの収入だのルックスだの
年齢差だのという条件は、あくまでも「つけたし」だと思う。なるほどなぁ、
だから私はひとりでいることがつまらなくて、早く結婚したいと思うように
なったのだ。
| SHO | 携帯から | 17:52 | comments(0) | - |
直感にまかせる
このブログの常連さん、ライラさんのブログにこんなことが書いてあった。


そういう折り合いのつかないことに関しての「選択」というのは、ある意味本当に
極限状態にこそなされるのかもしれない。
一人の人間と、もう一人の人間のいい分が衝突しているところで、相手を批判
していられるのは実は余裕があるわけで、実際にそこで行動しなくてはならない
時には大事なのは自分の主張を貫くことではなくて、この事態を収拾するため
にはもうコレしかない!という究極の選択になるような気がする。つまりは、
折れる、ということ。


なるほどなぁ、と思いながら読んだのだけど、読んで思い当たったのはバイクを
買った時の話。先代の愛車、カワサキKLE250アネーロが不慮の事故で廃車に
なって、次に何を買う?とにかく今月中に買わないと冬を越すことになってしまう!
という事態になったのだ。延々と悩んだ経過は10月の過去ログに実況中継して
いるので読んでもらうとして、要求条件を一定以上満たしたバイクを、とにかく
何がなんでも今月中に買わなきゃいけない、という事態になったのだ。

これって究極の選択だよね、とホンダ・トランザルプ400とホンダVFR400Rと、
そしてどうしても買いたかったホンダ・ゼルビスの亡霊との間で悩んだ揚げ句、
どれも条件に合うのがなくて結局買ったバイクは上記3車種を足して3で割った
ような性能のバイク、ヤマハFZ400だったのだ(あれ?メーカーが違う)。

自分の主張を曲げなければ、たぶんVFRを買ったはず。トランザルプも長期的な
見方ではいいバイクだと思うけれど、今だから言うとずんぐりしたスタイルで、
あんまりカッコ良くなくて、しかもVRじゃなくVNではなー。本当のところ、FZを買う
お金があればVFRは買えたのだけど、あの事態を収拾するにはFZがやっぱり
一番いい選択だったように思う。ピンと来る選択だったのだ。一口に言えば。

「このバイクに乗るだろうな」と何となく思った希少車種が、どういうわけか目の前に
たまたまあったのだから、これほどの偶然もないだろう。でも結果的にはレーサー
レプリカ的要素も多分にあり、排気音はアネーロとは比べモノにならないほど良く、
しかもツアラーとしての能力も優秀なバイクを選んだのだから、選択結果には
十分に満足している。フロントマスクが映画「スターウォーズ」のダースベイダーに
似ているのもご愛敬。密かに私は自分のバイクを「ダースベイダー」と呼んでいる。

バイクを買うのもそうだけど、大きな決断をする時は最後の最後は自分の
直感を信じるのが一番いい。それもファーストインプレッションを。セカンド
インプレッション以後はどうしてもエゴが絡むから。本当に縁があれば、どんな
偶然が重なってでも出会うものなのだ、と今は思う。最善の努力を尽くした後の
選択は、直感にまかせるのが一番正しいやり方なのだろう。
| SHO | 携帯から | 02:14 | comments(0) | - |
いじめ自殺について
最近、いじめ自殺がホットな話題になっている。

自殺予告の手紙が文部科学省に届いて大騒ぎになっているけれど、
私自身の経験で言えば、そうそう自殺はできるものじゃない。ただし
危険な状態にいったん陥ると、ほんのささいな心の揺れで自殺に
至るから厳重な警戒が必要だ。

識者から新聞などに「自殺に走らないで」という寄稿が寄せられていたり
するが、それらを読んで自殺を思いとどまる人などいるのだろうか。
私の心には、少なくとも響く文章はひとつもなかった。なぜなら「死なないで」
という結論ありきの寄稿ばかりだから。「自殺したい」という声を十分に
存分に聞くことなしに、そして「自殺したいんだ」という声に耳を傾けない
人が「自殺しないで」と語りかけたところで、なんの効果があるだろう。
識者がどう考えようと自殺したい人は自殺したい環境に置かれているのだ。
そのことにまず耳を傾けないで、どんな言葉が次に生まれてくるだろう。

私も大学時代に、本当に自殺の寸前まで行ったことがある。その経験から
思うことだけど、極限まで追い詰められた状態にある人というのは、
そうそう自分と異なる意見を受け入れられる状態にはない。そんな状態
なら自殺に追い込まれなどはしない。だからこそ、徹底的に「自殺したい」
という気持ちを聞くことがまず大事じゃないのか。

「自殺しないで」という寄稿によく見られるのが「かつては私もそうだった」
って文章。でも、自殺を考えている本人にとっては、過去がどうだった人の
ことなどどうでもいい。「あなたは今はそうじゃないんでしょ。だったら口を
挟まないでよ」って私なら思う。どれほど苦しかった過去のことを語った
ところで、識者の視点が識者自身の過去の傷に向いている以上は
自己満足に過ぎない。大事なのは識者の過去の傷をさらすことじゃない。
自殺しようとしている人が、その生の最後の力を振り絞って伝えようと
していることに耳を傾けることが、まずは第一なんじゃないだろうか。

いじめの加害者は殺人と同等の罪を犯しており、同等の処分を受ける
べきだ、というのが私自身の意見。自ら手を下さないだけで、いじめの
被害者の尊厳を踏みにじった上で一生残る心の傷をつけている。
どうしてそれが殺人に該当しないのだろう。そういう認識でいじめの
問題に当たっている教育関係者がどれほどいるのだろう。

いじめの加害者の問題は、それを取り巻く大人たちの認識が子供に
反映されていると考えるべきだ。「死なないで」なんて偉そうに言う権利は
大人にはない。「いじめなんか見返してやれ」というのも、そう言える人
だから言える言葉であって、自殺を考えるほど追い詰められた人に
とっては無責任極まりない。「死ぬほど辛かったんだね」と共感して耳を
傾ける以外に、大人にはどうすることもできない。結局は、大人が共感する
力を失っていることが、子供もまた人の心の痛みを思いやることのできない
社会を作っているんじゃないのか。

尾崎豊の「卒業」という歌の中で

先生、あなたもか弱き大人の代弁者なのか

って歌詞が出てくるけれど、残念ながら彼らもまた大人であり、私も
もはやいい大人だけど、やっぱり大人の代弁者なのだ。

自殺を思いとどまるよう教育することは、たぶんできない。1年間に大人が
多く自殺という形で生を終えることを選ぶこの時代に、誰が大見得切って
「生きろ」などと言えるだろうか。そんなことが言えるのは、今が幸せな人
だけだ。そこに「生きろ」なんてメッセージが伝わらない根本的な原因がある。

私が自殺寸前まで行って自殺せずに済んだのは、学校のカウンセラーに
「今の状態は極度にヤバい」とSOS(というよりもXYZ)を出したからだった。
そして、彼がどこまでも私の苦しみに耳を傾けたからだった。そのことに
感謝している…とは今もって言えないけれど、とにかく私はまだ生きている。

背負いきれないほどの苦しみを抱え込んでいる時は、苦しみを何らかの
形で吐き出すことが必要だ。一時しのぎには過ぎないかもしれないけれど、
とにかく一日一日を生き延びるだけで精一杯の時は、とても未来を夢見る
ことなどできない。そんな人に将来に希望を持てと言っても意味がない。

今だから言えることだけど、湯治している間だって私は何回自殺したいと
思ったか分からない。湯治するって、そんな甘いものじゃない。顔中、両肩
からも四六時中膿が出続けて止まらない状態で風呂に入っているのに、
「時間湯に行け」だの「時間帯をずらして入れ」だの心ない一般客に言われた
ことすらある。私は今はほぼ全快に近いところまで治ったけれど、私の回りには
今もってあと何年かかるか分からない不安に耐えながら湯治を続けている
人が大勢いる。将来に希望なんて持てずにその日その日を耐えながら
暮らしている彼らに、「そのうち治るよ」なんて私は言えない。そんな言葉は
無責任極まりない。

「いじめは殺人と同じだ」という認識を大人自身が持つことがいじめ自殺
解決への第一歩ではないだろうか。それができていない大人がいくら
「いじめはいけませんよ」と言ったところで説得力がない。上っ面だけで
きれいな言葉を並べ立てても、子供たちは大人の言葉じゃなくて背中を
真似して生きるだろう。
| SHO | 携帯から | 02:17 | comments(0) | - |
橘いずみと私
音楽の話題の続き。

橘いずみが好きだった、って話をひとつ前の記事で書いたけれど、1990年代
前半に聞いていて今も現役で聞いている当時の音楽は、相馬裕子、PSY・S、
鈴木祥子(この3組は今なおバリバリの現役で、普段持ち歩く12枚のCDには
必ず入っている)、東野純直、鈴里真帆、宇井かおり、西脇唯、井上昌己、
篠原美也子、ZARDなどなど。1990年代前半から半ばにかけての、ガールポップ
というムーブメントの影響をまともに受けて育った世代なので、女性の歌い手の
割合が非常に高い。

2000年に大学に行ってからはほとんどリアルタイムの音楽を聞いていない。
1990年代の音楽には一度聞かなくなってから改めて買い直したCDも多い。
だから、私の聞く音楽の世代は1990年代でほとんど止まっている。

私が当時は青春時代だったから、というのもあるけれど、当時は熱かったなぁ。
新しいCDの情報をいち早くキャッチしてはCDを買いに走ったっけ。お金が
なかったので、発売1ヶ月後のサンプル盤を狙って中古CD屋回りをしたりも
していた。最近の音楽は全然興味がない。音楽以外の趣味が圧倒的に多い
ので音楽にお金をかけられないし、現在持っているCDで満足しているので
新しい音楽を聞く必要がない、ということもある。

昨日、少し早い電車で草津に戻ったのだけど、なんだか欠乏感があるのに
気づいた。私はカバンがあれば容量いっぱいに強迫的に何か詰め込まないと
いけないタチで、東京で過ごす時間があれば用事を何か探して「上京している
うちにやっとかないと(←田舎モノ症候群)」って思う。安藤美保さんのお墓参りに
もう1年近く行っていないのが魚の骨が喉に刺さったように気にかかっているの
だけど、時間的にそこまですると仕事前の仮眠時間が取れないし、もう実家から
長野原草津口まで切符を買っちゃったし…と思ううちにそのまま電車に乗って
帰ってきてしまった。それでも途中の高崎で乗り継ぎが1時間近くあったので、
途中下車してサディスティック・ミカ・バンドのCDを買ってしまった。

私は何が足りないのだろう。何をそんなに強迫的に欠乏感を抱かないと
気が済まないのだろう。「寂しい」のだろうか?

孤独が嫌いな自分も、他人が精神的にそばにいてくれないとしんどい自分も
いる。その一方で、ものすごく人が嫌いな自分がいることも事実。東京に
いると人が多すぎてうんざりする。半日もいれば「もういい」って感じ。尋常で
ない電車内の人口密度の高さは、乗っているだけで神経をすり減らされる。
だから、私が東京に定住することはもう二度とないだろう。対人恐怖症気味の
自分と人懐っこい自分が私の中には同居しているけれど、そういう問題じゃ
なくて、東京の通勤電車のあの混雑は社会的犯罪の部類に入ると思う。

現在の私が孤独を意識することが多い、というのは、同じコインの表と裏の
ように寂しがりやと人嫌いの私が同居していて、人嫌いだから孤独な環境に
身を置こう、たとえ孤独じゃなくても孤独だという精神的環境に身を置こう、
としているからでもあって、でも寂しがりやなのでやっぱり孤独のまま何かを
するのも生きていくのもしんどい、ということでもある。そして、今は人を
遠ざける力の方が強く働いている、ということなのだろう。

私が孤独なのは、客観的に私が孤独かどうかとは関係ない。そして私が
孤独を選んでいるから私は孤独なのだ。他人と関わることで他人に自分の
人生を左右されたくないから、私は他人に自分の人生を左右されない人生
(孤独の本質的欲求とはそういうことだ)を送ろうとして、その結果として
孤独なのだ。

1日に300件から500件のアクセスがある私のブログが、ものすごくROMの
多いブログで、実はアクセスの割にコメントが少ない、というのは私本人の
パーソナリティが無言のメッセージを行間から発しているからだろう。
最近になってROMの方がコメントを下さることがあって本当に嬉しかった
のだけど、なかなか現実にコメントして下さる人は少ないだろうと思う。
でも読んで下さっている人がたくさんいることはデータから歴然としていて、
たとえ8〜9割がロボットソフトだとしても残りの人が相当いるのはありがたい。

今になって橘いずみを急に聞きたくなったのは、きっとこんな今の心境とも
リンクしているのだろう。自分では、このブログの書き主が橘いずみの大ファン
だった、というのは「やっぱりそうだろうな」と思うのである。

橘いずみの歌から伝わってくる感じと、私が自分の文章を読んで感じる感じ
とは、自分ではどこか共通点があると思う。Wikipediaの橘いずみの記事に、
彼女の歌を評して「ストイックなまでに自虐的」という表現があったけれど、
どこまでも自分を追及して「あーだこーだ」と四の五の言っている辺りがそう。
自分を許せない、のだろうか?相当な精神的な傷を負った人じゃないかと
私は推測しているし、でも会ってみると本人のパーソナリティはいたって
明るいんじゃないかと思うんだよね。こういう人は。私自身がそうだし。

橘いずみの「上海バンドネオン」「失格」「東京発」といった曲を聞きながら
この記事を書いている。1993年から1995年にかけての彼女の一連の曲は、
今聞いてもやっぱりいい。クサくてダサくて、でも熱くて一途で一生懸命に
生きている感じが伝わってくる。そんな橘いずみも昨年末に結婚したそうだ。
私にも、いつかそんな日が来るのだろうか。
| SHO | 携帯から | 18:26 | comments(0) | - |
立冬と橘いずみとサディスティック・ミカ・バンド
昨日は立冬だったらしい。草津も初雪が降ったらしい。「らしい」と伝聞形
なのは私は雪が降った瞬間を見ていないからで(昼間に風花が舞ったのは
見たけど)、でも夜、出勤前に起きると昨日までとは明らかに違う寒さの
質に「冬が来た」と思った次第。

高専生だった10代の頃、瀬戸内で育った私は毎年冬になると電車で雪を
見に旅行していた。新潟が多かったなぁ、当時は。いつか雪国に住みたい
とは思っていたけれど、仙台の大学に進学してから今冬で7シーズン連続で
雪国での冬を迎えようとしている。仙台で4シーズン、そして草津の冬も
はや3シーズン目だ。おそらく、来年も5年先も10年先も私は雪の降る土地に
住み続けるだろう。

交通事故のリハビリのために上京したついでに、最近上京してきた親友と
2年半ぶりに再会した。私の周りには鉄道会社に勤める人が多くて、彼も
ご他聞に漏れず、さる大手私鉄に転職したのだ。ほとんど3年ぶりに近いと
お互いの近況が全然変わっていて、彼が昨年結婚したのを一昨日初めて
知ってびっくり仰天。向こうも私が結婚の事実を知らないことにびっくり仰天。
道理で車で長距離通勤していたヤツが職場の近くへ急に引っ越したのか。

橘いずみの「GOLDEN BEST」を買った。こういうマイナーなCDがあるのは
さすが東京。感覚が当時とはずれてしまったのでアルバム単位で聞きたい
とは思っていないけど、「上海バンドネオン」とか「失格」「東京発」(この曲が
入っていたのは嬉しかった!)とか、時々聞きたくなる。自分の中の怒りの
やり場がなくて、でも生きていかなきゃけない時に。

久しぶりに聞くと、ダサくて、でも熱くて背中が震えた。高専時代に橘いずみの
大ファンだったのだ。尾崎豊と同じプロデューサーだったので女・尾崎豊と
呼ばれていた橘いずみ。逆境で彼女の歌を支えに生きていた10年あまり前も、
そして今も私はそんなに変わっていない。性格は少し穏やかになったけど、
相変わらず「怒れる17歳」の部分を持ち続けているし、孤独だ。

もう1枚買ったのが、サディスティック・ミカ・バンドの「ナルキッソス」。キリン
ラガーのCMでかかっていた「タイムマシンにおねがい」が好きで、でも
サディスティック・ミカ・バンドの名前は聞いたことがあっても聞いたことは
なかったので、木村カエラが新しいボーカルだとはWikipediaで調べて
初めて知った。調べてみると、ずいぶん他のメンバーとは歳の差がある。
私は2006年現在の今しか知らないから、木村カエラが元々からボーカル
なんだとばかり思っていた。それくらい声が音になじんでいる。

レベッカが好きな人ならサディスティック・ミカ・バンドの今の音が好きかも。
現代版レベッカって感じがした。もっともレベッカの現役世代には「それは
年代が逆」って言われるかもしれない。サディスティック・ミカ・バンドは
1970年代、レベッカは1980年代が活動時期だから。

他の曲では「Big-Bang,Bang」あたりも好き。カラオケで歌いやすそう。
私はちょうどNOKKOと声の高さが同じみたいで、カラオケでレベッカの
「フレンズ」を歌って997点を叩き出したことがある。あんまりロックを
聞かないポップス専門の私だけど、たまにロックも聞きたくなる。

あるメルマガの中で、「ワーカホリックやハードワーカーの人は、成功する
感じはあるかもしれないけれど、豊かさを感じることはできない。得た
お金は入ってきたのと同じ速さで逃げてゆく」と書いてあった。

じゃあ、「ワーカホリックでない人は、豊かさを感じることはあるかも
しれないけれど、成功する感じを得ることはできない」のだろうか?

そう考えてみると、私には「成功する=お金がたくさん手に入る」という
価値基準があることに気づく。このことはお金の話だけじゃなくて、
例えばバイクは排気量が大きくて高性能な方がいい、免許は普通より
大型の方がいいとか、学歴は少しでも高い方がいい、スピードは少しでも
出せた方がいい、収入は少しでも多い方がいい、社会的ステータスは
少しでも高い方がいい、精神的には傷つかない方がいい、あるいは
それらの裏返しとして、「少なかったら価値がない」、あるいは「たくさん
持っていてもそんなものは…」という(逆のことを言っているけれど
根っこは同じ)自動的な反応になっている、あるいはそう信じ込んで
いる自分を発見する。「だから自分は…」みたいなことも、思う。

で、どちらかが「良い」、どちらかが「悪い」という二元論の中で生きて
いるのも痛切に感じること。今こうして書いていても、「二元論で生きては
いけない」という心の声と「その考え方そのものが二元論じゃないの?」
という心の声が交錯している。

バイク選びについて、結局は私が大いにこだわって「欲しい」と言い続けた
2つのバイクの良いところ取りしたバイクを買ったよなぁ、と思う。その
2車種とはホンダ・ゼルビスとホンダVFR400R。ゼルビスの積載能力や
居住性とVFRの高速性能と高速安定性と。シリンダ配置の関係で
燃費はゼルビスより悪くVFRよりは良い。そして何より、私が好きな
ホンダ・ホーネットと同じ音の感じがする。アイドリング中はドゥドゥドゥ…
という太い音がして、加速するとキーンという甲高い音が伸びてゆく。
カムギヤトレーン採用車種ではないのに(カムギヤトレーンはホンダ
独特の技術で、FZ400はヤマハのバイクなので)同じ音がするのは
どういうことだろう。

インターネットで偶然見て「これに乗るかもしれないなぁ」と何となく
思ったバイクにまさか本当に乗ることになって、今回は縁だなぁ、と
思っているところ。まだ事故からのリハビリ中ということもあり、FZの
本気走りはしていないのだけど、本気で走れば相当速いバイクらしい。
スタイリングも「さすがヤマハでFZを名乗るだけのことはある」と
納得させる。レーサーレプリカではないけれど、このバイクを買って
FZ6フェーザーやFZ1フェーザーに親しみを抱くようになった。いかにも
ヤマハのFZという(うまく説明できないけど)スタイルなのだ。ただし
FZ400にはフェーザーのペットネームはついていない。私のFZは
黒一色なので、フロントマスク回りを見ていると「ダースベイダーに
似ているなぁ」ってつくづく思う。

優秀な性能を持ちながら、たった2年でカタログ落ちした非運の名車、
というのも気に入っているところ。それでいてオーナーからの評価が
総じて「高い水準で性能をバランスさせたバイク」なのもお気に入り。
バイク選びの大きな参考になるべきバイクインプレッションのサイト
「単車選び」の中で、マイナー車にも関わらず4つに分けないといけない
ほどたくさんのインプレッションが集まっていることからも、FZ400が
使い勝手と性能の両面で優秀なバイクであることが伺える。

だいたい、私の好きなものって「マイナーだけど知ってる人には評価が
高い」ってものが多いのだ。音楽では鈴木祥子、短歌では安藤美保、
そしてバイクではホンダ・ゼルビス。もしゼルビスがCB400SBなみに
売れるバイクで、安藤美保が夭折せずに俵万智なみの人気を博して
いたら、私がこれほどのめりこんで好きだったかどうかは疑わしい。
もちろん、ある程度以上は好きだったにしても。ライダーハウス
「粒麗荘」のご主人にも「相変わらず渋い趣味してますねぇ」と
言われたのだけど、FZ400が2年でカタログ落ちしてなかったら、私は
この車種をある程度以上好きになったのだろうか。もちろん、今回は
シンクロニシティの要素が非常に大きいのだけど、これがCB400SFで
同じことが起こるとは到底思えないのだ。

| SHO | 携帯から | 09:37 | comments(0) | - |
いつでも「人生最後」のツーリング
11月の半ば過ぎに、関西へツーリングに行くことにした。祖母がもう長くない
からで、私にとっては初の片道500kmを超えるロングツーリングになる。
祖母に会ってから、吉野と天河にお参りして帰るつもり。バイクを冬眠させる
寸前で、なんとか「吉野、天河にバイクでお参りしてから北海道に行く」という
公約は達成できそうだ。

いつもツーリングに出る時は「これが最後になるかもしれない」と思う。
本質的に事故の危険がある乗り物に乗っていることもあるし、2回も
交通事故に遭って、1回は全治4ヶ月の重傷で今も後遺症が残っていて、
もう1回は普通なら大怪我か死んでいる事故だったりして「次はない。
次にやったら死ぬかもしれない」と思っているからでもある。そんな
覚悟でどうしてバイクに乗るのかと言われても困るけど…。

自分がこのところ鬱気味であることは自覚していて、どうして鬱気味かと
いうと、自分にかけたプレッシャー通りには、現実に北海道移住に向けて
主観的には動いていないから。そんな自分を責め続けているから余計に
「移住するぞ!」という強い気持ちが空回りしている。

そして、そんな自分にすごく孤独感を抱いていることも事実。しんどい。

応援してくれる人が欲しい、と言いながら、まだ会社では話していない。
会社以外ではみんなに「来年の春で草津での湯治は打ち上げて、春から
北海道に移住する」と言いまくっているのだが、体の目処は立ったのに
転職先探しの目処が立っていない。自分にプレッシャーばかりかけていて、
実際の転職活動が全然進んでいない。

自分について知れば知るほど、これっぽっちしかできない自分を感じて
悲しくなる。焦る。どうしようって思うけれど、自分が本心から望んでいる
ことは何なのか、たとえ年収が下がろうともやりたい仕事って何だろう、
って考えると、全然自分のことを知らない自分を発見する。

どうやって仕事を探したらいいんだろう。何をすればいいんだろう。

もう第二新卒と言われる年齢ではないので、どうしても仕事では経験を
求められやすくなる。20代半ばから大学に行って、挫折の苦労だけは
たくさん重ねてきたけれど、即戦力としての社会人経験を求められると
どうしても弱い。どうして草津にいるのか、について私は明確に説明が
できるけれど、それでも失った20代の時間は二度と戻らない。

ともあれ2週間あまり後に関西に行ってくる。もう二度と関西には帰らない。
関東以西に住むことはほとんど、そして関西以西に住むことはもう二度と
ないだろう。今回は祖母と、そして自分の出身地と訣別するために関西に
行くのだ。そして、少し苦しいけれど、来年の春には北海道へ行くのだ。
| SHO | 携帯から | 05:10 | comments(2) | - |
試運転、結果良好!
ヤマハFZ400を受け取って、野沢温泉のライダーハウス「粒麗荘」まで
走ってきた。途中で70キロほど高速道路を使ったのだが、高速走行時の
車体の安定性やウインドプロテクションは、さすが400ccとうならせる
ものがある。アネーロとは比較にならないほど高速道路走行が楽なのだ。
11500回転で最大馬力のところ、5500回転から6000回転で時速90キロが
出る。フルパワーまで加速すれば時速180キロくらいは出るらしい。

今まで「直4のネイキッドなんて当たり前でイヤ」と偏見を持っていたの
だが、目から鱗が何枚も落ちた。カウルの効果も大きいのだろうけれど、
音が静かで振動もない。高速道路では、低い風切り音(風切り音が低い
のは、それだけ風防効果が高いということだ)以外にどれだけ耳を
澄ましてもエンジン音や排気音が聞こえない。どれくらい風防効果が
高いかと言うと、高速道路でシールドを少し開けても大丈夫なくらい。
アネーロでは、高速ではシールドを全閉にしないといけなかった。

減速車線に入ってスピードを落とすと、キュイィイーンという高い
排気音かエンジン音が聞こえてくる。音的にはアネーロよりもFZの方が
はるかに好き。まるでホンダ・ホーネットのような音がするのは、
シリンダの配置が同じ直列4気筒の水冷エンジンだからだろうか。

エンジン音の静けさは特筆すべきもの。エンジンらしい音とか鼓動感が
好きだという人には、この静けさや振動のなさがイヤだという人もいる
だろう(特に単気筒やアメリカンバイクが好きな人にはネ)。でも、私は
むしろ、この機械チックなキュイィイーンという高周波音が、まるで
ターボエンジンのようでカッコ良くて好きだ。アメリカンバイクのような
バシンバシンバシン!ドルルルルン!という音は、振動の大きさを音が
物語っていて好きじゃない。

ただし弱点もあって、最大の弱点はロービーム時の視界が暗いこと。
アネーロの方がロービームでははるかに明るい。ハイビームでも
FZよりはアネーロの方が明るかった。アネーロよりはFZの方がより
スピードが出るだけに、ヘッドライトの暗さは大きな弱点だ。カスタム
するとしたら、ロービームをHIDの黄色ライトに変えたいな。

車体の取り回しは重量の軽いアネーロよりもずっと楽。本当なら
車体が重い分だけ取り回しが大変なはずなのだが、たぶん重心が
低いのだ。シートの高さも低くて、装備重量199kgの車体が軽々と
動く。ただし最小旋回半径が2.9mあるので、少し早めに回さないと
うまく回らないようだ。

リアシートへの荷物の積載性は良好。フックが8ヶ所あるので好きな
ように固定することができる。シート下のトランクスペースが大きくて、
車載工具の他にバーロックとチェーンオイルやウエスなどの整備用品が
入るのは良い。書類も頑張ればなんとか入れられそうだ。

一晩ぐっすり「粒麗荘」で寝かせてもらったのだが、夜明けに雨だれの
音で目が覚めた。なんと雨!せっかく雨の降らない日を選んで試運転に
出てきたのに!昨日の夢はすごく良くて、北海道でいろんな旅人たちと
会う夢だった。その中にはGo!Go!娘。で一番楽しみに読んでいる人も
いて、夢の中の出来事とは言えびっくり。それにしても、どこのライダー
ハウスに泊まる夢だったんだろう。

野沢温泉で雨ってことは、今日は渋峠では雪の可能性が高い。無理を
しないで鳥居峠か三国峠経由で帰りなさいってことなのか。早く目が
覚めたから朝風呂って計画はあえなく頓挫した。

私がオンロードバイクに乗ると、みんな意外そうな顔をするなぁ。私は
デュアルパーパスに乗るものだとみんなてっきり思っていたらしい。
だ・か・ら、アネーロを買う時に最後の最後まで欲しくて迷ったのが
ホンダ・ゼルビスだったんだってば。私がヤマハFZ400を買ったのは
こういうスタイルのバイクが私はもともと好きってことなのだ。

FZに乗り換えて、ブレーキがガツンと効くのには驚いた。さすがフロントに
ダブルディスクを採用しているだけのことはある。それにしても、最初の
印象としてはいいバイクだと思うんだけどなぁ。実際は200kgもある車体が
すごく軽く動く感じがするし、車体の安定性もアネーロよりずっといいし、
乗ってて楽だし、どうして2年でカタログ落ちしちゃったんだろう。

最初からFZだと恵まれすぎていて分からないかもしれないけれど、きちっと
エンジンを回さないと使えないアネーロから乗り換えると、アネーロは
きちんと乗らないと乗れないバイクだからってこともあるけれど、う〜ん、
FZのことを褒めているつもりで改めて思い知るのはアネーロってバイクの
すごさだ。性能云々じゃなくて、あれはバイク乗りを育てるバイクだと
今さらながらに思い知る。きちっと乗りこなす腕がないときちんと
乗れないバイクで、あのバイクに乗ったからこそFZに乗り換えて楽だと
感じるのだ。

そういう意味では、最初からFZのようにマシン自体の性能で腕の悪さを
カバーできてしまうバイクに乗らなくて良かった。正直、そういう意味で
FZに乗るのはまだ早かったかな、と思う。

う〜ん、そういう意味ではトランザルプは次のステップとして良かったの
かもしれないなぁ。もっとも、私が調べた時点でトランザルプの在庫は
わずか2台。それも1台は37000km走って「年式、走行距離相当の
車両状態」、もう1台はヘッドライトがマルチリフレクターなのはいいけれど
リアキャリアが付いていないという状態。いくら安くても買えない。
現状ではFZがやっぱりベストだった気がする。

雨は上がったけれど渋峠は雪や道路凍結のおそれがあり、今日は渋峠を
越えるのはやめた方が良さそうだ。予報よりも1日早く天候が崩れた。
鳥居峠と三国峠と、どちらを越えて帰ろうかな。天候が急変するおそれは
ないけど標高1400mまで上がる鳥居峠と、標高は1000mだけど天候が
急変するおそれのある三国峠と。
| SHO | 携帯から | 11:54 | comments(0) | - |
久しぶりの旅
今日は吾妻線で新前橋まで。新前橋駅から歩いて20分ほどのところにある
レッドバロンで新しい愛車、ヤマハFZ400を受け取って、そのまま関越道で
湯沢ICへ。そして野沢温泉に向かう。寮に帰ってから、昼まで3時間寝た。
最近は悪夢を見ることが多くて、夢の内容はよく覚えていないのだけど
寝覚めがとても悪い。

もう何十回も乗っている吾妻線だけど、景色に飽きることがない。地味だけど
飽きの来ない、本当にいいローカル線。餘部鉄橋のような絶景もなければ
走っているのも今や少なくなりつつある窓の開く115系だけど、それがいい。
沿線は紅葉真っ盛りで、柿の実の赤がとてもきれい。古き良き日本の
田園風景がここにある。私の好きなローカル線、飯山線にも通じる良さだ。
飯山線は十日町から下流の北側は飽きちゃうけれど、吾妻線は下流側にある
起点の渋川から上流側にある終点の大前までずっと景色がいい。

久しぶりに鈴木祥子を聞きながら吾妻線に揺られていると、子供の頃に
なりたかった自分、味わいたかった類の旅情を味わう自分になっている
ことを発見する。夕方に、見知らぬ街の駅に降り立つ時の不安と孤独と、
そして旅情と。私は寂しがり屋だけど、無意識で孤独を望んでいるから
孤独なんだろう。

人は孤独や死と直面したり、直視したりすることで変わるんだろうか。
変わるとしたら、なぜ幸せは自分の内側から感じるものなんだろう。
そして、直視してもちっとも幸せじゃない時もあるのはなぜだろう。
もちろん、今はそんな時ばかりじゃないけど。

死ぬ時はどんなにバタバタもがいても逃れ得ないんだろうなって思うし、
どんなに幸せでも、たとえパートナーがいても絶対的な孤独から逃れる
ことはできないのだろう。他人がそばにいてくれることの有り難さに気づく
のは、一人で道のない道を歩いたことがあるからだ。他人がそばにいて
くれるだけで、どれだけ心が勇気づけられて安定することか。

苅田に稲穂が干されているのに夕日が当たって、とてもきれいだ。
旅は、いつもすぐそこにある。葉の落ちた柿の木に実がいっぱい
ついている。なんでもない風景だけど、なんでもないからいい。

先日もらったメールの中に「西村の中にはいつも旅が中心にあって、
バイクも鉄道も船も自転車も、みんな手段が違うだけだから、旅の
手段が鉄道からバイクに変わっても違和感はない」って書いてあった。
旅で食べて行くことなんてできるんだろうか。ううん、世界中へ行く
ことを職業として食べていたことはあるけれど、いつも思っていたのは
「これが仕事じゃなくて『旅』だったらなぁ」ってことだった。世界中へ
『行く』のが職業なんじゃなくて、『旅する』ことが職業なんてことは、
どうしたらできるだろうか。

関越道の利根川橋梁が窓から見える。渋川伊香保ICのすぐ北側に
あって、私が大好きな場所のひとつ。いつも高速バスに乗ると渋川
伊香保ICで下りてしまうので、渋川から北に向かう時は「旅してるん
だなぁ」という実感が湧いて嬉しくなる。今日は空気が澄んでいなくて、
赤城山がちっとも見えないのは残念。もうすぐ新前橋だ。
| SHO | 携帯から | 15:05 | comments(0) | - |
死は孤独なもの
寂しい、と感じることが多い。

孤独から目をそらさないからしんどいのだ、と自分で思ったりもする。今のままで
突き進んだら、いつか本当に死ぬんじゃないか、とも。2回も3回も似たような
事故に巻き込まれている、というのは、「巻き込まれている」んじゃなくて私の
無意識が望んで事故を招き寄せているのだろう。私には、今回もまた「死に
直面しているのに、死に直面していない」という気持ちがある。死が本当に間近を
過ぎたのに、私には死に対する漠然とした実感のなさしかない。自分が「死」を
実感した時は死ぬ時なのだろうか。

事故の瞬間の記憶を思い起こしてみると、道路のガードレールの向こうに
カモシカが現れた瞬間、私はブレーキをかけていない。まるで呆けていたかの
ように。一瞬の後にカモシカが一気にジャンプして、ガードレールと対向車線を
飛び越えて目の前に迫った時、「ぶつかる」と思って「お腹にぶつける」と少し
ハンドルを左に切った。一瞬の後に、バイクはカモシカに激突した。

私は空中で縦回転した挙句、10m以上も飛んで道路から2〜3m下の土手に
背中から着地したのだ。ヒップバックとリュックサックがエアバック代わりになって、
先に着地したであろう体の右半身の肋骨に数本ヒビが入ったのと、後で着地した
のだろう左腕と左肩が痛んだ以外は全く無傷だった。すぐに起き上がって時計を
見て事故発生時刻を確かめるくらい冷静だった。

自転車もバイクも、私は怖いから乗っているのだ、いつか自分の命を奪うかも
しれない、スピードに対する恐怖感を持つ私にとっては危険な乗り物だから
乗っているのだ、という気もする。恐怖を克服するために。バイクに乗っていて
楽しかったことはたくさんあるけれど、怖くなかったことは一度もない。

でも、私の1mと離れていないところを猛スピードで「死」が通り過ぎて行ったのに、
私はまたほとんど全く無傷だった。そのことを考えると気が狂いそうになる。
あの時、もし死んでいたら私の周りの状況はどうなっていたのだろう。ありありと
いろんな状況がイメージされてきて、今度はそのイメージが頭から離れない。
でも、私は死に直面していても死を直視したわけでもなければ、死に現実に
直面したわけでもない。あと少しで私は現実に死ぬところだったのに。

私は一人だ。たとえ友達が何人いようと、家族がいようとパートナーがいようと、
絶対的な孤独からは逃れ得ない。人は個別に死ぬ。死ぬ時は、たとえ誰かを
道連れにしようとも本質的には人は一人で死ぬのだ。

私は潜在的に自殺願望があるのだろうか。先日、Wikipediaを見ていたら
カテゴリのひとつに「自殺した人」というものがあって、引き寄せられるように
見ていたら、だんだん怖くなってきて見るのをやめたのだけど、修験道の
修業の極限ぎりぎりまで死に近づくところに魅力を感じるのは、極限ぎりぎり
まで死に近づかないと見えないものを見たい、知りたいからかもしれない。

いつか百日回峰行をやりたい。死に近づくために。死に近づかないと
見えないものを見るために。すれすれまで死に近づいて、それでも見えるか
見えないか分からないくらいの何かを、私は知りたい。

その一方で、これだけ何回も死が間近を通り過ぎても無傷でい続けるのには
理由があるのだろう。何回遭遇しても生き続けている以上、私の潜在意識が
「死に近づきたい」のと同じくらい、ものすごく強力に「生きたい」と思っている
のもまた間違いないだろう。

レイキの伝授の時に、私のオーラの本質は「修行僧」だと言われたことがある。
真っ白い、光の柱のようなオーラなのだそうだ。
| SHO | 携帯から | 08:50 | comments(0) | - |